クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

佐藤江梨子 関連記事

  • 今夜『家売るオンナの逆襲』、北川景子と松田翔太がボウリング対決

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第7話が今夜放送される。今回は、キャリアウーマンとワーキングマザーの家探しから、万智(北川)とライバルの留守堂(松田翔太)がボウリング対決で勝負をつけることに…。

  • 藤原竜也『Diner ダイナー』、窪田正孝&小栗旬ら“殺し屋”キャスト発表

    映画

     藤原竜也が主演を務める映画『Diner ダイナー』の公開日が7月5日に決定。藤原演じる天才シェフ・ボンベロが雄叫びを上げる特報映像が解禁された。また、窪田正孝、小栗旬らが殺し屋役で共演することが発表された。

  • ともさかりえ、男前の役に充実感「新しい扉が開いているような」

    エンタメ

     女優の田中麗奈、ともさかりえ、佐藤江梨子が、22日に都内で開催されたNHK土曜時代ドラマ『ぬけまいる~女三人伊勢参り~』試写会に出席。イメージを覆す男前な役に挑んでいるともさかは「いろいろな新しい扉が開いているような気がして、とても楽しくやらせていただいています」と話した。

  • 嵐・櫻井翔、広瀬すずとトレーニングに励み“汗だく”

    映画

     嵐の櫻井翔が4日、都内で開催された映画『ラプラスの魔女』の完成披露イベントに、共演した広瀬すず、福士蒼汰らと共に出席。レッドカーペットイベントを楽しみ、「ちょっと外タレ気分。すごい高揚感でいっぱい」と笑顔を見せ、撮影中、広瀬と共に体力トレーニングに励んだことを明かした。

  • 最後の昼ドラ『嵐の涙』、歴代キャストがゲスト出演 志垣太郎&野際陽子ら続々登場

    エンタメ

     東海テレビ制作“昼ドラ”の最後を飾る佐藤江梨子主演『嵐の涙~私たちに明日はある~』が、1日より放送開始。今回、51年半の集大成となる本作に、『あかんたれ』の志垣太郎や『花嫁のれん』の野際陽子ら、“昼ドラ”で放送された名作の豪華キャストがゲスト出演することがわかった。

  • 佐藤江梨子、宅間孝行と“台本以上の”キスシーン 最後の「昼ドラ」に責任重大

    エンタメ

     佐藤江梨子、宅間孝行、遠藤久美子が22日、最後の「昼ドラ」として話題となっているドラマ『嵐の涙~私たちに明日はある~』の取材会に出席。主演の佐藤は、夫婦役で共演する宅間とのキスシーンについて「台本では一回しかないのに、いっぱいしてくれる。受け入れましたけど」と明かし、会場を盛り上げた。

  • 松本人志監督最新作『R100』意味深な最新ポスター公開!大森南朋が“M”!?

    映画

     松本人志監督最新作『R100』(10月5日公開)の最新ポスタービジュアルが公開された。また、数量限定の特典付き前売り券の発売も決定。

  • 佐藤江梨子「かなりのブス」と自己分析、グラドル時代はギラついていた

    映画

     直木賞作家・逢坂剛による短編小説「都会の野獣」に更なる逆転劇を加えて映画化した「ナイトピープル」。強奪された2億円を巡って繰り広げられる裏切りと応酬をハードなガンアクションを交えて描いた本作で、謎多き美女・萌子を演じているのが佐藤江梨子だ。佐藤にとって本作は、31歳を迎えて初めて公開される映画作品。グラビアアイドルとしてデビューし、ヨコハマ映画祭主演女優賞を受賞した映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」で本格的女優活動にシフトチェンジした佐藤に、31歳を迎えての現在の心境とギラギラしていたというグラドル時代を語ってもらった。

  • 喋れば喋るほど謎が深まる不思議な山本耕史

    映画

    今回注目したいのは、大河ドラマ「平清盛」で「クセモノの男色家」藤原頼長を見事に演じ切り、ドラマ「浪花少年探偵団」ではエリートサラリーマン役を演じている山本耕史。

  • フジの連ドラ主演は11年ぶり!深田恭子が航空管制官を熱演する「TOKYOエアポート」

    エンタメ

      “日9”ことドラマチック・サンデーにて10月からスタートする新ドラマ「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~」で、深田恭子が11年ぶりにフジテレビ連続ドラマ主演を務めることが決定した。

  • 映画「アントキノイノチ」公開先駆けスピンオフドラマが原田泰造主演で放送決定

    映画

      そして、このドラマオリジナルのキャストでありキーパーソンとなるのが、佐藤江梨子演じる“おひとりさま”女性の瞳。彼女の存在が佐相を悩ませ、彼の人生に影響を与えていく。“イノチとは”“生きるとは”。映画の中で佐相が杏平(岡田将生)を動かす考え方の原体験がここに描かれる。   もうひとつ、佐相の心情と共にこの物語の大きなポイントとなるのが遺品整理会社「クーパーズ」。古田社長はなぜ遺品整理業を志したのか。実在する人物をモデルに作られた古田という人物の、映画では描かれなかったエピソードもふんだんに描かれる。   ドアマの主演を務める原田は、「映画もすごくいいお話ですが、このドラマを見たうえで映画を見ていただければ、より深く楽しめると思います」とコメントを寄せた。   ドラマスペシャル「アントキノイノチ~プロローグ~天国への引越し屋」は11月5日(土)にTBS(15:30~17:00)で放送。映画「アントキノイノチ」は11月19日(土)全国ロードショー

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access