モトーラ世理奈 関連記事

  • 映画『風の電話』に出演する(左から)モトーラ世理奈、西島秀俊、三浦友和、西田敏行

    モトーラ世理奈×西島秀俊ら共演、故人に思いを伝える『風の電話』2020年公開

    映画

     今は亡き大切な人と思いをつなぐ電話として新聞やテレビをはじめ数多くの媒体で取り上げられてきた「風の電話」が、モデルで女優のモトーラ世理奈の主演、俳優の西島秀俊、三浦友和、西田敏行らの共演で映画化されることが決まった。4月中旬にクランクインし、2020年初春の公開を予定している。@@cutter 「風の電話」は岩手県大槌町の小高い丘の上にある。2011年、佐々木格氏が、死別したいとこともう一度話したいという思いから、自宅の庭に白い電話ボックスを設置し、ラインのつながっていない黒電話を置いた。東日本大震災以降、今は会えない家族や友人に心で話すこの電話には、3万人にも上る人々が訪れている。  このエピソードを基にした本作は、一人の少女が広島から故郷の岩手に帰り、「風の電話」にたどり着くまでの道程を通し、傷ついた心の救済や、人々が忘れかけている大切なものをテーマに描く。  主人公ハル役には、2015年よりモデルで活躍し、近年は『少女邂逅』『21世紀の女の子』など映画でも注目されるモトーラ。ハルと行動を共にする森尾役に西島、旅の途中で出会い、ハルに影響を与える重要な人物として、三浦、西田らの出演が決まった。監督は、独特の映画演出とその完成度の高さでフランスをはじめ国内外で絶賛されている諏訪敦彦が、日本映画としては『H story』以来18年ぶりにメガホンをとる。  クランクインにあたり諏訪監督は「旅は生まれ変わるための再生の行為です。私たちも傷ついた主人公ハルの魂とともに、『風の電話』を目指して旅をしてみようと思います」とした上、「映画は何かを見せるものであると同時に、見えない何かを想像させるものでもあると思います。この映画がその想像の力を快復できる旅になることを願っています」と話す。  「風の電話」の設置者である佐々木氏は「亡き人とつながれるという思いが、人に生きる希望を与えることができます。人は人生において、自分の物語を創出し、それを生きていると考えることができます。最愛の人を失った時、遺された人の悲しみを癒すのは、その人の持つ感性と想像力です」とコメントしている。  映画『風の電話』は2020年初春全国公開。

  • 『おいしい家族』出演キャスト

    笠松将&モトーラ世理奈、松本穂香主演『おいしい家族』出演

    映画

     女優の松本穂香が主演を務める『おいしい家族』で、新たに笠松将、モトーラ世理奈、三河悠冴、柳俊太郎が共演することが発表された。@@cutter 本作は、25歳で発表した小説『えん』が第40回すばる文学賞佳作を受賞するなど、映画・脚本・小説と映像・文学とマルチな才能を持ち合わせた新鋭作家、ふくだももこの初長編作品。原作は、ふくだ自身が監督を務めた短編映画『父の結婚』。妻を亡くした父親が再婚するまでの親子の日々を描いた同作の長編化となる。主演は、本作が長編映画初主演となる松本穂香。なぜか亡くなった母親の服を着て生活する父親・青治を板尾創路が、青治と家族になろうとするお調子者の居候・和生を浜野謙太がそれぞれ演じる。  松本演じるしっかり者の主人公・橙花に対し、マイペースな弟・翠を演じる笠松は、「様々なカタチの愛を1つ作品で体感できる温かくて美味しい映画だと感じました。人と違うことに悩む方には、『全然普通だよ』って。自分が特別じゃないと悩む方には、『あなたは特別だよ』って教えてくれるような作品だと思いました」と作品の見どころを語った。  生意気な女子高生・ダリアを演じるモトーラは「まだ未熟者の私が素敵な作品の1人として参加できたことがとても嬉しかったです。撮影初日、新島に着いたその日から家族で食卓を囲むシーンでとても緊張したのですが、板尾さん、ハマケンさん、監督がとても暖かな雰囲気を作ってくださって撮影期間の新島での日々はとても楽しかったです」と撮影の思い出を語った。  ダリアの親友・瀧役の三河は「初めて脚本を読んだ時、愛と家族の描かれ方に魅了され、一気に読みきってしまいました。現場に入り『瀧』の目を通してみた景色は忘れられません。僕が感じた透明な気持ちを観て下さった方が感じてくれたら嬉しいです」とコメント。  橙花のファン・エビオ役を務める柳は「撮影終わりに温泉に入ったり居酒屋で飲み明かしたのもとてもいい思い出です。作品としては個性的な役柄がたくさんいて、とても面白い家族の描き方をしていてユーモア溢れる作品となっていると思います」とコメントを寄せた。  映画『おいしい家族』は、9月20日より全国公開。

  • 映画館「アップリンク吉祥寺」イメージビジュアル

    アップリンク吉祥寺が12月OPEN モトーラ世理奈のイメージビジュアル公開

    映画

     映画館アップリンク吉祥寺が、12月14日に吉祥寺PARCOの地下2階にオープンすることが発表された。併せて“映画を観に行くわくわく感”を表現した、女優のモトーラ世理奈のイメージビジュアル4種も公開された。@@cutter アップリンク吉祥寺は、ミニシアター系のシネマコンプレックス。5つのスクリーン(計300席)があり、世界の映画祭で話題となった作品、アート系作品、インディーズ作品のほか、アップリンク渋谷で上映される作品、地域の人に向けたファミリー向け作品も上映する予定。多種多様な映画を通して、観客と世界をつなげる窓となる映画館を目指すという。  今回解禁となった4枚のモノクロのイメージビジュアルは、映画好きとして知られるモトーラ世理奈を、写真家のハービー・山口が吉祥寺の街で撮り下ろしたもの。カーディガンにスカート姿のモトーラ世理奈が、様々な場所でナチュラルな表情を見せる写真には、手書き風の文字で「今日は映画を観に行く」というキャッチコピーが添えられている。  ハービー・山口は福山雅治などの著名アーティストとコラボする一方、市井の人々にもカメラ向けて生きる希望を撮り続けている写真家。今回、アップリンク吉祥寺のオープンを記念し、「今日は映画を観に行く」をテーマに、映画好きな10組の人々をハービー・山口が撮影し、劇場内のギャラリーで写真展が開催される予定。現在、被写体となる映画好きな人を一般公募している。詳細は「アップリンク」公式サイトにて。  アップリンク吉祥寺は、12月14日に吉祥寺PARCO地下2階にオープン。

  • 安達祐実

    37歳の安達祐実、19歳のモトーラ世理奈らと姉妹役も「違和感なさすぎ」

    エンタメ

     女優の安達祐実が5日、自身のインスタグラムを更新し、モトーラ世理奈をはじめとした10代〜20代の女優たちとの共演写真を投稿。ファンからは「違和感なさすぎ」「1番綺麗」などの賞賛の声が寄せられた。@@cutter 安達が投稿した写真は2枚。1枚目は、11月7日発売のアーティスト・吉澤嘉代子の4thアルバム『女優姉妹』の初回限定盤のジャケット写真で、安達はモデル、女優として活躍する19歳のモトーラや、女優で映画監督としての活動でも知られる22歳の小川紗良、26歳の女優・佐藤玲と共演。アルバムのテーマとなる“女性”を独特の世界観で表現している。2枚目は吉澤を4姉妹が囲んだショットで、安達はモトーラの肩に寄り掛かるように身を寄せている。  吉澤のインタスグラムには、アルバムの通常版ジャケット写真が投稿されており、こちらは森の中でピクニックをする4姉妹の姿が描かれたもの。女の子座りをしている安達は日傘をさし、ちらりと太ももが見えるセクシーな姿を披露している。  現在37歳の安達と、10〜20代の女優たちとの共演に、ファンからは「10代の子といても違和感なさすぎ」「きっと一番歳上なんだろうけど、わからない」「ゆみさんが一番若く見えるってほんと何ですか?」などのコメントが殺到。さらに「1番綺麗」「ゆみさん可愛すぎ」「色っぽい」などの声も寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/_yumi_adachi/    https://www.instagram.com/yoshizawakayoko/

  • NHKドラマ『透明なゆりかご』記者会見に出席した清原果耶

    モトーラ世理奈の演技・存在感が視聴者を圧倒『透明なゆりかご』第6話

    エンタメ

     女優の清原果耶が主演を務めるドラマ『透明なゆりかご』(NHK/毎週金曜22時)の第6話が24日に放送された。劇中で中絶手術を受ける不良少女役で登場したモデルで女優のモトーラ世理奈に視聴者から「すごい才能が出てきた」「凄く雰囲気のある女優さん」「圧倒的なインパクト」などの声がSNSに寄せられた。@@cutter アオイ(清原)は、ハルミ(モトーラ)と名乗る不良っぽい少女から誘われて、二人で山道を登っていた。妊娠しているというハルミは「山奥にある古い家へ行けば、格安で簡単に中絶してくれる」と事もなげに打ち明ける。  アオイは「無責任すぎます!」と怒ってハルミを引き止めようとするが、山道を登りたどり着いた家から出迎えてくれたのは、何とも優しそうな笑顔をたたえた老夫婦だった。一方、紗也子(水川あさみ)は、結局自分が妊娠していなかったことを知り、落胆していた…。  ドラマの冒頭でアオイが出会う不良少女・ハルミを演じたのは、本作がNHKドラマ初出演となるモデルのモトーラ世理奈。彼女が画面に登場した直後から、ネット上には「カッコいいね、この子」「すごい存在感」「圧倒的なインパクト」などの投稿が殺到。  さらに同い年のアオイと徐々に仲良くなっていく姿や、恵まれない家庭環境と不幸な過去を打ち明けるシーンの演技が視聴者の心を掴み、SNSには「安藤サクラと同じニオイがする…すごいぞすごい才能が出てきた」「凄く雰囲気のある女優さん」「1度見たら忘れられない演技…すごいもの観た…」など賞賛の声が寄せられた。  また、劇中でハルミの中絶手術を担当する老齢の医師・重吉役でイッセー尾形が登場。アオイとハルミがたどり着いた日本家屋の2階から、身体を震わせながら「いますぐ降りるからね!」と白髪&白衣姿の重吉が現れると、視聴者から「イッセー尾形さんはズルい」「胡散くささ最高だな」「ドリフのもしもシリーズのような産婦人科医出てきたw」などのツイートが投稿されていた。

  • 『透明なゆりかご』第6話場面写真

    『透明なゆりかご』アオイは不良っぽい少女ハルミと出会う

    エンタメ

     女優の清原果耶が主演を務めるドラマ『透明なゆりかご』(NHK総合/毎週金曜22時)の第6話が今夜放送される。第6話では、清原果耶演じるヒロインが、中絶を決意した不良っぽい少女と出会うことに…。@@cutter 本作は沖田×華の同名コミックを実写化したヒューマンドラマ。町の小さな産婦人科医院を舞台に、一人の少女の目線で“命とは何か”を描いていく。  アオイ(清原)は、ハルミ(モトーラ世理奈)と名乗る不良っぽい少女から誘われて、二人で山道を登っていた。妊娠しているというハルミは「山奥にある古い家へ行けば、格安で簡単に中絶してくれる」と事もなげに打ち明ける。  アオイは「無責任すぎます!」と怒ってハルミを引き止めようとするが、山道を登りたどり着いた家から出迎えてくれたのは、何とも優しそうな笑顔をたたえた老夫婦(イッセー尾形・角替和枝)だった。  一方、紗也子(水川あさみ)は、結局自分が妊娠していなかったことを知り、落胆していた…。  ドラマ『透明なゆりかご』第6話は、NHK総合にて今夜8月24日22時放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access