霜降り明星 関連記事

  • 霜降り明星(左からせいや・粗品)

    霜降り・粗品、たけしに大失態!? 相方せいやも「死ぬかと思いました」

    エンタメ

     お笑いコンビ霜降り明星が、11日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系/毎週月曜22時)に出演。ツッコミの粗品が、お笑い界の大先輩ビートたけしに対してしでかした失態を明かした。@@cutter 昨年の『M‐1グランプリ2018』(テレビ朝日系)優勝から3ヵ月で約120本の番組に露出した霜降り明星の粗品と相方のせいや。今回はそんな中でも「失敗した」あるいは「全く手応えのなかった」出演番組をランキング形式で発表していった。  その第2位で粗品が挙げたのが『世界まる見え!テレビ特捜部』(日本テレビ系/毎週月曜20時)出演だった。粗品の自己採点はなんとたったの7点というかなりの体たらくだったよう。  2人がゲスト出演した回では、刑務所から壁の下に穴を掘って逃走した犯人のVTRを確認したそう。スタジオではたけしが、「トランプ(米大統領)が今、アメリカに壁造ろうとしている」と切り出し、そこからトランプ政権の話になったのだとか。  ところがたけしの話がいつまでも続いていたため、粗品はたけしが「ボケでこの話をしていた」と解釈したそう。そこで思い切って「ずっと何の話しとんや!」とツッコミを入れたのだとか。  するとスタジオは「シーン」と静まり返ってしまったそう。たけしはボケではなく、マジメに語っていたのだ。当時、隣にいたせいやも、たけしの話を「勉強になるな」と感心しながら聞いていたそう。そのため相方が急に「ずっと何の話しとんや!」とツッコんだことに「ヤバっ! こいつ!」とびっくりしたといい、「死ぬかと思いました」と振り返っていた。  幸い、静まり返ったスタジオであるが、1テンポをおいて所ジョージが「これがいいんだよ」とフォロー。たけし本人も、後輩芸人からのまさかの一言にも関わらず笑ってくれていたという。

  • 霜降り明星の粗品

    史上初「M-1」「R-1」2冠の粗品 “高速フリップネタ”は19歳で完成していた!

    エンタメ

     10日に開催された『R‐1ぐらんぷり2019』(カンテレ・フジテレビ系)で、2542人の頂点に立った霜降り明星・粗品。昨年末の『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)に続いて、史上初の2冠を達成した。しかも、両大会の史上最年少覇者と記録づくしだ。今大会で披露した2本のネタは、弱冠19歳で完成していたというから、トリプルの驚きだ。@@cutter■ 史上初の2冠も「心残り」を生んだ異例の勝利  粗品は、「R‐1」で2年連続2度目の決勝進出を果たすと、決勝1回戦Bブロックでは同じよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の大先輩・おいでやす小田と同点(6点)に並び、審査員の数で上回った者が勝ちという大会ルールにのっとり、1名の差で薄氷の勝利となった。続くファイナルステージでも、Aブロック勝者のセルライトスパ大須賀と同点(7点)。結果、審査員数が2名多く、初の栄誉をゲットした。  2007年にチュートリアル・徳井義実があと一歩まで迫りながらも達成できなかった「M‐1」との2冠だが、粗品にとって“完勝”とならなかったのは、無念の材料のようだ。審査員数が決め手となった異例の勝利に、「圧勝したほうがカッコよかった。なんか怪しいですよね。その怪しさを残してしまったのは心残り」と漏らした。しかし、ここまでの道程と「R‐1」への執念はホンモノだ。 ■ 19歳で完成していた“高速フリップ芸”  「R‐1」に焦点を絞ったのは、高校3年生のとき。霜降り明星を結成する2年前だ。翌年となる2012年、若手芸人の登竜門といえる大型特番『オールザッツ漫才2012』(毎日放送)で、まさかの初優勝。番組史上最年少記録となる弱冠19歳にして、よしもと所属前というダブルインパクトだった。このとき、司会者の笑い飯からマイクを向けられた粗品は、「今、未成年ですけど、成人したらスーツ着て、漫才をやりたいです」と願望を語っている。  今大会で披露した高速フリップネタの半分は、この『オールザッツ漫才2012』優勝時に完成していた。使用した手描きフリップ(ネタ)は、19歳のときにあまたの先輩芸人を大爆笑させたものだった。 ■ 苦杯を舐め続けたR‐1をついに制覇 それでも口にしたのは“コンビ愛”  「R‐1」は2009年の第7回大会から出場している。12年が唯一の3回戦敗退で、11年と以降の13年から17年までは、準決勝まで駒を進めている。何度も苦杯をなめてきた。事前VTRで、「R‐1でした嫌な思いは、R‐1でしか仕返しできひんと思ってる。M‐1では優勝しましたけど、R‐1の恨みは晴らせてない」と語ったのも、納得できる。  高校生のときからすでに周囲から「天才」と呼ばれ、進学した同志社大学を中退してまで、お笑い一本に絞った。ピン芸人から漫才師に転向する際、仲間の多くは反対した。それでも、漫才師という夢を選んだ。誰もが注目した相方は、同じく高校生のときからアマチュア活動をしていたせいや。    しかし2人は、「第38回ABCお笑いグランプリ」、「第7回ytv漫才新人賞」、昨年末の「M‐1」で優勝。“偉才”粗品が見定めたせいやもまた、たしかな腕の持ち主だった。優勝直後、粗品は相方と電話で話している。「『めちゃくちゃおもろかったわ』と言われました。『M‐1で優勝したときより、俺はうれしかったわ』と。そんなヤツいます? 僕も気が引き締まる。早くせいやに会いたいですね」。粗品は、美しくも熱い相方愛を口にしている。そして、深夜にツイッターを更新。「R‐1優勝しました そんな僕より間違いなく面白いのが、せいやです 霜降り明星をよろしくお願いします」。重んじたのはやはり、せいやだった。  4月から2人は拠点を大阪から東京に移す。“霜降り無双”に拍車をかかるのは、確実だ。(文:伊藤雅奈子)

  • 霜降り明星・粗品、「R‐1ぐらんぷり2019決勝戦」優勝者囲み会見に登場

    R‐1優勝の霜降り明星・粗品「そんな奴います?」 相方せいやからの祝福に感動

    エンタメ

     お笑いコンビ・霜降り明星の粗品が、10日に開催された『R‐1ぐらんぷり2019』(カンテレ・フジテレビ系)で優勝。昨年末の『M‐1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)とあわせて史上初の2冠を達成するとともに、R‐1とM‐1で平成最後および史上最年少王者となった粗品は「記録を作らせてもらってうれしいですね」と心境を明かし、準決勝で敗退した相方のせいやについては「会いたいですね。早く」と白い歯を見せた。@@cutter 決勝には、松尾(チョコレートプラネット)、こがけん、ルシファー吉岡、おいでやす小田、大須賀(セルライトスパ)、河邑ミク、前野悠介(クロスバー直撃)、三浦マイルド、松本りんす(だーりんず)、粗品、そして敗者復活から復活を果たした岡野陽一、マツモトクラブが出場。ファイナルステージには大須賀、松本りんす、粗品が駒を進め、粗品は大須賀と7票で同点となったが、投票した審査員数の多さが基準となり優勝となった。  粗品は高校生時代から挑んできたR‐1制覇の心境を問われると「お笑い向いてるんちゃうかなっ思って始めたきっかけが『R‐1ぐらんぷり』やったんで、こうやって優勝できるのは本当に光栄です。うれしいです」と感慨深そうにコメントした。  相方のせいやには、優勝後、会う前に電話をしたそうで「『めちゃくちゃおもろかったわ』って言ってくれました。電話で。そんな相方、いないじゃないですか。で、もう一言『これほんまに、M‐1優勝したときより、俺うれしかったわ』って言ってくれたんですよ。せいやが。そんな奴います? すごいうれしかったですね」とコンビ愛の深さを見せていた。  優勝者には冠番組を持つ権利が与えられる。粗品はせいやと共に番組を持ちたいと語り、「スプーンに映った小栗旬」というネタがあるからか「まだ僕、小栗旬さんにお会いしたことなくて。呼べるなら、対面したいと言いますか。小栗旬さんとお会いしたいですね」と話し、会場を沸かせていた。

  • (左から)明石家さんま、岡村隆史

    明石家さんま、ナイナイ岡村らの集合写真にファン「お笑い界のオールスター」

    エンタメ

     お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が24日、自身のインスタグラムに、明石家さんまをはじめとするよしもと芸人らの集合写真を投稿。ファンから「豪華」「すごいメンバー」といったコメントが寄せられている。@@cutter 岡村が「駐在さん ありがとうございました」というコメントとともに投稿しているのは、よしもと芸人ら総勢30人による集合写真。これは23日に開業した大阪の新しい劇場「COOL JAPAN PARK OSAKA」のこけら落とし公演『さんま・岡村の花の駐在さん』のオフショットとみられる。  写真には「駐在さん」姿の岡村、さんま、桂文枝、月亭八方に加え、西川きよし、間寛平、今田耕司といった大御所が勢ぞろい。さらに後方にはお笑いコンビ和牛、『M‐1グランプリ2018』覇者の霜降り明星、ミキ、中川家、ガンバレルーヤ、山田花子、たむらけんじらの顔もあり、よしもとの大御所から若手までがそろう豪華な集合写真となっている。  ファンからは「豪華メンバー」「観たかったです スゴいメンバー」「めっちゃ楽しそう!」「お笑い界の オールスター」といった声が殺到。公演についても「見に行きたかった!チ、チケット が 取れなかった」などと残念がる声があった。 引用:https://www.instagram.com/okamuradesu/

  • 『ボクらの時代』で霜降り明星せいやへの思いを明かしたゆりやんレトリィバァ

    ゆりやん、霜降り明星せいやへの思いを公言する心境を明かす

    エンタメ

     お笑い芸人のゆりやんレトリィバァが17日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系/日曜7時)に出演して、ゲストのYOUと友近とともにトークを展開。自身の恋愛について赤裸々に語った。@@cutter 番組で、YOUから“最近の気になる人”を質問されたゆりやん。「いっぱいいるんですよ、歴代」と友近に突っ込まれるなか、「今はね…名前言うのも悔しいんですけど…言えないんですけど…霜降り明星せいやです」とら独特の言い回しで答えたゆりやんは、恥ずかしいのか慌ててストローでジュースを飲み干す。  せいやへの思いをこれまでもテレビ番組で何度も公言してきたゆりやんに、プライベートでも仲の良い友近は「好きならあんまりテレビで公言せんほうがいいよ!」と提案してしたという。それに対し、ゆりやんは「本当に信じてほしいんですけど」と前振りをしたうえで、「実際の私生活でちゃんと恋愛したことがなくて…」と自身の恋愛経験の少なさが原因であることを告白。「どうやったら振り向いてもらえるかとか、どうやったら自分が好きっていうのをちゃんと伝えられるかがわからなくて、とにかく言っちゃうんですよね」と自己分析した。  さらに好きなことを公言し続けていれば、「ゆりやんと言えばせいや、せいやと言えばゆりやんでしょ」と周囲が認識してくれることによって「自分の恋愛が進展してると思っていた」と振り返ったゆりあん。一瞬寂しそうな表情を見せてて「でも(本当は)そうじゃない…」と自分に言い聞かせるように話すと、「(これからは)うまく恋愛しようかと思います」と前を向いた。  これに対して、YOUは「(恋愛)してみたいよね!がっつり」とエール。友近も「楽しいと思いますよ、ゆりやんと付き合ったら!」と断言してゆりやんを応援した。

  • 現在交際中の女医からの要望にびっくりした霜降り明星せいや

    霜降り明星せいや、交際中の女医からの要望にびっくり!

    エンタメ

     お笑いコンビ霜降り明星のせいやと粗品の2人が、13日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系/毎週水曜23時59分)にゲスト出演。中居正広、おぎやはぎ矢作兼と共に、各分野の女医たちとディープなトークを繰り広げる中、せいやが現在交際中の女医の彼女から受けた驚きの要望を語った。@@cutter この日登場したのは精神科、形成外科、皮膚科、法医学、産婦人科の女医5人。彼女たちを前に中居は思わず、「エロいですね」と一言。  その後は、普段は聞けない、ある意味貴重なトークが連発。法医学の解剖医は解剖中、どうしても下着に臭いが染みついてしまうため、下着をつけていないと告白。すると矢作は「これはラッキー」と、これまた男の本音をポロリ。霜降り・せいやは「何がラッキーなんですか? そこじゃないでしょ」とツッこんでいた。  「印象的な患者」について形成外科医が語ったのは、お尻に花火を挟んで、プランデーをかけて遊んでいたという人の話。花火には火がついていたため、アルコール度数の高いブランデーによってさらに火があがり、お尻の周囲が大やけどをしていたという。彼女は「ちょっとはしゃいじゃったんでしょうね」とさらっと話していた。  こうして知られざる話に興味津々の霜降り・せいやだったが、彼は現在、プライベートで女医と交際中。彼女から「手術が終わったあと赤身が食べたい」と言われて驚いたと明かした。だが、これに対し女医たちは「あるあるですよ」と口を揃え、「電気メスを使うとお肉が焼けるんですよ。その煙が焼肉を連想させる」と語り、術後は焼肉店へ行くのだという。その告白に、せいやは、「怖い、怖い、食べたくなくなる」と怖がっていた。  ほか番組では、男性医師との恋愛事情でも大盛り上がり。ある女医は見聞きした話として、「(男性医師が)泊まりの日に待機する部屋から、順番に(女性看護師が)出てきた」と語ると、中居は「生まれ変わったら病院の先生になりてぇな!」と絶叫。ちなみに、彼女たちによれば、一番チャラいのは外科医で、それに対して一番真面目なのは血液内科の医師だと話していた。

  • 霜降り明星(左からせいや・粗品)

    ロケ中のタレントを撒くのなんて簡単!? M-1王者・霜降り明星が餌食に

    エンタメ

     6日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系/毎週水曜22時)が「ロケ中にタレントを撒くことなど容易説」第2弾を放送。今回は2018年のM-1王者、お笑いコンビ・霜降り明星がターゲットとなった。@@cutter 毎週さまざまな仮説の立証に臨むこの番組。今回の説は、シチュエーション次第ではスタッフが簡単にタレントのもとから去り、1人ぼっちにできるのではないか、というもの。今回はその第2弾の検証で、霜降り明星の2人はデパ地下で恵方巻を紹介する偽のロケに招かれ、早速、今年の恵方である「東北東」を向きながらそれぞれ直立不動で食べ始めることに。だが「いただきまーす」と勢いよく言ったものの、食べている間はしゃべってはいけないという暗黙のルールがあるため、当然“無言”。しかも恵方巻がやけに大きく、一心不乱にかぶりつく。  彼らの奮闘が続く中、2人を取り囲んでいたカメラマンや照明、ディレクターらスタッフが、東北東と真逆の「西南西」に向かってこっそりと下がっていく。固定のカメラは、ただただ、プライベートで恵方巻をデパ地下で食べる2人の男を映し出すのみ。  黙々と食べ続けること15分。ここで、せいやが「もう食べられません」とギブアップ。だが振り向くと辺りには誰もおらず、2人は「どこ行ったんやー!」と動揺。あたりをウロウロしながら、「TBSって恵方巻食ってる間に、財布とか全部盗む集団ちゃうんかな」とブツブツ…。ようやく見つけたスタッフに真相を聞くと、『水曜日のダウンタウン』だということが分かり、2人はむしろ大喜びという意外な反応。「よっしゃー!」と、固い握手を交わしていた。  この「説」のロケにはほかにも三四郎・小宮浩信、インパルス堤下敦、元なでしこJAPANの丸山桂里奈、パンサー尾形貴弘が知らぬ間に参戦。UFOを上空から召喚している間や、滝行をしている間、田舎をぶらり旅している間にスタッフがいずれも撒くことに成功。見事、番組側の説立証で幕を閉じた。

  • 霜降り明星(左からせいや・粗品)

    霜降り明星、最年少M‐1王者は10代で漫才を披露していた“異端児”

    エンタメ

     2日に行なわれた漫才日本一決定戦『M‐1グランプリ2018』(ABCテレビ・テレビ朝日系)を制したのは、26歳のボケ担当のせいやと25歳のツッコミ担当の粗品からなる20代のコンビ霜降り明星だ。2人は共に小学生、高校生という10代の頃から人前で漫才を披露していたという。@@cutter エントリー既定が結成15年以内の本大会。後藤淳平・福徳秀介からなるお笑いコンビ・ジャルジャルは、今年がラストチャンス。最終決戦まで進出し、優勝にあと一歩のところまで迫ったが、3位という結果で自身のM‐1での戦いに幕を下ろした。さらに昨年の準優勝で、今年も優勝候補筆頭に挙げられていた水田信二・川西賢志郎からなるお笑いコンビ和牛は、最終決戦で審査員7人から3票を獲得し、あと1票入れば優勝というところまで迫ったが、3年連続準優勝という結果に。  ほかにも、よしもと芸人以外で唯一の決勝進出を果たし、完全アウェイの中で輝きを放ったトム・ブラウン(布川ひろき・みちお)、同日行われた敗者復活戦からはい上がった兄弟漫才師・ミキ(昴生・亜生)が4位に食い込むなど、笑いと涙、感動と奇跡がふんだんに詰まっていた今大会。そんななか、最後に歓喜を浴びたのは、審査員のナイツ塙宣之から「よしもとの宝」と絶賛され、同じく審査員のダウンタウン松本人志に「(優勝)トロフィーのシルエットが2人のまんま」と言わしめた20代の2人だった。  よしもと芸人は、NSC(吉本運営のタレント養成所)卒業からプロに転向する者が大半だが霜降り明星はNSC卒ではない。お笑いの会場で出会い、2013年にコンビを組んだ異端児だ。  せいやは、幼少期からの漫才好きで、小学6年生のときに同級生の当時の相方とNHKで漫才を初披露している。この番組で司会を務めていた陣内智則から、「おまえら、ビッキーズ(木部信彦と須知裕雅からなるお笑いコンビ。2007年解散)よりオモロイで」と声をかけられたほど、腕は確かだった。@@separator 対する粗品は、高校生のときにアマチュア芸人として始動。「高校生お笑いNo.1」を決めるイベント「ハイスクールマンザイ2009」で決勝戦に進出し、才能を開花させた。その後、関西の名門・同志社大学を中退してまで芸の道にまい進する。  ピン芸人日本一決定戦『R‐1ぐらんぷり』では、6度も準決勝戦まで進んでおり、今年の大会でようやく決勝戦の舞台に立てた。その夢舞台に、敗者復活ステージから勝ちあがってきたのは、なんと相方のせいや。2人は優勝こそ逃したが、大会史上初となるコンビそろってファイナリストという快挙を成し遂げた(同じグループから2人の決勝進出者が出るのは、2004年大会に5人組お笑いユニットのザ・プラン9からヤナギブソンと浅越ゴエが進出して以来14年ぶり)。その年の終わりを第14代M‐1王者という偉業で締めくくり、霜降り明星はデビュー6年目にして跳躍のときを迎えた。  なお、せいやは今春、女性ピン芸人・ゆりやんレトリィバァから本気の求愛を受けている。ゆりあんといえば、今月10日に開催される『女芸人No.1決定戦 THE W』ファイナリストで、昨年大会の初代女王。せいやには、交際1ヵ月となる外科医の本命彼女がいるため、この先もゆりあんと男女の関係に発展する可能性は今のところゼロだが、クイーンの男を見る目は本物だったようだ。  そんなせいやは現在、芸人5人でルームシェア中。リビングルームのおよそ1畳が彼のスペースで、支払う家賃は1万円とのこと。在学していた近畿大学の奨学金400万円を返済中だ。粗品も同じく借金を抱える身。今回の優勝賞金で、一括返済の夢が現実のものとなった。  今年、R‐1決勝の舞台にそろって立ったことで話題をさらい、M‐1では約4000組の漫才師の頂点に立った2人。平成最後のミラクルボーイ・霜降り明星が2019年の漫才界を席巻する。(文:伊藤雅奈子)

  • 「M‐1グランプリ2018」で優勝した霜降り明星の(左から)せいや、粗品

    最年少王者の霜降り明星せいや、M‐1愛さく裂「好きすぎて優勝しました」

    エンタメ

     『M‐1グランプリ2018』(ABCテレビ・テレビ朝日系)決勝が2日に都内で開催され、霜降り明星(せいや・粗品)が優勝。相方の粗品と共に、平成生まれにして平成最後、そして史上最年少チャンピオンとなったせいやは「霜降り明星から始まったって言われるように、次の世代を作っていきたいですね」と今後の抱負を語った。@@cutter 決勝には、スーパーマラドーナ(田中一彦・武智)、トム・ブラウン(布川ひろき・みちお)、和牛(水田信二・川西賢志郎)、ギャロップ(林健・毛利大亮)、見取り図(盛山晋太郎・リリー)、かまいたち(山内健司・濱家隆一)、ゆにばーす(はら・川瀬名人)、ジャルジャル(後藤淳平・福徳秀介)、そして敗者復活戦から勝ち上がったミキ(昴生・亜生)が登場。そして最終決戦には、霜降り明星、和牛、ジャルジャルが進出し、霜降り明星が頂点に立った。  史上最年少の優勝に関して、粗品は「お笑い界、高齢化がどうとか言われている中で、自分らみたいな20代のコンビが優勝できたのは、とても気持ちがよかったです。やっぱり、年上の方を倒さないといけないなと思っていたので、最年少がどうというよりは、皆さんに勝てたのがうれしいかなと思います」としみじみ。  同じ質問を受けたせいやは「新しい、若い力も、まだ粗いけどおもろいんやぞ! っていうのを、見せていけたらいいですね、こっから。僕らの世代って言われるように。霜降り明星から始まったって言われるように、次の世代を作っていきたいですね」と未来を見据えた。  コンビ名「漫画家」として準々決勝で敗退していた漫画家・森田まさのりから「お2人にとって、M‐1って、何でしょうか?」という質問を受けたせいやは「子どものころからの夢ですね。シンプルですけど」と回答。続けて「M‐1を見て、僕らの世代は、みんなお笑いを志したので。クリスマスに、チキンを食べてM‐1を家で見るっていうのが、過ごし方やったんで。クリスマスの。そのM‐1が好きで。同級生でも一番好きで『あいつが優勝すんで!』とか、素人やから言っていたんですけど、好きすぎて優勝しました」と熱い思いを明かした。  一方の粗品は「青春という言葉が似合う大会なのかなと思います。言うても、(自分たちは)25歳、26歳で、40代の方も出られている中で、みんながキャッキャ言うて、ネタ仕上げて、練習いっぱいして、喧嘩して、敗退したら泣いて、みたいな、この繋がってるのは、青春感がすごいなというので、ドキドキしながら挑戦させていただきまして、優勝できて本当に良かったです」と白い歯を見せていた。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access