斉藤優里 関連記事

  • 斉藤優里、ファースト写真集『7秒のしあわせ』出版記念お渡し会に登場

    乃木坂46・斉藤優里、セクシーショット挑戦も「恥ずかしいよりも美しくが勝った」

    エンタメ

     乃木坂46の斉藤優里が18日、都内で開催されたファースト写真集『7秒のしあわせ』の出版記念お渡し会に登場した。@@cutter 乃木坂46メンバーとして最初で最後となる写真集。インドネシア・バリ島でロケし、開放感のあるVillaでは入浴シーンやランジェリー姿などの大胆セクシーショットにも挑戦した。セクシーショットに斉藤は「撮影する前は恥ずかしいのかなぁ?と思ったけれど、きれいなものを残さなければ!とスイッチを切り替えて、撮影中は恥ずかしいよりもきれいに美しく撮ってもらいたい方が勝った。頑張りました!」と自らを労っていた。  6月中に行われる同書のお渡し会最終日を持ってグループから卒業するが、芸能活動は継続する。今後については「いろいろなことに挑戦したい。洋服を着たり見たりするのが好きなので、洋服関係の仕事に携われたらうれしい。プロデュースもモデルもどちらも出来たらやりたい」と夢は広がるばかり。憧れのタレントを聞かれると「お洋服を作られている小嶋陽菜さんが女性的にもかわいいと思うし、尊敬もしています」とAKBグループOGの名前を挙げた。  写真集のタイトルはデビューして7年の経歴にかけており「その時期くらいにバリに撮影をしに行ったので、7という数字に縁があるのかなぁと。ふさわしいタイトルだと思った。でも7秒以上かけて、1ページ3分くらいかけて見てほしい」とおねだり。自己採点も「777点。ラッキーセブンです」と7にちなんだ点数を付けていた。  乃木坂46・斉藤優里ファースト写真集『7秒のしあわせ』は、サイゾーより6月20日発売。

  • 「乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念〜選抜ライブ〜」の模様

    乃木坂46・斉藤優里、ラストステージに涙「また笑って会いましょう」

    エンタメ

     乃木坂46が26日、横浜アリーナにて「乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念〜選抜ライブ〜」を開催。グループ卒業を発表している斉藤優里は本公演がラストステージとなり、「また笑って会いましょう! バイバーイ!」と挨拶して涙を流した。@@cutter 乃木坂46が横浜アリーナで単独公演を開催するは約5年ぶり。この度のライブは24日〜26日の3日間行われ、24日はアンダーメンバー、25日は四期生、最終日の26日は選抜メンバーによって行われた。  ライブは齋藤飛鳥がセンターを務める「Sing Out!」からスタート。「何度目の青空か?」「インフルエンサー」「おいでシャンプー」「裸足でSummer」のシングル曲に続いて、「ぼっち党」「ゴルゴンゾーラ」のユニット曲を披露。8曲目の「頬杖をついては眠れない」には秋元真夏、白石麻衣、新内眞衣、高山一実のほか、斉藤優里が登場。会場は大きな歓声に包まれた。  その後は「走れ!Bicycle」「夏のFree&Easy」「ガールズルール」「太陽ノック」「ジコチュー」で行こう!」と怒とうの夏曲メドレー。MCを挟んで「曖昧」「平行線」などのユニット曲を披露すると、18曲目では松村沙友理が率いる“さゆりんご軍団”が登場した。  松村の呼び込みで、佐々木琴子、寺田蘭世が姿を現すと、斉藤と同じく卒業を発表している伊藤かりんがサプライズ登場。会場は驚きと喜びの声に包まれた。さゆりんご軍団の4人が「白米様」「さゆりんご募集中」をパフォーマンスすると、26日が26歳の誕生日の伊藤にバースデーケーキのプレゼント。ケーキは将棋の有段者である伊藤に合わせて「香車」と書かれたケーキで伊藤は笑顔を見せる。  そんな伊藤に対して、松村は“軍団員”の伊藤に感謝の手紙を読み上げた。「かりんちゃんとやりたいこと、まだまだたくさんあります。だからワガママな軍団長から最大のワガママを言わせてください。乃木坂を卒業しても、さゆりんご軍団は卒業しないでください」とお願い。伊藤は涙ぐみながら「私も抜ける気はないし、さゆりんご軍団の武道館の夢は一生あきらめるつもりはないので、もしかしたら開催は50年後とかになっちゃうかもしれないけど、生き延びて遊びに来てください」と笑わせつつも、「本当にお世話になりました。ありがとうございました」と感謝を述べた。  ここからライブは終盤戦に。「ありがちな恋愛」「命は美しい」「シンクロニシティ」「スカイダイビング」「ロマンスのスタート」と続くと、最後「君の名は希望」でしっとりと見せ、本編を終えた。  観客のアンコールに答えて、再びステージに登場したメンバーは、ファンと共に振り付けを交えて、再度「Sing Out!」をパフォーマンスした。  ゴンドラで登場した斉藤が「歌い収めていない大切な1曲があるんですけど、ちょっと歌わせてもらってもいいですか?」と会場に尋ねると、自身がMVでセンターを務める「13日の金曜日」を歌唱。その後「ダンケシェーン」と続けると、斉藤が最後の挨拶を。  手紙を書いてきたという斉藤は「乃木坂46に加入してから約8年経ちます。悲しいことつらいことももちろんたくさんあったけど、楽しいこと達成感をより濃く何倍も感じられた8年でした。アンダーと選抜に行ったり来たりしていたので、ファンの人たちは、私以上に気持ちの変化が多くて、大変だったと思います」とした上で、「アイドルしているときはすごく幸せだったので、どこの場所でも頂いたポジションは大切に思いますし、誇りに思います。私の夢でもあった写真集も叶いました」と話すと、会場からは拍手が起きた。  斉藤は涙を浮かべながら、「みんなとお別れするのはとっても寂しいですが、声援を送ってくれたことや、みなさんのかわいい顔を思い出に、これからも頑張っていこうと思います。みんなの目に写る最後の瞬間までキラキラしたアイドルでありますように。そして私の大好きな乃木坂46もずっとずっと永遠に応援よろしくお願いします。また笑って会いましょう! バイバーイ!」と挨拶。「また笑って会いましょうってフレーズ絶対言いたかったから、泣かないつもりだったんですけど、ちょっと最後泣いちゃいました」と泣きながらも笑ってみせた。  最後にはキャプテンの桜井玲香が「ゆったんが卒業してもこの曲を思い出にして元気になれる瞬間があったらいいなという思いを込めて」と「乃木坂の詩」を全員で披露し、アンコールを締めくくった。  会場に終演を告げるアナウンスが流れるも、ファンからの「ゆったん」コールは止まなかった。するとメンバーが再度登場し、ダブルアンコールで「ハウス!」をパフォーマンス。最高の盛り上がりを見せ、斉藤が「横アリのみんな、ハッピー?」と声を掛けると、会場全体が「ハッピー」と答え、「バイバーイ!」という斉藤の一言で、幕を締めた。 

  • 乃木坂46・斉藤優里写真集『7秒のしあわせ』より

    乃木坂46・斉藤優里、大胆なセクシーショットに挑戦 初のソロ写真集

    エンタメ

     乃木坂46・斉藤優里の初めてとなるソロ写真集『7秒のしあわせ』が6月に発売する。グループ卒業を控える斉藤は「乃木坂46だった自分の姿を残せる貴重な作品。乃木坂で培ったものを出し切れるよう、全力で取り組ませてもらいました」とコメントを寄せている。@@cutter 斉藤は、2011年に乃木坂46の第1期生オーディションに合格。5thシングル『君の名は希望』のカップリング曲『13日の金曜日』では初のセンターを務め、3月末にはグループ卒業を発表した(卒業時期は未定)。  乃木坂メンバーとして最初で最後となる写真集では、斉藤自身がチョイスした数多くの“インスタ映え”スポットでの無邪気な様子、南国の大自然のなか、さんさんと降り注ぐ日の光を浴びてほほ笑む姿、動物たちとの共演、カフェやショッピング、ビーチやプールなど、豊富な撮影シーンが盛り込まれた。  また、開放感あるVillaでは、入浴シーンやランジェリー姿など大胆なセクシーショットにもチャレンジ。ベッドの上や夜のBarでは、これまで見せたこともない大人のオンナとしての表情が収められている。公開されたカットでは、南国テイストの衣装を身にまとい、撮影地・バリを堪能している斉藤の姿を確認できる。  斉藤は今回の写真集について「リラックスして撮影に臨めたこともあり、結構大胆なこともしちゃいましたね」とコメント。「男性にも女性にもワクワクしてもらえる、とても素敵な作品になったと自負しています」と自信をのぞかせ「私が死ぬときには、絶対この写真集を棺桶の中に入れてもらいたいです(笑)」と断言している。  斉藤優里の写真集『7秒のしあわせ』はサイゾーより6月20日発売。価格は1800円(税別)。

  • 西野七瀬、『おしゃれイズム1時間SP』ゲスト 乃木坂46囲み取材に登場

    西野七瀬、卒業前にメンバーとクリスマスを堪能「ロケを忘れて楽しんだ」

    エンタメ

     アイドルグループの乃木坂46が7日、都内にて開催された『おしゃれイズム1時間SP』(日本テレビ系/12月23日23時)番組収録後の囲み取材に出席。年内いっぱいで同グループを卒業する西野七瀬が、「ロケを忘れて、メンバーと初めてクリスマスっぽいことを楽しめた」と笑顔で語った。@@cutter この日の収録には、西野のほかに白石麻衣、齋藤飛鳥、生田絵梨花、梅澤美波、与田祐希、星野みなみ、堀未央奈、秋元真夏、松村沙友理、衛藤美彩、大園桃子、伊藤理々杏、佐藤楓、新内眞衣、井上小百合、高山一実、斉藤優里、山下美月の選抜メンバー19名が勢ぞろい。『おしゃれイズム』史上最多人数の出演となった。  同番組では、クリスマス・スペシャルということで、3チームに分かれて横浜・みなとみらいや赤レンガ倉庫でショッピングや食べ歩きを楽しんだり、江ノ島でプレゼント作りに挑戦したり、ロマンチックなイルミネーションもたっぷり堪能。さらに、千葉県でもみの木をゲットしたメンバーは、乃木坂46オリジナルのクリスマスツリーを制作し、完成作品をスタジオで披露した(集合写真・後ろのツリー)。  クリスマスの雰囲気をたっぷり楽しんだメンバーは、収録後、それぞれがロケの思い出を語ったが、中でも、年内いっぱいで同グループを卒業する西野は、「ロケをしていることを忘れて、純粋に(赤レンガ倉庫の)クリスマス・マーケットを楽しんじゃいました」と満面の笑顔。「今までクリスマスの思い出がほとんどないまま生きてきたので(笑)、ようやくみんなとクリスマスっぽいことができて、本当に楽しかった」と胸の内を明かすと、同行していた高山が、「一緒に歩いているときに、なーちゃん(西野)が自然に腕に絡みついてきて胸がキュンとした」と思い出をかみしめた。  白石は、「前回は1人で出させていただいたのですが、今回はクリスマス・スペシャルということで、大人数のメンバーで出演することができたので、すごくうれしかったし、楽しい会になったので、ぜひたくさんの方に観ていただきたいです」と真摯にアピール。生田は、「乃木坂のメンバーは、結構、ボケてる人が多くて(笑)、それをすかさず司会の上田(晋也)さんが拾ってくれて、それを投げ返してくれたので、収録中、ずっと笑っていました」と収録を心から楽しんだ様子だった。  『おしゃれイズム1時間SP』は、日本テレビ系にて12月23日23時放送。

  • “なぎなたパフォーマンス”と主題歌『いつかできるから今日できる』を披露した乃木坂46

    乃木坂46、胴着&袴姿で『あさひなぐ』主題歌初披露 なぎなたパフォーマンスも

    映画

     乃木坂46真夏の全国ツアー2017の宮城公演が、仙台市のセビオアリーナ仙台にて8月11日に開幕し、映画『あさひなぐ』の主題歌『いつかできるから今日できる』が初めて歌唱された。@@cutter 『あさひなぐ』は第60回小学館漫画賞に輝いた、こざき亜衣の人気コミックを実写化した青春映画。なぎなたに青春を賭けた女子高校生の姿を、仲間たちとの絆やライバルとの対戦を通して描く。劇中ではヒロインとその先輩を、乃木坂46の西野七瀬と白石麻衣が担当、ほかにも桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華、生田絵梨花、中田花奈、斉藤優里らが出演している。また同作は舞台版が5月に上演され、こちらには齋藤飛鳥、井上小百合、新内眞衣、若月佑美、堀未央奈、衛藤美彩、北野日奈子らが出演した。  ライブでは、盛り上がりを見せる中盤に、乃木坂46のナンバー『おいでシャンプー』が終わると、高山一実と秋元真夏による『あさひなぐ』プロジェクトについての紹介、その直後にステージ上には胴着&袴姿のメンバーたちが登壇し、“なぎなたパフォーマンス”が始まった。登場したメンバーは、映画版キャスト、舞台版キャストを合わせた総勢15名。  5月30日に行われた舞台『あさひなぐ』のライブビューイングイベントでは、14名による団体基本と言われる素振りを披露したが、今回は初めて曲に合わせてなぎなたを操るパフォーマンスを披露。会場に集まった5000人の観客を大いににぎわせた。  映画『あさひなぐ』は9月22日より全国公開。

  • 猫耳に浴衣姿の白石麻衣、“乃木夏ダンス”にマジ照れ

    猫耳&浴衣姿の白石麻衣、“乃木夏ダンス”にマジ照れ「すっごい恥ずかしかったです」

    エンタメ

     乃木坂46の白石麻衣、西野七瀬、秋元真夏、高山一実、松村沙友理、桜井玲香、星野みなみ、伊藤万理華、斉藤優里、寺田蘭世が28日、都内で行われた旅行情報サービス『じゃらん』の新CM発表会に出席。白石はCMでも踊っている“乃木夏ダンス”の披露を振り返り「沢山の方の前での披露だったので、すっごい恥ずかしかったです(笑)」と語った。@@cutter 新CMは、“クチコミ篇”と“ポイント篇”の2種類。テーマである夏旅にかけて、メンバーはとある旅館を舞台に夏の旅を満喫する。メンバーと共に、CMと同じく浴衣姿に猫耳をつけて登場した白石は、猫耳と浴衣について「気分も上がりますし、みんなそれぞれ、浴衣はシンプルなんですけど、帯にワンポイントが入ったりしてるので、とてもお気に入りです」とにっこり。  『じゃらん』の顔である猫・にゃらんとの撮影について聞かれた西野は「にゃらんと一緒にお布団で寝るシーンがあって、にゃらんがちゃんと浴衣みたいなのを着てて、すごくかわいいし癒されるしで、そのまま一緒に寝たくなりました(笑)」と撮影を述懐。猫耳については、「自分の視界には入っていないので、ついてる感はしないんですけど...周りを見たらやっぱりついてるので、自分もついてるんだなと(笑)」と照れ笑いを見せた。  イベントでは、メンバーがCMと同じオリジナル振り付けの“乃木夏ダンス”を披露。囲み取材で、「沢山の方の前での披露だったので、すっごい恥ずかしかったです(笑)」と苦笑した白石は、忙しすぎて夏休みが取れないのではないかと問われると「そんなことないですよ(笑)」と返し、「夏のツアーも控えてたりするので、具体的な夏休みっていうのはないかもしれないですけど、でも毎年ツアーでみんなで一緒にいることが多いので、一緒に色々な地方を回って、美味しいもの食べて、夜はホテルでみんなで遊びながらみたいなこともできるので、それも一つの夏休みにはなります」と笑顔で話していた。

  • 「10週年記念 モンスターハンター展」オープニングセレモニーに登場した乃木坂46“モンハン選抜メンバー”の永島聖羅、松村沙友理、白石麻衣、西野七瀬、斉藤優里

    「モンハン展」会見に乃木坂46! 白石麻衣ら“モンハン選抜メンバー”が登場

    アニメ・コミック

     渋谷ヒカリエ9F・ヒカリエホールにて、1日、「10週年記念 モンスターハンター展」のオープニングセレモニーが行われた。シリーズ第1作目から発売10周年を記念した同展示会に先駆けて行われたイベントには、主催者や制作関係者に加え、アイドルグループ・乃木坂46の白石麻衣や松村沙友理など5名からなる“モンハン選抜メンバー”も駆けつけた。@@cutter 主催4社からは代表として、ShoProの代表取締役社長・紀伊高明が登壇。古くは「VS.マーベル」から続くカプコンとの歩みを振り返り、「たくさんの来場者へ楽しんでもらいたい」と締めくくっていた。また、数えきれない程のハンターたちを虜にし続ける『モンスターハンター』シリーズの制作陣からは、プロデューサー・辻本良三とディレクター・藤岡要が登場。藤岡は、「ここまでの作品に成長するまではユーザーをはじめ、多くの方に支えられてきた」と語った。  そして、イベント後半では、オフィシャルサポーターとして乃木坂46のモンハン選抜メンバーが登場。この日、急遽不参加となったゴールデンボンバー・歌広場淳からも「しかたがないので“モンハン展”とツイッターで検索しながら仕事を頑張っています!」とのコメントが。  モンハン選抜メンバーの松村は、ゲーム内の“こんがり肉”を再現したメニューを口にして「ゲーム内のものを食べられるのは感動。このおいしさなら体力も回復するはず」と感想を伝えていたほか、白石は「モンハンを好きな人みなさんにぜひとも足を運んでほしい」と語っていた。  同展示会の開催は、8月2日~8月31日の期間限定。会場では最新作『モンスターハンター4G』に先駆けたコンテンツも配信されているため、全国のハンターたちはぜひとも集ってほしい。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access