THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 関連記事

  • 『HiGH&LOW THE WORST』鳳仙学園キャスト写真。(左から)塩野瑛久、葵揚、志尊淳、坂口涼太郎(上)、小柳心(下)、荒井敦史

    『HiGH&LOW』新作、鳳仙学園キャスト解禁 過去最強リーダーに志尊淳

    映画

     映画『HiGH&LOW』シリーズの最新作『HiGH&LOW THE WORST』で、鬼邪高校と対決する鳳仙学園のキャストが解禁。鳳仙学園の過去最強のリーダー・上田佐智雄役を俳優の志尊淳が演じるほか、塩野瑛久(小田島有剣役)、荒井敦史(志田健三役)、小柳心(仁川英明役)、葵揚(沢村正次役)が鳳仙学園の四天王として、坂口涼太郎が鳳仙学園の幹部・サバカンとして登場する。@@cutter 『HiGH&LOW』シリーズは、EXILE TRIBEらの出演により、5つのチームが拮抗する“SWORD地区”の覇権をめぐる男たちの熱い闘いと友情ドラマを描き、映画、ドラマ、動画配信、コミック、SNS、アルバム、LIVEと多様なメディアで展開する総合エンターテインメントプロジェクト。今作は高橋ヒロシの伝説の不良漫画『クローズ』『WORST』とコラボし、『HiGH&LOW』の“漆黒の凶悪高校”鬼邪高校と、『クローズ』『WORST』でおなじみの幹部以外スキンヘッドの最強軍団・鳳仙学園が対決する。  佐智雄役の志尊は「『WORST』は元々高橋ヒロシ先生の原作から大ファンで、このような不良漫画の実写ものやアクションものに出演することが一つの夢でした」と喜びのコメント。そして「鳳仙としての初めてのシーンが、トップとしてスキンヘッドの強そうな方々を後ろにして前を歩く、そして歩くと皆さまが道をあけるというシーンで、男としてとても憧れるシチュエーションでしたので、演じていてすごく気持ちが良かったです。鳳仙は皆が一枚岩なので、チーム力を大事に、現場の空気を大切に演じさせていただきました」と撮影の様子を振り返った。  また、本作で全日制の覇権を狙う転入生・花岡楓士雄役を演じる、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカル・川村壱馬は「志尊さんとも公私共に仲良くさせていただき、現場では二人で演技について熱く語る場面もありましたし、志尊さんがオールアップした際に鳳仙メンバーと一緒に食事に行ったり、志尊さんが寝ている時に寝顔の写真を撮ったり(笑)、とても良い関係で、撮影期間を過ごさせて頂きました」と志尊との撮影時の思い出を明かした。  今回の発表と併せて解禁された特報映像は、最強軍団“鳳仙学園”の威圧感が強調されたものとなっている。スキンヘッドの集団に囲まれたリーダー・佐智雄の「鬼邪高潰すぞ」の言葉とともに、雄叫びをあげる鳳仙軍団。そして鬼邪高校全日制の転入生・花岡楓士雄が「いくぞてめぇら」と声を上げて“鬼邪高校”新世代の面々を率いて向かっていく。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの劇中楽曲「SWAG & PRIDE / THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」が流れる中、迫力のバトルシーンが次々と展開する。  映画『HiGH&LOW THE WORST』は10月4日より全国公開。 ※高橋ヒロシの高ははしごだか

  • 映画『HiGH&LOW THE WORST』鬼邪高校・全日制キャスト

    『HiGH&LOW』新作は高橋ヒロシ『クローズ』『WORST』とクロスオーバー

    映画

     映画『HiGH&LOW』シリーズの最新作となる『HiGH&LOW THE WORST』が、10月4日より公開されることが決定。今回は高橋ヒロシの伝説の不良漫画『クローズ』『WORST』とのコラボが実現。『HiGH&LOW』の“漆黒の凶悪高校”鬼邪高校と、『クローズ』『WORST』でお馴染みの幹部以外スキンヘッドの最強軍団・鳳仙学園が対決する。@@cutter 『HiGH&LOW』シリーズは、EXILE TRIBEらの出演により、5つのチームが拮抗する“SWORD地区”の覇権をめぐる男たちの熱い闘いと友情ドラマを描き、映画、ドラマ、動画配信、コミック、SNS、アルバム、LIVEと多様なメディアで展開する総合エンターテインメントプロジェクト。映画シリーズ累計の興行収入は65億円、観客動員は450万人を突破している。  一方、『クローズ』は1990~98年、その続編『WORST』は2001~13年に「月刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載された、不良高校生たちの抗争を描いた漫画。両作品合計の単行本累計発行部数は7500万部を超える。  本作では、企画プロデュースを『HiGH&LOW』シリーズのEXILE HIRO、監督&アクション監督も同シリーズの久保茂昭&大内貴仁のタッグで務める一方、脚本を高橋と『HiGH&LOW』脚本チームとが共同で作成し、『クローズ』『WORST』の戸亜留市と『HiGH&LOW』のSWORD地区という両シリーズの主な舞台となった街が交差した世界を構築する。  鬼邪高校側のキャストには、定時制の番長・村山役の山田裕貴を筆頭に、鈴木貴之、一ノ瀬ワタル、清原翔、全日制で絶大な力を誇る轟役の前田公輝、龍役の鈴木昂秀(共にTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE)ら『HiGH&LOW』シリーズの人気キャストが出演するほか、全日制の覇権を狙う転入生・花岡楓士雄役にTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカル・川村壱馬が抜擢された。  企画プロデュースを担当するEXILE HIROは「昔から『クローズ』や『WORST』など高橋先生の作品の世界観が大好きだったので、今回HiGH&LOWとのコラボレーションを実現できた事がとても嬉しいですし、新しいコラボレーションの在り方をエンタテインメントとして発信できたように思います!」としている。  脚本を担当する高橋は「わたくし鳳仙学園学園長の高橋です。この度鬼邪高校のHIRO校長から決闘状が届きました。上等でございます。早速全生徒を校庭に集め、『いいか~~おめ~ら! この鳳仙に喧嘩売ったらどうなるか! きっちり教えたれぃ! 鬼邪高踏み潰したれ~~!』と号令をかけました。いざ、決戦です! 楽しみだろ(笑)」とコメントしている。  映画『HiGH&LOW THE WORST』は10月4日より全国公開。

  • 映画『PRINCE OF LEGEND』ポスタービジュアル

    14連壁ドン!映画『PRINCE OF LEGEND』特報&ポスタービジュアル解禁

    映画

     『HiGH&LOW』シリーズをプロデュースしたHI‐AXチームが手掛ける“プリンスバトルプロジェクト”の映画『PRINCE OF LEGEND』から、第1弾特報映像とポスタービジュアルが解禁。映像では劇中に登場する14人の王子が火花を散らす姿が収められている。@@cutter “女の子”として生まれたすべての女子たちの“シンデレラ願望”を叶える、刺激的かつ極上のプロジェクト“プリンスバトルプロジェクト”。片寄涼太や佐野玲於をはじめとする今をときめくイケメンが集結し、10月3日スタートの連続ドラマをはじめ、2019年3月21日公開の映画『PRINCE OF LEGEND』、さらにゲームやライブ、イベントなどメディアを横断して、“伝説の王子誕生”を描いていく。  このたび公開された特報映像は、来春公開の映画の第1弾特報映像。映像では、劇中で描かれる「伝説の王子選手権」に出場する計14人の王子たちが勢ぞろい。「セレブ王子」を演じる片寄をはじめ、「ヤンキー王子」の鈴木伸之、川村壱馬、「生徒会長王子」の佐野、「先生王子」の町田啓太など、個性豊かな王子たちが“大渋滞”。「伝説の王子」の座を巡って激しく火花を散らす様子が描かれている。  さらに、併せて公開されたポスタービジュアルでは、この14名の王子たちが“14連壁ドン”を披露。インパクト溢れるビジュアルに仕上がっている。  映画『PRINCE OF LEGEND』は2019年3月21日公開。

  • 『PRINCE OF LEGEND』(上段)主題歌を歌うm‐flo、(下段左から)コラボする片寄涼太、川村壱馬、吉野北人

    『PRINCE OF LEGEND』の主題歌はm‐flo 各チーム曲には片寄涼太らも参加

    映画

     片寄涼太や佐野玲於らが参加する“プリンスバトルプロジェクト”『PRINCE OF LEGEND』において、ドラマと映画の主題歌をm‐floが担当することが決定した。片寄は「80年代の音楽が軸にありながら、m‐floさんらしい雰囲気もある楽曲で『PRINCE OF LEGEND』の世界観にとてもはまっていると思います」と絶賛している。@@cutter 『PRINCE OF LEGEND』は、すべての女子たちの“シンデレラ願望”を叶えるプロジェクト。今をときめくイケメンが集結し、連続ドラマや2019年春公開予定の映画などを通じて“伝説の王子誕生”を描く。10月から日本テレビで放送開始となる連続ドラマで流れる楽曲には、“80年代ミュージックカルチャーへのオマージュ”というテーマが設けられており、m‐flo書き下ろしの主題歌『Piece of me』も、m‐flo節に80’s感を落とし込んだキャッチーな楽曲となっている。  本作には「Team奏」や「Team京極兄弟」など個性豊かなチームが登場するが、その各チームのテーマ曲も全てm‐floがプロデュースを行い、80年代に大ヒットした洋楽をカバー。チーム曲には、本作で“セレブ王子”朱雀奏を演じ、グループとしても今年初となるドームツアーを開催したGENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカルである片寄、同じく“ヤンキー王子弟”を演じた川村壱馬、“ダンス王子レッド”を演じた吉野北人も参加する。  m‐floの☆Taku Takahashiは主題歌の発表に際して「作品の楽曲のテーマである“80’s感”をm‐floなりに80年代の懐かしさ、キュンとするものを入れることにこだわりました」とコメント。片寄は「チーム曲でのコラボは、自分としても新しいチャレンジになりました。THE RAMPAGEの2人とともに、作品に華を添えるような楽曲になったように感じます。作品に登場する各チームの雰囲気にあった楽曲になっていますので、そのあたりも楽しみにして頂ければと思います」と話している。  ドラマ『PRINCE OF LEGEND』は、日本テレビにて10月3日より毎週水曜24時59分放送。映画『PRINCE OF LEGEND』は、2019年春全国ロードショー。

  • 「JUNON」10月号表紙

    THE RAMPAGE「JUNON」巻頭に初登場 香取慎吾は私生活の変化を告白

    エンタメ

     9月にアルバムをリリースするTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEが、現在発売中の雑誌「JUNON」(主婦と生活社)10月号で巻頭に初登場。特集ではメンバーによる座談会も収録されている。@@cutter 記念すべきファーストアルバム『THE RAMPAGE』の発売日である9月12日は、4年前、16人が正式メンバーとして認められた特別な日。巻頭ページでは、グループを代表してRIKU、川村壱馬、吉野北斗、WリーダーのLIKIYA、陣の座談会を実施。「4年間でいちばん変わったメンバーは?」など、“○○がナンバー1な人”のテーマトークでメンバーの意外な素顔を明らかにする。  また同誌には、現在放送中のドラマ『ヒモメン』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の窪田正孝も登場。ドラマ撮影現場での“誕生日サプライズ”の模様をレポートする。インタビューでは、30代の目標として「“30代のうちに大河ドラマの主役をやりたい”というのは願望としてあります」と語っている。  さらにルーブル美術館での個展や、ディレクターを務める「PPP SHOP JANTJE_ONTEMBAAR」のオープンを前にした香取慎吾が、プライベートでの変化などを語る。「コンビニでロックアイスを買うようになった(笑)」という、その理由とは?  NGT48の荻野由佳による連載「おぎゆか辞典」は拡大版として3ページにわたって涼やかな浴衣姿を披露。「2.5次元ネクストブレイク美男子」特集には、阿久津仁愛、有澤樟太郎、定本楓馬、長江崚行、星元裕月が登場する。また、第31回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのBEST30も発表されている。  「JUNON」10月号は、主婦と生活社より発売中。

  • ドラマ『PRINCE OF LEGEND』メインビジュアル

    片寄涼太、佐野玲於…王子がいっぱい『PRINCE OF LEGEND』連続ドラマ化決定

    エンタメ

     『HiGH & LOW』シリーズをプロデュースしたHI‐AXチームが手掛ける“プリンスバトルプロジェクト”の連続ドラマ『PRINCE OF LEGEND』(日本テレビ系/毎週水曜24時59分)が、10月3日より放送されることが決定。ドラマでは王子たちが“トップオブザプリンス”を目指して戦うきっかけが描かれる。@@cutter “女の子”として生まれたすべての女子たちの“シンデレラ願望”を叶える、刺激的かつ極上のプロジェクト“プリンスバトルプロジェクト”。片寄涼太や佐野玲於をはじめとする今をときめくイケメンが集結し、このたび放映される連続ドラマをはじめ、2019年春公開予定の映画『PRINCE OF LEGEND』、さらにゲームやライブ、イベントなどメディアを横断して、“伝説の王子誕生”を描いていく。  総資産数兆円と言われる朱雀グループの御曹司、朱雀奏(片寄)はすべてにおいて気品が溢れる“セレブ王子”。ある日、父の紹介で下町ヤンキー界のカリスマである“ヤンキー王子”こと京極尊人(鈴木伸之)と出会う。住む世界も性格も真逆の二人だが、あることをきっかけに“大切なもの”をかけて戦うことに。  しかし、そこには尊人の弟・京極竜(川村壱馬)、生徒会長王子・綾小路葵(佐野)、ダンス王子レッド・天堂光輝(吉野北人)、先生王子・結城理一(町田啓太)、美容師王子・嵯峨沢ハル(清原翔)らも参戦。14人の王子は、それぞれのプライドをかけた”プリンスバトル”を展開していく…。  ドラマの放送決定と併せてビジュアルも初公開。スーツ姿のかっこいい14名の王子たちが、何かに向かって走っているような疾走感あふれるデザインに仕上がっている。  ドラマ『PRINCE OF LEGEND』は、10月3日より日本テレビ系にて毎週水曜24時59分放送。

  • 川村壱馬の秘密を暴露する鈴木伸之 ※『PRINCE OF LEGEND』公式インスタグラム

    『プリレジェ』インスタに注目! “王子”たちの秘密を“王子”が暴露!?

    エンタメ

     2019年春公開の映画『PRINCE OF LEGEND』公式インスタグラムが、フォロワーが増えるたびに出演者が出演者の秘密を動画で公開する企画を実施。現在、劇団EXILEの鈴木伸之、THE RAMPAGEの藤原樹、長谷川慎がTHE RAMPAGE川村壱馬の、EXILE/GENERATIONSの関口メンディーが同じくGENERATIONS佐野玲於の秘密を公開し、ファンの間で盛り上がっている。@@cutter 本作は、2014年から2017年にかけて大ヒットした『HiGH&LOW』シリーズを手がけたスタッフが、映画、ドラマ、ゲーム、ライブ、イベントなど各方面に展開する新プロジェクト。“王子が大渋滞”というキャッチコピーで、注目の若手俳優たちがチームに分かれてバトルを繰り広げていく。  13日、公式インスタグラムのフォロワーが5万人を突破した記念に“王子”キャストが別の“王子”の秘密を暴露していく企画がスタート。  第1弾の鈴木は、劇中で弟を演じる川村について「壱馬は焼肉屋に行くとユッケを一人で5人前食べます。あいつは食いしん坊です。カルビも大好き。カルビ食ってユッケ食ってカルビ食ってユッケ食って…あいつは果てしないです」とささやかな秘密を暴露。「だからこれからあいつのことをインスタグラムに乗っけるときは #ユッケ王子 でお願いします」と締めくくった。  7万人を突破した14日には、関口メンディーが、同じGENERATIONSメンバーの佐野について「よく(一緒に)お酒を飲むんですけど…ま、たまにですね、お酒を飲んで酔っ払ってくると『メンディーお前頑張ってるな』と。あの“塩”の会長が“砂糖”の部分を見せてくれます」と佐野のツンデレ対応を穏やかに微笑みながら報告した。  8万人突破の15日に登場した藤原と長谷川は、鈴木に続き川村の秘密を暴露。「壱馬さんの下着、めっちゃ派手です。派手パン王子です」「…確かに(笑)」と、メンバー同士ならではの秘密にファンは大盛り上がり。  それぞれ「ユッケ王子かわいい」「リアル兄弟に見えた」、「めんめん親子エピありがとう」「玲於くんなんだかんだメンさんのこと大好きだもんね」「塩王子は砂糖になっても上からなんですね」、「いつまこむり強すぎ…」「まことちゃんが壱馬の下着派手言うたあとの笑うとこくそかわいい」といった反響が寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/prince.of.legend/    https://twitter.com/PRINCELEGEND_PR    https://twitter.com/therampagefext

  • 「武者修行ファイナル」へに意気込みを語った、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE

    THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、「武者修行ファイナル」への意気込みを語る

    エンタメ

     オーディションで選ばれた精鋭16名のダンス&ボーカルユニットTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEが、6日に開催された『第19回 東京ガールズコレクション2014 AUTUMN/WINTER』に初出演し、強烈なパフォーマンスで観る者を圧倒した。@@cutter ファッションショーでの初ステージを終えて、パフォーマーの坂本陣は「本当にたくさんの方々にRAMPAGEを知っていただき、少しでも認知度を広げていけたかなと感じています」、同じくパフォーマーのエリオット力也は「最初はすごく緊張してたんですけど、終わってみるとあっという間でした。歓声もたくさんいただいたので、嬉しかったです」、ボーカルの青山陸は「こんなに大きなステージで歌わせていただくのは本当に初めての経験で未知でしたが、全員で力を合わせることができました」とメンバー16名がしっかりと手応えを感じた様子を明かしてくれた。  THE RAMPAGE from EXILE TRIBEはその名が付いているように、EXILE TRIBEが発足する新グループ。ボーカル3名(青山陸、川村壱馬、吉野北人)パフォーマー13名(阿多龍太郎、岩谷翔吾、浦川翔平、エリオット力矢、神谷健太、後藤拓磨、坂本陣、鈴木昴秀、武知海青、長谷川慎、藤原樹、山本彰吾、与那嶺瑠唯)から成っている。現在は「候補生」という形だが、正式メンバーの座をかけて、現在「武者修行」を行っている。武者修行とは、青山いわく「7月7日から約1ヵ月かけて、全国17都市34公演を行ったことを武者修行と呼んでいます。バス1台で北から南下していきました」と、まさに己の資質を高めるための期間を過ごしたようだ。  16名という大人数でひとつの表現をするには、一糸乱れぬ全員の集中力と統率力が必要になってくる。一朝一夕ではできないその技について、コツを聞いてみた。坂本は「すごく課題になりました。最初はお客さんに見せることだけを考えていたんですけど、それだとバラツキが出てしまったんです。だから、アイコンタクトをしてメンバーの中でひとつフィルターを通してお客さんに届けていく工程を挟むことで、より高いパフォーマンスができるようになりました」と、努力の跡をにじませた。  武者修行の間、彼らは寝ても覚めても一緒に生活している。平均年齢20歳にも満たない成長過程の男性同士、しかもHIPHOP要素が入っているグループなだけあり、血気盛んな日常かと問うも、メンバー全員は笑いながら否定。「全く争いがないかと言われたらゼロではないですけど(笑)、でもみんなで仲良くやってます。たまに服の貸し借りをしたりもするし(笑)」と、ひとつ釜の飯をくらう仲間の契りをほのめかせた。  今は活動がスタートしたばかりのTHE RAMPAGE。この先大きく羽ばたいていくだろう彼らに、現時点での目標・夢を聞いてみた。全員を代表して、エリオットが「今は僕たちは候補生という立場なので、全員で正式メンバーになってデビューに向けて走っていきたいです!」と一言、力強く答えた。正式メンバーの座をかけた「武者修行ファイナル」は9月12日東京・新木場STUDIO COASTにて行われる。(取材・文:赤山恭子、写真:佐藤裕美子)

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access