ドナルド・グローヴァー 関連記事

  • 映画『ライオン・キング』(左から)ドナルド・グローヴァー、日本版オフィシャルソングを歌うRIRI、ジョン・ファヴロー監督

    『ライオン・キング』日本版オフィシャルソングを歌うのは19歳の新人歌手RIRI

    映画

     往年の名作アニメを“超実写版”としてよみがえらせるディズニー最新作『ライオン・キング』より、日本版オフィシャルソング「サークル・オブ・ライフ」を19歳の新人女性アーティスト・RIRIが担当することが決定。あわせてミュージックビデオと楽曲が初解禁された。@@cutter 本作は、雄大なアフリカの大地を舞台に、王家の一族に生まれた子ライオンのシンバが自らの運命を受け入れ、“真の王”となる姿を描く。声優は、主人公シンバ役を俳優、歌手、作曲家など多彩な才能を持つドナルド・グローヴァー、その幼なじみのナラ役を世界の歌姫ビヨンセが務める。  アニメーション公開当時から『ライオン・キング』のテーマとしてファンに愛されてきた「サークル・オブ・ライフ」は、エルトン・ジョン、ティム・ライスが作曲し、アカデミー賞にもノミネートされた伝説的名曲。日本版オフィシャルソングである「サークル・オブ・ライフ」を歌うアーティストに大抜擢されたのは、19歳の新人女性アーティストRIRI。幼いころから洋楽を聞いて育ち、中でもビヨンセが大好きだというRIRIは、まさにビヨンセを彷彿とさせるソウルフルで圧巻の歌声を評価されての抜擢となった。  今回LAに渡航したRIRIは、ジョン・ファヴロー監督と、本作の主人公のシンバ役を務め、ビヨンセとのデュエットソング「愛を感じて」を歌い上げるグラミー賞アーティストのドナルド・グローヴァーと対面を果たし、なんと彼らの前で「サークル・オブ・ライフ」をアカペラで生披露。歌い終えたRIRIに監督は「凄い!」と称賛、ドナルドも「『ライオン・キング』に出演したほうがいいよ! 君、本当にビヨンセみたいだ。ヤングバージョンのね!」と大絶賛した。  RIRIは「『サークル・オブ・ライフ』は、生と死という意味だけでなく、愛でつながるっていう意味があると思います。一人ひとりが輝く存在で、自分には才能がない! とか夢なんか叶えられない! とあきらめてしまう人に映画を通じて自信をもって前に進んで欲しいし、パワーをもらって欲しい」と語っている。  今回初解禁されるミュージックビデオでは「サバンナの地平線から登る太陽や生き物の躍動する生命力をイメージして思いを込めて歌った」と話しており、映画の映像と合わさり壮大な仕上がりとなっている。  映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

  • 映画『ライオン・キング』場面写真

    『ライオン・キング』監督が語る、最先端VRを使用した“超実写版”の世界

    映画

     往年の名作アニメを“超実写版”としてよみがえらせるディズニー最新作『ライオン・キング』より、ジョン・ファヴロー監督のコメントが到着。過去に手掛けた映画『ジャングル・ブック』(2016)との違いや作品に込めた思いなどを語っている。@@cutter 本作は、雄大なアフリカの大地を舞台に、王家の一族に生まれた子ライオンのシンバが自らの運命を受け入れ、“真の王”となる姿を描く。声優は、主人公シンバ役を俳優、歌手、作曲家など多彩な才能を持つドナルド・グローヴァー、その幼なじみのナラ役を世界の歌姫ビヨンセが務める。  マーベル作品や映画『スター・ウォーズ』のドラマシリーズなどで、監督、役者、脚本家など幅広く活躍するファブロー監督。2016年に監督を務めた映画『ジャングル・ブック』では、ファブロー監督の指揮のもと、ハリウッド最高峰の製作チームが集結。現実には存在し得ない“人間味”あふれる動物たちと、美しいジャングルを生み出した。  『ジャングル・ブック』では、主人公の男の子モーグリ以外のキャラクターはすべてCGアニメーションで作られ、モーグリを中心に周りの動物たちが製作された。しかし『ライオン・キング』には、本物の人間や動物、風景は一切登場しない。  ファブロー監督は「モーグリという肉体的な要素がひとつなくなったことで、ブルースクリーンを利用したり、実際的なセットを使用したり、本物のカメラを使わなければならないという限界から私たちは解放され、すべてがヴァーチャルになった。実物を通して撮影する必要がなくなったことで、全く新しいアプローチを撮るためのドアが開かれたんだ」と振り返る。  『ライオン・キング』では、モーグリのような基準にする物体がなくなったことで、ヴァーチャルの世界を舞台に映画を製作できる状態に。ファブロー監督は「(『ライオン・キング』は)『ジャングル・ブック』とはまったく違う感覚だよ。簡単に言えば、この映画を作る目的だけのために存在するVRフィルムメイキング・ゲームを築き上げたんだ」と製作の舞台裏を明かす。実物とキャラクターを合わせなければならないという制限から解放され、映像の可能性が無限大に広がったのだ。  さらに、ファブロー監督は「私は人々に、“これは、今でも『ライオン・キング』だ”と感じてもらいたい。その一方で、“どのようにして人々を驚かせ、新鮮で新しいものだと感じさせることが出来るのか?”ということも大事にした」と今作に込めた思いも語る。  1994年のアニメーション以来、舞台や音楽など、形を変えて世界中で愛されてきた『ライオン・キング』。その決して色褪せない魅力を残しつつも、最先端のVR技術を駆使して作られた“超実写版”の映像美によって、新鮮な作品へと仕上げたファブロー版『ライオン・キング』に期待したい。  映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

  • 映画『ライオン・キング』日本版ポスター

    『ライオン・キング』ビヨンセの歌声初披露 名曲「愛を感じて」解禁

    映画

     往年の名作アニメを“超実写版”としてよみがえらせるディズニー最新作『ライオン・キング』より、主人公シンバの声を務めるドナルド・グローヴァー、そしてシンバの幼なじみのナラ役を担当するビヨンセが歌う名曲「愛を感じて(原題:Can You Feel the Love Tonight?)」を収録した最新スポット映像が解禁された。@@cutter 本作は、雄大なアフリカの大地を舞台に、王家の一族に生まれた子ライオンのシンバが自らの運命を受け入れ、“真の王”となる姿を描く。声優は、主人公シンバ役を俳優、歌手、作曲家など多彩な才能を持つドナルド、その幼なじみでメスライオンのナラ役を世界の歌姫ビヨンセが務める。  優しく包み込むようなメロディーに、愛と葛藤をつづった楽曲「愛を感じて」は、エルトン・ジョンとティム・ライスが、かつてアニメーション版『ライオン・キング』(1994)の主題歌として作曲し、アカデミー賞主題歌賞、ゴールデングローブ賞歌曲賞を受賞した名曲。今作でドナルドとビヨンセが歌う「愛を感じて」は、シンバが出会う仲間や家族との絆の中で生まれる“愛”を表しており、新しい魅力を吹き込んだものとなっている。  スポット映像は、サバンナを治める偉大な王ムファサが、隣にいるシンバに「シンバ、星をみてごらん。歴代の王たちがあそこから我々を見守ってる。いつでも王たちが空から導いてくれる。この私もな」と優しく語りかける姿や、舞台となるアフリカの壮大な映像が映し出されたもの。そして、そんな2人に、ドナルドとビヨンセが歌う「愛を感じて」が、優しく寄り添うように流れる。シンバの過酷な運命を予感させながらも、親子の大きな愛が感じられる映像となっている。  映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

  • 映画『ライオン・キング』場面写真

    ディズニー最新作 “超実写版”『ライオン・キング』8.9日本公開

    映画

     ディズニー・アニメーション史上最高の全世界観客動員数を誇る名作アニメ『ライオン・キング』が、実写もアニメーションも超えた“超実写版”として映画化され、8月9日から日本公開されることが決定。サバンナの“王”となる運命を背負った主人公シンバの誕生の瞬間をとらえた場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、雄大なアフリカの大地を舞台に、ライオンの子・シンバが、仲間の愛を支えに運命を切り開いていく壮大な物語を描く。監督は『アイアンマン』シリーズ、『ジャングル・ブック』のジョン・ファヴロー。声優には主人公シンバ役で、俳優、歌手、作曲家など多彩な才能を持つドナルド・グローヴァー、その幼なじみで雌ライオンのナラ役には世界の歌姫ビヨンセが決定しており、彼らの声がキャラクターにどのような命を吹き込み、ミュージカルナンバーをどう歌い上げるのかが期待される。  解禁となった場面写真は、未来の王“シンバ”の誕生の瞬間を捉えた1枚。つぶらな瞳に“もふもふ”とした毛に覆われたシンバは、思わず手に取って抱きかかえたくなるようなかわいさ。シンバがどのように成長して、偉大な王になっていくのか期待が高まるカットとなっている。  1994年のアニメ版『ライオン・キング』は、全世界観客動員数がディズニーアニメ史上No.1、サウンドトラックの全世界売り上げがアニメーション史上No.1を記録。さらに、ミュージカル版は、演劇や映画、コンサートなどを含めた興行作品として史上最高の累計62億ドル(約6700億円)を稼ぎ出し、劇団四季の『ライオンキング』は日本の演劇史上No.1の観客動員数を誇っている。  映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

  • 映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』新・日本版ポスター

    『ハン・ソロ/SWS』全員“悪党” 新・日本版ポスター解禁

    映画

     「スター・ウォーズ」最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』から、ハン・ソロ、チューバッカ、ミレニアム・ファルコン、キーラ、ランドといった主要キャラクターが一堂に会する新たな日本版ポスターが到着した。@@cutter 本作は、銀河一の高速船ミレニアム・ファルコンを操る伝説の運び屋で“愛すべき悪党”ハン・ソロ(オールデン・エアエンライク)と生涯の相棒となるウーキー族のチューバッカ(ヨーナス・スオタモ)の出会いや、悪友ランド・カルリジアン(ドナルド・グローヴァー)とのエピソードなど、若きハン・ソロの知られざる過去を描くアナザー・ストーリー。  解禁された新・日本版ポスターは、まるでウエスタン風の指名手配書を思わせる雰囲気だ。“愛すべき悪党”と呼ばれるハン・ソロだけではなく、全キャラクターから<誰一人信用できない>予感が漂うデザインになっている。  また、ポスターの解禁に伴い、謎に包まれていたキャラクターについて、キャスト・スタッフを含めた関係者から寄せられた証言も到着。主演のオールデンはハン・ソロについて「彼はあまり良い環境ではない所の出身で、自分でやりたいことをやる資金と、自由を夢見ているんだ」と紹介。一方、本作のメガホンを取ったロン・ハワード監督は「ハン・ソロは女ったらしだ」とコメント。プロデューサーでルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディは「まだ未熟で経験も浅い。そして出会う人たちは最低の人たち(笑)」と愛情あふれるメッセージを寄せている。  映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は、6月29日に全国公開。

  • あのデッドプールが今度はテレビで大暴れ(※『デッドプール』場面写真)

    『デッドプール』、大人向けにアニメドラマ化

    アニメ・コミック

     ライアン・レイノルズ主演で過激な暴力と下品なジョークを連発するマーベルの異色ヒーローを映画化した『デッドプール』(16)。原作に近いキャラクター描写を重視して、R指定の大人向けの内容にした結果、大当たりして、米21世紀フォックスの新たなドル箱映画となったが、21世紀フォックスとFXネットワーク傘下のFXX局でアニメドラマ化されることが決まったという。@@cutter E!Onlineによると、大人向けのアニメコメディとして製作されることが正式に発表されたとのことだ。映画『オデッセイ』(16)や『スパイダーマン:ホームカミング』(8月11日日本公開)の俳優ドナルド・グローヴァーが、海外ドラマ『Atlanta(原題)』のプロデューサーでドナルドの兄弟であるスティーヴン・グローヴァーと共に製作総指揮を務めるという。ボイスキャストについては発表されていない。10話構成で2018年に放送する予定になっているとのことだ。    『デッドプール』のアニメ化により、米Fox系列の局でマーベルユニバースが拡大している。2017年には映画『美女と野獣』(17)のダン・スティーヴンス主演で、マーベルの『X‐MEN』シリーズと同じ世界観を持ちつつ、単独のストーリー展開となるミュータントドラマ『レギオン』が放送され、シーズン2の制作も決定した。映画『X‐MEN』シリーズの流れを受ける新ドラマ『The Gifted(原題)』のシリーズ化もつい先日、決まったばかりだ。

  • 第74回ゴールデン・グローブ賞<TVの部>、トム・ヒドルストン主演『ナイト・マネジャー』が最多3冠!

    第74回ゴールデン・グローブ賞<TVの部>、『ナイト・マネジャー』が最多3冠

    海外ドラマ

     第74回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が現地時間8日、アメリカ・ロサンゼルスで開催。<テレビの部>では『ナイト・マネジャー』が最多3部門に輝いたほか、ドラマ部門作品賞は『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ウエストワールド』といった有力候補を抑えて、『ザ・クラウン』が受賞した。@@cutter 『ナイト・マネジャー』は、ジョン・ル・カレの原作を基に、主人公ジョナサン・パインが悪名高い武器ディーラーのリチャード・ローパーと繰り広げる戦いを描くサスペンス。主演のトム・ヒドルストンがリミテッド・シリーズ&テレビムービー部門で男優賞を受賞したほか、オリヴィア・コールマンが助演女優賞、ヒュー・ローリーが助演男優賞を獲得している。  一方、ドラマ部門の作品賞では、動画配信サービスNetflixオリジナルドラマで、イギリス女王エリザベス2世の姿を描く『ザ・クラウン』が栄冠に輝いた。同作は、HBO局の『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ウエストワールド』を抑えての受賞となり、主演のクレア・フォイが女優賞も受賞している。  ほかにも、『Atlanta(原題)』はミュージカル/コメディ部門で作品賞と、主演のドナルド・グローヴァーが男優賞を受賞。リミテッド・シリーズ&テレビムービー部門では、『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』が作品賞を獲得したほか、サラ・ポールソンが女優賞に輝いている。  第74回ゴールデン・グローブ賞<テレビの部>主な受賞結果は以下の通り。(★が受賞作品&受賞者) ●作品賞(ドラマ) 『ゲーム・オブ・スローンズ』 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 『This Is Us(原題)』 『ウエストワールド』 ★『ザ・クラウン』 ●女優賞(ドラマ) カトリーナ・バルフ『アウトランダー』 ★クレア・フォイ『ザ・クラウン』 ケリー・ラッセル『ジ・アメリカンズ』 ウィノナ・ライダー『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 エヴァン・レイチェル・ウッド『ウエストワールド』 ●男優賞(ドラマ) ラミ・マレック『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』 ボブ・オデンカーク『ベター・コール・ソウル』 マシュー・リス『ジ・アメリカンズ』 リーヴ・シュレイバー『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』 ★ビリー・ボブ・ソーントン『弁護士ビリー・マクブライド』 ●作品賞(ミュージカル/コメディ) ★『Atlanta(原題)』 『Black‐ish(原題)』 『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』 『トランスペアレント』 『Veep/ヴィープ』 ●女優賞(ミュージカル/コメディ) レイチェル・ブルーム『Crazy Ex-Girlfriend(原題)』 ジュリア・ルイス=ドレイファス『Veep/ヴィープ』 サラ・ジェシカ・パーカー『Divorce/ディボース』 イッサ・レイ『Insecure(原題)』 ジーナ・ロドリゲス『ジェーン・ザ・ヴァージン』 ★トレイシー・エリス・ロス『Black-ish(原題)』 ●男優賞 (ミュージカル/コメディ) アンソニー・アンダーソン『Black-ish(原題)』 ガエル・ガルシア・ベルナル『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』 ★ドナルド・グローヴァー『Atlanta(原題)』 ニック・ノルティ『Graves(原題)』 ジェフリー・タンバー『トランスペアレント』 ●作品賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) 『アメリカン・クライム』 『The Dresser(原題)』 『ナイト・マネジャー』 『ナイト・オブ・キリング 失われた記憶』 ★『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 ●女優賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) ライリー・キーオ『ガールフレンド・エクスペリエンス』 ★サラ・ポールソン 『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 シャーロット・ランプリング『ロンドン・スパイ』 ケリー・ワシントン『アニタ ~世紀のセクハラ事件~』 フェリシティ・ハフマン『アメリカン・クライム』 ●男優賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) リズ・アーメッド『ナイト・オブ・キリング 失われた記憶』 ブライアン・クランストン『オール・ザ・ウェイ JFKを継いだ男』 ★トム・ヒドルストン『ナイト・マネジャー』 ジョン・タートゥーロ『ナイト・オブ・キリング 失われた記憶』 コートニー・B・ヴァンス『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 ●助演女優賞(全部門) ★オリヴィア・コールマン『ナイト・マネジャー』 レナ・ヘディ『ゲーム・オブ・スローンズ』 クリッシー・メッツ『This Is Us(原題)』 マンディ・ムーア『This Is Us(原題)』 タンディ・ニュートン『ウエストワールド』 ●助演男優賞(全部門) スターリング・K・ブラウン『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 ★ヒュー・ローリー『ナイト・マネジャー』 ジョン・リスゴー『ザ・クラウン』 クリスチャン・スレイター『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』 ジョン・トラヴォルタ『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』

  • エミリア・クラークが『スター・ウォーズ』ハン・ソロ単独映画に出演

    エミリア・クラーク、『スター・ウォーズ』ハン・ソロ単独映画でヒロイン役に

    映画

     人気海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』や映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の女優エミリア・クラークが、SF映画の金字塔『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフとして若き日のハン・ソロを描く単独映画のヒロイン役に決まったことが明らかになったという。@@cutter Varietyによると、監督のクリス・ミラーとフィル・ロードは9月と10月にオーディションを行い、最終的にエミリアに決定したとのことだ。オーディションを受けた女優には、映画『クリード チャンプを継ぐ男』(15)のテッサ・トンプソンや、映画『ダイバージェント』シリーズのゾーイ・クラヴィッツ、映画『パシフィック・リム』続編に出演するアドリア・アルホナなどがいたという。役柄の詳細については不明。  1977年に世界を席巻した1作目『スター・ウォーズ』以前に時代が遡るハン・ソロ単独映画。若きハン・ソロを演じるのは、映画『ヘイル!シーザー』(16)の俳優オールデン・エアエンライク。ハン・ソロと深い繋がりのあるランド・カルリジアン役は、映画『オデッセイ』(02)の俳優ドナルド・グローヴァーが演じる。  撮影は、来年1月から始まる予定。タイトルは未定だが、2018年5月25日(現地時間)全米公開が予定されている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access