ムスタファ・シャキール 関連記事

  • 『カウボーイビバップ』実写ドラマ版でスパイクを演じるジョン・チョー

    実写ドラマ版『カウボーイビバップ』、『スター・トレック』俳優がスパイク役

    海外ドラマ

     1998年に日本で放送されて以来、根強い人気を誇るサンライズ制作、渡辺信一郎監督のSFアニメ『カウボーイビバップ』。Netflixが制作する実写ドラマ版のキャストが発表になり、映画『スター・トレック』シリーズや『search/サーチ』の俳優ジョン・チョーが、主人公のスパイク・スピーゲル役に決まったという。@@cutter 『カウボーイビバップ』は21世紀後半の太陽系を舞台に、逃走中の指名手配犯を追跡する賞金稼ぎ、通称“カウボーイ”のスパイク・スピーゲルと彼の仲間の活躍を描く。昨年11月にNetflixでの実写ドラマ化が決まった。10話構成で制作される。  Varietyによると、スパイクの相棒で元刑事のジェット・ブラック役は、海外ドラマ『Marvel ルーク・ケイジ』の俳優ムスタファ・シャキールが演じる。記憶をなくしたタフな女賞金稼ぎのフェイ・ヴァレンタイン役は、映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の女優ダニエラ・ピネダ。スパイクの元相棒で好戦的な敵のビシャス役は、映画『サバービコン 仮面を被った街』の俳優アレックス・ハッセルに決まったという。ハッカー少年のエドも登場する予定で、現在キャスティングが行われているとのことだ。  実写ドラマ化には渡辺監督がコンサルタントとして参加するという。映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のクリストファー・L・ヨストが、第1話の脚本を執筆すると共に監督を務める予定になっている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access