本田紗来 関連記事

  • 本田望結

    本田望結、“女優とスケート”本気の両立挑戦きっかけは妹・紗来の成長

    エンタメ

     女優でフィギュアスケート選手の本田望結と妹の本田紗来が、15日放送の『衝撃のアノ人に会ってみた!』(日本テレビ/毎週水曜19時)に出演。姉の望結が女優業とフィギュアスケートとの両立について話す一幕があった。@@cutter この日の番組では、共にフィギュアスケート選手として活躍する望結と紗来が、4月に実施したアメリカ合宿の模様に密着。今回の合宿では、望結はフリー演技の振り付けを、紗来は4回転ジャンプに取り組むことに。  番組カメラは合宿中の望結の部屋にも潜入。カメラが寝室のベッドに置かれたぬいぐるみを捉えると望結は「寝る時一人は無理なので、一緒に寝てもらう子です」と照れ笑い。さらに番組スタッフが部屋の中に体重計があることに気づくと「量る時は1日10回くらい。朝・夜・昼は必ず量るし、ご飯食べる前と後もすごく量っちゃいますね」とストイックな一面を明かした。  これまで女優業とフィギュアスケート選手、どちらを選ぶのかを悩み続けていた望結。選手として頭角を現し成長する妹・紗来の姿を見て、今は女優とスケート、どちらも本気で挑戦することに決めたという。  現在は、表現力に磨きをかけるためにバレエやダンスも練習しスケートに取り入れているという彼女は、自身のスケートについて「いつかは私にしかできない表現ができるようになったらいいなと思っています」と力強く語った。そして番組スタッフが“女優業とスケートの両立”について質問すると「どちらかをやめたいと思ったら、たぶん片方じゃなくて両方やめると思います」とキッパリと断言した。  子役として活躍しお茶の間でもおなじみだったか彼女の成長ぶりにSNSには視聴者から「スケートと女優両立しててすごいなぁ」「望結の答えは意外だった。二刀流を貫くんだね!」などの声が寄せられていた。

  • 本田望結

    本田望結、妹・紗来の“願い”を知りショック「3日間ぐらい号泣」

    エンタメ

     フィギュアスケート選手の本田望結・紗来姉妹が8日、『しゃべくり007』2時間スペシャル(日本テレビ系)に出演。望結の妹への愛が強すぎるあまり、紗来から距離を置かれていることが明かされた。@@cutter この春で中学3年生になった14歳の姉・望結と、小学6年生になった12歳の妹・紗来。普段は妹を可愛がっている望結だが「近頃、紗来が急に冷たくなった」とし「お風呂も一緒に入ってくれなくなった」と悩みを打ち明けた。これに紗来は「もう中学3年生だから卒業しないと…」と姉を思いやっての行動だと主張し、「一人でお風呂入ってな」と望結の妹離れを促していた。  また「紗来のサンタさんへのお願いを見て泣いてしまった」というエピソードを明かした望結。2人は家では同じ部屋で過ごしているというが、紗来がクリスマスに「1人部屋が欲しい」とサンタへ手紙を書いていたといい、望結はそれをみて「3日間ぐらい号泣しました」とショックを受けたことを告白。  「一緒にいたいときもあれば、1人でいたい時もある」と思春期ならではの思いを語った紗来だったが、望結は「最近、お父さんの部屋を紗来の1人部屋に変えようみたいな話が家族の中で出で、必死にお父さんを止めています」と明かしていた。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access