山口まゆ 関連記事

  • 映画『僕に、会いたかった』公開記念舞台挨拶にて

    TAKAHIRO、松坂慶子をエスコートし笑顔「ジェントルマンなんで」

    映画

     EXILEのTAKAHIROが11日、都内で行われた映画『僕に、会いたかった』公開記念舞台挨拶に登場。入場時には共演した女優の松坂慶子をエスコートして登壇し「ジェントルマンなんで」とさわやかな笑みを弾けさせた。@@cutter 本作はTAKAHIROが映画で初めて単独主演を務め、松坂と母子役を演じた人間ドラマ。12年前の事故で記憶を失った元漁師の徹が、島の人々に見守られながら懸命に生きる姿を描く。イベントにはTAKAHIRO、松坂のほか、山口まゆ、柴田杏花、秋山真太郎、錦織良成監督が出席した。  昨日公開初日を迎え、ロケ地となった島根県隠岐島に公開直前にもイベントで訪問したTAKAHIROは「みなさん本当に映画の完成を喜んでいただいて。島のみなさんは撮影にあたって全面的に協力していただいたので、身内のような気持ちで観ていただけたのではと思っております」と感謝。松坂も「本当にお世話になって、映画にも出演していただいたりしたので、みんなで試写を見られてとてもうれしかったです」と島での思い出を振り返った。  TAKAHIROと松坂の親子役も話題の本作。入場時にはTAKAHIROが松坂の手を取って登壇したり、トーク中にも松坂のユーモアなコメントに「母ちゃん」とツッコむなど和気あいあいとした雰囲気をみせており、松坂の印象にTAKAHIROは「最初にお会いしたときは後光が差しているというか、神秘を感じました。でも、役に入られると島のお母さんとして佇んでいらっしゃるのはさすがだなと思いました」と絶賛した。  また、撮影エピソードでは錦織監督が、徹が涙するシーンについて「テストから泣くんですよ」と全力投球だったことが紹介され、TAKAHIROは「リハーサルの段階でも全部出しちゃおうという気持ちで、もう(涙が)出ないくらいで臨みました」と回顧。  すると、松坂も「現場からちょっと離れたところで孤独に気持ちを作ったり、現場では本当に徹になりきってストイックになされていました。今は面白い人になっていますけど」と振り返り、TAKAHIROは「撮影中、離れて見えないところで釣りとかもしていたので、ちょっと心が痛いというか」と茶目っ気たっぷりに返して笑いを誘っていた。  映画『僕に、会いたかった』は公開中。

  • 『太陽の家』キャスト発表記者会見にて

    長渕剛、20年ぶり映画主演作で男泣き「ヤバイ! と思うくらい出てくる」

    映画

     シンガーソングライターの長渕剛が25日、都内で行われた映画『太陽の家』のキャスト発表記者会見に飯島直子、山口まゆ、潤浩、広末涼子、瑛太、権野元監督と出席した。自身の主演映画についてたっぷりと語った。@@cutter 長渕にとって約20年ぶりとなる映画主演作。主人公の棟梁・川崎信吾を長渕、信吾の妻・美沙希を飯島、信吾の娘・柑奈を山口、信吾と関わっていくシングルマザーの池田芽衣を広末、芽衣の愛息子・龍生を潤、信吾の愛弟子・河井高史を瑛太が演じる。今月1日にクランクインし、来年公開を目指す。  20年ぶりの主演映画に長渕は「僕ね、20年ぶりと言われるのが嫌でね、まるでこれまで遊んでいたみたいだから」と微笑しつつ、「この現場に携わることができて最高ですね! まさにファミリーです。笑顔の絶えない毎日で、きれいな方にも囲まれて、映画界のカリスマ・瑛太もいて、かわいい孫ができたようなものです」と気色満面。撮影現場では「俺の実人生にこういうことがあるのかなぁ? と涙が出たり、父や母、妻や娘のことを思い起こしたり。この映画には『いいなぁ』という響きがある。涙が、ヤバイ! と思うくらい出てくる」と振り返った。  長渕とプライベートでも親交のある瑛太は、亡くなった自身の父親と同郷の長渕に父性を感じているようで、今回の共演に「今にも涙が溢れそう」とウルウル。それに長渕は「どこからどこまでが本気かわからない」とおどけつつ「瑛太はかわいくてしょうがない。普段の瑛太も芝居をしてる瑛太も、不可思議な男でね。風のように現れて風のように去っていく。もうかわいくてしょうがない」と破顔。普段から電話するような仲で「瑛太という青年にはお父さん的な気持ちになるときもあるけれど…かわいくてしょうがない」と固い絆に思いを寄せた。  妻役の飯島に長渕は「飯島さんが来られた瞬間にフラフラ~と寄って行っちゃった。人生がもう一度あったらなぁと思たり」とゾッコンも、「早朝から僕の顔をひっぱたくシーンがあって、3度ひっぱたかれました。3発目は思い切りヒット!」とニヤリ。まだ完成前だが、長渕はストーリーを細かく説明しだし、権野監督から「長渕さん、そろそろネタバレ部分に…」とストップをかけられるほど終始饒舌だった。

  • 『僕に、会いたかった』完成披露上映会舞台挨拶に登場したTAKAHIRO

    TAKAHIRO、「予想だにつかない」ギャップで会場魅了 寡黙な役で映画単独初主演

    映画

     EXILEのTAKAHIROが3日、都内で開催された映画『僕に、会いたかった』の完成披露上映会の舞台挨拶に出席。“無精髭を生やした寡黙な男“というイメージとはギャップのある役柄で映画単独初主演を務めたが、この日も軽快なトークで会場を盛り上げたTAKAHIRO。「僕が寡黙な役を演じるのは、みなさん予想だにつかないと思う」と口火を切り、「(完成作を観て)自分の映画を観ていないような感覚になった」と新境地に手応えを語った。@@cutter 本作は島根県の隠岐の島を舞台に、12年前に起こった事故がきっかけで記憶を失くした元漁師の男が、島の雄大な自然や人々の優しさに包まれながら、自分自身を見つけようとする姿を描く人間ドラマ。舞台挨拶には、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生、秋山真太郎、小市慢太郎、錦織良成監督も出席した。  司会から「寡黙な役」と紹介されると会場からは笑い声が上がり、「ザワザワするのが早い!」と観客にツッコミを入れたTAKAHIRO。「単独初主演ということで、初挑戦もたくさんあった。監督と相談しながら、大船に乗ったつもりで演じさせていただいた。しっかりと寡黙な役をやってます」と監督に感謝しつつ、アピールしていた。  M!LKとしても活躍する板垣とは、隠岐の島での撮影で魚釣りを通して親交を深めたという。TAKAHIROが「すごいイケメンなので、“イケメンだね。モテるでしょ”と言った」と振り返ると、板垣は「TAKAHIROさんほどじゃないですよ」とニッコリ。すかさずTAKAHIROが「こういうこと言う。なめてんな」と笑顔を見せるなど丁々発止のやり取りで会場をわかす一幕も。TAKAHIROの“舌好調”ぶりに、秋山は「全然、寡黙感ない」とストレートに語り、笑いを誘っていた。  映画『僕に、会いたかった』は5月10日より全国公開。

  • 『僕に、会いたかった』新ポスター

    TAKAHIROの涙の理由は… 『僕に、会いたかった』ポスター&予告到着

    映画

     EXILEのTAKAHIROが初単独主演を務める映画『僕に、会いたかった』より、ポスタービジュアルと予告映像が届いた。TAKAHIRO演じる記憶を失くした漁師・徹が静かに涙を流すシーンも盛り込まれ、エモーショナルな予告映像となっている。@@cutter 本作は、島根県隠岐の島の大自然を舞台に、とある事故をきっかけに記憶を失った漁師が、周囲の人々の優しさに触れるうち、新しい自分を見つけ出す、家族の絆と再生を描くヒューマンドラマ。共演者として、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生、松坂慶子、小市慢太郎など、若手からベテラン勢まで豪華俳優陣が発表されている。監督は『わさお』『たたら侍』の錦織良成。  島で一二を争う凄腕漁師の池田徹(TAKAHIRO)は、ある事故をきっかけに記憶を失いながらも、母や島の人々のサポートを得ながら暮らしていた。漁に出られなくなった徹は、島で懸命に今を生きようとするが「ありがとう」を言いたい人も忘れ、心だけが前へ進めない。そんな苦悩する徹を、島の雄大な自然と、そこに暮らす人々の優しさが包み込む。徹は“自分自身”を見つけることができるのか…。  発表されたポスタービジュアルは、舞台となる島根県隠岐の島の美しい風景も織り込まれ、主人公・徹を中心に、柔らかな表情の登場人物たちが配置されたもの。徹の葛藤を優しく支える家族や島の人々とのつながりを示唆するビジュアルとなっている。  予告映像は、嵐の中、荒波に揉まれる漁船の上で雨に打たれながら悲痛な叫び声をあげる徹の緊迫したシーンからスタート。記憶を失い、穏やかな日々の中でも葛藤する徹と、そんな彼を支える人々の真摯な優しさが丁寧に紡がれていく。すべてを受け止めて静かに涙を流すTAKAHIRO演じる徹の表情が印象的で、エモーショナルな予告編となった。ラストカットでは冒頭とは全く違う穏やかな海の上を船が進んでいく。本作の見どころのひとつである隠岐の島の美しいロケーションもしっかり捉えられている。  映画『僕に、会いたかった』は5月10日より全国公開。

  • 映画『僕に、会いたかった』に主演するTAKAHIRO

    TAKAHIROが単独映画初主演 『僕に、会いたかった』特報解禁 記憶を失った漁師役

    映画

     EXILEのメインボーカルを務めるTAKAHIROが、映画『僕に、会いたかった』で単独映画初主演を務めることが発表された。併せて、特報と場面写真も解禁された。@@cutter 本作は、とある事故をきっかけに記憶を失った漁師が、周囲の人々の優しさに触れるうちに、新しい自分を見つけ出す家族の絆と再生を描いていくヒューマンドラマ。  島で一二を争う凄腕漁師の池田徹(TAKAHIRO)は、ある事故をきっかけに記憶を失いながらも、母や島の人々のサポートを得ながら暮らしていた。漁に出られなくなった徹は、島で懸命に今を生きようとするが「ありがとう」を言いたい人も忘れ、心だけが前へ進めない。そんな苦悩する徹を、島の雄大な自然と、そこに暮らす人々の優しさが包み込む。徹は“自分自身”を見つけることができるのか…。  徹を献身的に支える母親を松坂慶子、徹に寄り添う心優しい医師を小市慢太郎が演じるほか、島にやってくる学生役で山口まゆ、板垣瑞生がキャスティングされている。メガホンをとるのは『たたら侍』の錦織良成監督。  本作は島根県隠岐島で撮影。主演のTAKAHIROは「大変なシーンもありましたが、地元の皆さんの多大なご協力のもと、心温まる素晴らしい作品が出来上がったと思います」とコメントを寄せている。  公開された特報映像は、無精髭に漁師服姿のTAKAHIRO演じる徹が、記憶を失い12年間の“空白の時間”に戸惑いながらも懸命に生きようとする姿をはじめ、彼を支える人々の姿や島根県隠岐島の雄大な自然を描写。さらに場面写真には、険しい表情の徹や、徹に母親が寄り添うシーンが捉えられている。  映画『僕に、会いたかった』は5月10日より全国公開。

  • 映画『相棒 ‐劇場版 IV‐』ゲスト出演者が発表!

    劇場版『相棒』公開日決定! 北村一輝、鹿賀丈史らゲスト出演者発表

    エンタメ

     人気刑事ドラマ『相棒』の劇場版最新作『相棒 ‐劇場版 IV‐』の公開日が2017年2月11日に決定したほか、北村一輝、山口まゆ、鹿賀丈史ら追加キャストが発表。さらに特報映像が解禁された。@@cutter 10月12日からはテレビ版の新シリーズ放送も控える『相棒』。新作映画では水谷豊、反町隆史コンビのほか、及川光博、石坂浩二とおなじみのレギュラーキャストが登場する。  そして今回、ゲスト出演する俳優陣が次々と発表。国連犯罪情報事務局の元理事であるマーク・リュウを演じるのは、ベテラン俳優の鹿賀。シリーズ通しての印象を「本格的で地に足のついた撮り方をする面白いドラマだと思っていました」と語るが、「チームワークのとれた作品ですので、その中で自分がどんな風に溶け込み仕上がるのかが楽しみ」と完成への期待を込める。  本作の鍵を握る存在、鹿賀演じるマークが追い続けてきた国際犯罪組織「バーズ」の主要メンバーで、ベールに包まれた“黒衣の男”を演じる北村は、自身の配役に「彼なりの正義にも共感を持てました。彼の生き方を伝えようと、力まず自然と撮影に挑めました」と撮影を振り返った。  全容はまだ明かされていない本作だが、キャスト発表に合わせて特報映像も解禁。「その事件の未来(さき)には何がある?」という意味ありげなキャッチコピーから始まる特報では、すでに配布されたポスターに描かれたカラスの羽とともに、おなじみの面々が登場。その内容に期待が膨らむ。

  • 新井浩文、『インディゴの恋人』試写会にて

    新井浩文、主演ドラマで抜群の包容力を発揮 “岡山男子”の魅力を体現

    エンタメ

     NHKドラマ『インディゴの恋人』試写会が22日、都内で行われ、その後行われた記者会見に新井浩文、美波、山口まゆらが登壇した。岡山県倉敷市を主な舞台とした本作。会見ではキャストたちが岡山の魅力をアピールした。@@cutter ある理由で、ジャズピアニストの夢を捨てデニム加工職人となった健二(新井)と、ぬぐい難い過去を持つ女流画家・みゆき(美波)が、倉敷に存在する“記念日レター”がきっかけに新たな一歩を踏み出す…。今を生きる大人たちの自分を取り戻す愛の物語となっている本作。  番組プロデューサーが「岡山の男の人の魅力=包容力を伝えたかった」と話す通り、作品では新井演じる健二の包容力が魅力的に描かれている。新井は「“岡山系男子”の魅力をはじめ、風景も美観地区などとても美しいし、岡山を知らない人も行きたくなるように見えるんじゃないかなと思います」とコメント。  さらに新井が岡山の魅力として挙げたのが“食”。「岡山には何度も言ったことがあるのですが、必ず行く、好きな食べ物屋さんが3軒あって…」とその美味しさを熱く語れば、ヒロイン・みゆき役を演じた美波は「私も新井さんに紹介してもらったお店が本当においしくてリピートしました。食以外だとやっぱり美観地区は、夜、小川に建物が反射する風景とか、電線がない風景とか本当に美しい場所です」とその魅力を口にする。  美波は試写会を終えて、「今日という日がとっても寂しいです」と率直な思いを語る。というのも「ドラマの撮影に入る2ヵ月半くらい前から、作品中の絵の制作を留学先のパリで始めて、それが完成して、ドラマでみゆきという役柄を演じて、一つ一つの出来事に思い入れが強い作品になりました。今、ホッとしたのと同時に、これが『インディゴの恋人』の最後のお仕事だと思うと本当に寂しい。でもこれが旅立ちなんだなと…」としみじみと語る。  また、健二の姪で、健二とみゆきをつなぐ役割の紗代を演じた山口は、「私はまだ中学生で恋愛の感情は詳しくわからないのですが、インディゴの青という色を通じて、人と人が通じ合っていくというのは素敵だなと思いました」と、憧れの眼差しを向けた。  記者会見にはこのほか、久保田紗友、青山草太、片岡鶴太郎が登壇した。岡山発地域ドラマ『インディゴの恋人』は1月27日22時よりNHK BSプレミアムで放送。

  • 広末涼子・有村架純らに続け!短編映画『LOTTE SWEET FILMS』が公開決定

    広末涼子・有村架純に続け!後輩新人女優たちの主演短編映画が完成&公開決定

    映画

     広末涼子・有村架純らが所属する芸能事務所「FLaMme」と、お菓子メーカーLOTTEがコラボを行った短編映画3本が完成し、この度公開が決定した。各作品の監督は、気鋭の新人らが手掛け、主演は同事務所の新人女優、花坂椎南・松本穂香・山口まゆが務める。@@cutter 本作品は、LOTTEの人気お菓子×新人女優×新人監督で誕生した『LOTTE SWEET FILMS』。人気お菓子3つから、それぞれの監督自身が生み出す物語を映像化し個性溢れる短編映画となっている。  12月15日公開の1作目は、花坂椎南と「Ghana」のコラボ作品『class work』(監督:榊原有佑)。中学3年・陽菜の卒業後の進路希望は父と同じガラス職人になることだが、父・久幸からの賛成を得られずにいた。独自でガラス工芸の作り方を探ろうと、父の工房へ向かった陽菜は、そこで亡き母の残したお菓子のレシピを発見する…。  1月19日公開の2作目は、松本穂香と「コアラのマーチ」のコラボ作品『MY NAME』(監督:アベラヒデノブ)。目立たないタイプの高校2年生・マコの学校での楽しみは、授業をさぼって小説を書きながら、屋上でギターをひいているツバサを遠くから見つめること。ある日、いつものようにツバサをそっと見ていると、携帯が鳴ってツバサに存在を気づかれてしまい…。  2月16日公開の3作目は、山口まゆと「TOPPO」のコラボ作品『ふたりだけの声』(監督:金井純一)。冬休み、母の仕事の都合で田舎の祖母の家に預けられ、いつものようにイヤホンで落語を聞いていた柑奈は、誰もいないと思い落語家の真似を始める。すると庭先から、“声が出せない”小学生・柊太が覗きこみ、柑奈は落語を聞かせるあげることに…。  短編映画『LOTTE SWEET FILMS』3作品は、LOTTE運営のインターネット番組サイト「Lotte Chocomotion TV」にて公開。また、映画祭などへの出品も予定されている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access