横浜流星 関連記事

  • (左から)深田恭子、中村倫也

    中村倫也が深田恭子の胸にタッチ? 視聴者騒然の『初めて恋をした日に読む話』第5話

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の第5話が12日に放送され、中村倫也扮する高校教師が深田演じるヒロインの胸に触れているシーンに、視聴者から「手どこに入れてるの!!」「な、な、なんだこれ!これなんだ!?www」などの反応がSNSに殺到した。@@cutter 模擬試験が近づき、匡平(横浜流星)の勉強法を模索する中、順子(深田)は理系を強化すべく、雅志(永山絢斗)に協力を求めようとマンションを訪ねる。複雑な気持ちの雅志は、2人を応援することを決意する。一方、順子を飲みに誘うか迷っていた山下(中村)は、偶然にも彼女と出くわし、強引に飲みに連れていく。すっかり泥酔した順子を山下は家まで送るのだが…。  偶然コンビニで順子に出くわした山下は「ちょっと今から付き合えガリ勉女」と一言。焼鳥屋のカウンターですっかり酒に酔った山下は、左ひじを順子の右肩に乗せて「学年トップの高嶺の花が30過ぎて未婚実家ぐらし…」と悪態をつく。酒に酔い順子との距離が近い山下に対してネット上には「酔っ払ってるのやばいしんどい」「肩にひじ!!!!」「可愛いんだけど山下先生!」「肩に手置かれてるだけで落ちますけど」などのコメントが殺到。  その後、泥酔した順子を家まで送り届けた山下。まともに歩けない彼女をお姫様抱っこで担ぎ上げると、寝室のベッドへ。順子はベッドの上で眠りについてしまう。翌朝、順子が目覚めると隣には山下の姿が。しかも彼の手は順子のシャツの胸のあたりに…。  このシーンに対して視聴者からは「山下先生、え?」「手どこに入れてるの!!」「な、な、なんだこれ!これなんだ!?www」「おっぱい触ってたの!?wwww」などのツイートが殺到。山下は順子に対して特に悪びれる様子もなく「おっぱい触ってたら朝になったっていうか…」と話すと、続けて真顔で「そこにパイがあったから?」と一言。このセリフに「山下先生最高かよwww」「山下くんおもしろい好き」などのコメントもSNSに寄せられていた。

  • 高梨臨、『初めて恋をした日に読む話』出演

    高梨臨『初めて恋をした日に読む話』出演 深田恭子のライバルに

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)に、2月19日放送の第6話から、女優の高梨臨が登場することが分かった。東大受験専門塾「花恵会」の人気講師・百田朋奈役を演じる高梨は、深田演じる順子の強力なライバル役となる。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。順子を取り巻くタイプ違いの男性3人を、永山絢斗、横浜流星、中村倫也が演じる。  第6話では、匡平(横浜)の数学の点数を上げるために自分では力不足だと痛感した順子が、匡平を東大受験専門の「花恵会」に入塾させる。その花恵会で一番人気の講師である百田朋奈を、高梨が演じる。百田は、UCL(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)卒で誰もが認める才色兼備のキラキラ女子で、勉強を教えるのも上手く、生徒の信頼も厚い講師。順子にはない魅力を放つ百田に、匡平に同行したエンドーらマイヤンはメロメロ状態だが、百田は知られざるある秘密を抱えているのだった。順子の前に現れる強力なライバル役として、物語を大きく動かすキャラクターとなりそうだ。  高梨は「台本をいただいて、原作のイメージのままのところと、今回のドラマに合わせたキャラクターも入っていて演じるのが楽しみになりました。百田は、いろいろ無理をしながら生きていて、いくつもの顔や性格を持っているなと感じました。でもそれは、彼女の中にある強いコンプレックスからくるものだなと。最初は嫌な人に見えると思いますが、彼女の中の気持ちを大切に演じていきたいと思います」と、意気込みを語っている。  ドラマ『初めて恋をした日に読む話』は、TBS系にて毎週火曜22時放送。

  • 『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』完成披露イベントにて

    上白石萌音、横浜流星は「壁ドンマスター」 杉野遥亮と胸キュン対決も

    映画

     女優の上白石萌音、俳優の杉野遥亮、横浜流星が12日、都内で行われた映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』完成披露イベントに出席した。@@cutter 渡辺あゆの人気マンガを原作に、“壁ドン”が一大ブームとなった映画『L・DK』(2014年公開)の実写化第2弾。学校一のイケメンで彼氏の久我山柊聖(杉野)と秘密の同居生活を送る女子高校生の西森葵(上白石)だったが、柊聖の従兄弟・久我山玲苑(横浜)が転校してきたことで3人で暮らすことに。揺れ動く三角関係を描く。  この日は三角関係を描いた本作にちなみ、上白石の手作りチョコを巡って杉野と横浜が“胸キュン対決”をすることに。巨大なハート型のチョコに女子をキュンとさせるメッセージを書き、どちらが上白石の心を掴めるのか競った。  杉野はシンプルに「大切」と書き「今日は大切な日。好きとか考えたけど、これが1番合っているかな」とコメント。横浜は大きく「大好き」と記して「大好き。付き合って」と生告白を披露した。これには会場も大歓声だった。  悩み抜いた上白石は勝者に横浜を選び、「絞りで書いた文字の頑張った痕跡。拭いきれないマヨネーズ感…。すごく不器用なりに頑張ったんだと感じて(選んだ)。杉野くんはまさかの熟語でドキッとしたけど、痕跡や頑張っている過程が見えたのでマヨネーズにしました」と独特な総評を語ると、横浜は「マヨネーズって…。言い方!」とツッコんでいた。  上白石は、本作で恋愛映画初挑戦となったが「最初にマネージャーさんに言われた時、絶対ウソだと。まさか私がヒロインをやるわけないと思ってしばらく信じられなかった」と素直な気持ちを吐露。クランクインまで不安な気持ちと戦い続けていたが「2人が紳士。みなさんが思っている通りのお人柄で、2人はもともと仲が良くて、私を迎え入れてくれて、なんて器が大きいんだろうと。2人に支えられましたね」と感謝した。  胸キュンシーンが多く取り入れられた本作だが、杉野と上白石は“身長差”に悩まされたという。上白石は「人生初壁ドンはとっても苦い思い出。壁ドンっていうと顔と顔が至近距離でドキッというものですけど、身長差があるのでそのまま壁ドンされると(目の前が)胸板。キュンというよりゾクッとした」と苦笑いで、「試行錯誤してどうしたら美しい壁ドンができるのか手間暇をかけた。壁ドンはアクション」と苦労を明かした。杉野も「萌音ちゃんとは身長差が大きな障害。キスシーンも大変だった」と振り返った。  また、上白石曰く横浜は「壁ドンのマスター」という。「壁ドンにスピードがある。構えるまでもないみたいな…」といい、杉野も「壁ドンでいうと玲苑が1番しているからね」と語った。横浜は「柊聖がスマートに壁ドンを決めてくれるので、玲苑は勢いよく距離感をすごく近くして、“ハイブリッド壁ドン”になりました」と新たな胸キュンシーンを創造していた。  『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』は、3月21日公開。

  • 『初めて恋をした日に読む話』第5話場面写真

    今夜『初めて恋をした日に読む話』、永山絢斗は横浜流星の勉強を応援

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の第5話が今夜放送される。第5話では、匡平(横浜流星)の勉強方法に対して、雅志(永山絢斗)に協力を求める順子(深田)へ、山下(中村倫也)がアプローチをかける姿が描かれる。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。  塾講師として働く順子は、怒涛の塾の強化合宿を終え、友人の美和(安達祐実)ともんちゃん(真凛)に合宿後の現況を伝える。自分と教え子・匡平のインフルエンザがうつり、自宅で臥せっているいとこの雅志に、元気を出してもらおうと写真を送ったりしているが、雅志がなぜ合宿の隔離部屋にわざわざ泊まりに来たのか、考えもつかない。    そんな順子は、合宿中突然王子さまキャラになった匡平の行動は、全て美和のいたずらのせいだと思い込んでいて、匡平の本心には全く気づいてはいないが、教師と生徒としての師弟愛は感じると言う。「塾講師は自分の天職だったのかもしれない」とうれしそうに語る順子に、美和たちは唖然となるばかり。  模擬試験が近づき、匡平の勉強法を模索する中、順子は理系を強化すべく、雅志に協力を求めようとマンションを訪ねる。順子からの連絡に、心を躍らせる雅志だったが、部屋の扉を開けると順子と一緒に匡平の姿が。複雑な気持ちの雅志は、多少腹を立てながらも、今の勉強法の問題点を指摘しつつ、二人を応援することを決意。雅志のアドバイスで、テスト時間に目が冴えるよう朝型生活に変更した匡平は、順子と共に一層勉強に励んでいく。  そんなある日、順子を飲みに誘うか迷っていた山下は、偶然にも順子と出くわし、半強制的に飲みに連れていく。すっかり泥酔した順子を、山下は家まで送るのだが…。     ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第5話は、TBS系にて今夜2月12日22時放送。

  • 『初めて恋をした日に読む話』第5話で鍛え抜かれた肉体美を披露する横浜流星

    “ユリユリ”で注目!横浜流星が『はじこい』で鍛え抜かれた肉体美を披露

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)で、イケメン高校生・由利匡平を演じて注目を集めている俳優・横浜流星が、12日に放送される第5話で鍛え抜かれた肉体美を披露する。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性の、順子に想いを寄せ距離を近づけようとする姿が「キュンとする」と女性視聴者を中心に話題となっている。  四角関係の恋愛模様はもちろんのこと、物語のもう一つの軸となっているのが、順子の教え子・匡平(横浜流星)の東大受験。順子と二人三脚で東大合格へ向けて勉強に励む匡平だが、先週放送の第4話で見せた王子キャラが話題となった。また、どんなにアプローチをしても気が付かない超鈍感な順子に「先生、俺にもご褒美ください」ともたれかかるシーンは女性たちのハートをがっちりと掴み、“ユリユリ”がYahoo!リアルタイム検索の検索ワードランキング1位となり、Twitterでも“横浜流星”と“ユリユリ”がトレンド入りを果たすなど、大きな反響を巻き起こしている。  第5話では、参考書を取りに順子(深田)の自宅へ向かう順子と匡平(横浜)は、自宅近くで順子の母親・しのぶ(壇ふみ)と偶然遭遇。しのぶは匡平を見るや否や順子に辛辣な言葉を浴びせ、順子は匡平を守る為、しのぶに声を荒げる。その様子を目の当たりにした匡平は、順子を心配するあまり初めて順子に電話を掛ける。そのシーンで横浜は端正な顔立ちからは想像が出来ないくらいに鍛え抜かれた筋肉を披露する。  横浜は中学3年生の時に「国際青少年空手道場選手権大会」で優勝し、極真空手世界一の称号を持つ正真正銘のスポーツ男子。その類いまれな運動神経で『仮面ライダーフォーゼ』や『烈車戦隊トッキュウジャー』で華麗なアクションシーンも披露している。 ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第5話は、TBS系にて2月12日22時放送。

  • 『初めて恋をした日に読む話』第4話場面写真

    今夜『初めて恋をした日に読む話』、深田恭子と横浜流星は塾の合宿へ…

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の第4話が今夜放送される。第4話では、順子(深田)と匡平(横浜流星)が塾の合宿へ出かける姿が描かれる。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。順子を取り巻くタイプ違いの男性3人を、永山絢斗、横浜流星、中村倫也が演じる。  今までの自分を振り払うように、順子を抱きしめ告白する雅志(永山)。しかし超鈍感な順子はそれが告白だと気がつかない。だが、その現場を目撃してしまった匡平(横浜)は、雅志も順子のことが好きなのだと知り複雑な心境に。匡平はそのことを振り払うように一層勉強に励む。  時は流れ、2018年4月。匡平は高校3年生の春を迎えた。山下(中村)から匡平の学校での成績が驚くほど良くなったことと匡平の家庭環境のことを聞き、順子は今まで以上に匡平を気にかけるように。一方で匡平は、順子からいつまでも子ども扱いされることにイライラが募っていた。  GWに入り、三泊四日で塾の強化合宿が行われることに。合宿初日、偶然にも近所にある会社の保養所に研修で来ていた雅志が合宿所に顔を出す。二人の親し気な様子に嫉妬する匡平は、順子に冷たい態度をとってしまう。そしてその夜、食事の時間になっても現れない匡平がロッジでたばこを吸っていたと目撃情報が。 慌ててロッジへ駆け出す順子だったが、雨上がりのぬかるんだ山道で転んでしまい…。  ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第4話は、TBS系にて今夜2月5日22時放送。

  • 『初めて恋をした日に読む話』第3話場面写真

    『初めて恋をした日に読む話』、深田恭子は中村倫也と2人きりで飲みに出かけ…

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の第3話が今夜放送される。第3話では、深田演じるヒロインと、中村倫也扮するかつての同級生が2人きりで会うことに…。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。順子を取り巻くタイプ違いの男性3人を、永山絢斗、横浜流星、中村倫也が演じる。  順子(深田)は教え子・匡平(横浜)の勉強法について悩んだ末、親友の美和(安達祐実)に相談することに。美和は仕事も大事だけど婚活もすべき、と昔からの知り合い男子はどうかと順子に提案をする。  その帰り道、順子は山下(中村)と遭遇、2人で飲みに行くことに。“昔からの知り合い男子”との美和の言葉を思い出しひとりドキドキする順子。しかしある事実が発覚する…。  後日、順子が山下と2人で飲んでいた事を知り、嫉妬する匡平。いつも子供扱いを受ける匡平は順子にいら立ち、授業中に教室から出て行ってしまう。匡平がこのまま授業に来なかったらどうしようと嘆く順子。そんな中、月末に順子とデートがしたくて仕事で無理を重ねた雅志(永山)は、ついに過労で倒れてしまう。  偶然にも匡平たちが雅志を見つけ救急車を呼ぼうとするが、仕事を理由に雅志はそれを拒否。順子も慌てて駆けつけ、雅志のピンチを救おうと奮闘する中、ついに雅志が動き出す。  ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第3話は、TBS系にて今夜1月29日22時放送。

  • 『横浜流星2nd写真集(仮)』解禁カット

    横浜流星、“男の色気”漂うショット解禁 4年ぶりの写真集発売決定

    エンタメ

     ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)に出演中の俳優・横浜流星が、約4年ぶりとなる2nd写真集を発売することが分かった。“色気のある男らしさ”が表現されたという本写真集について横浜は「20歳を超えた今だからこそ表現できる、男全開の姿をたっぷり切り取っていただきました」とコメントを寄せている。@@cutter 横浜は、特撮ドラマ『烈車戦隊トッキュウジャー』をはじめ、映画『キセキ―あの日のソビト―』、主演映画『虹色デイズ』などに出演。現在放送中のドラマ『初めて恋をした日に読む話』では、超が付くほどのバカ高校に通う、髪をピンクに染めた不良高校生・由利匡平役を演じている。  約4年ぶりとなる2nd写真集では、“色気のある男らしさ”を表現するため、香港を撮影地にチョイス。ネオン街や夜の海など、多彩なスポットで撮影を行った。また、ヒゲをのばした姿や寝起きなど、これまで見せなかった横浜の色気が凝縮されている。  発売に向けて横浜は「4年ぶりに写真集を出させていただくことになりました。味のある香港の街で、20歳を超えた今だからこそ表現できる、男全開の姿をたっぷり切り取っていただきました」と本写真集にかけた思いを語る。さらに「ヒゲを生やしたり、タバコを吸っていたり、ファンの方をいい意味でビックリさせられるような内容になっていると思います。ぜひご期待ください」とメッセージを寄せている。  『横浜流星2nd写真集(仮)』はKADOKAWAより3月12日発売。価格は2778円(税別)。

  • (左から)内澤崇仁(androp)、上白石萌音

    上白石萌音が歌う『L・DK』主題歌入り予告解禁

    映画

     女優の上白石萌音、俳優の杉野遥亮、横浜流星が共演する映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』より、上白石が歌う主題歌の入った予告映像が解禁となった。主題歌の『ハッピーエンド』は、andropの内澤崇仁が映画を観て書き下ろし、デモ音源を聴いた上白石の志願によって、上白石萌音×内澤崇仁(androp)名義で担当することが決まった。@@cutter 本作は累計発行部数1088万部を突破した人気少女コミック『L・DK』が原作。2014年にも実写映画化され、劇中に登場する「壁ドン」がユーキャン新語・流行語大賞トップ10に選ばれるほど社会現象となったこの作品が、新キャストと三角関係を描くストーリーで再び映画化された。  高校3年生の西森葵(上白石)には学校のみんなに言えない秘密があった。それは学校一のイケメン・久我山柊聖(杉野)とナイショで付き合い、同居していること。葵は柊聖の家でボヤ騒ぎを起こして部屋をダメにしてしまい、柊聖は葵の家で暮らすことに。そんな中、柊聖のいとこ・久我山玲苑(横浜)が突然アメリカからやって来た。同居の秘密はあっさりバレ、葵と柊聖を引き離そうとする玲苑と、まさかの3人同居が始まる!?  今回公開された予告映像では、葵と柊聖の同居生活に、柊聖のいとこである玲苑が加わって、3人の同居生活が始まってしまう様子が描かれている。葵と柊聖のラブラブなバックハグや頭ぽんぽん、さらに葵に想いを寄せる玲苑からのキスなど、女子憧れのシチュエーションが満載の映像となっている。  さらに、映像後半で流れるのは上白石が歌う主題歌『ハッピーエンド』。この曲は、内澤が映画を観て書き下ろした曲で、恋する女の子の気持ちが見事に表現された歌詞となっている。上白石の透明感のある歌声が、映画にさらに彩りを添えている。  上白石は、「初めてこの曲のメロディを聴いた時に、1回聴いただけなのにずっと頭からそのメロディが離れなくて『この曲を歌いたい』と、運命的なものを感じたのを覚えています。この曲の、歌詞が本当にかわいいんです。男性の内澤さんがなぜこんなにかわいい歌詞を書けるんだろう、なぜこんなに恋する女の子の心がわかるんだろうって」と、曲に対する思い入れを語った。  内澤は「楽曲で僕が一番に重きを置いたのは、やはり萌音さんの初キスシーン。初めてって、一度しかないですよね。その初体験を歌詞でそのまま『キス』というワードにしたり、『照れた時に髪を触るクセがある』『ハンバーグが好き』と具体的に表現していくと同時に、萌音さんがこれからもずっと歌い続けてくれる普遍的な曲にしたいという想いも込めました」とコメントを寄せた。  映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』は3月21日より全国公開。

  • 『初めて恋をした日に読む話』主演の深田恭子

    深田恭子が横浜流星に“抱きつく姿”に大反響 『初めて恋をした日に読む話』第2話

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の第2話が放送され、酔っ払った順子(深田)が教え子の匡平(横浜流星)に抱きつくシーンに、視聴者から「可愛すぎる」「めっちゃキュンキュンする」などの声が上がった。@@cutter 本作は持田あきの同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっているアラサー女子が、自分の人生を取り戻すべく奮闘。タイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。  匡平(横浜)と真摯に向き合い授業を続ける順子。順子に信頼を寄せていた匡平だったが、彼女への気持ちの変化に気付き始める。ある日、ひょんなことから順子は匡平が通う南高校で出張授業を行うことに。そこで順子は、唯一彼女に告白した高校時代の同級生で、今は匡平の担任になっている山下一真(中村)と再会する。  南高校での出張授業で生徒たちの心をつかんだ順子は、匡平の友人たちに誘われて打ち上げをすることに。打ち上げの席ですっかり酔っ払った順子は、ジャケットに食べ物をこぼし、その汚れを落とすために化粧室へ。心配になった匡平が化粧室に入ると、順子は匡平を親友の美和(安達祐実)と勘違いしてギュッと抱きついてしまう。この描写に対して、SNSには「深キョン可愛すぎる〜」「酔ってる順子先生ずるい可愛すぎ」などの反響が。  酩酊状態の順子は、勘違いしたまま匡平の胸元にしがみつき、甘えた口調で「私…隙間がないの…婚活なんてできないくらい…絶対合格させたい…私いま、あの子に夢中なの…」と打ち明ける。このセリフに視聴者からは「本人に言ってるんですけど」「めっちゃキュンキュンする」「やばい赤面してしまう」などのツイートが殺到。  順子の本心を聞いてしまった匡平は、戸惑いながらも「そういうこと、酔ってないときに言ってもらえますか?」と一言。このセリフに対してネット上には「ゆりゆりの方が大人だ」「かっこいい!」「実写でも破壊力なかなかやないか」などの声も寄せられていた。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access