魔夜峰央 関連記事

  • 『劇場版パタリロ!』メインカット

    魔夜峰央原作×加藤諒主演『劇場版パタリロ!』6月公開&場面写真解禁

    映画

     『翔んで埼玉』の漫画家・魔夜峰央原作、俳優の加藤諒が主演を務める映画『劇場版パタリロ!』が、6月28日より公開されることが決定。併せて場面写真も解禁となった。舞台版に続き、映画版でも主演を務める加藤は「こんなに作品に愛を注いだことは初めてなので、パタリロ役は他の人に演じてほしくないんです」と役への熱い思いを明かしている。@@cutter 本作は1978年に「花とゆめ」(白泉社)で連載が始まって以来40年以上も愛され続け、82年にはアニメ化もされた魔夜峰央のギャグ漫画が原作。マリネラ王国の国王、パタリロ・ド・マリネール8世(通称:パタリロ)が周囲を巻き込んで起こす騒動を描く。2016年に2.5次元ミュージカル化され好評を博し、映画版でも、主要なスタッフ・キャストは舞台版のメンバーがそのまま担当。舞台のアナログ感と、映像化ならではのアクションとVFXが融合した作品になるという。  主人公のパタリロを演じる加藤は、本作でも「生きたパタリロ」と称される存在感を発揮し、歌って、踊って、スベって、ドタバタと躍動する。佐奈宏紀と青木玄徳がそれぞれ扮するマライヒとバンコランの倒錯した純愛も見どころ。また、タマネギ部隊の一員として須賀健太が出演するほか、哀川翔、西岡德馬、鈴木砂羽、松村雄基、近江谷太朗、木下ほうからベテラン俳優陣が脇を固める。監督は舞台版の演出も手掛けた小林顕作。  加藤は「今回の映画では、舞台版にはなかったソロの挿入歌を初めて歌いますのでお楽しみに!!」とアピール。小林監督は「観たこともない感じの映画に…するつもりはなかったけど、結果的に考えてもみなかった映画になりました」とコメント。映画化について「感無量!」と喜ぶ原作の魔夜は、内容について「一言で言うと、とにかく“全編ミスマッチ”」と評している。  今回解禁された場面写真は7点。豊かな表情を見せるパタリロをはじめ、マライヒ、バンコラン、タマネギ部隊ほか個性あふれるキャラクターたちの姿を捉えたものとなっている。  映画『劇場版パタリロ!』は6月28日より全国順次公開。

  • (左から)武内英樹監督&原作者・魔夜峰央、映画『翔んで埼玉』インタビュー

    魔夜峰央「漫画は完全に完結」 武内英樹監督が描いた原作“その後”に文句ナシ

    映画

     埼玉への徹底的なディスりがインパクトを放つ、魔夜峰央の衝撃的コミック『翔んで埼玉』が実写映画となって登場。原作コミックは未完のままとなっているが、完成作を観た魔夜は「大満足。漫画の続きを描くとしても、映画に引っ張られてしまって描けない。この映画が完成したことによって、漫画は完全に完結です」と最大の賛辞を送る。ギャグと耽美性の融合した“魔夜ワールド”をスクリーンに出現させた武内英樹監督とともに、映画『翔んで埼玉』の“成功の鍵”について語り合ってもらった。@@cutter 埼玉県人が迫害されている世界を舞台に、東京の名門校「白鵬堂学院」の生徒会長・壇ノ浦百美(二階堂ふみ)と、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)が出会うことから物語はスタート。麗に心惹かれていく百美だったが、麗は埼玉の自由を願う“埼玉解放戦線”のメンバーだった…。  実写化の話が持ち上がった際には、「正気か? と思った」と笑う魔夜。「監督について聞くと、『テルマエ・ロマエ』や『のだめカンタービレ』を手がけている武内監督だと言うので、それならば大丈夫だと。完全にお任せして一切、口を出していません」と快諾したそう。映画では原作コミックの“その後”が大胆な解釈でつづられていくが、「自分が描いたとしてもこうなるだろうなと思った。感性が似ていると思いました」と文句ナシの“その後”だったという。 @@insert1  武内監督は「本屋さんで手に取り、読んでみたらものすごく面白かった!」と原作との出会いを告白。「僕は千葉県出身なので、埼玉だけがこんな風に扱われているのが悔しくもあって(笑)。映画では、ぜひ千葉を忍び込ませたいと思いました」と千葉を登場させたオリジナル展開について、楽しそうに語る。とりわけ気に入っているのが「千葉県民と埼玉県人が、河を挟んで対立しているシーン」とのこと。「原作を読んで、対決シーンが思い浮かんだ。桶狭間の戦いみたいなことを、埼玉県人と千葉県民で“真面目に”やったら、めちゃくちゃ面白いと思った」。武内監督曰く、この“ギャグを真面目に”ということこそ、映画化成功のキーワードで「キャストの皆さんに言っていたのは、“大河ドラマだと思ってやってください”ということ。あり得ないことを“どマジ”にやるからこそ、面白いんです」と明かす。  壇ノ浦百美役を初の男役を演じる二階堂ふみ、アメリカ帰りの転校生・麻実麗役をGACKTという、パンチの効いたキャスティングも話題を呼んだ。武内監督は「原作がぶっ飛んでいるから、キャスティングもぶっ飛んだものにしないと乗り越えられない。麗役に“GACKT”という名前が出た瞬間、これだ! と思いました。二階堂さんは、芝居のうまさが決めて。百美について、他のキャスティング案は出ませんでした」と明かすと、魔夜も「二階堂さんとGACKTさんがやってくれるなら、この映画は間違いないと思った。麗役は、GACKTさん以外ではあり得ない。くだらないことを真面目にやって、ちゃんと作品として見せられるのはGACKTさんくらいでしょう」とキャスティングに大喜びだ。@@separator@@insert2  GACKTの役者力を実感することも多かったそうで、武内監督は「撮影に入ってみると、GACKTさんは想像以上に上手だった」と驚きつつ、「最初に会ったときに、『これは(GACKTが所属していたバンド)MALICE MIZER(マリスミゼル)ですね』とおっしゃっていて。役柄について、すべてわかってらっしゃるなと思いました。またGACKTさんは、二階堂さん以外にもうお一人とキスシーンがありますが、それはGACKTさんの提案で生まれたシーンなんです。僕も確かにあった方がいいなと思いました」と原作を理解しているからこその提案だったといい、魔夜は「GACKTさんは、私の作品もよく読んでくださっていて。“大ファンです”と言っていただきました」とGACKTの“原作愛”に感謝していた。    魔夜が「作品を描く上で大事にしているのは、美しいかどうか」というように、耽美性も“魔夜ワールド”には欠かせないものだが、「百美と麗のキスシーンの美しさは完璧。完全に私の描く世界と合致していた」と太鼓判。武内監督は「あのシーンは、クランクイン初日。2人のキスを見て“この映画は行けるぞ”と手応えを感じました。ものすごく美しかった。キスをした後の二階堂さんのリアクションが、また素晴らしいんです」と熱弁が止まらず、魔夜は「私があまりに本作を褒めるものだから、『パタリロ!』の映画チームも“負けてられない”と奮起していますよ」と今後公開予定の、自身の実写化作品にもよい影響を及ぼしていることを明かしていた。(取材・文・写真:成田おり枝)  映画『翔んで埼玉』は2月22日より全国公開。

  • 映画『翔んで埼玉』ティザービジュアル

    二階堂ふみ×GACKTダブル主演『翔んで埼玉』、衝撃のdis特報解禁

    映画

     女優の二階堂ふみと歌手のGACKTがダブル主演を務める映画『翔んで埼玉』の公開が2019年2月22日に決定し、ティザービジュアルと特報映像が解禁となった。特報映像には、衝撃的な“埼玉dis”が映し出されている。@@cutter 本作は、累計発行部数66万部を突破した、魔夜峰央原作の『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社)の実写版。二階堂は壇ノ浦百美(だんのうらももみ)として初の男性役、GACKTは麻実麗(あさみれい)としてまさかの高校生役に挑んだ。撮影は約2か月近く続き、5月31日にクランクアップを迎えた。  本編映像初解禁でもある特報は、序盤こそ某洋画大作を彷彿させるスケール感のある雰囲気だが、後半は一転して、埼玉県人を“disる(ディスる=バカにする)”セリフが続き、しまいには「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ」という衝撃的なセリフまで登場する。そして映像のラストでは、魔夜原作の『パタリロ!』(白泉社)の舞台と映画で主演を務めた加藤諒が、ひどい扱いを受けながらも東京で働くことを夢見る埼玉県人役で本作に出演していることが確認できる。  一方、どこか神々しい絵画のようなデザインのティザービジュアルは、百美と麗がそろって頭を下げる姿が描かれている。本作には埼玉をdisる描写が多いため、百美と麗は人口730万人の埼玉の人々へ向け「埼玉の皆様、映画化してゴメンなさい」と謝罪。また、「この物語はフィクションであり、実在の人名団体、とくに地名とは全く関係ありません。実際の埼玉県は、とても住みやすくていい所です。どうか寛大な心で、劇場にお越しいただけますと幸いでございます」という文章も添えられている。  映画『翔んで埼玉』は、2019年2月22日より全国公開。

  • 魔夜峰央『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』書影

    地方disマンガ『翔んで埼玉』、二階堂ふみ×GACKTで実写映画化

    映画

     魔夜峰央の伝説的マンガ『翔んで埼玉』が、二階堂ふみとGACKTのダブル主演で実写化されることが決まった。二階堂は、GACKT演じる謎の転校生・麗に恋心を抱く美少年・百美を演じる。また、大都会東京から虐げられた埼玉が自由を求めて戦う原作の設定に、新たに“千葉”という対抗組織も登場することが発表された。@@cutter 原作は、『パタリロ!』などで知られる魔夜が埼玉に住んでいた1980年代に、東京コンプレックスを描いたギャグマンガ。30年の時を経て漫画レビューサイト『このマンガがすごい!WEB』で取り上げられ、「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ」といった過激なネタが地方ディスマンガの先駆けとして話題を呼び、2015年に復活。今回の実写映画化にまで至った。  映画化に際し、女性に変える予定だった美少年・百美のオファーを受けた二階堂は「これ、私が男性の役をそのまま演じたほうが面白くないですか?」と提案し、原作の通り男性キャラクターを演じることに。二階堂は「埼玉のプライドをかけた戦い、そしてそこから生まれる純愛ボーイズラブ。どのような作品になるかは全く想像できませんが、精一杯真面目にふざけられたらと思います!」とメッセージを寄せた。  一方、謎の転校生・麗に扮するGACKTについて、魔夜は「お名前が上がった時、そこにいた一同全員がのけぞり次の瞬間、ありか、と頷いたものです。願ってもないキャスティングですが、この役がGACKTさんの人生の汚点にならないことを祈っております」とコメント。  本人も「このオファーがあった時は、『設定に無理があるんじゃないかな?』とは思ったんですけれども、ずっと以前から魔夜先生の作品のファンだっていうことから」オファーを受けたと告白。「正直なところ、『ボクの歳で高校生ってどうなのか?』という気持ちは未だに払拭できてはいないんですが、この漫画自体がかなり無理のある設定の漫画ですので、無理がもう一つぐらい増えても問題ないかなとは思っています」と割り切った胸中を明かした。  二階堂とGACKTはバラエティでの共演はあるものの、本格的な演技での共演は本作が初。既に3月21日にご当地・埼玉でクランクインしているというが、その他のキャストは未発表。  映画『翔んで埼玉』は、2019年全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access