チョ・ジヌン 関連記事

  • 映画『工作 黒金星と呼ばれた男』日本オリジナルポスタービジュアル

    実在の韓国スパイが見た母国の闇…『工作 黒金星と呼ばれた男』公開

    映画

     北朝鮮への潜入捜査を命じられた実在の韓国スパイの活動と苦悩を映画化した『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』が、7月19日より公開されることが決定。日本オリジナルのポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 本作は、1992年、北朝鮮の核開発をめぐって朝鮮半島の緊張状態が高まる中、北への潜入捜査を命じられたスパイ、黒金星(ブラック・ヴィーナス)による緊迫感あふれる工作活動と、命を賭けてまで尽くした祖国の闇に気づき苦悩する姿を、実話に基づいて描くサスペンス作品。  主人公の対北工作員・黒金星を映画『哭声/コクソン』『アシュラ』のファン・ジョンミン、北朝鮮の最高位層の人物リ・ミョンウンをイ・ソンミン、工作戦の総責任者である韓国の国家安全企画部(現在の国家情報院)室長チェ・ハクソンを『お嬢さん』のチョ・ジヌン、北朝鮮の国家安全保衛部の要員チョン・ムテクを『アシュラ』でファン・ジョンミンと共演したチュ・ジフンが演じる。監督は映画『群盗』『悪いやつら』のユン・ジョンビン。  1992年、軍人だったパク・ソギョン(ファン・ジョンミン)は北の核開発の実態を探るため、コードネーム黒金星という工作員として北朝鮮に潜入するよう命令される。事業家にふんしたパクは、3年にも及ぶ慎重な工作活動の末、北朝鮮の対外交渉を一手に握るリ所長(イ・ソンミン)の信頼を得ることに成功し、北朝鮮の最高国家権力である金正日と会うチャンスをものにする。しかし1997年、韓国の大統領選挙をめぐる祖国と北朝鮮の裏取引によって、自分が命を賭けた工作活動が無になることを知り、パクは激しく苦悩する。  日本オリジナルポスターは、「誰も知らなかった南と北の裏の裏の裏」「北に潜入した工作員の見た祖国の闇には、驚愕の真実が隠されていた―」というコピーと共に、作品を引っ張っていく4人のキャラクター全員が、それぞれ異なる方向を見つめる姿がデザインされたもの。スタイリッシュで緊張感あふれる物語を予感させるビジュアルとなっている。  映画『工作 黒金星と呼ばれた男』は7月19日より全国公開。

  • 『いつか家族に』メインビジュアル

    11年間育てた息子は他人の子…ハ・ジョンウ主演『いつか家族に』予告

    映画

     映画『1987、ある闘いの真実』のハ・ジョンウが監督と主演を務める映画『いつか家族に』が12月22日に公開されることが決定し、予告編が公開された。血を売ることで家族を支える男の葛藤や父親としての成長、家族の絆が映し出されている。@@cutter 本作は、中国でベストセラーとなり、その後世界中で翻訳・出版された余華の小説『血を売る男』が原作。2018年に韓国で百想芸術大賞を4部門受賞した『1987、ある闘いの真実』に出演している俳優ハ・ジョンウが韓国に舞台を移して映像化した。主人公の妻役を映画『マンハント』のハ・ジウォンが演じるほか、『お嬢さん』の俳優チョ・ジヌン、ドラマ『コーヒープリンス1号店』の女優ユン・ウネなどが出演している。  1953年、朝鮮戦争終戦直後の韓国。大工仕事で生計を立てるサムグァン(ハ・ジョンウ)は、ポップコーン売りの美しいオンナン(ハ・ジウォン)に一目ぼれし、彼女に羽振りのよい恋人がいると知りつつ、オンナンの父を説得して結ばれる。その後利発な長男をはじめとする3人の子宝に恵まれ、貧しくも幸せに暮らしていた。ところが、11年間育てた長男が他人の子どもではないかという噂が流れる…。  公開された予告編では、主人公サムグァンが幸せな家庭を築く姿を皮切りに、長男イルラクが他人の子という噂が流れ、血液検査を受けさせる場面が映し出される。結果、他人の子と分かるが、変わらずサムグァンを父と慕うイルラクと、葛藤するサムグァン。そんな中、イルラクが病に倒れ、彼を救うためサムグァンは自身の血と引き替えに金策に奔走する。映像は「家族のために生きる」という言葉で締めくくられ、彼らが本当の「家族」になるまでの試練と葛藤、そして深い愛情が映し出した内容となっている。  場面写真では、サムグァンとオンナンの結婚式や、サムグァンがイルラクをおんぶする姿、サムグァンの顔を心配そうにのぞき込むイルラクの姿などが公開されている。  『いつか家族に』は12月22日より全国公開。

  • 『ファイ 悪魔に育てられた少年』場面写真

    韓国を震撼させたサスペンス・アクション『ファイ 悪魔に育てられた少年』公開決定!

    映画

     『チェイサー』『哀しき獣』のキム・ユンソクが犯罪集団のリーダー役を演じ、韓国週末興行成績第1位(2013年10月9日公開)、観客動員数239万人を突破したことでも話題の『Hwayi』の邦題が『ファイ 悪魔に育てられた少年』となり、4月下旬に全国公開することが決定。さらに、予告映像も到着した。@@cutter 本作では、キム・ユンソクが犯罪集団のリーダー役を圧倒的存在感で演じ、自らを誘拐した犯人たちに育てられ、殺しのスキルを身に付けた幼きモンスター・ファイをヨ・ジングが熱演。ヨ・ジングは、撮影時15歳だったとは思えぬオーラを見せつけ、第33回韓国映画評論家会賞と第34回青龍映画祭にて最優秀新人男優賞を受賞した。さらに、チョ・ジヌン、イ・ギョンヨン、チャン・ヒョンソンら、いずれ劣らぬ個性派が集結し脇を固めている。チャン・ジュナン監督はデビュー作『地球を守れ! 』で国内外に熱狂的なファンを多く持ち、10年振りの復帰作となる本作で、その期待に応えている。  そんな話題作の予告映像も解禁された。既存の作品では見られない衝撃的な題材を、世代を超えた演技派俳優達が熱演。キム・ユンソク演じる犯罪集団をまとめるリーダー・ソクテは冷酷な判断力を持ち、何を考えているか分からない絶対的なカリスマを持つ人物として描かれている。そして、5人の犯罪者に育てられた少年ファイが徐々に変貌していくその驚くべき感情の変化がスクリーンを圧倒。純粋さと怒り、悲しみと切なさの混ざり合った、衝撃的な予告編となっている。  天使の心を持って生まれ、魔物になるよう育てられた少年ファイ。17歳のファイは、学校に通う代わりに“5人の父親”から犯罪のスキルを教え込まれて育った。カリスマリーダーのソクテ、心優しい運転手ギテ、インテリのジンソン、スナイパーのボムス、攻撃的なドンボム。父たちと同じ道に生きることを余儀なくされ、殺人現場へ連れ出されたファイは、一発の銃声が鳴り響いた瞬間から魔物のように恐ろしい“過去の真実”に直面する。残酷な人生を背負ってしまった少年と、彼を取り巻く男たちの凶行は、容赦なき運命に導かれ疾走していく。  『ファイ 悪魔に育てられた少年』は4月より全国公開。

  • 『容疑者X 天才数学者のアリバイ』

    東野圭吾の『容疑者X』韓国で完全映画化! DVD発売決定

    映画

     東野圭吾の最高傑作との呼び名も高い『容疑者Xの献身』が韓国で『容疑者X 天才数学者のアリバイ』として完全映画化され、日本でも公開、ついにDVD発売されることがわかった。@@cutter 本作は、第134回直木賞を受賞した人気ミステリーを原作にした作品。日本では、福山雅治が主演し、「ガリレオ」シリーズとしてドラマ化、さらには映画化されて大ヒットを記録した。  韓国版では、斬新なアレンジを施し、「献身」の意味を強く押し出した、感情を揺さぶる“泣ける”ミステリーになっており、東野も大絶賛している。  高校の数学教師のソッコは、隣室に引っ越して来た女性・ファソンが偶発的に元夫を殺害したことを知った。秘かに見守ってきたソッコは彼女のために完璧なアリバイを考え出し、彼の指示通りに動いたファソンは捜査線上から無事に逃れることができた。しかし、ソッコは態度を急変させていく。そこには驚くべき綿密な計算と献身愛が隠されていた。  主演のソッコには『ベルリンファイル』のリュ・スンボム。孤独に暮らす高校教師・ファソン役は『善徳(ソンドク)女王』のイ・ヨウォン、ふたりを追う刑事役を『悪いやつら』のチョ・ジヌンといった実力派が務める。監督は、パン・ウンジン。  日本での大ヒットが記憶に新しいだけに、韓国版にも期待が寄せられる本作。新たな「ガリレオ」の世界を堪能してほしい。  DVD『容疑者X 天才数学者のアリバイ』は9月13日より発売、価格は4179円(税込)。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access