リチャード・マッデン 関連記事

  • 『ロケットマン』ビジュアル

    タロン・エガ-トン、吹き替え無しでエルトン・ジョンを歌う! ミュージカル公開

    映画

     映画『キングスマン』シリーズのタロン・エガ-トン主演で、伝説的ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描く映画『ROCKETMAN(原題)』が、邦題を『ロケットマン』として日本公開されることが決定。きょう3月25日に72歳を迎えたエルトンの誕生日を記念して発表された。@@cutter エルトンはグラミー賞を5度受賞し、「ローリングストーン誌が選ぶ歴史上最も偉大なアーティスト100組」にも選ばれ、「僕の歌は君の歌(Your Song)」「キャンドル・イン・ザ・ウィンド(Candle in the Wind)」「愛を感じて(Can You Feel the Love Tonight)」、そしてタイトルにもなっている「ロケットマン(Rocket Man)」など、シングルとアルバムの総売り上げが全世界で3億枚を超えるシンガーソングライター。本作は、そんなエルトンの半生を描くミュージカル超大作となっている。  エルトンを演じるのは、『キングスマン』シリーズのエグジー役で知られるタロン。タロンは、2016年のイルミネーション・エンタテインメントのアニメ『SING/シング』でエルトンの「アイム・スティル・スタンディング(I’m Still Standing)」を甘い歌声で披露している。今作では過酷なボイストレーニングを経て、劇中でのエルトンの楽曲を吹き替え無しで歌いきるという、熱演ぶりを披露する。  このほか、数々の名曲をエルトンと共作した創作上のパートナー、バーニー・トーピン役に映画『リトル・ダンサー』のジェイミー・ベル、エルトンの母シーラ役に『ジュラシック・ワールド』シリーズのブライス・ダラス・ハワード、エルトンのマネージャーで、後にクイーンを見出したことでも知られる敏腕音楽プロデューサーのジョン・リード役にテレビドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のリチャード・マッデンをキャスティング。  監督を、昨年公開され大ヒットした映画『ボヘミアン・ラプソディ』で製作総指揮を務めたデクスター・フレッチャーが務める。同作では、監督のブライアン・シンガーが撮影中に降板した後に監督を代行し、作品を完成させたことでも話題を呼んだ。  『リトル・ダンサー』で第73回アカデミー賞脚本賞にノミネートされたリー・ホールが脚本を担当し、製作には監督作『キングスマン』でタロンとタッグを組んだマシュー・ヴォーンを迎える。さらにエルトン本人も製作として参加し、数々の名曲の使用が実現している。  映画『ロケットマン』は2019年全国公開。

  • 『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』ミッシェル・フェイバー原作の新SFドラマに出演するというハーレイ・ジョエル・オスメント

    『シックス・センス』ハーレイ・J・オスメント、新SFドラマに出演

    海外ドラマ

     映画『シックス・センス』でブレイクし、一時休業後2013年頃より再び俳優活動を始めたハーレイ・ジョエル・オスメントが、SF小説『The Book of Strange New Things(原題)』をベースにした新ドラマに出演するとDeadlineが伝えた。@@cutter 原作『The Book of Strange New Things(原題)』は、スカーレット・ヨハンソン主演で映画化された『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』原作者ミッシェル・フェイバーが、2014年に発表したSF小説。近未来を舞台に、人類が移住する新たなコロニーを探索する任務を負ったピーターという名前の神父が、宗教心や人類の生き方を試されることになる発見をするという。  ハーレイは新しいコロニーの植物学者チームを率いることになるまで、大量の大麻を栽培していたというサイというキャラクターを演じるとのこと。新ドラマのタイトルは未定。パイロット版の制作が決まっており、映画『シンデレラ』(15)で王子を演じた俳優リチャード・マッデンが、ピーターを演じる。  Amazon製作で、脚本&製作総指揮は映画『ブリッジ・オブ・スパイ』(16)のマット・シャルマンが務める。人気海外ドラマ『アウトランダー』シリーズのアンディ・ハリースが、プロデューサーとして参加。映画『消されたヘッドライン』(09)や『ブラック・シー』(15)の監督ケヴィン・マクドナルドが、1時間のパイロット版のメガホンを取るという。

  • 高畑充希&城田優、実写版『シンデレラ』で声優挑戦!

    高畑充希、ディズニー映画でシンデレラ役の声優に!プリンス役は城田優

    映画

     ディズニー珠玉のラブストーリーを実写化した映画『シンデレラ』(4月25日公開)の日本語吹替版キャストが発表され、シンデレラ役を高畑充希、プリンス役を城田優が務めることが決定した。@@cutter 2人を起用した理由についてディズニーは、「高畑さんは非常に高い演技力があり、シンデレラの持つ純粋さや透明感、勇気や芯の強さがぴったり。城田さんは、雰囲気と外見はもちろん、優しさと誠実さを持つ今回のプリンスのイメージに重なる」と絶賛した。  注目の新人女優リリー・ジェームズ演じる今回のシンデレラは、ありきたりなシンデレラ像ではなく、継母やその娘たちとの不遇な時を過ごしながらも、プリンスとの出会いをきっかけに、夢を叶えようと勇気を持って自らの意思で行動する、現代にふさわしい新たなヒロイン像として表現されている。  その日本語吹替版キャストに選ばれた高畑は、「シンデレラは“女性の永遠の憧れ”なので、期待の大きい役を任せていただき、なんて幸せなんだと思いました。今回、私自身が抱いていたシンデレラとはまた少し違った新たなヒロイン像として登場するので、格好よく演じたいです」と意欲満々。  一方、リチャード・マッデン演じる世界で最も有名なプリンス役に声優として抜てきされた城田は、「去年から声優にも挑戦したいと思っていたので、ディズニー映画へ声の出演ができることはすごく嬉しいですが、同時にプレッシャーもあります」と、複雑な心境を吐露するも、「プリンスの繊細な心の動きまできちんと描きたい。何よりも観ている方に“素敵だな”と思ってもらえるような王子様の声を演じたいです。ぜひ楽しみにしてください!」と、力強く決意を語った。

  • BBCの『チャタレイ夫人の恋人』ドラマ化でチャタレイ夫人を演じるホリデイ・グレインジャー

    ホリデイ・グレインジャーチャタレイ夫人役に『チャタレイ夫人の恋人』ドラマ化

    海外ドラマ

     イギリスの文豪D・H・ロレンスの小説『チャタレイ夫人の恋人』をBBC Oneがドラマ化、主人公のチャタレイ夫人を海外ドラマ『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族』のホリデイ・グレインジャーが演じることが明らかになった。Varietyが伝えた。@@cutter 1928年に発表され、大胆な性描写が物議を醸した『チャタレイ夫人の恋人』は、過去に何度も映画化された問題作。階級社会への批判と性の解放が込められた原作は、戦地で負傷し下半身不随となった貴族の夫と関係が冷めてしまったコンスタンス・チャタレイ夫人が、労働者階級の男オリバー・メラーズに出会い惹かれていくというストーリーだ。  本作の監督と脚本は、テレビ映画『フランケンシュタインX 新種誕生』(08・未)のジェド・マーキュリオが務めるとのこと。チャタレイ夫人の恋人オリバー役は、海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のリチャード・マッデン、チャタレイ夫人の夫クリフォード・チャタレイ役は、映画『ラッシュ/プライドと友情』(14)でガイ・エドワーズを演じたジェームズ・ノートンが演じる。2015年の放送を目指し、10月から撮影が始まる予定だそうだ。  本作は90分のミニドラマとなり、BBC Oneが計画する20世紀文学のドラマ化の1つになるという。BBC Oneではほかに、L・P・ハートレイの『恋』やローリー・リーの『ロージーとリンゴ酒』、J・B・プリーストリーの『夜の来訪者』などのミニドラマ化を予定しているそうだ。

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ』に出演する英国出身のエミリア・クラーク(上)、リ チャード・マッデン(左下)、キット・ハリントン(右下)

    スケールだけじゃない!『ゲーム・オブ・スローンズ』は期待の若手俳優が勢揃い

    海外ドラマ

     本日17日にリリースされた、海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦』。本作は、圧倒的なスケールと映画顔負けの圧巻の映像美が注目のドラマとなっているが、それだけでなく、今最もホットな英国若手女優・俳優が一堂に会している点も注目の的となっている。@@cutter 『ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦』は、七国争覇をめぐって史上最大の戦いが繰り広げられるアクション・スペクタクル巨編。映画を超える空前のスケールで実現した王国の存亡を懸けた壮絶な闘いを描く。  注目の的となっている若手の1人目は、可憐なルックスとは裏腹の大胆な演技が絶賛されているデナーリス役のエミリア・クラーク。演劇学校卒業後、本作に抜擢され大ブレイクした彼女は2012年には米国の映画サイト「TC Candler」の恒例企画「世界で最も美しい顔100人」のトップに選ばれるなど、今や世界中で注目の的。今後もジュード・ロウ主演の『Dom Hemingway(原題)』や、ジェームズ・フランコが監督を務める『The Garden of Last Days(原題)』など、話題作への出演も続々決定。本作では、大胆に美しい裸体も披露している。  2人目は、ロブ・スターク役のリチャード・マッデン。リチャードは、パトリス・ルコント監督の新作映画『A Promise(原題)』への出演が決定しているほか、ケネス・ブラナー監督、ケイト・ブランシェットが継母役を演じる実写版『シンデレラ』でプリンス・チャーミング役も射止めている。本作ではスターク家の長男らしく、少々堅物なイメージがあるロブを好演しているが、次回作ではロマンティックな王子様を演じるという事で注目が集まっている。  3人目は、本作が初の大役をゲットとなったジョン・スノウ役のキット・ハリントン。現在、舞台仕込みの確かな演技力とどこか陰のあるイケメンぶりで人気が急上昇中。今年の秋には、ジュリアン・ムーアやジェフ・ブリッジスと共演するファンタジー映画『The Seventh Son(原題)』がアメリカで公開される他、現在は『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督のアクション・アドベンチャー大作『Pompeii(原題)』の撮影中と、スターへの階段を駆け上がっている。  映画顔負けのスケールだけでなく、注目の若手俳優らも出演する海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦』は、7月17日よりリリース開始。 Game of Thrones (C) 2013 Home Box Offi ce, Inc. All rights reserved.HBO(R)Rand related service marks are the property of Home Box Office, Inc. Distributed by Warner Home Video Inc.

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access