二階堂ふみ 関連記事

  • 『人間失格』ティザービジュアル

    小栗旬『人間失格』、セクシーな太宰&3女優が彩るビジュアル&特報解禁

    映画

     作家・太宰治の生き様を俳優・小栗旬主演で描く映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』より、ティザービジュアルと特報映像が解禁。ティザービジュアルは、小栗演じる太宰が、口元に付いた“赤い何か”を手の甲でぬぐうセクシーな姿と、彼を取り巻く3人の女たちを演じる、女優の宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみの姿を美しく捉えたものとなっている。@@cutter 本作は、太宰の遺作『人間失格』の誕生秘話を、太宰自身と彼を愛した3人の女たちの視点から、事実を基にしたフィクションとして映画化。正妻と2人の愛人という3人の女性と並行して関係を持った果てに、愛人と川に身を投げるというセンセーショナルな心中事件の背後に隠された、太宰の“本当の人生”を描き出す。メガホンを取るのは、『さくらん』『ヘルタースケルター』の蜷川実花。音楽を、フランス・パリを拠点とする音楽家の三宅純が手掛ける。  トップスター作家の太宰治は、身重の妻・美知子(宮沢)とふたりの子どもがいながら、恋の噂が絶えず、さらには自殺未遂を繰り返すという破天荒な生活を送っている。弟子でもある作家志望の静子(沢尻)と未亡人の富栄(二階堂)という2人の愛人と正妻をめぐり、日本中を騒がせた“文学史上最大のスキャンダル”が幕を開ける…。  特報映像は、思わせぶりに前を見つめる太宰のアップに、「人間はね、恋と革命のために生まれてきたんだ」というセリフが重なる場面からスタート。3人の女性それぞれに寄り添い、「大丈夫。君は僕が好きだよ…」と甘くささやく太宰。静子から「赤ちゃんがほしい」と笑顔で迫られ、富栄からは「嘘つき!」と突き飛ばされる。  さらに、正妻の美知子からは「あなたはもっと凄いものが書ける!」とはっぱをかけられ、後にベストセラーとなる小説『人間失格』の執筆のために机に向かう姿も映し出される。最後は、太宰がずぶぬれの姿で「死ぬかと思った」とつぶやく姿と、静子とベッドで仲むつまじく過ごす姿で締めくくられている。  映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』は9月13日より全国公開。

  • 『ストロベリーナイト・サーガ』に出演する(左から)重岡大毅、宍戸開、二階堂ふみ、亀梨和也、中林大樹

    重岡大毅『ストロベリーナイト・サーガ』出演決定 宍戸開&中林大樹ら姫川班集結

    エンタメ

     女優の二階堂ふみとKAT‐TUNの亀梨和也がダブル主演を務める4月スタートのドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)に、俳優の宍戸開と中林大樹、ジャニーズWESTの重岡大毅が共演することが発表された。3人は姫川玲子(二階堂)率いる姫川班の刑事役を演じる。@@cutter 本作は、累計400万部を突破する誉田哲也のベストセラー小説『姫川玲子シリーズ』を原作にした刑事ドラマ。2010年には竹内結子主演のスペシャルドラマ『ストロベリーナイト』として映像化され、2012年には連続ドラマ化、さらに2013年公開の映画では興行収入21.5億円のヒットを記録した。前シリーズから6年を経てキャスト、スタッフを一新し、まだ映像化されていない最新エピソードを加えて再構成する。  二階堂演じる主人公の姫川玲子は、ノンキャリアながら27歳という若さで警部補に昇任した女性刑事。直感と飛躍した思考、行動力を武器に“姫川班”を率いて、数々の難事件の真相に迫っていく。  宍戸が演じるのは、姫川が厚い信頼を寄せ、姫川班の“縁の下の力持ち”ともいうべき存在の巡査部長・石倉保。“たもっつぁん”の愛称で後輩刑事たちから慕われる典型的なたたき上げタイプで、地道に築いてきた人間関係と情報網を武器に姫川班の捜査を支えるベテラン刑事だ。宍戸は「リーダーが若い女性刑事なので、たもっつぁんはみこしを担ぐつもりで、“仲間の中のおじさん”になれればいいな」と、ベテランならではの安定感を漂わせる。  中林が演じる湯田康平は、駆け出しの頃に石倉から刑事のイロハを学び、地道な捜査に労を惜しまない実直で誠実なタイプの巡査。姫川より年上でありながら、その明るい性格と素直さから「コウヘイ」と呼ばれるムードメーカー的な存在だ。中林は「扱う事件もシリアスなものが多いですけど、そういう状況の中でみんなの心を和ませる、いわばメンバーをうまく息抜きさせる担当」と位置づける。  重岡が演じるのは、姫川班の中で最も若手の巡査・大塚真二。誰よりもシャカリキに走り回る体育会系で、姫川のことを心底尊敬し、何があっても付いて行く覚悟を持つ。泥臭い地道な捜査の末、“ストロベリーナイト”という謎の言葉を探し当てたことが死体遺棄事件解明への糸口となっていく。重岡は「姫川班のメンバーといると楽しいですね。皆さんが気さくに話しかけてくださってクランクインの日から近い距離感になりました」と、作中だけでない撮影現場でのチームワークの良さを語っている。  木曜劇場『ストロベリーナイト・サーガ』は、フジテレビ系にて4月11日より毎週木曜22時放送(初回21時より2時間スペシャル)。

  • 映画『翔んで埼玉』初日舞台挨拶の様子

    二階堂ふみ、GACKTと伊勢谷友介のキスに驚き「ここまで本格的とは…」

    映画

     女優の二階堂ふみが、アーティストのGACKT、伊勢谷友介と共に22日、都内で開催された映画『翔んで埼玉』初日舞台挨拶に登壇。劇中でのGACKTと伊勢谷のキスシーンについて、「まさかここまで本格的なものをしてるとは思わなかった」と感想を明かした。@@cutter 二階堂とGACKTがダブル主演を務める本作は、埼玉県を徹底してディスることが大きな話題となった、魔夜峰央のギャグマンガ『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社)が原作。イベントには、京本政樹、武内英樹監督も出席した。  初の“男性役”を演じた二階堂は、自身の希望で袴姿で登場。原作について「性別や年齢をすべて超越しているような作品」と明かし、「原作の世界観がすごく強かったので、その強さを失わないように、ちゃんと男の子として見てもらえるように努力しました」と振り返る。  一方、まさかの高校生役を演じたGACKT。伊勢谷がそこに触れると、GACKTは「そこは触れちゃいけないところ。インタビューでも全部流してたのに」と文句を。また、「1年間にテレビは5本しか出ないと決めてるけど、5年分は出た。ここからはしばらく休みたい」と明かすと、会場からは嘆きの声が溢れていた。  伊勢谷は、劇中でのGACKTとのキスシーンについても言及し、「もともとなかったのにGACKTさんの提案でできた」と暴露。GACKTは「それは言わない約束ですよ」と制止するも、伊勢谷は「どうしても伊勢谷くんとチュウしたいって。こういうのを公私混同っていうんですよ」と反撃。  さらに、伊勢谷はそんなキスシーンを1週間抵抗したらしく、「僕は女性が好きなので」と強く弁明。だが、武内監督に「キスシーンのカットの後に、『意外と女性と変わらない』って言ってた」と暴露され、タジタジになっていた。  二階堂もそんな2人のキスシーンについて「まさかここまで本格的なものをしてるとは思わなかった」と明かし、「すごい役者魂だなと思いました」としみじみ。ちなみに、キスシーンは長くてカットされた部分もあるそう。武内監督は「DVDに入れます」と宣言し、会場は大興奮していた。

  • (左から)土屋太鳳、二階堂ふみ

    土屋太鳳&二階堂ふみ、“新旧ゴチメンバー”2ショットにファン歓喜

    エンタメ

     女優の土屋太鳳が15日、自身のインスタグラムに女優の二階堂ふみとの2ショット写真を投稿。現役&旧ゴチメンバーが並んだ写真にファンからは「新旧かわいいメンバーや〜!」「可愛すぎる」などのコメントが殺到した。@@cutter 土屋がアップしたのは、14日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系/毎週木曜19時56分)の人気コーナー「グルメチキンレース・ゴチになります!20」収録時の1コマ。この日はコーナーのレギュラーメンバーのほか、ゲストにミュージシャンで俳優のGACKTと、2016年から2年間レギュラーを務めた二階堂が登場。コーナーでは1月17日からコーナーのレギュラーとなった土屋と二階堂の新旧ゴチメンバーの共演が実現した。  二階堂との対面について土屋はインスタグラム上で「『映像の神様に愛されてるんだなぁ』って感じる女優さんのおひとりです」と評すると、続けて「素敵♡いつか御一緒出来ますように」と芝居での共演を切望した。  土屋と二階堂の2ショットにファンからは「新旧かわいいメンバーや〜!」「可愛すぎる」「かわいい!すき!」などのコメントが殺到。さらに「たおちゃん制服似合ってる」「二階堂さん、グッと大人の女性でステキです!」などの声も寄せられていた。 引用:https://www.instagram.com/taotsuchiya_official/

  • 『ストロベリーナイト・サーガ』に出演する(左から)亀梨和也、二階堂ふみ、江口洋介

    二階堂ふみ&亀梨和也がW主演 『ストロベリーナイト』再ドラマ化決定

    エンタメ

     女優の二階堂ふみとKAT-TUNの亀梨和也が、4月放送スタートの新ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)でダブル主演を務めることが決定した。二階堂演じるヒロインの宿敵役として江口洋介が出演することも発表された。@@cutter 本作は、累計400万部を突破する誉田哲也のベストセラー小説『姫川玲子シリーズ』を原作にした刑事ドラマ。2010年には竹内結子主演のスペシャルドラマ『ストロベリーナイト』として映像化され、2012年には連続ドラマ化、さらに2013年公開の映画では興行収入21.5億円のヒットを記録した。前シリーズから6年を経てキャスト、スタッフを一新し、まだ映像化されていない最新エピソードを加えて再構成する。  二階堂演じる主人公の姫川玲子は、ノンキャリアながら27歳という若さで警部補に昇任した女性刑事。直感と飛躍した思考、行動力を武器に“姫川班”を率いて、数々の難事件の真相に迫っていく。亀梨は、そんな彼女の年上の部下となる巡査部長・菊田和男を演じる。菊田は生真面目な性格で寡黙な一方、その内面では曲がったことが嫌いな正義感を持ち、熱い男気を秘めた体育会系刑事。そして江口は、姫川の天敵で“ガンテツ”の異名を持つ持つクセ者刑事・勝俣健作役を務める。  本作で連続ドラマ初主演を務める二階堂は「初めての刑事役でドキドキしております。原作ファンの方々にも楽しんでいただけるような作品にできたらと思います!」と意気込み、バディを組むことになる亀梨について「とても優しい印象を持っております。シャープで知的な亀梨さんから沢山学ばせていただきたいです」とコメント。  また亀梨は自身の役柄について「原作の世界観をしっかりと読み込んで、自分の中でイメージを膨らませ、ふとした表情であり、ちょっとした言葉の端々で感じてもらえるよう、今回の『ストロベリーナイト・サーガ』に沿った菊田和男を作っていきたいと思います」と語っている。  なお本作では、姫川玲子シリーズ第一作でもある表題作『ストロベリーナイト』のほか、死体なき殺人事件の真相を暴く『ソウルケイジ』、暴力団抗争が絡んだ惨殺事件に迫る『インビジブルレイン』、さらには初の映像化となる青い仮面の猟奇的殺人鬼を追う『ブルーマーダー』など、緊迫の展開がめじろ押しのラインナップを放送。原作ファンの間でも人気の高いよりすぐりの傑作が集結する。  ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』はフジテレビ系にて4月より毎週木曜22時放送。

  • 二階堂ふみ

    二階堂ふみ「おにゅーヘア」 バッサリ切ったショートがかわいい

    エンタメ

     女優の二階堂ふみが31日、自身のインスタグラムを更新し、新しい髪形にしたことを報告。バッサリと短くなった二階堂のショートヘア姿を、ファンは「可愛すぎます」「ショートでもロングでもこの世で一番可愛いです」などと絶賛している。@@cutter GACKTと共にダブル主演を務める映画『翔んで埼玉』の公開が2月22日に迫っている二階堂は「映画 “翔んで埼玉” の公開まであと少し!色々な番組に出させて頂きますので、お楽しみに ! #翔んで埼玉」という言葉を添えて、ショートヘア姿で振り向きながらほほ笑む様子を捉えたショットを投稿した。  写真を見たファンは「短いのもお似合いです!」「埼玉県民として、飛んで埼玉にふみちゃんが主演として出演してくれてとっても嬉しいです!」「可愛すぎます」「ふみ様神々しすぎます」「ショートでもロングでもこの世で一番可愛いです」「ふみさんのショートヘアーびっくりしました、お似合いです」など絶賛している。  本作は魔夜峰央による『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社)を実写映画化。東京都民から迫害されてきた埼玉県民のため、壇ノ浦百美(二階堂)と麻実麗(GACKT)が活躍する“伝説パート”、そして娘の結納のため東京へ向かう埼玉県在住の菅原家の姿を描く“現代パート”を描き出す。 引用:https://www.instagram.com/fumi_nikaido/

  • (左から)『翔んで埼玉』ジャパンプレミアinTOKYOに登場した二階堂ふみ、GACKT

    二階堂ふみ、GACKTら個性派キャストとの共演に「私が一番まとも」

    映画

     女優の二階堂ふみが、28日に都内で開催された映画『翔んで埼玉』ジャパンプレミアinTOKYOに出席。共演のGACKT、伊勢谷友介、ブラザートム、島崎遥香、加藤諒、益若つばさ、中尾彬、京本政樹、武内英樹監督らと共に登場した二階堂は、個性派キャストがそろった本作の撮影を「私が一番まともだったと思います」と笑顔で振り返った。@@cutter 本作は、累計発行部数66万部突破の魔夜峰央による『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社)を実写化。東京都民から迫害されてきた埼玉県民のため、百美(二階堂)と麗(GACKT)が活躍する“伝説パート”、そして娘の結納のため東京へ向かう埼玉県在住の菅原家の姿を描く“現代パート”の2つのパートで構成されている。本作で男子役に挑戦した二階堂は、劇中の過激な台詞を用いた「埼玉ディス」について「途中からがらりと、愛の方向に向かっていきますので、ぜひ今日見ていただく方々には、そのディスりからの愛への変化を楽しんでいただけたら」と笑顔でコメント。  一方のGACKTは「(初日が)キスシーンからだったんですよね。なんて工程だと思ったんですよ」と撮影を回想。現場には絢爛豪華なセットがあったと言い「僕らがやっている格好の方が標準で、スタッフの普通の格好の方がおかしい格好に見えてくる。他の共演者の方たちもすごいメイクだった」と言い「入口がそういう形だったので、僕もふみちゃんも、非常にいいスタートを切って、いい世界観に入ったんじゃないのかな。武内監督の手の中でずっと最後まで弄ばれて、この映画を撮り終えたという感じ」と白い歯を見せていた。  その後、二階堂は個性的なキャラクターを演じたキャスト陣について「違うそれぞれの星をお持ちの方が、そこの代表として地球にガッて集まって、ぶわーってなんかやって、ぶわーって一斉に帰っていったっていうような現場だった」と発言し「(現場では)私が一番まともだったと思います」とも。これを聞いたGACKTは「僕はずーっと、そう思っていたんですけどね。僕自身が、一番まともだなあって」と返して会場を沸かせていた。  映画『翔んで埼玉』は、2月22日より全国公開。

  • (左から)『人間失格』に出演する宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ

    小栗旬主演『人間失格』、宮沢りえ×沢尻エリカ×二階堂ふみが出演

    映画

     作家・太宰治の生き様を俳優・小栗旬の主演で描く映画『人間失格』に、太宰を取り巻く女性たちの役で宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみの3人が共演することが発表された。@@cutter 本作は、太宰の晩年のベストセラー小説『人間失格』の誕生秘話を、太宰自身と彼を愛した3人の女たちの視点から、事実を基にしたフィクションとして映画化。正妻と2人の愛人という3人の女性と並行して関係を持った果てに、愛人と川に身を投げるというセンセーショナルな心中事件の背後に隠された、太宰の“本当の人生”を描き出す。メガホンを取るのは、世界屈指の写真家で、映画監督としても『さくらん』『ヘルタースケルター』が成功を収めた蜷川実花。  宮沢は、太宰の小説『ヴィヨンの妻』のモデルともされる正妻の津島美知子役。2人の子どもを育て、3人目を身ごもりながら、奔放な夫を支えて家庭を守る、芯が強く包容力あふれる女性像を演じる。宮沢は「いつか、いつかと話していたミカさんとの作品作りが実現してとても嬉しいです。映画の中の世界とはいえ太宰治の妻として生きる時間はとてもエネルギーを必要とする時間でしたが、役を生きる事に誠実な小栗さんと子供の役である素晴らしい3人の存在、才能あるスタッフが、太宰治の妻として母としての息吹を与えてくれたような気がします」と撮影を振り返る。  沢尻は、太宰の愛人で弟子でもある作家・太田静子役。主演を務めた『ヘルタースケルター』に続いて、蜷川監督とタッグを組む沢尻は「今回は恋に生きる女性を全力で演じてみました。実花さんが作り出す世界観と小栗さん演じる太宰治の魅力で、ウキウキが止まらない撮影で夢みたいな体験をする事が出来ました」とコメントしている。  太宰の最後の女となる山崎富栄を演じるのは、二階堂。「とうとうこの作品に出会ってしまいました。美しく儚い、そんな夢を見ていたような現場でした。小栗さん演じる修治(太宰の本名)さんは、私が何処かで求めていた “太宰治”のような気がします。きっと観る人其々の中にある “太宰治”に会える作品だと思います」と語っている。  映画『人間失格』は9月13日より全国公開。

  • JAGUARが演じるエンペラー千葉

    JAGUARさん、伝説の千葉県人役で『翔んで埼玉』出演決定

    映画

     女優の二階堂ふみとアーティストのGACKTがダブル主演を務める映画『翔んで埼玉』に、千葉を拠点に活動するミュージシャンでローカルタレントのJAGUARが出演することが発表された。@@cutter 本作は、累計発行部数66万部を突破した魔夜峰央原作の『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社)を実写映画化。東京都民から迫害されてきた埼玉県民のために、百美(二階堂)と麗(GACKT)が活躍する“伝説パート”と、娘の結納のため東京へ向かう埼玉県在住の菅原家を中心に物語が展開する“現代パート”の2つのパートで構成される。  JAGUARは千葉県在住のミュージシャン兼ローカルタレント。1985年に千葉テレビの放送枠を買い取り、自主制作したテレビ番組『HELLO JAGUAR』を放送し、そこでオリジナル楽曲を発表していた。金髪ロングヘアーに鋲をあしらったド派手な衣装といったヘビーメタルを連想される出で立ちと、ボブ・ディランや長渕剛を思わせるフォーク・ロック的な楽曲が話題を呼び、みうらじゅんや氣志團の綾小路翔といった信奉者の存在も知られている。2017年には千葉テレビの終身名誉応援団長に就任。ファンからは“JAGUARさん”の愛称で親しまれている。  そんなJAGUARが本作で演じるのは、伝説の千葉県人ことエンペラー千葉。エンペラー千葉は、東京でクーデターを仕掛けようとしていた埼玉デューク(京本政樹)と因縁のあるキャラクターで、埼玉が、東京への通行手形の撤廃をかけて戦う一方で、千葉県も同じく通行手形の撤廃を目論んでおり、そのためにエンペラー千葉も暗躍することになるという役柄だ。  映画『翔んで埼玉』は、2019年2月22日より全国公開。

  • 二階堂ふみ

    二階堂ふみ、安室風ギャルスタイル披露

    エンタメ

     女優の二階堂ふみが19日、自身のインスタグラムにギャル風ショットを投稿。そのキュートさと、今年芸能界を引退した安室奈美恵さんを彷彿とさせる雰囲気が、ファンの間で話題となっている。@@cutter 「久しぶりのスカルプ鼻をつまむ仕草までも可愛く見える魔法をかけて頂きました」という報告とともに投稿されたのは、髪の毛を往年の安室奈美恵を彷彿とする色に染め、スカルプを施した二階堂の姿。普段のイメージとは180度違うショットである為衝撃を受けたファンも多いだろう。続いて二階堂は「またスクエア流行ってほしい~~」と語っており、ギャル時代に流行した爪の形を披露した。  コメント欄には、「髪色良すぎる!!」「可愛い」といった称賛や「ビックリした!一瞬安室さんかと思った!!」と驚くファンの他、いつもとは異なるギャル姿に「ギャルいいいいかわいいい」等の声が多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/fumi_nikaido/

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access