クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

失恋したロボットが大暴走!度胆を抜くCGと怒涛の展開が見もの、記録づくめのインド映画「ロボット」予告編解禁!!

映画

画像はありません。

  解禁された予告編では、失恋の痛手から凶暴なターミネーターと化したロボットが暴れまくる姿が、これでもかと描かれている。列車内でのワイヤー・カンフー・アクションや、高速道路での大規模なカーアクションは見応え十分。そして何百体ものロボットによる集団ダンス、ロボットが合体し巨大な球体や手となって人間に襲いかかる映像には思わず「クドい!」と声をあげそうになるが、この突き抜けたクドさこそがインド映画の面白さであり、他にないオリジナリティに溢れているのも確か。

  シャンカール監督は「世界に通用するVFX、CG映像を作り出せることが証明できた」と自信をみせ、ヒロイン役のアイシュワリヤーも「インドのSFジャンルを国際的なレベルまで高めた記念碑的作品」と明言。実年齢61歳には到底見えない主演のラジニカーントは「超人的なキャラクターを演じられたことに感謝している。最高額の製作費や最新技術が、インド映画にかつてない風格をこの作品にもたらしている」とこれまた自信たっぷりに語っている。

  クールでノリのいい音楽は「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー賞作曲賞を受賞したA・R・ラフマーン、「ターミネーター」シリーズのスタン・ウィンストン・スタジオによるアニマトロニクス&特殊効果、そして「マトリックス」のユエン・ウーピンによるスタントと、ハリウッドの第一線で活躍するスタッフが支えている。インド映画が日本で全国公開されるのも珍しいが、見逃せない1本になりそうだ。

  「ロボット」は2012年5月12日(土)より渋谷TOEIほか全国公開

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access