クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『おんな城主 直虎』、初陣を迎えた万千代 直虎は病の影が忍び寄る母を思い…

エンタメ

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にて先週放送の第43話「恩賞の彼方に」では、ついに小姓に上がった万千代(菅田将暉)は、長篠の合戦の論功行賞に頭を悩ませる家康(阿部サダヲ)に武功を表にして整理することを提案するなど、家康から信頼を得ていく。そして家康は、武功の乏しい岡崎の処遇を万千代に相談し、その手応えを探ってくるよう指示。万千代は岡崎で瀬名(菜々緒)、信康(平埜生成)に対面し、論功行賞について話をまとめ、浜松城へ戻る。一方、井伊谷では材木の乱伐により山崩れが起こり、直虎(柴咲コウ)は荒れた地に植林をするよう近藤(橋本じゅん)に進言した。

『おんな城主 直虎』第44話「井伊谷のばら」

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access