森淳一 関連記事

  • 映画『見えない目撃者』ティザービジュアル

    吉岡里帆が視力を失った元警察官に 映画『見えない目撃者』公開決定

    映画

     女優の吉岡里帆が、視力を失った元警察官を演じる映画『見えない目撃者』が9月20日に公開されることが分かった。併せて、ティザービジュアルも解禁され、吉岡は「今まで演じてきた人物の中でも群を抜いて難しい役でした。巷の言葉を借りるなら、平成最後の闘い抜いた作品です!」とコメントを寄せている。@@cutter 本作は、2011年に韓国で230万人を動員するヒットを記録した韓国映画『ブラインド』を大胆に脚色したサスペンス・スリラー。事故で最愛の弟を亡くし、さらに視力を失い、警察官への道まで絶たれた主人公が、偶然遭遇した誘拐事件を解決しようと奔走する姿を描く。映画『リトル・フォレスト』『重力ピエロ』の森淳一がメガホンをとり、脚本家の藤井清美と共に脚本も手掛けている。  警察学校卒業式の夜、自らの過失で弟を事故死させてしまった浜中なつめ(吉岡)。なつめはその時の事故が原因で失明し警察官をあきらめ、弟の死を乗り越えることができずに、3年経った今も失意の底にいた。そんなある日、なつめは車の接触事故に遭遇する。その時車中から助けを求める少女の声が聞こえたなつめは誘拐事件の可能性があると訴え、視覚以外の感覚から感じ取った目撃情報を警察に提示。しかし警察は目の見えないなつめを「目撃者」と認めず捜査を打ち切ってしまう。  それでも、少女を救いたいと考えるなつめは、事故現場で車に接触したスケボー少年を探し出す。やがて、女子高生失踪が関連づけられていき、連続誘拐事件が明らかになっていく。なつめの「人を救いたい」というひたむきな思いに感化されていく非行少年と、定年間際の刑事。そして、事件の闇へと切り込んでいくなつめは、弟の死とも向き合うことになる…。  吉岡は「視界が闇に包まれている中でのアクションやサスペンス要素は想像以上にゾクっとする瞬間が多く、なつめとバディを組む盲導犬の“パル”がひとすじの光でした」と撮影を振り返り、「この作品を撮るにあたり、警察官、視覚障害者の方、盲導犬トレーナーの方に、多大なるサポートをして頂きました。そして、現場のチームの皆様とは励まし合いながら過酷な撮影現場を共に走り抜けました。心から感謝しています」とコメント。  クランクイン前から吉岡と一緒に取材を重ねていたという森監督は「(吉岡は)警察官や視覚障害者、盲導犬トレーナーの方に自ら質問し、真剣な表情でメモを取っていたのを覚えています。現場では取材をいかし、日常的な動作から顔の向きまで、注意を払って演技をしていました。なかなか思うようにいかない犬との撮影でも弱音を吐かず、犬を気遣う彼女の姿はチームに穏やかさをもたらし、スタッフの心を一つにしてくれたと感謝しています」と語っている。  映画『見えない目撃者』は9月20日より全国公開。

  • 『連続ドラマW イアリー 見えない顔』完成披露試写会にて

    オダギリジョー、大学教授になったら「お酒を飲む授業をしたい」

    エンタメ

     俳優のオダギリジョー、仲里依紗、黒島結菜、森淳一監督、前川裕(原作者)が、10日に都内で開催された『連続ドラマW イアリー 見えない顔』(WOWOWプライム/毎週土曜22時)の完成披露試写会に出席した。物語に絡めて教員だったらどんな授業をしたいか聞かれたオダギリは、「気の合う生徒とお酒を飲む。そういう授業でいいかな」と語った。@@cutter 本作は、大学教授の広川誠司(オダギリ)の周囲で起きる近隣トラブルが、何の関係もないはずの大学総長選挙の暗闘に絡みついていく様を描く異色サスペンススリラー。仲は大学の人気講師でヒロインの水島麗を、黒島はホストクラブにはまって借金を負ってしまう看護師・六道菜々美を演じた。  作品に絡めて、もし教員だったら何を教えたいか聞かれたオダギリは「気の合う生徒とお酒を飲む。そういう授業でいいかな。ただ、みんなでだらっとする。だらっとすることについて考える」とコメント。お酒のたしなみ方も教えては?と提案されると「飲み方、注意しないと。よく問題になっていますからね。そういうことも丁寧に教えていきたい」と話して会場を沸かせた。  一方の黒島は「どういう風にしたら看護師っぽいかなとか。ホストクラブに行ったこともなかったので、ホストクラブに行く人はどういう気持ちで行くんだろうとか、新しいことがいっぱい経験できた」と撮影を述懐。また「(行く人の気持ちが)分からなかったので、プロデューサーさんとマネージャーさんと行きました。ホストクラブ。行って、2時間くらい楽しませてもらいました(笑)」と意外なエピソードを明かした。  当日の会場は都内の大学。学生から夢を叶えるために必要なことを聞かれた仲は、自身のモットーだという「思い立ったら即行動」を提言。オダギリは当日に人生で初めてマカロンを食べたと告白し「やっと夢が叶った。いつか叶うものなんだなと思いますし、きっと信じ続けていれば、マカロン食べられるんだなって思うので(笑)、やっぱり自分を信じてあげるということじゃないですか。いつか皆さんも、マカロンを食べられますよ」と、独特な言い回しで前川や森監督を笑わせていた。  『連続ドラマW イアリー 見えない顔』は、WOWOWプライムにて8月4日より毎週土曜22時放送。

  • 『リトル・フォレスト』ヒロインを演じる橋本愛

    橋本愛、海女の次は農業? 人気コミックの実写映画『リトル・フォレスト』で主演

    映画

     NHK連続テレビ小説『あまちゃん』でその人気を全国区に広げた若手実力派女優・橋本愛が、『あまちゃん』と同じ舞台となった岩手県で春夏秋冬に渡りオールロケをする新作映画『リトル・フォレスト』に主演する。監督・脚本は『重力ピエロ』の森淳一、プロデューサーは『永遠の0』の守屋圭一郎が務める。@@cutter 五十嵐大介による同名人気コミックを原作にした本作の主人公は、都会で自分の居場所を見つけることのできなかったいち子(橋本愛)。故郷の山村“小森”に帰り、様々な恵みを与える一方で厳しさも見せる大自然の中で、自給自足の生活をしながら、生きる力を充電していく物語を、日々の食事・料理とともに描いている。  内容にあわせて、移ろいゆく東北の四季の美しさを映しとるため、岩手県奥州市等で約1年間に渡る撮影を敢行。夏・秋・冬・春の4部作にまとめる。夏・秋編を2014年8月末から9月、冬・春編を2015年2月末から3月にかけて劇場公開。作品に描かれる四季にあわせて上映する、新しい興行スタイルをとっている。  雄大な自然の中、一人で懸命に生きる主人公・いち子を演じる橋本は、「澄んだ雰囲気を持った人だと思いました。それは長年自然と共に生きてきた人特有のもので、自分の黒い部分を一切封印するような意識で演じています」と役作りについてコメント。料理は元々好きだと明かすが、「将来は自給自足する生活をしたいと思っていたのですが、大変さを痛感しました。ただ、朝早く起床して、私有の畑から食材を取って朝食を作るところから始まる生活サイクルは、実際とても気持ち良かったです」と岩手県ロケで実際に行った農作業の思い出を振り返っている。  また、本作の見どころのひとつに挙げられるが、いち子が作る料理の数々。人気の野村友里率いる「eatrip」チームがフードコーディネーターとして参加し、素朴だけれど本当に美味しい食にこだわり、橋本に直接料理指導も行ったという。  共演は、橋本と同じく『あまちゃん』にGMTメンバーとして出演した松岡茉優(キッコ役/いち子の幼馴染)ほか、三浦貴大(ユウ太役/いち子の幼馴染)、温水洋一(シゲユキ役/キャンプ場の管理人)、桐島かれん(福子役/いち子の母)といった個性溢れるキャスト陣も顔を揃えている。  映画『リトル・フォレスト』夏編・秋編は2014年8月30日(土)、冬編・春編は2015年2月14日(土)に公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access