生田絵梨花 関連記事

  • 乃木坂46「寝顔選抜」フロントメンバーに選ばれた(左から)齋藤飛鳥、与田祐希、星野みなみ

    乃木坂46「寝顔選抜」16名発表! センターは与田祐希

    エンタメ

     乃木坂46がパーソナリティーを務めるラジオ番組『乃木坂46の「の」』(文化放送/毎週日曜18時)が16日に放送され、「寝顔選抜」に選出された16名が発表された。センターには3期生の与田祐希が選ばれた。@@cutter 「寝顔選抜」は番組内で実施されている、テーマを決めてさまざまなキャラを選抜する“勝手に選抜”の第7弾。これまで「汗かき選抜」「ぷく顔選抜」「好きな声選抜」「お姫様選抜」「妹選抜」「いじられキャラ選抜」が行われた。  ルールはリスナーが思う「乃木坂46イチの寝顔の持ち主」を1人につき3人まで投票できるというもの。  この日パーソナリティーを務めたのは、星野みなみ、伊藤理々杏、梅澤美波。センターに選ばれた与田について3人は「ホントにかわいい」「起こしたくない」「寝てるときもかわいいんですけど、寝起きっていうか、寝ぼけてるのがめっちゃくちゃ(かわいい)。トロ〜ンって目がして」「口を開けて寝る」「ぎゅってしたくなる」と絶賛していた。  乃木坂46「寝顔選抜」メンバーは以下の通り。 ★フロントメンバー 与田祐希(センター) 齋藤飛鳥 星野みなみ ★2列目メンバー(5名) 白石麻衣 伊藤理々杏 梅澤美波 井上小百合 生田絵梨花 ★3列目メンバー(8名) 岩本蓮加 桜井玲香 堀未央奈 鈴木絢音 大園桃子 渡辺みり愛 松村沙友理 新内眞衣

  • 乃木坂46「寝顔選抜」フロントメンバーに選ばれた(左から)齋藤飛鳥、与田祐希、星野みなみ

  • 「女性アイドル顔だけ総選挙2019」トップ20発表

  • (左から)佐々木琴子、白石麻衣、菅井友香

    乃木坂46・白石麻衣が1位! 「女性アイドル顔だけ総選挙2019」トップ20発表

    エンタメ

     5日放送の『レコメン!』(文化放送/毎週月曜~木曜22時)にて「女性アイドル顔だけ総選挙2019」の結果が発表された。乃木坂46の白石麻衣が1位に輝き、3連覇を達成。乃木坂46、欅坂46、日向坂46の坂道グループメンバーが上位を席巻した。@@cutter 「女性アイドル顔だけ総選挙」は『レコメン!』内で毎年行われている企画で、今年で7回目。性格は考慮せず純粋に“顔だけ”で優れているアイドルをリスナーが選び投票する。  1位は2017年、2018年に引き続き、乃木坂46の白石麻衣。2位も昨年と同じく、乃木坂46・佐々木琴子という結果に。3位は『レコメン!』でオテンキのりと毎週月曜のダブルパーソナリティーを務める欅坂46・菅井友香、4位に乃木坂46・鈴木絢音、5位には『レコメン!』水曜日ダブルパーソナリィーの乃木坂46・堀未央奈がランクインした。  乃木坂46、欅坂46、日向坂46の坂道グループが圧倒的な強さを見せ、上位20名中、18名が坂道グループメンバーという結果となった。 「女性アイドル顔だけ総選挙2019」1位~20位の結果は以下の通り。 1位:白石麻衣(乃木坂46)4811票 2位:佐々木琴子(乃木坂46)3302票 3位:菅井友香(欅坂46)2797票 4位:鈴木絢音(乃木坂46)2042票 5位:堀未央奈(乃木坂46)1845票 6位:太田夢莉(NMB48)1821票 7位:加藤史帆(日向坂46)1666票 8位:齋藤飛鳥(乃木坂46)1355票 9位:松井珠理奈(SKE48)1197票 10位:平手友梨奈(欅坂46)1068票 11位:星野みなみ(乃木坂46)1054票 12位:小坂菜緒(日向坂46)931票 13位:与田祐希(乃木坂46)901票 14位:鈴本美愉(欅坂46)750票 15位:渡辺梨加(欅坂46)663票 16位:寺田蘭世(乃木坂46)607票 17位:生田絵梨花(乃木坂46)604票 18位:渡邉理佐(欅坂46)597票 19位:松村沙友理(乃木坂46)561票 20位:長濱ねる(欅坂46)486票

  • 乃木坂46・生田絵梨花

    乃木坂46生田絵梨花、美少女すぎる“子ども”動画に反響

    エンタメ

     乃木坂46・生田絵梨花の写真集『インターミッション』の公式ツイッターが2日、流行の子どものような顔になれる加工機能を使って撮影された生田の動画を公開。「天使。ただの天使」「可愛すぎて尊い」といった好評の声が続出している。@@cutter 「生田絵梨花写真集インターミッションが売上27.5万部でオリコン上半期写真集ランキング1位を獲得!」というコメントとともに投稿されたのは、アプリ「スナップチャット」の加工機能の1つであり、撮影された人物の顔をまるで子どものように変化させるフィルターを使用しながら撮影した「喜びのあまり赤ちゃんになってしまった生田さん」の動画とのこと。  動画上では生田が「皆さん、インターミッション、上半期1位ありがとうございます! ふー!」と喜びの声をあげており、キュートな“赤ちゃん”姿を見せている。  投稿へのコメント欄には「可愛い」と熱狂するファンが集まっており、「この世で一番可愛い人」「ただの天使」「可愛すぎて失神しそう」など様々な反響が寄せられている。 引用:https://twitter.com/erika_newyork

  • (左から)乃木坂46・白石麻衣、齋藤飛鳥

    白石麻衣&齋藤飛鳥ら乃木坂46メンバー、結婚への思いを告白

    エンタメ

     乃木坂46の白石麻衣、齋藤飛鳥、生田絵梨花、秋元真夏が27日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系/毎週月曜から金曜12時)に出演。自身の結婚観について語った。@@cutter 黒柳徹子から「ちょうどお年頃だと思うんですが」と切り出され、「どうですか? 結婚っていうことについては」と問われたメンバー。秋元は「願望が結構強くて」と回答。しかし、アイドルである以上、今すぐの結婚は不可能なので「国民の嫁」というキャッチフレーズを去年から自身につけ、ファンのお嫁さんとして皆を幸せにしたい思いがあると打ち明けた。  続いて齋藤は「結婚したくないわけじゃないんですけど、結婚だけが幸せじゃないから結婚して得なことがあるならばそういう制度はすてきだなとは思いますね」と告白。また、自身を「長い時間、人と一緒にいられない」とし、「一人の方が楽でいいですね」「気も使うし、使われると申し訳ない」と打ち明け、「向いてないですね、結婚は」と語った。  白石は「憧れはありますね。やっぱり同級生も友達も本当にみんなどんどん結婚してって、出産してっていう子も多くなってきたので、みんなの幸せ見てると、結婚っていいなって思うのでいつかは結婚したいなって思います」と明かした。  一方、生田は「仕事を全力で20代やったのちに結婚したいですね」と回答し、「22歳なのでしばらくは…」と続けると、黒柳に「22歳じゃ、まだね、いいと思いますよね」言われ、頷いていた。

  • ミュージカル『キレイ―神様と待ち合わせした女―』に出演する(上段左から)阿部サダヲ、生田絵梨花、神木隆之介、麻生久美子、(下段左から)皆川猿時、小池徹平、鈴木杏、橋本じゅん

    生田絵梨花、松尾スズキの世界に初挑戦 ミュージカル『キレイ』で神木隆之介と共演

    エンタメ

     Bunkamura30周年記念作品として、松尾スズキが作・演出を務めるミュージカル『キレイ―神様と待ち合わせした女―』の上演が決定、主演を生田絵梨花が務めることが発表された。共演には、神木隆之介、小池徹平、鈴木杏、皆川猿時、橋本じゅん、阿部サダヲ、麻生久美子など、実力派俳優が集結している。@@cutter 本作は、2000年に大人計画主宰である松尾初の本格的ミュージカルとして、Bunkamuraシアターコクーンにて初演。戦争・民族紛争・少女監禁といった、独特な設定やストーリーが演劇界に大きな衝撃を与え、2005年に再演、2014年に再再演された。4度目となる今回は、キャストを新たに上演。松尾は今回出演せず演出に集中する。  物語の舞台は三つの民族が100年の長きにわたり紛争を続けている【もうひとつの日本】。「生と死」「絶望と希望」「大人と子供」など真逆のキーワードが入り乱れる、まさにカオスな世界。誘拐・監禁をされ、地下室で育った一人の少女・ケガレが現実へと飛び出していく様を描く。  主人公ケガレ役には、ミュージカル作品に引っ張りだこで、松尾スズキ作品には初出演となる生田。そして、頭は弱いが花を咲かせる異能力を持つ少年・ハリコナ役に、満を持して舞台初出演となる神木。青年・ハリコナ役には再再演時に少年・ハリコナ役を演じた小池がキャスティングされた。  ほかにも食品会社の社長令嬢カスミ役には蜷川幸雄三回忌追悼公演『ムサシ』など舞台を中心に活躍する鈴木、特殊な機能を備えたダイズ兵のダイズ丸には2005年の再演時に同役を演じた橋本、ダイズ兵回収業者のカネコキネコ役は大人計画の怪優・皆川が再再演時に続き演じる。  また、主人公・ケガレを誘拐・監禁した主犯で、物語のカギを握るマジシャン役を大人計画の看板俳優・阿部が、成長したケガレであるミソギ役を今作が初ミュージカル作品となる麻生が演じる。  演出の松尾は今回の上演について「前三回の公演をへて、ミュージカル畑の人たちとの交流が深まり、自分もミュージカルを研究していくうち、『ミュージカルを壊す』という当初の目論見よりも、『新しい日本発のミュージカル』を構築していこうという気持ちが強くなってきていたところ、Bunkamuraさんから再再再演の話をいただいた。力を合わせて、より、完成度の高い日本人によるエンタテインメント作りを目指そうと思っています」とコメント。  主演の生田は「シアターコクーンで上演されたミュージカル『キレイ』は初演、再演をDVDで、再再演は実際観に行かせて頂き感銘を受けました。まさか自分がその作品にケガレ役として出演するとは思わず、とても驚いています。嬉しい気持ちと、未知の世界に飛び込むようなドキドキソワソワ感でいっぱいです」と出演の意気込みを語っている。  ミュージカル『キレイ―神様と待ち合わせした女―』は、12月4日~29日まで東京・Bunkamura シアターコクーンにて上演。ほか、2020年1月より福岡、大阪にて公演。

  • フジテレビ『ネプリーグ』に出演する長澤まさみ、東出昌大

    長澤まさみvs乃木坂46! 今夜『ネプリーグ』で常識力対決

    エンタメ

     女優の長澤まさみが、今夜放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系/毎週月曜19時)にゲスト出演。映画『コンフィデンスマンJP』チームとして、共演者の東出昌大や小日向文世らと共に常識クイズで乃木坂46チームと対決する。@@cutter 2005年の放送以来、数々の“常識力”対決が繰り広げられてきたクイズ番組『ネプリーグ』。映画『コンフィデンスマンJP』チームと対戦するのは、乃木坂46から、生田絵梨花、秋元真夏、堀未央奈、与田祐希の「乃木坂46チーム」。  1stステージの「ネプゴーラウンド」で、映画『コンフィデンスマンJP』チームの長澤は「(乃木坂46には)負けません!」とライバル視。一方、乃木坂46チーム・生田は「中学校に通っていた前回(の出演)は答えることができていた」と振り返る。しかしながら乃木坂46のメンバーは珍解答を連発。チームを組む林修が「次はないよ…」と激怒する場面も。  2ndステージ「日本語ツアーズバギー」では、生田が「全問正解するぞ〜!」と、ミュージカル調の美声で歌いあげ、チームを鼓舞する場面も。実はこのシーン、ネプチューン・堀内健の無茶振りに応えての行動だとか。このステージでは、今年高校を卒業したばかりの乃木坂46チーム・与田、漢検2級を所有する秋元にも期待がかかる。  3rdステージは、世間一般のアンケート結果などさまざまなモノの割合を予想する「パーセントバルーン」。長澤は、「最近(世間の常識から)ずれてきている」と自信なさげにこぼすが、誤差を最小限にとどめ、相手チームへプレッシャーを与えることはできるのか注目だ。乃木坂46チームの回答場面では、秋元に向けて東出が“ヤジ”を飛ばす場面も。  収録中、生田以外のメンバーにも、堀内がこっそり無茶振りをしていたそうで、収録後のインタビューで生田は「みんなそれぞれ、ホリケンさんの無茶振りにもついていきました(笑)」と振り返り、その様子も観てほしいと語っていた。    長澤まさみ率いる映画『コンフィデンスマンJP』チームと、乃木坂46が出演する『ネプリーグ』は、フジテレビ系にて今夜5月20日19時放送。

  • 『LIFE!~人生に捧げるコント~』に出演する(左から)伊藤健太郎、中川大志

    今夜放送!令和初『LIFE!』に伊藤健太郎、ジェジュン、生田絵梨花登場

    エンタメ

     俳優の伊藤健太郎、ジェジュン、生田絵梨花が、今夜放送の『LIFE!~人生に捧げるコント~』(NHK総合/5月6日21時)に出演することが分かった。@@cutter 同番組は、毎日を懸命に生きようとするからこそ突き当たる、人生の“可笑しさ”や“哀しさ”を、内村光良らがさまざまな設定やキャラクターのオムニバスコントで表現するコント番組。  今回が「LIFE!」出演3回目となる伊藤は、コント「ご隠居!私は助さんです」で、水戸黄門(内村)と旅を共にする助さんを演じる。黄門に長年仕えている助さんは、ある日「もしや黄門さまは自分と格さん(中川大志)の区別がついていないのでは?」という疑念を抱き、その日から悩める日々が始まるというもの。内村も絶賛の、助さん役の伊藤と、格さん役の中川との「助さん・格さんコンビ」にも注目が集まる。  ジェジュンは、コント「刑事シンガー」で刑事ドラマの撮影現場に現れる本人役として登場。相棒の刑事(ムロツヨシ)が撃たれるクライマックスシーンから撮影することになった主演のジェジュンだったが、監督(内村)が暴走し始め…。「みんなでアドリブを出し合ったりして、とても楽しかったです」と語るジェジュンは、トークコーナーでも、謎に包まれたプライベートを明かす。  生田はコント「気持ちを淹れる喫茶店」で『LIFE!』初参戦。「5年前から見ている大好きな番組に出られて本当に嬉しいです! 慣れないツッコミも声を張って頑張ってみたけど難しかった…」と収録を振り返る生田は、トークコーナーでは理想のデートプランを語る場面も。  『LIFE!~人生に捧げるコント~』は、NHK総合にて今夜5月6日21時放送。

  • 「ファンタ坂学園」入学式に登場した秋元真夏

    乃木坂46・秋元真夏、CMで挑戦した“変顔”に「恥ずかしい」と照れ笑い

    エンタメ

     乃木坂46の秋元真夏、齋藤飛鳥、与田祐希、生田絵梨花、山下美月が17日、都内で開催された「ファンタ坂学園」入学式に登壇。乃木坂46のメンバーは新CMの撮影を振り返ったほか、即興芝居にも挑戦した。@@cutter 新CMに出演している乃木坂46のメンバーは、ノースリーブの涼やかな衣装で登場。ファンタを通じて楽しい学園生活を描く新CMへの出演について、生田は「子どものころから、誕生日会とか開くと、必ずそこにはファンタがあったりとか。いつもワクワクする、馴染みのある飲料だったので、すごく、ここで関わることができて、今からワクワクしています」とコメントした。  一方の齋藤は、CMの撮影を「テレビで拝見していると、ファンタのCMは楽し気なイメージがあったので、実際の撮影もすごく楽しくて。私たちもだし、スタッフさんも含めて、楽しくワチャワチャした感じでできた」と述懐。入学式ではメイキング映像も流され、秋元はCMで挑んだ変顔について「CMの中とかだと、ボトルで目が隠れているので、口しか見えなくて、そんなに恥ずかしくないんですけど、こういうメイキングで全部が見えちゃうと、恥ずかしい」と照れ笑いを見せていた。  なお、イベントに出席予定だった大園桃子は体調不良により欠席したが、お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザー、安藤なつが登壇。CMの内容にちなみ、乃木坂46メンバーが即興演技を行う一幕では、秋元は安藤と「なつ」繋がりでタッグを組み、「中学校時代の幼馴染と偶然再会したとき」というお題に挑戦。  カズレーザーが「幼馴染と言うにしちゃあ、生き方が違いすぎますよ」といじる中で、秋元は爽やかに「なっちゃん久しぶり!」と安藤に呼びかけたが、安藤はなぜかサンシャイン池崎をほうふつとさせる「イエーーーーイ!」で返答。カズレーザーは「なるほど。二三聞かせてもらっていいですか?(笑)」とツッコミを入れ、会場を沸かせていた。  新CM「ファンタ坂学園 変顔ボトル」篇は4月23日より放映開始。

  • 『集団左遷!!』で三友銀行イメージガールを務める生田絵梨花

    生田絵梨花が銀行のイメージガール 福山雅治主演『集団左遷!!』に登場

    エンタメ

     俳優・歌手の福山雅治が主演を務め、4月21日にスタートする日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系/毎週日曜21時)に、乃木坂46の生田絵梨花が銀行のイメージガール役で登場することが発表された。直接ドラマに出演することはないが、主人公・片岡(福山)らが勤める三友銀行の支店内に貼られたポスターや、行内のモニター画面に流れる動画などに姿を見せる。@@cutter 江波戸哲夫の小説『新装版 銀行支店長』『集団左遷』(講談社文庫)をドラマ化した本作は、50歳を目前に廃店が決まっている銀行支店の支店長となった片岡洋(福山)と、リストラ寸前の行員たちが協力して大逆転に挑む、サラリーマンの悲哀と笑いが巻き起こす下克上を描いたストーリー。ごく普通のサラリーマンが組織の理不尽さに果敢に立ち向かっていく姿を、コミカルかつユーモラスに、時にエネルギッシュに描く。出演は福山のほか、香川照之、神木隆之介、中村アン、井之脇海、市村正親、三上博史ら。  TBSドラマ初登場となる生田は、劇中とはいえ銀行のイメージガール起用に、「ものすごくびっくりしました。私自身、ソロでのCMは今までやったことがなかったので、なんだかダブルでうれしいというか。ドラマに出演させていただくこともうれしいですし、イメージキャラクターになるっていうのもうれしいです」と喜びをあらわにした上、「ドラマの中にポスターが貼られていたり、窓口のところにいたりとか、いろいろなところに私が潜んでいるので、ぜひドラマを楽しみながら、見つけていただけたらうれしいなと思っております」と視聴者に呼びかけている。  日曜劇場『集団左遷!!』は、TBS系にて4月21日より毎週日曜21時放送(初回は85分スペシャル)。

  • ミュージカル『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~』に出演する(左から)三浦春馬、生田絵梨花

    三浦春馬×生田絵梨花、『オペラ座の怪人』の巨匠の新作を日本初上演

    エンタメ

     巨匠アンドリュー・ロイド=ウェバーが脚本・作曲を手がけ、英国でロングランを記録したミュージカル『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~』が、主演に俳優の三浦春馬、ヒロインに乃木坂46の生田絵梨花を迎えて、2020年3月、東京・日生劇場にて日本初上演されることが決まった。@@cutter 『オペラ座の怪人』や『キャッツ』など数々の傑作を生み出してきたロイド=ウェバーと、ミートローフやセリーヌ・ディオンなどにヒット曲を提供するジム・スタインマンがタッグを組んだ本作は、ロンドンのウェストエンドにて1000回を超えるロングランを記録。劇中歌「No Matter What」は世界18ヵ国でヒットチャート1位、プラチナディスクを獲得している。  日本初演となる今回の舞台は、白井晃が演出。三浦が主人公の脱獄犯「男(ザ・マン)」役、生田が彼をイエス・キリストの生まれ変わりと信じる無垢な少女スワロー役をそれぞれ演じる。  1959年ルイジアナ。脱獄した一人の「男(ザ・マン)」が納屋に身を潜める。彼をキリストの生まれ変わりだと思い込む少女スワローは、母親を亡くし、父親のブーンと幼い妹や弟たちと暮らしていた。母を亡くした悲しみに沈むスワローが望むクリスマスプレゼントは、「死んだお母さんにもう一度会う」こと。その願いを打ち明けられた「男」は、汚れなき瞳を持つスワローに自分の本性を打ち明けることができず、キリストとして過ごすことになる。  一方、スワローの幼なじみであるエイモスとそのガールフレンド・キャンディは閉鎖的な街を抜け出し、新しい人生を送ろうと企てる。しかし、スワローに思いを寄せ助けようとするエイモスを見て、キャンディは嫉妬し、スワローをわなにはめる。スワローは「男」がキリストでないことに気づき始めるが、2人は次第に街の人々との対立に巻き込まれ…。  主演の三浦は「アンドリュー・ロイド=ウェバーの作品に挑戦させて貰える機会をもらえた事に喜びを隠せません。ずっと仕事をさせてもらいたかった白井晃さん、生田絵梨花さんから沢山の事を学べるこの舞台を丁寧に創り上げ、より多くの方にミュージカルを身近に感じ、劇場に足を運ぶ1つのきっかけになるよう頑張っていきたいと思います!」と意気込む。  ヒロインを務める生田は「音楽を全編聴き、美しいメロディに心揺さぶられました。この作品がどのように作られていくのか今からとても楽しみです。演出家の白井晃さん、三浦春馬さんから沢山吸収させていただきながら、皆さまの心にお届けできるよう精一杯務めます」と話している。  ミュージカル『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~』は東京・日生劇場にて2020年3月上演。

  • 乃木坂46生田絵梨花

    生田絵梨花、超多忙も「乃木坂46に入るまでが忙しかった」

    エンタメ

     乃木坂46の生田絵梨花が1日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演。グループの活動と並行してミュージカル女優としても活躍する彼女が、多忙だった幼少期を振り返る一幕があった。@@cutter 東京で6時間ミュージカルの稽古を行った生田は、そのまま新幹線に飛び乗り「乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE」開催前日の大阪へ。会場入りした生田は深夜にステージのリハーサルとピアノの練習を行う姿が映し出され、現在の彼女の過密スケジュールぶりが紹介された。ライブ当日も朝からリハーサルを再開した彼女は、東京で2つのミュージカルを同時進行で行い、今回のコンサートで4日間にわたる公演で全177曲を披露するという超多忙な状態。  そんな生田だが、幼少期に月曜日はピアノ、火曜日はバレエ、水曜日は書道、木曜日は水泳、金曜日は英語と平日はみっちりと習い事の予定が入っていたことが明かされると「小学生、中学生のとき、乃木坂46に入るまでが忙しかった」とデビュー前の方が忙しかったことを語った。  6歳の頃に初めて観劇したミュージカル『アニー』の影響でミュージカル女優を目指し、さまざまなオーディションを受けるようになった生田。彼女は「なかなか思うようにオーディションに受からない時期があって」と話すと、続けて「そのオーディション情報誌の中に乃木坂46の募集もあって」とグループ入りの経緯を説明した。  倍率約1000倍を勝ち抜き、14歳で乃木坂46の1期生としてデビューした生田だったが、デビュー後もミュージカル女優への思いを忘れることはできず、オーディションに参加することに。そこで彼女は所属事務所を通さずに、自分で履歴書を用意し、一般枠としてオーディションにエントリー。その情熱でミュージカル『ロミオとジュリエット』のヒロイン、ジュリエット役を射止めたエピソードも紹介された。

  • 生田絵梨花

    生田絵梨花、激辛寿司をまさかの完食! 感情オフで味覚もオフに

    エンタメ

     乃木坂46の生田絵梨花が11日、『しゃべくり007』(日本テレビ/毎週月曜22時)に出演。グループでのライブとソロのミュージカルの違いについて語った。また、感情のオンオフについて明かし、衝撃の“味覚”を披露する一幕もあった。@@cutter 現在、ミュージカル『ロミオとジュリエット』のジュリエット役にトリプルキャストのうちの1人として出演中の生田。MCの上田晋也から「他人の評価って気になる?」と質問されると、生田は「稽古場で続けざまに歌うときに気になっちゃうなというのはありますね」と一言。  続けて上田から「小さい頃からミュージカルに興味あったの?」と聞かれると「小学校低学年の時に『アニー』を見たのがきっかけで、そこから憧れを持つようになりました」とコメント。さらに上田が「グループでのライブとは全然違う?」と尋ねると、生田は「全然違いますね…どっちも同じくらい楽しい」と笑顔で返答。しかし上田が「どっちかしかやっちゃダメって言われたら?」と食い下がると彼女は「どっちも捨てられないです…」と語った。  またスタジオでは、生田の感情のオンオフがすごいことが話題に。生田は、自身の感情のオンオフについて「オンにすると、ミュージカルのステージやお仕事の現場とかでは、テンションを上げたり、思い切り発散することができるんですけど、逆にオフにすると、感じさせなくすることができるんですよ」と説明。  彼女は続けて「例えば辛いものを食べても味覚を感じなかったり、酸っぱいものでも全然いけちゃったりとか」と話すと、スタジオからは驚きの声が。それを聞いた有田哲平が「激辛料理を食べても辛いと思わない?」と聞いても、生田は「全然!」とキッパリ。このトークを受けてスタジオに大量のわさびが入った寿司が登場。生田は激辛寿司を物ともせず表情を変えずに食べきっていた。

  • 乃木坂46の生田絵梨花

    乃木坂46生田絵梨花、自身を救ってくれた先輩俳優を明かす

    エンタメ

     乃木坂46の生田絵梨花が4日放送のテレビ番組『成功の遺伝史 3時間SP第6弾』(日本テレビ系)に出演し、アイドルとミュージカル女優の両立に葛藤していた自身を救ってくれたという先輩俳優・市村正親について語った。@@cutter 生田は乃木坂46の人気メンバーとして活動する傍ら、ミュージカル女優としての一面が注目され、数々の注目作に出演している。しかし当初はアイドルとミュージカル女優の違いに悩んでいたようで、「アイドルとして歌うときとミュージカルの歌い方は全然違う。どう気持ちを歌に乗せるのか、本当に悩みました」と打ち明けた。  そんな生田を救ってくれたのが市村だったという。市村と共演する機会があったという生田。当初は話しかけることもできなかったというが、気さくな市村からある日、「感情は心の底に秘めて歌うものだから」とアドバイスを受けたそう。その言葉を聞いてから、手探りながらも前に進むことができた、と生田は振り返った。  生田は市村について「人生の生き方を示してくださったとさえ思う」「ミュージカル女優としての表現の仕方を教えてくれた」と評す。いつも気さくに共演者らに話しかける市村。生田はそんな市村について「本当にお忙しい方なのに、そういうそぶりを全く見せない」と絶賛していた。

  • 発売中の『NMB48吉田朱里プロデュースオールインワンBIGメイクポーチつきIDOL MAKE BIBLE@アカリン』(主婦の友社)

    NMB48・吉田朱里、ビューティーフォトブックが2ジャンル同時1位に

    エンタメ

     NMB48・吉田朱里によるコスメ付ビューティーフォトブック第3弾『NMB48吉田朱里プロデュースオールインワンBIGメイクポーチつきIDOL MAKE BIBLE@アカリン』(主婦の友社)が、2月18日付のオリコン週間BOOKランキング(集計期間:2019年2月4日~2月10日)にて週間売上1.2万部を記録。「ファッション」「美容・ダイエット」の2ジャンルで同時1位を獲得した。@@cutter 吉田はNMB48での活動をはじめ、ユーチューバーでアイドル、さらにファッション誌『Ray』専属モデルとしても活躍中。同ランキングにて、昨年12月17日付の第1弾、今年1月7日付の第2弾に続き、シリーズ3作連続の2ジャンル同時1位を獲得している。  普段から大量のコスメを持ち歩くという吉田の経験をもとに制作された『NMB48吉田朱里プロデュースオールインワンBIGメイクポーチつきIDOL MAKE BIBLE@アカリン』は、自身が細部までこだわり抜いた機能性の高い大容量ポーチがセットになったビューティーフォトブック。誌面では、このポーチの解説や使い方が紹介されるほか、吉田の様々なスタイルや表情が楽しめるスペシャルグラビアも掲載されている。  また「写真集」ジャンルでは、『生田絵梨花写真集 インターミッション』(講談社)が3週連続1位に輝いている。  『NMB48吉田朱里プロデュースオールインワンBIGメイクポーチつきIDOL MAKE BIBLE@アカリン』(主婦の友社)は発売中。

  • 生田絵梨花『インターミッション』、写真集ジャンルで2週連続1位に!

    乃木坂46・生田絵梨花『インターミッション』、写真集ジャンルで2週連続1位

    エンタメ

     乃木坂46・生田絵梨花の写真集2作目となる『生田絵梨花写真集 インターミッション』(講談社)が、2019年2月11日付の「オリコン週間“本”ランキング」(集計期間:2019年1月28日~2月3日)で、週間売上部数2.7万部を記録。写真集ジャンルにおいて、2週連続となる1位に輝いた。@@cutter 『インターミッション』は、生田の希望により、米ニューヨークで撮り下ろされた一冊。ミュージカル女優としても活躍する生田が、憧れのブロードウェイでのカットや五番街、セントラルパークなどの観光地でも撮影を行い、初のランジェリー姿や、大胆なセクシーショットにも挑戦した意欲作となっている。  本写真集について、先月21日に都内で開催された刊行記念お渡し会で生田は「ミュージカルを連想するような、躍動感のある写真がいっぱいあったり、留学中みたいなイメージで、生活感のあるショットもたくさんあって、色々な表情が詰まった一冊になっていると思います」と仕上がりにも満足な様子を見せていた。  さらに、発売とともに22歳になるということで「この写真集をきっかけに、『大人っぽくなったね』とか『こういう表情もするんだね』って、声をかけてもらったりもして。自分で自分のイメージや可能性を決めずに、色々なことに挑戦して、幅を広げていきたいなと思います」と、生田自身にとっても特別な一冊であることを明かしていた。  また先週は、オリコン週間“本”ランキングの「写真集」ジャンルの歴代初週売り上げ記録で、2017年2月20日付で『白石麻衣写真集 パスポート』が記録した10.4万部を上回り、「女性ソロ写真集の初週売上歴代1位」を獲得している。  『生田絵梨花写真集 インターミッション』(撮影:中村和孝/講談社)は現在発売中。価格は1800円(税別)。

  • 生田絵梨花写真集『インターミッション』(講談社)より

    乃木坂46・生田絵梨花『インターミッション』、女性ソロ写真集で初週売上歴代1位に

    エンタメ

     乃木坂46・生田絵梨花の写真集2作目となる『生田絵梨花写真集 インターミッション』(講談社)が、2月4日付の“オリコン週間BOOKランキング”(集計期間:2019年1月21日~1月27日)で初登場1位にランクイン。週間売上は17.9万部で、同ランキングのジャンル別「写真集」にて、「女性ソロ写真集の初週売上歴代1位」に輝いた。@@cutter 『インターミッション』は、生田の希望により、米ニューヨークで撮り下ろされた一冊。1月には『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』、2月からは『ロミオ&ジュリエット』の出演と、ミュージカル女優としても活躍する生田が、憧れのブロードウェイでのカットや五番街、セントラルパークなどの観光地でも撮影を行った。そのほかにも初のランジェリー姿や、大胆なセクシーショットにも挑戦した意欲作だ。  本作は、自身の1st写真集『転調』に続き、2作連続の1位を獲得。“オリコン週間BOOKランキング”の「写真集」ジャンルの歴代初週売り上げ記録では、昨年7月9日付で18.2万部を記録した『乃木坂46写真集 乃木撮 VOL.01』に次ぐ歴代2位。また、2017年2月20日付で『白石麻衣写真集 パスポート』が記録した10.4万部を上回り、「女性ソロ写真集の初週売上歴代1位」となった。  『生田絵梨花写真集 インターミッション』(撮影:中村和孝/講談社)は現在発売中。価格は1800円(税別)。

  • 写真集『インターミッション』出版記念お渡し会に登場した生田絵梨花

    生田絵梨花、セカンド写真集に大満足「22億点です」

    エンタメ

     乃木坂46の生田絵梨花が、21日に都内で開催された3年ぶりのセカンド写真集『インターミッション』刊行記念お渡し会に出席した。写真集の発売とともに22歳になる生田は「この写真集をきっかけに、『大人っぽくなったね』とか『こういう表情もするんだね』って、声をかけてもらったりもして。自分で自分のイメージや可能性を決めずに、色々なことに挑戦して、幅を広げていきたいなと思います」と今後の抱負を語った。@@cutter 「ニューヨークで発見する、新しい自分」をテーマにした本作。生田は「ミュージカルを連想するような、躍動感のある写真がいっぱいあったり、留学中みたいなイメージで、生活感のあるショットもたくさんあって、色々な表情が詰まった一冊になっていると思います」と、仕上がりに満足げ。色っぽい姿を収めたカットの撮影については「最初はちょっと『大丈夫かな?』っていうのはあったんですけど、女性のスタッフさんたちが乗せて褒めてくださったので、リラックスして撮影することができました」と笑顔で振り返った。  お気に入りのカットは、ニューヨークの5番街を着物で歩く姿を収めたカットと、夜のブロードウェイでの躍動感あふれるカットを選出。着物のカットについては「黒柳徹子さんが以前、着物を着て、5番街で写真を撮ったっていうのを見たことがあって。それに影響を受けてやってみたいと思いました」とコメント。約1万2000カットを撮影したという本作の自己採点を求められると「22億点ですかね」と回答し、「1月22日に発売で、私の年も22歳で、セカンド写真集で、2がたくさんついているので」と理由を明かした。  周囲からの反応に話が及ぶと「一番初めに見てもらったのは、白石麻衣ちゃんで。まいやんは、私以上にすごいハイテンションで喜んで『いいね~!』って褒めてくれたので、すごいうれしかったですね」と白い歯を見せていた。  乃木坂46・生田絵梨花のセカンド写真集『インターミッション』は、講談社より1月22日発売。価格は1800円(税抜)。

  • 乃木坂46の生田絵梨花

    乃木坂46・生田絵梨花の“ガチすっぴん”ショット ファン「女神ですか」

    エンタメ

     乃木坂46・生田絵梨花の写真集公式ツイッターが19日、生田のすっぴん写真を公開した。ファンは「すっぴんが、恐ろしいほどお美しい、、、」「女神ですか」など絶賛している。@@cutter 2019年1月22日に発売となる生田にとって3年ぶりの2nd写真集(タイトル未定/講談社)は、ニューヨークを舞台に7日間のロケを行い、生田のさまざまな表情を撮り下ろした。公式ツイッターのフォロワーは16万人を超えており、生田がニューヨークでのロケの思い出を描いたイラストや、白石麻衣が写真集を見てハイテンションになる様子なども公開されてきた。先日には15万フォロワー突破を記念し、生田のセクシーなキャミソール姿でのオフショットが投稿されていた。  「寝起きに顔を洗って、ガチすっぴんの生田さん」「生田絵梨花写真集 1月22日発売!」というキャプションとともに投稿された写真には、生田が顔を洗う様子や、すっぴんで白い歯を見せる姿が収められている。  写真を見たファンは「お肌ぷるんぷるんのプルプルヤン」「すっぴん可愛すぎます好き」「女神ですか」「可愛い。デコだしやばい」「これですっぴんとか変わらないじゃん。美しすぎ」「手を合わして拝むレベル」「すっぴんが、恐ろしいほどお美しい、、、」「これですっぴんはやばい…天使ですね!」などの反応を見せている。 引用:https://twitter.com/erika_newyork

  • 西野七瀬、『おしゃれイズム1時間SP』ゲスト 乃木坂46囲み取材に登場

    西野七瀬、卒業前にメンバーとクリスマスを堪能「ロケを忘れて楽しんだ」

    エンタメ

     アイドルグループの乃木坂46が7日、都内にて開催された『おしゃれイズム1時間SP』(日本テレビ系/12月23日23時)番組収録後の囲み取材に出席。年内いっぱいで同グループを卒業する西野七瀬が、「ロケを忘れて、メンバーと初めてクリスマスっぽいことを楽しめた」と笑顔で語った。@@cutter この日の収録には、西野のほかに白石麻衣、齋藤飛鳥、生田絵梨花、梅澤美波、与田祐希、星野みなみ、堀未央奈、秋元真夏、松村沙友理、衛藤美彩、大園桃子、伊藤理々杏、佐藤楓、新内眞衣、井上小百合、高山一実、斉藤優里、山下美月の選抜メンバー19名が勢ぞろい。『おしゃれイズム』史上最多人数の出演となった。  同番組では、クリスマス・スペシャルということで、3チームに分かれて横浜・みなとみらいや赤レンガ倉庫でショッピングや食べ歩きを楽しんだり、江ノ島でプレゼント作りに挑戦したり、ロマンチックなイルミネーションもたっぷり堪能。さらに、千葉県でもみの木をゲットしたメンバーは、乃木坂46オリジナルのクリスマスツリーを制作し、完成作品をスタジオで披露した(集合写真・後ろのツリー)。  クリスマスの雰囲気をたっぷり楽しんだメンバーは、収録後、それぞれがロケの思い出を語ったが、中でも、年内いっぱいで同グループを卒業する西野は、「ロケをしていることを忘れて、純粋に(赤レンガ倉庫の)クリスマス・マーケットを楽しんじゃいました」と満面の笑顔。「今までクリスマスの思い出がほとんどないまま生きてきたので(笑)、ようやくみんなとクリスマスっぽいことができて、本当に楽しかった」と胸の内を明かすと、同行していた高山が、「一緒に歩いているときに、なーちゃん(西野)が自然に腕に絡みついてきて胸がキュンとした」と思い出をかみしめた。  白石は、「前回は1人で出させていただいたのですが、今回はクリスマス・スペシャルということで、大人数のメンバーで出演することができたので、すごくうれしかったし、楽しい会になったので、ぜひたくさんの方に観ていただきたいです」と真摯にアピール。生田は、「乃木坂のメンバーは、結構、ボケてる人が多くて(笑)、それをすかさず司会の上田(晋也)さんが拾ってくれて、それを投げ返してくれたので、収録中、ずっと笑っていました」と収録を心から楽しんだ様子だった。  『おしゃれイズム1時間SP』は、日本テレビ系にて12月23日23時放送。

  • 乃木坂46の生田絵梨花

    生田絵梨花、写真集Twitterが4日で10万フォロワー オフショット祭り開催

    エンタメ

     乃木坂46・生田絵梨花の写真集公式ツイッターが23日、アカウント開設から4日でフォロワー数が10万人を突破したことを記念して、「#生田絵梨花写真集オフショット祭り」を開催。次々投稿されたオフショットの数々に、ファンからは「ありがとうございます!!!」「可愛すぎ」「最高」などのコメントが寄せられ、反響を呼んだ。@@cutter 2019年1月22日に発売される生田の3年ぶりとなる2nd写真集(タイトル未定/講談社)は、ニューヨークを舞台に、7日間のロケで撮り下ろされた生田のさまざまな表情が収録される。11月19日にツイッターの公式アカウントが開設されると、そこからたったの4日でフォロワーが10万人を突破。23日には「このアカウント始動から4日目でフォロワーさんが10万人を突破したました! 御礼企画として #生田絵梨花写真集オフショット祭り を開催します!」と投稿。ファンからは「神垢」「待ってました!」「ありがとうございます!!!」などのコメントが殺到した。  その後、「#生田絵梨花写真集オフショット祭り」のハッシュタグと共に、次々とオフショット写真が投稿された。ボーダーのワンピースを着た彼女がソファーに腰掛けるカットや、クッションで口元を隠しながら、カメラを見つめるカットなどが次々披露され、オフショット祭りの最後は生田の自撮りで締めくくられている。  今回の企画にファンからは、「オフショット祭りがこんなに大量とは予期しておらず、幸せすぎてやばいです」「たくさんのオフショット写真、ありがとうございます」「大量のオフショットに埋もれて幸せで死にそうです」など喜びの反響とともに、来年発売される写真集について「期待以上のものを作ってくれることを期待している」「期待しかないです~」などの激励も寄せられた。 引用:https://twitter.com/erika_newyork

  • 『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46ガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』取材会にて

    齋藤飛鳥、“YOUは何しに”は「番組の作りがすごく良くできている」

    エンタメ

     乃木坂46の白石麻衣、生田絵梨花、齋藤飛鳥、松村沙友里、秋元真夏、与田祐希、高山一実、岩本蓮加、大園桃子、和田まあやが、お笑いコンビのバナナマン(日村勇紀、設楽統)と共に、都内で開催された『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46がガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』(テレビ東京系/11月12日18時58分)取材会に出席した。スタジオでのトークを担当した白石は、メンバーの頑張りを絶賛し「行ってみたい」とロケ参加に意欲を示した。@@cutter 空港で外国人を勝手に迎え、アポなしインタビューを行うことで知られる『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系/毎週月曜18時55分)。今回のスペシャルでは、秋元、生田、岩本、大園、高山、松村、与田、和田、阪口珠美が、空港・町中・秘境でインタビューを実行。齋藤と白石は、スタジオでその模様を見ながらバナナマンとトークする。  成田空港でロケを行った生田は「すぐ断られてしまったり、あんまりついて来ないでほしいみたいな雰囲気を醸し出されて、へこんだりすることはあったんですけど、段々へこたれない精神みたいなものがついてきて。強くなりましたね」とニッコリ。「一番は、相手に興味を持つっていうことを大事にして。いろいろな方の人生に出会うことができた」とロケを楽しんだようだった。  一方の白石は「感動しましたし、すごく面白かったり、個性が出ているそれぞれのVTRになっていた」とメンバーの頑張りを絶賛。「たくましいなって思って。同じメンバーとして、尊敬できる」と言い「私も機会があったら行ってみたいなって、ちょっと思いました」とロケに参加する意欲を示した。  齋藤は「長い時間、ずっと皆ロケに行っているから、ちょっとしたことで『あ、この子ってこういう対応するんだ』とかっていう、皆の人となりが垣間見れたような気がして。それも得だなあというか。あんまり普段は見られない姿もたくさん見られた」と満足げ。また「素人ながら、番組の作りがすごく良くできているなあと思って」と続け、メンバーやバナナマンを笑わせていた。  『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46がガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』は、テレビ東京系にて11月12日18時58分放送。

  • ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』制作発表にて。左から木下晴香、大野拓朗、古川雄大、葵わかな、生田絵梨花

    葵わかな「知ってることが通用しない」 初ミュージカルで大変さを痛感

    エンタメ

     女優の葵わかなが30日、都内で開催されたミュージカル『ロミオ&ジュリエット』制作発表に出席。本作で初舞台&初ミュージカルに挑む葵は「昨日の稽古からワケ分からなくて。本当に、ワケ分かんないです(笑)」と心境を明かした。@@cutter 本作は、シェイクスピア原作、ジェラール・プレスギュルヴィック作・音楽で世界的に大ヒットしたミュージカルの日本オリジナルバージョン。制作発表にはダブルキャストでロミオを演じる古川雄大と大野拓朗、そしてトリプルキャストでジュリエットを演じる葵、木下晴香、生田絵梨花のほか、三浦涼介、木村達成、平間壮一、黒羽麻璃央、渡辺大輔、廣瀬友祐、大貫勇輔、宮尾俊太郎、演出の小池修一郎も登壇した。  本作で初舞台・初ミュージカルでジュリエットを演じる葵は「普段、そんなに緊張するタイプではないんですけど」としつつ稽古で混乱していることを告白。2017年1月に上演された新演出版の再演となる今作の中で新キャストであることを踏まえ「早く皆さんと馴染めるようになりたい」と話していた。  前回公演に続きジュリエット役を務める生田は「これからまた始動するんだっていう楽しみ、わくわく感をすごく感じながらステージに立っていました」とニッコリ。「私は全8回という、今回は短い日数しか参加できないんですけど、その中で自分がどう作品と、ジュリエットと向き合えるかとか、前回からどれくらい成長できるのかとか。本当に、前回はいっぱいいっぱいだったので、もっと広い視野を持って皆さんと向き合っていきたいなと思っています」と意気込みを示した。  会見後の囲み取材では、葵が「分からないことが本当に多い。たぶん、知っていることが一つも通用しないような機会なのかな」と初舞台の難しさについて語った。ジュリエット役の先輩として、葵への助言を求められた生田は「仲良くできれば、良い絆で自分もリラックスしてできると思うので、全然遠慮せず、いらしてください」とニッコリ笑いかけた。  ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』は2019年2月~4月に、東京、愛知、大阪にて上演。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access