関根光才 関連記事

  • グランドシネマサンシャイン開業記念ショートフィルム『TRANSPHERE』メインビジュアル

    池袋シネコン「グランドシネマサンシャイン」7.19に開業 上映ラインナップ発表

    映画

     東京・池袋の新商業施設「キュープラザ池袋」内にオープンするシネマコンプレックス「グランドシネマサンシャイン」の開業日が、7月19日に決定。併せて開業時の上映ラインナップも発表された。@@cutter 「グランドシネマサンシャイン」は、スクリーン数12、総座席数2443席を誇るシネマコンプレックス。高さ18.9m × 幅25.8mの国内最大サイズのスクリーンを誇る「IMAX(R)レーザー/GTテクノロジー」シアター、体感型シアターの「4DX with ScreenX(R)」、シネマサンシャインオリジナル劇場規格「BESTIA(ベスティア)」シアターを有するほか、国内のシネマコンプレックスで初めて全スクリーンにRGBレーザープロジェクターを導入する。また、5階と12階にはそれぞれオリジナルブランドのカフェとレストランを出店することが決定している。  このたび開業記念上映作品として、日本初の全編フルサイズのIMAX(R)映像で制作された短編映画『TRANSPHERE(トランスフィアー)』が決定。映画『生きてるだけで、愛。』で長編劇場映画デビューした関根光才がメガホンを取り、主演を俳優の佐藤緋美とモデルのる鹿が務める。共演に嶋田久作を迎え、サウンドアーティストのevalaが、IMAX12chサウンドシステムを駆使した作曲と音響設計を担当する。本作は、「IMAX(R)レーザー/GTテクノロジー」シアターにて、劇場公開作品本編の上映前に観ることができる。  開業時の上映作品ラインナップも併せて発表された。7月19日からは、新海誠監督の最新作『天気の子』や窪田正孝主演の『東京喰種 トーキョーグール【S】』『トイ・ストーリー4』『Diner ダイナー』『Free!‐Road to the World‐夢』『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が、7月26日からは『アルキメデスの大戦』『劇場版 仮面ライダージオウ/騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE』『ペット』が上映される。  「グランドシネマサンシャイン」は7月19日に東京・池袋「キュープラザ池袋」内にオープン。

  • 映画『生きてるだけで、愛。』公開記念舞台挨拶に出席した趣里

    趣里、「おひとり様」好きを明かす “かき氷禁止令”が出たことも告白

    映画

     女優の趣里が10日、都内で開催された映画『生きてるだけで、愛。』公開記念舞台挨拶に登壇した。うつ病を抱えるヒロインを演じた趣里は「1人でどこかに旅に行くとか、1人でカラオケに行くとか、大好き」と、“おひとり様”好きを明かした。@@cutter うつ病による過眠症を抱える引きこもりの寧子(趣里)が、恋人でゴシップ記者の津奈木(菅田)、そして津奈木の元恋人・安堂(仲里依紗)と織りなす切実な愛、そして現代の生きづらさを描き出す本作。当日は、共演した菅田将暉、仲里依紗、西田尚美、関根光才監督らも登壇した。    イベントでは、登壇者がそれぞれ愛するものを紹介する一幕があり、菅田は「偏愛という意味で…」としたうえで「シューマイには辛子だけで、愛」と回答し、会場は大ウケ。最近、シューマイに何をかけるかで論争になったという菅田は「俺は絶対、辛子だけ」とこだわりを語ったが、趣里と西田、そして関根監督は「辛子酢じょうゆ」をかけると答えた。菅田は「辛子酢じょうゆというジャンルを、知らないわ。そんなものあんの?」と驚いていた。なお、仲は「酢じょうゆと、なんだっけ? 柚子こしょうみたいなやつ」と笑顔を見せていた。  一方の趣里は「おひとり様だけで、愛。」と回答し、「(答えに)かき氷を禁止されたんです。言いすぎちゃっているから、今回は違うので言ってみましょうって(言われた)」と、自身がかき氷好きをさまざまなところで語った結果として、“かき氷禁止令”が出たことを告白。「1人でどこかに食べに行くとか、1人でカラオケに行くとか、大好き。そういうお話(笑)」と続けていた。  また趣里は、作品への思いを聞かれると「人生は、やっぱり楽しいことだけじゃなくて、自分で変えたいと思っていても変えられないこととか、分かっていてもどうしようもないこと、辛いこと、苦しいこと、たくさん人には言えないこと、あると思います」とコメントしていた。  そして「(劇中の)『青いスカートがまた見たいと思ったから』というセリフが、本当に残っていて。そういう一瞬があるから、誰かとつながってるなと、少しでも感じる時間があるから、少しでも明日に向かっていけるのかなと、私はこの作品を通して感じました」と振り返っていた。  映画『生きてるだけで、愛。』は公開中。

  • 映画『生きてるだけで、愛。』完成披露上映会に登壇した(左から)仲里依紗、趣里、菅田将暉

    仲里依紗、夫・中尾明慶との“シンクロ体験”を告白

    映画

     女優の仲里依紗が20日都内で、趣里主演の映画『生きてるだけで、愛。』の完成披露舞台挨拶に登場。夫で俳優の中尾明慶とは、「仕事終わる頃かなと思って、LINEで『終わった?』って送ると同時に、『終わった』って(メッセージが)届くことがある」と仲むつまじい“シンクロ体験”を告白した。@@cutter 本作は、本谷有希子の同名小説を原作とする社会派ラブストーリー。同棲して3年の寧子(趣里)と津奈木(菅田将暉)を中心に、若者の葛藤を描く。  本イベントには趣里や仲の他、菅田将暉、西田尚美、石橋静河、織田梨沙、関根光才監督が出席した。  過眠症で引きこもりのヒロイン・寧子を好演した趣里は、自身の役柄について「外から見たら難のあるキャラクター。生きていたら楽しいことだけじゃなくて、辛いことや悲しいこと、どうしようもないこともある。寧子に共感できる部分がたくさんあった」と話した。また、菅田の印象は「すごく自然体な方。現場でもこのまま。寧子のちょっとエキセントリックな部分をしっかり受け止めてくれた」と笑顔を見せた。  出版社でゴシップ記事を書くことにジレンマを感じる津奈木役の菅田は「今日は静かにお送りします」とニコリ。「(趣里演じる)寧子に会わないと始まらないな、と思った。そんな寧子と3年くらい一緒にいるところからのスタートだったので、現場行ってからだと思った」と撮影時の思いを回想した。  津奈木の元恋人・安堂を演じた仲は「とりあえずセリフが長かった。それが辛かった。ずっと永遠とよく分からないことを喋ってる(笑)。あと、覚えづらい」と話すと、脚本も務めた関根監督が「すみませーん」と平謝り。  仲は、16mmのフィルムで撮影したことにも言及。「フィルムで撮る映画は本当に久々だった。それで身が引き締まった。フィルムは(価格が)高いし、『(NGを出してフィルムを消耗しないように)頑張らないと!』というプレッシャーと、『セリフ長いし、どうしよう!』ってパニックになっていた」と述べた。  本作にちなんで、“分かりあえた瞬間”のエピソードを求められた菅田は「この間コンビニに入ったら『愛が~』って俺の曲(『さよならエレジー』)が流れていた。その時、店員さんと目が合った。『この人かな、俺の曲かけたの』って思った。いつの間にか、(店員と一緒に)曲に合わせた動きにお互いなったような…ごめん。嘘つきました(笑)。ちょっと、(同コンビニに)行きにくくなった」と笑った。  仲は、夫である中尾とのシンクロ体験を告白。「旦那さんが仕事終わる頃かなと思って、LINEで『終わった?』って送ると同時に、『終わった』って(メッセージが)届くことがある。そういうのが1、2回じゃなくてけっこうある。あと、『今日何を食べたい?』って送って、(返信が)返ってこないからハヤシライスを作っていたら、(帰ってきてから)『ハヤシライス食べたかった!』って言う。嘘かもしれないけど。そういうことがけっこうある」と語ると、客席から自然と拍手が沸き起こった。  映画『生きてるだけで、愛。』は、11月9日より全国ロードショー。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access