松田龍平 関連記事

  • 松田龍平

    松田龍平&母・美由紀の2ショットに「カップルみたい」と話題

    エンタメ

     俳優の松田翔太が9日、自身のインスタグラムを更新し、兄の松田龍平の誕生日を祝福した。お祝いメッセージと共に投稿された、龍平と母の松田美由紀との2ショット写真にファンから「松田家ステキ」「お母様きれいすぎ」といった声が寄せられている。@@cutter 同日は龍平の36回目の誕生日で、翔太は「龍平、誕生日おめでとう」という言葉とともに、兄と母親の2ショットを投稿。写真の中の美由紀は、龍平と腕を組んでにっこりと微笑んでいる。  投稿をみたファンからは、龍平の誕生日を祝福するコメントが殺到。写真からにじみ出る仲の良さにも、「松田家ステキ」「松田家、本当に素敵ファミリーで憧れです」といった声が集まった。また、「妹さんかと思ったらお母様だった、、!相変わらずお若い」「お母様きれいすぎます」「sisterより恋人同士にも見えるショット」「カップルみたい」といった声も寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/shota_matsuda/

  • ゆう姫の兄である(左から)松田龍平・翔太

    松田龍平&翔太の妹・ゆう姫、バラエティー初登場 兄たちとの関係を明かす

    エンタメ

     松田龍平、翔太の妹でアーティストのゆう姫(ゆうき)が30日、『今夜くらべてみました』(日本テレビ系/毎週水曜21時)でバラエティー番組に初出演。家族との関係や、留学先での体験について語った。@@cutter 番組には「トリオ THE バイリンガルな女」と題した特集で、田中みな実、BENIと共に登場したゆう姫。故・松田優作、女優の松田美由紀を両親に持ち、龍平と翔太の妹であるゆう姫は、現在音楽ユニットYoung Juvenile Youthのボーカルを担当している。優作が亡くなったのは1歳のときのことで、「お父さんの記憶はない」という。スタジオでは母・美由紀に似ていると声があがったが、本人は「龍平に似ているとよく言われます」と明かす。  芸能一家に生まれたゆう姫だが、子どものころは兄2人ともよく遊び「弟的な感じに見られてた」と明かし、「兄弟ゲンカはありましたけど、それなりにでした」と回想。小学生のころには「誰ものけ者にしてはいけない」という母の教えから、自身の誕生日会にクラス30人全員を呼んだ、という驚きのエピソードを明かした。  中学卒業後に「環境を変えたい」という思いから、カナダのナナイモという場所に留学。ただそこでは「みんな小さい町だから、幼稚園からずっと一緒の育ち方をしていて。そこに入っていくのが大変でした」と苦労もあったそう。当初は英語もまだしゃべられなかったそうで、そんな中での留学にスタジオでは「勇気ありますね」と感心の声があがった。  その後、一度日本に戻り、今度はアメリカのピッツバーグに留学。そこではさまざまな国の友達に恵まれたそう。あるときは、仲良くなったサウジアラビア出身の男性と食事中、相手に電話が。男性が「え!? まじか」と驚いていたそうで、ゆう姫が理由を聞くと、「おばあちゃんの牧場の下から石油が出た!」と明かされた、というおもしろエピソードも明かしていた。

  • 『獣になれない私たち』に出演する松田龍平

    松田龍平の“パンチからの小走り”に視聴者が喝采『獣になれない私たち』最終回

    エンタメ

     女優の新垣結衣と俳優の松田龍平がダブル主演するドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)の最終回が12日に放送され、恒星(松田)が、自らを粉飾決算に巻き込んだ企業の担当者へ復讐するシーンに、視聴者から「恒星ナイスパンチww」「めっちゃツボww」「最高」などの声がSNSに寄せられた。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  一夜を共にした晶(新垣)と恒星(松田)は、5tapでちゃんと向き合って話そうとしたが、晶を心配した松任谷(伊藤沙莉)と上野(犬飼貴丈)がやって来たり、京谷(田中圭)が訪ねて来たりと大混乱。さらに呉羽(菊地凛子)は収束しないバッシング記事やネットの悪評にケリをつけるため謝罪会見を開くことに。晶と恒星は呉羽の会見を見守るのだが…。  謝罪会見で本音をぶちまけ、集まった記者を一蹴する呉羽の姿を見た晶と恒星。恒星は呉羽の言動に圧倒されながら「リスクは犯したくない」とつぶやくと、続けて「それでも人に支配される人生はごめんだ」と言い放つ。このセリフに対して、ネット上には「ずんと心に響きました」「この一言聞いただけでこのドラマを見てよかった」「熱くて超カッコいい」などの反響が寄せられた。  恒星は、先輩の堀田(三浦誠己)を呼び出すと、自身が加担したある企業の粉飾決算を明かし、それを告発すると宣言。堀田は「こんな不正はどこにだってあるだろう! お前が人生をかけることはないんだよ」と引き止めるものの、恒星は「逆です。取り戻そうと思ってます」と決意の表情でキッパリ。  恒星は粉飾決算を依頼してきた会社へ乗り込むと、担当者のいる会議室へ。恒星はノックもせず扉を開ける、担当者に一礼。担当者からもらった札束と、証拠書類をぶちまけ「アンタらの会社の所得隠しもついでにタレ込んどいたから」と言い捨てると、続けて担当者に「一発殴っていい?」と一言。そして“ドンっ!”という打撃音とともに、笑顔の恒星が小走りで会議室から飛び出してくると、視聴者から「めっちゃ嬉しそうwww恒星ナイスパンチw」「一発ぶちかましてニコニコ小走りで逃げてくのがめっちゃツボww」「恒星の笑顔が最高」などのツイートが殺到した。

  • (左から)新垣結衣、松田龍平

    新垣結衣、松田龍平、田中圭『獣になれない私たち』クランクアップショット!

    エンタメ

     最終回を迎えたドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の公式ツイッター、インスタグラムがクランクアップショットを続々と公開。新垣結衣、松田龍平、田中圭らメインキャストの写真や、脇を固めたキャストの集合写真が数多く披露された。@@cutter 本作は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子が、新垣と再びタッグを組んで贈る物語。誰からも好かれ愛されている30歳の深海晶(新垣)と、エリート会計士・根元恒星(松田龍平)が、仕事終わりのバーで偶然出会い、ぶつかり合いながらも、自分らしく人生を踏み出す姿を描いた。  12日の放送で最終回を迎えた本作。公式ツイッターに公開されたのは、自由な獣の様に生きる橘呉羽役の菊地凛子、京谷(田中圭)の母・花井千春役の田中美佐子、そして京谷の元カノである長門朱里を演じた黒木華や、晶の“元彼”となった京谷を演じた田中圭のクランクアップショット。それぞれお祝いの花束を持ち、にこやかにほほ笑む姿が印象的な一枚だ。  そして最後に投稿されたのが、今作でダブル主演を務めた新垣と松田の2人。  コメント欄には、最終回が寂しいと嘆くファンはもちろん、「田中さんのお母さん役良かったです。今度はガッキーと親子役で共演してみてほしいです」「呉羽姐さんは私にとってずっと宇宙人でした」「呉羽さんのキャラ好きです」「朱里さんがあの部屋を出て自分で行き先を決められるようになることをずっと期待してみてました」など、登場人物一人一人に視聴者が感じたそれぞれの想いが多数届けられている。 引用:https://twitter.com/kemonare_ntv

  • 『獣になれない私たち』第10話場面写真

    今夜『獣になれない私たち』最終回、新垣結衣と松田龍平は一夜を共にするが…

    エンタメ

     女優の新垣結衣、俳優の松田龍平がダブル主演するドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の最終回が今夜放送される。最終回では、一夜を共にした晶(新垣)と恒星(松田)が自分たちの関係について向き合う姿が描かれる。@@cutter 本作は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子が、新垣と再びタッグを組んで贈る物語。誰からも好かれ愛されている30歳の深海晶(新垣)と、エリート会計士・根元恒星(松田)が、仕事終わりのバーで偶然出会い、ぶつかり合いながらも、自分らしく人生を踏み出す姿を描いていく。  九十九(山内圭哉)の、社員を大切にしない仕事のやり方に抗議をしたところ、逆に「お前がいなくても会社はどうにでもなる。辞めればいい」と言われてしまいショックをうけた晶。家族を救うために始めた粉飾決算への加担を「もうやめさせてくれ」と頭を下げて頼むも、抜け出せなかった恒星。傷ついた心のまま一夜を共にした2人は、あの夜のお互いの気持ちが分からずモヤモヤしていた。  5tapでちゃんと向き合って話そうとした晶と恒星だったが、会社を休んだ晶を心配した松任谷(伊藤沙莉)と上野(犬飼貴丈)がやって来たり、京谷(田中圭)が訪ねて来たりと大混乱。落ち着いてようやく本音で話そうとした2人に今度は呉羽(菊地凛子)からの着信が。収束しない過去の男性関係でのバッシング記事やネットでの悪評によって、これ以上夫のカイジに迷惑をかけないために呉羽はある大きな決断をする。彼女の決断を見届けた晶と恒星も、ようやくお互いについて向き合うことに…。  ドラマ『獣になれない私たち』最終回は、日本テレビ系にて今夜12月12日22時放送。

  • (左から)『獣になれない私たち』新垣結衣、松田龍平クランクアップの様子

    新垣結衣&松田龍平、『けもなれ』クランクアップに感無量

    エンタメ

     新垣結衣と松田龍平がダブル主演を務めるドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)が、12月12日放送の最終回を前にクランクアップ。ヒロインを演じた新垣は「あと2、3話やってもいいんじゃないかなと(笑)」と心境を語った。@@cutter ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子が、新垣と再びタッグを組んだ本作。物語は、誰からも好かれ愛されている30歳の深海晶(新垣)と、エリート会計士・根元恒星(松田)が、ぶつかり合いながらも自分らしく人生を踏み出す姿を描いている。  主演の二人が揃ってクランクアップを迎えたのは、都内某所にある高級ホテルの一室。最終回の重要なシーンの撮影が終わったところで、演出を務めた水田伸生から、新垣と松田に花束が手渡された。  本作の撮影を振り返った松田は「本当に色々と楽しかったです。5tapもそうですし、(自分が演じた)恒星の事務所だったり、色々思い出深い場所がたくさんあります」と語ると、続けて「撮影中は、皆さんの作品にかける熱意と笑顔に癒されました」とコメント。  一方の新垣は、撮影中に役に入り込んでしまったらしく「晶という役が想像以上に最初のころはしんどくて、もうセリフも覚えたくないなとか、(九十九社長に)怒られたくないなとか、怒鳴られたくないなとか思っていたんですけど」と明かしながらも「もうちょっと晶を通して色々な人と関わりたいなって思っている自分がいて、すごく幸せなことだなと思いました」と本作の充実ぶりを言葉にした。  ドラマ『獣になれない私たち』最終回は、日本テレビ系にて今夜12月12日22時放送。

  • 『獣になれない私たち』に出演する新垣結衣、松田龍平

    新垣結衣&松田龍平、喫茶店でモーニングするオフショットにファン歓喜

    エンタメ

     ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の公式インスタグラムが8日、主演を務める新垣結衣と松田龍平のオフショットを公開した。第9話で一夜を過ごした2人の姿に、視聴者からは大きな反響が寄せられている。@@cutter 「二人でコーヒー」というコメントと共に投稿されたのは、ゆで卵を持つ新垣と、コーヒーを持つ松田のツーショット。5日に放送された第9話の冒頭で、2人が喫茶店でモーニングをするシーンからのオフショットのようだ。第9話の最後では、ついにベッドシーンが描かれた2人。ハッシュタグには「#壊すのにはおしい関係」「#この後二人はどうなるの」といったタグも。最終回は12日に放送される。  コメント欄には、「このシーン、すごく好きでした」「オフショットありがとうございます!」「2人のすてきなショット、待ちわびてました!!嬉しい!!」といった喜びの声が多数寄せられたほか、「どうなるの!!」「ずっと見ていたいふたりです」「最終回楽しみです」「ハッピーエンド!!!!絶対希望!!!!」「はー、楽しみ」など、2人がどうなってしまうのか、最終回を心待ちにするファンの書き込みが相次いでいる。 引用:https://www.instagram.com/kemo_nare_ntv/

  • 『獣になれない私たち』に出演する新垣結衣、松田龍平

    『獣になれない私たち』第9話ベッドシーン 新垣結衣&松田龍平が「美しすぎる」の声

    エンタメ

     女優の新垣結衣と俳優の松田龍平がダブル主演するドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第9話が5日に放送され、晶(新垣)と恒星(松田)のキスシーン&ベッドシーンが描かれた。視聴者からは「美しすぎる」と多くの反響が寄せられた。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  晶(新垣)が業務改善を進めた結果が出始め、入社した朱里(黒木華)もSEチームとなじんでいた。そんな中、社長の九十九(山内圭哉)は、晶を“営業部の特別チーフクリエイター部長”に昇進させることを発表。  夫の葬儀などがようやく落ち着いた千春(田中美佐子)が京谷(田中圭)のマンションを訪ねると、そこでとっくに別れたと聞いていた朱里と鉢合わせ。朱里はマンションを抜け出し晶の部屋に逃げ込むが、そこにも千春が訪ねてきて…。  晶は、社員を精神的に支配する九十九のやり方に抗議するものの、九十九から「今すぐ辞め!」と返され、結局退職届を出すことができなかった。一方、ある企業から依頼されていた粉飾決算の書類を請け負うか否かで思い悩んでいた恒星だったが、結局、粉飾に加担してしまう。恒星の事務所を訪れた晶は、会社でのことの経緯を説明し「私は必要なかった…いなくてもどうとでもなる」とポツリ。恒星はそんな晶の頰に手をやり「泣いてる?」と一言。  恒星はそのまま慰めるように晶を抱きしめると、2人は見つめ合い、長い口づけを交わす。このキスシーンに視聴者からは「抱きしめからのキスの流れ、すごく良い…」「晶と恒星だけの世界美しすぎる...」「美しいし尊い2人」「キスした瞬間一人で拍手したわ」などのツイートが殺到。  さらに場面が切り替わり、ベッドで体を重ねる晶と恒星が映し出されると、ネット上には「ガッキーのベッドシーンなんてレアすぎる」「一線越えてきた」「なんでだろう。ベッドシーンなのに私泣いてる」などの反響が寄せられた。

  • 『獣になれない私たち』第9話場面写真

    今夜『獣になれない私たち』、新垣結衣の業務改善が身を結び始める

    エンタメ

     女優の新垣結衣と俳優の松田龍平がダブル主演しているドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第9話が今夜放送される。今回は、晶(新垣結衣)による業務改善の結果が出始めるほか、恒星(松田龍平)と呉羽(菊地凛子)の写真が週刊誌に掲載されたことで5tapに記者が張り込むようになってしまう。@@cutter ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の脚本家・野木亜紀子が、新垣と再びタッグを組んだ本作。物語は、誰からも好かれ愛されている30歳の深海晶(新垣)と、エリート会計士・根元恒星(松田)が、ぶつかり合いながらも自分らしく人生を踏み出す姿を描いている。  第9話では、晶が業務改善を進めた結果が出始め、ツクモクリエイトジャパンの雰囲気が改善。松任谷(伊藤沙莉)と上野(犬飼貴丈)も仕事の結果を出すようになり、入社した朱里(黒木華)もSEチームとなじんでいる。  そんな中、社長の九十九(山内圭哉)は晶を『営業部の特別チーフクリエイター部長』に昇進させることを発表する。その代わりに、これまで晶が行っていた細々とした業務を、全て新人の朱里が「社長秘書」として担当することに。社員一同が驚くとともに、晶と朱里は戸惑ってしまう。  一方の恒星は、呉羽との5tap前でのハグ写真が週刊誌に掲載されていた。橘カイジの妻として話題の呉羽の過去の恋愛関係がどんどんほじくり返されるようになり、みんなのオアシスだった5tapの前にも、記者が張り込むようになってしまう。  夫の葬儀などがようやく落ち着いた千春(田中美佐子)が、京谷(田中圭)のマンションに突如遊びに来る。そこで鉢合わせたのは、とっくに別れたと聞いていた朱里だった。朱里はマンションを抜け出して晶の部屋に逃げ込むのだったが、そこにも千春が訪ねてきて…。  ドラマ『獣になれない私たち』第9話は、日本テレビ系にて12月5日22時放送。

  • 『獣になれない私たち』に出演する松田龍平

    松田龍平の涙が共感と感動『獣になれない私たち』

    エンタメ

     俳優の松田龍平が、女優の新垣結衣と共にダブル主演を務めるドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)。これまでは新垣演じるヒロイン・晶と田中圭扮する京谷の恋愛模様が物語の中心になっていたが、28日放送の第8話では、松田が演じる恒星の人物像にフォーカス。クライマックスで恒星が見せた涙は、見る者に大きな感動と共感を与えた。@@cutter 第8話。恒星(松田)は、呉羽(菊地凛子)の夫・カイジの会社の上場を手伝うことを決めるが、打ち合わせを何回もキャンセルされていた。さらに恒星の元に、行方不明の兄・陽太(安井順平)が警察に捕まったという連絡が入る。一方、晶(新垣)が務める会社の面接に現れたのは京谷(田中)の元カノ・朱里(黒木華)。晶と朱里が知り合いだと知った九十九(山内圭哉)は採用を決めるが…。  これまで断片的に描かれてきた恒星と兄の関係。恒星自身がセリフの中で、兄のことを晶に似ていると指摘しながら“お人好しの優等生”と、否定的なニュアンスで表現してきた。第8話は、飄々としながら毒舌を吐く恒星と、真逆の兄を対比させることで、恒星の人物像を深く掘り下げるという物語に。幼い頃、2人で遊んでいたボードゲームをキーアイテムに、成長するに従って、お互いに関係を避け、理解し合おうとしてこなかった兄弟間の断絶が見事に表現されていた。  ドラマの後半では恒星と兄が道端で口論をする展開に。小学校から高校、そして社会人へ成長するに従い、お互いの中に集積されたわだかまりをストレートに伝え合うエモーショナルな展開は、ケンカという方法ながらも、懸命にお互いを理解し合おうとする姿と、松田の感情を全面に出した演技も相まって感動的なシーンとなった。  もう一点、特筆すべきは、恒星と兄の背景に横たわる東日本大震災と福島第一原発事故だ。彼らの福島の実家は避難指示区域となり人が住めない状態に。そして兄は地震と原発事故の影響で父親から継いだ工場を倒産させてしまった。兄が劇中で叫ぶ「あんなことさえなきゃ!」の言葉や、恒星の「本当に苦しいのは敵が誰かわからないこと」というつぶやきは、未曾有(みぞう)の災害と事故を目の当たりにしてきた私たちに一層重く響く。物語の終盤、福島の実家が解体された写真を見た恒星が必死に涙を堪える姿に、やり場のない怒りと人生の無常を受け入れようと苦悩する人間の姿を見せつけられた。(文:スズキヒロシ)

  • 『獣になれない私たち』第8話場面写真

    今夜『獣になれない私たち』、晶の会社の採用面接に朱里がやって来て…

    エンタメ

     女優の新垣結衣、俳優の松田龍平がダブル主演するドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第8話が今夜放送される。第8話では、晶(新垣)が勤める会社の面接に朱里(黒木華)がやってくる。@@cutter 本作は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子が、新垣と再びタッグを組んで贈る物語。誰からも好かれ愛されている30歳の深海晶(新垣)と、エリート会計士・根元恒星(松田)が、仕事終わりのバーで偶然出会い、ぶつかり合いながらも、自分らしく人生を踏み出す姿を描いていく。  恒星は、呉羽(菊地凛子)の夫でゲームクリエイター・橘カイジの会社の上場を手伝うことを決めるが、打ち合わせを何回も直前にキャンセルされていた。それを聞いた晶は「呉羽が乗り気なだけで、本当はカイジは恒星を意識していて会いたくないのではないか?」という仮説を立てる。  晶はついに、ツクモ・クリエイト・ジャパンの業務改善に向けて積極的に動き出す。社長の九十九(山内圭哉)にスタッフを増やすことを提案すると思いの外あっさりと採用を任されて張り切る晶。しかし、面談の日に現れた応募者は、京谷(田中圭)の元彼女・朱里だった。  一方、会計監査の仕事中の恒星に一本の電話が。それは、行方不明中の兄・陽太(安井順平)が酔っ払いの財布から金を盗もうとして警察に捕まったという連絡だった。処分が決まるまで自分の事務所に連れてきた恒星だったが、目を離した隙に陽太が事務所から逃走。恒星は晶に、自分がなぜ兄のことが大嫌いなのか、2人の間に起こった過去の出来事を話し始める…。  ドラマ『獣になれない私たち』第8話は、日本テレビ系にて11月28日22時放送。

  • 映画『影裏』場面写真

    綾野剛&松田龍平が初共演 芥川賞受賞『影裏』を映画化

    映画

     俳優の綾野剛が主演を務め、松田龍平が共演する映画『影裏』が2020年に全国公開されることが決定。綾野は本作について「これほど愛おしく苦しく刹那な人を生きたことがありません」と語っている。@@cutter 本作は、2017年文學界新人賞を受賞し、同年の第157回芥川賞を受賞した沼田真佑の同名小説を、『るろうに剣心』シリーズ、『3月のライオン』の大友啓史監督のメガホンで映像化したヒューマンミステリー。  今野(綾野)は、会社の転勤で移り住んだ岩手で、同僚の日浅(松田)と出会う。慣れない地でただ一人、日浅に心を許していく今野。日浅との交流に今野は言いようのない心地よさを感じていた。しかし日浅が突然、今野に一言も告げずに会社を辞めたことから二人は疎遠に。後日、日浅が行方不明になっていることを聞いた今野は、日浅を探そうとその足跡を辿っていく。そのうちに、彼の周囲の人々の話から、今野は日浅の数々の影の顔、裏の顔を知ってしまう…。  主人公の今野を演じる綾野は「私の中で静かに生きていた感情を、今野秋一は呼び覚ましてくれました」と語ると、続けて「そして日浅は、今野の中で生きる微かな影裏を見つけてくれた。そして照らしてくれた」とコメント。さらに「影裏で生きる全ての人々に出会えた事、大友監督の眼差し、各部署の愛、松田龍平さんが日浅であったからこそ、私は私で居られた。心から感謝します」と共演者やスタッフに謝辞を述べた。  一方、今野と交流を深めながらも行方不明となる日浅を演じる松田は本作について「表があればもちろん裏もあって。大抵の人は裏は見せないもので。人によっては裏表なんてものは大して差がないのかもしれませんが」と話すと「どんな映画になるのか、とても楽しみです」と期待をにじませた。  映画『影裏』は2020年全国公開。

  • 『獣になれない私たち』に出演する新垣結衣、松田龍平

    新垣結衣との共演に松田龍平が本音「かわいいと思っちゃって」

    エンタメ

     俳優の松田龍平と女優の新垣結衣が21日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系/毎週水曜23時59分)にゲスト出演。現在、ドラマ『獣になれない私たち』(同系/毎週水曜22時)でダブル主演を務める2人だが、松田が新垣に対して「今回は芝居できない。かわいいと思っちゃって。本当の気持ちと役がぶつかってる」と語る一幕があった。@@cutter 番組では「ナカイの窓×ドラマ」と題して、ダブル主演の新垣と松田、プロデューサー、監督をゲストに迎え、司会の中居正広、ゲストMCの陣内智則らと同作の舞台裏などについてトークを繰り広げていった。  「すごいと思う俳優」というトークテーマでは、新垣が松田の名前を挙げ、「龍平さんは本当に独特の間があるじゃないですか」と指摘。「龍平さんだから出せる間があって、観ている人がいろんなことを想像できるんですよね。セリフを言ってることと同じこと考えてるのか、考えてないのかとか。それがすごく私は以前から拝見させてもらってて。本当に刺激的」とその独特の存在感を称賛していた。  新垣の意見に、中居が「うれしくない? ガッキーに言われて。好きになっちゃわない?」と松田に対して寄せられるが、松田は「いや、別にならないですね」と回答。松田のクールなコメントに「それはそれで失礼だな!」とツッコまれることに。  ただ、すぐに松田は「いや、でも本当に今回は芝居できないですね。(新垣を)かわいいと思っちゃって。(ドラマの)設定で距離を置かなければならないから、本当の気持ちと役がぶつかっちゃってる」と新垣との共演について語り、新垣本人を苦笑させていた。

  • 『獣になれない私たち』に出演する新垣結衣、松田龍平

    『獣になれない私たち』新垣結衣&松田龍平のおそろいピースが微笑ましい

    エンタメ

     ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の公式ツイッターが21日、ダブル主演を務める女優の新垣結衣と俳優の松田龍平のオフショットを公開。2人しておそろいの“裏ピース”をし、にこやかにほほ笑む姿がファンを和ませている。@@cutter 本作は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子が、新垣と再びタッグを組んで贈るラブストーリー。誰からも好かれ愛されている30歳の深海晶(新垣)と、エリート会計士・根元恒星(松田)が、仕事終わりのバーで偶然出会い、ぶつかり合いながらも、自分らしく人生を踏み出す姿を描いていく。  同日放送の第7話の放送を告知した今回の投稿。暖色の暖かそうな照明の中、新垣と松田が寄り添い、裏ピースのポーズをとる微笑ましいショットだ。  リプライ欄には、「裏ピースとか可愛すぎる」「ガッキーと松田龍平さんのツーショット素敵です」といった称賛や、「このお二人はどうなるんでしょうか?毎回楽しみで仕方無いです」と今後への期待を寄せる声、「今晩はペールエールを用意しました!」と、さまざまなビールが飛び出す同作に合わせて、ビールを用意しているという宣言も飛び出している。 引用:https://twitter.com/kemonare_ntv

  • 『獣になれない私たち』第7話場面写真

    今夜『獣になれない私たち』晶は恒星が持っていた大量の現金に戸惑う

    エンタメ

     女優の新垣結衣、俳優の松田龍平がダブル主演するドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第7話が今夜放送される。第7話では、新垣演じるヒロインが、松田扮するエリート会計士が持っている大量の現金に戸惑う姿が描かれる。@@cutter 本作は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子が、新垣と再びタッグを組んで贈るラブストーリー。誰からも好かれ愛されている30歳の深海晶(新垣)と、エリート会計士・根元恒星(松田)が、仕事終わりのバーで偶然出会い、ぶつかり合いながらも、自分らしく人生を踏み出す姿を描いていく。  恒星が封筒に入った大量の現金を持っているのを目撃し、戸惑う晶。恒星は「この金で粉飾決算に加担するように脅迫されていて、やむを得ない事情で抜け出せない」と話す。その告白を真剣に聞く晶に対して、恒星は「…という映画の話」と言って話を変えてしまう。  社長の九十九(山内圭哉)の発案で、録音機能付き監視カメラがついたツクモクリエイトジャパン。その息苦しさと緊張感に松任谷(伊藤沙莉)も上野(犬飼貴丈)もバテ気味だ。強引な社長のやり方に、会社の空気が停滞していることを晶と佐久間(近藤公園)は心配する。  一方、寝たきり状態だった京谷(田中圭)の父の容態が悪くなり、病院に入れるかどうかで千春(田中美佐子)と家族の間はもめていた。京谷とケンカしたままでそんな状況を知らない晶は、千春と連絡がつかないことを心配しながら夜遅くに帰宅。すると、アパートのドアの前でなぜか眠り込んでいる朱里(黒木華)を見つけてしまう。  ドラマ『獣になれない私たち』第7話は、日本テレビ系にて今夜11月21日22時放送。

  • 『獣になれない私たち』第6話場面写真

    今夜『獣になれない私たち』恒星は呉羽の夫・橘カイジが気にかかり…

    エンタメ

     女優の新垣結衣と俳優の松田龍平がダブル主演を務めるドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第6話が今夜放送される。今回は、恒星(松田龍平)が呉羽(菊地凛子)の結婚についての「不穏な噂」を耳にするほか、朱里(黒木華)が晶(新垣結衣)の家に向かうこととなる。@@cutter 晶と恒星の路上キスを目撃してしまった呉羽と三郎(一ノ瀬ワタル)は、そのまま4人で5tapで飲むことに。呉羽は2人のキスを見ても、全く態度が変わることなく上機嫌だ。  今からみんなで夫の橘カイジの仕事関係のパーティーに行こう!と誘うも、恒星は晶との約束があるから行かないと冷たく断る。カイジのことが気になっている恒星は、後日パーティーの様子を三郎から聞き出そうとするも、肝心のことはよく分からない。そんな中で、恒星は呉羽とカイジの結婚についての「不穏な噂」を聞いてしまう。  一方の京谷(田中圭)は、朱里が居座り続けるマンションをとうとう出たことを、晶に告げられないままだった。朱里は部屋に残された京谷の荷物の中から、晶から来ていた年賀状を発見。住所を見た朱里は、晶の家に向かうも、ふらっと5tapに立ち寄ることにする。そこではちょうど、恒星とタクラマカン斎藤(松尾貴史)が話し込んでおり、なぜか朱里も一緒に話の輪に入って飲み始め…。  ドラマ『獣になれない私たち』第6話は、日本テレビ系にて今夜11月14日22時放送。

  • 『獣になれない私たち』に出演する新垣結衣、松田龍平

    新垣結衣&松田龍平のキスシーンに視聴者騒然『獣になれない私たち』第5話(ネタバレあり)

    エンタメ

     女優の新垣結衣と俳優の松田龍平がダブル主演するドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第5話が7日に放送され、終盤で、新垣演じるヒロイン晶が、松田扮する恒星にキスをするシーンに、視聴者から「晶ちゃんよくやった」「キュンキュンした」などのツイートが殺到した。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  京谷(田中圭)の元カノ・朱里(黒木華)と向き合うため、1人でマンションに会いに行った晶(新垣)。冷静な晶は、感情的になる朱里を見て、自分との違いを改めて突きつけられる。  朱里と会ってからというもの、今まで以上に仕事をこなす晶。社長の九十九(山内圭哉)はご機嫌だが、
松任谷(伊藤沙莉)は晶の微妙な危うさに気づき、いぶかしがる。  一方、晶と一夜を共にしたと聞いて逆上した京谷に殴られてしまった恒星(松田)は“明るすぎる”晶の変化に気づくのだが…。  朱里との対面を経たものの、京谷との問題に進展が見られないことから、晶はこれまで以上に仕事に精を出すことに。九十九からの要求に完璧に応え、新人営業マン・上野(犬飼貴丈)の代理も嫌な顔一つせずこなしていく。晶の変わりっぷりに視聴者から「ここで仕事しちゃうのが晶さんだよなぁ」「がっきーがデキ過ぎて心配...」などの反響が。  さらには、晶が仕事中に鼻歌で『幸せなら手をたたこう』を歌いながら、凍りついた笑顔で次々と仕事をこなしていく姿が描かれる。晶の心情を映し出したような淡々とした描写に、ネット上には「晶ー怖い怖い!」「あきら、壊れたか?」「これは危険」「晶に穏やかな毎日がやってきますように」などの声が殺到した。  家を出ていこうとしない朱里に自宅を譲り、自分が出て行くことを決意した京谷。一方、晶は京谷を避け続けていたが、「5tap」の前で彼の姿を見つけてしまう。晶は目の前にいた恒星に対して「付き合って一瞬」と言い放ち、突然キス。晶と恒星のキスを遠くから目撃した京谷は踵(きびす)を返してしまう。  京谷が去ったのを確認した晶は、「ごめん。そんなに深く考えないで」と恒星に言う。第4話でキスを拒み続けた晶の大きな決断に視聴者からは「晶ちゃんよくやった」「もう恒星と付き合おう」などのツイートが多数寄せられた。さらに「キュンキュンした」「美しすぎる」などの声も寄せられていた。

  • 『獣になれない私たち』第5話場面写真

    今夜『獣になれない私たち』晶はついに京谷の元カノ・朱里と対面

    エンタメ

     女優の新垣結衣、俳優の松田龍平がダブル主演するドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第5話が今夜放送される。第5話では、新垣演じるヒロインが、田中圭扮する恋人の元カノ・朱里(黒木華)と対面する姿が描かれる。@@cutter 本作は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子が、新垣と再びタッグを組んで贈るラブストーリー。誰からも好かれ愛されている30歳の深海晶(新垣)と、エリート会計士・根元恒星(松田)が、仕事終わりのバーで偶然出会い、ぶつかり合いながらも、自分らしく人生を踏み出す姿を描いていく。  京谷(田中)の家に4年も暮らしている元カノ・朱里(黒木)と向き合うため、ついに1人でマンションに会いに行った晶(新垣)。晶は冷静に「ここを出て行くつもりありますか?」と問いかけるも、感情的になって晶に主張をぶつける朱里をみて、自分との違いを改めて突きつけられる。マンションに帰ってきた京谷に、客用のティーカップを見られ、「誰かきてたのか?」と問われるも、朱里は晶がきたことは言わずにごまかす。  朱里と会ってからというもの、今まで以上に笑顔で仕事を完璧にこなす晶。社長の九十九(山内圭哉)はご機嫌で、他の社員達も喜んでいるが、松任谷(伊藤沙莉)だけは晶の微妙なあやうさに気づき、いぶかしがる。  一方、晶と一夜を共にしたと聞いて逆上した京谷に殴られてしまった恒星(松田)。彼もついに、今まで目を背けていた呉羽(菊地凛子)の夫「橘カイジ」の名前をPCで検索。そして、「明るすぎる」晶の変化に気づいた恒星は…。  ドラマ『獣になれない私たち』第5話は、日本テレビ系にて今夜11月7日22時放送。

  • 『獣になれない私たち』に出演する新垣結衣、松田龍平

    新垣結衣&松田龍平の浮気未遂に大興奮の声『獣になれない私たち』第4話(ネタバレあり)

    エンタメ

     女優の新垣結衣と俳優の松田龍平がダブル主演するドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第4話が31日に放送され、新垣演じるヒロイン晶が、松田扮する恒星と浮気をしようとするシーンに、視聴者から「めっちゃドキドキ」「トキメキをありがとう」などのツイートが殺到した。@@cutter※以下ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  晶が京谷をバー「5tap」に残して帰った次の日。京谷は会社で自分がスマホをなくしたことに気づき、焦っていろいろな場所を探し回る。一方、「5tap」に立ち寄った晶は、京谷がスマホをなくしており、それを昨日タクシーで一緒に帰った呉羽が持っていることを知る。  スマホを京谷の代わりに受け取りにいこうとする晶を見て、その場にいた恒星にはイヤな予感が。そして呉羽から昨晩起きた衝撃の事実を聞いた晶は、パニックのまま恒星の事務所に駆け込む…。  京谷のスマホを受け取るため呉羽の元に向かった晶は、呉羽から「普通だったよ。やってみたけど」と呉羽と京谷が一晩を共にしたという衝撃の発言を聞いてしまう。このセリフにネット上には「やっぱり呉羽ちゃん!さすが」「よく言えるな。すげえええ…」「名言じゃね?」などの反響が。  その後、スマホを返すために京谷と会うことになった晶。「昨夜はどうかしてた」と謝罪する京谷を置いて、「5tap」に向かった晶は恒星とバッタリ出くわす。たっぷり飲んだ晶は恒星に「バカになります?」と誘うと、シーンが変わり恒星の自宅へ。晶が恒星と浮気をしてしまいそうな流れに、視聴者からは「めっちゃドキドキ」「トキメキをありがとう」「ニヤニヤが止まらない」などのツイートが殺到した。  恒星にキスされそうになった晶は「京谷もしたのかなぁ…?」とつぶやくと恒星は「呉羽はキス好きだから」と返答。恒星が続けて「京谷は?」と尋ねると、晶は「する…最中もすごくする」と返す。このやりとりにSNSは「生々しいぞ」「最中もすごくキスする田中圭を妄想中」「このセリフめちゃくちゃえっち」などの声が多数寄せられた。  ベッドに横になった2人だったが、なんと恒星はすぐに熟睡。浮気が未遂に終わったことに対して「恒星の好感度ダダ上がり」「恒星かわいい」などの投稿も寄せられた。

  • 『獣になれない私たち』第4話場面写真

    今夜『獣になれない私たち』晶は呉羽から京谷のスマホを受け取り…

    エンタメ

     女優の新垣結衣、俳優の松田龍平がダブル主演するドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第4話が今夜放送される。第4話では、田中圭演じる京谷と菊地凜子演じる呉羽の関係を巡りストーリーが展開される。@@cutter 本作は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子が、新垣と再びタッグを組んで贈るラブストーリー。誰からも好かれ愛されている30歳の深海晶(新垣)と、エリート会計士・根元恒星(松田)が、仕事終わりのバーで偶然出会い、ぶつかり合いながらも、自分らしく人生を踏み出す姿を描いていく。  京谷(田中)をバー「5tap」に残して帰った晶(新垣)は、あとで「今日はごめん」とスマホにメッセージを送るも、まったく既読にならない。次の日、会社では部下の筧(吉村界人)が、京谷が二日酔いのうえ、シャツとネクタイが昨日から変わっていないことを指摘する。  筧の指摘をはぐらかす京谷だが、スマホをなくしたことに気づき焦っていろいろな場所を探し回るはめに。一方、「5tap」に立ち寄った晶は、京谷がスマホをなくしており、それを昨日タクシーで一緒に帰った呉羽(菊地)が持っていることを知る。  申し訳なさそうに、スマホを京谷の代わりに受け取りに行こうとする晶を見て、その場にいた恒星(松田)はイヤな予感がしていた。そして呉羽から昨晩起きた衝撃の事実を聞いた晶は、パニックのまま恒星の事務所に駆けこんできて…。  ドラマ『獣になれない私たち』第4話は、日本テレビ系にて今夜10月31日22時放送。

  • 『獣になれない私たち』に出演する新垣結衣、田中圭

    『獣になれない私たち』新垣結衣、松田龍平、田中圭ら豪華6ショット

    エンタメ

     ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の公式インスタグラムが24日、ダブル主演を務める新垣結衣、松田龍平、さらに田中圭、主題歌を担当するアーティストのあいみょんらが集った6ショットを披露。ファンからは「豪華ですね~」といった感想が届いている。@@cutter 「5tapに素敵なお客様が来店」というコメントとともに披露されたのは新垣、松田、田中のほか、菊地凛子、松尾貴史らドラマのメインキャストと、本作の主題歌『今夜このまま』を担当する歌手・あいみょんの集合写真。作中で新垣演じる晶らの行きつけのクラフトビールバー「5tap」のセットにて、笑顔を浮かべる6人の姿が映し出されている。  「#ちょっと緊張気味のあいみょん」「#毎週見てくれてるそう」など、あいみょんに関するタグや、笑顔というよりは変顔に近い表情を浮かべている田中圭に対し「#なぜか圭さん変顔」と突っ込んだりと現場の和やかな雰囲気が伝わってくるような投稿となった。  コメント欄には、「みょんちゃん!!豪華ですね~」「あいみょん!!」といった驚きの声や、24日に放送される第3話に対する期待の声などが殺到。多数のいいね!が付けられている。 引用:https://www.instagram.com/kemo_nare_ntv/

  • 『獣になれない私たち』あいみょんスタジオ訪問より

    あいみょん『獣になれない私たち』スタジオ訪問 ガッキー&龍平と対面

    エンタメ

     シンガーソングライターのあいみょんが、自身が主題歌を務め、女優の新垣結衣と俳優の松田龍平がダブル主演するドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の撮影スタジオを訪問。あいみょんは、撮影中の新垣や松田を激励したほか「私にも5tapみたいな行きつけの店があったらいいなと思います」と語った。@@cutter 『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)や『アンナチュラル』(TBS)の野木亜紀子が脚本を手掛ける本作は、ECサイト制作会社の営業アシスタント・深海晶(新垣)と、敏腕会計士・根元恒星(松田)が、本音でぶつかり合い、そして傷つきながら、自分らしく踏み出していく様を描くドラマ。  あいみょんの訪問当日に撮影されていたのは、晶たちが足しげく通うクラフトビールバー「5tap」のシーンだ。この場面では、晶と恒星を演じる新垣と松田、そして、晶の恋人・京谷を演じる田中圭、ブランドデザイナーの呉羽を演じる菊地凛子、バーのマスター・タクラマカン斎藤に扮する松尾貴史と、主要キャストがそろい踏みとなった。  撮影が一段落し、休憩に入ったタイミングで、あいみょんがスタジオ入り。スタッフやキャストに紹介されると「はじめまして、お忙しいのにお邪魔しちゃいました。いつも楽しく拝見しているので、スタジオに来れてとても嬉しいです」と恐縮しながら挨拶。新垣や松田をはじめとするキャストと一緒に集合写真を撮影した。  その後にスタジオを見学したあいみょんは「いつもリアルタイムで放送を観ているんですが、手元に置いた缶ビールを(ドラマのように)『タップ1』『タップ2』と呼んで飲みながら、ドラマを楽しんでいます。私にも5tapみたいな行きつけの店があったらいいなと思います」と話していた。  『獣になれない私たち』は、日本テレビ系にて毎週水曜22時放送。

  • 『獣になれない私たち』第3話場面写真

    今夜『獣になれない私たち』、意に反した昇進で疲れ切った晶の元へ京谷が…

    エンタメ

     女優の新垣結衣と俳優の松田龍平がダブル主演を務めるドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第3話が今夜放送される。今回は、晶(新垣)が業務改善要求を行った結果として昇進させられるほか、恒星(松田)のもとに行方不明の兄が東京にいるらしいという情報が届く。@@cutter ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)や『アンナチュラル』(TBS)で知られる野木亜紀子が脚本を担当する本作は、ECサイト制作会社で営業アシスタントとして働く深海晶(新垣)と、敏腕会計士の根元恒星(松田)が、本音でぶつかり合い、傷つきながらも、自分らしく踏み出していく様を映し出す。  ワンマン社長の九十九(山内圭哉)に対して、決死の業務改善要求を行った結果、晶は「特別チーフクリエイター」に昇進させられてしまう。そんな晶の部屋に、彼氏の京谷(田中圭)がスーツケースをもってやって来た。部屋に住まわせている元彼女の朱里(黒木華)に「仕事を探して早く引っ越せ」と要求したところ、暴れられてしまい、晶の部屋に泊まりにきたのだという。疲れを見せる京谷の前で、晶は何も言うことができない。  一方の恒星の周囲は急に慌ただしくなっていた。300万の札束を持った男が事務所に現れ、粉飾決算へ加担するように迫られる恒星は、今までのクライアントのように、はっきりと追い返すことができない。そして、久しぶりに訪ねてきた叔父からは、数年前から行方不明になっていた兄が、東京にいるらしいという情報を告げられる…。  『獣になれない私たち』第3話は、日本テレビ系にて今夜10月24日22時放送。

  • (左から)新垣結衣、松田龍平

    新垣結衣、18歳の頃の写真 『けもなれ』ダブル主演の松田龍平が投稿

    エンタメ

     俳優の松田龍平が21日、自身のインスタグラムを更新し、女優・新垣結衣の12年前という姿を紹介。ファンは「ガッキーさんが可愛すぎて震える」などの声を寄せている。@@cutter 現在、ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)でダブル主演を担当している2人。松田は「がっきーさんと12年前の撮影にて」という言葉、そして「#獣になれない私たち」というハッシュタグを添えて、新垣らと共に過ごした現場の模様を収めた写真を3枚投稿している。  あどけない18歳の頃の新垣の姿に、ファンは「素敵以外の言葉が見つからない」「もっとたくさんいろんな写真がみたいです」「ほっこり。まったり。」「2人の距離感好きー」「マドリ大好きな映画」「ガッキーさんが可愛すぎて震える」「がっきーさん。。。笑 呼び方可愛い。。。笑」などのコメントを寄せている。 引用:https://www.instagram.com/ryuheimatsuda/

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access