堀家一希 関連記事

  • 原田のぶお役を演じる古田新太

    古田新太主演『俺のスカート、どこ行った?』、男子生徒12名一挙発表

    エンタメ

     俳優の古田新太がゲイで女装家の高校教師を演じる4月スタートのドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系/毎週土曜22時)より、男子生徒役のキャスト12名が一挙発表された。阿久津仁愛、須藤蓮、堀家一希らが出演する。@@cutter 本作は、ダイバーシティ宣言を掲げた私立・豪林館学園高校に赴任してきた奇想天外で破天荒な52歳の国語教師・原田のぶお(古田)が、生徒の心を解き放っていく姿を描く学園エンターテインメントドラマ。女優の松下奈緒がのぶおの同僚教師・長井あゆみ役で出演するほか、King & Princeの永瀬廉、なにわ男子/関西ジャニーズJr.の道枝駿佑と長尾謙杜が、のぶおが受け持つ2年3組の生徒役にキャスティングされている。  このたび2年3組の男子生徒を演じるキャスト12名が一挙発表となった。ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンで越前リョーマ役を務めた阿久津は光岡慎之介を、ドラマ『JOKER×FACE』に出演した須藤蓮は牛久保元を、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』に出演した堀家一希は駒井和真を演じる。3人は古田演じるのぶおのビジュアルを見た感想を、それぞれ「スタイルがよい!!」「似合いすぎじゃ」「なんか画になる」とコメントしている。  ほかに、眞嶋秀斗、富岡力也、黒田照龍、河野紳之介、兼高主税、葵揚、次も大塚、吉田翔、中西南央が2年3組の男子生徒に扮する。  土曜ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』は、日本テレビ系にて4月20日より毎週土曜22時放送。

  • 『激アツ!! ヤンキーサッカー部』キャストビジュアル

    『激レアさん』発ドラマ、主人公の“野人・岡野”役に竜星涼

    エンタメ

     バラエティ番組『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系/毎週月曜23時15分)で披露された、サッカー元日本代表・岡野雅行の感動エピソードをドラマ化する『激レアさんを連れてきた。ドラマシアター 激アツ!! ヤンキーサッカー部』が、9月21日と28日に放送される。主人公・岡野役は俳優の竜星涼が務める。@@cutter 本作は、2017年12月に放送された『激レアさんを連れてきた。』の中で披露された、“野人”の愛称で知られる岡野が体験した激レアエピソードを実写ドラマ化。島根県にある全寮制の高校を舞台に、サッカー部を設立した岡野が、ヤンキーだらけの部を強豪チームへ成長させるという『ROOKIES』ばりの実話を描いていく。  入学した全寮制高校にサッカー部がないことを知った岡野(竜星涼)は、ヤンキーだらけの学校内にサッカー部を作ろうと決意。部員はなんとか11人揃ったものの、チームメートのほとんどが、サッカーをやったこともないヤンキーばかり。彼らは、ルールはおろかボールの蹴り方すら知らなかった。初歩的なことから教えなくてはならない現実にも、サッカーができる喜びでいっぱいの岡野。しかし初めての対外試合で、彼を思いがけない出来事が襲う…。  主人公の岡野を演じる竜星は「岡野さんの役を演じられることがすごく嬉しいです!」と一言。そして自身の役柄について「台本を読んで得た人物像を大事にしながらキャラクターを作っていきました」と語り、続けて「僕自身も大好きなサッカーができて、久々にずっとボールを蹴っていられることがとても嬉しかったです」と撮影を振り返った。  一方の岡野は「最初にドラマ化のお話を聞いた際は、冗談かと思いましたし、脚本が鈴木おさむさん、私の役が竜星涼さんと聞いたときは話が大きくなりすぎて、心配になりました」と笑う。さらに「このドラマを見た方が、野人みたいに諦めずに頑張ればその先に良いことがあるのかもしれないな、と思ってくださったら嬉しいです」とコメントを寄せている。  そのほかのキャストでは、チームメート役で浅香航大、矢野聖人、稲葉友、山本涼介、平埜生成、堀家一希が顔をそろえるほか、勝村政信、小野武彦の出演が発表されている  激レアさんを連れてきた。ドラマシアター『激アツ!! ヤンキーサッカー部』は、テレビ朝日系にて9月21日・28日23時15分より放送。

  • 『明日の約束』男子生徒たちが残した言葉とは

    『明日の約束』遠藤健慎&金子大地ら、最終回を前に役者としての“約束”を語る

    エンタメ

     現在放送中の井上真央主演『明日の約束』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)。井上演じる高校のスクールカウンセラーがある男子高校生の自殺の謎を追い、衝撃の出来事をきっかけに生徒の間にも様々なトラブルが起きる本作で、生徒役として出演する遠藤健慎、金子大地、渡邉剣、堀家一希ら4人から、19日放送の最終回を前に、出演を振り返り今後の役者人生への“約束”が到着した。@@cutter 母親からの過干渉・束縛に悩み自殺した少年・吉岡圭吾役の遠藤は「井上さんからは“シンシン”というあだ名も頂きました」と温かい現場の様子を振り返りながら、今回の出演に「芝居において細かい違いを認識できるようになり、台本を読む時の感覚まで変わりました」と手ごたえを感じた様子。続けて、「一切妥協せず、出来ることは本番が始まるギリギリまでやる…そんな役者になりたいです」と自身の目標を膨らませる。  圭吾が所属するバスケ部のキャプテン・長谷部大翔役の金子は、初の連ドラ出演に「キャストの皆さんやスタッフさんに支えてもらいながら、無事にオールアップできて嬉しいです」と喜びを語りつつ「必ず成長した姿を見せられるように、ひとつひとつ頑張っていこうと思います」と更なる成長を宣言。  距離を置いたことで圭吾を自殺に追い込んだのではと苦悩する圭吾の親友の一人・沢井勝役の渡邉は、その役柄と向き合ったことで「僕自身演技に対して臨み方が変わった3ヵ月でした」と成長を感じ取ったようで「『明日の約束』のように、見ている人に何か大きなテーマを投げかけられるような作品に携わり、コミカルな役からシリアスな役まで演じられるようになりたいです」と今後の展望を明かす。  圭吾を孤立させるきっかけを作ったクラスメイト・渡辺純也役の堀家は、役作りへの難しさを実感する一方で、第9話で共演した及川光博の演技に「『これが本当の、極めた方の芝居なのか』と、すごさに圧倒されました」と感銘を受けた様子。また、「どんな役であっても、今回学んだ“人間らしさ”を忘れないでいたい。そして人の心の、根本の部分を大事にしながら演じていきたいです」と今後の活動への誓いを立てている。  『明日の約束』最終回は、カンテレ・フジテレビ系にて12月19日21時から放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access