L・ベッソン、『ニューヨーク1997』からの盗用認定で5100万円の支払い

映画

盗用で5100万円の支払いを命じられたリュック・ベッソン
(C) AFLO

 映画『トランスポーター』シリーズや『LUCY/ルーシー』(14)のリュック・ベッソン監督が、2012年に製作・脚本を務めたSFアクション映画『ロックアウト』で、ジョン・カーペンター監督の1981年の作品『ニューヨーク1997』を一部盗用したとして、パリ控訴院より45万ユーロ(約5100万円)の支払いを命じられたことが明らかになった。DeadlineやColliderなどの海外メディアが伝えた。

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access