齋藤飛鳥 関連記事

  • 乃木坂46・齋藤飛鳥

    乃木坂46・齋藤飛鳥、バナナマン日村に“恥ずかしい”ハプニング

    エンタメ

     乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系/毎週日曜24時)が17日に放送され、齋藤飛鳥がMCのバナナマン日村勇紀に対して“恥ずかしい”ハプニングを見せる一幕があった。@@cutter この日の放送では新しく加入した4期生メンバーをフィーチャー。「ニュー運動音痴スターを探せ! 4期生体力測定」と題して、4期生が50m走や反復横跳びなど、さまざまな体力測定に挑戦した。  番組の後半では、先輩メンバーも交えて、「運動音痴決定戦」を行うことに。ボールをキャッチして、ゴールに向かってジャンプシュートを決める「ハンドボールジャンプシュート」を実施した。  その中で、齋藤が挑戦。1度目はボールをキャッチするも、ゴールキーパーの日村に近づくだけで、シュートができず失敗してしまう。  そして2回目。ボールをキャッチした齋藤は、助走をつけてシュートをするも、慌てたためか、日村の“急所”にボールをぶつけてしまった。しかし日村は思わず「よっしゃ」とガッツポーズ。設楽統が「飛鳥ちゃん、ダメだっていくら日村さんだからって」と優しく注意すると、齋藤は恥ずかしさのあまり、手で顔を隠して笑っていた。

  • (左から)堀未央奈、齋藤飛鳥、与田祐希

    乃木坂46の“寝顔シリーズ”がかわいすぎ! 天使の寝顔をまとめてチェック

    エンタメ

     ドラマ『ザンビ』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)の公式インスタグラムにて本作に出演中の乃木坂46メンバーの寝顔が「#寝顔シリーズ」として多数披露されている。そんな彼女たちのかわいい寝顔をこれまでの投稿からまとめてチェックしてみよう。@@cutter 与田祐希は、青いベンチコートを羽織り、日傘を差しながら仮眠中。「#寝顔シリーズ #と思いきや #起きちゃった #ぷくよだ」というコメントとともに、こちらに目線を向けて頬を膨らませた表情を見せたショットが投稿された。与田はそのほかにも秋元真夏により撮影されたソファの上で熟睡しているショットや、齋藤飛鳥、堀未央奈が寝ている中、1人だけ起きている様子がキャッチされており、お茶目な後輩キャラが全開。「与田ちゃん可愛すぎる」「天使の寝顔」といったコメントが寄せられている。  続いて堀未央奈の単独ショットはふわふわの毛布を手にして頬杖をついている。「#モフモフに包まれたい」というハッシュタグの通り、とてもほほ笑ましいショットだ。  一方「#これが本当の #天使の寝顔 」と称された齋藤飛鳥のショットは誰かを枕にして熟睡している様子が激写されている。気になる「枕」となったメンバーは伊藤純奈であり2人の仲の良さが伺える1枚だ。  コメント欄には、「神に選ばれし寝顔」「なんだ、ただの天使か…」といった歓喜の声が殺到。「推しが尊い」と思わず書き込んでしまうファンも相次いでおり、各投稿には多数の「いいね!」が付けられている。 引用:https://www.instagram.com/zambi_project/    https://twitter.com/zambi_project

  • 齋藤飛鳥(乃木坂46)

    乃木坂46齋藤飛鳥、メンバーの会話に入れなくなった意外な理由

    エンタメ

     乃木坂46の齋藤飛鳥が9日、『アナザースカイ』(日本テレビ系/毎週金曜23時)に出演。番組では、齋藤が乃木坂46メンバーの会話に入ることができない意外な理由を語る一幕があった。@@cutter 今回の番組では、齋藤がお気に入りの街・ロンドンへ訪れた模様を放送。昨年は休暇を利用して2回ロンドンへ行ったという彼女は「住みたいぐらい好きな場所」と語る。齋藤は初めてロンドンを訪れた際は、当初1人で行こうとしていたそうだが、心配した母から反対され兄と行くことに。彼女が「別に兄とすごい仲良いワケではなかったんですけど…」とこぼすと、MCの今田耕司が「やめとけよ!」とツッコみ、中条あやみの笑いを誘った。ちなみに2回目のロンドンは1人で訪れたとのこと。  VTRではロンドン最古の書店を訪れた齋藤の姿に密着。小学校時代から読書が生活の一部だという齋藤は「前回はカズオイシグロの本だけ買いました」と明かした。また現在の読書ライフについて「今はそんなにジャンルにはこだわりはないです」と語ると、続けて「ちょっと前まではハッピーエンドが読めないとか、恋愛ものが読めないとか。うそくさいし、学ぶことがないというか…。“良かったねぇ〜”で終わっちゃうから」と笑顔で話した。  また齋藤はVTRの中で「メンバーがいる控え室で、本当は会話に入りたいけど入れないから手持ち無沙汰になってなんとなく本を開くときもある」と明かすと、「相手が私と接することによって“無駄な時間を過ごしたな”って一瞬でも感じちゃったら、それはもう申し訳ないから…」と、その理由を明かした。  さらに齋藤が「私だったら会話が面白くない人とは一言も話したくないから…」と話すと、スタジオの中条は思わず爆笑。今田が「いつからそんな考え方に?」と質問すると、齋藤は「分かんないんですよね…」と首を傾げつつ「ここ最近だと思いますね。昔は全然普通に、年上のお姉さんメンバーとよくお話したり、普通に自分から甘えに行ったりとか普通にやってたはずなのに、最近“会話ってどうやるんだろう?”っていう…」と自身の変化を語った。そんな彼女に今田は「本からいろんなもの学びすぎたんちゃう?」と声をかけていた。

  • 「第5回 カバーガール大賞」大賞を受賞した大原優乃

    大原優乃、2018年最も多く雑誌の表紙を飾った「カバーガール大賞」に

    エンタメ

     2018年最も多く雑誌の表紙を飾った「第5回カバーガール大賞」が発表され、女優でグラビアアイドルの大原優乃が大賞を受賞した。また、乃木坂46の齋藤飛鳥が「エンタメ部門」で2連覇、女優の浅川梨奈が「コミック部門」で3連覇を果たし、モデルのKoki,が話題賞に輝いた。@@cutter 大賞およびグラビア部門、10代部門を制したのは、2016年までDream5としてNHK紅白歌合戦や日本レコード大賞に出場した大原。グループでの活動終了後、一昨年よりグラビアデビューし、持ち前のFカップのたわわボディを武器に、2018年最も多く雑誌の表紙を飾った。  受賞をした大原は、「写真集を出すっていう目標を昨年の3月に叶えることが出来たので、次の目標何にしようって考えてるときに、1番にこのカバーガール大賞さんで賞を取りたいっていう目標を作って、ファンの皆さんにも初めて自分の目標を公言したんですけど、一緒にこうみなさんと頑張れて取ることが出来たので本当に嬉しいです」とコメント。  大原は、現在放送中のドラマ『3年A組 –今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)にも出演し、女優としても注目を集めているが、今後のグラビア活動について、「求めていただける限りは。毎回毎回初心を忘れずに感謝を忘れずに頑張りたいなって思います!」と語っている。  エンタメ部門を受賞したのは、ファッション誌『sweet』(宝島社)でレギュラーモデルとしても活躍する乃木坂46の齋藤が昨年に続き2連覇。コミック雑誌を対象にしたコミック部門は2016年から続けて浅川が3連覇を果たした。また昨年5月発売の「ELLE JAPON 7月号」の表紙で堂々のモデルデビューを果たし、『ブルガリ』の最年少アンバサダーや『シャネル』のビューティーアンバサダーに続けて就任したKoki,が話題賞を受賞した。  「カバーガール大賞」は3月4日の『雑誌の日』を記念して、一般社団法人日本雑誌協会、株式会社富士山マガジンサービスほかが参加するカバーガール大賞実行委員会が発表したもの。対象は2018年に発売されたオンライン書店Fujisan.co.jpで取扱いのある雑誌・フリーペーパー・電子雑誌等を中心に約10,000誌を調査・集計し、表紙を飾った回数の多かった女性を選定している。 「第5回 カバーガール大賞」 <大賞> 大原優乃 <エンタメ部門> 齋藤飛鳥(乃木坂46) <コミック雑誌部門> 浅川梨奈 <ファッション部門> 井川遥 <グラビア部門> 大原優乃 <話題賞> ELLE JAPON/ Koki,(7月号) ■カバーガール トップ10 1位 大原優乃 2位 浅川梨奈 3位 齋藤飛鳥(乃木坂46) 4位 小倉優香、吉岡里帆 6位 与田祐希(乃木坂46)石原さとみ 8位 西野七瀬 9位 綾瀬はるか、白石麻衣(乃木坂46)、広瀬すず ■カバーガール 年代別トップ <10代部門>大原優乃 <20代部門>吉岡里帆  <30代部門>石原さとみ

  • 『ザンビ』第5話より

    乃木坂46・与田祐希、齋藤飛鳥を守る姿にネット感動 『ザンビ』第5話

    エンタメ

     乃木坂46・齋藤飛鳥が主演を務めるドラマ『ザンビ』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)の第5話が20日に放送され、与田祐希演じる聖が、ザンビに襲われた楓(齋藤)を助ける姿に、視聴者から「エモいしキュンとする」「胸を打たれました」などのツイートが寄せられた。@@cutter 多くのクラスメイトが欠席し始め、教室内はざわついていた。宮川先生(太田莉菜)は「家庭の事情でお休みしている」と答えるだけ。一連の出来事は楓の話すザンビと関係があると思い始めた瀬奈(寺田蘭世)は、屋上に亜須未(秋元真夏)の姿を見つける。柚月(大園桃子)も音楽室で鈴音(渡辺みり愛)を見たという噂を聞くなど、学校中で消えた生徒の姿を見かける奇妙な出来事が続いていた…。  楓と実乃梨(堀未央奈)、聖の3人は校内の防犯カメラの映像をチェックすることに。聖がパソコンのキーボードを器用に叩くと、スクリーンには校内の防犯カメラの映像が。楓が聖に「なんでこんなの見れるわけ?」と聞くと、聖は「この学校のセキュリティなんて楽勝だから」と笑顔で一言。与田演じる聖が学校の防犯システムに余裕でハッキングしたシーンに、視聴者からは「与田ちゃん、天才ハッカーかな?」「与田ちゃんハッカーなの?ギャップ萌え」などのコメントが寄せられた。  ゆくえが分からなくなった凛(星野みなみ)を探すため、楓たちは校内を探すことに。しかし途中でザンビが現れ、楓と聖は校舎の一室に逃れる。しかしそこに潜んでいたゾンビに襲われ楓はピンチに陥ってしまう。楓に覆いかぶさるザンビに、テニスラケットで応戦する聖だったが全く歯が立たない。聖は意を決してザンビにしがみついて動きを封じると「逃げて! お願いだから、逃げて!」と身を呈して楓を助けようとする。与田扮する聖の姿に視聴者から「与田ちゃん、かっこいい!」「飛鳥ちゃんと与田ちゃんの絆…エモいしキュンとする」「飛鳥ちゃんを守るシーンに胸を打たれました」などのツイートが寄せられた。

  • 乃木坂46・齋藤飛鳥

    乃木坂46・齋藤飛鳥の寝顔ショットにファン歓喜「癒しです」

    エンタメ

     乃木坂46・齋藤飛鳥が主演を務めるドラマ『ザンビ』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)の公式ツイッターが12日、齋藤の寝顔写真を投稿。スヤスヤの眠る姿にファンからは「愛おしい寝顔」「癒しです」「ありがとうございます!」などの歓喜の声が寄せられた。@@cutter ドラマ『ザンビ』は、乃木坂46、欅坂46、けやき坂46が初競演を果たす『ザンビ』プロジェクトの第2弾。全寮制女子高校・フリージア学園を舞台に、ヒロインの山室楓(齋藤)が遭遇する不気味な現象の数々を繊細なタッチで描いていく。  12日に投稿された写真は、撮影の合間に眠る齋藤と彼女のそばでイタズラっぽい笑顔とカメラ目線を贈る秋元真夏を捉えたツーショット写真。  齋藤が眠る姿と撮影現場の和やかな雰囲気が写真にファンからは「愛おしい寝顔」「癒しです」「ありがとうございます!」「あすかちゃんかわいい」「こんなにステキな寝顔がこの世に存在するとは…」などのコメントが殺到。さらに秋元についても「どや顔まなっちゃん笑」「ナイス真夏」などの声も寄せられていた。 引用:https://twitter.com/zambi_project

  • 『ザンビ』場面写真

    今夜スタート『ザンビ』、秋元真夏が襲いかかる!衝撃の場面写真解禁

    エンタメ

     乃木坂46・齋藤飛鳥が主演を務める1月23日スタートのドラマ『ザンビ』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)より、秋元真夏演じる西条亜須未が、同じ学園の生徒に襲いかかる場面写真が公開。鬼気迫る姿に、衝撃の内容を彷彿とさせる写真となっている。@@cutter 『ザンビ』プロジェクトは、2018年7月に行われた乃木坂46の全国ツアーで発表され、その第1弾として、乃木坂46、欅坂46、けやき坂46の三坂道が初競演する舞台『ザンビ』が11月に上演された。本作は、プロジェクト第2弾となり、主人公のフリージア学園2年生、山室楓に齋藤飛鳥を迎えて連続ドラマ化したパニック青春ドラマだ。  修学旅行の帰り道、バスの故障で帰れなくなったフリージア学園の生徒たちは、たどりついた村の誰もいない日本家屋で一夜を過ごす。翌朝、楓(齋藤)は、クラスメイトたちの姿が見当たらなくなっていることに気づく。やがて楓は、学級委員長の諸積実乃梨(堀未央奈)、甲斐聖(与田祐希)らと再会し、無事学園に戻ってきたのだが…。  今回公開された写真で、生徒に襲いかかっている亜須未(秋元)は、楓の幼なじみで、社交的な性格という役どころ。どこか影のある楓をいつも気にかけていて、クールな楓のよき理解者だ。写真部の部長も務めるほど、人望も厚い。そんな亜須未が、何かに取り憑かれたように生徒の髪の毛を鷲掴み、怪しく微笑んでいる。その姿からは、これまで謎めいていた物語の一端が見え、彼女たちを待ち受ける運命を予感させるものとなっている。  ドラマ『ザンビ』は、日本テレビにて1月23日より毎週水曜24時59分放送。

  • 「LARME 038 Mar」表紙

    乃木坂46・齋藤飛鳥、“花の妖精”に 「LARME」1年半振り登場

    エンタメ

     乃木坂46の齋藤飛鳥が、雑誌「LARME 038 Mar」(徳間書店)に1年半振りに登場。同誌では齋藤がカバーモデルを飾るほか、最近のルーティーン、2018年3大ニュース、今年のバレンタインの予定など、ボリューム満点な企画が収録される。@@cutter 2019年最初の号となる「LARME 038 Mar」では、齋藤に加え、乃木坂46を昨年7月に卒業した相楽伊織、フジテレビ『めざましテレビ』にイマドキガールとしてレギュラー出演中の柴田あやなが初登場となる。  本誌の巻頭企画では、「齋藤飛鳥が語る、あしゅの日常」を掲載。1年半振りにLARMEに登場した齋藤が語る、最近のルーティーン、2018年3大ニュース、今年のバレンタインの予定、LARME撮影の感想など、今思っていることがたっぷりと語られた内容となっている。また齋藤がパンジー、ローズ、デイジーといった花の妖精に扮し、可憐に洋服の色遊びを楽しむファッション企画も実施されている。  そのほか、この春「LARME」がイチ推しする「赤」にフォーカスしたファッション企画、3回目となる「色っぽかわいい」企画、直前に迫ったバレンタイン企画を収録。そして新年にちなんで、菅野結以、黒瀧まりあ、中村里砂、吉木千沙都の「LARME」を代表する4人が振袖姿で今年の抱負を語る企画なども収められている。  雑誌「LARME 038 Mar」は徳間書店より発売中。価格は722円(税別)。

  • (左から)橋本環奈、広瀬すず

    橋本環奈、広瀬すず! 新成人が選ぶ「一緒にドライブに行きたい“2019年新成人”」

    エンタメ

     女優の橋本環奈が「一緒にドライブに行きたい“2019年新成人”」にて、男女アンケート共に1位に輝いた。その他には広瀬すず、齋藤飛鳥などが名を連ねている。@@cutter 今回の結果は、ソニー損害保険株式会社が2018年11月16日~20日の5日間、今年の新成人(1998年4月2日~1999年4月1日生まれ)に対し、新成人のカーライフ意識調査をインターネットリサーチで実施。男性500名、女性500名、計1,000名の有効回答を集計した結果に基づくもの。  回答者男女1000名に聞いたところ、「同じ新成人(同じ学齢:1998年4月2日~1999年4月1日生まれ)で一緒にドライブに行きたい有名人」の1位は、実写映画『銀魂』シリーズやドラマ『今日から俺は!』でコミカルな演技が好評の橋本、2位は紅白の司会が記憶に新しい広瀬、3位には乃木坂46の齋藤飛鳥という結果に。  4位には中川大志、5位には欅坂46の長濱ねる、6位にはNHK連続テレビ小説『わろてんか』で主役を務めた葵わかながランクインした。その他にも永瀬廉、福原遥、池田美優など、親しみやすいイメージのある芸能人が選出されている。

  • 2019年の新成人 (左から)橋本環奈、広瀬すず、齋藤飛鳥

    広瀬すず、橋本環奈、齋藤飛鳥…2019年新成人の芸能人たち

    エンタメ

     今年成人を迎える人は全国で125万人(総務省統計局発表)。映画やドラマなどエンターテイメントの世界で活躍する芸能人にも新成人となる女優や俳優、アイドルたちが多数いる。本記事ではそんな2019年の新成人たちをピックアップして紹介しよう。@@cutter■広瀬すず @@insert1  まずは、昨年大みそか放送の『第69回NHK紅白歌合戦』で紅組司会という大役を務め上げた女優・広瀬すず。1998年6月19日生まれで、すでに誕生日を迎えている20歳。映画、ドラマを中心に活躍し続けている彼女、今年の注目はなんと言っても、4月から放送されるNHK連続テレビ小説『なつぞら』のヒロイン役だろう。半年間という長丁場で放送される朝ドラ。本作でさらに彼女に魅了される人たちが増えることは間違いないだろう。 ■橋本環奈 @@insert2  1999年2月3日生まれで現在19歳の橋本環奈も今年の新成人だ。昨年は、連続ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)、『FINAL CUT』(フジテレビ系)、映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』に出演し、さらには『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系/毎週木曜19時56分)の人気コーナー「ゴチになります!」といったバラエティー番組でも活躍を見せ、大きな飛躍を遂げた。今年は堤幸彦監督の映画『十二人の死にたい子どもたち』(1月25日公開)、や人気漫画を実写化する映画『キングダム』(4月19日公開)へ出演する。写真集『NATUREL』も2月3日に発売するなど、その勢いは止まりそうにない。 ■齋藤飛鳥 @@insert3  昨年末に「第60回レコード大賞」を受賞したアイドルグループ・乃木坂46の人気メンバー、齋藤飛鳥。1998年8月10日生まれで、グループ加入当初は中学生だった彼女も新成人。アイドルのみならず、女優業にも精力的で、昨年は映画『あの頃、君を追いかけた』ではヒロインを演じ、今月23日スタートのドラマ『ザンビ』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)では連続ドラマ初主演を務める。乃木坂46の数多くの楽曲でセンターを担った西野七瀬が卒業し、グループの中心メンバーである彼女には、さらなる期待が寄せられることだろう。 ■中川大志 @@insert4  男性では、1998年6月14日生まれの中川大志が新成人。昨年のヒットドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)に出演し、“天馬くん”こと馳天馬役で一躍人気者となった中川。今月10日からスタートしたドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系/毎週木曜22時)に主要キャストで出演中。竹内結子演じるスキャンダルやトラブルの裏側を主戦場に活躍する異色の弁護士の下で働く、新人エリート弁護士を演じている。  そのほかにも、アイドルグループ・欅坂46の長濱ねる、女優の葵わかな、平祐奈、現在放送中のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に出演中の女優・福原遥も新成人だ。  新成人となり、さらにフレッシュな活躍を見せてくれるだろう彼女、彼らたちに期待しよう。

  • 齋藤飛鳥、2019年「乃木坂46」新成人メンバー成人式に出席

    乃木坂46・齋藤飛鳥ら、艶やかな振り袖姿で成人式 憧れの女性像を明かす

    エンタメ

     アイドルグループ乃木坂46の齋藤飛鳥、伊藤純奈、佐々木琴子、鈴木絢音、寺田蘭世、梅澤美波、田村真佑の7人が11日、東京・乃木神社にて行われた新成人メンバー成人式に出席(和田まあやは舞台スケジュールのため欠席)。齋藤は、昨年8月に誕生日を迎えてから約5ヵ月が経過したが「これまで変わらず過ごしていけたら」と自然体を強調していた。@@cutter 色とりどりの艶やかな振り袖で登場したメンバーたち。本殿でお参りをすませると、絵馬を持って報道陣の前に姿を見せた。昨年から何度も振り袖を着たという齋藤は「そのたびに『お前はもう20歳になったんだぞ』と言われているみたい」と苦笑いを浮かべると「大人にならなければいけないと思いつつ、まだいいのかなという気持ちもあり…」と揺れる胸の内を明かしていた。    そんな齋藤が絵馬に書いたのは「飛鳥ちゃん」。理由を問われると「名字で呼ばれるのが得意じゃないので『飛鳥ちゃん』と呼ばれるようになりたいんです」と発言し、周囲を笑わせていた。そのほかのメンバーも「一つ一つの出会いを大切にする」(伊藤)、「常に感謝を忘れない」(鈴木)、「世界平和」(寺田)、「表現力を高める」(梅澤)、「色々な人と食事にいく」(佐々木)、「見た目も中身も大人になる!」(田村)と個性的な抱負を絵馬にしたためていた。    また「どんな大人になりたいか?」と問われた齋藤は「いやらしくない人になりたい。媚を売ってもいやらしくない女性が憧れです」と回答すると、佐々木は「声優の沢城みゆきさんみたいな女性になりたい。私生活も仕事もしっかりやられているイメージ。憧れます」とアニメ好きならではの発言。また寺田は、世界的に有名なファッションデザイナーである「ココ・シャネル」になりたいと願望を明かし、周囲を沸かせていた。

  • 『第69回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加した乃木坂46・西野七瀬と白石麻衣

    乃木坂46・西野七瀬 ラスト紅白に「華やかな感じで終われたら」<第69回紅白歌合戦>

    エンタメ

     アイドルグループ・乃木坂46が29日、東京・NHKホールにて『第69回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加。その後、行われた囲み取材で、年内の活動をもってグループを卒業する西野七瀬は、最後の紅白出演に、「1個1個最後だなと思いながらやっています」と笑顔で答えた。@@cutter 乃木坂46は、西野がセンターを務める「帰り道は遠回りしたくなる」を歌唱。西野はラスト紅白をセンターで出場することについて「すごいありがたいことですし、1年の締めくくりでもある。華やかな感じで終われたらなって思います」と語った。  白石麻衣は、4年連続での出演に「毎回緊張のステージです。紅白は全員で出られるステージでもあるので、全員で最高のパフォーマンスをお届けできるように頑張れればと思います」と意気込んだ。さらに「これがみんなで、なぁちゃんと最後で一緒に踊れる舞台かと思うと、哀しい気持ちもあるけど、最後は笑顔で送り出せるようにできたらいいなと思います」と隣にいる西野に微笑んだ。  今年、生駒里奈ほかメンバーが数名卒業したことについて、キャプテンの桜井玲香は、「グループにとって大きな転機がきているというか、入れ替えが激しい時期に入ってきています。後輩たちの成長がすごいスピードで進んでいますし、みんなで補えてどんどん前に進めていると実感しています。不安もなく、前向きに捉えていますね」と今後の躍進を誓った。 『第69回NHK紅白歌合戦』は、NHK総合・ラジオ第1にて19時15分から23時45分まで放送。

  • 『ザンビ』に出演する乃木坂46・堀未央奈

    堀未央奈、新ドラマ『ザンビ』出演決定 あらすじ&場面写真解禁

    エンタメ

     乃木坂46の堀未央奈が、同グループの齋藤飛鳥が主演を務める新ドラマ『ザンビ』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)に出演することが発表され、場面写真が初公開となった。成績優秀なクラスの中心人物で、学級委員長でもある諸積実乃梨を演じる堀は役どころについて「『守られる』というより、『誰かを守ってあげたい』と思う気持ちがあるところにはすごく共感しました」とコメントしている。@@cutter 7月に始動が発表された「ザンビ」プロジェクトの第二弾となる本作は、修学旅行中のバスの故障で、見知らぬ村に行きついた少女たちの姿を描く。村を彷徨う少女たちは、見つけた廃屋で一夜を過ごすも、不気味な音を聞くことに。その後、フリージア学園で日常に戻ったと思われた少女たちには、次々と不思議な現象が起こりはじめる…。  主人公の山室楓(齋藤)と実乃梨(堀)は、フリージア学園に通うクラスメイトで、お互いに認め合い、支え合う間柄だ。堀は役柄について「学級委員でしっかりしていて自分よりも他の子を優先して動くような子です。私も学生時代学級委員だったんですけど、実乃梨ちゃんは怖がりだったり、友達関係がうまくいっていなかったり、自分自身の悩みも抱えているのに、いつも冷静にまわりを見ることができていて、私自身よりも大人だなと思いました」とコメント。  齋藤との共演は「私は緊張しいなので気持ちに波があるときもあるんですけど、飛鳥は普段から落ち着いていて、言葉のひとつひとつが洗練されている人なのでそれがお芝居にも出てるなと思いました」と回想。そして「二人のシーンが多かったんですけど、現場でお芝居についての相談はあまりしなかったです。でも撮影が終わって少し経ってから、飛鳥が『堀ぴーだったから、あのお芝居ができたんだと思う』と言ってくれました。飛鳥は普段あまり直接そういうことを言わないから、その言葉を聞いてとても嬉しかったです」と明かしている。  新ドラマ『ザンビ』は、日本テレビにて2019年1月23日より毎週水曜24時59分放送。

  • LINE NEWS Presents「NEWS AWARDS 2018」に登壇した齋藤飛鳥

    乃木坂46・齋藤飛鳥、20歳になって「ちゃんと大人扱いしていただける」

    エンタメ

     乃木坂46の齋藤飛鳥と、5日に同グループを卒業した若月佑美が、10日に都内で開催されたLINE NEWS Presents「NEWS AWARDS 2018」に出席した。8月10日に20歳の誕生日を迎えた齋藤は、20歳になったことで生じた変化を聞かれると、10代として気を遣われることがなくなったと言い、「ちゃんと大人扱いしていただけるのがすごくうれしい」と語った。@@cutter 本イベントは、2018年を彩る“話題の人”を、LINE NEWSが独自の基準で選出・表彰するもの。アイドル部門で受賞した齋藤は「今の時代、アイドルの方がとにかくたくさんいらっしゃるので、私はその大勢の中の1人のはずなんですが、こうやってLINEのニュースの方にたくさん取り上げていただいて、見つけていただいて、すごくありがたいなと思っています」とニッコリ。  一方、5日に同グループを卒業した若月は、文化人部門を獲得した福田雄一監督の代理で出席した。「(今年は)福田さんがたくさん活躍されていたんですけど、私にとっての1年も福田イヤーと言いますか。女優として、今年、乃木坂46を卒業して、頑張っていこうという時期に、たくさん女優としての私を起用してくださったのが、福田さんだった」と感謝を示し、「良い締めくくりになった1年かなって思っています」と笑った。  授賞式後のトークでは、齋藤が主演映画『あの頃、君を追いかけた』について、「そんなにお芝居の経験があるわけではなかったので、本当に私でいいんですかと、スタッフさんに聞きまわった記憶があります(笑)」と回想。オリジナルの台湾映画が人気だったため、プレッシャーはあったと明かしつつ「ファンの皆さんにはすごく喜んでいただけて。私も得るものがたくさんあったので、すごく貴重な、いい機会を頂いたなと思います」と満足げに振り返っていた。  この日はアーティスト部門のDA PUMPも登壇し、ヒット曲『U.S.A.』を熱唱。芸人部門を獲得したくっきー(野性爆弾)、アスリート部門のサッカー日本代表・槙野智章、実業家・政治家部門の前澤友作も出席した。なお、俳優・女優部門の浜辺美波は欠席し、ビデオメッセージを寄せた。

  • 西野七瀬、『おしゃれイズム1時間SP』ゲスト 乃木坂46囲み取材に登場

    西野七瀬、卒業前にメンバーとクリスマスを堪能「ロケを忘れて楽しんだ」

    エンタメ

     アイドルグループの乃木坂46が7日、都内にて開催された『おしゃれイズム1時間SP』(日本テレビ系/12月23日23時)番組収録後の囲み取材に出席。年内いっぱいで同グループを卒業する西野七瀬が、「ロケを忘れて、メンバーと初めてクリスマスっぽいことを楽しめた」と笑顔で語った。@@cutter この日の収録には、西野のほかに白石麻衣、齋藤飛鳥、生田絵梨花、梅澤美波、与田祐希、星野みなみ、堀未央奈、秋元真夏、松村沙友理、衛藤美彩、大園桃子、伊藤理々杏、佐藤楓、新内眞衣、井上小百合、高山一実、斉藤優里、山下美月の選抜メンバー19名が勢ぞろい。『おしゃれイズム』史上最多人数の出演となった。  同番組では、クリスマス・スペシャルということで、3チームに分かれて横浜・みなとみらいや赤レンガ倉庫でショッピングや食べ歩きを楽しんだり、江ノ島でプレゼント作りに挑戦したり、ロマンチックなイルミネーションもたっぷり堪能。さらに、千葉県でもみの木をゲットしたメンバーは、乃木坂46オリジナルのクリスマスツリーを制作し、完成作品をスタジオで披露した(集合写真・後ろのツリー)。  クリスマスの雰囲気をたっぷり楽しんだメンバーは、収録後、それぞれがロケの思い出を語ったが、中でも、年内いっぱいで同グループを卒業する西野は、「ロケをしていることを忘れて、純粋に(赤レンガ倉庫の)クリスマス・マーケットを楽しんじゃいました」と満面の笑顔。「今までクリスマスの思い出がほとんどないまま生きてきたので(笑)、ようやくみんなとクリスマスっぽいことができて、本当に楽しかった」と胸の内を明かすと、同行していた高山が、「一緒に歩いているときに、なーちゃん(西野)が自然に腕に絡みついてきて胸がキュンとした」と思い出をかみしめた。  白石は、「前回は1人で出させていただいたのですが、今回はクリスマス・スペシャルということで、大人数のメンバーで出演することができたので、すごくうれしかったし、楽しい会になったので、ぜひたくさんの方に観ていただきたいです」と真摯にアピール。生田は、「乃木坂のメンバーは、結構、ボケてる人が多くて(笑)、それをすかさず司会の上田(晋也)さんが拾ってくれて、それを投げ返してくれたので、収録中、ずっと笑っていました」と収録を心から楽しんだ様子だった。  『おしゃれイズム1時間SP』は、日本テレビ系にて12月23日23時放送。

  • 「ザンビ」プロジェクト第2弾で連続ドラマ初主演を務める齋藤飛鳥

    乃木坂46・齋藤飛鳥、「ザンビ」プロジェクト第2弾で連続ドラマ初主演

    エンタメ

     乃木坂46の齋藤飛鳥が初主演を務める連続ドラマが2019年1月より日本テレビにて放送されることが発表された。新感覚サスペンスの要素を盛り込みつつ、仲間の友情、絆を描くヒューマン学園ドラマになるもようで、乃木坂46の「ザンビ」プロジェクト第2弾となる。@@cutter 「ザンビ」プロジェクトは、2018年7月に行われた乃木坂46の「真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~」の中で始動を発表。その第1弾として、乃木坂46、欅坂46、けやき坂46の三坂道が初競演する舞台『ザンビ』が11月16~25日に東京・TOKYO DOME CITY HALLで上演され、チケット3万6000枚は即日完売、好評のうちに終了した。  その舞台の千秋楽で、プロジェクト第2弾として連続ドラマ化が発表に。舞台でも表現された新感覚のサスペンス要素は残しつつも、友情、絆などを描くヒューマン学園ドラマになるもようで、他のキャストなどドラマの詳細や放送日などは今後順次発表される。  同日の千秋楽ではまた、プロジェクト第3弾として、スマートフォン向けアプリゲーム『乙女神楽 ~ザンビへの鎮魂歌(レクイエム)~』の制作も発表された。  齋藤飛鳥が主演する「ザンビ」プロジェクト第2弾の連続ドラマは、日本テレビにて2019年1月より放送。

  • 『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46ガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』取材会にて

    齋藤飛鳥、“YOUは何しに”は「番組の作りがすごく良くできている」

    エンタメ

     乃木坂46の白石麻衣、生田絵梨花、齋藤飛鳥、松村沙友里、秋元真夏、与田祐希、高山一実、岩本蓮加、大園桃子、和田まあやが、お笑いコンビのバナナマン(日村勇紀、設楽統)と共に、都内で開催された『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46がガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』(テレビ東京系/11月12日18時58分)取材会に出席した。スタジオでのトークを担当した白石は、メンバーの頑張りを絶賛し「行ってみたい」とロケ参加に意欲を示した。@@cutter 空港で外国人を勝手に迎え、アポなしインタビューを行うことで知られる『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系/毎週月曜18時55分)。今回のスペシャルでは、秋元、生田、岩本、大園、高山、松村、与田、和田、阪口珠美が、空港・町中・秘境でインタビューを実行。齋藤と白石は、スタジオでその模様を見ながらバナナマンとトークする。  成田空港でロケを行った生田は「すぐ断られてしまったり、あんまりついて来ないでほしいみたいな雰囲気を醸し出されて、へこんだりすることはあったんですけど、段々へこたれない精神みたいなものがついてきて。強くなりましたね」とニッコリ。「一番は、相手に興味を持つっていうことを大事にして。いろいろな方の人生に出会うことができた」とロケを楽しんだようだった。  一方の白石は「感動しましたし、すごく面白かったり、個性が出ているそれぞれのVTRになっていた」とメンバーの頑張りを絶賛。「たくましいなって思って。同じメンバーとして、尊敬できる」と言い「私も機会があったら行ってみたいなって、ちょっと思いました」とロケに参加する意欲を示した。  齋藤は「長い時間、ずっと皆ロケに行っているから、ちょっとしたことで『あ、この子ってこういう対応するんだ』とかっていう、皆の人となりが垣間見れたような気がして。それも得だなあというか。あんまり普段は見られない姿もたくさん見られた」と満足げ。また「素人ながら、番組の作りがすごく良くできているなあと思って」と続け、メンバーやバナナマンを笑わせていた。  『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46がガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』は、テレビ東京系にて11月12日18時58分放送。

  • 映画『あの頃、君を追いかけた』初日舞台挨拶にて

    山田裕貴&齋藤飛鳥、“追いかけられたいタイプ”とカミングアウト

    映画

     俳優の山田裕貴と乃木坂46の齋藤飛鳥、女優の松本穂香が、5日に都内で開催された映画『あの頃、君を追いかけた』の初日舞台挨拶に登壇した。「追いかけたいタイプ」と「追いかけられたいタイプ」のどちらか聞かれた山田と齋藤は、共に後者だと明かした。@@cutter 2011年に公開された同名の台湾映画を基にする本作は、高校3年生の水島浩介(山田)と、医者の娘で学校一の優等生・早瀬真愛(齋藤)が、ふとしたことを機に距離を縮めていく様を活写する。この日の舞台挨拶には佐久本宝、國島直希、中田圭祐、遊佐亮介、長谷川康夫監督も出席した。  公開を迎えた思いを聞かれた山田は「初日っていうのが不思議な気分で。例えて言うと変かもしれないですけど、3年くらい遠距離してる彼氏・彼女に会うみたいな。楽しみなんだけど、何話していいか分かんないみたいな」とコメント。共演者たちはピンと来なかったようで、山田は「ちょっと例えが下手みたい」と照れ笑いを見せた。  映画初出演でヒロインを務めた齋藤は「自分に対する不安が大きかったので、公開しないことになんないかなって思っていました(笑)」と告白。山田から「なんてこと!」とツッコミが入ると、齋藤は「嘘です!」と白い歯を見せ「ちゃんと今は、この状況をすごくうれしく思っております」と続けていた。  舞台挨拶では、キャストが「追いかけたいタイプ」と「追いかけられたいタイプ」のどちらかを明かす一幕も。山田は「学生時代、追いかけるタイプだったんですよ。かなり一途に、5回くらい告白したこともあるし。悪く言えば重いんですよ。でも僕、人全員に対して重いっていうか、人が好きだから。作品に対しても重い」と発言。  齋藤は「どっちも嫌」と答え、男性陣は「どうすればいいの?(笑)」と困惑。齋藤は「たぶん私は追いかけることはできないタイプだから、追いかけてもらうのがいいけど、追いかけてもらったらもらったで申し訳ない」とも。山田は「関わらないでってこと?」と返して会場を沸かせた。一方で「追いかけたいタイプ」を選んだ松本は「追いかけられると冷めちゃう。一人でキャーキャー言っていたい感じです。実らなくても」と明かしていた。

  • 「anan 2120」(9月26日発売号)に登場した乃木坂46

    乃木坂46、「anan」最新号をまるごとジャック 総勢39人を一挙撮り下ろし

    エンタメ

     乃木坂46が、9月26日に発売となる女性誌「anan」(マガジンハウス)の2120号をジャックする。「女子の流行モノ!」を大特集する本号では、白石麻衣や西野七瀬らが表紙を飾るほか、総勢39人のメンバーも撮り下ろしで登場している。@@cutter 新曲『ジコチューで行こう!』が大ヒット中で、シングルが5作連続でミリオン突破を果たした乃木坂46。本号では彼女たちが、今女子に人気のトレンドをレポートする。表紙には、白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥、生田絵梨花、堀未央奈、与田祐希、山下美月の7名が登場。グラビアでは「One Day Trip」をテーマに、貴重な温泉浴衣ショットを披露している。  また、グルメやファッション、カルチャーなどさまざまなジャンルで、メンバーが案内役となり、話題のショップやトレンド、人気のアイテムを紹介する。【FASHION】では白石麻衣がオータムカラーを、桜井玲香、若月佑美、高山一実は秋冬こものを担当するほか、【CULTURE】では西野七瀬がゲームを紹介。【FOOD】では堀未央奈がスパイス最前線に、松村沙友理がはふはふ飲茶、梅澤美波と岩本蓮加がとろ~りチーズに、秋元真夏ががっつり塊肉に、斉藤優里と北野日奈子がわいわい焼肉に、衛藤美彩と吉田綾乃クリスティーがスタンド酒に迫る。  特集だけでなく、連載であるファッションやインタビューのページにもメンバーが登場しており、39名にも及ぶメンバーたちが、一冊を通してさまざまな形で登場するという奇跡のコラボレーションを実現。特別付録として、浴衣姿の両面特大ポスターもついており、大好評のチェキプレゼントは登場メンバー勢揃いで実施される。一冊まるごと乃木坂46づくし、合計100ページにわたる豪華な特集は必見だ。  乃木坂46がジャックする「anan」2120号は、マガジンハウスより9月26日発売。価格は650円(税込)。

  • 映画『あの頃、君を追いかけた』完成披露試写会にて

    28歳になった山田裕貴 祝福に男泣き「素敵な仲間たちに会えて…」

    映画

     俳優の山田裕貴が、18日に都内で開催された映画『あの頃、君を追いかけた』の完成披露試写会に出席。当日に誕生日を迎えた山田はケーキで祝福され、原作者からのビデオレターを受け取ると、人目をはばからず男泣きした。@@cutter 2011年に公開された台湾の同名映画を基にする本作は、高校3年生の水島浩介(山田)と、医者の娘で学校一の優等生・早瀬真愛(齋藤)が、ふとしたきっかけから距離を縮めていく姿を描く。  この日のイベントには、山田のほか、乃木坂46の齋藤飛鳥、松本穂香、佐久本宝、國島直希、中田圭祐、遊佐亮介、長谷川康夫監督が出席した。  山田は「大ヒット作品のリメイクということで、ものすごく楽しみにもしていましたし、プレッシャーもあったんですけど、何よりこの6人と監督とスタッフさんと、本当にみんなのことを好きになりまして」とコメント。さらに「去年の9月に撮影があったんですけど、1年間ずーっとこの日を待っていたんじゃないかと思うくらい、思い入れがすごいです」とも語った。  一方、本作が映画初出演となった齋藤は「(自分には)乃木坂しかないので、そこ以外で青春とかキラキラしたものを経験させてもらえたのは、この作品が初めてだった」と述懐。「ここに今日立ってくださっている皆さんは、私にとってきっと大事な存在なんだろうし、この作品もすごく大事な作品になったなあと心から思っています」と話した。試写会では、当日に28歳の誕生日を迎えた山田を祝福するためにケーキが登場する一幕も。齋藤や松本だけでなく、男性陣からも「あーん」してもらった山田は「うれしいですね」と感慨深げ。  さらに、オリジナル版と原作を手掛けたギデンズ・コー監督からのビデオレターが上映されると、感極まった山田はついに号泣。「台湾版があったから、僕らも日本版リメイクをやらせてもらうことができて。この素敵な仲間たちに会えて…」と涙を見せ、「みんながこの先、この映画をやったことで活躍できる場が増えればいいなと思って。そういう映画にしたかったので、こうやってみんなに祝ってもらえて、本当にうれしいです」と話していた。  映画『あの頃、君を追いかけた』は10月5日より全国公開。

  • 映画『あの頃、君を追いかけた』場面写真

    齋藤飛鳥のウェディングドレス姿が初披露 『あの頃、君を追いかけた』

    映画

     俳優の山田裕貴主演、乃木坂46の齋藤飛鳥がヒロインを務める映画『あの頃、君を追いかけた』より、斎藤のウェディングドレス姿が初披露となる場面写真と本予告が公開された。@@cutter 台湾の人気作家、ギデンズ・コーが自身の自伝的小説を自ら映画化した『あの頃、君を追いかけた』。2011年に本国で公開されるや、ほぼ無名のキャストながら青春映画として歴代1位の興行収入を収め、200万人を動員する大ヒットを記録した本作を、現在の日本の高校生たちを主人公にしてこのたびリメイクされる。  今回解禁となったのは、新たな場面写真と本予告映像。場面写真では、ウェディングドレス姿の斎藤がニッコリ微笑んでいるほか、涙を流す1枚も。そのほか佐久本宝、中田圭祐ら本作を彩る旬の若手俳優の姿も確認できる。  そして、本予告は山田演じる主人公・浩介が正装をし、友人らと結婚式へ向かう場面から始まる。彼の心によみがえるのは、問題児だった自分が優等生の真愛(齋藤)に恋をし、毎日がキラキラとしていた高校生時代。ぶつかることもあったが、浩介は真愛のことを10年間ずっと思い続けていた。結婚式のシーンでは、真愛がウェディングドレス姿で「恋してくれてありがとう」と涙を浮かべる。真愛の涙が意味するものは何か。  『あの頃、君を追いかけた』は10月5日より全国公開。

  • 『あの頃、君を追いかけた』場面写真

    齋藤飛鳥の“猫耳”がかわいい『あの頃、君を追いかけた』新カット公開

    映画

     山田裕貴主演、乃木坂46の齋藤飛鳥がヒロインを務める映画『あの頃、君を追いかけた』から、齋藤が猫耳を付けたかわいらしい場面写真が公開された。@@cutter 台湾の人気作家、ギデンズ・コーが自身の自伝的小説を自ら映画化した『あの頃、君を追いかけた』。2011年に本国で公開されるや、ほぼ無名のキャストながら青春映画として歴代1位の興行収入を収め、200万人を動員する大ヒットを記録した本作を、現在の日本の高校生たちを主人公にしてこのたびリメイクされる。  地方都市に住む水島浩介はさしたる夢や目標も分からぬまま、クラスメイトの仲間たちとつるんではバカなことばかりするお気楽な高校生活を送っていた。そんな浩介の態度に激怒した教師が、クラス一の優等生・早瀬真愛をそのお目付け役に任命。浩介は真面目でお堅い真愛を疎ましく思う反面、胸がザワつき始め、やがて二人の距離は一気に縮まっていく。  映画『万引き家族』『センセイ君主』に出演する山田が浩介役を務め、齋藤が映画初出演にしてヒロインの真愛を演じる。加えて、松本穂香、佐久本宝、國島直希、中田圭祐、遊佐亮介といった旬の若手俳優たちがキャストに名を連ねる。映画『小川の辺』『起終点駅 ターミナル』の脚本を手がけた長谷川康夫がメガホンを取る。  解禁された場面写真では、学校のお昼休み、真愛の親友で猫好きの詩子が、真愛に猫耳を付けて愛でる様子をピックアップ。白い猫耳姿で笑顔を向ける齋藤のさわいさに思わず見惚れるシーンとなっている。  映画『あの頃、君を追いかけた』は10月5日より全国公開。

  • 8月10日に20歳を迎えた齋藤飛鳥

  • 20歳を迎えた乃木坂46の齋藤飛鳥

    乃木坂46・齋藤飛鳥が20歳に 山田裕貴ほか、ファンから祝福の声が殺到

    エンタメ

     乃木坂46の齋藤飛鳥が本日8月10日に20歳の誕生日を迎えた。ツイッター上には「#齋藤飛鳥生誕祭」のハッシュタグが登場し、ファンから「誕生日おめでとう!」と祝福の声が多数寄せられている。@@cutter 発売中の最新シングル『ジコチューで行こう!』でセンターを務める齋藤。グループ加入当初は中学生だった彼女も本日、成人を迎えた。日付が変わって10日になると、ツイッター上には「#齋藤飛鳥生誕祭」のハッシュタグが作られ、すぐさまトレンド入り。ファンから祝福のコメントが寄せられた。  齋藤の20歳を祝うのはファンならず。彼女がヒロインを務める映画『あの頃、君を追いかけた』(10月5日公開)で共演している俳優の山田裕貴もツイッターで「我らがヒロイン 齋藤飛鳥ちゃん 誕生日おめでとうございます そして、成人おめでとう」とツイートした。  ほかにも同映画の公式ツイッターも「こちら20歳の齋藤飛鳥さんです ささやかながら、祝わせていただきました 誕生日おめでとうございます」とリボンで作られた花束を抱える齋藤のショットを公開した。  ファンからも「飛鳥ちゃん!誕生日おめでとう!」「大好き」「大人の飛鳥にも期待!」といった声が多数届き、盛り上がりを見せている。 引用:https://twitter.com/00_yuki_Y    https://twitter.com/MovieKimioi

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access