『ブロークバック・マウンテン』はブラピ&レオ様が候補だった!?

映画

  • twitter
  • facebook
『ブロークバック・マウンテン』の役を断っていたというブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオ
『ブロークバック・マウンテン』の役を断っていたというブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオ(C)AFLO

関連 :

レオナルド・ディカプリオ

ガス・ヴァン・サント

ブラッド・ピット

 2006年の映画賞レースを席巻し、監督のアン・リーにアカデミー賞監督賞をもたらした映画『ブロークバック・マウンテン』。もともと監督の座をオファーされていたガス・ヴァン・サントいわく、ヒースとジェイクが演じた役はブラッド・ピットやレオナルド・ディカプリオなどが出演オファーを受けていたという。Indie Wireが報じた。

【写真】カウボーイふたりの禁断の恋…『ブロークバック・マウンテン』フォトギャラリー

 ワイオミング州ブロークバック・マウンテンの自然を舞台に、カウボーイの仕事で出会った男同士の悲恋を描く『ブロークバック・マウンテン』。当初、メガホンを取るつもりで作品に携わっていたヴァン・サントはIndie Wireとのインタビューで、「誰もやりたがらなかった。私は作品に関わる中で強力なキャスト、有名なキャストが必要だと実感していた。だがうまくいかなかったよ。ブラッド・ピット、レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ライアン・フィリップといったお馴染みの俳優たちに声をかけたが、全員に断られた」と、当時を振り返ったという。

 ヴァン・サントの発言が事実であることは、『ブロークバック・マウンテン』の脚本と製作を務めたダイアナ・オサナも認めているという。当時は若手だったブラッドやレオナルドらはそれぞれ、異なる理由で役を引き受けなかったとのことだ。

 同作でヒースはアカデミー賞主演男優賞、ジェイクはアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたが、レオやブラッド、マットらの誰かが、報われない愛に身を焦がすカウボーイたちを演じていたら、また違った雰囲気の作品になっていたかもしれない。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access