マーゴット・ロビー、シャロン・テート役で出演か タランティーノ新作

映画

 映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』でアカデミー賞にノミネートされた女優マーゴット・ロビーが、女優シャロン・テート殺害事件を背景にしたクエンティン・タランティーノ監督の新作『Once Upon a Time in Hollywood(原題)』に出演する可能性が濃厚になってきた。出演交渉に入ったという。

【写真】「マーゴット・ロビー」フォトギャラリー

 シャロン・テート殺害事件が起きた1969年の夏のロサンゼルスが舞台になるという『Once Upon a Time in Hollywood(原題)』。先にタランティーノ監督からマーゴットに出演の打診があったと伝えられていたが、Deadlineによると、正式なオファーを受けてマーゴットが出演交渉に入ったとのことだ。出演が決まれば、マーゴットはシャロンを演じる。

 本作にはすでに、タランティーノ監督の『ジャンゴ 繋がれざる者』に出演した俳優レオナルド・ディカプリオと、同『イングロリアス・バスターズ』に出演した俳優ブラッド・ピットの出演が決まっている。この輪にマーゴットが加われば、豪華なキャストの組み合わせが実現する。レオナルドとマーゴットは、2013年の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』以来の共演となる。

 本作でレオナルドは落ち目の俳優でもう一花咲かせたいリック・ダルトン、ブラッドはリックのスタントダブルだったクリフ・ブースというキャラクターを演じる。2019年8月9日(現地時間)より全米公開予定。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access