横浜流星 関連記事

  • 横浜流星が表紙&巻頭特集を飾る新刊ムック「別冊カドカワScene」(発行:株式会社KADOKAWA)

    横浜流星、表紙&巻頭特集の新刊ムック発売 セカンド写真集も6度目の重版決定

    エンタメ

     俳優の横浜流星が、7月2日発売の「別冊カドカワ」新シリーズムック「別冊カドカワScene」(発行:株式会社KADOKAWA)の表紙を飾ることがわかった。同誌では、横浜の素顔に迫る30ページの特集も組まれている。@@cutter 同誌で表紙を飾る横浜は、今年1月期に放送された連続ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)でピンク髪の不良高校生・“ユリユリ“こと由利匡平を演じて一躍大ブレークを果たすと、映画『愛唄ー約束のナクヒトー』『L DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』『チア男子!!』など出演作も続々公開。  7月からは『あなたの番です-反撃編-』(日本テレビ系)に、頭脳明晰の大学院生・二階堂忍役で出演するほか、9月には主演映画『いなくなれ、群青』の公開も控えている。  特集では、22歳の等身大の素顔を切り取るべく、横浜のプライベートにも接近。常連だという蒙古タンメンのお店に行ったり、新たな趣味を探すため自転車店へ行ったりと、リラックスした表情をたっぷり収録。さらにドラマ『あなたの番です』の密着リポートや、1万字にもわたるロングインタビューも掲載。過去の出演作品をひも解きながら俳優としての歩みを振り返る内容になっている。  また、今年3月に発売された横浜のセカンド写真集『流麗』(同社発行)の6度目の重版が決定し、累計発行部数は6万5千部を突破したという。

  • 日曜ドラマ『あなたの番です』に出演する横浜流星

    横浜流星、『あなたの番です』新章に登場 “交換殺人”マンションに引っ越す大学院生に

    エンタメ

     女優の原田知世と俳優の田中圭がダブル主演を務める日曜ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)より、俳優の横浜流星が6月30日より放送される新章に出演することが発表された。物語の舞台となる“交換殺人”マンションに引っ越してくる大学院生を演じる。@@cutter 本作は、都内のマンションに引っ越してきた“年の差新婚夫婦”の2人が、幸せいっぱいの生活から一転、住民たちの交換殺人ゲームに巻き込まれていく姿を描くミステリードラマ。  2クール目に突入し、新章がスタートする6月30日放送の第11話より登場する横浜が演じるのは、北川澄香(真飛聖)親子が引っ越し、空室になった304号室に引っ越してくる大学院生・二階堂忍(25)。  二階堂は黒島沙和(西野七瀬)と同じ大学の工学部の院生で、AIの開発をしている。研究以外に興味が無く、特に食に関しては無関心。普段は“合理的に栄養素が摂取できる”という理由で、栄養補助食品しか口にしない。頭の回転は速いが、人とコミュニケーションを取るのが苦手で一見、無愛想。科学で証明できない幽霊などは信じておらず、殺人マンションへの恐怖心はゼロ。大学から近く、家賃が安いということだけで引っ越してきた。  そして、二階堂は無理矢理参加させられた住民会で「AIって凶悪事件の犯人像を導き出せるんでしょ?」と聞かれ、「はい」と答えたことから、巻き込まれる形で連続殺人事件の謎解きに参加する。  横浜は「一視聴者として毎週楽しみにしていた『あなたの番です』に2クール目から出演することができ、とても嬉しく思います」とコメント。二階堂について「AIを研究している頭脳明晰な男で、交換殺人ゲームの全貌を暴く大きな力となる役柄です」と説明し、「人とコミュニケーションを取るのが苦手で、無愛想にも見える二階堂が、変化していく過程も楽しみながらご覧頂けたら嬉しいです! 監督、キャスト、スタッフの方々と力を合わせて、精一杯、二階堂として生きたいと思います。お楽しみに!」とメッセージを寄せている。  日曜ドラマ『あなたの番です』は、日本テレビ系にて毎週日曜22時30分放送。

  • 『いなくなれ、群青』チラシビジュアル

    横浜流星×飯豊まりえ『いなくなれ、群青』、幻想的な映像とせりふ溢れる特報解禁

    映画

     俳優の横浜流星が主演を務め、共演に女優の飯豊まりえを迎える映画『いなくなれ、群青』より、特報映像が初解禁された。@@cutter 本作は、第8回「大学読書人大賞」受賞作で、「読書メーター読みたい本ランキング」第1位を獲得した河野裕の同名小説を映画化。主人公の七草を演じるのは、数々の映画で主演を務め若手実力派としての実績を重ねる注目俳優・横浜流星。共演を飯豊まりえが務め、誰よりも真っ直ぐで、正しく、凜々しい少女・真辺由宇を演じる。監督は、新鋭の女性監督・柳明菜、劇中音楽を映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』やTVアニメ『化物語』などを手掛けた神前暁が務める。  主人公・七草は、物事を悲観的に捉えることが多い高校一年生。階段島と呼ばれる島での安定した学生生活を気に入っていたが、小学4年から中学2年まで一緒に過ごしていた少女・真辺由宇と再会したことで、島の謎や連続落書き事件に関わらざるを得なくなっていく。  この度完成した特報は、「階段島、人口はおよそ2000人。僕たちはある日突然、この島にやってきた」という、七草の小説の中に登場する印象的なセリフから始まる。「どうしてこの島にやってきたのか知る人はいない。みんなその時の記憶を失っている」など意味深なセリフが続き、七草が真辺由宇と出会って物語は始まっていく。七草のナレーションを叙情的な音楽が包み込み、幻想的な映像と台詞が本作の独創的な世界観を伝える特報となっている。  映画『いなくなれ、群青』は9月6日全国公開。

  • 横浜流星が表紙を飾る「anan」 No.2154(2019年6月5日発売)

    横浜流星表紙「anan」 発売日前に全ネット書店で完売に

    エンタメ

     俳優の横浜流星が表紙を飾る、6月5日発売の女性グラビア週刊誌「anan」2154号(マガジンハウス)が、発売日前に全ネット書店で予約開始と同時に品切れし問い合わせが殺到しているという。@@cutter 本号では、表紙のほかにグラビアページに登場する横浜。出演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)でチラ見せをして話題を呼んだ腹筋と鍛え上げられた体を、本誌ではクール&スタイリッシュに披露する。  「anan」の表紙初登場に加え、グラビア&インタビューページでの展開に熱い期待が寄せられた本号。その結果、先月27日の本号情報解禁後、わずか1日でネット書店では在庫が発売前品切れ状態に。この“ネット書店予約完売”状態に、発売前にもかかわらず反響の声が広がっている。  横浜流星が表紙の「anan」2154号(マガジンハウス)は6月5日発売。一般書店では5日より店頭に並ぶ。

  • 横浜流星が表紙を飾る「anan」 No.2154(2019年6月5日発売)

    横浜流星、シックスパックに輝く“美腹筋”披露

    エンタメ

     俳優の横浜流星が、6月5日発売の女性グラビア週刊誌「anan」2154号(マガジンハウス)の表紙やグラビアページに登場。無駄な脂肪が一切ない、鍛え上げられたシックスパックの腹筋を披露している。@@cutter 同号では「絞る!締める!大作戦」と題し、肌見せの本格シーズン到来を前に、二の腕、背中、おなか回りなど気になる部分を引き締める人気メソッドを特集。横浜は「芯のあるカラダ」をテーマとしたグラビアで、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』でチラ見せして話題を呼んだ腹筋をクール&スタイリッシュに露出している。  その腹筋は、端正な顔立ちからは想像も付かない、細くも無駄のない彫刻のような美しさ。ペットボトルの水を頭からかぶる躍動感ある姿や、前がはだけたスウェットから鍛え上げられた腹筋を大胆にのぞかせる姿など、これまであまり見せたことがない“オス感”あふれる一面を披露している。  空手世界一にもなったこともある横浜は、インタビューにも登場。「ジムでトレーニングを受け、カラダを鍛え直しました。少しでも甘えがでると、自分に勝つことができない。これからも常に自分自身と戦い続けたいと思っています」と、真剣にトレーニングを積み重ねているカラダづくりへのストイックな姿勢を語っている。  横浜流星が表紙を飾る「anan」2154号は、マガジンハウスより6月5日発売。

  • 「ザテレビジョン」第100回ドラマアカデミー賞・助演男優賞を受賞した横浜流星

    『はじこい』横浜流星、ドラマアカデミー賞受賞で続編に意欲

    エンタメ

     2019年1月クールのドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)に出演した俳優・横浜流星が、「週刊ザテレビジョン」(KADOKAWA)が毎クール発表している「ドラマアカデミー賞」で、助演男優賞に選出された。@@cutter 今回、第100回を迎える同賞は、国内の地上波連続ドラマを「週刊ザテレビジョン」読者、審査員、TV記者投票で選出されるもの。  助演男優賞受賞の横浜が出演した『初めて恋をした日に読む話』は、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田恭子)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。順子を取り巻くタイプ違いの男性3人を、横浜をはじめ永山絢斗、中村倫也が演じた。  本作で横浜は、髪をピンクに染めた不良高校生・由利匡平役を好演。東大を目指しながら塾講師・春見順子(深田)を一途に思い、「ご褒美ください」や“舌ペロ”などの胸キュン言動を、時に切なく、時にキュートに演じ、“ゆりゆり旋風”を巻き起こした。また、特徴的なピンクの髪にも「原作通り!」と絶賛の声が多数寄せられていた。  今回の受賞について横浜は、「ありがとうございます。すごくうれしいです。たくさんの方が応援し、愛してくださった証しだと思うので」と喜びのコメント。  主演の深田について横浜は「たくさん話し掛けてくださったので、すぐに順子にしか見えなくなって。おかげで自分も匡平として現場にいられました」と振り返っており、深田、永山、中村らとの共演については「今作では先輩方と共演させていただいて、大きな財産を得ることができましたし、本当に大切な作品になりました」と感謝を述べた。  最後に横浜は「皆さんとはぜひまた共演したいです。やるなら、やはり続編ですね!。順子と匡平がハッピーエンドになったその後が観たい。東大を卒業して結婚している姿とか。もう髪はピンクではないと思いますが、続編ができるなら何色にでもなりますよ!」と続編に意欲をのぞかせていた。

  • 映画『チア男子!!』初日舞台挨拶にて

    横浜流星、「俺は流星」流ちょうなラップ披露に大盛り上がり

    映画

     俳優の横浜流星が10日、都内で開催された映画『チア男子!!』初日舞台挨拶に登壇。流ちょうなラップを披露し客席を沸かせていた。@@cutter 本作は直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアチームをモデルに描いた小説を映画化。ケガをきっかけに幼少期から続けてきた柔道を断念した大学生の晴希(横浜)が、親友の一馬(中尾暢樹)の誘いで始めたチアリーディングを通じて、仲間の大切さや、前に進む勇気を得ていく姿を描いた青春物語。舞台挨拶には、横浜のほか、中尾暢樹、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、浅香航大、主題歌を担当した阿部真央、風間太樹監督も出席した。    撮影に入る前の3ヵ月、チアリーディングの特訓を行った横浜らメンバーたち。登壇者は口々に、その濃密な時間を過ごしたからこそ、絆とチームワークが生まれたと語る。瀬戸は「みんなで寝て風呂も入った。本当に青春を味わうことができた」と懐かしそうに語ると「謎のラップが流行ったよね」と言及する。続けて瀬戸が「『俺、流星』みたいなのやっていたよね」とつぶやくと、中尾も「やってた」と追随する。    会場から「やって!」という声が上がると、横浜は照れくさそうに笑いながらも「俺は流星、彗星のごとく現れた流星、今日の空は快晴! みんなに『チア男子!!』見てもらいたいぜ!」と流ちょうなラップを披露。客席からは大歓声が上がった。    またイベント後半では、浅香が横浜に熱い思いを吐露するシーンも。メンバーのなかで年上の浅香は、これまでイベントでは横浜に対してイジるような対応が多かったが、この日は「彼は責任感が強くて熱い男。大きなケガをして撮影が一時中断したときは、悔し涙を溜めていた。それでもケガをしてパンパンの手をかばいながらもやり切った姿は本当に格好良かった」とメッセージを送る。    横浜は「大したケガじゃなかったんです。神様に感謝です」と語りつつも「みんなが一生懸命頑張ってきたことを無駄にしたくなかった。やり切れてよかった。浅香さんには本当に支えていただき、心強かったです」と熱い抱擁を交わしていた。

  • 映画『チア男子!!』公開直前イベントにて

    横浜流星、主演作『チア男子!!』は「身を削りながら全力で作った」

    映画

     俳優の横浜流星が7日、東京ドームシティ ラクーアガーデンステージにて行われた主演映画『チア男子!!』公開直前イベントに登場した。横浜は公開が3日前ということで「すごくワクワクしています。身を削りながらも全力で作った作品なので、1人でも多くの方に見てほしいです」とアピールした。@@cutter 本作は『桐島、部活やめるってよ』『何者』などの作品で知られる作家・朝井リョウが、実在する男子チアチーム「SHOCKERS」をモデルに執筆した同名小説を実写化。道場の長男として幼い頃から柔道を続けてきた大学1年の坂東晴希(横浜)が、負傷をきっかけに柔道をやめ、親友の一馬(中尾暢樹)と一緒に、大学チアリーディング界初となる男子チアチーム「BREAKERS」結成を目指す姿を描く。イベントには横浜のほか、中尾、瀬戸利樹、浅香航大、岩谷翔吾、菅原健、小平大智らキャストも登場した。  公開を控え瀬戸は「心と身体を全力でぶつけた作品なので、少しでもみんなの背中を押せる作品になればいいなと思います」、そして浅香は「3ヵ月の撮影期間、あのときの思いにうそはありません。自信をもってお届けできる作品です」と思いを語った。  この日は主題歌を担当したアーティストの阿部真央もステージに登場。本作のために書き下ろした主題歌『君の唄(キミノウタ)』を、感情たっぷりに生歌披露した。今回が公の場で初披露となった『君の唄(キミノウタ)』を聴き終えた横浜は、「本当に素敵でした。撮影のときのことを思い出したりして、感動しました」と感想を語った。  また、この日のイベントでは、ヒット祈願として、本作のキャッチコピ ーでもある“全員で、跳べ!”にちなみ、大型の樽を使った“黒ひげ危機一髪”ふうのゲームにチャレンジ。横浜を筆頭に順番に樽にナイフを刺しこんでいくが1巡目は誰も当たりを引けず。そして2巡目になり横浜がナイフを刺すと見事大当たり。横浜が“持ってる男”ぶりを示した。  最後に横浜は「本気でチアリーディングに挑戦して、一人一人が何かを抱えながら前に進んでいく姿に勇気を与えることができる作品なので、楽しみにしてくれたらうれしいです」とつめかけたファンに語りかけた。  映画『チア男子!!』は、5月10日公開。

  • (左から)深田恭子、横浜流星

    深田恭子、横浜流星、中村倫也ら『はじこい』メンバー集合 ファン歓喜

    エンタメ

     俳優の横浜流星が18日、自身のインスタグラムにドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)で共演した深田恭子、永山絢斗、中村倫也との写真を投稿。4人の揃い踏みしたショットに、ファンからは「はじこいメンバー最高」「4人揃ってるのが観れて嬉しい」などの声が寄せられている。@@cutter 横浜が投稿したのは、ドラマでヒロインを演じた深田と、ヒロインの幼なじみに扮した永山、ヒロインの同級生役の中村が勢ぞろいしたにこやかな集合写真。ドラマ『初めて恋をした日に読む話』は、持田あきの同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっているアラサー女子が、自分の人生を取り戻すべく奮闘しながら、タイプの違う3人の男性からアプローチされる姿を描いたラブストーリー。本作で横浜は、塾講師のヒロインと共に東大受験に奮闘しつつ、彼女に想いを寄せていく高校生を演じた。  恋の駆け引きを演じた4人が揃った写真にファンからは「この4ショット見たいと思ってました」「はじこいメンバー最高」「4人揃ってるのが観れて嬉しいです」などのコメントが殺到。さらに「続編みれることを願ってます」「続編希望します!」などの要望も寄せられていた。 引用:https://www.instagram.com/ryuseiyokohama_official/

  • (左から)映画『チア男子!!』完成披露試写会に登場した横浜流星、中尾暢樹、瀬戸利樹

    横浜流星、クライマックス撮影前に大ケガ 痛み止め「めちゃくちゃ飲んだ」

    映画

     映画『チア男子!!』(5月10日公開)完成披露試写会が15日、都内で行われ、ダブル主演を務めた横浜流星、中尾暢樹をはじめ、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、浅香航大、風間太樹監督が出席。同作撮影中、主演を務めた横浜が大ケガを負ったことが共演者から明かされた。@@cutter クライマックスのチアシーン撮影の話題におよぶと、浅香が「言おうか迷ったけど、流星が最後のチア撮影の前、大ケガをしてしまって」と告白。横浜は笑いながら「たいしたことじゃない」としたが、共演者は「いや、たいしたことあったから」「マジで焦った」と口々に振り返った。浅香も「映画、とんだなって思った。お蔵入りだなと」と大惨事だったことを示唆した。  大ケガを負った横浜だが、「みんなの頑張りはムダにしたくなかったので痛み止めをめちゃくちゃ飲んで頑張った」と体にムチを打って撮影を続行したという。浅香は「そういうのがあって撮影日はちょっと長くなったけど、そのチアのシーンは見どころ。最後のチアの発表するところは観てほしい」とファンに呼びかけた。  まもなく令和時代ということで、「新しく始めたいこと」を聞かれた一同。横浜は「健康的な生活を始めたい。作品に入ってしまうとのめり込み過ぎて食を忘れる。激辛が好きで食べ過ぎたり、炭酸を飲み過ぎたり。仕事柄、体が資本なので、いまは激辛を食べるのを止めている。今何を食べているか? サラダチキン!」と回答した。  横浜とダブル主演を務めた中尾は「ずっとマネージャーに言っているんですが、車の免許が取りたくて。22歳なんですけど、そろそろ持っておかないとダメな年齢かなと。今年無理やりにでもやりたい」と意気込み。続く浅香は「令和になって初めて映画館で観る映画は『チア男子!!』です!」と高らかに宣言し、拍手を浴びた。  本作は直木賞作家の朝井リョウによる小説を原作に、実在する男子チアチーム「SHOCKERS」をモデルに、男子チアリーディングチームの発足から成長を描く。この日、イベントには作品のモデルとなった早稲田大学男子チアリーディングチーム「SHOCKERS」のメンバーも登場し、ファンの前でパフォーマンスを披露した。  映画『チア男子!!』は、5月10日公開。

  • 松坂桃李

    松坂桃李の出演作が1位に! 「好きな平成スーパー戦隊」ランキング

    エンタメ

     「好きな『平成スーパー戦隊』ランキング」において、俳優の松坂桃李が主演した『侍戦隊シンケンジャー』が1位に輝いた。2位には『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』、3位には『百獣戦隊ガオレンジャー』が続いている。@@cutter テレビ朝日系で放送され、40年以上の歴史がある「スーパー戦隊」シリーズ。今回の結果は、ランキングサイト「ランキングー」が、「あなたが好きな【平成・スーパー戦隊】」というテーマのもと、10~50代の男女6753名に対して実施した調査に基づくもの。  子どもも大人も夢中になる『スーパー戦隊』。第1位に輝いた『侍戦隊シンケンジャー』は、2009年から放送されたシリーズ33作目となる作品。「侍」をモチーフにした本作ならではの本格的な殺陣シーンで話題を集めた。さらに、シンケンレッド役の松坂の出演など、40代女性からダントツの支持を集めたという。  第2位の『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』は、昨年2018年から放送されたシリーズ42作目。20代男性、40代男性票では1番人気となっている。第3位の『百獣戦隊ガオレンジャー』は2001年から放送されたシリーズ25作目。俳優の玉山鉄二、現在は「純烈」リーダーとして活躍する酒井一圭、Hey! Say! JUMPの有岡大貴も子役として出演するなど、現在も活躍中の俳優・アイドルが多数出演している。  第4位は、2014年から放送されたシリーズ38作目『烈車戦隊トッキュウジャー』。志尊淳、横浜流星らの出演あってか、30代女性の人気1位を獲得した。第5位は、2011年から放送されたシリーズ35作目『海賊戦隊ゴーカイジャー』。ゴーカイブルー役を演じた山田裕貴も、NHK連続テレビ小説『なつぞら』出演中など、今もなお活躍中だ。  第6位は、2002年から放送された『忍風戦隊ハリケンジャー』、第7位は2004年から放送された『特捜戦隊デカレンジャー』、第8位は、2000年から放送された『未来戦隊タイムレンジャー』、第9位は、1994年から放送された『忍者戦隊カクレンジャー』、第10位は、1999年から放送された『救急戦隊ゴーゴーファイブ』がそれぞれ並んでいる。

  • 映画『いなくなれ、群青』場面写真

    横浜流星×飯豊まりえ『いなくなれ、群青』美しく切ないシーンカット公開

    映画

     俳優の横浜流星が主演を務め、共演に女優の飯豊まりえを迎える映画『いなくなれ、群青』より、2人の美しく切ない表情を捉えたシーンカットが公開された。@@cutter 本作は、第8回「大学読書人大賞」受賞作で、「読書メーター読みたい本ランキング」第1位を獲得した河野裕の同名タイトル小説を映画化。小説の主人公・七草は、物事を悲観的に捉えることが多い高校一年生。階段島と呼ばれる島での安定した学生生活を気に入っていたが、小学4年から中学2年まで一緒に過ごしていた少女・真辺由宇と再会したことで、島の謎や連続落書き事件に関わらざるを得なくなっていく。  ミステリアスな雰囲気を身にまとう七草役を演じる横浜は「世界観が幻想的で素敵で、ミステリーだけどファンタジー要素も含まれているところに惹き込まれました。何より10代に感じる繊細な心情や言葉や表現に魅了され、2人の恋よりも純粋な関係に温かく愛おしい気持ちになれる作品です」と作品の感想をコメント。  自身が演じる七草については「真辺との再会をきっかけに島の謎や事件に関わっていくことになります。その中で色々な感情に駆られますが、感情を表に出さない少年です」と説明し、「七草と真辺の空気感を大切に、七草の繊細さを丁寧に演じました」と語っている。  原作で「誰よりも真っ直ぐで、正しく、凛々しい少女」と称される真辺由宇を演じる飯豊は、由宇について「階段島という異質な閉鎖的空間の中で、唯一、島から出ることに立ち向かおうとする理想を強く持ち、自分の気持ちに正直で素直な女の子です」と評し、「人が成長していく過程で忘れてしまうもの。記憶から捨ててしまうもの。誰しもが必ずは経験があると思います。この作品に出会ってくださった方の中にある『忘れられない捨てたい記憶。』それら、自分の弱い部分を許して受け入れるきっかけになりますように」とコメントを寄せている。  解禁された場面写真は3点。1点目は、意味ありげに切ない表情で並んで佇む七草と由宇の姿を捉えたもの。残る2点は、遠くを見つめる七草と由宇をそれぞれ写したものとなっている。  本作でメガホンをとった柳明菜監督は「七草を演じる横浜流星さん、真辺を演じる飯豊まりえさん、お二人の空気感とエネルギーに加え、熱量の高い役者陣によって、純度の高い作品に仕上がったと感じています」とメッセージを寄せている。  映画『いなくなれ、群青』は9月全国公開。

  • (左から)『いなくなれ、群青』原作書影、映画の場面写真

    横浜流星主演×飯豊まりえ共演、『いなくなれ、群青』実写映画化

    映画

     第8回「大学読書人大賞」受賞作で、「読書メーター読みたい本ランキング」第1位を獲得した河野裕の小説『いなくなれ、群青』の実写映画化が決定し、主演に横浜流星、共演に飯豊まりえを迎えることが発表された。@@cutter 4月26日にシリーズ完結巻が刊行される、累計80万部の青春ミステリー小説を実写映画化する本作。小説の主人公・七草は、物事を悲観的に捉えることが多い高校一年生。階段島と呼ばれる島での安定した学生生活を気に入っていたが、小学4年から中学2年まで一緒に過ごしていた少女・真辺由宇と再会したことで、島の謎や連続落書き事件に関わらざるを得なくなっていく。  ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)での個性的な役柄が反響を呼び、5月10日には朝井リョウ原作の主演映画『チア男子!!』の公開を控える横浜が、ミステリアスな雰囲気を身にまとう主人公の七草を演じる。  一方、映画『暗黒女子』『祈りの幕が下りる時』など多くの映画やドラマで女優としてのキャリアを積んできた飯豊が、「誰よりも真っ直ぐで、正しく、凛々しい少女」と称される真辺由宇を演じる。  監督は、アメリカの高校在学中の2001年に短編映画でバッカイフィルムフェスティバルのオハイオ州優秀賞を受賞し、帰国後は、カメラマン・映像監督として活動をしてきた柳明菜が務める。  今回の発表と併せて、原作小説の書影を隣に配置した映画場面写真も解禁。場面写真は、壮大な自然が広がる風景の中、制服姿の男女が向かい合う姿を捉えたもの。原作の繊細な世界観がどのように映像で表現されているのか、期待が高まるビジュアルとなっている。  映画『いなくなれ、群青』は9月全国公開。

  • (左から)深田恭子、横浜流星

    深田恭子&横浜流星がニッコリ 『はじこい』クランクアップ写真に反響

    エンタメ

     俳優の横浜流星が20日、自身のインスタグラムに先日最終回を迎えたドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)のクランクアップショットを公開。ヒロイン役の深田恭子、そして監督の福田亮介とのツーショットを投稿し、撮影の日々を振り返った。@@cutter 「ドラマ『はじこい』観てくださった方々、本当にありがとうございました。深田さんをはじめとしたキャストの皆さん、福田監督をはじめとしたスタッフの皆さんと共に、約4ヶ月間、素敵な作品に匡平として生きれたことを幸せに思います」と感謝の言葉をつづった横浜。  「本当に楽しかったし、僕にとってかけがえのない大切な作品になりました」と続け、深田、福田監督と撮影したツーショットをそれぞれ投稿。花束を手にしながら、満面の笑みを浮かべた。  投稿された写真のハッシュタグには「#最後まで応援してくれてありがとう」「#一日一日」「#全力で頑張ります」と宣言。「#終わっても応援してね。。」とお茶目な一面もみせている。  コメント欄には、「来週からどうやって生きていこうか」と『はじこい』ロスに陥ったファンが殺到。「流星くんがユリユリでよかった」「夢見させてもらいました」といった賞賛の声や「ずっと応援します」「素敵な物語をありがとう」など、ファンからのコメントが相次いでいる。 引用:https://www.instagram.com/ryuseiyokohama_official/

  • 『初めて恋をした日に読む話』主演の深田恭子

    深田恭子の恋の行方に視聴者「心臓がもたん」 『初めて恋をした日に読む話』最終話(ネタバレあり)

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)の最終話が19日に放送され、順子(深田)が匡平(横浜流星)の告白を断るシーンに、ネット上には「心臓がもたん」「切なくて泣きそう」「胸が苦しい」などの声が殺到した。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  順子(深田)は、匡平(横浜流星)の東大二次試験当日、交通事故に遭ってしまう。事故を知った雅志(永山絢斗)は、ロシア行きが決定する大事なレセプションを投げ出して順子の元へ向かう。一方、匡平は、美和(安達祐実)からの電話で順子の状況を知り激しく動揺するが、目の前の試験に挑む道を選ぶ。  一命をとりとめた順子は数日の入院をへて退院。彼女の自宅の近くまでやってきた匡平は順子に駆け寄り「俺、東大に合格した!」と報告。そして匡平は真剣な表情で「結婚なんかすんな…俺は…」と話し始めると、順子は「雅志となら幸せになれるんじゃないかと思ったの」とウソをついて、彼に自分のことを諦めさせようとする。このシーンにネット上には「フっちゃうのかぁ…」「ハッピーエンドがいいのに!」「ゆりゆりを捨てないでー」などの反響が。  結婚話がウソだったと知った匡平は、改めて順子の元へ。匡平はまっすぐに順子を見つめて「俺のこと好きか? “はい”か“いいえ”で。はぐらかすな、ウソもつくな」と質問すると、彼女は間を置いて上目遣いに「はい…」と回答。しかし順子は「ゆりゆりはこれから東大に入っていろんな人にあって変わっていくし、変わっていかなきゃいけない!」と匡平を遠ざけようとする。匡平が「好きなだけじゃダメなのか?」と食い下がると、順子は「もし5年後、10年後フラれたら東大落ちたよりも落ちる」と打ち明ける。このシーンに視聴者からは「心臓がもたん」「切なくて泣きそう」「胸が苦しい」などのツイートが殺到した。  本編のクライマックス、匡平を思う気持ちに正直なることを決めた順子は、東大のキャンパスへ赴いて彼に告白。2人は晴れて付き合うことになる結末が描かれると、放送終了後には「あぁ〜良かった。ホントに良かった」「きゅんきゅんをありがとうー!!」「あぁ恋したい」「続きが見たいよ〜ぜひぜひ続編を」などのコメントがSNS上に寄せられた。

  • 『初めて恋をした日に読む話』最終回場面写真

    今夜『初めて恋をした日に読む話』最終回、横浜流星の入試日に深田恭子が事故に…

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の最終回が今夜放送。今回は、順子(深田)が、匡平(横浜流星)の入試日に交通事故に遭ってしまう展開に…。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。  順子は、匡平の東大二次試験当日、交通事故に遭ってしまう。事故を知った雅志(永山絢斗)は、ロシア行きが決定する大事なレセプションを投げ出して順子の元へ向かう。  一方、匡平は、美和(安達祐実)からの電話で順子の状況を知り激しく動揺するが、目の前の試験に挑む道を選ぶ。  果たして順子の運命は。そして東大受験と恋の結末は…。  火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』最終回は、TBS系にて今夜3月19日22時放送。

  • 深田恭子、横浜流星

    深田恭子&横浜流星、抱き合うシーンに反響 『初めて恋をした日に読む話』第9話

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の第9話が12日に放送され、順子(深田恭子)と匡平(横浜流星)が抱き合うシーンに反響が寄せられた。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  いよいよセンター試験まであと7日。センター試験前の塾での授業を終えた順子は、匡平と美香(吉川愛)に連絡先を教える。一方、お好み焼き屋「ハングリージャングル」で、匡平と美香に勉強対策をしていた朋奈(高梨臨)の勉強会も最後の日となった。しかし朋奈が席を外した時、匡平は店長のゴリさん(皆川猿時)から雅志と順子が結婚すると聞き…。  東大受験も佳境を迎えた2月3日、匡平は18歳の誕生日を迎える。順子は“この日だけは特別”と匡平の友人や家族と共に彼の家で誕生日パーティーを催すことに。パーティーが終わり、匡平の部屋を訪ねた順子は「私からプレゼント…」と切り出すと「受験生は験担ぎ大事! ストレス解消に豆投げていいよ!」と一言。順子は匡平に節分の豆を手渡すと、鬼の面を被り両手を広げて「ほら!いいよ!」とおどける。  このシーンに視聴者からは「深田恭子かわいすぎてヤバい」「こんなかわいい鬼に豆投げるやつおらんて〜」「なんだ、この可愛すぎる鬼」などのツイートが殺到。さらに順子が両手を広げる姿に対して「この手の広げ方は誘ってるよね」「抱きつけ!」などの投稿もネット上に寄せられた。  匡平は順子に近づき彼女が被っていた面を上に外すと、まっすぐな眼差しで「好きです。先生のことが好きです」と告白。匡平が、慌てて面を被り直した順子をギュッと抱き締めると、SNS上には「可愛すぎる告白」「きたー!!」「今日もキュンキュンする」などの反響が。そして順子が匡平の気持ちに応えるように手を彼の背中に回すと、ネット上には「自然に手が動いたー!」「まさかの両思いなのか!?」「順子先生の手の位置!」などの声が寄せられた。

  • 『初めて恋をした日に読む話』第9話場面写真

    今夜『初めて恋をした日に読む話』、永山絢斗は深田恭子にプロポーズし…

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の第9話が今夜放送。今回は、順子(深田)が雅志(永山絢斗)からプロポーズされ、匡平(横浜流星)が2人の結婚を人づてに聞かされる展開に。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。  順子は、匡平の休んでいた遅れを取り戻すため、順子の部屋を開放し美香(吉川愛)、朋奈(高梨臨)と一緒に勉強会を開いていた。そこに突然雅志が現れ、いつになく思いつめた様子の雅志に、順子は匡平のこと、朋奈のことを聞き出そうとする。  12月になり、順子と雅志は、親戚の結婚式で久しぶりに親戚が集合する中、帰りに春見家に立ち寄る。そこで話題になるのは、30歳過ぎていまだ未婚の順子と雅志の結婚話。いたたまれなくなった順子と雅志は順子の部屋へ避難するが、その時雅志は順子に決死のプロポーズをする。  新年を迎え、新学期になった南高校には、心機一転し受験に本腰を入れた匡平が登校してきていた。山下(中村倫也)は、匡平の受験に向かう姿勢を褒め励ますが、匡平は前から気がかりだったある事を山下に聞いてみる。  いよいよセンター試験まであと7日。センター試験前の塾での授業を終えた順子は、匡平と美香に連絡先を教える。一方、お好み焼き屋「ハングリージャングル」で、匡平と美香に勉強対策をしていた朋奈の勉強会も最後の日となった。しかし朋奈が席を外した時に、匡平は店長のゴリさん(皆川猿時)から雅志と順子が結婚すると聞き…。  火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第9話は、TBS系にて今夜3月12日22時放送。

  • 映画『チア男子!!』本ポスター

    横浜流星×中尾暢樹『チア男子!!』全力の本予告公開

    映画

     俳優の横浜流星と中尾暢樹がダブル主演を務める映画『チア男子!!』より、本予告と本ポスターが解禁された。映像には、全員20代の若手キャストらが3カ月徹底的に練習し、本気で挑んだ全力パフォーマンスによるチアリーディングの模様が映し出されている。@@cutter 本作は『桐島、部活やめるってよ』『何者』などの作品で知られる作家・朝井リョウが、実在する男子チアチーム「SHOCKERS」をモデルに執筆した同名小説を実写化。道場の長男として幼い頃から柔道を続けてきた大学1年の坂東晴希(横浜)が、負傷をきっかけに柔道をやめ、親友の一馬(中尾)と一緒に、大学チアリーディング界初となる男子チアチーム「BREAKERS」結成を目指す姿を描く。  本予告は、体育館での試合開始前に円陣を組んで気勢を上げるBREAKERSのメンバーたちの姿から始まる。続いて、ハル(横浜)が親友のカズ(中尾)から「2人で面白いこと始めようぜ!」と男子チアリーディング部の創設に誘われる姿や、悩みや葛藤を抱えながらも仲間を集め、少しずつ上達していく様子が映し出される。しかし順風に思われた時、ハルのスマートフォンに「ごめん。俺チア辞める」とカズからのメッセージが。それぞれの悩み、葛藤、思いが一気にあふれ出し、7人の間に亀裂を生んでしまう。  映像の後半では、葛藤や固定概念を7人でぶっ壊したいという思いでできあがったBREAKERSのそれぞれの思いや、ハルの「一人とか言うなよ!」という涙の訴えなど、心打たれる場面が描かれる。練習や撮影の見学、風間太樹監督との打ち合わせなどを経て本作のために書き下ろした阿部真央による主題歌『君の唄』も映像を彩っている。  本ポスターは、BREAKERSの仲間たちに囲まれた横浜と中尾がとびきりのビッグチアスマイルでこぶしを突き上げる姿を描いたもの。「チアをはじめていなかったら、こんな笑顔に出会えなかった。」というキャッチコピーとともに、感動の青春物語の始まりを予感させるデザインとなっている。  映画『チア男子!!』は5月10日より全国公開。

  • (左から)横浜流星、深田恭子

    横浜流星、深田恭子と“ウサ耳”2ショット披露に反響「キュン死です」

    エンタメ

     俳優の横浜流星が5日、自身のインスタグラムに深田恭子とのツーショット動画を披露。耳が動く白ウサギの帽子をかぶった横浜と、後ろで耳を動かす深田のコンビに、「キュン死です」「かわいすぎてしんどい」などのコメントが寄せられている。@@cutter  横浜と深田は、現在放送中のドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)で共演。恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリーで、中でも匡平(横浜)との微妙な関係性が毎週話題となっている。  公開された動画では、ウサギの耳がついた帽子をかぶり、自身の出演するドラマをアピールした横浜。深田と共に耳をぴょこぴょこさせる映像から、2人のキュートな姿を見ることができる。  2ショット動画をみたファンからは、「キュン死です」「2人とも可愛すぎ」といった声や「まじむりかわいすぎてしんどいです」「2人とも天使すぎる」「なんでそんなにかわいいの」との反響コメントが多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/ryuseiyokohama_official/

  • (左から)中村倫也、深田恭子

    深田恭子に中村倫也が「チューしていい?」 視聴者興奮の『初めて恋をした日に読む話』第8話

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の第8話が5日に放送され、山下(中村倫也)が順子(深田)に「チューしていい?」と聞くシーンに、ネット上には「キュン死」「ずるい」「やばいでしょー!」などの声が殺到した。@@cutter 匡平(横浜流星)が受ける東大模試の当日、順子は教え子のことを気にかけながらも、山下とデートをすることに。公園のベンチで待つ順子の元に、バイクに乗った山下が登場。山下が笑顔で順子にヘルメットを渡し「乗って」と声をかける。順子が笑顔でうなずきそれを受け取るとバイクの後ろへ。山下は背後にいる順子に「捕まって。行くぞ」と声をかけ、アクセルを吹かしバイクを走らせる。このシーンにSNS上には「山下くんカッコいいわぁ…」「バイクやべーー」「山下くんイケすぎ」などの反響が。  バイクで移動する最中、山下にギュッとつかまりながら笑顔を見せる順子の姿が画面に映し出されると「後ろからギュって!はぁ順子ちゃんいいなぁ~」「女から見ても可愛すぎる深キョン様」などの声もネット上に寄せられた。  海の見えるベンチで缶コーヒーを飲みながら休憩する2人。順子が笑顔で「おいしい」とつぶやくと、それを聞いた山下は彼女の肩に手を置き、顔を近づけて目を見つめながら「チューしていい?」と一言。順子は山下の言葉をとがめるような調子で「こらぁ」と返す。このやり取りに視聴者からは「チューしていい?って聞く山下くん!キュン死」「ずるい」「チューしていい?はやばいでしょー!」「かわいすぎんか!?」などのツイートが殺到。  一方で順子に対しても「自分が可愛すぎることに気づいて!」「あんなイケメンに『チューしていい?』って言われたら『こらぁー』なんて可愛く返せない」などの声もネットに上がっていた。

  • 『初めて恋をした日に読む話』第8話場面写真

    今夜『初めて恋をした日に読む話』、深田恭子&中村倫也のデートを目撃した横浜流星は…

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の第8話が今夜放送。今回は、順子(深田)と山下(中村倫也)がデートしているところを匡平(横浜流星)が目撃し、嫉妬から音信不通になってしまう展開となる。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。  理数科目で匡平を担当していた、東大受験専門塾「花恵会」の人気講師・朋奈(高梨臨)が経歴詐称していた影響から、「花恵会」が規則を厳格にし、特例での匡平の受講は撤回となってしまった。理数科目もすべて「山王ゼミナール」で教えることになり、順子が匡平に数学を教えていると朋奈が姿を現す。朋奈は指導方法や授業プランをまとめた授業ノートを順子に渡し、ノートを見た順子は朋奈にある提案をする。  その夜、美和(安達祐実)の声掛けで、順子・朋奈・雅志(永山絢斗)のメンバーでプチ同窓会のような飲み会を行う。そこに山下が現れ驚く順子。「合コンみたい!」とはしゃぐ美和の提案で、順子と山下、雅志と朋奈がそれぞれデートをする流れになってしまう。  一方、東大模試に向けて自宅で勉強をしていた匡平は、父親の菖次郎(鶴見辰吾)が電話で揉めている声を聞き不安になる。様子を窺う匡平だったが、菖次郎から初めて優しい言葉をかけられ、うれしさを隠せない。  迎えた東大模試当日、順子は匡平のことが気にかかりながらも山下とデートする。夕方、模試が終わり、順子と匡平は朋奈も交え自己採点をしてみたが、予想ではE判定。順子は匡平を励ますが、逆に順子が山下といるところを目撃した匡平から問い詰められる。とっさに順子がデートしていたと正直に告白すると、匡平は嫉妬して帰ってしまう。  翌日、順子は山下から、匡平が学校を欠席したと聞く。そして、雅志からもカフェで勉強していた匡平を自分の家に連れて行ったと聞き、匡平の状況が気になって仕方がない。さらに翌日、匡平が塾を欠席すると連絡が入り、心配する順子は何度も匡平に電話をするが繋がらない。  そんな中、匡平が欠席している学校の授業中、教頭が山下を呼びに来た。そして、呼ばれた先で山下が見たものは…。  火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第8話は、TBS系にて今夜3月5日22時放送。

  • 『初めて恋をした日に読む話』第7話場面写真

    今夜『初めて恋をした日に読む話』、深田恭子が横浜流星&高梨臨に嫉妬!?

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の第7話が今夜放送。今回は、順子(深田)が匡平(横浜流星)を東大受験専門塾に通わせるが、その塾の人気女性講師・朋奈(高梨臨)と自身を比べて落ち込む様子が描かれる。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。  順子は匡平をなんとしてでも東大に合格させるため、理数科目だけ東大受験専門塾『花恵会』に通わせることに。花恵会の講師の中で一番人気の百田朋奈が匡平を担当することになり、一緒に見学をしに来たエンドー(永田崇人)たちは魅力的な百田にデレデレ。初めは順子以外から勉強を教わる事を嫌がった匡平だったが、百田の授業を受けて腕は確かだと認める。  一方で、順子は自分から匡平を花恵会に薦めたものの、学歴、実績、若さ、お金…と自分にはないものを全て持っている百田と自身を比べて落ち込む。それを美和(安達祐実)から「嫉妬なんじゃない? 講師としても。女としても」と言われるが即座に否定。そして、百田の指導を受けた匡平が、自分の頼りなさに気づかないようにと教材作りに燃える。  そんなある日、匡平と百田が2人で歩いているのを見かけたゴリさん(皆川猿時)は、ある事を思い出し雅志(永山絢斗)に電話をかける。  同じ頃、順子に告白をした山下(中村倫也)の元には、ある人物が訪れ…。  火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第7話は、TBS系にて今夜2月26日22時放送。

  • (左から)中村倫也、深田恭子

    深田恭子が中村倫也に“腹パン” 視聴者騒然『初めて恋をした日に読む話』第6話

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の第6話が19日に放送され、山下(中村倫也)の冗談を真に受けた順子(深田)が彼に強烈なパンチを浴びせるシーンに視聴者から「腹パンw」「ナイスパンチ」「けっこう重めの腹パンでわろた」などの反応がSNSに多数寄せられた。@@cutter 家の前で山下(中村倫也)と2人でいるところを匡平(横浜)に見られ順子(深田)は動揺。さらに山下から「匡平は順子のことが好きだ」と聞かされパニックに。そんな中、美和(安達祐実)の提案で順子たちの高校の同窓会を開くことに。一方で、匡平に勉強を教えていた順子は、数学の質問に即答することができず、自分の力不足を痛感。順子は匡平のためを思いある決断をする…。  塾から帰宅しようとする順子の前に、山下が姿を現し「今から少し時間ある?」と一言。泥酔した順子を家に送り届け、そのまま2人してベッドで眠ってしまってから連絡を絶っていた順子は、山下からのしつこい誘いを「断る」「応じかねる」と拒絶する。「話聞けよ」と順子を止める山下だったが、彼女から「話って何?」と問われると「普通にこの前の続きがしたいなぁって」と回答。続けて「おっぱい揉んでそれっきりだったし」と一言。このセリフに対してネット上には「ストレート爆笑」「ちょいちょい下ネタ挟んでくる山下くん好きだよ」「さらって下ネタぶっ込んでくる山下くんよ」などの反響が。  この言葉に表情を一変させた順子は、怒りを込めて山下の腹部めがけて強烈なパンチを一発。“ドスン”という鈍い音がすると、山下はうめき声を上げながら思わず腰を折ってしまう。このシーンに視聴者からは「腹パンw」「ナイスパンチ」「けっこう重めの腹パンでわろた」などのツイートが多数寄せられた。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access