福山雅治 関連記事

  • 映画『マチネの終わりに』クラシックギターに初挑戦の福山雅治

    福山雅治、クラシックギターに初挑戦! 『マチネの終わりに』メインテーマを奏でる

    映画

     歌手で俳優の福山雅治が主演を務め、女優の石田ゆり子と共演する映画『マチネの終わりに』のメインテーマが、福山自身がクラシックギターで奏でる楽曲「幸福の硬貨」に決定。福山にとってクラシックギター初挑戦となる。@@cutter 本作は、芥川賞作家の平野啓一郎が2016年に刊行し、純文学としては異例の17万部を突破した同名小説を映画化したラブストーリー。日本・パリ・ニューヨークを舞台に、クラシック・ギタリストと海外通信社所属の女性ジャーナリストが織りなす切なくも美しい恋をつづっていく。  メインテーマとなる「幸福の硬貨」は、主人公・蒔野とヒロイン・洋子の2人の運命を強く結びつける重要な劇中曲。物語では、蒔野がギターを好きになるきっかけとなる曲であり、20年前に行われたデビューコンサートで蒔野自身が演奏。さらに、洋子はそのデビューコンサートを偶然鑑賞していたという、2人の“出会い”の曲だ。  作曲は、『昼顔』や『アマルフィ 女神の報酬』など、数々の映画音楽を手掛けてきた菅野祐悟。本作のために書き下ろしたクラシックギターのオリジナル楽曲となる。  天才クラシックギタリスト役を演じる福山だが、クラシックギターの演奏は今回が人生初。本作でクラシックギター監修を務める福田進一からのアドバイスを受け、本番までの約3ヵ月間、練習に励んだという福山は「アコースティックギターやエレキギターとは全然違うもので、大変勉強になりました。福田さんのアドバイスの元、クラシックギターの弾き方、押え方を学べたことで、自分の音楽にフィードバックするものがたくさんありました」と振り返る。  既に「『クラシックギターでの弾き語り』という演奏スタイルも、さっそくライブに取り入れさせていただいております」と、アーティスト“福山雅治”に影響を与えているようで、「これからの音楽人生でクラシックギターを演奏する時、蒔野聡史というギタリストはずっと自分と共にいて、同時に、競うべきライバルになってゆくのだと思います」と語っている。  監修の福田は、「理想の天才クラシックギタリスト蒔野聡史が誕生したと思います。 この映画で最も重要な音楽は菅野祐悟さん作曲の『幸福の硬貨』です。この哀しさと切なさの中にも、凛とした清々しさを感じさせる旋律を福山さんは見事に演奏されています。その音色は実に暖かく人間味に溢れており、やはり福山さんは根っからの音楽家なのだな…と感心させられました」と称賛を贈っている。  映画『マチネの終わりに』は11月1日より全国公開。

  • 『集団左遷!!』“梅ちゃん”こと尾美としのり

    『集団左遷!!』“梅ちゃん”尾美としのり、苦渋の決断に感動の声が続出

    エンタメ

     福山雅治が主演を務める日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系/毎週日曜21時)の第9話が16日に放送された。頭取の裏切りに憤る片岡(福山)が滝川(神木隆之介)ら元蒲田支店メンバーとともに再び立ち上がるのだが、その際に同期であり現在は横山専務(三上博史)側についている梅原(尾美としのり)がとった行動に、「かっこよすぎ」と涙する視聴者が続出している。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  懸命の調査でなんとか横山の裏金づくりを暴き出した片岡。しかし藤田頭取(市村正親)の裏切りで、証拠となるリストから横山の名前は消されてしまっていた。ダイバーサーチとの提携のカギを握る横山との取引に応じた藤田頭取の真の狙いはわからないまま。  頭取に裏切られ憤る片岡は不正の新たな証拠を掴むべく、再び動き出す。そこへ、巨大外資との提携による大規模な合理化とリストラの大波が押し寄せる中、滝川(神木)ら、元蒲田支店メンバーが立ち上がる。  一方、鮫島(小手伸也)に決定的な証拠となる手帳を手渡され、これで情報が漏れたら裏切者がすぐにわかると、脅迫まがいの発言をされた梅原(尾美)は戸惑いを感じていた。横山について調査を続ける片岡から「何か知ってるってことだよね」と問われるが、自分の身を守るため冷たく突き放してしまう。「俺達の世代が止めないでどうすんだよ!」と説得する片岡と、巨大な権力の間で揺れる梅原のとった行動とは。  「片岡君にお前はばかだ、と伝えてください。それと…梅ちゃんはもっとばかだ、と伝えてください」と真山(香川照之)に手帳を差し出した梅原に対し、放送中のSNSでは「梅ちゃん」コールが殺到。  同時に「梅ちゃんと片岡さんの友情に涙ぐんでる」「梅ちゃんにジーンときた」といった感動の声や、「梅ちゃんが、踏切に行けば飛び込むんじゃないか…、屋上に行けば飛び降りるんじゃないか…、ネクタイを外せば首を…と心配になった今週」と苦渋の決断を行った彼を心配する視聴者も相次いだ。  また、いよいよ最終回を迎える本作に「来週まで待てん!!」「ドキドキして震えて待ちます」「正義が下克上に繋がると信じたい。頑張れーーーーーー!!!」など、さまざまなエールが送られている。

  • 『集団左遷!!』第9話場面写真

    今夜『集団左遷!!』、福山雅治は神木隆之介ら元蒲田支店メンバーと共に立ち上がる

    エンタメ

     福山雅治が主演を務める日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系/毎週日曜21時)の第9話が今夜放送される。頭取の裏切りに憤る片岡(福山)だったが、滝川(神木隆之介)ら元蒲田支店メンバーとともに再び立ち上がり、正面から勝負を挑む。@@cutter 本作は、江波戸哲夫の小説『新装版 銀行支店長』『集団左遷』(講談社文庫)をドラマ化。50歳を目前に廃店が決まっている銀行支店の支店長となった片岡洋(福山)と、リストラ寸前の行員たちが協力して大逆転に挑む、サラリーマンたちの下克上ストーリーを描く。  懸命の調査でなんとか横山専務(三上博史)の裏金づくりを暴き出した片岡。しかし藤田頭取(市村正親)の裏切りで、証拠となるリストから横山の名前は消されてしまっていた。ダイバーサーチとの提携のカギを握る横山との取引に応じた藤田頭取の真の狙いは?  頭取に裏切られ憤る片岡。不正の新たな証拠を掴むべく、再び動き出す。そこへ、巨大外資との提携による大規模な合理化とリストラの大波が押し寄せる中、滝川(神木隆之介)ら、元蒲田支店メンバーが立ち上がる。  不正に築き上げられる会社の未来に、真正面から勝負を挑んでいく片岡たち。そして、起死回生のチャンスが意外な人物からもたらされる…。  日曜劇場『集団左遷!!』第9話は、TBS系にて今夜6月16日21時放送。

  • 福山雅治

    『集団左遷!!』 まさかの人物が裏切り!? ネット騒然「誰も信じられない」

    エンタメ

     福山雅治が主演を務める日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系/毎週日曜21時)の第8話が9日放送され、“まさかの人物”の裏切りにネット上は騒然。息を飲む展開に視聴者からは「もはや誰も信じられない」「三友銀行どうなるの?」などといったコメントが集まっている。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  新たにリストアップされた廃店一覧表を眺めてため息をつく片岡。元蒲田支店の面々の動向が気になる一方で、日本橋支店をめぐる横山(三上博史)の動きに不穏な空気を感じていた。  そんな折、片岡は隅田(別所哲也)から、近々上場を控えているレジーナホームズに不正融資の疑いがあることを知らされる。しかも、レジーナホームズを日本橋支店に紹介し、積極的な支援を促したのは横山だった。隅田から極秘で調査を命じられた片岡は真山(香川照之)と連絡を取り動き始めるが、証拠をつかんだと思った矢先に横山が不正を暴露。日本橋支店長の金村(川原和久)が責任を取り辞職することが言い渡される。  その後片岡と真山は、なんとか金村から事実を聞き出せないかと奔走する。最初は拒否されていたものの、横山の思惑を察した金村は、役員らが裏金を受け取っていた証拠となるメモを「俺の正義」だとして片岡に明け渡す。そこには、横山の名前もしっかり記載されていた。  これで横山の不正を暴けると藤田頭取(市村正親)に真相を報告した隅田と片岡は、次回の役員会議ですべて報告してほしいと命じられる。しかし会議当日、いよいよ証拠の画像を開いたその瞬間、横山はほほ笑み、片岡は予想だにしない物を目にするのであった…。  今まで全面的な味方だと思っていた藤田頭取のまさかの裏切りに、放送中からSNS上は大騒ぎ。「まさかの頭取は横山さん側だった」「ちょっ、ちょ、頭取…?」「三友銀行どうなるの?」と戸惑う声や、クライマックスで流れる主題歌『俺たちの明日』にかけて「さぁ頑張ろうぜな場合ではない」といったツッコミが殺到した。また、不穏すぎる次回予告に対しても「梅ちゃんの安否が気になって仕方ない」「来週が楽しみすぎる」など、待ちきれない様子のファンが相次いでいる。

  • 『集団左遷!!』第8話場面写真

    今夜『集団左遷!!』、福山雅治は香川照之とともに不正融資の調査を

    エンタメ

     福山雅治が主演を務める日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系/毎週日曜21時)の第8話が今夜放送される。近く上場を控えているレジーナホームズに不正融資の疑いが浮上。片岡(福山)は融資担当常務の隅田(別所哲也)から極秘で調査を命じられ、日本橋支店副支店長の真山(香川照之)と連絡を取って動き始める。@@cutter 本作は、江波戸哲夫の小説『新装版 銀行支店長』『集団左遷』(講談社文庫)をドラマ化。50歳を目前に廃店が決まっている銀行支店の支店長となった片岡洋(福山)と、リストラ寸前の行員たちが協力して大逆転に挑む、サラリーマンたちの下克上ストーリーを描く。  新たにリストアップされた廃店一覧表を眺めてため息をつく片岡。元蒲田支店の面々の動向が気になる一方で、日本橋支店をめぐる横山(三上博史)の動きに不穏な空気を感じていた。  そんな折、片岡は隅田から、近々上場を控えているレジーナホームズに不正融資の疑いがあることを知らされる。しかも、レジーナホームズを日本橋支店に紹介し、積極的な支援を促したのは横山だった。隅田から極秘で調査を命じられた片岡は真山と連絡を取り、動き始める。  そこには、驚くべき真実が…。そして物語は驚きの結末を迎える。  日曜劇場『集団左遷!!』第8話は、TBS系にて今夜6月9日21時放送。

  • (左から)福山雅治、斎藤工

    福山雅治&斎藤工、イケメン2ショットにファン「最強の組み合わせ」

    エンタメ

     俳優の福山雅治が6日、自身のインスタグラムを更新し、斎藤工との2ショットを公開した。人気俳優の2ショットにファンからは「素敵なツーショット」「最強の組み合わせ」といった反響が寄せられている。@@cutter 「6月9日(日)22時からの『地底人ラジオ』は…、 スペシャルゲストとして、斎藤工さんが登場!!」というコメントとともに投稿されたのは、斎藤と福山の2ショット。共にブラックのシャツを着た2人が穏やかな笑みを浮かべ、リラックスした雰囲気を漂わせている。  『地底人ラジオ』(渋谷のラジオ)は、福山がパーソナリティを務めているラジオ番組。対談では福山も製作として名を連ねた斎藤の監督作『blank13』についてもトークを展開するとのことだ。  ファンからは「イケメンのお二人、カッコいいです」「素敵なツーショット」「最強の組み合わせ」「色男しかおらへんやん」といった声が集まった。また、声がいいことでも女性ファンを中心に人気の2人のラジオ共演だけに「イケボのお二人の対談 めちゃくちゃ楽しみにしてます」といった期待の声も寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/masaharu_fukuyama_official/

  • 『集団左遷!!』第8話で21年ぶりに共演する福山雅治と大路恵美

    福山雅治&大路恵美、『集団左遷!!』で21年ぶりサプライズ共演

    エンタメ

     俳優の福山雅治が主演を務める日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系/毎週日曜21時)の第8話に、女優の大路恵美がサプライズゲストとして出演することが決定した。『ひとつ屋根の下』での「チイ兄ちゃん」と「小梅」役で知られる2人の、夢の顔合わせが実現する。@@cutter 本作は、江波戸哲夫の小説『新装版 銀行支店長』『集団左遷』(講談社文庫)をドラマ化。50歳を目前に廃店が決まっている銀行支店の支店長となった片岡洋(福山)と、リストラ寸前の行員たちが協力して大逆転に挑む、サラリーマンたちの下克上ストーリー。  前話(第7話)から始まった第2章では、本部の融資部へ異動となった片岡と、専務に出世した横山輝生(三上博史)とのバトルが、三友銀行全体を巻き込んだ大スキャンダルへと発展していく。  第8話で大路が演じるのは、横山専務と深い関わりを持ち、彼のもう一つの顔を知る三友銀行日本橋支店支店長・金村勇二(川原和久)の妻役。不正融資疑惑を調査中の片岡は、金村の家を訪ね、玄関先で応対した彼女と言葉を交わす。  福山と大路といえば、90年代の大ヒットドラマ『ひとつ屋根の下』(1993年/フジテレビ)、『ひとつ屋根の下2』(1997年/フジテレビ)で演じた兄妹役が印象深い。大路が福山と共演するのは、『めぐり逢い』(1998年/TBS)以来21年ぶりとなる。  大路は「今までサプライズ出演という機会がなかったので、短いシーンでしたが、とても楽しめました」と撮影を振り返る。撮影中も「チイ兄ちゃん!」と呼んでいたという福山に対しては「話しても話しても会話が尽きず、今でも兄と妹のままでした。福山さんは人間力がさらに増していて素敵でした」と語った。  福山は「僕にとっても大路恵美さんは変わらず“小梅”です」と懐かしみ、「撮影現場では、懐かしい色々な話をすることができてうれしかったです。相変わらず守ってあげたくなる存在で、『小梅は変わらないな』と思いました」と再会の感想をコメントした。  日曜劇場『集団左遷!!』第8話は、TBS系にて6月9日21時放送。

  • 日曜劇場『集団左遷!!』に出演する三上博史

    『集団左遷!!』第2章突入! 三上博史の冷酷な判断に視聴者「怖すぎる」

    エンタメ

     福山雅治が主演を務める日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系/毎週日曜21時)の第7話が2日に放送された。三上博史演じる横山専務の因縁に視聴者からは「横山さん怖すぎる」「横山闇深いな!」など、今後の展開に期待と不安が入り混じった声が届いている。@@cutter 片岡は、蒲田支店の廃店により本部の融資部へ異動。落ち着く間もなく、全国展開する総合百貨店・マルハシホールディングスのダニエル・バックCEOが、会社資金102億円を私的流用した疑いで東京地検特捜部に逮捕される、という衝撃的なニュースが飛び込んでくる。マルハシは4年前、アメリカの大手百貨店・ウィルマンズと合併したものの業績の低迷にあえいでいた。  金融庁の立ち入り検査を控えて大わらわの中、横山専務(三上博史)がマルハシ再建の緊急プランを提案する。それは、ダニエルの解任及びウィルマンズとの合併解消、そして丸橋雄一郎会長(本田博太郎)を再び社長に就任させるというものだった。だがそんな折、三友銀行日本橋支店の副支店長に就任した真山(香川照之)のもとに「ダニエルは丸橋会長にはめられた」という告発メールが届く。果たしてメールは事実なのか。片岡は上司である融資担当の隅田常務(別所哲也)に相談し、自ら調査に乗り出す。  真の告発者にたどり着き、片岡と真山の執念のかいもあってバックの無実は晴れ、私的流用の張本人は丸山会長だったと判明。ことの真相を突きつけたところ、横山は意外なほどあっさりと引き下がり、再建プランを撤回するのだった。  一件落着したものの、依然本性を現さない横山の存在はSNS上でも「どこまで黒いんだ横山さんは」「横山やばいやつすぎる」などと話題に。自身の立場が悪くなれば長い付き合いのある取引先であろうとバッサリ切り捨てる冷酷な判断に「どこまでも嫌な人だ」などと憤る声のほか、彼の不可解な行動に「何企んでんの?」「ホントはいい人…?」「悪役を演じてるかもしれない」など今後の展開を考察する投稿が続出している。

  • 『集団左遷!!』第7話場面写真

    今夜『集団左遷!!』、本部に異動した福山雅治の前に新たな難問が

    エンタメ

     福山雅治が主演を務める日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系/毎週日曜21時)の第7話が今夜放送。第7話では、蒲田支店の廃店により本部の融資部へ異動した片岡(福山)に、新たな難問が発生。業績が低迷する総合百貨店を巡る告発メールの調査に乗り出そうとする。@@cutter 本作は、江波戸哲夫の小説『新装版 銀行支店長』『集団左遷』(講談社文庫)をドラマ化。50歳を目前に廃店が決まっている銀行支店の支店長となった片岡洋(福山)と、リストラ寸前の行員たちが協力して大逆転に挑む、サラリーマンたちの下克上ストーリーを描く。  片岡は、蒲田支店の廃店により本部の融資部へ異動。落ち着く間もなく、全国展開する総合百貨店・マルハシホールディングスのダニエル・バックCEOが、会社資金102億円を私的流用した疑いで東京地検特捜部に逮捕される、という衝撃的なニュースが飛び込んでくる。マルハシは4年前、アメリカの大手百貨店・ウィルマンズと合併したものの業績の低迷にあえいでいた。  金融庁の立ち入り検査を控えて大わらわの中、横山専務(三上博史)がマルハシ再建の緊急プランを提案する。それは、ダニエルの解任及びウィルマンズとの合併解消、そして丸橋雄一郎会長(本田博太郎)を再び社長に就任させるというものだった。  だがそんな折、日本橋支店の副支店長に就任した真山(香川照之)のもとに「ダニエルは丸橋会長にはめられた」という告発メールが届く。果たしてメールは事実なのか。片岡は上司である融資担当の隅田常務(別所哲也)に相談し、自ら調査に乗り出そうとするが…。  日曜劇場『集団左遷!!』第7話は、TBS系にて今夜6月2日21時放送。

  • 福山雅治

    福山雅治、まさかの“胸熱”展開に視聴者泣く『集団左遷!!』第6話

    エンタメ

     福山雅治が主演を務める日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系/毎週日曜21時)の第6話が26日放送。廃店を食い止めるために最後まで奮闘する蒲田支店メンバーを待っていた予想外の展開に「最終回かと思って泣いた」「胸熱」と感動の声があがっている。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  国外へ逃亡しようとしていた三嶋(赤井英和)を寸前のところで捕まえ、20億円の融資詐欺はなんとか免れることが出来た。胸をなでおろす蒲田支店だったが、横山常務(三上博史)は「目標の100億円に1円でも届かなければ廃店は断行する」と厳しい態度を崩さない。  奮闘の結果、目標まで残り14億円となったとき、片岡(福山)は頭取の藤田(市村正親)に呼び出され、彼が蒲田支店にいた頃に担当していた顧客、西村精機を紹介すると告げられる。夫の西村が他界したため妻の雪子がコインパーキングの事業計画を考えており、1億円の融資を希望しているという。その後も次々と融資の依頼が舞い込み、ノルマ達成に順調な兆しが見えてきた。  目標達成まであと1億円。西村精機の稟議書を出せばノルマは達成するが、心のどこかで工場を再建したいと思う雪子の気持ちを察した滝川(神木隆之介)と片岡。「自分たちのために融資をする方をとるか、廃店とリストラを覚悟で融資をやめて西村精機を応援するか…」と思い悩む一同。  結局最後まで銀行員としての信念を曲げることができず、「全員で一番お客様のためになることを考えることが、銀行員のプライドだという意見になりました。たとえそれで最後だったとしても」と頭取に報告した片岡。同時にノルマは未達成、蒲田支店は廃店となるが、片岡らメンバーには思わぬ結末が待っていた…。  大団円となった第一章のラストに対し、SNSでは「最終回かと思うような展開」「アツすぎて泣いた」「蒲田支店の皆さん超超超かっこよかった」といった感動の声が続出。さらに、常務から専務に昇格した横山、そして片岡に「ごめんね」と謝る梅原(尾美としのり)…と波乱の展開を見せる第2章の幕開けに盛り上がるファンも多く、「梅ちゃんどうしたの!?」「裏切者になるの?」「次のステージも目が離せない!」など期待と不安の入り混じる叫びが多数届けられている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access