矢作萌夏 関連記事

  • AKB48矢作萌夏 1st写真集『自分図鑑』表紙カット

    AKB48・矢作萌夏、ファースト写真集表紙カット公開 新曲では初のセンターに

    エンタメ

     AKB48の矢作萌夏初のソロ写真集『自分図鑑』より、表紙画像が解禁。併せて9月18日リリースのAKB48の56thシングル「サステナブル」のセンターに抜擢されることも発表された。@@cutter 矢作は、2018年1月21日にTDCホールで開催された「第3回AKB48グループドラフト会議」で見出された、在籍1年半の現役高校生メンバー。54thシングル「NO WAY MAN」のカップリング曲「最強ツインテール」で初のセンター、前作55th「ジワるDAYS」では若手ユニット“Sucheese”「屋上から叫ぶ」でもセンターを務めている。また、1月16日には、TDCホールでグループ最速のソロコンサートを成功させており、ソロ写真集発売も、グループ最速となる。  撮影ロケ地は世界有数のリゾート地であるインドネシア・バリ島。初めての海撮影やプール、緑あふれる絶景スポット、ナイトマーケットなど、16歳(撮影当時)の彼女の瑞々しい魅力が満載となっている。  表紙写真は、本人が「初めての写真集で叶えたかった」シチュエーションという“花風呂”(通常版)と“制服”(セブンネットショッピング限定版)でのカットを使用し、本編では3泊4日で行われたバリ島でのロケ撮影のほか、今年4月に開催された「AKB48グループ 春のLIVEフェスin横浜スタジアム」での独占密着ステージショットや舞台裏ショットも収録された。  彼女本人が現地で撮影した「萌ちゃんカメラ」や、同行スタッフ撮影のオフショットによって構成されたページには、本人の手書きコメントとともに絵日記風に掲載。収録インタビューは彼女史上最長となっており、撮影秘話や彼女の幼少期から現在を振り返ったロングインタビューとなった。  さらに、9月18日に発売されるAKB48ニューシングル「サステナブル」で矢作が初のシングル表題曲のセンターとなることも発表され、24日に放送される『FNSうたの夏まつり』(フジテレビ系/24日19時)で先行初披露されることも決定した。  センターに決まったことについて矢作は「ビックリしすぎて、正直覚えていません! ありえないくらい大きい声を出してしまったかも!! 今は、嬉しさと緊張とでいっぱいです」とコメント。「『FNSうたの夏まつり』で初披露できるなんて嬉しいです! 沢山の方々に見ていただけるチャンスなので、いっぱいカメラを見つけて“すちすちビーム”をくらわせたいと思います」と抱負を語った。  AKB48・矢作萌夏1st写真集『自分図鑑』は白夜書房より8月7日発売。価格は1852円(税別)。

  • AKB48・STU48の岡田奈々

    AKB48メンバーのギャラ事情 「年俸制」「役職手当あり説」

    エンタメ

     AKB48・STU48の岡田奈々、AKB48の矢作萌夏が20日放送の『ダウンタウンDX』(読売テレビ、日本テレビ系/毎週木曜22時)に出演。AKB48グループのギャラ事情を明かした。@@cutter 岡田はAKB48グループのギャラについて「事務所に所属しているメンバーとしてないメンバーがいるんですけど、基本的にみんな1年を通して頂けるお給料が決まっている年俸制」だと告白。年俸は「人によってバラバラ」だといい、お互いの額は「誰も言い合わない」ので知らないという。  AKB48と兼任してSTU48のキャプテンを担っている岡田。そんな彼女に浜田雅功が「そういうの(役職)がつくと、多少やっぱりギャラが上がったりするんじゃない?」と尋ねると、岡田は「あくまで噂ですけど、キャプテンとか総監督は役職手当あり説みたいなのが…」と返答。ただ、明細には「キャプテン代」などとは書かれていないため、「この金額がかさ増しされている分なのか分からない」という。  この日、岡田と共に出演していた矢作は2018年に研究生から正規メンバーに昇格。そんな矢作に浜田が「当然給料は上がった?」と尋ねると矢作は「周りのメンバーよりちょっと上がっちゃいました」とニンマリ。「めっちゃ笑ってるやん!」「明らかに上がってるやん!」とツッコミが入り、スタジオは爆笑に包まれていた。

  • ※「矢作萌夏」インスタグラム

    AKB48・矢作萌夏16歳、握手会では恋人つなぎ 周りをメロメロにする分析力

    エンタメ

     AKB48の矢作萌夏が17日放送の『AKBINGO!』(日本テレビ/毎週月曜24時29分)に出演。ファンやスタッフ、先輩メンバーをもメロメロにする彼女の分析力が紹介された。@@cutter 矢作は現在16歳の高校2年生。2018年1月に行われた「第3回AKB48グループ ドラフト会議」でAKB48・チームKに指名され、グループに加入。今年1月には48グループで史上最速、研究生としては初のソロコンサートを開催。55thシングル『ジワるDAYS』では選抜メンバーに選ばれるなど、今後の活躍が期待されている。  そんな期待の新生・矢作は「握った手を自分の胸元に寄せながらあざとい握手をする」「胸元ゆるゆるの状態で握手してました」など、あざとい小悪魔キャラだとメンバーに暴露されるが、本人は頭を横に振って否定。握手会に潜入したVTRでは、矢作のレーンには長蛇の列が。胸元は見せていなかったもののガッチリ“恋人つなぎ”でファンを出迎えるなど、“神対応”を見せていた。矢作いわく、「人と違う握手でファンを喜ばせたい」とのことだ。  また、「話しづらそうな人は顔でわかる、手の温度とかでもわかる」と明かし、そんな人には自ら積極的に、モジモジしている人には話していることを考えているため、丁寧に話を聞くなど「いろいろ考えて」それぞれに対応を変えているという。  矢作の“神対応”を受け、MCの村本大輔が「嫌がる人おらんもんね?」と問いかけると、「うん、みんなもうメロメロちゃん」と答えていた。  雑誌グラビアの撮影でも初対面のカメラマンに「萌ちゃんで~す」とフレンドリーに挨拶。カメラマンが思わずにんまりしてしまう一幕も見られ、矢作は「(相手を)顔で見分ける」「堅物な人には堅物な人らしく、萌ちゃん釣れそうだなって思う人にはキュルキュル萌ちゃんでいってます」と、やはり相手を分析していることを説明した。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access