竹内まりや 関連記事

  • 『ダンボ』日本版エンドソングを担当する竹内まりや

    竹内まりや、『ダンボ』日本版エンドソングを担当 山下達郎もコーラス参加

    映画

     ディズニーアニメの名作をティム・バートン監督が新たな物語として実写化した映画『ダンボ』より、日本版エンドソング「ベイビー・マイン」を歌手の竹内まりやが担当することが発表された。竹内のパートナーである山下達郎もバッキングコーラスとして参加する。併せて、楽曲のMVが公開された。@@cutter 本作は、映画『チャーリーとチョコレート工場』のバートン監督が、名作アニメ『ダンボ』をベースにオリジナル脚本で実写映画化したファンタジー・アドベンチャー。“大きすぎる耳”を持つ赤ちゃん象のダンボはサーカス団の笑いものだったが、やがてその大きな耳を翼にして空を飛べることに気づく。コンプレックスを強さに変えたダンボは、引き離された母を救うため、サーカス団の家族の力を借りて新たな一歩を踏み出す。  本作のエンドソング『ベイビー・マイン』は、ディズニーアニメ『ダンボ』の劇中歌で、母親象のジャンボがダンボに対する“愛情”を歌った美しいバラード。第14回アカデミー賞では歌曲賞にノミネートされ、これまでも多くのアーティストがカバーしてきた名曲だ。  今回の起用について竹内は「娘が幼い頃大好きだった『ダンボ』のビデオを一緒に観るたびに、『Baby Mine』の歌のシーンでいつも涙したものです。まさか30年後に、この曲を私が歌う日が来ようとは! 懐かしいあの時代を思い出しながら、心を込めて歌わせていただきました」と、曲に対する思い入れを語った。  竹内は今回エンドソングを担当するにあたり、自ら歌詞の翻訳監修も手がけている。さらに、竹内のパートナーであり自身も日本を代表するトップアーティストである山下達郎も、バッキングコーラスとして参加することが決定した。  公開されたMVは、竹内の歌う「ベイビー・マイン」にのせて、ダンボの活躍を垣間見ることのできる映像となっている。  映画『ダンボ』は3月29日より全国公開。

  • 『1ページの恋』で主題歌を担当する竹内まりや

    橋本環奈主演ドラマ『1ページの恋』、主題歌に竹内まりや

    エンタメ

     女優の橋本環奈が連続ドラマ初主演を果たす、2月18日スタートのドラマ『1ページの恋』(AbemaTV/毎週月曜23時)の主題歌が、竹内まりやのセルフカバー曲『ミラクル・ラブ』に決定した。併せて、森矢カンナ、芦名星ら追加キャストも発表となった。@@cutter 本作は、絵を描くのが好きな主人公・水瀬あかり(橋本)が、初恋の相手の森田郁巳(板垣瑞生)、幼なじみの乾大和(濱田龍臣)、女性の扱いに慣れた大人の星野有利(古川雄輝)ら、タイプの異なる3人の男性と繰り広げる純愛ドラマ。  主題歌になった『ミラクル・ラブ』は、デビュー40周年を迎えたシンガー・ソングライターの竹内まりやが、91年に牧瀬里穂に提供した楽曲を、自身が改めてカバーしたもの。身近にいた運命の人と恋に落ちる奇跡を歌う同作は、本ドラマで描かれる若者たちのまっすぐな純愛や、「人を好きになることって奇跡」という劇中の台詞とシンクロしている。  竹内は、「新しいメディアである『AbemaTV』のドラマに採用していただき、とても光栄に思います」と喜びを見せ、「『1ページの恋』の台本を読ませていただきましたが、橋本環奈さんのみずみずしいイメージにぴったりだと思いました。恋への純粋なときめきや不安な想いを、この歌で一緒に分かち合えたら嬉しいです」と語っている。  また本作を彩る追加キャストとして、森矢カンナ、滝沢沙織、芦名星、渋谷謙人、八木アリサ、田口浩正らの出演が発表された。  ドラマ『1ページの恋』は、AbemaTVにて2月18日より毎週月曜23時放送。

  • 『souvenir the movie 〜 Mariya Takeuchi Theater Live〜』場面写真

    竹内まりや、デビュー40周年 その魅力が未だ色あせないワケ

    映画

     本日、デビュー40周年を迎えた竹内まりや。そのライブのベストシーンを集めた映画『souvenir the movie~Mariya Takeuchi Theater Live~』が、2週間限定で公開中だ。40年という年月を念頭に置いてこの映画を観ると、デビュー当時からほぼ変わらないと彼女の美しい佇まいと声に、あらためて驚きを覚える人も多いのではないか。@@cutter 竹内まりやはとても“特殊”なアーティストだ。現在63歳。これだけ長いキャリアと数多のヒット曲を持ち、今も第一線で活躍するアーティストには、中島みゆき(66歳)や松任谷由実(64歳)らも思い浮かぶが、ここまでライブ活動が少ないまま現役感を失わないアーティストは類を見ない。  本作は、ライブ盤も発売されている『TOKYO FM/fm osaka 開局30周年記念コンサート』(2000年)、『souvenir again』(2010年)、『souvenir2014』(2014年)の3本のライブからベストシーンを集め、撮り下ろしのインタビュー映像を混じえて再構成している。実は竹内が2000年以降、公式に行った単独ライブ&ツアーはこれらのみ。そもそも2000年のライブの時点で“18年ぶりのライブ”だったという。  1978年11月25日に「戻っておいで・私の時間」でデビューした竹内は、当時23歳、まだ現役の慶応大学生だった。翌年、「SEPTEMBER」で日本レコード大賞新人賞を受賞し、順調な滑り出しを見せる。しかし1982年、アレンジャーとして関わっていた山下達郎と結婚。これを機に、テレビ出演やライブツアーなど、一般的な“アーティスト活動”のサイクルからは身を引いてしまう(ちなみに今回の映画では、彼女のデビュー当時の映像もちらりと拝見することができる)。  以降、作家として「けんかをやめて」(河合奈保子)「元気をだして」(薬師丸ひろ子)、「色・ホワイトブレンド」(中山美穂)を手掛け、後にセルフカバー。また自身でも「シングル・アゲイン」、「告白」、「純愛ラプソディ」などヒット曲を出してきたが、“シンガーソングライター主婦”を自称するように、その活動はあくまで家庭が優先。その合間を縫って作品作りをしているため、「なかなかそこまで手が回らない」とライブ活動が少ない理由を語っている。@@separator 浮き沈みの激しいこの音楽業界の中、40年も第一線で活動してきた彼女の特殊さをもう1つ挙げるとしたら、色褪せることのない楽曲だろう。2、30年前のナンバーでも、中で歌われている心情がありありと目の前に浮かんでくるほどリアルだ。それは、彼女の描く歌詞世界が“世相や流行を描いたものが少ない”からではないか。  そこには、今流行りのスポットやガジェット、レジャーはほとんど登場しない。固有名詞を多用することで時代性を反映し、多くの人の共感と支持を得た松任谷とは対照的に、聴いていて“今の時代”を感じることは少ない。だが、人間のコアな心情をシンプルに描いた彼女の歌からは、どの時代も共有できる“私=主人公”が浮かび上がってくる。  許されない恋をしている私、駅で昔の恋人を見かけてふと心を揺らす私、長い結婚生活で恋心も忘れてしまったけれどパートナーを大切に思う私…彼女の曲に描かれた感情はどれもリアルで、普遍的。だからこそ何十年たっても聞く人の心を揺さぶるのではないだろうか。  音楽の楽しみ方は人それぞれだが、ライブでしか得られないものがあるということを、この映画を観るとしみじみ実感する。ライブで歌う竹内の姿はとても楽しそうで、とてもチャーミングだ。貴重な山下とのデュエットシーンも収録されており、前出の“プロデューサーであり夫婦”という2人の関係性も垣間見える。ライブ活動の少ない竹内だからこそ、音源とはまた違った彼女の魅力を知ることができる貴重な機会と言えるだろう。(文:川口有紀)  映画『souvenir the movie~Mariya Takeuchi Theater Live~』は12月7日まで、2週間限定公開中。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access