松尾太陽 関連記事

  • 超特急写真集『restart』発売記念イベントの様子

    超特急、新体制での初写真集 露出度も高め「限界を超えた」

    エンタメ

     6人組ダンス&ボーカルグループ・超特急が23日都内で、写真集『restart』(主婦と生活社)発売記念イベント開催前に囲み取材会に出席。過去最大の露出度だと語る、5月25日に発売となった4冊目の写真集をアピールした。@@cutter 今年4月にコーイチが脱退し、6人体制となって初の写真集。タイトルも「restart」と再出発の意味を込めた。タクヤは「写真集はユースケが命名してくれた面白いタイトルのものが多かったけど、再スタートできるような1冊にできるよう、このタイトルにしました」と告白した。  これまでの写真集と同様、グループ名にかけて世界の電車とのコラボをテーマとしており、今回はオーストラリアのパースにある“海の上を走る電車”を舞台としている。パースでの撮影は今年1月に約5日間で敢行。カイは「素敵な場所で、気候も現地の人もあたたかくて。全力で楽しんで海に入ったり、楽しく過ごした姿を切り取ってもらった感じ」とにっこり。続けて、「クオッカという生き物がいるんですけど、かわいすぎて。僕の大好きなピカチュウのモデルになったと言われている動物。ぬいぐるみを買って、いまでも愛でています」と興奮気味に語った。  さらに、タクヤは「いままで“スタダコード”が結構厳しかったけど、限界を超えた」といい、過去最高に露出度が高くなっていること告白。リョウガが「写真集を通してだんだん(露出が)多くなっている」と回想するとメンバーは次々に「次の写真集ではレントゲンのみたいになっているかも!」「健康状態がわかる」「見たい8号車(ファン)もいるかもしれないね!」と盛り上がった。  次回、写真集を出すことになっても「電車にちなんだものは絶対に外せない」とタクヤ。ユーキが「山の上に繋がっているトロッコとかで撮りたいです」と希望。カイが「世界の電車についてよくわかっていない…」ともらすと、リョウガは「逆にどこかありますか?」とロケ地候補を募集していた。  超特急写真集『restart』は、主婦と生活社より発売中。

  • 松尾太陽、“見下ろし”イケメンショットに反響 ※「松尾太陽」インスタグラム

    松尾太陽、“見下ろし”イケメンショットに「ヤバい」「かっこよすぎ」

    エンタメ

     超特急のメンバーで俳優としても活躍する松尾太陽が11日、自身のインスタグラムを更新し、出演中のドラマ『花にけだもの』(フジテレビ)の制服姿のオフショットを投稿。ファンから「かっこよいよタカシくん」「手の筋がよすぎる」「下から撮るのってマジヤバい」と反響を呼んでいる。@@cutter 「『花にけだもの』今夜は男と男のぶつかり合いが起こります。果たしてどうなるのか、、、」というコメントと共に、キリっとした表情でこちらを見つめるイケメンショットを投稿した松尾。  松尾は現在、見た目や発言は男らしいけど、好きな人の前だけで見せる可愛らしい一面が魅力な“けだもの男子”たちとの波乱の恋を描く青春ラブストーリー『花にけだもの』に出演しており、主人公を陰で支える和泉千隼役を熱演中。  今夜放送の第8話「恋をかけて走る」では、ヒロインに告白した千隼が、バレンタインの日に開催されるマラソン大会で一位を獲ったら自分に一日を欲しいと伝える展開に。そのため投稿には「#マジ卍回からのマラソン大会」「#写真の千隼」「#心なしか闘志出てる」といったタグがつけられており、松尾自身も「是非観てください!!」とアピールしている。  コメント欄には「かっこよすぎて無理」「私をかっこよさで殺す気ですね?」といった賞賛の声が殺到。ほかにも「爆イケすぎて眩しい」「かっこいいと可愛いの振り幅すごくて心臓もたないよ」といった、熱いファンの声が多数寄せられている。  『花にけだもの』第8話は、フジテレビにて本日25時25分放送。

  • 映画『一礼して、キス』 場面写真

    池田エライザ、中尾暢樹からバックハグ! 『一礼して、キス』予告編&場面写真解禁

    映画

     池田エライザが初主演を務め、累計100万部を突破した加賀やっこ原作のコミックを実写化する映画『一礼して、キス』(11月11日より全国公開)から、予告映像と場面写真が解禁となった。予告編は、『動物戦隊ジュウオウジャー』で主演を務めた中尾暢樹演じる後輩男子が、池田演じる先輩女子を後ろからハグするなど、胸キュンシーンの連続になっている。@@cutter 今回解禁された予告映像では、ヒロイン・岸本杏(池田エライザ)を取り巻くイケメン胴着男子たちとの恋の行方が気になる中で、三神曜太(中尾)が杏に「耳元で囁き」「後ろからハグ」「畳ドン」「壁ドン」「頭ポンポン」するなど、胸キュン必至の場面が続出する。  また、予告映像にも流れる主題歌は、人気急上昇中のダンス&ヴォーカルグループlol(エルオーエル)が担当。結成当初から歌い続け、ファンの間で人気の高い楽曲である「think of you」がストーリーを盛り上げる。  一方の場面写真では、杏と曜太の胸キュンシーンのほか、2人を取り巻くイケメン共演陣のカットも多数公開。曜太の親友・由木直潔役の松尾太陽(超特急)をはじめ、『特命戦隊ゴーバスターズ』に出演した鈴木勝大、2.5次元舞台を中心に活躍中の前山剛久、ダンス&ボーカルグループlolの佐藤友祐、舞台『ハイキュー!!』“進化の夏” に出演した結木滉星といった次世代を担うイケメンがストーリーを彩る。     監督は『クローバー』『今日、恋をはじめます』を手掛けた古澤健が務める。  映画『一礼して、キス』は、11月11日より全国公開。

  • 映画『一礼して、キス』に出演する松尾太陽(超特急)

    超特急・松尾太陽、『一礼して、キス』出演決定!由木直潔役で弓道着姿も解禁

    映画

     漫画家・加賀やっこの人気少女コミック原作の実写映画『一礼して、キス』に、音楽ユニット「超特急」のタカシこと松尾太陽が出演することが決定した。松尾は『一週間フレンズ。』に続いて2作目の映画単独出演。本作では、闘病中の高校生という役どころに挑戦している。@@cutter 『一礼して、キス』は、高校3年生の弓道部の先輩・岸本杏の弓道をする姿に恋をした男子高校生・三神曜太のひたすらに一途な杏への片想いを描いたラブストーリー。監督を『クローバー』『今日、恋をはじめました』『ReLIFE』などを手掛けた古澤健が務める。  キャストには、杏役を「CanCam」専属モデルとしても人気の女優・池田エライザ、曜太役を『動物戦隊ジュウオウジャー』にて主演を務めた俳優の中尾暢樹が務める。  松尾が演じるのは、中尾演じる三神曜太の親友「由木直潔」役。由木は三神の中学時代の同級生で弓道が大好きな少年だったが、重病を患い闘病生活が続いている。病院ぐらしの由木をみて、三神は由木の代わりに弓道を始めたという経緯があり、また三神が恋する杏のある勘違いを基に、杏とも友達になるという、重要な役柄となる。  松尾は「自分自身が重病を抱えているのに、何事にも相手の事を優先して考えてくれる。でも、その中に自分の意見もしっかりある尊敬できるキャラクターだと感じました。そんな純粋で真っ直ぐな彼を思って役を生きさせて頂きました」とコメント。「撮影はあっという間でしたが、『して、キス』の現場は素敵なキャストの皆さんと監督・スタッフの皆さんで、とても環境にも恵まれているなと感じました!この作品に参加できて本当に良かったと思っています」と撮影を振り返っている。  映画『一礼して、キス』は2017年秋より全国公開。

  • 松尾太陽、山崎賢人と2ショット ※「松尾太陽」インスタグラム

    松尾太陽、山崎賢人と2ショット 『一週間フレンズ。』コンビにファン歓喜

    エンタメ

     メインダンサー&バックボーカルグループ「超特急」の7号車・タカシこと松尾太陽が23日、自身のインスタグラムを更新し、映画『一週間フレンズ。』で共演した山崎賢人との2ショットを公開。ファンからは「このツーショット好き」などの反響があがっている。@@cutter 山崎が主演を務めている舞台『里見八犬伝』を観劇したようで、松尾は「スタンディングオベーション そして久々の賢ちゃん #山崎賢人 #舞台 #里見八犬伝 #最高でした #この組み合わせ一週間フレンズやん(笑)」と言葉を添えて、山崎との2ショットを投稿。写真には、ピースサインの松尾と、笑顔で肩を組む山崎の姿が収められている。  写真を見たファンからは、「素晴らしい組み合わせ」「このツーショット好き」「目の保養すぎる。素敵」「いちフレコンビ、すごく懐かしく感じる~」「一週間フレンズ。の感動を思い出しました」「兄弟みたい」などの反響があった。  舞台『里見八犬伝』は、滝沢馬琴の『南総里見八犬伝』を基に、知勇に優れ、仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌という8つの玉に導かれた8人の勇猛果敢な犬士(剣士)たちが出会い、立ちはだかる悪を打ち滅ぼしていく姿を描き、山崎は主人公の犬塚信乃を演じている。一方、2人が共演した映画『一週間フレンズ。』は、山崎と川口春奈のW主演作。劇中では、月曜日になると友達の記憶を失くしてしまう女子高生・藤宮香織(川口)と、彼女をひたむきに想い続ける同級生・長谷祐樹(山崎)が織り成す恋模様が描かれ、松尾は祐樹の親友・桐生将吾役で出演している。 引用:https://www.instagram.com/takashi_yade07/

  • 山崎賢人、『一週間フレンズ。』松尾太陽とのオフショット公開 ※「山崎賢人」インスタグラム

    山崎賢人、『一週間フレンズ。』松尾太陽とのオフショット公開

    エンタメ

     公開中の映画『一週間フレンズ。』に出演している俳優の山崎賢人が、自身のインスタグラムを更新し、同作で共演する音楽ユニット「超特急」のメンバー・松尾太陽とのツーショットを公開した。2人ともに、映画の役衣裳のままであるため、撮影の合間のオフショットのようだ。@@cutter 本作は、“友達の記憶”を一週間で失ってしまうという記憶障害を持つヒロイン藤宮香織(川口春奈)と、彼女に一目ぼれし「友達になってください」と想いを伝え続けるクラスメート・長谷祐樹(山崎)との真っ直ぐで特別な恋物語を描いたストーリー。松尾は祐樹の親友で、クールだが友達思いの桐生将吾役を演じる。写真は撮影中のオフショットと思われ、制服姿の松尾と、スラックスにアロハ風シャツを着た山崎の姿が写されている。  この写真には「昨日見てきました。せつなくてきゅんきゅんして長谷くんいい人すぎて涙止まらなかった」「イケメン二人、兄弟みたい」「きょとん賢人くん、可愛いじゃん」「たかしくーん、ありがとうございます」「ほんと最高の映画だった。ありがとーっ」「昨日友達と観てきましためっちゃ泣いて感動して最高の作品でした!」と、二人のオフショットを絶賛する声や、映画の感想を寄せるコメントが数多く届いている。 引用:https://www.instagram.com/kentooyamazaki/

  • 『一週間フレンズ。』松尾太陽インタビュー

    松尾太陽、山崎賢人との中学時代からの夢叶う “俳優”として目指す姿とは

    映画

     「オーディションが決まって、受ける前から、物語の聖地になっている聖蹟桜ヶ丘に足を運んでいました」と振り返る松尾太陽(まつおたかし)。音楽ユニット「超特急」のメンバーとして活躍中の松尾が、出演決定前より自ら原作の空気を感じようとしていたというのは、人気コミックスの映画化『一週間フレンズ。』のこと。川口春奈&山崎賢人の主演による青春ストーリーにて、松尾は山崎演じる高校生・長谷祐樹の親友で、クールだが友達思いの桐生将吾役に抜擢された。@@cutter 「決まったときは嬉しい半分、どうしよう半分でしたね」と明かすが、俳優としての仕事はずっと願っていたことだった。「もともと俳優のお仕事をしたかったんです。実は、山崎くんとはお互いが中学生の頃に、事務所のレッスンで会っていて、そのときに『いつか共演したいね』って話してたんですよ。それが実現して、すごく嬉しいです。山崎くんも覚えてましたよ!」。  『一週間フレンズ。』には、文化祭、夏祭り、卒業式と、印象に残るイベントごとが続々登場する。松尾も本当に高校生活にタイムスリップしたように楽しんだ。「学園祭で大規模なドミノ倒しを作るシーンがあるんです。もちろんある程度はスタッフさんに作っていただきましたが、自分たちもドミノ倒し作りに参加したんです。楽しかったですね。九条役の上杉(柊平)くんと『すげー、こんなの出来るの!?』ってはしゃいでました(笑)」。  劇中では松尾も上杉も口数の少ない役を任されているが、素顔は違ったよう。「クールな役を演じていましたが実際には無邪気でしたね。ドミノ倒しにも興奮しましたし、ふたりが文化祭の出し物でパンケーキを作るシーンがあって、そこも勝手にトッピングとかして、自分たちで作ったのを休憩時間に食べて楽しんでいました(笑)」。@@separator 松尾自身の高校時代は、すでに超特急の活動をしていたため忙しい学生生活だった。しかし忘れられない学園祭の思い出がある。「クラスごとに舞台でダンスだったりを披露したんです。そういうときって、まじめに頑張る人と、ちょっと面倒くさいってなる人に分かれがちですけど、僕のクラスはみんなが頑張って放課後もずっと練習してたんです。高校2年生のときです。僕も参加して。前日も本番の朝も。それで! 学校全体で優勝できたんですよ!! みんなで一生懸命、練習して作り上げて。今までの学校生活の中でも群を抜いて印象に残っている思い出です」と笑顔で振り返った。  朗らかな笑顔が印象的な松尾だが、『一週間フレンズ。』では、違った顔を見せる。「一見、クールだけど言葉に出さないだけで、桐生はいろんなことを感じているし、周囲をよく見ている。男としても憧れます。完成した作品は、原作を読んだときに感じたのと同じ、温かな空気が流れていました。身近にいる友達だったりが、いかに大事な存在なのかにも気づかせてもらえる映画だと思います。僕個人としては、こうした素晴らしい作品に携わることができて本当に嬉しいです。これからもさまざまな役柄を演じることができるように頑張りたい」と目を輝かせた。  ちなみに、1週間休みがあったら何をしたいか尋ねると、人柄を覗かせる可愛らしい答えが返ってきた。「いま和菓子に激ハマりしてるんです。だから1週間あったら、いろんな甘味処を巡りたいですね。太ったりしないように、体形にも気を付けてるところなんですけど、でもあんみつとか、食べたいです(笑)」。(取材・文・写真:望月ふみ)  『一週間フレンズ。』は、現在公開中。

  • 川口春奈、山崎賢人に「嘘のない賢人さんが大好き」

    川口春奈「嘘のない賢人さんが大好き」 山崎賢人とがっちり固い握手

    映画

     川口春奈、山崎賢人によるW主演が話題の映画『一週間フレンズ。』の初日舞台挨拶が18日、都内で行われ、川口と山崎のほか、出演する松尾太陽、上杉柊平、高橋春織、古畑星夏、戸次重幸、村上正典監督が登壇した。これまで一緒に歩んできた川口と山崎は、お互いへの想いを言葉にして交換。川口は、「人としても役者としてもまっすぐで、全力で、嘘のない賢人さんが大好きです。ありがとう」と山崎に伝え、がっちりと両手で固い握手を交わした。@@cutter 『一週間フレンズ。』は、7日間しか記憶がもたない藤宮香織(川口)と、初めて香織に会った日から惹かれ、思いを伝え続けるクラスメート・長谷祐樹(山崎)による切なくも淡い恋物語。葉月抹茶による原作の同名コミックは、シリーズ累計170万部を突破し、アニメ化、舞台化もされ、満を持しての映画化となった。  初めて自分の作品を観て涙をしたという川口は、そのときのことを振り返り、「隣に事務所の社長がいて試写を観ていたんですけど、二人とも泣いちゃって。純粋にいい作品で、すごいキレイな世界観で」と作品のよさを振り返った。そして、川口は「いつもは客観的に観られなくて反省だなと思うんですけど、すごく胸を張って皆さんに早く観てもらいたいと思いました」と誇らしげにし、この日上映を観終えた観客から拍手喝さいを浴びていた。  舞台挨拶では、これから迎える卒業シーズン、新たな旅立ちの一歩を踏み出すキャストたちへ卒業証書ならぬ、公開記念証書授与式も行われた。それぞれキャストが恭しく授与する中、山崎は川口への想いを証書にのせ「現場ではいろいろありがとう。ユーモアたっぷりの春奈ちゃん最高!」と短いながらも力強く言葉を放っていた。  『一週間フレンズ。』は全国公開中。

  • 『一週間フレンズ。』のバレンタイントークイベントに出席した、川口春奈

    川口春奈、スキマスイッチから生歌プレゼントに感涙 22歳バースデーサプライズ

    映画

     女優の川口春奈が6日、都内にて行われた映画『一週間フレンズ。』のバレンタイントークイベントに登場した。イベントでは、2月10日に22歳の誕生日を迎える川口にサプライズで、本作の主題歌を担当したスキマイッチが祝福に登場、『えっ、ウソー!』と驚く川口へ、本人が大好きという主題歌「奏」を生歌でプレゼント、川口は目に涙を浮かべ、感激の表情を見せた。@@cutter ピアノの引き語りによる「奏」を聴き終えた川口は「大好きな歌で、歌詞も物語の世界観にすごく合ってるなと思って…。大事な作品に大好きな曲を使わせていただいて、すごく嬉しいです」とスキマスイッチの二人に感謝を表した。それを受けてスキマスイッチの大橋卓弥は「サプライズは緊張しますね」と苦笑いしつつ、「『奏』は僕らにとっても大切な曲。映画の中でもすごく素敵な使い方をしていただいていたので感謝しています」と語った。  イベントでは、会場を訪れた20代女性の恋の悩みについてキャスト4人でトークするコーナーも。「フラれるのが怖くて告白できない」という女性の悩みについて、司会者から「もし自分なら好きと言える?」と問われ「僕は言えないと思います」と明かした松尾太陽は、川口から「言いなさいよ!」とハッパをかけられタジタジに。そんな中「『大丈夫、絶対成功する』と暗示をかけて言うといいと思います」とアドバイスした。  また「お互いの気持ちを上手く伝えられない」というシャイなカップルからの悩みに川口は「それは交換日記がいい!」とプッシュしていた。  最後に本作について川口は、「人をまっすぐに思う気持ちだとか、ピュアな心や大事な人と向き合うことの大切さを、世代を超えて改めて感じていただけたら嬉しいです。音楽もお芝居も画も、せつないけど、温かい物語になっています」とアピールした。なおイベントには上杉柊平、高橋春織も登壇した。 映画『一週間フレンズ。』は、シリーズ累計150万部を超えた人気コミックが原作。毎週月曜日になると、友達のことを忘れてしまう記憶障害を持つ少女・藤宮香織(川口)と、初めて彼女に会った日から心惹かれ、何度忘れても思い切って「友達になってください」と思いを伝え続けるクラスメイト・長谷祐樹(山崎)が織りなす、切ないラブストーリー。  映画『一週間フレンズ。』は2月18日より全国ロードショー。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access