大場美奈 関連記事

  • ※「須田亜香里(SKE48)」インスタグラム

    SKE48松井珠理奈、須田亜香里ら、穴あき靴下の『格付け』オフショット

    エンタメ

     SKE48の須田亜香里が26日、自身のインスタグラムにおいて、『芸能人格付けチェック BASIC~春の3時間スペシャル~』(テレビ朝日系)のオフショットを投稿。須田、松井珠理奈らSKEメンバーのお茶目な姿がファンの間で大きな話題となっている。@@cutter 「3月19日(火)SKE48のそっくりさん!」というコメントとともに投稿されたのは、同番組において出題された問題を間違えたため、芸能人の「そっくりさん」にまで格下げをくらい、穴あき靴下を履くハメになったSKE48の須田、松井、大場美奈、菅原茉椰の4ショットだ。  不満そうな表情を浮かべ、足を伸ばして靴下を見せているキュートでお茶目な1枚。そのほかにもメンバーそろって笑顔で撮影されたもの、穴あき靴下のアップなど、複数の写真を投稿した須田。「#芸能人格付けチェック」「#そっくりさん」「#破れた靴下」と、ユーモアあふれるハッシュタグも添えている。  コメント欄には「あかりん!靴下ーーッ」「破け方が最高」「破れた靴下も見事に履きこなせるとは、素晴らしいです」といった好評の声や、問題を間違いすぎて「そっくりさん」となってしまった4人に対し「マジでそっくりやなぁ」「似すぎ」「おっ!SKEのそっくりさん達、かわいいね(笑)」ととぼけてみせるファンが数多く見受けられ、全体的に暖かい雰囲気が流れる投稿となっている。 引用:https://www.instagram.com/akarisuda/

  • 笑顔を見せた松井珠理奈 「SKE48 10周年記念 イオンカード(SKE48)デビュー発表会」にて

    松井珠理奈「だいぶ元気に」 総選挙当日は「ほとんど覚えてない」

    エンタメ

     SKE48の松井珠理奈が12日、都内で開催された「SKE48 10周年記念 イオンカード(SKE48)デビュー発表会」に出席した。休養からの復帰後、初めてマスコミの取材に応じた松井は、今後について「少しでも早く握手会にも参加できたら」と語った。イベントには松井のほか、須田亜香里、荒井優希、大場美奈、惣田紗莉渚、古畑奈和が出席した。@@cutter イベント後の囲み取材で松井は「体調を崩してしまって、この度はご心配をおかけしました。少しお休みをさせていただいて、だいぶ元気になったので、今日も復活して、こうして参加させていただけていることが、すごくうれしいなと思っております」とコメント。現状については「まだ握手会の方を再開していなくて。イベントという形で再開しているので、少しでも早く握手会にも参加できたらいいなと思っています」と発言した。  5ヵ月前の総選挙に話が及ぶと「1位にならなきゃいけないっていうので、けっこう自分を追い込みすぎていて。当日のことは、本当にほとんど覚えてないなっていうのが実際なんです」と回想。「卒業したメンバーから『おめでとう』というLINEが来たり、先輩から『おめでとう』が来たり。例えば指原さんからもLINEが来たりとか。そういうところで、いろいろな方に『おめでとう』と言ってもらえて、改めて自分が1位になったんだなっていう実感がわきましたね」と笑顔で振り返った。  そんな松井の不在時にグループを支えた須田は「珠理奈さんがいないことによって、勢いを失ったって言われたくないっていうその一心で。勢いそのままに、帰ってきたときによりパワーを一緒に出せるようにっていう風に、後輩たちで支えさせてもらってきたというか、もがいてきたものが、今こうやって一緒に合わさることで、皆さんにいい元気として、パワーとして伝えられていたら」とニッコリ。イベントに内容に絡め、自身の金銭感覚に話が及ぶと「(仕事現場で)お水が置いていただいていることが多いんですけど、それをその日のギャラだと思って持って帰る」と明かして会場を沸かせていた。

  • 映画『地獄少女』キャスト写真

    玉城ティナ主演×白石晃士監督、報復代行ホラー『地獄少女』実写映画化

    映画

     女優の玉城ティナが、オリジナルテレビアニメとして2005年より放映された『地獄少女』の実写映画版に主演することが発表された。映画『貞子 vs 伽椰子』の白石晃士監督がメガホンを取る。@@cutter 本作は、アニメ放映以降、コミカライズ(「なかよし」で連載)をはじめ、テレビドラマ、ライトノベル、ゲーム、2.5次元舞台、そして「地獄少女」シリーズとしてパチンコ台・パチスロ台化を展開するなど、幅広く人気を博してきた「地獄少女」の実写映画化。午前0時に開く秘密のサイト「地獄通信」にアクセスすると地獄少女が現れ、恨みを晴らしてくれるという都市伝説に巻き込まれる女子高生たちと、報復を代行する地獄少女の姿を描く。  「地獄少女」と呼ばれる主人公の閻魔あいを演じるのは映画『貞子 vs 伽椰子』『私に××しなさい』の玉城。使い魔の“三藁”として、骨女役に橋本マナミ、一目連役にオーディションで抜てきされた楽駆(らいく)、輪入道役に舞踏家・演出家・俳優の麿赤兒が扮する。そして、噂のサイトにアクセスする女子高生・市川美保を森七菜、美保の親友・南條遥を仁村紗和が演じるほか、AKB48の大場美奈、波岡一喜、藤田富が脇を固める。メガホンを取るのは、オリジナルビデオ『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』シリーズや、映画『ノロイ』『ある優しき殺人者の記録』『貞子 vs 伽椰子』などでホラーの手法を更新させ続けている白石監督。  主演を務める玉城は、「白石監督とはご一緒させてもらうのが2回目なのですが、1作目は怯えてばっかりだったので(笑) 地獄少女ではより、演技指導していただく際に白石節が炸裂するんじゃないかなあと今から楽しみにしています」とコメント。  白石監督は、「原作の持つエネルギーに負けず、生まれようとしている映画が健やかに暴れまくって世に放たれるように、しっかりと産婆の役目を果たしたいと思います」と気合十分。「ホラーの要素もありますが、美しさと悲しさと凶暴さが同居する『青春映画』、いわば私なりのキラキラ映画です」とメッセージを寄せている。  映画『地獄少女』は2019年秋全国公開。

  • 「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」 世界選抜メンバー 1~16位

    「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」選抜メンバー フォト特集

    エンタメ

    「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙 ~世界のセンターは誰だ?~」開票イベントが16日、愛知・ナゴヤドームにて開催され、立候補した339名のうち上位100位の順位が発表されました。1位の栄冠に輝いたのは、地元開催となったSKE48の松井珠理奈。第2位はSKE48須田亜香里、第3位にHKT48宮脇咲良となりました。選抜メンバーに選ばれた16人を写真でご紹介いたします。

  • 白泉社、最強アプリ『マンガPark』配信開始!蒼井翔太らの声優ラジオも毎日更新

    白泉社、最強アプリ『マンガ Park』配信開始! 蒼井翔太らの声優ラジオも毎日更新

    アニメ・コミック

     数多くの人気コミック連載してきた白泉社が2日、総合エンタメアプリ『マンガ Park』配信を開始した。本アプリでは、『ベルセルク』『フルーツバスケット』『彼氏彼女の事情』『デトロイト・メタル・シティ』など150タイトル以上のマンガのほか、声優ラジオ・アイドル動画などのコンテンツを無料で楽しめる。マンガは『花とゆめ』『LaLa』『別冊花とゆめ』『メロディ』『ヤングアニマル』『楽園』という白泉社の全雑誌の連載作が参加する。@@cutter マンガアプリ史上初となる声優ラジオは毎日更新され、『うたの☆プリンスさまっ♪』などの蒼井翔太、『HEROMAN』小松未可子といった豪華声優陣やニッポン放送アナウンサーの吉田尚記による5番組を配信する。アイドル動画には宮脇咲良(HKT48/AKB48)・月足天音(HKT48)・森保まどか(HKT48)・大場美奈(SKE48)・浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)といった今をときめくメンバーがラインナップされる。  また、アプリのリリースに伴い、『マンガ Park』ブランドムービーも公開。『3月のライオン(羽海野チカ) 』や『ベルセルク(三浦建太郎) 』、この秋映画化が決定している『覆面系ノイズ(福山リョウコ)』など、人気作品が実写の青年に折り重なるようにコラージュされた縦型動画になっている。ナレーターは、大人気声優の島崎信長が担当し、今を生きる若者の心の声を代弁。ブランドムービーは、今回公開された『僕しか知らない』篇のほか、女子高生が主役でナレーションを松井恵理子がつとめる『本当の私』篇も公開予定。  総合エンタメアプリ『マンガ Park』は8月2日リリース。

  • 『神様はじめました THE MUSICAL♪2016』取材会に登場した八神蓮

    『神様はじめました』ミュージカル開幕 八神蓮「初詣に来るつもりで観に来て!」

    アニメ・コミック

     ミュージカル『神様はじめました THE MUSICAL♪2016』の公開ゲネプロが、15日に都内で開催。ゲネプロ前の取材会にはキャストの八神蓮、寺島咲、南圭介らが登場し、舞台の見どころを語った。八神は「2016年が始まったばかり。神社を舞台にしたテーマのこの作品を、初詣に来るつもりで観に来ていただければ、いい年になるのではないでしょうか」とアピールした。@@cutter 本舞台は、『花とゆめ』(白泉社)にて連載中の大人気コミック『神様はじめました』を原作に、昨年に続きミュージカル版として上演。借金取りに家を追い出され、困窮する桃園奈々生は、ミカゲとの出会いをきっかけに神社で暮らすとともに、土地神の役目も担わされることになって…。  今回、単なる再演ではなく新たな魅力や前回からの変化が多いという本作。巴衛(ともえ)役を演じる八神は、「昨年からキャストも多少変わり、新しいパワーも加わり、2016年バージョンとして演出の秦(建日子)さんが新しいエッセンスを入れてくれているので、そこが見どころかなと思います」とコメント。  ヒロイン・奈々生(ななみ)役を演じる寺島は、「殺陣のシーンも新しくなったり、ダンスも新しくなったり増えたりしています」と昨年版からの変化を説明。そして特に注目ポイントとして「前回よりも胸キュンシーン、恋愛要素も増えています」と明かし、「原作のファンの方にも楽しんでいただけると思いますし、原作を知らない方にも楽しんでいただけるよう、舞台ならではの追加されたシーンもあります。カーテンコールも楽しい感じになってるので最初から最後まで楽しんでいただけると思います」とアピールする。  スーパーアイドル・鞍馬(くらま)役を演じる南は、「今回も“鞍馬の時間”(ライブシーン)があります。前回と変わる部分もあるので、前回観に来てくれた人も楽しんでもらえると思います」と自信満々な様子。そして「鞍馬が前回と目に見えて変わったところは、ルージュを流行りのダークレッドに変えたところ。スーパースター役なのでトレンドにも敏感でいたいなと…」と、笑いを誘った。  取材会にはこのほか、樋口裕太、加藤真央、高木悠未(LinQ)、大場美奈(SKE48)、奧仲麻琴も登壇した。舞台『神様はじめました THE MUSICAL♪ 2016』は、東京・アイア 2.5 シアタートーキョーにて1月15日~21日に上演。

  • 松井珠理奈、SKE48『ナガシマリゾート広報大使』就任発表会にて

    SKE48が絶叫水着CMに出演!松井珠理奈、あまりの恐怖に「水着気にする余裕なくて」

    エンタメ

     SKE48が三重県のエンターテインメント施設・ナガシマリゾートのCMに起用され、メンバーの松井珠理奈、松井玲奈、岩永亞美、大場美奈、二村春香、古畑奈和が都内でお披露目記者会見を行なった。@@cutter ナガシマリゾートは三重県桑名市にある、温泉、遊園地、アウトレットモールなどの多彩な施設から構成される総合エンターテインメント複合施設。開業50週年を迎えた今年、SKE48のCM起用が決定した。  メンバーを代表して広報大使任命書を受領した松井(珠)は、「楽しい施設がいっぱいあるから、やりたいこと全部できると思います!」と太鼓判。松井(玲)も、「名古屋から車で30分ですし、直行バスも走っています。特に絶叫マシーンの『スチールドラゴン2000』がお勧めです」と早速施設をアピールした。  会場ではメンバーも未見だというCMを初披露、水着姿で歓声を上げながらスライダーに挑戦した姿がスクリーンに映し出された。「水着姿がセクシーですね」という問いに、松井(珠)は、「絶叫系が苦手なので、そんなことを気にする余裕はなくて。私が乗った『サーフヒルスライダー』は板に乗ってから自分で出発するのですが、すごくドキドキして怖かったです。でも、私が行かないと皆が何回もやらないといけないので、頑張って1回目で決めました」とプロ根性を披露。「ちなみに、ポロリは?」と聞かれると、隣の松井(玲)が「若いので、やめて下さい」とストップをかけ、チームワークの良さを見せた。  優勝者はソロ・デビューという今年のAKBグループのじゃんけん大会について話が及ぶと、初連覇がかかっている松井(珠)は、「ソロだけに、そろそろ頑張りたいですね」とお得意のダジャレで回答。「今年の相手は(横山)由依はんですが、心理戦で頑張ります。パーでぱぁっと勝ちます。スミマセン、ダジャレばかりで」と続けた。

  • 劇場版「私立バカレア高校」プレミア試写会

    AKB島崎遥香がメイド姿を披露、じゃんけん大会の勝因は制服だった!?

    映画

     8日、ジャニーズJr.とAKB48の豪華競演が話題を呼んだ学園ドラマ「私立バカレア高校」の劇場版が完成し、コスプレイベントが行われた。  劇中でも登場する“コスプレカフェ”のシーンにちなみ、秋葉原のUDX THEATERに150名のファンを招待し、1度限りの“超プレミア試写会・カトレア コスプレシアター”を開催しようという今回のイベント。会場入り口では劇中で着用したコスプレ衣装に身を包んだAKB48のメンバーが出迎え、開映前からファンの興奮は最高潮に。@@cutter この日参加したのは、島崎遥香、大場美奈、永尾まりや、小林茉里奈、中村麻里子、加藤玲奈、竹内美宥、川栄李奈、高橋朱里、市川美織のフレッシュなメンバー計10名。予定されていた光宗薫は体調不良で欠席した。   それぞれが着用する衣装はスタッフと相談して決めたが、メイド姿の島崎は、「私は河童を着たかったのですが、(ジャニーズJr.が生徒の男子校)馬鹿田高校の生徒に盗られてしまい、メイドさんということで。メイドさんは秋葉原でよく見かけますが、初めて着たので新鮮というか(笑)。でも、自分で言うのも何ですが似合っているかなと思います」と、嬉しそう。見事優勝した先日のじゃんけん大会では、「この映画のカトレア高校の制服を着て参加しました。公開も近い初主演映画なので、その思い入れで優勝できたと思います」と裏話を語った。  かぼちゃのデザインの服を着た大場は、「何で笑いが起きるのかな? 前に出る役だったので、張り切っている感を出そうと。最初は加藤玲奈ちゃんが着ている服が候補でしたが、ずっと輝いていたこの服が誰にも選ばれていなかったので、試しに着たいと言ったらOKが出ました」と、かぼちゃ愛を告白。  “フレッシュレモンになりたいの”がキャッチフレーズの市川は、「私もメイドみたいな可愛い服にしたかったのですけれど、それでは目立たないと思って、1度なりたかった天使にしました」と答えたが、他のメンバーから「あれ、レモンになりたいんじゃないの?」と突っ込まれると、「レモンはなかったし、違う一面を見せようと思って」と慌てて言い訳、場内は笑いに包まれた。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access