宇垣美里 関連記事

  • 名前を変えて、生き残れ!改名バーガーズ PR発表会に登場した宇垣美里

    宇垣美里「したくないことはしない」 自身の“生き残り術”を明かす

    エンタメ

     フリーアナウンサーの宇垣美里とお笑いコンビの霜降り明星(せいや、粗品)が7日、都内で開催された日本マクドナルド「名前を変えて、生き残れ!改名バーガーズ」に出席。芸能界における生き残り術を聞かれた宇垣は「自分のしたくないことはしない」と語り、せいやは粗品の過去を「めちゃくちゃ気色悪い」とイジった。@@cutter 今回のキャンペーンでは「かるびマック」が「乗カルビ」に、「たまごダブルマック」が「ニコタマ」に、「アイコンチキンソルト&レモン」が「レモモモン」に改名。当日は、それぞれが、AIから改名の提案を受ける一幕もあった。イベント後、囲み取材に応じた粗品は、コンビ名がどのように生まれたのか聞かれると、自分が明星、せいやが霜降りという案を出して組み合わせたものだと説明した。  そんな粗品について、せいやは「17歳くらいから出会ってるんですよ。まだプロなる前。その当時から自分のこと粗品って名乗って。めちゃくちゃ気色悪いでしょう?」と愛のあるイジりを見せる。これを受けた宇垣が、当時から周囲に粗品と呼ばれていたのか聞くと、粗品は「僕が粗品って名乗ってるのは、みんな知らなかったです。さっちゃんって呼ばれてました。(名字が)佐々木なので」と明かして宇垣を笑わせた。  その後、フリーアナウンサーとしての生き残り術を聞かれた宇垣は「自分のしたくないことはしない」と答え「自分にうそをついて生きていると、あとで自分で苦しくなっちゃうので。素直に生きた方が、かえってのびのびと、長く生きていけるのかなって。それに挑戦中です」とも。違うと思ったことは積極的に言うそうで「『それは違いますね』と言った方が、相手も『そっか違うんだ。じゃあこうしよう』と思ってくださった方が、生き残りやすい環境が自然と作られていくというか。何でも受け入れるよりは『私はこっちがいいと思う』っていうのは、折に触れて言っていきたい」と話していた。  同じく、お笑い芸人としての生き残り術を問われた粗品は「毎度ね、一生懸命にはやっていますよ。全部の仕事を」と発言。一方のせいやは「ものまね芸人さんって、ずっとテレビに出てるんですよ。僕も正直、ものまねをやったりしているので、それは生き残る術かな」と言い、昴生(ミキ)の「ボルテージ上がりすぎたときのツッコミ」のものまねを披露し、会場を沸かせていた。

  • 宇垣美里

    宇垣美里アナの送別会が華やか 女子アナ集結に「豪華過ぎる」「美人ぞろい」

    エンタメ

     TBSの笹川友里アナウンサーが29日、自身のインスタグラムに元TBSの宇垣美里アナウンサーの送別会の模様を投稿。総勢11名の女性アナウンサーが集まった写真にファンから「豪華すぎる」「美人ぞろいですね」などの声が殺到した。@@cutter 「宇垣アナウンサーの送別会 寂しいけれど、新たな門出を皆でお祝いしました」というコメントと共に投稿されたのは、3月末でTBSを退社した宇垣アナウンサーの送別会の模様を収めた複数の写真。1枚目の写真は、宇垣アナを中央に、彼女の送別会に集まった10名の女性アナウンサーが囲んだ集合写真。晴れ晴れとした表情でカメラを見つめる宇垣アナをはじめ、皆が笑顔で写真に収まっている。  ほかに、ケーキを持つ宇垣アナのショットや、現在第1子を妊娠中の笹川アナと宇垣アナの2ショットも投稿されており、2人の仲の良さをうかがうことができる。  宇垣アナを含む総勢11名の女性アナウンサーの集合写真にファンからは「豪華すぎる~」「すごいめんつ」「すごいメンバーだね!!」などの声が殺到。さらに「みんなかわいい」「美人ぞろいですね」「ここまで美人揃うとなんも言えない~」といった声も寄せられた。 引用:https://www.instagram.com/sasagawayuri/

  • 宇垣美里、ファーストフォトエッセイ『風をたべる』発売記念イベントに登場

    元TBSアナ宇垣美里、今後の肩書はまだ考え中「私って何なんでしょうね?」

    エンタメ

     元TBSアナウンサーの宇垣美里が20日、都内で行われたフォトエッセイ『風をたべる』(集英社)発売記念イベントに登壇。TBS退社後初のイベント出演とあり、今の肩書を問われて「私って何なんでしょうね?」と逆に報道陣に問いかけた。@@cutter マレー語で「旅をする」という意味のタイトルが付けられた、自身初のフォトエッセイ。『週刊プレイボーイ』で連載中のコラム「人生はロックだ!!」から抜粋した文章に加え、沖縄での撮り下ろしグラビアが収録されている。  「沖縄での撮影は2泊3日だったけど、その前後が忙しかったので、リラックスしているというかホッとした表情が多いのではと思います」と宇垣。エッセイの文章に関しても「瞬間の気持そのもの、勢いそのもので書いているので、喜怒哀楽がギュッと詰め込まれています。このあふれる感情に名前をつけないと処理できない、というものを言語化している。テレビやラジオ、写真と、いろんな知り方で私を知ってくださっていると思うんですけど、この本を通して『こういう一面があるんだ』と知ってもらえて、違う宇垣美里像を作ってもらえたら」と明かした。  読者へのメッセージとして「割と無軌道に生きているので、いろいろしんどいことがあったり『なんだこれは』と思うことがあったとしても、こんなにやりたい放題している人もいるんだな、自分を貫いている人もいるんだな、と思って(笑)ちょっと元気になってもらえれば」と語った。  また、TBS退社後初のイベント出演ということで多くの報道陣が詰めかけたこの日。記者からの「今後の肩書は?」という質問には「私も今、自分が何なのかよくわかってないんですけど、まだそれを決める段階にないのかなと。まだやってないことがあまりにも多いので、それを探していけたらと思います。私って何なんでしょうね?」と笑顔を見せていた。  宇垣美里ファーストフォトエッセイ『風をたべる』(集英社)は現在発売中。

  • 宇垣美里が登場する「anan」No.2149(4月24日発売)表紙

    宇垣美里、桃尻&スキニー脚の“自己満ボディ”を披露

    エンタメ

     元TBSアナウンサーで4月からフリーになった宇垣美里が、4月24日発売の女性グラビア週刊誌「anan」(マガジンハウス)の表紙やグラビアなどに登場。磨きあげた丸味のある桃尻と引き締まったスキニー脚を披露した。@@cutter 「あきらめない!美脚美尻。」を特集した今号の巻頭グラビアのタイトルは「宇垣美里的“自己満ボディ”のススメ。」。宇垣は10ページにわたり、パーソナルトレーニングで磨きをかけた美脚・美尻を披露し、モデル顔負けのポージングで、スタイリッシュに、清楚に、小悪魔に、さまざまな表情を見せている。  さらに宇垣は、“美脚美尻カルチャー”特集の誌上ナビゲーターとしても登場。美脚の代名詞、森高千里をほうふつとさせるコスプレ姿も披露している。  今回の表紙撮影に向けて、宇垣は美尻トレーニングで人気の岡部友氏が主宰する「SPICE UP FITNESS」でのトレーニングをはじめ、美脚美尻にまつわるさまざまなことに挑戦。事前打ち合わせで編集部が、体験するメニューについて、話題になっているメソッドや最新アイテムをかなり多めに提案してみたところ、「すべてやってみたいです!」と返答。「痛い施術にも耐えられるか?」「ハードなトレーニングでも平気?」などの問いかけにも「大丈夫です!」と強いまなざしで答え、美脚美尻づくりに励んだという。  撮影当日も、グラビア撮影経験の少ない中、臆せず次々とポージングを決め、自ら「こんな感じかな」と提案する場面も。これにはスタッフが思わず「天才!」「かわいい!」と声をあげるほどで、美脚が際立つショートパンツ、美尻が強調されたタイトワンピースなど、さまざまな衣装を着こなした。  「誰にどう思われようと関係ない。自分が自分を好きでいられるためのカラダづくりをこころがけています」と話す宇垣。撮影に当たっては「anan」のバックナンバーでポージングを研究したという。「負けず嫌いな性格なもので、トレーニングもこの日のため頑張りました」と明かした上、「ヒップラインがコンプレックスだったのですが、今回の撮影で『タイトなシルエットも大丈夫かも』と思える自分がいました。今季はミニスカートにも挑戦してみようかな」と語っている。  宇垣が表紙・グラビアを飾る「anan」2149号は、マガジンハウスより4月24日発売。

  • 『SPECサーガ完結篇 SICK’S 覇乃抄』舞台挨拶&完成披露試写会にて

    『SPECサーガ完結篇』木村文乃、序盤から「ピー音が入りすぎ」と暴露

    エンタメ

     女優の木村文乃、俳優の松田翔太らが15日、都内で開催されたドラマ『SPECサーガ完結篇「SICK’S 覇乃抄」~内閣情報調査室特務事項専従係事件簿~』(TBS)の舞台挨拶に出席。木村は「序盤からね、ピー音が入りすぎてましたね」と明かし、松田はドラマの中で木村との関係について「今回は割かし手と手を取り合った」と語った。@@cutter 本作は、TBSドラマ『ケイゾク』『SPEC』から端を発した『SPEC サーガ』完結篇『SICK’S』の序章となった「恕乃抄」の続編。主人公の御厨静琉(木村)が、相棒の高座宏世(松田)とともに、SPECを巡る戦いに身を投じる姿を描く。当日は共演の竜雷太、山口紗弥加、佐野史郎、宇垣美里(TBSアナウンサー)のほか、堤幸彦監督、植田博樹プロデューサーも登壇した。  松田は本作における高座と御厨の関係性について「深まったんじゃないですか?最初はずっとにらみ合いの中、事件を解決してましたけど、今回は割かし手と手を取り合った」とコメント。木村は「前作よりも今作の方が、タッグ感はすごく強まっていて。高座さんの背中を、割と見ていることが多かったなと思いますね」と笑顔で振り返った。  本作で注目のポイントを聞かれた木村は「何かごまかしが入っているときほど、ちゃんと聞いてほしいですね。妙に早口だとか」と意味深発言。「(台詞を)もうちょっとじっくり聞かせなくていいんですか?っていうところ、(堤監督は)『いいんですいいんです』って」とも。松田が「ごまかしと言えば、アジアの某超大国」と続けると、木村は「序盤からね、ピー音が入りすぎてましたね。何言ってるか、だいたい分かんなかった」とも話していた。  当日は、宇垣アナウンサーがドラマでの役柄“ピーチ医者”こと植田もも子の姿を見せる一幕があったほか、怪しげな暗転に続いて「水金地火木土天海海~!」という絶叫とともに、宗教団体「インナープラネッツ」の邑瀬帝法(山口)と大島優一(佐野)も登場。山口は佐野に「ず~っと振り切ってるから(笑)」とテンションをいじられると「山口さんてだあれ?帝法です!」とジョークを飛ばしたほか、コール&レスポンスで会場を沸かせていた。  TBS『SPECサーガ完結篇「SICK’S 覇乃抄」~内閣情報調査室特務事項専従係事件簿~』はParaviにて3月22日25時30分から配信。「SICK’S 恕乃抄」はTBSにて3月18日24時58分から5夜連続放送。

  • 陣内智則

    宇垣美里「正論で殴るタイプ」と自己分析 陣内智則も「怒ったら怖そう」

    エンタメ

     3月末でTBSを退社し、フリーアナウンサーとして活動することを発表した宇垣美里が、6日放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系/毎週火曜23時56分)に出演。宇垣が自身について「(相手を)正論で殴るタイプ」と本音をもらす一幕があった。@@cutter 番組には宇垣をはじめ、林みなほ、日比麻音子、山本里菜、良原安美といったTBSの女性アナウンサーが出演しトークを展開。番組には「VOGUE GIRL」でもおなじみの人気占い師しいたけ氏が登場し、彼女らに次々と助言を投げかけていった。  しいたけ氏は宇垣に対して「攻撃性が高い人だと思うんですね」と語りかけると、彼女は苦笑いしながら「そうですね」と否定せず。しいたけ氏は続けて「ムッとなりやすい人だから“これだけは言いたい”ということを言い出すと相手を攻撃し出すから、自分でいろんなキャラクターを身につけて、抑える努力をされてきたんじゃないかなぁと」と語り、宇垣についての自身の見立てを披露した。  さらにしいたけ氏は宇垣のフリー転身についても触れ「独立されても上手くいくと思うんですけど、タレントさんになっちゃうと気を使わなきゃいけないのが疲れてくるだろうなと思っちゃいましたね」とコメント。この心配を聞いた宇垣は、自身について「口が相当立つので、正直…」と分析すると、周りのTBSアナウンサーからも笑いが。これを聞いた出演者の陣内智則が思わず「怒ったら怖そうやもんね」と述べる。さらに宇垣が「ケンカ負けないんですよね」と話すと、司会の有田哲平が「男性とケンカしたら絶対負けない?」と質問。これに彼女は困った表情で「正論で殴るタイプなんですよね」と答えると、スタジオからは笑いが起こっていた。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access