ジュリア・ロバーツ、『プリティ・ウーマン』の悲惨なオリジナルエンディングを回顧

映画

映画『プリティ・ウーマン』のリチャード・ギアとジュリア・ロバーツ
(C) AFLO

 娼婦と実業家の恋愛を描く『プリティ・ウーマン』で、アカデミー賞主演女優賞に初ノミネートされた女優のジュリア・ロバーツ。恋愛映画として大ヒットしたが、当初は『3000』というタイトルで、ジュリアが演じたビビアンがエンディングでひどい扱いを受ける内容であったことを振り返った。

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access