リンダ・カーデリーニ 関連記事

  • 『ラ・ヨローナ ~泣く女~』新メインビジュアル

    傘をかざすとヤツがいる…!『ラ・ヨローナ』最恐特別映像公開

    映画

     大ヒットシリーズ『死霊館』やDC映画『アクアマン』を世に送り出したジェームズ・ワンが製作を務めるホラー映画『ラ・ヨローナ ~泣く女~』から、傘をさすことが思わず恐怖に変わってしまう特別映像が公開された。@@cutter 本作は、メキシコ発祥の古くから伝わる怪談に登場する“ヨローナ”が題材。ヨローナとは、愛する夫の浮気で嫉妬に狂い、夫が世界で一番愛するわが子を溺死させるも、後悔から正気を失い、川で入水自殺を遂げた女性。以来、呪いとなってこの世をさまよい、子供たちだけを狙いさらっていくのだが、そのとき必ず泣き声が聞こえるという。  舞台は1970年代の米ロサンゼルス。とある母親が、子どもたちが危険にさらされているとソーシャルワーカーのアンナ(リンダ・カーデリーニ)に助けを求めるが、アンナは訴えを無視してしまう。しかし、それはヨローナの呪いの始まりだった。ヨローナが次に狙いを定めたのは、アンナの2人の子、エイプリル(マデリン・マクグロウ)とクリス(ローマン・クリストウ)。そんなとき、信仰心を捨てようとしていた神父(トニー・アメンドーラ)が現れ、最悪の呪いに立ち向かうが…。  公開された特別映像では、自宅のプール前で傘を開いたエイプリルが、女の泣き声とともに何者かを一瞬目撃する場面が登場。その姿はすぐに消え、驚いた顔のエイプリルを強風が急襲し、傘はまたたく間にプールの中へ吹き飛ばされてしまう。恐る恐る水面に浮かぶ傘を拾うエイプリルの前に、白い服装の女が突然出現。左手首をつかまれたエイプリルが恐怖の形相で悲鳴を上げるところで、特別映像は終わりを迎えている。  映画『ラ・ヨローナ ~泣く女~』は5月10日より全国公開。

  • 『ラ・ヨローナ ~泣く女~』アメリカンゴシックポスター

    『ラ・ヨローナ』黒い涙を目に浮かべ…哀愁漂う本国版ポスター独占公開

    映画

     映画『死霊館』シリーズや『アクアマン』を世に送り出したジェームズ・ワンが製作を務めるホラー映画『ラ・ヨローナ ~泣く女~』から、恐怖の泣く女(ヨローナ)を描いたアメリカンゴシックスタイルの本国版ポスターが公開された。@@cutter 本作は、中南米に古くから伝わる呪われた存在“ヨローナ”が題材。ヨローナとは、愛する夫の浮気で嫉妬に狂い、夫が世界で一番愛するわが子を溺死させるも、後悔から正気を失い、川で入水自殺を遂げた女性。以来、呪いとなってこの世をさまよい、子供たちだけを狙いさらっていくのだが、そのとき必ずヨローナの泣き声が聞こえるという。  舞台は1970年代の米ロサンゼルス。不可解な死を遂げた子供の母親が、不吉な警告を発するも、ソーシャルワーカーのアンナはその声を無視。ところが、アンナとその2人の子は、ほどなくしてある女の”泣き声”を聞いてしまう。ヨローナはアンナの子、エイプリルとクリスに狙いを定め、数々の恐ろしい現象を引き起こすことになる。そんなとき、信仰心を捨てようとしていた神父が現れ、最悪の呪いに立ち向かうが…。  すでに解禁された日本版ポスターは、水辺の中心に立ち尽くし、ベール越しにこちらを見据えた泣く女を捉えたものだったが、本国版ポスターは哀愁漂う泣く女の横顔をフィーチャーし、頭にかけられたベールの刺しゅうのドクロの細かさまで描き込まれた一枚。その目は黒い涙を流すも、金色に妖しく光っており、上部の「ay, mis hijos…」(意訳すると「あああああ!! 私の子どもたち…!!!」)というキーフレーズも相まって、女の悲痛の叫びが聞こえてくるようなものとなっている。かつてはメキシコの村一番の美人だったとも言われている泣く女。屍のような顔になろうとも、その名残を長いまつ毛に宿している。  メガホンをとるのは、ワンが『死霊館』シリーズ第3弾の監督に指名したマイケル・チャベス。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の脚本ゲイリー・ドーベルマンがワンとともに製作に名を連ねる。主人公のアンナを『グリーンブック』のリンダ・カーデリーニが、エイプリルとクリスを『アメリカン・スナイパー』のマデリン・マクグロウ、新人のローマン・クリストウがそれぞれ演じる。『アナベル 死霊館の人形』のトニー・アメンドーラが、アンナが助けを求める神父役を務めている。  映画『ラ・ヨローナ ~泣く女~』は5月10日より全国公開。

  • 映画『ラ・ヨローナ~泣く女~』新メインビジュアル

    “決して水に近づいてはいけない”…『ラ・ヨローナ』恐怖の予告解禁

    映画

     大ヒットシリーズ『死霊館』を世に送り出したジェームズ・ワンが製作を務めるホラー映画『ラ・ヨローナ ~泣く女~』の公開日が5月10日に決定。水のある場所に現れ、子どもをさらっていくというヨローナの魔の手が迫る恐怖の予告が解禁された。@@cutter 本作は、中南米に古くから伝わる呪われた存在“ヨローナ”が題材。ヨローナとは、愛する夫の浮気で嫉妬に狂い、夫が世界で一番愛するわが子を溺死させるも、後悔から正気を失い、川で入水自殺を遂げた女性。以来、呪いとなってこの世をさまよい、子供たちだけを狙いさらっていくのだが、そのとき必ずヨローナの泣き声が聞こえるという。  舞台は1970年代の米ロサンゼルス。とある母親が、子どもたちが危険にさらされているとソーシャルワーカーのアンナに助けを求めるが、アンナは訴えを無視してしまう。しかし、それはヨローナの呪いの始まりだった。ヨローナが次に狙いを定めたのは、アンナの2人の子、エイプリルとクリス。そんなとき、信仰心を捨てようとしていた神父が現れ、最悪の呪いに立ち向かうが…。  メガホンをとるのは、ワンから映画『死霊館』シリーズ第3弾の監督にも指名されたマイケル・チャベス。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の脚本ゲイリー・ドーベルマンがワンとともに製作に名を連ね、主人公のアンナを『グリーンブック』のリンダ・カーデリーニが演じる。  予告編は川辺の事件現場シーンから幕を開ける。ソーシャルワーカーのアンナが目にしたのは、2体の子どもの水死体。母親のパトリシアから「あんたのせいよ!」と詰め寄られたアンナは、後日、衝撃の言葉を投げかけられる。「あんたの子供も、いずれ聞くはずよ。あの女の泣き声を」と。  泣く女の呪いをかけられたアンナとクリスとエイプリルの兄妹は、度重なる怪現象に見舞われ、教会に助けを求める。紹介されたのは地元の悪魔祓い・ラファエル。エイプリルに「来るの?」と聞かれると「すでにいる」と最悪の受け答えをするラファエル。続いてクリスが窓を閉めようとすると突如強風に吹き飛ばされ、カーテンがふわっと広がったと思ったその瞬間、泣く女が手を伸ばして襲い掛かってくるという恐怖の映像が映し出される。  最後は、1人でお風呂に入るエイプリルに魔の手が迫るシーンのあと、「決して水に近づいてはいけない」というナレーションで予告は幕を閉じる。  ヨローナは川やプール、お風呂、そしてトイレ、水たまりであろうが、水のあるところに現れる。ヨローナのとてつもない怒りにさらされる彼女たちは果たして生き延びられるのか…。  映画『ラ・ヨローナ ~泣く女~』は5月10日より全国公開。

  • 映画『ラ・ヨローナ~泣く女~』場面写真

    ジェームズ・ワン製作、伝説の怪談を映画化『ラ・ヨローナ~泣く女~』公開

    映画

     世界興行収入累計1500億円を超える『死霊館』シリーズを世に送り出したジェームズ・ワンが製作を務め、中南米に伝わる伝説の怪談を映画化した『The Course of La Llorona』が、邦題を『ラ・ヨローナ~泣く女~』として初夏に日本公開されることが決定した。@@cutter 本作は、中南米に古くから伝わる呪われた存在“ヨローナ”を題材としたホラー映画。ヨローナとは、愛する夫の浮気で嫉妬に狂い、夫が世界で一番愛する我が子を溺死させるも、後悔から正気を失い、川で入水自殺を遂げた女性。以来、呪いとなってこの世をさまよい、亡くした我が子を取り戻すように、子どもたちだけを狙いさらっていくのだが、そのとき必ずヨローナの泣き声が聞こえるいう。  映画の舞台は1970年代のロサンゼルス。とある母親が子どもたちが危険にさらされているとソーシャルワーカーのアンナに助けを求めるが、アンナは訴えを無視してしまう。しかし、それはヨローナの呪いのはじまりだった。ヨローナが次に狙いを定めたのは、アンナの2人の子ども、エイプリルとクリス。執拗で残酷なヨローナの呪いはとめることができい。そんなとき、信仰心を捨てようとしていた神父が現れ、最悪の呪いと対峙するのだが…。  ワンは、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の脚本ゲイリー・ドーベルマンとともに製作に名を連ねる。メガホンを取るのは、ワンが「彼の演出は本当に恐い」と明言し、『死霊館』第3弾の監督を任せた新鋭マイケル・チャベス。主演のアンナ役を『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のリンダ・カーデリーニが務め、彼女の子どもエイプリルとクリスを『アメリカン・スナイパー』のマデリン・マクグロウ、新人のローマン・クリストウがそれぞれ演じる。    映画化にあたり、ワンは「僕らがよく観るタイプのホラーとは一線を画した恐怖を描く」と自信をみせる。解禁された場面写真には、車中に籠城するエイプリルとクリスが視線の向こう側にいる何かに驚き、恐怖する姿が映し出されている。  映画『ラ・ヨローナ~泣く女~』は初夏に全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access