粟野咲莉 関連記事

  • 『世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編』場面写真

    木村文乃、『世にも奇妙な物語』初主演 『なつぞら』子役・粟野咲莉も登場

    エンタメ

     女優の木村文乃が、『世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編』(フジテレビ系/6月8日21時)で、ハートフルな不可思議物語「人間の種」の主演を務めることが決定した。木村は、とある事情で結婚という幸せに踏み切れないOLを演じる。@@cutter 『世にも奇妙な物語』で主演を務めるのは初めてとなる木村。共演には、植物として生まれ変わる木村の母親役に、NHK連続テレビ小説『なつぞら』のヒロインの子役時代で話題をさらった粟野咲莉、難しい役どころを演じ10代でありながら異彩を放つ演技で注目を集める山田杏奈、数々の映画・ドラマに出演し多彩な役どころで実力派女優として活躍する岡本玲らが、頭から芽が出た不思議な姿で登場する。  デザイン会社に勤めるごく普通のOL・春田緑(木村)は、3年以上付き合った恋人からプロポーズされるも、返事をすることができなかった。誰にも言えない悩みを抱えたまま帰路に着いたその夜、「幸せの種」という名の植物の種を購入する。ある日の夕方、その種を植えた花壇から子供の手が生えていることに気付く。恐る恐る土を掘ると、そこから出てきた少女・希(粟野)は「あなたのお母さん」と名乗る。その日から、緑と頭に芽の生えた希の不思議な親子生活が始まったが…。  2014年の「ニートな彼とキュートな彼女」でヒロインを演じて以来、『世にも奇妙な物語』への出演が2度目となる木村は、「どんな怖い目に会うのかと思いきや、とても心温まるお話を任せていただいたのでホッとしています」と安心した様子。また、作品については「今回出演させていただいた『人間の種』自体は怖くないお話で、ハートウォーミングなお話です。心が通うシーンを楽しんでいただけたらと思います」とコメントを寄せている。  粟野は、共演する木村について「私がこんな綺麗な方のお母さんになるのか!と不思議な感じがして緊張しました。でも、撮影の合間に私の足にタオルを掛けてくださったり、お話ししてくださったり、木村さんがお母さんみたいな感じに優しくしてくださって、とてもうれしかったです」と話している。  土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編』は、フジテレビ系にて6月8日21時放送。

  • 『なつぞら』第1週完成試写会に登場した粟野咲莉

    『なつぞら』粟野咲莉に「小なつロス」の声 2週引っ張ってきた立役者

    エンタメ

     広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第2週「なつよ、夢の扉を開け」(第12回)が13日に放送され、9歳のなつ(粟野咲莉)の物語が終わりを迎えると、ネット上には「終わってしまうの寂しい…」「すでに小なつロス」などの声が多数寄せられた。@@cutter 離農寸前の天陽(荒井雄斗)たち一家を助けてほしいと泰樹(草刈正雄)に願い出たなつ(粟野)。なつの思いを受け取った泰樹は天陽の畑を見に行くことに。なつと共に畑を訪れた泰樹は、いくら耕しても作物は育たない土地だと言うが…。それから9年。かつての荒地は一面の美しい畑に生まれ変わっていた。その畑へ馬に乗って駆けて来るのは、18歳になったなつ(広瀬すず)であった。  なつと天陽に馬小屋を片付けさせた泰樹は、作業がひと段落したのを見計らい天陽に「これがお前の馬じゃ」と一頭の馬を贈る。天陽が「お金は?」と尋ねると、泰樹は「お前がこの馬を育てて、稼いだら返せばいい」と出世払いを了承する。これに天陽が笑顔で「ハイ!」と応えると、なつは泰樹の元に駆け寄り、彼を抱きしめ「おじいちゃん…大好き」とつぶやく。このシーンにSNS上には「ついになつが草刈正雄を『おじいさん』ではなく『おじいちゃん』と呼びました涙」「やっぱなつは愛され上手ヒロイン」「涙で画面が見えない」などの反響が。  なつの言葉を聞いた泰樹は、笑いながら彼女の背中に手を回し、頭をなでて彼女の言葉に応えようとする。なつにすっかり心を許した泰樹の姿にネット上には「すっかりなっちゃんにデレたおんじ。嫌いじゃない、むしろ好き」「おじいちゃん泣かせるわあ」「泰樹おんじがひたすらかっこよくてかわいい」などの声が続々と寄せられた。  第3週から広瀬が演じる18歳のなつの物語がスタート。第1週から第2週と9歳のなつに扮し、物語を引っ張ってきた粟野について視聴者からは「粟野咲莉ちゃんが来週から見られないのは寂しいな」「もうちょっと子供時代続けてくれてもええんやで」「小なつとおんじの交流がどストライクな展開だしで、終わってしまうの寂しい…」「あぁ、すでに小なつロス」といった“小なつロス”を訴えるツイートが殺到した。

  • 小林綾子

    『なつぞら』“おしん”小林綾子の姿に「レジェンド登場」と懐かしむ声続々

    エンタメ

     広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第2週「なつよ、夢の扉を開け」(第11回)が12日に放送され、天陽(荒井雄斗)の母親役で1983年度の連続テレビ小説『おしん』でヒロインの少女期を演じた女優の小林綾子が登場すると、ネット上には「おしん!」「レジェンド登場」などの声が多数寄せられた。@@cutter なつ(粟野咲莉)が通う小学校で漫画映画の上映が行われることに。スクリーンに映し出されるアメリカのカラーアニメーションにひきこまれ、上映が終わってもなかなか立ち上がれないなつ。上映後、同級生の天陽に興奮気味に感想を伝えるなつは、家に絵具があるから今度遊びに来ないかと誘われる。  漫画映画の上映が終わり、天陽のもとに駆け寄ったなつ。そこには以前なつに“兄からの手紙が来たらすぐに届ける”と約束した郵便配達員の姿があった。なつが「郵便屋さん!」と声をかけると、配達員の正治(戸次重幸)は「やぁ!君は柴田牧場さんところの…天陽の友達だったのかぁ」と笑顔で応える。このやりとりにSNS上には「天陽くんのパパは郵便屋さんだったぁ!!」「この郵便屋さん、天陽くんのお父さんだったのか!」などの書き込みが。  そして、正治の隣にいた妻のタミ(小林)はなつに「アナタが東京から来た子ね?」と笑顔で語りかける。1983年度の『おしん』で、貧困のため農家から奉公に出されるヒロイン・おしんの少女期を演じた小林が、36年ぶりに連続テレビ小説に姿を見せると視聴者からは「あ~おしん!」「おしん!おしんでねか!」「レジェンド登場」などのツイートが殺到した。  タミは続けて「色々、大変なことがあったでしょうねぇ…」と言葉をかけて幼いなつを気遣う。このセリフにネット上には「「色々あった」ではおしんが優勝」「おしん…貴女こそいろいろと大変なことが…」「綾子さん、話し方におしんの面影あるなぁ」などの投稿が寄せられていた。

  • 広瀬すず

    『なつぞら』広瀬すず登場に視聴者「天使にしか見えない」の声

    エンタメ

     広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第2週「なつよ、夢の扉を開け」(第7回)が8日に放送され、1日放送の初回冒頭から1週間ぶりに広瀬演じるなつが登場すると、ネット上には「天使にしか見えない…」「かわいいよね」などの声が多数寄せられた。@@cutter ある日の朝、柴田家からなつ(粟野咲莉)の姿が見えなくなり、富士子(松嶋菜々子)や剛男(藤木直人)は慌てふためく。その中で泰樹(草刈正雄)だけは、なつが東京を目指して家を出たのだと直感する。そのころなつは、やっとの思いで帯広の町にたどり着く。一文無しのなつは靴磨きの店を広げ、兄の咲太郎や妹の千遥といっしょにいた上野で靴磨きをしていたころのことを思い出す。  冒頭、9歳のなつが柴田家を飛び出してから9年後、なつ(広瀬)が東京からやってきた幼なじみの信哉(工藤阿須加)と再会。2人が十勝の平原を歩いていると、彼女は幼い頃を思い出し「昔、この道を走って逃げたことがあるんだわ」とポツリ。信哉が驚いた口調で「逃げた? なっちゃんが?」と返すと、彼女は笑顔で「そう。まだここにきたばかりの頃だった…どうしても、お兄ちゃんに会いたくなって…」と遠い目をすると、9歳の頃に柴田牧場を飛び出していくシーンへとつながっていく。  初回でなつ(広瀬)と、彼女に会いに東京からやってきた信哉が登場して以来となる1週間ぶりの広瀬の姿に、ネット上には「広瀬すずが天使にしか見えない…」「久しぶりに朝からすずちゃん見れて幸せ」「やっぱ広瀬すずかわいいよね」「最初にすずちゃん出てきた!寝ぼけてたけど綺麗な顔すぎて目が冴えた笑笑」などのツイートが多数寄せられた。  一方で粟野咲莉演じる9歳のなつの熱演も評価が高く、視聴者からは「すずなっちゃんもいいと思うけど、子なっちゃんとも別れたくないよ」「こなっちゃん人気だからちょいちょい回想シーンで出たら良いよね」などの声もSNSに投稿されている。

  • 『なつぞら』第2週「なつよ、夢の扉を開け」

    『なつぞら』2週、家出したなつは再び柴田家へ 大きな「夢」と出会う

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『なつぞら』第2週「なつよ、夢の扉を開け」では、ある日の朝、柴田家からなつ(粟野咲莉)の姿が見えなくなり、富士子(松嶋菜々子)や剛男(藤木直人)は慌てふためく。その中で泰樹(草刈正雄)だけは、なつが東京を目指して家を出たのだと直感する。@@cutter 東京の兄に会いたいと柴田家を出たなつは、やっとの思いで帯広の町にたどり着く。一文無しのなつは靴磨きの店を広げ、兄の咲太郎や妹の千遥といっしょにいた上野で靴磨きをしていたころのことを思い出す。  なつは警察に保護されるが、そこからも逃げだし、行き場を失っていた。ようやくなつを見つけた柴田家のみんなは、なつを抱きしめ、ずっとそばにいると誓う。  柴田家の子として再び暮らし始めたなつは、泰樹の夢であるバターづくりを教えられる。そしてさらに将来につながる、大きな「夢」と出会うことになる。  先週放送の第1週「なつよ、ここが十勝だ」では、昭和21年初夏、9歳のなつは、亡き父の戦友だった剛男に引き取られて十勝にやってきた。富士子は我が子としてなつを受け入れようとする一方、富士子の父でガンコ者の泰樹は働き手にもならないとなつに冷たくあたる。しかし、子供ながらにここで生きると覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳搾りを必死に手伝い、次第に泰樹の心を溶かしていく。  ある日泰樹に帯広の街に連れて行かれたなつ。なつの頑張りを認めてくれていた泰樹から「お前は堂々とここで生きろ」と語りかけられ、なつは北海道に来て初めて気持ちが晴れる。泰樹の許可を得て、なつは学校に通うことに。  学校では、なつが戦争孤児で浮浪児だったことを知った子どもたちから「病気を持っているのでは」と責められるが、剛男の娘・夕見子(荒川梨杏)や天陽(荒井雄斗)がかばう。そして東京にいる兄に手紙を出したいなつは、富士子に郵送代を借りようとするが、「気を使わずに手紙を出しなさい」とたしなめられる、という内容だった。  連続テレビ小説『なつぞら』は、NHK総合にて月曜~土曜8時放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access