川栄李奈 関連記事

  • 高橋みなみ

    高橋みなみ、結婚発表の川栄李奈にあの“Tシャツ”提案も丁寧に断られる

    エンタメ

     タレントの高橋みなみが、17日に結婚を発表した女優の川栄李奈への祝福メッセージをツイッターに投稿。自身の結婚発表で着用した“Tシャツ”を貸そうとするも川栄から断られるというやりとりが展開された。@@cutter 17日に俳優の廣瀬智紀との結婚が発表されると、AKB48で共に活動した高橋はツイッター上に「かわえーおめでとうー!! Tシャツ必要だったら貸します!! お幸せに」と投稿。自身の結婚発表に際して、夫と一緒に着た「だんな」「よめ」Tシャツを貸し出すと提案した。  すると川栄はリプライで「たかみなさん ありがとうございますっ Tシャツは大丈夫です ありがとうございます!!」と丁寧に反応。Tシャツ案を却下された高橋は、川栄の返信を引用ツイートし、「クリーニングしたのに」と残念がっていた。  高橋のほかにも、川栄とゆかりの深い人々が祝福をツイッター上に寄せており、AKB48の横山由依は「教えてくれたときめっちゃ嬉しい!! 本当におめでとう!! ってハッピーな気持ちでいっぱいになりました」とツイート。元AKB48で2月に結婚を発表した篠田麻里子は「りっちゃんおめでとう」とメッセージを寄せ、元NMB48の山本彩は「今年一びっくりしてる。が、しかしおめでたい」とつづった。  さらに、三代目 J SOUL BROTHERSの岩田剛典、GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太、藤田ニコル、綾野剛、城田優、浜辺美波らが川栄に祝福の言葉を贈っている。 引用:https://twitter.com/taka4848mina    https://twitter.com/Yui_yoko1208    https://twitter.com/mariko_dayo    https://twitter.com/SayakaNeon

  • 電撃結婚を発表した川栄李奈と廣瀬智紀

    川栄李奈が電撃結婚&妊娠! 8歳年上の俳優・廣瀬智紀と SNSに祝福の声

    エンタメ

     女優の川栄李奈が17日、俳優の廣瀬智紀と結婚し、妊娠していることを連名で報道各社にFAXで発表した。人気女優の結婚は即座にSNS上を駆け巡り、祝福と驚きの声が殺到している。@@cutter 川栄と廣瀬は連名の書面において、「このたび、私共、廣瀬智紀と川栄李奈は、入籍致しますことをご報告させていただきます」と発表。また、川栄は妊娠しており、「新しい命を授かることができました。出産は年内を予定しております」という。今後の芸能活動については「体調を考慮しながらお仕事も続けさせていただく予定です」とのこと。  現在24歳の川栄は2010年にAKB48第11期研究生オーディションに合格。2012年にチーム4に昇格してデビュー。グループ卒業後は主に女優として活動し、昨年、初主演映画『恋のしずく』が公開されたほか、今年に入ってもドラマ『3年A組‐今から皆さんは、人質です‐』(日本テレビ系)など話題作に出演し続けている。  一方、廣瀬は1987年生まれの現在32歳。『映画刀剣乱舞‐継承-』や舞台『弱虫ペダル』『ダイヤのA』など“2.5次元”作品を中心に幅広く活動している。  交際のきっかけとなったのは、昨年、2人がダブル主演を果たした舞台『カレフォン』で、「舞台で共演させていただき互いに惹かれ、お付き合いしていく中で、 結婚を意識するようになりました」と説明している。  この報道が流れると、ツイッター上では「川栄李奈」がトレンドワードとして急上昇。2人の突然の発表に対しての「おめでとう!」「まじか」といった祝福と驚きの声で溢れている。

  • 映画『きみと、波にのれたら』完成披露舞台挨拶にて

    伊藤健太郎、片寄涼太&川栄李奈のラブラブっぷりに「うらやましくなる」

    アニメ・コミック

     GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太が14日、都内で開催されたアニメ映画『きみと、波にのれたら』完成披露舞台挨拶に出席。劇中でダブル主演を務める女優の川栄李奈と歌を披露しているが、共演の伊藤健太郎が2人のシーンのラブラブっぷりを明かした。@@cutter 本作は、アニメ映画『夜明け告げるルーのうた』『夜は短し歩けよ乙女』で知られる湯浅政明監督による青春ラブストーリー。海辺の街を舞台に、サーフィンが大好きな大学生の向水ひな子(川栄)が、海の事故で命を落とした恋人で消防士の雛罌粟港(片寄)と織りなす恋模様を描く。舞台挨拶には、川栄、松本穂香、伊藤、湯浅監督も登壇した。  キャスト登壇時、一人だけ姿を現さなかった片寄。物語では、ひな子が港との思い出の歌を口ずさむと水の中に港が現れるが、川栄が「みなとー」と呼び掛けるとステージの真ん中に設置された水槽ビジョンの中に港が出現し、片寄の声が。片寄が港として会場に集まったファンと掛け合いをしたあと、水槽ビジョンの中から登場した。  初めて声優に挑戦した片寄は、「この作品でよかった。皆さんにお届けできてうれしい」と感慨深い様子で、「アニメだけど、すごく人間味があります」とアピール。川栄も「背中を押してもらえるような作品」と笑顔で明かした  主題歌の「Brand New Story」をGENERATIONSが担当しており、本作をメンバーと一緒に見たという片寄は、「物語のカギとなる曲で、世のため人のためになったなとメンバーも満足していました」とエピソードを披露。劇中では、同曲を港とひな子が一緒に歌うシーンがあるが、もともとは別々の予定だったものを、片寄のアイデアで実現したという。湯浅監督は「すごくいい感じのものが録れた。かわいらしいカップルで、逆に斬新かなと思いました」と絶賛。  それを受けて片寄は「歌の仕事をやらせていただいているからこそ、レコーディングブースの緊張感を知っていて。そういった空気感の中、1人でやるよりも2人で歌った方がいい空気感になるのかなとイメージしていた」と回答。だが、川栄は2人で歌うのがすごく嫌だったそうで、川栄は「(片寄が)上手いですし、まだ会話もしていなかった状態で歌に入るのがすごく緊張しました」と弁明していた。  伊藤はそんな2人の冒頭のシーンを「ラブラブっぷりがすごい。見ていて『何これ?』って思って。すごくうらやましくなる」と明かし、会場の笑いを誘っていた。  映画『きみと、波にのれたら』は6月21日より全国公開。

  • 川栄李奈

    川栄李奈、愛犬との2ショットに「似てる」「かわいい」の声

    エンタメ

     女優の川栄李奈が12日、自身のインスタグラムを更新し、愛犬とのツーショットを公開。「犬も川栄さんも可愛い!」「可愛いワンちゃんは可愛い飼い主に似る」と大きな反響を呼んでいる。@@cutter 「この子は何犬に見えるのだろうか」というコメントとともに投稿されたのは、愛犬に頬を寄せる川栄のキュートなショット。ファンの間で川栄は実家でたくさんの犬を飼っていることで知られており、その中の1匹をお披露目したようだ。  コメント欄には、彼女の問いかけに応えるファンが殺到。「シュナウザーかな?」「トイプのようなレトリバー?」など、さまざまな犬種が挙げられた。そのほかにも愛犬と川栄が似ているという意見や「この犬が羨ましすぎる。川栄李奈さん可愛すぎるー」「最高!ドアップめちゃくちゃかわいい!」といった称賛が寄せられた。  また、川栄は現在ドラマ『家政婦のミタゾノ』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)に出演中。依頼人の家の秘密を勝手に推理してしまう、スキルもプライドも高い家政婦を演じている。 引用:https://www.instagram.com/rina_kawaei.official/

  • 菜々緒&川栄李奈、「au発表会 2019 Summer」に出席

    菜々緒、“強い母”の一言に感動「愛ですね」

    エンタメ

     女優の菜々緒、川栄李奈が13日、都内で行われた「au発表会 2019 Summer」に出席。昨日12日が母の日とあって、自身の母親についてトークを展開した。@@cutter 菜々緒は、自身の母親は「強いです。言わずもがなじゃないですが、私の母なので強いです」と回答。続けて、「私には兄がいるのですが、以前話の流れで『私と兄の2人、(育児は)大変だったでしょう?』と聞くと、『全然大変じゃなかった』と言ったんです。兄は反抗期すごかったんです。なのでその一言が言える母に感動した。愛ですね、家族の絆があるからこそ言えるのかな」と明かした。  母は「パワフル」と紹介した川栄は、「すごく明るくて、なにより力持ち。パートしていた時、重たいものを持たされていたみたい。男性並に筋肉がある。テキパキと何でもやってくれる母です」とにっこり。昨日は仕事が休みで、「実家に帰ってお母さんと過ごしました」と語った。  17日から全国で放送となる「三太郎」シリーズの新CMでは、新たな展開がスタート。“その人は突然現れた”というナレーションとともに小さな女性が登場する。乙姫(菜々緒)・織姫(川栄)・かぐや姫(有村架純)が“ママ”と呼ぶ人物で、CMで後ろ姿は映るが、現時点で正体は不明。今後のCMで明かされる。  新キャラクターの正体について、菜々緒が「いまどきのママ。後ろ姿がCMでみえていましたけど、衣装やしゃべり方の感じからすごくいまどきのママなんじゃないかな」とヒントを提示。川栄は「CM撮影はいつも和気あいあい。今回はママが加わってパワーアップしました。正体は秘密です、まだ。お楽しみに」とした。

  • 『家政夫のミタゾノ』第1話場面写真

    松岡昌宏がパワーアップして帰還!『家政夫のミタゾノ』今夜スタート

    エンタメ

     TOKIOの松岡昌宏が主演を務める金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』パート3(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)が、今夜スタート。第1話では、アラブから呼び戻された三田園(松岡)が、飲食業界のドン・丹波(大和田伸也)に“家政婦兼ボディーガード”として雇われることになり、「何者かに命を狙われている」と打ち明けられる。@@cutter 本作は、女装した大柄な家政夫・三田園薫(松岡)が、派遣された家庭・家族の内情をのぞき見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく、痛快“のぞき見”ヒューマンドラマ。三田園は家事全般を完璧にこなす“最強の家政夫”だが、依頼人の家庭の内情をのぞき見し、そこで得た秘密をネタにその家を崩壊させるのが趣味。ひとたび派遣先の家庭の秘密に気付いてしまうと、わなを張り巡らせ、依頼人の化けの皮をはがしていく。  とあるアラブの国で石油を採掘する一族に仕えていた三田園薫は、『むすび家政婦紹介所』の所長・結頼子(余貴美子)からの「すぐ戻ってきて!」という電話で日本に呼び戻される。脱税疑惑で営業停止に追い込まれていた紹介所だったが、晴れて営業を再開。それを機に、頼子のおい・村田光(伊野尾慧)と、新人家政婦の恩田萌(川栄李奈)という新しいメンバーを迎え、三田園は光の“教育係”として呼ばれたのだった。  さっそく三田園たちが派遣されたのは、個人資産800億円とも言われる丹波フーズ会長・丹波幸之助(大和田)の家。丼専門チェーン『丼・来放題(ドン・キホーダイ)』の成功で一躍トップに上り詰めた飲食業界のドン・丹波は、家政婦の採用にも「モデルのような高身長で、若くて美しい顔の女性」と厳しい条件を設けており、「三田園なら」と白羽の矢が立ったのだ。  しかしやってきた三田園たちを追い返そうとし、ライフルまで向けて威嚇する丹波。だがそのライフルの中に割りばしが入っていたことを即座に見破った三田園は、その鋭い観察眼を認められ、“家政婦兼ボディーガード”として雇われることになる。  「何者かに命を狙われている」と打ち明けられたその矢先、西洋甲冑のおのが倒れてきたり、床が滑りやすくなっていたりと、三田園たちは相次いで丹波が命の危機にさらされる瞬間を目の当たりに。丹波には年の離れた若き美人妻・ユリア(太田莉菜)がおり、彼女の存在を快く思っていない妹の悦代(大島さと子)をはじめとした人間たちがチラホラ。いつものように“のぞき見ゴコロ”をくすぐられた三田園は、光が制止するのも聞かず、丹波の命を狙っている人間の正体を暴こうと行動を開始する。  金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』第1話は、テレビ朝日系にて今夜4月19日23時15分放送。

  • 川栄李奈、『家政夫のミタゾノ』インタビュー

    川栄李奈、コミュニケーション意識に変化 撮影現場で生まれた“好循環”

    エンタメ

     映画、舞台、ドラマなど精力的に出演し、着実に女優業のキャリアを積み重ねている川栄李奈。4月から放送が開始する金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』第3シーズンでは、主演の松岡昌宏演じる三田園薫の右腕として活躍する家政婦・恩田萌を演じる。作品が途切れることなく続く活躍を見せる川栄だが“コミュニケーション”という部分で意識が変わってきたという。@@cutter 「相変らず人見知りなんですよね」と苦笑いを浮かべながら語った川栄。“人見知り”というキーワードを持ち出したのは、自身が1年間サブMCを務めたトーク番組『A‐Studio』(TBS系/毎週金曜23時 川栄は3月末で卒業)のメイン司会の笑福亭鶴瓶が、川栄に対して「だいぶ(人見知りを)しなくなった。成長した」と褒めていたから。  そんな評価に対して川栄は「まだまだ」と否定しつつも「『A‐Studio』に来るゲストは年上の方が多く、コミュニケーションのとりかたなどは磨かれた感じはあります」と以前より人見知りが解消してきたという自覚はあるという。前クールで放送されていた『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)でも、年下が多い現場だったため「自分から積極的に話しかけるようにしていました」と撮影を振り返る。 @@insert1  現場で積極的にコミュニケーションをとることで、撮影に入る際、相手との距離感もよりスムーズにつかめるようになった。そのことでより芝居に集中できる空間を作れるようになったというのだ。また、現場全体を俯瞰で見ることも得意だという。「AKB48という大所帯のなかで活動していたので、団体行動は得意というか、周囲の状況をしっかり見ることは、普通の人よりもできると思います」。  芝居をしやすい環境を作ることが、良い演技を引き出し、ひいては良い作品を作り出すことになる。こうした現場での立ち振る舞いの大切さは、作品を重ねるごとにより強く実感しているという。@@separator 「チームが出来上がっているシリーズものの途中から作品に入るというのは、すごく緊張するもの」と撮影前は構える部分もあったという川栄だが、実際現場に入ると「テレビで見ていたままの松岡さんがいました。とてもフランクで、優しく話しかけてくださるので、こちらも積極的に会話ができています」と松岡という絶対的な柱となる大きな存在に感謝していた。  萌という役については“デキる家政婦”という一面を持ちつつも、徐々に空回りする場面も増えていくという。「話が進むにつれ、登場時の印象と大きく変わっていくキャラクター。コミカルな部分も多くなっていくので、視聴者の方には楽しんでいただけると思います」と期待を煽る。 @@insert2  以前から「役作りをしない」と語っている川栄。なによりも大切にしているのが現場での“適応力”だ。台本を読んでも人それぞれ感じることは違う。だからこそ、相手と対峙し、現場で生まれた感情をしっかり表現し、監督に判断を仰ぐ。そこで「違う」となれば、すぐに頭を切り替え対応していく。本作でも、その姿勢を貫き“生”の恩田萌で勝負する。  「いただいた仕事を精一杯やるだけ」とこれまで通りのスタンスを貫く川栄。一方で「じっくりと人間を描き、人生を考えさせられるような作品にもチャレンジしたい」と欲も出てきた。そんななかで挑む人気シリーズ。松岡演じる個性の強い三田園と、川栄扮する萌がどんな化学反応を起こすのか…放送が楽しみだ。(取材・文:磯部正和 撮影:松林満美)  金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』は、テレビ朝日系にて4月19日より一部地域を除き毎週金曜23時15分。

  • (左から)『家政夫のミタゾノ』制作発表記者会見に登場した松岡昌宏、伊野尾慧

    松岡昌宏「きっとそれが彼のキャラ」 後輩・伊野尾慧に愛のある“イジり”

    エンタメ

     俳優の松岡昌宏(TOKIO)、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、女優の川栄李奈らが5日、都内で開催された新ドラマ『家政婦のミタゾノ』の制作発表記者会見に出席。松岡は共演する後輩の伊野尾について「母性本能をくすぐろうとする癖がある」と愛のある“イジり”を見せる場面があった。@@cutter 家事のスキルは完璧だが依頼人の家庭事情をのぞき見してはぶち壊していく家政婦・三田園薫(松岡)の姿を痛快に描く本作。ミタゾノはゴンドラに乗って登場すると、テレビ朝日本社の窓掃除を実行し、見習い家政夫の村田光を演じる伊野尾は「ヘルメットを付けているミタゾノさんがかなり貴重」とニッコリ。若き家政婦・恩田萌に扮する川栄も「なかなかないです」と笑顔だった。  その後、一同は記者会見に出席。松岡は伊野尾について「他にいなかったのかなあ。うちの事務所も、まだいるだろう。ほかになんか」と愛のある“イジり”を見せる。また「母性本能をくすぐろうとする癖があるんですよ。こいつ。売れる前の生田斗真みたいなところがちょっとあって。まだこいつそんなやり方してんのか、みたいなところがあるんですけど、まあまあ、きっとそれが彼のキャラなんでしょうね」と続け、伊野尾は「なんでこんな恥ずかしいこと言われるんですか」と照れ笑いを見せた。  また松岡は、花見をしたことがなかった川栄のために、出演者らで花見に行ったことに言及。伊野尾は「本当にきれいでしたね」と振り返り、川栄は「桜の下でご飯を食べるっていう経験が人生で一度もなくてっていうお話をしたら、(松岡さんが)『絶対に撮影中に花見に行こう』って言ってくださって。桜を見ながら、バーベキューをしてくださいました。とっても楽しかったです」と頬を緩めていた。この日は平田敦子、しゅはまはるみ、余貴美子も登壇した。  ドラマ『家政婦のミタゾノ』は、テレビ朝日系にて4月19日より毎週金曜23時15分放送。

  • 『泣くな赤鬼』場面写真

    堤真一『泣くな赤鬼』、全国の球児にエールを送るスペシャル特報解禁

    映画

     俳優の堤真一、柳楽優弥、女優の川栄李奈が共演する映画『泣くな赤鬼』より、スペシャルカット付き特報が解禁された。3月23日に開幕した春の甲子園「第91回選抜高等学校野球大会」にちなみ、冒頭で堤真一演じる“赤鬼先生”こと小渕隆が野球部員たちの前で「俺は絶対に甲子園に行く。いくぞ!」と気合いを入れるシーンなど、全国の球児たちへのエールを込めた映像となっている。@@cutter 本作は、『とんび』『流星ワゴン』など多数の著書が映像化されているベストセラー作家・重松清の短編集『せんせい。』所収の『泣くな赤鬼』が原作。  物語の主人公は、陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導から「赤鬼先生」と呼ばれていた城南工業野球部監督・小渕隆(堤)。甲子園出場の夢がかなわず、野球への情熱も衰え、定年間際の疲れた中年になっていた小渕は、ある日ゴルゴという愛称のかつての教え子・斎藤智之(柳楽)と病院で偶然にも再会する。  野球の素質はあるものの、こらえ性のない性格ゆえに挫折し、高校を中退したゴルゴは、結婚して家庭を築き、立派な大人に成長していたが、末期がんで余命半年だった。命の期限が刻々と迫るゴルゴの願い、それは「俺、また野球やりたいな」。赤鬼先生は彼のために最後に何ができるのか―。  特報映像では、冒頭の赤鬼先生こと小渕隆の「俺は絶対に甲子園に行く!」という力強い宣言に、野球部員たちも全員が「はい!」と声を張り上げており、非常に高い熱量を感じ取れるシーンとなっている。また、バスの車中でのゴルゴの「泣いてるの?」という問いかけに、小渕が涙を見せまいと車窓へ顔をそらしながら「赤鬼は人前では泣かないよ」と答える姿などが映し出されている。  映画『泣くな赤鬼』は6月14日より全国公開。

  • 高校生が選んだ「制服が似合う女性有名人」にランクインした(左から)橋本環奈、永野芽郁、広瀬すず

    永野芽郁が初のトップ! 高校生が選んだ「制服が似合う女性有名人」

    エンタメ

     女優の永野芽郁が、高校生が選ぶ「制服が似合う女性有名人」の1位に輝いた。2位には広瀬すず、3位には橋本環奈が選ばれている。また、男子高校生が選ぶ同ランキングでは広瀬、女子高校生では永野がトップとなった。@@cutter 今回の結果は、「株式会社トンボ」が2019年1月17日~1月21日の期間、インターネット調査を実施、15歳以上の高校生500名の有効回答を集計したもの。  同ランキングでは、全国の高校生に「制服が似合う女性有名人」を聞いたところ、テレビドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)の生徒役や、NHKの連続テレビ小説『半分、青い。』、映画『俺物語!!』(2015)などにも出演した永野が、初の1位に輝いた。2位は、過去2年「制服の似合う女性有名人」でダントツ1位だった広瀬が高校生調査でもランクイン。3位には橋本が続いた。  4位には、人気バラエティ『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系/毎週木曜19時56分)の「ゴチになります!」新メンバーとなった土屋太鳳。さらに、今田美桜、有村架純、浜辺美波、川栄李奈、新垣結衣、杉咲花、小松菜奈といった、幅広いジャンルで活躍する女優たちが名を連ねた。  投票者の性別で集計したところ、男子高校生では広瀬が1位、僅差ながら橋本が2位を獲得。続く3位は永野、4位は有村、5位は浜辺が選ばれた。そして女子高校生では、1位に永野、2位に広瀬、3位に橋本。4位は今田、5位は土屋となった。

  • 『泣くな赤鬼』ポスタービジュアル

    堤真一『泣くな赤鬼』特報&ポスター解禁 主題歌は竹原ピストル

    映画

     俳優の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈が共演する映画『泣くな赤鬼』より、新たに特報映像とポスタービジュアルが解禁された。さらに、主題歌を竹原ピストルが担当することも決定した。@@cutter 本作は、『とんび』『流星ワゴン』など多数の著書が映像化されているベストセラー作家・重松清の短編集『せんせい。』に所収の『泣くな赤鬼』が原作。  物語の主人公は、陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導から「赤鬼先生」と呼ばれていた城南工業野球部監督・小渕隆(堤)。甲子園出場の夢が叶わず、野球への情熱も衰え、定年間際の疲れた中年になっていた小渕は、ある日ゴルゴという愛称のかつての教え子・斎藤智之(柳楽)と病院で偶然にも再会する。野球の素質はあるものの、堪え性のない性格ゆえに挫折し、高校を中退したゴルゴは、結婚して家庭を築き、立派な大人に成長していたが、末期がんで余命半年だった…。  解禁された特報映像は、かつて“赤鬼先生”と呼ばれた主人公・小渕が、余命半年の元教え子・ゴルゴと思いがけず再会するところからスタート。高校時代の思い出を振り返り「また野球がやりたい」とこぼすゴルゴと、対峙する小渕の葛藤が描かれている。あわせて公開されたポスタービジュアルは、小渕とゴルゴが穏やかな表情で共に歩く姿が映されており、「俺の生徒になってくれて、ありがとう」というコピーが添えられたもの。不器用な赤鬼先生の複雑な心境が伺えるビジュアルとなっている。  また主題歌は、竹原ピストルが本作のために書き下ろした「おーい!おーい!!」に決定。映画主題歌の完全書き下ろしは今回が初となる竹原は「引きずりこまれるように、すっかり親身になりながら、台本を読みました。映画の中でも存分に描かれるであろう事柄達に野暮な干渉、邪魔をしないように気をつけながら、それでいて、この登場人物のこのときの状況、心境、自分にも身に覚えがあるなぁ。。といううっすらとした接点、共感を見つけて、そこから膨らませて書いた歌です」とコメントを寄せている。  映画『泣くな赤鬼』は6月14日全国公開。

  • 川栄李奈

    『3年A組』 川栄李奈ら24歳トリオのオフショット! 「最終回嫌だ~」の声も

    エンタメ

     女優の川栄李奈が10日、自身のインスタグラムに、ドラマ『3年A組 –今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)で共演する片寄涼太と高尾悠希との3ショットを投稿。ファンからは「この3人なにげに好き」「かわいい!」などのコメントが寄せられた。@@cutter 「わたしたちチーム24 3年A組!今夜最終回!みてください」というコメントとともに投稿されたのは、現在24歳の川栄と片寄、高尾による3ショット。ドラマでは高校生を演じる3人が、劇中の制服姿でにこやかな表情をカメラに向けている。  この投稿にファンからは「この3人なにげに好き」「甲斐く~ん」「最強トリオです!」などの投稿が殺到。さらに本日、最終回を迎えるドラマについて「最終回嫌だ~」「見る見る!」「終わっちゃうのが悲しい」などのコメントも寄せられた。 引用:https://www.instagram.com/rina_kawaei.official/

  • 『きみと、波にのれたら』ポスタービジュアル

    片寄涼太×川栄李奈『きみと、波にのれたら』GENERATIONS主題歌入り予告解禁

    アニメ・コミック

     GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太と女優の川栄李奈が声優としてダブル主演を務めるアニメ映画『きみと、波にのれたら』より、GENERATIONS from EXILE TRIBEが歌う主題歌「Brand New Story」と、この曲が流れる予告編、そしてポスターが公開された。@@cutter 本作は、アニメ映画『夜明け告げるルーのうた』『夜は短し歩けよ乙女』で知られる湯浅政明監督による青春ラブストーリー。サーフィンが大好きな大学生の向水ひな子(声:川栄)が、海の事故で命を落とした恋人で消防士の雛罌粟港(声:片寄)と織りなす恋模様を描く。  予告編は、サーフィンが何よりも好きで海辺の家に越してきたひな子が、消防士の港と出会うシーンから始まる。サーフィンをきっかけに出会った2人は、次第に心を通わせて親密な関係となっていく。しかし、ある日、港を不慮な事故が襲う。悲しみに暮れるひな子だったが、2人の思い出の歌を彼女が口ずさむと、不思議な出来事が起こる。なんと水の中に、いなくなったはずの港の姿が現れたのだ。戸惑いながらも再会を心から喜ぶひな子。なぜ港は再び現れたのか、彼が望むものとは一体何だったのか。夏を感じさせるGENERATIONSのさわやかな歌声に乗せ、小さな港町で巻き起こる二人の奇跡の物語が描き出されている。  主題歌「Brand New Story」について片寄は「楽しい生活や新しい出会い、新たな一歩を踏み出す方に聴いて頂きたい一曲です。悩みや不安を抱えている方に少しでも寄り添える、勇気を与えられる曲になればなと思います。楽曲のなかに“波”というワードも出てきたりと、楽曲全体の世界観もかなり映画とリンクしているので、この楽曲を聴きながら映画を楽しみにお待ち頂けたらなと思います」と話す。  川栄も「落ち込んでいる時や悲しい時に聞くと背中を押されるような、勇気づけられる一曲だと思います。一度聞いたら頭から離れなくて何度も口ずさみたくなる歌です」と語る。川栄が港役の片寄と一緒にこの曲を歌う場面も予告編に登場する。  ポスターには「守りたい人がいる。会いたい人がいる。」というキャッチコピーとともに、サーフボードに乗ったひな子が渦巻く波の中から現れた港との奇跡の再会を喜び、手を取り合おうとする姿が描かれている。  映画『きみと、波にのれたら』は6月21日より全国公開。

  • (左から)永野芽郁、今田美桜

    永野芽郁や今田美桜も!『3年A組』生徒役で今後もブレイクしそうな役者発表

    エンタメ

     現在放送中のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の生徒役で、「今後もブレイクしそうな役者」ランキングにて、1位に永野芽郁、2位に川栄李奈、3位に上白石萌歌が輝いた。@@cutter 今回の結果は、ランキングサイト「ランキングー」が、「ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』生徒役で、今後もブレイクしそうな役者は?」というテーマのもと、10代~60代の男女9107名に対して実施した調査に基づくもの。  1位に輝いた茅野さくら役の永野は、モデルなどで幅広く活躍し、2018年の朝ドラ『半分、青い。』でも注目を浴びた彼女だが、「今年さらに大活躍しそうな予感」「NHKの朝ドラマの影響はすごいと思うから」「国民に愛される実力ある女優さんだから」といった声とともに、トップに選ばれた。  2位の宇佐美香帆役・川栄は、AKB48卒業後、女優として活躍し「演技力も高く、可愛くておもしろいから」「AKB卒業組で着実に自分のポジショを獲得していて、演技も上手だと思います」「CMにドラマに観ない日がないほど活躍しているから、今後も頑張ってほしい!」と、今やアイドルだったことを忘れるほど、女優として成功を収めている彼女だからこそのコメントが寄せられた。  3位の景山澪奈役・上白石は、「義母と娘のブルースのみゆきちゃん、好演でした」や「演技も歌も上手いので、ドラマだけでなくミュージカルなども幅広く活躍できそう」「姉妹でブレイクしそう」と、ミュージカル『赤毛のアン』で主演を務めた実績、姉・上白石萌音とのダブルブレイクに期待が集まっている。  そのほか、4位は諏訪唯月役・今田美桜が選出され、「顔がとにかく可愛い!オーラが違う」「この子の目力の強さは売れる役者の共通点」「花のち晴れに続いてどんどんドラマに出ている」といった声とともにランクイン。5位は、水越涼音役・福原遥が獲得し、「子供のころからTVや雑誌での活躍を見ていて、ずっとかわいらしいと思うから」「もしもツアーズでガイドの姿が可愛い」「まいんちゃん時代から好きだから」という意見が寄せられている。

  • 川栄李奈

    川栄李奈が“料理上手”を隠し続ける理由 親友・横山由依も「なんで?」

    エンタメ

     女優の川栄李奈が21日、『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系/毎週木曜22時)に出演。関係者より、川栄がこれまで明かしてこなかった“料理上手”な素顔が明かされる一幕があった。@@cutter 番組では、ゲストの川栄の女優としての歩みとプライベートを年表とゆかりのある人物からのコメントで紹介していくという展開に。VTRで登場したのはAKB48時代からの親友の横山由依。横山は川栄について「ああ見えて、料理が上手で」と紹介。続けて「料理写真を私にはすっごい送ってくるのに、なんでSNSに上げないんだろうなっていう…」と語り、川栄の知られざる特技を明かした。横山曰く、川栄はカレーをスパイスから作ったり、おしゃれな食器を用意していたりと、かなりの本格派。横山は不思議そうに「なぜか隠しますよね。料理上手を」とつぶやいた。  この証言について、川栄自身は「料理は得意で毎日自炊しているんですけど載せないですね~」と認めた。MCの有吉弘行から「乗せれば?」と聞かれると「アピールと言いますか、私ごはんできますみたいな…」と語ると、続けて「しなさそうなイメージだから“こいつ好感度上げに行きすぎだろって思われるだろうなと思って…」と心境を明かした。  またとあるスタッフからは「最近、川栄さんが“ある鍋”にハマってるようで、ドヤ顔で進めてきます。その鍋かなり変です。正直食べたいと思いません」との証言が。そこで、川栄が「めちゃくちゃおいしいんですよ」と反論するその鍋がスタジオに登場。川栄が勧める鍋とは、ダシの中に白子だけが入った「白子だけ鍋」。鍋の中に白子がビッシリと入ったインパクト大なビジュアルにスタジオからは驚きの声が。その場で実際に食べたゲストの村尾信尚が「味の趣味が違うかなぁ~」とコメントすると、川栄は思わず苦笑していた。

  • (左から)『きみと、波にのれたら』声優を務める伊藤健太郎、松本穂香

    松本穂香&伊藤健太郎、湯浅政明監督『きみと、波にのれたら』出演決定

    アニメ・コミック

     GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太と女優の川栄李奈が声優としてダブル主演を務めるアニメ映画『きみと、波にのれたら』で、女優の松本穂香と俳優の伊藤健太郎がそれぞれ、主人公・港の妹と後輩の新人消防士の声を演じることが発表された。いずれも作品のテーマを体現する重要なキャラクターとなっている。@@cutter 本作は、アニメ映画『夜明け告げるルーのうた』『夜は短し歩けよ乙女』で知られる湯浅政明監督による青春ラブストーリー。サーフィンが大好きな大学生の向水ひな子(川栄)が、海の事故で命を落とした恋人で消防士の雛罌粟港(片寄)と織りなす恋模様を描く。  松本が演じるのは、港の妹でぶっきらぼうな性格の高校生、雛罌粟洋子(ひなげし・ようこ)。声優初挑戦となった松本は「アニメの声優に挑戦してみたいとずっと思っていたので純粋にすごくうれしかったです」と話し、作品について「監督もおっしゃっていたのですが、この物語は自信のない人たちの話で、それぞれが何かを感じて、気付いて、前に進んで行くお話だと思います」と語っている。  一方、伊藤が演じるのは、港の後輩で新人消防士の川村山葵(かわむら・わさび)。以前から湯浅作品の独特の世界観やストーリーにはまっていたという伊藤は、本作についても「すごく切ないお話だと思いますが、観ている人達がどこか勇気付けられたり一緒にいる人を大切にしようと思えたり、色々考えさせられることの多い作品でもあると思います」とコメントしている。  湯浅監督は2人の役どころと演技について、「洋子は感情とは裏腹に一番強がった、ともすればステレオタイプになりがちな役柄ですが、松本さんが演じることでずっと血の通った『らしい』キャラになりました。山葵の方は素直で可愛らしい役柄ですが、情けない部分も多々あるので嫌われる可能性もありました。しかし伊藤さんが演じる事でとても愛すべき『感じのよい』キャラクターになっています」と話している。  映画『きみと、波にのれたら』は6月21日より全国公開。

  • 『家政夫のミタゾノ』に出演する(左から)川栄李奈、伊野尾慧、松岡昌宏

    松岡昌宏『家政夫のミタゾノ』第3弾、新メンバーに伊野尾慧&川栄李奈

    エンタメ

     TOKIOの松岡昌宏が主演を務める金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』パート3が、4月からスタートすることが発表された。今シリーズではミタゾノの同僚家政夫・家政婦役でHey! Say! JUMPの伊野尾慧と女優の川栄李奈が新たに加わる。@@cutter 本作は、女装した大柄な家政夫・三田園薫(松岡)が、派遣された家庭・家族の内情をのぞき見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく、痛快“のぞき見”ヒューマンドラマ。2016年10月期にパート1、2018年4月期にパート2が放送され、幅広い世代の人気を呼んだ。テレビ朝日の金曜ナイトドラマ枠でパート3まで制作されたドラマは『特命係長・只野仁』以来となる。  松岡が演じる三田園は、家事全般を完璧にこなしてしまう“最強の家政夫”だが、依頼人の家庭の内情をのぞき見し、そこで得た秘密をネタにその家を崩壊させるのが趣味。ひとたび、派遣先の家庭が隠している“秘密”に気付いてしまうと、わなを張り巡らせて、依頼人の化けの皮をはがしていく。  松岡は「テレビで面白いことがしたい、僕たちが子どもの頃に見ていたような“面白いテレビ”“面白いドラマ”がやりたいという思いが形になったのが『家政夫のミタゾノ』だったので、それがパート3まで出来たというのは、とてもうれしい」と話し、「自分の代表作のひとつとして、少しでも長く続けていきたいと思いますし、そのためにもこのパート3はきっちり成功させなくては」と意気込む。  一方、伊野尾が演じるのは、見習い家政夫の村田光。むすび家政婦紹介所の所長・結頼子(余貴美子)のおいで、社会経験を積むため家政夫として働きにやってくる。伊野尾は「僕が演じる光は、ピュアで素直なキャラクターです。ごちゃごちゃした人間関係の中でも純粋な気持ちで人を信じる男の子です。初めての“男性家政夫”役なので、いい意味で化学反応を起こせたらなと思います」と話す。  また、川栄が演じる恩田萌は、若いのに知識もスキルもプライドも高い家政婦。川栄は「萌は、わりと真面目な女の子。三田園さんが依頼人の家でいろんなものを覗き見たりするのを『おや?』って思いながらも、淡々と仕事をしている子です」と語っている。  金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』は、テレビ朝日系にて4月より毎週金曜23時15分放送。

  • 川栄李奈

    川栄李奈、24歳の誕生日を迎え「3Aで高校生!来年はさすがに先生かな」

    エンタメ

     女優の川栄李奈が、本日2月12日に24歳の誕生日を迎えたことを自身のツイッターとインスタグラムにて報告した。川栄はバースデーケーキや自身の幼少期と思しき写真を投稿しており、ファンからは「りっちゃんおめでと~」「素敵な一年にして下さい!」などのコメントが寄せている。@@cutter 川栄はツイッターに「24歳になりました」「元気に頑張ります!」という言葉を添えて、華やかな花束を手に持ちながら、果物やカラフルなろうそくで彩られた豪華なバースデーケーキとの写真を投稿。また、一回り小さなケーキを手にピースサインを見せるショットも公開している。  一方のインスタグラムには、自身の幼少期と思しき写真を投稿し「24歳になりました」と報告。また、現在放送中のドラマ『3年A組 ‐今から皆さんは、人質です ‐』(日本テレビ)に高校生役で出演していることに絡めて、「人生いろいろ楽しみましょう。去年の誕生日はセンセイ君主で高校生 今年は3Aで高校生!来年はさすがに先生かな」「良い1年になるように自分で頑張りますっ!」と思いを綴っている。  これらの投稿を見たファンは、ツイッターとインスタグラムに「24歳の1年も、健康と怪我には気をつけて、りっちゃんらしく進んで下さいね」「川栄ちゃんが自分らしく24歳を過ごせますように」「24歳の1年も全力で応援しまーす目指せ日本一の女優!」「李奈ちゃんにとって良い1年になりますように」「りっちゃんの先生姿も、見てみたい」「まだまだ高校生役イケますよ」などのコメントを寄せている。 引用: https://twitter.com/_kawaei_rina_ https://www.instagram.com/rina_kawaei.official/

  • 映画『泣くな赤鬼』に出演する(左から)竜星涼、麻生祐未、キムラ緑子

    『泣くな赤鬼』追加キャストに麻生祐未×キムラ緑子×竜星涼

    映画

     俳優の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈が共演する映画『泣くな赤鬼』の公開日が6月14日に決定。さらに、麻生祐未、キムラ緑子、竜星涼の3人が追加キャストとして発表された。@@cutter 本作は、『とんび』『流星ワゴン』など多数の著書が映像化されているベストセラー作家・重松清の短編集『せんせい。』に所収の『泣くな赤鬼』が原作。  物語の主人公は、陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導から「赤鬼先生」と呼ばれていた城南工業野球部監督・小渕隆(堤)。甲子園出場の夢が叶わず、野球への情熱も衰え、定年間際の疲れた中年になっていた小渕は、ある日ゴルゴという愛称のかつての教え子・斎藤智之(柳楽)と病院で偶然にも再会する。野球の素質はあるものの、堪え性のない性格ゆえに挫折し、高校を中退したゴルゴは、結婚して家庭を築き、立派な大人に成長していたが、末期がんで余命半年だった…。  提真一演じる主人公・赤鬼先生の妻役を演じる麻生は「愛に溢れる映画です。様々な人と出会い向き合っていくのは、時に難しいこともありますが、必ず何か方法があるはず、と感じさせてくれます。もしかしたらあの時、あの人は?と、思い出してしまうかも。周りの人に優しく接したくなるような作品です」と映画の見どころを語った。  ゴルゴの母役のキムラは「柳楽さん演じるゴルゴの母親役―お会いするのも初めてだったので、彼が息子なんだと、そのシチュエーションをイメージして…ただそれだけを大事に演じました。台詞を真っ直ぐにぶつけてくださり、とても繋がれたと感じています」と撮影を振り返る。  ゴルゴと共に甲子園を目指した和田圭吾役を務める竜星は「青春時代のやり残したこと、言いそびれた言葉、この作品を通して少しでも自分が表現できればと思いました。そして出来上がった映像を観て、改めてこの作品の持っている人間ドラマに感動し、この作品に参加できた事を誇りに思っています」とメッセージを寄せている。  映画『泣くな赤鬼』は6月14日に全国公開。

  • (左から)今田美桜、川栄李奈

    『3年A組』今田美桜、川栄李奈ら“美少女生徒”4ショットに反響「かわいいが渋滞」

    エンタメ

     ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)公式ツイッターが27日、本作に出演中の女優・今田美桜、川栄李奈、横田真悠、箭内夢菜の4ショットを公開。「最高の4人」「かわいいが渋滞」と反響が寄せられている。@@cutter 公式ツイッターが、第4話放送を前に投稿したのは、諏訪唯月役の今田、宇佐美香帆役の川栄、花岡沙良役の横田、結城美咲役の箭内が仲良く体を寄せ合う4ショット。ドラマは緊張の展開が続いているが、写真の4人は仲の良さそうな様子を見せる、癒やしの1枚となっている。  ユーザーからは「かわいいが渋滞ってこのこと!!!」「かわいすぎる大好きな4人!」「美女だらけ」といった興奮の声が寄せられている。 引用:https://twitter.com/3A10_ntv

  • 『デザイナー 渋井直人の休日』第1話場面写真

    光石研が連ドラ単独初主演『デザイナー 渋井直人の休日』、今夜スタート

    エンタメ

     俳優の光石研が、デビュー40年にして連続ドラマ単独初主演を飾るドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』(テレビ東京/毎週木曜25時)が今夜スタート。第1話では、光石演じる独身デザイナーのおしゃれな日常が描かれる。@@cutter 本作は『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール』などを手掛けた渋谷直角の同名コミックを実写化。おしゃれな日常を過ごすも、次々に現れるヒロインたちに右往左往する中年デザイナー・渋井直人(光石)の切ない日常と恋模様を描いていく。  独身の渋井直人は個人事務所をもつデザイナー。仕事も恋もまだまだ現役の彼は、おしゃれな日常を過ごしており、周りからは“こだわりの人”と呼ばれている。新年早々、行きつけの古書店兼カフェ「ピータードッグ」でくつろいでいると、店主(池松壮亮)から、美大生・木村(川栄李奈)が自分に好意を持っていると聞かされる。  浮ついた気持ちを抑えつつ、大御所イラストレーター・真田シンイチ(岩松了)の作品集のデザインを担当するためアシスタントの杉浦(岡山天音)と、編集担当の高田(夏帆)と共に真田の事務所を訪れる。渋井は表紙のデザインを真田本人にプレゼンし始めるのだが…。  木ドラ25『デザイナー 渋井直人の休日』第1話は、テレビ東京にて今夜1月17日25時放送。

  • (左から)『きみと、波にのれたら』声優を務める川栄李奈、片寄涼太

    片寄涼太&川栄李奈W主演決定 湯浅政明監督『きみと、波にのれたら』

    アニメ・コミック

     GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太と女優の川栄李奈が、湯浅政明監督の最新作『きみと、波にのれたら』(6月21日全国公開)で、声優としてダブル主演を務めることが発表された。@@cutter 本作は、アニメーション映画『夜明け告げるルーのうた』『夜は短し歩けよ乙女』で知られる湯浅監督が、自信を持てずにいるすべての人へ贈る感動の青春ラブストーリー。サーフィンが大好きな大学生の向水ひな子(むかいみず ひなこ 声:川栄)が、海の事故で命を落とした恋人で消防士の雛罌粟港(ひなげし みなと 声:片寄)と織りなす恋模様を描く。  本作で声優初挑戦となる片寄は「声優初挑戦なので、体当たりの気持ちで、皆さんから一つ一つ学びながら、周りの皆さんと一緒になって雛罌粟港という男を作り上げていけたらなと思いました。ラブストーリーではありますが、一人一人が成長していく部分もとても大事で、観てくださった方が勇気をもらって、背中を押されるような作品になればいいなと思います」とコメント。  ヒロインに声を吹き込むアニメ初主演の川栄は、「声のお仕事を頂くのは本当にありがたいことだなと思っています。アフレコは毎回すごく難しいなと思うので、今回も分量がすごい多いと言われていたのでちょっとドキドキしていました。本作はラブストーリーだけではなく、落ち込んでいる方だったり、元気がない方が『あ、なんか頑張ろう!』という気持ちになれる作品だと思うので、本当に色んな方に観てほしいなと思います」とメッセージを寄せた。  港が再び現れるきっかけが“歌”ということもあり、本作では歌が重要なキーとなっており、劇中では2人で歌うシーンも登場するという。湯浅監督は「2人が戯れに歌を口ずさむシーンでは『1人で映画館に来ると辛いのではないか』と思うほどのアツアツぶりが録れたので、ぜひ、このバカップルと呼べるほどの愛らしい2人の恋を劇場に見に来て欲しいですね」と話している。  映画『きみと、波にのれたら』は6月21日より全国公開。

  • 甲斐隼人を演じる片寄涼太

    片寄涼太、川栄李奈らのダンスに「キレキレ!」「さすが」と反響 『3年A組』第2話

    エンタメ

     俳優の菅田将暉が主演、女優の永野芽郁がヒロインを務めるドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第2話が13日に放送され、ドラマの冒頭で生徒役の片寄涼太、女子生徒役の川栄李奈がダンスを披露すると、視聴者から「キレッキレ」「度肝抜かれた」などの声がネット上に殺到した。@@cutter 本作は、卒業式まで残り10日となったとある高校を舞台にした学園ミステリー。“人質事件”という方法をもって“最後の授業”を行うと決断した1人の教師、生徒たちが抱える思い、そして“秘密”を綿密な人間模様と共に描いていく。  捜査を進める郡司(椎名桔平)は、柊が以前勤めていた学校で彼の意外な“正体”を知る。一方、柊は生徒たちに、澪奈(上白石萌歌)が自殺する直前に投稿された“ある動画”が一部分を加工した“フェイク映像”だったと告げる。さらに柊は、クラスの中に動画の投稿者が存在すると断言。柊は投稿者に名乗り出るよう呼びかける…。  第2話の冒頭、軽快な四つ打ちのビートにのって、3年A組の生徒全員が教室でダンスをしている。これは物語の舞台となる私立魁皇高校で実施されている朝の体操。引きつった表情で踊る生徒に対して、柊が手拍子を打ちながら「ハイ! もっと笑って〜うれしそうに〜」「大切なのは想像力だぁ!」などと声をかける。このシュールな展開に対してネット上には「なにこのダンスww」「今回もダンスあるとはwwww」などの反響が。さらにカメラが女子生徒を演じる川栄李奈のダンスを映し出すと、元AKB48の彼女に対して、SNSには「さすが川栄ダンス上手い」「度肝抜かれた」などのコメントも寄せられた。  クラスメートが踊らされる中、不良生徒の甲斐(片寄)はダンスを拒否。しかし柊が「ヘイヘイヘ〜イ甲斐くんどうしたぁ?」「長生きするなら体操はしといた方がいいよ」と脅すと、甲斐は不服そうにダンスを始める。GENERATIONS from EXILE TRIBEに所属する片寄がダンスを披露すると、視聴者から「キレッキレ」「涼太くんだけダンスのキレが違う」「一人だけダンスキレすぎw」「ダンスうますぎ」などのツイートが殺到した。

  • 川栄李奈

    川栄李奈、菅田将暉、永野芽郁のエモい競演が視聴者を圧倒『3年A組』第2話

    エンタメ

     俳優の菅田将暉が主演、女優の永野芽郁がヒロインを務めるドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第2話が15日に放送され、川栄李奈演じる女子生徒と、ヒロイン、さらに教師役の菅田が見せたエモーショナルな演技に視聴者から「圧倒」「痺れる」「圧巻」などの声がネット上に殺到した。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  本作は、卒業式まで残り10日となったとある高校を舞台にした学園ミステリー。“人質事件”という方法をもって“最後の授業”を行うと決断した1人の教師、生徒たちが抱える思い、そして“秘密”を綿密な人間模様と共に描いていく。  捜査を進める郡司(椎名桔平)は、柊が以前勤めていた学校での彼の意外な“正体”を知る。一方、柊は生徒たちに、澪奈(上白石萌歌)が自殺する直前に投稿された“ある動画”が一部分を加工した“フェイク映像”だったと告げる。さらに、クラスの中に動画の投稿者が存在すると断言。柊は投稿者に名乗り出るよう呼びかける。さくらはクラスメートをかばうため自分が投稿者だと名乗り出るが、柊から虚偽であると見抜かれる。  さくらの行動に怒った澪奈のかつての親友・香帆(川栄李奈)は「私だよ」と宣言。クラスに動揺が走る中、香帆は涙ぐみながらさくらに「澪奈の友達は私だけだった」と言い放つ。香帆は、澪奈が自分から離れたことに怒って動画投稿をしたのだった。そんな香帆にさくらは「文句あるなら私に言えば良かったじゃん!」とぶつけると、香帆も「言ったら離れてくれたの!?」と応戦。2人の感情をぶつけ合う熱演に視聴者からは「演技が凄過ぎて圧倒されます」「圧巻だ」「川栄李奈と永野芽郁の言い合いの迫力が半端ない」などの声が殺到。  涙を流す香帆に、柊は「逃げるなぁ!」と絶叫する。さらに柊は香帆に近づき、彼女の顔を両手で包むと「景山はお前を恨んじゃいなかった」と一言。このシーンに対して、SNS上には「菅田将暉川栄李奈の演技痺れる」「菅田将暉に顔ギュってやられてる川栄李奈少し羨ましかった…」などの声も寄せられた。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access