眞栄田郷敦 関連記事

  • 『ノーサイド・ゲーム』プレミアム試写会&制作発表イベントの模様

    大泉洋、『ノーサイド・ゲーム』のエキストラは「私のトークショー付きです」

    エンタメ

     俳優の大泉洋が30日、都内で行われたドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)プレミアム試写会&制作発表イベントに出席。同作のエキストラに対してトークショーのサービスを行っていると明かし、会場を盛り上げた。@@cutter 池井戸潤の同名小説をドラマ化した同作。大泉演じる大手自動車メーカーの中堅サラリーマン・君嶋隼人が、ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられ、成績不振のチームを再建させる姿を描く。  イベントには大泉のほか、松たか子、高橋光臣、眞栄田郷敦、笹本玲奈、西郷輝彦、大谷亮平、上川隆也が出席した。  大泉は「この日曜劇場に、私がまさか出させてもらえるというのは本当に光栄です。池井戸先生の原作というものもありますから、安心して台本を待って、乗っかっていけるっていうのが幸せでございます」とコメント。  さらに共演の松については「ぼくの大学時代の演技を見てずっと笑ってました」と指摘。松が「地毛なのかなと思って」と、大泉が演技している際の髪型が気になっていたことを明かすと、大泉は「もともとアフロみたいなの持ってきていて、『監督、これ大丈夫なんですか』って言ったんですよ」と漏らした。  また高橋が「大泉さんがスーツでずぶ濡れになりながら撮影しているシーンは、絶対『おれ、かっこいい』と思いながら撮影してたんだろうなって思って見てました」といじると、大泉は「おれはずっと『早く終われ』と思ってたんだよ」と切り返し、笑いを誘った。  同作ではエキストラが多く出演しているそうで、大泉は「衣装は500着用意されてましたね。それでも足りないくらい」とその人数の多さを表現。エキストラに対してはねぎらいの言葉をかけていると言い、その実態について「10分くらいのねぎらいという名のトークショー」と説明した。  さらに大泉が「ノーサイドゲームのエキストラは私のトークショーついてますから。応募する時点では誰が出るのかはわからないみたいなので、運がよければ私のトークショー付きです」と続けると、会場は大きな笑いに包まれていた。  日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』は7月7日スタート。TBS系にて毎週日曜21時放送。

  • 映画『午前0時、キスしに来てよ』遠藤憲一場面写真

    『午前0時、キスしに来てよ』、片寄涼太のマネージャーに遠藤憲一

    映画

     GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太と女優の橋本環奈がダブル主演を務める映画『午前0時、キスしに来てよ』に、俳優の遠藤憲一が出演することが決まった。片寄演じる国民的スター・綾瀬楓のマネージャー役で、その仕事の大変さを写し出す場面写真も解禁された。@@cutter みきもと凜の同名人気漫画(講談社「別冊フレンド」連載中)を実写化する本作は、大スターと普通の女子高生の秘密の恋を描くラブストーリー。片寄が国民的スター・綾瀬楓役、橋本が普通の女子高生・花澤日奈々役で初共演するほか、日奈々の幼なじみ・浜辺彰役を眞栄田郷敦が演じる。  遠藤が演じるマネージャーの高橋茂雄は、国民的スターであるにもかかわらず気さくで無防備な行動をとる楓に手を焼きつつも、俳優としての道を極めようとする彼の「一番の理解者」として親身に寄り添う役どころ。さらに、楓と一般人である女子高生の日奈々との恋愛に猛反対しながらも、次第に二人に寄り添っていくという物語の重要なポイントを担っている。  片寄との撮影が多かった遠藤は、共演について「(片寄は)とても清々しくて、綺麗で、美しい人だと思いました。音楽をやりながら演技も両立できる方なので、頑張ってほしいと思います」と太鼓判を押している。  遠藤はまた、マネージャーという役柄について「(相手は)役者とはいえ人なので、その揺れ動く心や感情をもフォローするということは本当に大変なことだと思いました」と語る。遠藤自身の実生活でのマネージャーは夫人が務めており、「女房に支えてもらっていて、面倒ばかりかけているので、きつい思いをしているんだろうな」と夫人をを気づかう一面も。  解禁された場面写真は、遠藤演じるマネージャーの高橋が、撮影現場で楓に日除け傘を差してやる場面と、なぜかクマの着ぐるみの頭部を脱いで疲れ切った表情で座り込んだ場面の2点で、いずれも”マネージャー業”の大変さを垣間見ることのできるカットとなっている。  映画『午前0時、キスしに来てよ』は12月全国公開。

  • 『ノーサイド・ゲーム』に出演する眞栄田郷敦

    眞栄田郷敦、『ノーサイドゲーム』出演決定 役作りで15キロ増量

    エンタメ

     俳優の大泉洋が主演を務め、7月スタートする日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系/毎週日曜21時)の追加キャストとして、俳優の眞栄田郷敦の出演が発表された。物語の鍵を握る人物・七尾圭太役を演じる眞栄田は、役作りのため体重を15キロ増やしたという。@@cutter 本作は、作家・池井戸潤がラグビーワールドカップ2019日本大会開催に合わせて書き下ろした同名小説(ダイヤモンド社)が原作。大企業内での対立と復権をかけたサラリーマンの戦いにラグビーを絡めた作品となる。共演に松たか子、笹本玲奈、西郷輝彦、大谷亮平、中村芝翫、上川隆也らも決定している。  大泉が演じる大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人は、出世レースの先頭に立ち、幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、本社から府中工場に飛ばされてしまう。やるせない思いで総務部長として赴任する工場に赴いたところ、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。かつては強豪チームだったアストロズだが、今は成績不振にあえいでいた。知識も経験もないのにチーム再建の重荷を課せられ、出世の道を絶たれた君嶋の再起をかけた戦いが始まる。  眞栄田が演じる七尾は、トキワ自動車本社海外事業部所属。ニュージーランドからの帰国子女で、現地での大学時代、ある出来事によって夢を断たれ挫折。失意のまま帰国し、“普通の生活”を送ろうとトキワ自動車に入社する。いつも笑顔で人当たりが良く礼儀正しい男で、ビジネスの世界で成功しようと意気込むが、大泉演じる君嶋と出会ったことで人生が一変。七尾の存在は君嶋が再起を図る際の切り札となっていく。  3回ほどのオーディションを経て出演が決まった眞栄田は「とにかくこの作品に携わりたい!という気持ちが強くて、身体作りやお芝居で自分をこの役に近づけられるよう精一杯努力したつもりです。七尾役に決まったときはとてもうれしかったです。最初にオーディションを受けた際、ひとりだけ身体がすごく細かったので、約3ヵ月で15キロ体重を増やしました」と明かす。  役どころについて眞榮田は「海外で挫折して日本に戻り、夢を心の底にしまって普通の生活をしようと思っていた男ですが、トキワ自動車に入社していろんな人と出会ううちに自分の夢をもう一度つかもうと動き始めます。七尾は物語全体を動かす役どころだと思っています」と語り、「『この作品で日本中を元気にする!』という熱い思いをもって役を演じていきたいです」と意気込んでいる。  また脇を固めるキャストとして、入江甚儀、村田雄浩、藤原光博(リットン調査団)、南端まいな、濱津隆之の出演も発表された。  日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』は、TBS系にて7月7日より毎週日曜21時放送(初回は25分拡大)。

  • 映画『小さな恋のうた』公開記念舞台あいさつの様子

    佐野勇斗、眞栄田郷敦ら、楽器講師からサプライズの手紙に涙

    映画

     MONGOL800のヒット曲をモチーフにした青春映画『小さな恋のうた』の公開を記念し、25日に都内で舞台あいさつが開催され、主演の佐野勇斗をはじめ森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁、トミコクレア、橋本光二郎監督が登壇。楽器指導の宮内陽輔氏からのサプライズの手紙に登壇陣が涙する一幕があった。@@cutter 本作は、フェンスを隔てて一つの土地に日本とアメリカが存在する沖縄の小さな町を舞台に、プロデビューが決まった高校生バンドが、米軍基地内に暮らす孤独な少女のために「小さな恋のうた」を届けようとする様を描く。  劇中でバンドのメンバーを演じた俳優陣は、クランクインの約半年前から楽器練習に励んだが、楽器自体に初めて触れる者も多く、苦労の連続だったという。ベースを担当した佐野は「1年前の5月に練習を始めたけど、まあこれが難しい(苦笑)。MONGOL800の(上江洌)清作さんが最初にお会いしたときに自分のベースをプレゼントしてくださって『これはやるしかないやん!』とそれをきっかけに頑張ろうと思った」と振り返る。  森永はドラムの経験者だったが何より難しかったのはドラムとして「テンポを管理しなくてはいけないこと」と述懐。「どこに行くにもずっとメトロノームの音を聴いていました。地獄でした(笑)」と語る。  ギターに触れたのは「ほぼ初めて」と言う山田は「モンパチの(儀間)崇さんから『モンパチの曲は簡単だからね』と言われたけど、全然簡単じゃない!」と苦笑しつつ、同じくギター担当の眞栄田の存在が励みになり、「負けないようにと頑張った」と振り返った。  そんなメンバーたちに、楽器の講師陣を代表し、MONGOL800のサポートメンバーでもあり、本作の音楽・劇中曲のアレンジも担当している宮内陽輔氏からサプライズで手紙が到着。  メンバー一人一人の努力やバンド内での振る舞いを称える内容に眞栄田、山田らは思わず目頭を押さえ、佐野も「ヤバいですね…。陽輔さんは僕らにとってすごく大きな存在で、陽輔さんがいるから頑張ろうと思えたし…」と目を真っ赤にして言葉を詰まらせる。  最年長の森永が佐野の言葉を引き取り、宮内をはじめ、各楽器の講師の名を挙げ「3人とも熱を持ってやってくださって、本当に大きな存在だし、“講師s”の皆さんがいなかったら、こういう形のバンドに慣れていなかったと思います」と感謝の思いを口にし、会場は温かい拍手に包まれていた。

  • 映画『午前0時、キスしに来てよ』に出演する(上段左から時計回りに)片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、橋本環奈、眞栄田郷敦

    片寄涼太×橋本環奈が初共演 映画『午前0時、キスしに来てよ』でW主演

    映画

     みきもと凜の人気漫画『午前0時、キスしに来てよ』(講談社「別冊フレンド」連載中)がGENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太と女優の橋本環奈のダブル主演で映画化されることが決まった。公開は2019年12月を予定している。@@cutter 本作は、大スターと普通の女子高生の秘密の恋を描くラブストーリー。片寄が国民的スター・綾瀬楓役、橋本が普通の女子高生・花澤日奈々役で初共演するほか、日奈々の幼なじみ・浜辺彰役には眞栄田郷敦が決まった。  優等生の花澤日奈々(橋本)は超真面目人間として一目置かれる存在だが、本当はおとぎ話のような王子様との恋愛に憧れる夢見がちな女子高生。ある日、国民的人気スター・綾瀬楓(片寄)が映画の撮影で日奈々の高校にやってきた。エキストラとして参加することになった日奈々は、彼が女子高生のお尻ばかり眺めているのを目撃。驚きつつも、その飾らない素顔と優しさに引かれていく。一方、楓も裏表のない日奈々の実直さに引かれるようになり、芸能人と一般人の隠れた恋が芽生える。住む世界が全く違う二人には、思いも寄らぬ障害が次から次に押し寄せる。そして、ひそかに日奈々を思い続けてきた幼なじみの浜辺彰(眞栄田)が、楓に宣戦布告―。  楓役の片寄は作品について「スターと女子高生の恋という設定がとても面白くて、描かれている芸能界の描写がすごくリアルだなと感じました」とした上、国民的スターを演じることに「僕自身が一番驚いています。いつかそんな存在になれるよう目指している最中だからこそ、いま現在の片寄涼太としての、日々のどんな瞬間も役づくりにつながると感じています」とコメント。  一方、橋本は自ら演じる日奈々について「私には無い性格や魅力を持ったキャラクターなので、オファーを頂いた時は驚きました」とした上、「大人しい性格の日奈々を演じることで、新しい自分に出会える作品になるのではないかなと思いますし、いわゆる王道の恋愛映画なので、現実ではありえないようなドラマチックなシーンを演じることに今からワクワクしています」と意気込んでいる。  映画『午前0時、キスしに来てよ』は12月全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access