アンディ・ムスキエティ 関連記事

  • キスシーンが目撃されたアンバー・ハードとアンディ・ムスキエティ

    アンバー・ハード、『IT/イット』監督と熱烈キス

    セレブ&ゴシップ

     俳優のジョニー・デップと離婚した後、米電気自動車メーカーのテスラのCEOイーロン・マスク氏と交際した女優のアンバー・ハード。新恋人がいる可能性があるという。映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のアンディ・ムスキエティ監督と、キスしている姿をパパラッチされた。@@cutter マスク氏と破局後は、モデルのハイディ・クルムの元カレでアートディーラー、ヴィト・シュナーベル氏と手つなぎデートを目撃されていたアンバー。TMZによると、現地時間13日にロサンゼルスでムスキエティ監督と仲睦まじくしていたという。  アンバーは黒の上下にロングブーツ、ベージュのコートというコーディネート。アルゼンチン出身のムスキエティ監督はアンバーのコートと同色のジャケットを着て、手にはコーヒーを持っている。TMZに掲載されている写真を見る限り、かしこまったデートというより、親密なカップルの日常の一コマという雰囲気だ。別れ際なのか、車の横で熱いキスを交わしていた。  現在32歳のアンバーと45歳のムスキエティ監督が、どこで知り合ったのかは不明。長期交際に発展していくのか、ハリウッドで活躍する2人の今後から目が離せない。

  • ハリウッドで実写映画化される『進撃の巨人』

    『進撃の巨人』がハリウッドで実写映画化! 『IT/イット』監督がメガホン

    映画

     諫山創の大ヒットコミック『進撃の巨人』が、映画『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』のメガホンを取ったアンディ・ムスキエティ監督の手で実写映画化されることが決定した。@@cutter 同作は、巨人がすべてを支配する世界で、まだ見ぬ外の世界に憧れる少年・エレンらと巨人との戦いを描いたダークファンタジー。2009年から「別冊少年マガジン」(講談社)で連載され、国内累計発行部数7600万部を超える。2013年にはテレビアニメ化され、今年7月からSeason3が放送、12月7日には単行本の27巻が発売予定となっている。  監督を務めるムスキエティは、ブエノスアイレスの製作会社クアトロ・カベサスでCM監督としてキャリアをスタート。ヨーロッパに拠点を移し、クリエイティブパートナーの姉バルバラと共にスペインでCMや映画の製作会社トーマ78を設立、カンヌ・ライオンズの金賞など、世界最大級の広告賞を多数受賞した。ギレルモ・デル・トロが製作総指揮を務めたホラー映画『MAMA』で長編映画監督デビューを果たし、2017年に公開された『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』が世界興収770億円を超え、ホラー映画史上最もヒットした作品となった。  ハリウッド実写版『進撃の巨人』の制作を手がけるのは、プロデューサーのデイビッド・ヘイマンが運営する独立系制作会社ヘイデイ・フィルムズ。1997年の設立以来、J.K.ローリング原作の『ハリー・ポッター』シリーズの全8作品、アルフォンソ・キュアロン監督によるアカデミー賞受賞作『ゼロ・グラビティ』などの制作を担当してきた。  キャストなどの詳細はまだ未定。製作・配給はワーナー・ブラザースが行う。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access