=LOVE 関連記事

  • 「=LOVE」の(左から)野口衣織、高松瞳、大谷映美里にインタビュー

    イコラブ大谷映美里、高松瞳、野口衣織、映画『キャプテン・マーベル』に衝撃!「マーベル沼にはまりましょう」

    映画

     「マーベル・シネマティック・ユニバース」の最新作にして、シリーズ史上初となる女性単独主役となった映画『キャプテン・マーベル』。圧倒的な力を持ちつつも、自身の記憶がないという不安に苛まれ、苦悩や葛藤のなか前に進む“人間味”溢れる主人公――そんな彼女に魅了されたのが、HKT48の指原莉乃がプロデュースしたアイドルグループ「=LOVE」の大谷映美里、高松瞳(※「高」は正式には「はしごだか」)、野口衣織の3人だ。@@cutter――映画館の大スクリーンで『キャプテン・マーベル』を鑑賞したばかりだとお聞きしましたが、率直な感想をお聞かせください。 大谷:めちゃくちゃ面白かったです! 私は普段、アクション系の映画はあまり観ないのですが、とにかくスケールが大きく興奮しました。新しい世界が広がりました。 高松:私は映画が大好きで、マーベル作品もすごく興味があったのですが、シリーズの歴史も長く、なかなか踏み込む勇気がなかったんです。でも一旦観てしまったら「絶対はまるんだろうな」という予感はありました。案の定、すでに「マーベル沼」にはまっています(笑)。迫力、ストーリーすべてが圧倒的でしたが、なかでもキャプテン・マーベルの衣装やスーツがとにかく格好いい! もっとマーベルの面白さを知りたいと思わせてくれる2時間4分でした。 野口:洋画の鑑賞経験がほとんどなく、正直字幕とかも不安だったのですが、そんなことが吹き飛ぶぐらい、最初からのめり込みました。役者さんの表情もすごくよかったです ――初マーベルで、魅力を堪能したようですが、キャプテン・マーベルのような強い女性には憧れがあるのですか? 大谷:あります! 私自身が強い方ではないので、憧れます。特にキャプテン・マーベルは、人のために強さを発揮できる。すごく格好良いですよね。映画を観てアクションをやってみたいと思いました。 @@insert1 高松:キャプテン・マーベルは、映画を通して一度も男性に頼ることがないんです。そこが格好良いのですが、一方で、とても天然的なところや女性らしい部分もある。完全なモテ女ですよね(笑)。すべてがうらやましかったです。 野口:強いだけではなく、幼少期にいろいろあって劣等感を持っているところも共感できました。あとは、どんなことがあっても、自分の信じる道を突き進む姿は憧れます。どうしても人って不安になったり、くじけてしまったりするじゃないですか。女性としてだけではなく、人としてすごく素敵だなと感じました。 ――キャプテン・マーベル以外にも、魅力的な人物がたくさん出てきますが、印象に残ったキャラクターは? 大谷:人ではないのですが、猫のグースはインパクトがありました。予告編で出てきたときは「なんで猫が出てくるんだろう」と思っていたのですが、すごく重要な役割を果たすのでびっくりしました。 高松:私はジェンマ・チャンさんが演じたミン・エルバです。すごくクールで、最後まで超格好良かったです。アップで映ったとき、一目で惹かれました。 野口:私もなんです! 見た目がドタイプなんです。あのビジュアルで性格がめちゃくちゃクール。キャプテン・マーベルとは違った魅力があります! @@insert2 ――迷いながら進んでいく主人公の成長物語でもある本作ですが、アイドル活動と重ね合わせて共感できる部分はありましたか? 大谷:=LOVEに入る前、私はオーディションをたくさん受けてきたのですが、何度も落ちた経験があります。キャプテン・マーベルも、幼少期からうまくいかないこともあるなか、自分の足で立ち上がって乗り越える姿を見て、ものすごく共感しました。あきらめずに挑戦することの尊さを実感しました。 野口:私は小学生のとき、友達と仲良くできなくて「もういいや」と逃げていた時期がありました。でもキャプテン・マーベルは、自分が正しいと思ったことは、どんな困難でも立ち向かう。私とは真逆の存在。だからこそ、この映画を観て、私に欠けているものが認識できました。もし、小学生のときに、この映画に出会っていたら、大きく変われたと思います。 高松:キャプテン・マーベルは、ものすごく強大な力を持っていますが、それでも彼女はいろいろな人の支えがあったからこそ、頑張ってこられたと思うんです。私も、家族やメンバー、ファンの皆さんの支えがなければ、いまの自分はないと思っているので、この映画の持つメッセージ性には共感できました。 @@insert3 ――皆さんの身近に、キャプテン・マーベルのような格好いい女性はいますか? 高松:指原(莉乃)さんかな。私は悩みなどを相談させていただくことがあるのですが、話を聞いていると、すごく強くて自分の意思を持っている憧れの方です。キャプテン・マーベルとの共通点は多いと思います。 大谷:私も指原さんが思い浮かびました! 野口:メンバーのなかだったら(高松)瞳かな。自分の力で輝いている感じがする。冷静な判断もできるしね。 ――多くのことを感じられた映画のようでしたが、どんな方に観てほしいと思いますか? 高松:私もそうでしたが、映画が好きで、でもマーベル作品は、歴史があるのでちょっとハードルが高いなという人に観てほしいです。すごくわかりやすいストーリーですし、メッセージにも共感しやすい。マーベル沼にはまれること間違いなしです! 野口:自分に足りないものがあるなと感じていて、強くなりたいと思っている人におすすめです。あとは、バトルアクションということで、結構ハードな内容を想像しがちですが、ほとんど血も流れませんし、異次元的な映像も多く、子供心がくすぐられます! 大谷:女性って恋愛映画を選びがちですが、いまいる自分と違う世界を堪能できるという意味では、爽快感もあり、ものすごくおすすめです。生きるためのメッセージも恩着せがましくなく入っているので、勇気を持って前に進みたいと思っている人にぜひ観てほしいです。 (取材・文:磯部正和/写真:高野広美)

  • 指原莉乃プロデュース「≠ME」

    指原莉乃プロデュース「≠ME」をお披露目 「パフォーマンスの強いグループに」

    エンタメ

     HKT48の指原莉乃が24日、都内で開催された自身がプロデュースする「=LOVE」姉妹グループお披露目記者会見に出席。姉妹グループの名称を「≠ME」(ノットイコールミー)と明かした指原は「色々なアイドルと対バンもできるような、パフォーマンスの強いグループになってほしいなと思っています」と今後の活躍に期待を込めた。@@cutter 「=LOVE」は、指原と代々木アニメーション学院のコラボによって生まれたアイドルグループ。その姉妹グループである「≠ME」のメンバーとして登壇したのは、櫻井もも、落合希来里、尾木波菜、蟹沢萌子、本田珠由記、永田詩央里、菅波美玲、谷崎早耶、冨田菜々風、河口夏音、鈴木瞳美。「≠ME」は本来12人編成だが、もう1名のメンバーは学業の事情から欠席。名前も明かされなかった。  指原はデビュー日を含む今後について「今のところ決まっていなくて。=LOVEの時もそうだったんですが、まず合宿などをしてからステージに立てるようにして、まず“=LOVE”のファンの皆様にご挨拶をしたい」と説明。リーダーも決まっていないとしたうえで「すごくいいなと思う子ばっかりで。そういうのを決めるのがすごくワクワクしています。歌が上手い子が多くって、歌割りを決めるのが楽しみです」と白い歯を見せた。  選考のポイントについては「もうバリバリできますよ!みたいな子が好きなので、どっちかって言うと、パフォーマンスだったり、表現が既に出来上がっている子の方が多いのかもしれないです。あとは、=LOVEもそうなんですけど、基本的にスカートは短い方が好きなので、短いスカートが似合うような、シュっとしたスタイルの子を選びました」と明かした。  その後、「=LOVE」や「≠ME」に、AKBグループや坂道グループなどのような略称があるのか問われると「記号グループ、かっこ悪いですよね…。指原チルドレンで。嘘です。これ、見出しにどうぞ(笑)。ご自由にお使いください」と発言し、会場は大ウケ。指原は「でも、ちょっとそこも考えていかなきゃいけないですね。ただそれって、秋元(康)さんが考えたものじゃなくて、ファンの皆さんが考えたものだと思うので、ファンの皆さんにこれからつけてほしいです」と続けていた。

  • =LOVE、2ndシングル『僕らの制服クリスマス』アートワーク解禁

    指原莉乃プロデュース、「=LOVE」2ndシングルは王道クリスマスソング!

    エンタメ

     HKT48・指原莉乃と代々木アニメーション学院がプロデュースを務める声優アイドルグループ・=LOVE(イコールラブ)の2ndシングル『僕らの制服クリスマス』のタイトル、アートワークが解禁された。@@cutter 2ndシングル表題曲は、クリスマス時期の学生カップルの甘酸っぱい恋模様を描いた王道クリスマスソング。アートワークは前回の1stシングル『=LOVE』に続き、制服姿のメンバーがとても印象的な内容に。一面の雪景色の中、ツリーの前で佇む姿からは、冬のはかなさやメンバーの透明感がより伝わるような仕上がりとなっている。  なお、今月7日には2ndシングルのリリース記念イベントを東京都・ラクーアにて開催。また、来月シングル発売以降も全国握手会やメンバーとの個別握手会の開催が発表されている。  プロデュースを担当する指原は、先月27日に自身のツイッターで、本作のミュージックビデオの仮編集を観て、「プロデューサー特権!オタクにうまれて、よかった!」とつぶやき、ファンに期待を呼びかけている。

  • 指原莉乃プロデュース「=LOVE」メンバーが『劇場版 はいからさんが通る』で声優デビュー

    指原莉乃プロデュース「=LOVE」が声優デビュー『劇場版 はいからさんが通る』で

    アニメ・コミック

     HTK48の指原莉乃がプロデュースするアイドルユニット「=LOVE(イコールラブ)」のメンバー、佐々木舞香、高松瞳、瀧脇笙古がアニメ映画『劇場版 はいからさんが通る』で声優デビューを果たすことがわかった。また、人生初のアフレコへ挑んだ3名のコメント映像、アフレコ時の様子を捉えた写真が公開された。@@cutter 「=LOVE」は、代々木アニメーション学院と指原莉乃のタッグにより生まれたアイドルユニットで、今月6日に1stシングル『=LOVE』でデビュー。3人が出演を果たした『劇場版 はいからさんが通る』は、女学校で楽しい学園生活を送る花村紅緒(CV:早見沙織)と、笑い上戸なイケメン・伊集院忍少尉(CV:宮野真守)の2人を中心として、大正時代を舞台に繰り広げられる青春恋愛作。  人生初のアフレコを終えて「実際に現場に出て演じることが初めてだったので、とても緊張しました」と振り返る佐々木は、大勢の声優が一堂に介する“ガヤ録り”で「一体どうすれば良いのかわからなくなってしまいましたが、そういったところも勉強して、またこうしてお仕事が出来れば良いなと思います!」と力強く意気込みを示す。  それぞれの推しキャラについて聞かれると、高松は「蘭丸です! 蘭丸のキャラクターや世界観に梶(裕貴)さんの声がすごく合っていて、映像を観ている中で一番気になるキャラクターでした。オススメです!」と明かした一方、紅緒と答えた瀧脇は「すごく可愛い顔をしているのですが、劇中で紅緒が酔っぱらって踊りだしてしまうシーンがあり、可愛いのにそういった一面もあるギャップに惹かれました!」と笑顔で理由を語っている。  『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』は11月11日より、『劇場版 はいからさんが通る 後編 ~東京大浪漫~』は2018年に全国公開。

  • TIF2017に出演したHTKT48・指原莉乃プロデュースのアイドルユニット「=LOVE」

    指原莉乃プロデュース「=LOVE」、9月6日にメジャーデビューを発表!

    エンタメ

     HKT48・指原莉乃がプロデュースする声優アイドルユニット「=LOVE(イコールラブ)」が、5日、東京・台場で開催中の「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」に初参戦。グループとしては初めての大舞台では、AKB48やHKT48、乃木坂46のカバー曲、この日に発表されたメジャーデビュー曲『=LOVE』含む全5曲を披露し、記念すべきステージを飾った。@@cutter 野外ステージの一つ「HOT STAGE」では、午後のトップバッターを飾った欅坂46に次ぐ二番手として登場。代々木アニメーション学院と指原莉乃がタッグを組み開催されたオーディションにより選ばれた12名のメンバーは自己紹介を行い、デビュー間もないフレッシュな姿に客席からはそれぞれの名前を叫ぶ声が多く飛び交った。  自己紹介が終わり、1曲目はAKB48の『言い訳Maybe』からスタート。2曲目に披露したHKT48の『メロンジュース』では、イントロでメンバーが観客に向けて「まだまだ盛り上がっていけますか!」と煽る場面もあり、客席のボルテージがさらに高まっていった。  その後のMCでは、改めてグループの紹介が行われたほか、メンバーが「まだまだ何もできない私たちですが、みなさんに応援してもらえるように頑張りますのでこれからもよろしくお願いします」と息を切らしながら精一杯メッセージを伝えていた。  続いて乃木坂46の『ガールズルール』とAKB48の『大声ダイヤモンド』を披露したのち、メンバーは「ここでみなさんにお知らせがあります。私たちのメジャーデビューが決定しました!」と報告。客席からは大きな拍手や「おめでとう!」と祝福の声がわき起こっていた。  そして、9月6日発売のメジャーデビュー曲『=LOVE』を披露し、「みなさん今日は本当にありがとうございました」という感謝の言葉と共にこの日のステージを締めくくった。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access