相葉裕樹 関連記事

  • 『S.W.A.T.』ジム・ストリート役の日本語吹替えを担当する相葉裕樹

    相葉裕樹、『S.W.A.T.』ストリート役の吹替えは「ものすごく不安でした」

    海外ドラマ

     ロサンゼルス市警察所属の特殊武装戦術部隊S.W.A.T.が凶悪犯罪に立ち向かう姿を描く『S.W.A.T.』の最新シーズンが6月28日より日本で初放送される。放送に先立ち、S.W.A.T.チームの主要メンバーの一人、ジム・ストリート(アレックス・ラッセル)の声を担当する相葉裕樹が本シリーズの魅力や、初めて海外ドラマの吹替えに挑戦した時の心境などを語った。@@cutter 緊迫感ある銃撃戦や臨場感あふれるカーチェイス、凶暴な犯罪者との素手での直接対決など、映画並みの迫力あるアクション・シーンが人気の本シリーズ。シーズン2では、アクションだけでなく、ホンドー(シェマー・ムーア/声:咲野俊介)率いるS.W.A.T.チームを解雇になったストリートの人間ドラマも注目となっている。  シーズン2で、ストリートの吹替えに再び挑戦する現在の心境について「また挑戦させて頂けるんだという気持ちが強いですね。シーズン1では、ようやくジム・ストリートというキャラクターに慣れてきたところで終わってしまったので、シーズン2でまた演じることができるというのは本当にうれしいです」と率直な気持ちを語る相葉。  『S.W.A.T.』で初めて海外ドラマの声優を務めた相葉だが、当時を振り返ってもらうと、「試行錯誤の繰り返しでした。だから、シーズン1の3話ぐらいまでのジムの声を聴くと、やっぱり探っているのかなっていう感じはすごくしますし、後半になればなるにつれて、“ちょっとなじんできたかな? ちょっとずつ合ってきたかな”と思いますね(笑)」と語り、さらに、「もともと僕の持っている声質は高くて、ちょっと線が細めで、それに少し通りやすいんです。その声質が外画にハマるのか最初はものすごく不安でした。なんとか周りのキャストのみなさんに寄せるということで切り抜けてきました」と初挑戦ならではの苦悩を振り返る。 @@insert1  相葉が吹替えを担当するストリートは、若さゆえに“危なっかしい”部分があるキャラクターだが、相葉自身がキャラクターに共感する部分があるか質問すると「共感できる部分はたくさんあります。先を考えずに行動してしまいがちだとか、そういう自分を誇示するために強気で無鉄砲に出てしまったりする部分というのは理解できます」と語る。そして、「若い時に人に噛みついたりするのは、誰しもあったと思うんです。ジムもいい大人だと思うんですけど、まだそこは成長できていなくて、未熟なままなんだなと思います。だから、本質としてそういう部分があるということに関しては理解できますし、未熟な部分がちょっと可愛かったり、ちょっとワクワクしたりして、応援したくなるキャラクターでもあります」。  最後に、シーズン2を楽しみにしているファンに向けて「人間ドラマもリアルに描かれていて、アクションも本当にド派手で、さらに一話完結ですので、もし見逃してしまって途中から見ても理解できるドラマになっています。ジムの成長する姿を一緒に見守って頂けたらと思いますので、引き続き応援をよろしくお願いします」とメッセージを送っていた。  『S.W.A.T. シーズン2』は、海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」にて、6月28日(金)22時より独占日本初放送スタート。 @@insert2

  • 『S.W.A.T. シーズン2』ジャパンプレミアに登壇した(左から)相葉裕樹、丸山桂里奈、アレックス・ラッセル、ジェイ・ハリントン、松本薫、加藤和樹

    ジェイ・ハリントン&アレックス・ラッセルが来日!ファンの歓声に大興奮

    海外ドラマ

     『S.W.A.T. シーズン2』ジャパンプレミアが4日、都内で開催され、デヴィッド・“ディーコン”・ケイ役のジェイ・ハリントンと、ジム・ストリート役のアレックス・ラッセルが来日。熱狂的なファン450人が見守るなか、レッドカーペットを歩きファンと交流した。@@cutter 本作は、2017年秋にアメリカCBSで放送がスタートして以来、迫力あるアクション・シーンが話題となり、世界中で注目されているアクション・ドラマ。シーズン2では、映画並みのアクション・シーンのほか、ホンドー率いるS.W.A.T.チームメンバーのディーコンやチームを解雇になったストリートの人間ドラマも見どころとなっている。  初来日となったジェイは「みなさんの愛情を感じちょっと緊張しています」と笑顔を見せると、アレックスも会場の熱気に「なんと言ってたらいいのかわからないぐらい圧倒されています。こんなに歓迎していただいて嬉しい」と満面の笑みを浮かべていた。  世界中で熱狂的なファンが多い本作についてアレックスは「ほかでは見られない野心的なアクションンや、キャラクター造形が深い」と語ると、ジェイもアクションに関して「実際のS.W.A.T.メンバーと毎日トレーニングをしていますし、撮影も監修してくれています」と“本物”であることを強調していた。  また、イベントには、日本語吹替え声優を務める加藤和樹、相葉裕樹も出席。ディーコンの吹替えを担当する加藤と、ジムの声を演じる相葉がそれぞれ吹替え相手と熱い抱擁を交わすと、加藤は「あー“ディーコン”だ! 本物だ! って思いました」と発言し会場の笑いを誘う。相葉も「アフレコのとき、何度も何度もアレックスさんの演技を見ているので、お会いできて嬉しいです」と語っていた。  さらに、強靭な肉体を駆使するS.W.A.T.の活躍を描く作品ということで、日本を代表する女性アスリートとして柔道女子金メダリストの松本薫と、元なでしこジャパンの丸山桂里奈が花束を持って登壇。二人とも作品の大ファンだというと、丸山は「隊員の筋肉がすごい」と目を輝かせる。松本も「大迫力のアクションシーンと、深い人間ドラマが魅力です」と見どころをアピールしていた。  『S.W.A.T. シーズン2』は、6月28日(金)22時より「スーパー!ドラマTV」にて放送開始。

  • 『S.W.A.T. シーズン2』海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」にて、6月28日(金)22時より独占日本初放送

    加藤和樹&相葉裕樹、「S.W.A.T. 」ジャパンプレミアに登壇! Twitterで生配信も決定

    海外ドラマ

     ジェイ・ハリントンとアレックス・ラッセルの来日が発表されている海外ドラマ『S.W.A.T. シーズン2』のジャパンプレミアに日本語吹替声優を務める加藤和樹と相葉裕樹の登壇が決定。さらに、ジャパンプレミアの模様は公式Twitterで生配信されることもあわせて発表された。@@cutter 本作は、ロサンゼルスを舞台に、ロサンゼルス市警察所属の特殊武装戦術部隊S.W.A.T.が凶悪犯罪に立ち向かう姿を描くアクション大作。緊迫感ある銃撃戦や臨場感あふれるカーチェイス、凶暴な犯罪者との素手での直接対決など、映画並みの迫力あるアクション・シーンが視聴者の注目を集め、世界中で話題を呼んでいる。  本作の最新シーズンの日本初放送開始を記念して、6月4日に東京で開催されるジャパンプレミアにデヴィッド・“ディーコン”・ケイ(ジェイ・ハリントン)の声を担当する加藤和樹と、ジム・ストリート(アレックス・ラッセル)の声を担当する相葉裕樹の登壇が決定。ジェイとアレックスの登壇も既に発表されており、それぞれが吹替えを担当するキャストと念願の初対面を果たす。  さらに、そのイベントの模様を「スーパー!ドラマTV」の公式TwitterアカウントでPeriscope生配信することも決定している。  『S.W.A.T. シーズン2』は、海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」にて、6月28日(金)22時より、独占日本初放送。 <b>■『S.W.A.T. シーズン2』ジャパンプレミア概要</b> 実施日時: 6月4日(火)開演:19時(予定) 終了:20時(予定) 視聴方法: 「スーパー!ドラマTV」のオフィシャルTwitterアカウント(@SuperdramaTV)でのPeriscope生配信

  • 『S.W.A.T.』主演シェマー・ムーア来日決定!

    “クリマイ”シェマー・ムーア来日決定!主演作『S.W.A.T.』ジャパンプレミア開催

    海外ドラマ

     『クリミナル・マインド』でデレク・モーガンを演じ、本国アメリカだけでなく、日本でも人気を博すシェマー・ムーアが主演するドラマ『S.W.A.T.』が、6月22日より海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTVにて独占日本初放送されることが決まり、併せて、シェマーの来日が決定した。シェマーは、本作のジャパンプレミアに出席。さらには、シェマーに直接会える「ミート&グリート」も開催される。@@cutter 本作は、1975年に米ABC局で放送されたテレビドラマ・シリーズ『特別狙撃隊S.W.A.T.』を元に、舞台を現代のロサンゼルスに移してよりパワーアップした大型ポリス・アクションドラマ。強盗事件、テロリズム、刑務所暴動、麻薬取引、ギャング抗争といった凶悪事件の収拾に発動するロサンゼルス市警察所属の特殊武装戦術部隊S.W.A.T.の活躍を描く。  今回、地元住民の信頼を得ていることをかわれてS.W.A.T.チームのリーダーに抜擢されるホンドーをシェマーが務め、タフガイながら弱き者の気持ちをくめるハートを持つヒーローを熱演する。  日本語吹き替えキャストに、デレク・モーガン役でも知られる咲野俊介がシェマー演じるホンドーを担当するほか、S.W.A.T.チームの頼みの綱的存在のデヴィッド・“ディーコン”・ケイ役にはアーティストで俳優の加藤和樹、有能だが向こう見ずなS.W.A.T.チームの新入り、ジム・ストリート役を俳優の相葉裕樹が務める。  『S.W.A.T』の独占日本初放送を記念して6月6日に行われるジャパンプレミアには、来日が決定した主演のシェマーが登壇。同日、シェマーに直接会える「ミート&グリート」も実施される。開催概要、および応募方法はスーパー!ドラマTV公式サイトまで。  海外ドラマ『S.W.A.T.』は、スーパー!ドラマTVにて6月22日22時より独占日本初放送。

  • ミュージカル『HEADS UP!』製作発表にて

    哀川翔、主演ミュージカル再演  会見で劇中曲披露も「まったく覚えてなかった」

    エンタメ

     俳優の哀川翔が26日、都内にて行われた主演ミュージカル『HEADS UP!』(12月14日~上演)再演の製作発表会見に、演出のラサール石井らとともに登壇した。会見では劇中曲のミニライブも行われ、『劇場で起こること』『HEADS UP』など計4曲を披露したが、哀川は会見用に改めて歌うとなって「まったく覚えてなかったです」と苦笑いした。@@cutter 脚本:倉持裕、原案・作詞・演出:ラサール石井、作曲・音楽監督:玉麻尚一により、2015年11月に初演されたオリジナルミュージカルの本作。とあるミュージカルの仕込みから閉幕後のバラシまでを描いた、バックステージエンターテイメントだ。第32回読売演劇大賞 優秀演出家賞を受賞し、話題となった。  ラサールは「初演の時のお客様の熱気がすごく、早く再演したいと思っていたら、今回みなさんのスケジュールが上手く合って」と喜びを表し、「毎回が夢のような感じ。家で寝転がって考えていたことが実現するとは」と振り返った。  哀川は初演時は初舞台だったが最初は拒否していたという。「舞台に恐怖があった。でもすごくいい環境を作ってくださったので乗り越えられた」と明かした。その雰囲気の良さは、初演時のキャストのLINEグループが今も続いているということにも表れている。今も哀川は朝4時30分に「今から釣りに行ってきまーす」という、ちょっと迷惑な(!?)LINEを送っているという。  また、哀川はキャストが最集結した再演について、「懐かしさより新鮮さを感じました。なんかちょっとギラついている。そこがいい」と語る。そして舞台の裏側を描いた本作にちなんで「自分が裏方をやるとしたら…」と問われると、「舞台監督。仕切るのが得意なので。演出はめんどくさい。ゴルフに行けなくなるから」と話した。  最後にラサールは再演に向けての抱負として「みんな仲良く。開幕2日前に降板されないように」と話し笑いを誘いつつ、「その先も再演を重ねられたら。演出家が変わってもいいからずっと作品を残していきたいです」と希望を語った。  なお会見には、相葉裕樹、橋本じゅん、青木さやか、池田純矢、大空ゆうひ、中川晃教、今拓哉、芋洗坂係長、陰山泰、オレノグラフィティ、外岡えりかも登壇した。  ミュージカル『HEADS UP!』は12月14日~17日までKAAT神奈川芸術劇場にて上演。富山、長野、大阪、名古屋公演を経て、2018年3月2日~12日に赤坂ACTシアターにて上演。

  • 『新テニスの王子様』続編制作決定!

    『新テニスの王子様』続編制作決定! 「テニプリフェスタ2013」でサプライズ発表

    アニメ・コミック

     21日、新テニスの王子様プロジェクトとして「テニプリフェスタ2013」が、日本武道館で行われ、ボイスキャスト総勢43人と原作者・許斐剛、藤澤ノリマサが集結。公演終盤に、アニメシリーズ『新テニスの王子様』続編制作決定が原作者・許斐氏からサプライズ発表された。@@cutter 2001年より、テレビ東京系列にて放送が開始されたアニメ『テニスの王子様』。2012年1月からは『ジャンプSQ.』(集英社)誌上で大人気連載中の『新テニスの王子様』もTVアニメ化され、更に幅広い層のファンを獲得した。  今回の武道館での公演は2011年以来となり、昼公演・夜公演の2公演。9月14日には関西初上陸ということで滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールでも公演を実施。3500人を動員し大盛況となった。  アニメシリーズの続編は、U‐17と中学生の試合などを展開していくと許斐氏から発表された。

  • 『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』主人公イズルの声を担当する相葉裕樹

    『マジェスティックプリンス』イズル役の相葉裕樹「オーディションで役を勝ち取った」

    アニメ・コミック

     『刀語』『ヨルムンガンド』の元永慶太郎を監督に迎え、『機動戦士ガンダムSEED』『蒼穹のファフナー』等で、個性豊かなキャラクター達を描き出した平井久司がキャラクターデザイン、『けいおん!』の吉田玲子がストーリーを紡ぐ、完全オリジナルアニメーション『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』。今回、本作の主人公ヒタチ・イズルの声を担当する俳優・相葉裕樹に単独インタビューを行った。@@cutter 主人公イズルの声を担当する彼は、現在放送中のドラマ『35歳の高校生』に出演する俳優であり、主にドラマや映画、舞台などで活躍、声優としての仕事は今回で3度目である。それでも"自信"を持って話す背景には「オーディションで勝ち取った」という理由があるからだろう。  だからと言ってプレッシャーを感じないわけではない。「プレッシャーはあります。(今まで)俳優としてやってきたので…」と正直に告白する。「ですがそういうことに関係なく、僕が俳優として培ってきたものを前提に、今回の現場ではぶつかって行こうと。もちろん、足りない部分はあるのですが、それは先輩から見て学んで、やって学んでという感じです。とにかく真摯に!なんせ経験がないですから、やれることを全部やろうと思って臨んでいます」とキッパリ。最近よく見かける、アニメの声優に挑戦する"有名人"とはひと味もふた味も違うようだ。  とはいえ、アニメの主役を演じることについては「僕なんかがというのがあるのですが、本当に光栄です」と素直に喜ぶ。「決定の連絡が来たときは、『ホントですか!?』と(笑)。『なぜ?なぜ僕だったのでしょう?』そんな気持ちでした(笑)」とキャスティングに決まった当時を振り返る。現在は、「まさか自分がアニメの主役で声優をやれるとは思っていなかったので…。このような形で『マジェスティックプリンス』のイズルという役を出来ているということが幸せですね」とのこと。@@separator 元永監督から、演じ方について指示などはあったのかどうか聞いみた。「現場でアフレコをしながら『ここは、もう少しこのようにしてほしい』などはありましたね」と語る。  また、アフレコの話数が進んだ頃に抱いた不安も話してくれた。「正直、自分が(アニメの声優を)出来ているのかどうかわからず、とにかく不安だったんです。芝居として、馴染めているのか、成立しているのかと。アニメとしても…」。その気持ちを払しょくするきっかけとなったのは、監督や音響監督らと一緒に行った食事であったと明かす。「『声優になる必要はないよ』と言われたんです。『その上でのキャスティングであると思うから』とも。なるほどなと思いました。なので、俳優としてのアプローチができたらいいなと思っています」。 「と思いつつも、声優としての技術も盗みたいなとは思っていますね(笑)」と茶目っ気たっぷりに答えてくれた。  俳優として、また声優として参加する相葉に、本作で意識していることを聞いた。「感情とかそのようなものは、役作りするうえでドラマもアニメも一緒ですが、表現方法と言いますか息の使い方だったりセリフの言い方などは意識していますね。ドラマでアニメの芝居をしたらきっと浮くだろうし、映画やドラマの場合も違うだろうし、舞台ももちろん違う。なるべくしっかり違いを意識して演じようと思っています」。  今後、ますます活躍の場が広がっていくと思われる俳優・相葉裕樹。彼はきっと本作で多くのものを吸収し、演技として得たものを発散、私たちを魅了してくれるだろう。(取材・文・写真:鈴木沙織)  『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』は、TOKYO MX他毎週木曜22時30分より全28局にて放送中

  • 左から相葉裕樹、浅沼晋太郎、日笠陽子、井口裕香、池田純矢、昆夏美、石川智晶

    とにかくキャストの仲がいい!『マジェスティックプリンス』大爆笑トークイベント

    アニメ・コミック

     『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』のステージトークイベントが、アニメ コンテンツ エキスポ 2013で行われ、相葉裕樹(ヒタチ・イズル役)、浅沼晋太郎(アサギ・トシカズ役)、日笠陽子(クギミヤ・ケイ役)、井口裕香(イリエ・タマキ役)、池田純矢(スルガ・アタル役)の5人が舞台挨拶に登壇した。@@cutter 本作は、『刀語』『ヨルムンガンド』で戦いの在処を追求してきた元永慶太郎を監督に迎え、『機動戦士ガンダムSEED』『蒼穹のファフナー』等で、個性豊かなキャラクター達を描き出した平井久司がキャラクターデザインとして参加。そして、“宇宙からの侵略者と若者達との戦い”をコンセプトとした普遍的王道ストーリーが『けいおん!』の吉田玲子の手によって躍動的に紡ぎ出されていく、完全オリジナルロボットアニメーション。    司会者が冒頭、「キャストさん達がめちゃくちゃよくしゃべる(笑)」と前置きして始まった本イベント。その紹介通り、本当によく話す5人のキャスト達。主人公を演じる相葉から一人ずつ、演じるキャラクター説明をしていく中、三番目となる日笠はすでに話したくてウズウズ。それを司会者にツッコまれると「だって、クロストークでしょ!クロストーク」とやる気満々。相葉が「クロストークしたら、グダグダになっちゃうでしょ!」とたしなめるも、その後のトークは日笠の思惑通り、終始クロストーク。よく話し、ボケ・ツッコミ盛りだくさんのトーク内容に、来場者は大爆笑。大満足のトークイベントとなった。    また、イベントではトークのほか、オープニングテーマ『私は想像をする』を歌う昆夏美、エンディングテーマ『サヨナラっていう』を歌う石川智晶のライブステージも行われた。    『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』は、2013年4月4日(木)22:30よりTOKYO MXほかにて全28局にて放送中。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access