秋元真夏 関連記事

  • 「ファンタ坂学園」入学式に登場した秋元真夏

    乃木坂46・秋元真夏、CMで挑戦した“変顔”に「恥ずかしい」と照れ笑い

    エンタメ

     乃木坂46の秋元真夏、齋藤飛鳥、与田祐希、生田絵梨花、山下美月が17日、都内で開催された「ファンタ坂学園」入学式に登壇。乃木坂46のメンバーは新CMの撮影を振り返ったほか、即興芝居にも挑戦した。@@cutter 新CMに出演している乃木坂46のメンバーは、ノースリーブの涼やかな衣装で登場。ファンタを通じて楽しい学園生活を描く新CMへの出演について、生田は「子どものころから、誕生日会とか開くと、必ずそこにはファンタがあったりとか。いつもワクワクする、馴染みのある飲料だったので、すごく、ここで関わることができて、今からワクワクしています」とコメントした。  一方の齋藤は、CMの撮影を「テレビで拝見していると、ファンタのCMは楽し気なイメージがあったので、実際の撮影もすごく楽しくて。私たちもだし、スタッフさんも含めて、楽しくワチャワチャした感じでできた」と述懐。入学式ではメイキング映像も流され、秋元はCMで挑んだ変顔について「CMの中とかだと、ボトルで目が隠れているので、口しか見えなくて、そんなに恥ずかしくないんですけど、こういうメイキングで全部が見えちゃうと、恥ずかしい」と照れ笑いを見せていた。  なお、イベントに出席予定だった大園桃子は体調不良により欠席したが、お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザー、安藤なつが登壇。CMの内容にちなみ、乃木坂46メンバーが即興演技を行う一幕では、秋元は安藤と「なつ」繋がりでタッグを組み、「中学校時代の幼馴染と偶然再会したとき」というお題に挑戦。  カズレーザーが「幼馴染と言うにしちゃあ、生き方が違いすぎますよ」といじる中で、秋元は爽やかに「なっちゃん久しぶり!」と安藤に呼びかけたが、安藤はなぜかサンシャイン池崎をほうふつとさせる「イエーーーーイ!」で返答。カズレーザーは「なるほど。二三聞かせてもらっていいですか?(笑)」とツッコミを入れ、会場を沸かせていた。  新CM「ファンタ坂学園 変顔ボトル」篇は4月23日より放映開始。

  • (左から)乃木坂46・秋元真夏、齋藤飛鳥

    乃木坂46・秋元真夏と齋藤飛鳥、カメラ向けられたときのリアクションが違いすぎ!

    エンタメ

     ドラマ『ザンビ』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)の公式インスタグラムが24日、本作に出演する乃木坂46・秋元真夏と齋藤飛鳥のオフショット動画を投稿。カメラを向けられた2人は、真逆のリアクションを見せた。@@cutter 公式インスタグラムのカメラは、劇中衣装の2人を動画で撮影。撮られていることに気づいた秋元が「動画だよ、たぶんこれは。(カメラマンの)シャッターのところに指がないもん」と話すと、斎藤は「えー、知らなかった」と驚きの表情を見せる。すると、秋元はカメラのレンズに自ら寄ってアップの表情を見せる。そんなサービス精神満点の秋元の姿を見た斎藤だったが、自身ははにかんで小さく頷くのみだった。  それぞれのキャラクターが出た映像に、ファンからは歓喜の声が寄せられ、好評を得ている。そんな2人が出演するドラマ『ザンビ』は本日27日の放送で最終回を迎える。 引用:https://www.instagram.com/zambi_project/

  • 乃木坂46・秋元真夏

    乃木坂46・秋元真夏、ヘアメイク中にウトウト…からの笑顔がかわいすぎ!

    エンタメ

     ドラマ『ザンビ』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)の公式インスタグラムが19日、乃木坂46の秋元真夏がヘアメイク中にウトウトしている動画を投稿。ウトウト顔から目覚めて、見せた笑顔が「かわいすぎ」とファンを歓喜させた。@@cutter 本アカウントでたびたび投稿されている「#寝顔シリーズ」。これまでも本作に出演する齋藤飛鳥、堀未央奈、与田祐希らの寝顔がアップされてきた。  今回、「#うとうと からの#覚醒」というタグとともに投稿されたのは、ヘアメイク中にうたた寝をする秋元の動画。首がカクン、と落ちたと思いきや、その瞬間に目覚め、ニッコリと笑う秋元を捉えたキュートな動画だ。  コメント欄には、この秋元に対して、「寝顔サイコー!」「笑い方好き」「かわいすぎ」といった称賛の声があがっているほか、「ザンビメイクでも可愛い」「何がどうなったらこんなに可愛くなるのか教えてください」など、熱いメッセージが多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/zambi_project/

  • (左から)秋元真夏、新内眞衣

    乃木坂46・秋元真夏、新内眞衣の“変わり果てた姿”にびっくり「まいちゅん!?」

    エンタメ

     ドラマ『ザンビ』公式ツイッターが14日、本作に出演する乃木坂46の秋元真夏と新内眞衣の動画を投稿。新内の“変わり果てた姿”を見て驚く秋元の様子を捉えた。@@cutter 動画に映し出されているのは13日放送の第8話に出演した新内が、メイクを施した後の姿。新内は劇中で恨みにより、恐ろしいザンビに変わり果てた女性を演じた。動画の中の新内は、撮影の待機中らしく、メイクで真っ白な髪と、怨念による恐ろしい顔を施した姿になっていた。  そんな新内を見た秋元は、「あー! まいちゅん!?」と驚きの一言。新内の姿を見て、思わず笑い出した後、「口と鼻はまいちゅんだね」と反応する。新内も「このままモニタリングに出れそう」と言うと、秋元も「出れそう!」と返していた。  次回『ザンビ』第9話は20日に放送。ザンビの呪いを解いたきっかけが自分のせいだと気づいた楓(齋藤飛鳥)は、自分の力ですべてを終わらせると決意するが…。 引用:https://twitter.com/zambi_project

  • 白石麻衣

    白石麻衣、秋元真夏に「どうでもいいです」 怒りの“黒石さん”発動

    エンタメ

     乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系/毎週日曜24時)が24日に放送され、白石麻衣が秋元真夏に対して怒りの“黒石さん”を発動させた。@@cutter この日の放送では「祝!8年目突入 番組名場面クイズ大会」と題して、過去の放送の中から、メンバーの発言や行動をクイズにして出題。メンバーが「乃」「木」「坂」の3チームに分かれて争った。  2014年放送の「秋元腹黒い裁判」を振り返ると、このとき生まれた“黒石さん”(白石が秋元に対して怒りを覚えたときの怖いキャラクター)が初登場。  やたらと肌を露出したがる秋元に対して「周りの目を引こうとしてるのかな」とメンバーがツッコむと「気を引いて何が悪いの?」と開き直った秋元。それに対して、白石は引きつった顔を見せ、“黒石さん”になっていた。  VTRが終わり、肌の露出に関して秋元が「なんで出しちゃいけないの? 別に見せる分にはね、みなさん喜ぶし。いいんじゃないですかね」とコメントすると、白石はまたも険しい表情で秋元を見つめる“黒石さん”を発動。MCのバナナマンに「でもしょうがなくないですか、白石…いや黒石さん」と問われると、白石は「もうなんか…どうでもいいです」とキツイ一言。秋元も苦笑いを浮かべていた。

  • 乃木坂46・齋藤飛鳥

    乃木坂46・齋藤飛鳥の寝顔ショットにファン歓喜「癒しです」

    エンタメ

     乃木坂46・齋藤飛鳥が主演を務めるドラマ『ザンビ』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)の公式ツイッターが12日、齋藤の寝顔写真を投稿。スヤスヤの眠る姿にファンからは「愛おしい寝顔」「癒しです」「ありがとうございます!」などの歓喜の声が寄せられた。@@cutter ドラマ『ザンビ』は、乃木坂46、欅坂46、けやき坂46が初競演を果たす『ザンビ』プロジェクトの第2弾。全寮制女子高校・フリージア学園を舞台に、ヒロインの山室楓(齋藤)が遭遇する不気味な現象の数々を繊細なタッチで描いていく。  12日に投稿された写真は、撮影の合間に眠る齋藤と彼女のそばでイタズラっぽい笑顔とカメラ目線を贈る秋元真夏を捉えたツーショット写真。  齋藤が眠る姿と撮影現場の和やかな雰囲気が写真にファンからは「愛おしい寝顔」「癒しです」「ありがとうございます!」「あすかちゃんかわいい」「こんなにステキな寝顔がこの世に存在するとは…」などのコメントが殺到。さらに秋元についても「どや顔まなっちゃん笑」「ナイス真夏」などの声も寄せられていた。 引用:https://twitter.com/zambi_project

  • (左から)乃木坂46の秋元真夏、渡辺みり愛

    乃木坂46・秋元真夏&渡辺みり愛『ザンビ』メイクが「怖すぎ」と話題

    エンタメ

     ドラマ『ザンビ』(日本テレビ系/毎週水曜24時59分)公式インスタグラムが7日、乃木坂46の秋元真夏と渡辺みり愛の“ザンビ”メイク姿を公開。ファンから「住所教えるので襲いに来てください」「恐ろしいけど、かわいい」など話題を呼んでいる。@@cutter 本作は、乃木坂46、欅坂46、けやき坂46が初競演を果たす『ザンビ』プロジェクトの第2弾。全寮制女子高校・フリージア学園を舞台に、ヒロインの山室楓(齋藤飛鳥)が遭遇する不気味な現象の数々を描くサスペンスドラマだ。秋元は楓の幼馴染で写真部部長の西条亜須未を、渡辺は2年生で漫画研究会に所属している佐倉鈴音を演じている。  投稿された写真には、ザンビとなった姿でエレベーター内と思しき場所に立ち尽くす、秋元と渡辺の姿が捉えられている。目を見開いている2人は、顔は青白く、頬には青い線が入っているほか、黒目が極端に小さくなり、2人が扮しているのがこの世の者ではないことがひと目で分かる。  衝撃的な写真を見たファンは「住所教えるので襲いに来てください」「真夏怖すぎる」「みりあちゃんのチャイルドプレイ感」「みり愛、チャッキーみたいw」「真夏がやるとなんかおもしろい」「恐ろしいけど、かわいい」「真夏さん怖すぎ」「みりあちゃんむしろ可愛い笑」などのコメントを寄せている。 引用:https://www.instagram.com/zambi_project/

  • 『ザンビ』に出演する秋元真夏

    乃木坂46・秋元真夏の“シャワーシーン”に反響 『ザンビ』第2話

    エンタメ

     乃木坂46・齋藤飛鳥が主演を務めるドラマ『ザンビ』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)の第2話が30日に放送され、秋元真夏演じる女子高生のシャワーシーンに視聴者から「サービスショット」などと反響があった。@@cutter 本作は、乃木坂46、欅坂46、けやき坂46が初競演を果たす『ザンビ』プロジェクトの第2弾。全寮制女子高校・フリージア学園を舞台に、ヒロインの山室楓(齋藤)が遭遇する不気味な現象の数々を繊細なタッチで描く。  部屋から飛び降りた亜須未(秋元)を目撃した楓(齋藤)は、助けを求めて教師の宮川愛(太田莉菜)と一緒に現場に向かう。しかし、そこに亜須未の姿はなかった。楓と愛は亜須未の部屋へ向かい、声をかけると静かに亜須未が出てくる。翌日、何事もなかったように過ごす亜須未の姿を見て、動揺が隠せない楓はザンビ村を思い出し、自室で調べ始める。  亜須未の様子をうかがい続けた楓だったが、特に不審点が見当たらない。寮のシャワールームで亜須未に「先に行くね〜」と楓が声をかけると、亜須未は「うん!」と返事をして、鼻歌交じりにシャワーで汗を流す。亜須未演じる秋元のシャワーシーンに対して、ネット上には「真夏さんサービスタイム」「サービスショット」などの反響が。  亜須未は1人で部屋に戻り、ペディキュアをつけていたが、おもむろに足の親指の爪に手で触れると、そのまま生爪を剥いでしまう。さらに亜須未は“うぅ…”と低いうなり声をあげながら、首を掻きむしると顔に血管が浮かび、何かに“覚醒”したような表情を見せる。視聴者の間では“生爪剥がし”というショッキングな描写に「おいおいおい爪ええ!」「痛い痛い痛いそれは」などの声が殺到。さらにリアルな特殊効果に「マジでグロい」「この爪のシーンが一番グロい」などの声もSNSに多数寄せられた。

  • 『ザンビ』に出演する秋元真夏

    乃木坂46・秋元真夏の“濡れ髪”に反響「セクシー」

    エンタメ

     ドラマ『ザンビ』(日本テレビ系/毎週水曜24時59分)公式インスタグラムが31日、乃木坂46・秋元真夏のオフショットを投稿。髪が濡れた状態の秋元に、ファンから「かわいい」「セクシー」といったコメントが寄せられている。@@cutter 本作は、乃木坂46、欅坂46、けやき坂46が初競演を果たす『ザンビ』プロジェクトの第2弾。全寮制女子高校・フリージア学園を舞台に、ヒロインの山室楓(齋藤飛鳥)が遭遇する不気味な現象の数々を繊細なタッチで描くサスペンスドラマ。秋元は楓のクラスメイト・亜須未を演じている。  「#水も滴るいい女」「#滴ってなくても可愛い」といったハッシュタグが添えられている今回の動画は、秋元のオフショット。本編ではショッキングな姿も披露している秋元だが、オフショットでは「動画ですか?」「“水も滴るいい女”ですか?」と、カメラに向かって気さくに話しかけており、しっとりと濡れた髪がセクシーだ。第2話では、秋元のシャワーシーンもあった。  ファンからは素顔の秋元に対する「真夏さん最高です」「かわいい」「セクシーかよ」といった声が集まったほか、本編を視聴したとみられるファンからの「まなっちゃん怖かったー」といったコメントも届いている。 引用:https://www.instagram.com/zambi_project/

  • 『ザンビ』に出演する秋元真夏

    乃木坂46・秋元真夏、衝撃の転落死? 視聴者戦慄 『ザンビ』初回

    エンタメ

     乃木坂46・齋藤飛鳥が主演を務めるドラマ『ザンビ』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)の初回が放送され、秋元真夏演じる女子高生が寮の一室から転落したシーンに、視聴者から「まじビビってスマホ落とした」「ビビリ散らかした」などのツイートが殺到した。@@cutter 本作は、乃木坂46、欅坂46、けやき坂46が初競演を果たす『ザンビ』プロジェクトの第2弾。全寮制女子高校・フリージア学園を舞台に、ヒロインの山室楓(齋藤)が遭遇する不気味な現象の数々を繊細なタッチで描くサスペンスドラマ。  修学旅行の帰り道、バスの故障で帰れなくなったフリージア学園の生徒たちは、たどりついた村の誰もいない日本家屋で一夜を過ごす。翌朝、楓(齋藤)は、クラスメイトたちの姿が見当たらなくなっていることに気づく。やがて楓は、学級委員長の諸積実乃梨(堀未央奈)、甲斐聖(与田祐希)らと再会し、無事学園に戻ってきたのだが…。  寮の部屋で鏡をのぞいた楓のクラスメイト・亜須未(秋元)は、鏡に映った自分の顔の異変に驚き、悲鳴をあげながら鏡を落とし、割ってしまう。亜須未の部屋からの悲鳴を聞いた楓は、彼女の部屋へ急行。扉を開けようとするものの、亜須未は部屋の中から「来ないで!」と叫ぶのみ。不気味な物音を聞いた楓がようやく入室すると、部屋には亜須未の姿がない。開け放たれた窓から楓が外をのぞき込む。  カメラが亜須未を映し出すと、そこには頭から血を流し、落下の衝撃で足がありえない方向に曲がってしまった亜須未の姿が。演じる秋元が体当たりで演じた衝撃的なシーンに視聴者から「まじビビってスマホ落とした」「ビビリ散らかした」「まなつ体柔らかくね?」「秋元さんすごい」などのツイートが寄せられた。

  • 『ザンビ』場面写真

    今夜スタート『ザンビ』、秋元真夏が襲いかかる!衝撃の場面写真解禁

    エンタメ

     乃木坂46・齋藤飛鳥が主演を務める1月23日スタートのドラマ『ザンビ』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)より、秋元真夏演じる西条亜須未が、同じ学園の生徒に襲いかかる場面写真が公開。鬼気迫る姿に、衝撃の内容を彷彿とさせる写真となっている。@@cutter 『ザンビ』プロジェクトは、2018年7月に行われた乃木坂46の全国ツアーで発表され、その第1弾として、乃木坂46、欅坂46、けやき坂46の三坂道が初競演する舞台『ザンビ』が11月に上演された。本作は、プロジェクト第2弾となり、主人公のフリージア学園2年生、山室楓に齋藤飛鳥を迎えて連続ドラマ化したパニック青春ドラマだ。  修学旅行の帰り道、バスの故障で帰れなくなったフリージア学園の生徒たちは、たどりついた村の誰もいない日本家屋で一夜を過ごす。翌朝、楓(齋藤)は、クラスメイトたちの姿が見当たらなくなっていることに気づく。やがて楓は、学級委員長の諸積実乃梨(堀未央奈)、甲斐聖(与田祐希)らと再会し、無事学園に戻ってきたのだが…。  今回公開された写真で、生徒に襲いかかっている亜須未(秋元)は、楓の幼なじみで、社交的な性格という役どころ。どこか影のある楓をいつも気にかけていて、クールな楓のよき理解者だ。写真部の部長も務めるほど、人望も厚い。そんな亜須未が、何かに取り憑かれたように生徒の髪の毛を鷲掴み、怪しく微笑んでいる。その姿からは、これまで謎めいていた物語の一端が見え、彼女たちを待ち受ける運命を予感させるものとなっている。  ドラマ『ザンビ』は、日本テレビにて1月23日より毎週水曜24時59分放送。

  • ドラマ『ザンビ』未解禁キャスト発表 囲み会見にて

    乃木坂46・山下美月、先輩をいじめる立場に「光栄」

    エンタメ

     乃木坂46・齋藤飛鳥が主演を務める、1月23日スタートのドラマ『ザンビ』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)の追加キャストが発表され、秋元真夏、与田祐希ら19名の出演が明らかになり、都内で記者会見が行われた。@@cutter 昨年の舞台公演に続く『ザンビ』プロジェクト第2弾として制作され、齋藤飛鳥の連続ドラマ初主演作ともなる本作。これまで齋藤に加えて、堀未央奈の出演が発表されていたが、新たに与田祐希、秋元真夏、山下美月、星野みなみ、梅澤美波、久保史緒里、大園桃子、渡辺みり愛、佐藤楓、鈴木絢音、新内眞衣、寺田蘭世、伊藤純奈、吉田綾乃クリスティー、伊藤理々杏、岩本蓮加、向井葉月、阪口珠美、中村麗乃の出演が明らかになった。  フリージア学園で奇妙な現象に巻き込まれていく生徒たちの姿を描く本作だが、秋元は「YouTubeで流れている予告映像だとサスペンス要素が強いけど、友情や仲間との絆を描いたヒューマンドラマになっています」と見どころを語り「アイドルとして新ジャンルに一歩踏み入れた」と自信をのぞかせる。  スクールカースト、いじめなどの描写もかなり激しくなっているようで、与田は「アイドルのキラキラした私たちではなく、闇深い、罪深い一面を見てゾクゾクしていただけるんじゃないかと思います」と明かす。  いじめっ子グループのリーダー・金村優衣を演じるのは山下。「クラスのカーストのトップで医者の娘で学校一のいじめっ子。一番の悪役的ポジションをいただきましてすごく光栄に思っております(笑)」と語ったが、いじめの標的となる佐倉鈴音を演じるのは、乃木坂では先輩である渡辺ということで、やりづらさもあったよう。「タメ口、大丈夫かな?とか思ったし、いじめさせていただいた後は、謝らせていただきました。みり愛さんはすごく優しいので『大丈夫だよ』と言ってくださり、先輩は温かいなぁと思いながら罵倒させていただきました」と語り、周囲からは笑いと共に「敬語がおかしい(笑)!」などといったツッコミが飛んでいた。  ドラマ『ザンビ』は、日本テレビにて1月23日より毎週水曜24時59分放送。

  • 西野七瀬、『おしゃれイズム1時間SP』ゲスト 乃木坂46囲み取材に登場

    西野七瀬、卒業前にメンバーとクリスマスを堪能「ロケを忘れて楽しんだ」

    エンタメ

     アイドルグループの乃木坂46が7日、都内にて開催された『おしゃれイズム1時間SP』(日本テレビ系/12月23日23時)番組収録後の囲み取材に出席。年内いっぱいで同グループを卒業する西野七瀬が、「ロケを忘れて、メンバーと初めてクリスマスっぽいことを楽しめた」と笑顔で語った。@@cutter この日の収録には、西野のほかに白石麻衣、齋藤飛鳥、生田絵梨花、梅澤美波、与田祐希、星野みなみ、堀未央奈、秋元真夏、松村沙友理、衛藤美彩、大園桃子、伊藤理々杏、佐藤楓、新内眞衣、井上小百合、高山一実、斉藤優里、山下美月の選抜メンバー19名が勢ぞろい。『おしゃれイズム』史上最多人数の出演となった。  同番組では、クリスマス・スペシャルということで、3チームに分かれて横浜・みなとみらいや赤レンガ倉庫でショッピングや食べ歩きを楽しんだり、江ノ島でプレゼント作りに挑戦したり、ロマンチックなイルミネーションもたっぷり堪能。さらに、千葉県でもみの木をゲットしたメンバーは、乃木坂46オリジナルのクリスマスツリーを制作し、完成作品をスタジオで披露した(集合写真・後ろのツリー)。  クリスマスの雰囲気をたっぷり楽しんだメンバーは、収録後、それぞれがロケの思い出を語ったが、中でも、年内いっぱいで同グループを卒業する西野は、「ロケをしていることを忘れて、純粋に(赤レンガ倉庫の)クリスマス・マーケットを楽しんじゃいました」と満面の笑顔。「今までクリスマスの思い出がほとんどないまま生きてきたので(笑)、ようやくみんなとクリスマスっぽいことができて、本当に楽しかった」と胸の内を明かすと、同行していた高山が、「一緒に歩いているときに、なーちゃん(西野)が自然に腕に絡みついてきて胸がキュンとした」と思い出をかみしめた。  白石は、「前回は1人で出させていただいたのですが、今回はクリスマス・スペシャルということで、大人数のメンバーで出演することができたので、すごくうれしかったし、楽しい会になったので、ぜひたくさんの方に観ていただきたいです」と真摯にアピール。生田は、「乃木坂のメンバーは、結構、ボケてる人が多くて(笑)、それをすかさず司会の上田(晋也)さんが拾ってくれて、それを投げ返してくれたので、収録中、ずっと笑っていました」と収録を心から楽しんだ様子だった。  『おしゃれイズム1時間SP』は、日本テレビ系にて12月23日23時放送。

  • 『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46ガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』取材会にて

    齋藤飛鳥、“YOUは何しに”は「番組の作りがすごく良くできている」

    エンタメ

     乃木坂46の白石麻衣、生田絵梨花、齋藤飛鳥、松村沙友里、秋元真夏、与田祐希、高山一実、岩本蓮加、大園桃子、和田まあやが、お笑いコンビのバナナマン(日村勇紀、設楽統)と共に、都内で開催された『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46がガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』(テレビ東京系/11月12日18時58分)取材会に出席した。スタジオでのトークを担当した白石は、メンバーの頑張りを絶賛し「行ってみたい」とロケ参加に意欲を示した。@@cutter 空港で外国人を勝手に迎え、アポなしインタビューを行うことで知られる『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系/毎週月曜18時55分)。今回のスペシャルでは、秋元、生田、岩本、大園、高山、松村、与田、和田、阪口珠美が、空港・町中・秘境でインタビューを実行。齋藤と白石は、スタジオでその模様を見ながらバナナマンとトークする。  成田空港でロケを行った生田は「すぐ断られてしまったり、あんまりついて来ないでほしいみたいな雰囲気を醸し出されて、へこんだりすることはあったんですけど、段々へこたれない精神みたいなものがついてきて。強くなりましたね」とニッコリ。「一番は、相手に興味を持つっていうことを大事にして。いろいろな方の人生に出会うことができた」とロケを楽しんだようだった。  一方の白石は「感動しましたし、すごく面白かったり、個性が出ているそれぞれのVTRになっていた」とメンバーの頑張りを絶賛。「たくましいなって思って。同じメンバーとして、尊敬できる」と言い「私も機会があったら行ってみたいなって、ちょっと思いました」とロケに参加する意欲を示した。  齋藤は「長い時間、ずっと皆ロケに行っているから、ちょっとしたことで『あ、この子ってこういう対応するんだ』とかっていう、皆の人となりが垣間見れたような気がして。それも得だなあというか。あんまり普段は見られない姿もたくさん見られた」と満足げ。また「素人ながら、番組の作りがすごく良くできているなあと思って」と続け、メンバーやバナナマンを笑わせていた。  『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46がガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』は、テレビ東京系にて11月12日18時58分放送。

  • 『踊る踊る!さんま御殿!! 超話題バカ売れ芸能人 秋のグルメ大豊作祭り』

    今夜『さんま御殿』にKing & Prince平野紫耀が登場! 名ゼリフ続々

    エンタメ

     明石家さんまが司会を務めるトークバラエティー『踊る!さんま御殿』(日本テレビ系)の2時間スペシャルが今夜放送。さんまが「声が似ている」と言われたというKing & Princeの平野紫耀と共に、互いのドラマの名ゼリフを言い合う。@@cutter 「この秋アツい芸能人」「食にこだわる有名人 VS ノットグルメ」の2大テーマで送る今回のスペシャル。「この秋アツい芸能人」に登場した平野に興奮しきりのさんまは、「平野と声が似ている」と言われて以来、番組でもモノマネを披露するなど意識してきたという。そこで、過去に出演したドラマの名ゼリフを交換して言い合い、本当に似ているか確かめることに。  また、昨年末に一般男性と結婚した浅野ゆう子が番組初登場で新婚生活について語るほか、「食にこだわる有名人 VS ノットグルメ」では、乃木坂46の秋元真夏が「“国民のお嫁さん”になりたい」という理由から魚の三枚おろしに挑戦。また、さんまが名付け親だという“岸壁幼魚採集家”鈴木香里武が金髪にセーラー服姿で登場し、感動の対面を果たす。  ほかに秋山ゆずき、王林(RINGOMUSUME)、ガンバレルーヤ、くっきー(野性爆弾)、小島瑠璃子、陣内智則、滝沢カレン、立川志らく、辻希美、濱津隆之、アンジャッシュ、岡副麻希、カズレーザー(メイプル超合金)、唐橋充、馬場裕之(ロバート)、浜内千波、原口るりこ、松本伊代、楊原京子、和牛らが出演する。  『踊る踊る!さんま御殿!! 超話題バカ売れ芸能人 秋のグルメ大豊作祭り』は、日本テレビ系にて4日19時放送。

  • (左から)秋元真夏、白石麻衣

    秋元真夏、白石麻衣と仲良くなった一言明かす「真夏は頭が…」

    エンタメ

     乃木坂46・白石麻衣と秋元真夏が、30日に放送された『王様のブランチ』(TBS系/毎週土曜9時30分)に出演。それまでの距離が一気に縮まったきっかけを明かした。@@cutter 今や仲良しコンビとして知られる二人だが、かつては同じ1期生ながら距離があったという。だがある番組の中で、白石と秋元のほか、生田絵梨花、西野七瀬でグラビア撮影をすることになった際、4人とも同じ帽子をかぶったのだが、秋元だけ頭が大きかったせいか十分にかぶれなかったそう。  後日、番組の企画の中でメンバーの秘密を暴露することになった際、撮影時の出来事を思い出した白石は、「真夏は頭がデカいんです!」と話したという。  いきなりの“密告”に秋元は、「私だけ入ってなかったということを急に言い出したんですよ」と回顧。そして、「今まで誰も触れてこなかった領域に急にズカッと入ってきたんで『えっ』と思って」と不意を突かれたという。  だが「触れられなかったとこに触れられると逆に近づくというか距離が縮まって」と、急に親近感が沸いたと明かし、「そこツッコんでくるんだったら、私も、もっと行っちゃえ、みたいな感じで仲良くなりました」と笑っていた。  現在の二人の関係について聞かれた秋元は、「結構ふざけ合ってるよね」と言及。対して白石は「基本ふざけあってるんですけど、いざお仕事となったとき、いてくれるとやっぱり安心感がある存在ですね」と語り、秋元も「戦友と言うか、一緒に戦っていく仲間」と笑った。  そんな仲良しの2人だが、部屋の配色はまったく違うよう。秋元が「ベッドがピンク」と明かすと、白石は「ピンク!?」と目を丸くし、さらに秋元が「ピンクの花柄」と言うと、「花柄!?」と絶叫。  白石から「ピンク寝られる?」と聞かれた秋元は、「寝れるよ! 快適! 枕もピンク。クッションもピンク!」と即答。対する白石は「真逆だ! 私、全部茶色です。ココア色みたいな」と、色彩感覚の違いに驚きあっていた。

  • 『anan 特別編集 乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 公式SPECIAL BOOK』通常盤

    乃木坂46、メンバーに“触れる”!? 「anan」風公式フォトブック発売

    エンタメ

     人気アイドルグループ乃木坂46が、女性誌「anan」(マガジンハウス)とコラボした、夏の全国ツアー公式ブックを発売することがわかった。@@cutter 結成7年を迎える今年は、7月6~8日に神宮球場と秩父宮ラグビー場の2会場同時開催の“シンクロ„ライブを皮切りに、大阪、愛知、宮城、福岡の全国5都市でグループ史上最大規模の全国ツアーを開催する乃木坂46。  そのツアーに合わせて発売される公式本は、通常版と、ライブ会場限定版3種の合計4バージョン。人気女性誌「anan」が手がけたとあって、表紙のテーマは「みんながカバーガール!」で、メンバーたちがキュートな姿を披露している。  通常版では、白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥、生田絵梨花、堀未央奈、与田祐希、大園桃子、秋元真夏、松村沙友理、衛藤美彩、桜井玲香ら総勢11人のメンバーがぎゅっと抱き合う迫力ある仕上がり。会場限定版は、B4変型の大判で、Body、Make、Beauty、Fashionなどのジャンルごとの選抜メンバーが登場する3バージョンを展開。すべての表紙は、メンバーのボディラインを縁取りした特殊加工されており、浮き彫りになったフォルムを思わずなでたくなってしまう仕様だ。  「anan 特別編集乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 公式SPECIAL BOOK」通常版は、7月23日より全国の書店、コンビニエンスストア、ネット書店で発売。会場限定版は、「真夏の全国ツアー2018」各会場(東京公演を除く)物販コーナーにて販売。

  • 『乃木撮 VOL.01』刊行記者会見に出席した乃木坂46の秋元真夏(左)と白石麻衣(右)

    白石麻衣のキス顔に、秋元真夏「私にしか見せない表情です」と自信

    エンタメ

     乃木坂46の白石麻衣、松村沙友理、秋元真夏、与田祐希、大園桃子が26日、同グループの写真集『乃木撮 VOL.01』(講談社刊)の刊行記者会見に出席。おすすめカットを聞かれた秋元が、白石の「キス顔」に言及するひと幕があった。@@cutter 同作は、乃木坂46のメンバーたちが1年半にわたって撮影し合ったオフショット600枚以上を詰め込んだ1冊。発売前から重版を繰り返し、26日現在で28万部を突破している。  同作に関して松村は「他の写真集にはない素の表情がたくさん入っているので、読んでいて飽きないと思います。大満足の出来」とニッコリ。秋元は「プロのカメラマンが撮ってくださる写真はかしこまりがち。メンバー間だと距離をガンガン詰めてパーソナルスペースに入り込めるから、そこがいいところかな」と解説した。  発行部数30万部を突破した自身の2nd写真集『パスポート』(講談社刊)とどちらが売れてほしいか問われた白石は、眉をひそめて「ん〜!」とうなり、「『乃木撮』はメンバー全員のカワイイところやカッコいいところが詰まっていて、私の『パスポート』も普段見えない表情があるから、どっちというのは決められないですけど、今はぜひ『乃木撮』を」とPR。  おすすめカットを問われた秋元は白石のキス顔をチョイス。「思いっきり“チュ〜!”って顔をしてるんですけど、普段だったらなかなかこんな顔でグラビアの撮影をしないから、私にしか見せられない、気を抜いた表情かなって思う。私だけで収めておくのはもったいないので、皆さんに見てほしいです」と語った。  “日本で一番かわいい楽屋”を堪能できると銘打った同作だが、秋元は「食べていることが多いですね。おしとやかに、というよりは、お弁当だったり差し入れだったりを、口を大きく開けてガツガツ取り合って食べています」と実際の楽屋の状況を暴露。松村は「(数名の)グループとかいうより、楽屋全体で会話をしている感じ」と仲の良さをアピールした。  イベント終盤には、メンバーの多くがサッカー日本代表の試合を見ていることを明かし、本田圭佑がセネガル戦で得点した直後に見せた敬礼ポーズや乃木撮ポーズを全員で決めて笑顔をふりまいた。

  • ネコのコスプレを披露してスタジオを沸かせた秋元真夏

    秋元真夏の握手会コスプレに白石麻衣「あんまりいい目で見てない」

    エンタメ

     乃木坂46のメンバーが30日、『しゃべくり007』(日本テレビ/毎週月曜22時)に出演。秋元真夏が握手会で披露するコスプレ姿について白石麻衣が本音を漏らす一幕があった。@@cutter この日の番組には、秋元、白石の他に、生田絵梨花、齋藤飛鳥、西野七瀬、松村沙友理も出演。スタジオに登場した6人に対して、MCのくりぃむしちゅー上田晋也は「仲良い6人なの? こっちが気を使った方がいい6人?」と質問すると、全員が口々に“仲良いです!”と回答。そんな中、秋元の「割と仲良いです」というつぶやきに対して上田は「絶対仲良くない…」と返して、スタジオの笑いを誘った。  トークではメンバーの特技や特徴を紹介することに。握手会でコスプレを披露することについて聞かれた秋元は「握手会でコスプレをするのが趣味で、ネコのコスプレのときに、ファンの方が一番ニヤニヤして帰られるんで、最近はもっぱらネコ頼みです」とコメントすると、秋元はネコのコスプレに着替えるために、一旦スタジオを退席。秋元がいないスタジオでは、彼女のコスプレをメンバーがどう思っているのかに質問が集中した。  白石は「とにかく露出が激しくて…あまりいい目では見てないかなぁ」と語りMC陣は思わず爆笑。さらに松村は「私も彼女の行動は全体的にホンマに引いてる…」とコメントし、スタジオが爆笑に包まれた。着替えが終わり、ネコのコスプレで再度登場した秋元に、スタジオ中から“かわいい!”の声が飛ぶ中、一様に冷たい表情を浮かべるメンバー。それを見たMCの上田が「アイドルがこんな地獄みたいな顔することある!?」とツッコんで、スタジオを盛り上げた。  また番組では、白石麻衣が最近ハマっているという“ひょっこりはん”を披露。スタジオにひょっこりはん本人も登場し、息のあった“ひょっこり”を披露すると、SNS上には「可愛すぎませんか!?」「これは映画館のスクリーンで見たい」「やばい死ぬ」などの声が殺到していた。

  • 乃木坂46、『乃木坂46 リズムフェスティバル』お披露目会見に登壇

    乃木坂46・白石麻衣「やっぱりドームは広いなって」感激の東京ドーム公演を振り返る

    エンタメ

     乃木坂46の白石麻衣が14日、都内で行われたゲームアプリ『乃木坂46 リズムフェスティバル』(2017年冬リリース)のお披露目会見にメンバーの松村沙友理、秋元真夏、生田絵梨花、桜井玲香と共に登壇した。イベント後の記者会見では、先週行われた東京ドーム公演についても言及、白石は「本当に楽しかったですし、46人全員で歌うのはいい思い出になりました。やっぱりドームは広いなって」と感激の表情で語った。@@cutter 『乃木坂46 リズムフェスティバル』は乃木坂46初の公式“音ゲー”アプリ。実際のライブ映像をバックに音ゲーをプレイ、未発表のライブ映像や本作限定の映像も楽しめるほか、ガチャやイベント報酬により撮りおろしカードをゲットできるなど、ファンには嬉しい仕掛けが満載となっている。  メンバー1人を“推しカメラ”で撮影した「フォーカスムービー」(ゲームオリジナル)では、ユーザーがお気に入りの1人だけをずっと観ていられるといい、松村は「1曲丸々自分だけという映像はないし、テレビ番組では歌っている子以外はなかなか映らないので貴重だと思います」と紹介した。  秋元はこの映像を「ライブの前に自分で観たい」という。「ライブの最中はダンスなどに必死でどんな顔をしているかわからないので、自分の顔の“予習”をしてから、実際のライブでこのアプリを超える顔をして、その映像をまたアプリで観ていただけたらうれしいです」と微笑んだ。  自分の推し映像をより観てもらうため、これだけは他のメンバーに負けないというアピールポイントを挙げてもらうと、「ライブを楽しんでいる感じ。ファンの人に『一番楽しそうだったよ』とよく言ってもらえます」(松村)、「一番姿勢がいいねと言われます」(生田)、「ファンの人から『ターンが一番特徴あるよ』と言われます」(桜井)などそれぞれアピールした。  また先週の東京ドーム公演を振り返り「想像してた以上に緊張。普段間違えないところで間違ったり…」という秋元。「『ガールズルール』のイントロでまいやん(白石)が煽るところを後ろから見ていて、東京ドームとまいやんの組み合わせがかっこよすぎて、イントロからサビのダンスを踊ってしまいました(笑)。それくらいおかしくさせちゃうのが東京ドームなんだなって」と今も感激さめやらぬ表情で振り返った。  そんな大きな経験をふまえ、来年の目標として桜井は「もう一回ドームクラスのステージに立ちたい。そして海外進出を頑張っていきたいです」と力強く語った。  この日のステージでは、白石がゲームのデモンストレーションを行ったり、それぞれの特典カードのお披露目などを行い、ステージを盛り上げた。  ゲームアプリ『乃木坂46 リズムフェスティバル』は、2017年冬リリース。

  • 乃木坂46、『アイペット損保 WEB CM発表会』に登壇

    乃木坂46・白石麻衣、渡辺麻友の卒業に言及「すごく寂しい」

    エンタメ

     乃木坂46の白石麻衣、西野七瀬、秋元真夏、高山一実、井上小百合が、27日に都内で行われた「アイペット損保 WEB CM発表会」に出席し、白石は公式ライバルであるAKB48の渡辺麻友の卒業が近づいていることについて、「すごく寂しい気持ちもあるんですけど、AKBを卒業されても、たくさん輝いていけると思う」と語った。@@cutter WEB CM第1弾の内容は、西野が愚痴をこぼすスコティッシュフォールドの「まなお」くんを占いの館に連れて行くと、白石扮する占い師がダックスフンドの「かずお」くんと共に占いをするというもの。「まなお」くんの声は秋元が、「かずお」くんの声は高山が担当している。なお、白石、西野、秋元、高山、井上、若月佑美が出演するCMの第2弾「女子会篇」は12月に、第3弾「応援篇」は2018年2月に順次公開予定となっている。  白石は会場で流されたメイキング映像を見ながら、「メンバーみんな本当に動物が好きなので、こういう休憩の合間とか、すごく『まなお』くんと『かずお』くんに目を奪われて、常に癒されていました」とニッコリ。会見には2匹も登場し、西野はおとなしく膝の上に座る「まなお」くんに「いい子です~」とメロメロな様子。飼ってみたいペットを聞かれた白石は「ハリネズミとかすごい興味があります」と明かし、西野は「エキゾチックショートヘアっていう種類の猫がいるんですけど、その子が飼いたいです。鼻がぺちゃってしてて、ブサカワな類の子なんですけど、その感じがいいなって」と明かした。  会見後の囲み取材で、AKB48の渡辺麻友の卒業が近づいていることに話が及ぶと、白石は「麻友さんって言ったら、本当に“ザ・アイドル”って感じの方なので、その方が卒業されるっていうのはすごく寂しい気持ちもあるんですけど、AKBを卒業されても、たくさん輝いていけると思うので、私たちも麻友さんのことずっと大好きですし、また応援していけたらいいなと思います」とコメントした。  乃木坂46が出演するアイペット損保 WEB CM第1弾「占い篇」は公開中。

  • 『ワンダーウーマン』乃木坂46秋元真夏&齋藤飛鳥インタビュー

    秋元真夏、齋藤飛鳥からの“乃木坂46のワンダーウーマン”の称号に「予想外すぎて嬉しい」

    映画

     映画『ワンダーウーマン』のアンバサダーを務める乃木坂46のメンバー、秋元真夏と齋藤飛鳥の二人が、本作の見どころや美女戦士ワンダーウーマンの魅力を語ってくれた。また、齋藤はグループきっての強い女性、“乃木坂46のワンダーウーマン”に近いのは「(秋元)真夏だと思う」と答えつつ、秋元の浮かれようを見て「その称号を真夏に与えるのはちょっと癪(笑)」とすぐさま釘を刺した。@@cutter 本作は、アメコミの女性スーパーヒーロー「ワンダーウーマン(プリンセス・ダイアナ)」が活躍するアクション映画。ダイアナは、自身が住む女性だけの島で助けたアメリカ人パイロットのスティーブから外の世界で起きていることを知り、悪に立ち向かうことを決意する。25日より公開されたが、ワンダーウーマンとスティーブのラブストーリーが描かれており、女性からの支持が高く大ヒット。ワンダーウーマンのまっすぐで強い姿に、感動した、泣けたという感動の声が上がっている。  秋元は本作について「私たち女性からすると自分も強くなれたような、勇気をもらえる作品。アメコミをそんなに観たことがない方でも楽しめる要素がたくさん。恋愛模様や人間らしさも組み込まれてます」と高評価。齋藤も「アクション物は普段観ないんですけどスッと入り込めました。迫力あるアクションシーンもたくさんあるし、“こうなりたいな”と思う女性像が描かれています」と述べた。  オススメのシーンを聞くと秋元は、ダイアナが街で服を買って、ワンダーウーマンのコスチュームから着替えるシーンをチョイス。「着替えた時に“やっぱりこの人めっちゃ美しい!”ってハッとしました。ニコッとほほ笑む感じは、女の人でもやられちゃうと思います」とメロメロ。齋藤も同じシーンに言及し、「スカートやドレスを着て『戦えるか?』『どれだけ足を開けるか?』と実践するところがカワイイです。強さや美しさがちょっと抜けているシーンとか、突拍子もないことを言うシーンとかがあるからこそ、彼女の強さが際立つんだと思います」と語った。@@separator 秋元は過去に「キューティーハニーがムチャクチャ好きだったんです」と告白。「本気でなろうとしてて、クルクルクル~!って回ったら“服が変わって変身できる!”と思って家でずっとやってました(笑)。この『ワンダーウーマン』も面白くて夢中になりました。彼女は、本当に女性の憧れ。女性のヒーローは、美しさだけじゃなくて強さも兼ね備えることで共感を得ている気がします」と人気の秘訣を推察する。  また秋元は、グループメンバーの高山一実と共に渡米して、本作のLAプレミアに参加。主演のガル・ガドットにインタビューをしたという。「“強くて怖いのかな”と思って二人で緊張してインタビューの部屋に入ったら、ダイアナを演じる時と全く違う、柔らかい表情でした。お子さんがいるそうで(編注:ガルは妊娠中に本作の撮影を敢行。今年3月に次女を出産した)、母の表情が出ていて優しかったです。『日本から来た』と言ったら歓迎してくれて、写真を撮る時にも腰へ手を回したりしてくれて温かかったです」と回想し、感激した様子を見せた。  “乃木坂46のワンダーウーマン”ならぬ、グループきっての強い女性は誰か問うと、齋藤は「真夏だと思う」と回答。「一人でバラエティに出たり、インタビューやコメント取りの時は率先して盛り上げたり発言したりしてくれる。ライブの時も『ここ気をつけたほうがいいよ』って皆に言ってくれる。割と引っ張ってくれるし、後輩が憧れる強さは持っている人」とベタ褒め。その横で秋元が「予想外すぎて嬉しい」とニコニコ浮かれていると、すかさず「“乃木坂46のワンダーウーマン”と言っちゃうと、いい言い方過ぎる。その称号を真夏に与えるのはちょっと癪(笑)」と釘を刺し、二人で笑い合っていた。(取材・文・写真:桜井恒二)  映画『ワンダーウーマン』は公開中。

  • 白石麻衣(乃木坂46)、『ワンダーウーマン』ジャパンプレミアにて

    乃木坂46の“最強美女“白石麻衣、黄金ティアラでワンダーポーズを披露

    映画

     乃木坂46のメンバーが8日、アンバサダーを務める映画『ワンダーウーマン』のジャパンプレミアに登場。来日したパティ・ジェンキンス監督、チャールズ・ローブンプロデューサーと共に雨降りしきる会場を盛り上げたほか、同グループの“最強美女“白石麻衣が黄金色に輝くティアラを身に付けてワンダーポーズを披露し、会場を魅了した。@@cutter 本作は、アメコミ史上初の女性ヒーロー「ワンダーウーマン」が主人公のアクション映画。女性だけが住むパラダイス島のプリンセスであるダイアナ(ワンダーウーマン)は、島で助けたアメリカ人パイロットから、外の世界で戦争が起きていることを知る。ダイアナは世界を救うべく、故郷から旅立つ。6月に全米で先行公開されて以来、世界中でヒットしている。  今回乃木坂46や来日した二人は、雨降りしきる中、ダイアナが暮らしたパラダイス島の海をイメージしたブルーカーペットが敷かれた新宿ゴジラ・ロードに登場。  「日本が大好き」というパティ監督は、本作が全世界でヒットを飛ばす現状について「本当に信じられない状況。多くの人が感動してくださっているのは、ワンダーウーマンが75年も続いてきたという、そこ(作品やキャラクターの素晴らしさ)が全てを証明していると思います」と感慨深げ。  また同役を演じた主演のガル・ガドットについて言及。「彼女はオンの時もオフの時もいつもワンダーウーマンなんです。素晴らしい演技もするけれど、毎日強くて美しくて優しい。忍耐強く、素晴らしい方」と絶賛した。    西野七瀬は、乃木坂46が歌う本作のイメージソング『女は一人じゃ眠れない』の振り付けで「ワンダーポーズをたくさん使った」と紹介すると、パティ監督とチャールズプロデューサーが同振り付けをリクエスト。グループ全員で急遽披露すると、チャールズプロデューサーが「続きが見たいです」と茶目っ気を見せた。  本作の「美しくぶっ飛ばす」というキャッチコピーにちなんで、今ぶっ飛ばしたいものを問われた白石は「今降っている雨をぶっ飛ばしたいです!」と答えてニッコリ。イベント終盤には、パティ監督から贈呈されたティアラを頭に身に付け、ワンダーポーズを決めて会場を魅了した。  今回のジャパンプレミアには白石や西野のほか、乃木坂46から齋藤飛鳥、堀未央奈、与田祐希、大園桃子、生田絵梨花、秋元真夏、松村沙友里、高山一実、衛藤美彩、星野みなみ、桜井玲香、新内眞依、若月佑美、伊藤万里華、井上小百合が出席した。  映画『ワンダーウーマン』は、8月25日より全国公開。

  • イメージソング「女は一人じゃ眠れない」を歌う乃木坂46

    乃木坂46、『ワンダーウーマン』とのコラボ衣装に感激「今までになかった力強さ」

    映画

     8月に公開を控えた映画『ワンダーウーマン』のアンバサダーで、イメージソング「女は一人じゃ眠れない」を歌う乃木坂46のメンバーが、本作とのコラボ衣装に身を包んだ姿を収めたビジュアルが公開。白石麻衣は「今までの乃木坂46にはなかった力強さを感じます」とコラボ衣装をまとった感想を語っている。@@cutter 映画『ワンダーウーマン』は、1941年にアメコミの世界に登場して以来、老若男女を問わず愛され続ける女性のスーパーヒーローを、イスラエル出身の美貌の女優ガル・ガドットを主演に迎えて実写で描く作品。劇中では、女性しか存在しない“アマゾン族”のプリンセスにして最強の戦士であるワンダーウーマンが、世界の人々を救うために第一次大戦に参戦することとなる。  本作のアンバサダーに就任している乃木坂46だが、衣装やMVを映画とコラボして制作するのは初の試みで、今回お披露目された衣装は、ワンダーウーマンのコスチュームをイメージしたもの。ワンダーウーマンと言えば、上が赤で下は青色のコスチュームだが、コラボ衣装もそのカラーを反映。到着したビジュアルには、腕を前でクロスさせる“ワンダーウーマンポーズ”を取った、白石、西野七瀬、秋元真夏、堀未央奈、衛藤美彩の姿が収められている。  白石はコラボ衣装について「ウエストにワンダーウーマンのマーク『W』が入っているのがとてもかっこいいし、背筋が伸びる思いです。スカートはデニム生地を使っていて、今までの乃木坂46にはなかった力強さを感じます」と感激。一方の西野はMVで披露しているダンスについて「ワンダーウーマンにぴったり合うダンスだと思いました。ワンダーポーズも入っていますし、ダンスがとても力強い。踊っていても、自分が自然と強くなっていく気がしてきました。今までの乃木坂46にはないダンスで、このようなダンスが踊れること自体、本当に嬉しいです」と語っている。  映画『ワンダーウーマン』は、8月25日より全国ロードショー。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access