ジョン・ファヴロー 関連記事

  • 映画『ライオン・キング』(左から)ドナルド・グローヴァー、日本版オフィシャルソングを歌うRIRI、ジョン・ファヴロー監督

    『ライオン・キング』日本版オフィシャルソングを歌うのは19歳の新人歌手RIRI

    映画

     往年の名作アニメを“超実写版”としてよみがえらせるディズニー最新作『ライオン・キング』より、日本版オフィシャルソング「サークル・オブ・ライフ」を19歳の新人女性アーティスト・RIRIが担当することが決定。あわせてミュージックビデオと楽曲が初解禁された。@@cutter 本作は、雄大なアフリカの大地を舞台に、王家の一族に生まれた子ライオンのシンバが自らの運命を受け入れ、“真の王”となる姿を描く。声優は、主人公シンバ役を俳優、歌手、作曲家など多彩な才能を持つドナルド・グローヴァー、その幼なじみのナラ役を世界の歌姫ビヨンセが務める。  アニメーション公開当時から『ライオン・キング』のテーマとしてファンに愛されてきた「サークル・オブ・ライフ」は、エルトン・ジョン、ティム・ライスが作曲し、アカデミー賞にもノミネートされた伝説的名曲。日本版オフィシャルソングである「サークル・オブ・ライフ」を歌うアーティストに大抜擢されたのは、19歳の新人女性アーティストRIRI。幼いころから洋楽を聞いて育ち、中でもビヨンセが大好きだというRIRIは、まさにビヨンセを彷彿とさせるソウルフルで圧巻の歌声を評価されての抜擢となった。  今回LAに渡航したRIRIは、ジョン・ファヴロー監督と、本作の主人公のシンバ役を務め、ビヨンセとのデュエットソング「愛を感じて」を歌い上げるグラミー賞アーティストのドナルド・グローヴァーと対面を果たし、なんと彼らの前で「サークル・オブ・ライフ」をアカペラで生披露。歌い終えたRIRIに監督は「凄い!」と称賛、ドナルドも「『ライオン・キング』に出演したほうがいいよ! 君、本当にビヨンセみたいだ。ヤングバージョンのね!」と大絶賛した。  RIRIは「『サークル・オブ・ライフ』は、生と死という意味だけでなく、愛でつながるっていう意味があると思います。一人ひとりが輝く存在で、自分には才能がない! とか夢なんか叶えられない! とあきらめてしまう人に映画を通じて自信をもって前に進んで欲しいし、パワーをもらって欲しい」と語っている。  今回初解禁されるミュージックビデオでは「サバンナの地平線から登る太陽や生き物の躍動する生命力をイメージして思いを込めて歌った」と話しており、映画の映像と合わさり壮大な仕上がりとなっている。  映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

  • 映画『ライオン・キング』場面写真

    『ライオン・キング』監督が語る、最先端VRを使用した“超実写版”の世界

    映画

     往年の名作アニメを“超実写版”としてよみがえらせるディズニー最新作『ライオン・キング』より、ジョン・ファヴロー監督のコメントが到着。過去に手掛けた映画『ジャングル・ブック』(2016)との違いや作品に込めた思いなどを語っている。@@cutter 本作は、雄大なアフリカの大地を舞台に、王家の一族に生まれた子ライオンのシンバが自らの運命を受け入れ、“真の王”となる姿を描く。声優は、主人公シンバ役を俳優、歌手、作曲家など多彩な才能を持つドナルド・グローヴァー、その幼なじみのナラ役を世界の歌姫ビヨンセが務める。  マーベル作品や映画『スター・ウォーズ』のドラマシリーズなどで、監督、役者、脚本家など幅広く活躍するファブロー監督。2016年に監督を務めた映画『ジャングル・ブック』では、ファブロー監督の指揮のもと、ハリウッド最高峰の製作チームが集結。現実には存在し得ない“人間味”あふれる動物たちと、美しいジャングルを生み出した。  『ジャングル・ブック』では、主人公の男の子モーグリ以外のキャラクターはすべてCGアニメーションで作られ、モーグリを中心に周りの動物たちが製作された。しかし『ライオン・キング』には、本物の人間や動物、風景は一切登場しない。  ファブロー監督は「モーグリという肉体的な要素がひとつなくなったことで、ブルースクリーンを利用したり、実際的なセットを使用したり、本物のカメラを使わなければならないという限界から私たちは解放され、すべてがヴァーチャルになった。実物を通して撮影する必要がなくなったことで、全く新しいアプローチを撮るためのドアが開かれたんだ」と振り返る。  『ライオン・キング』では、モーグリのような基準にする物体がなくなったことで、ヴァーチャルの世界を舞台に映画を製作できる状態に。ファブロー監督は「(『ライオン・キング』は)『ジャングル・ブック』とはまったく違う感覚だよ。簡単に言えば、この映画を作る目的だけのために存在するVRフィルムメイキング・ゲームを築き上げたんだ」と製作の舞台裏を明かす。実物とキャラクターを合わせなければならないという制限から解放され、映像の可能性が無限大に広がったのだ。  さらに、ファブロー監督は「私は人々に、“これは、今でも『ライオン・キング』だ”と感じてもらいたい。その一方で、“どのようにして人々を驚かせ、新鮮で新しいものだと感じさせることが出来るのか?”ということも大事にした」と今作に込めた思いも語る。  1994年のアニメーション以来、舞台や音楽など、形を変えて世界中で愛されてきた『ライオン・キング』。その決して色褪せない魅力を残しつつも、最先端のVR技術を駆使して作られた“超実写版”の映像美によって、新鮮な作品へと仕上げたファブロー版『ライオン・キング』に期待したい。  映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

  • 映画『ライオン・キング』日本版ポスター

    『ライオン・キング』ビヨンセの歌声初披露 名曲「愛を感じて」解禁

    映画

     往年の名作アニメを“超実写版”としてよみがえらせるディズニー最新作『ライオン・キング』より、主人公シンバの声を務めるドナルド・グローヴァー、そしてシンバの幼なじみのナラ役を担当するビヨンセが歌う名曲「愛を感じて(原題:Can You Feel the Love Tonight?)」を収録した最新スポット映像が解禁された。@@cutter 本作は、雄大なアフリカの大地を舞台に、王家の一族に生まれた子ライオンのシンバが自らの運命を受け入れ、“真の王”となる姿を描く。声優は、主人公シンバ役を俳優、歌手、作曲家など多彩な才能を持つドナルド、その幼なじみでメスライオンのナラ役を世界の歌姫ビヨンセが務める。  優しく包み込むようなメロディーに、愛と葛藤をつづった楽曲「愛を感じて」は、エルトン・ジョンとティム・ライスが、かつてアニメーション版『ライオン・キング』(1994)の主題歌として作曲し、アカデミー賞主題歌賞、ゴールデングローブ賞歌曲賞を受賞した名曲。今作でドナルドとビヨンセが歌う「愛を感じて」は、シンバが出会う仲間や家族との絆の中で生まれる“愛”を表しており、新しい魅力を吹き込んだものとなっている。  スポット映像は、サバンナを治める偉大な王ムファサが、隣にいるシンバに「シンバ、星をみてごらん。歴代の王たちがあそこから我々を見守ってる。いつでも王たちが空から導いてくれる。この私もな」と優しく語りかける姿や、舞台となるアフリカの壮大な映像が映し出されたもの。そして、そんな2人に、ドナルドとビヨンセが歌う「愛を感じて」が、優しく寄り添うように流れる。シンバの過酷な運命を予感させながらも、親子の大きな愛が感じられる映像となっている。  映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

  • 映画『ライオン・キング』場面写真

    『ライオン・キング』シンバが王となる運命に立ち向かう! 日本版予告解禁

    映画

     往年の名作アニメを“超実写版”としてよみがえらせるディズニー最新作『ライオン・キング』より、日本版本予告が解禁された。主人公シンバが王となる運命に立ち向かっていく姿が、臨場感あふれるサバンナの大地や、表情豊かで生き生きとした動物たちなどとともに映し出され、“日本だけ”の最新映像も盛り込まれている。@@cutter 本作は、雄大なアフリカの大地を舞台に、王家の一族に生まれた子ライオンのシンバが自らの運命を受け入れ、“真の王”となる姿を描く。声優は、主人公シンバ役を俳優、歌手、作曲家など多彩な才能を持つドナルド・グローヴァー、その幼なじみでメスライオンのナラ役を世界の歌姫ビヨンセが務める。  偉大な王ムファサの息子として、プライド・ランドの地に誕生したシンバ。いつか自分も父のような王になる日を夢みるものの、好奇心旺盛で、まだ未熟な彼は、なかなかその一歩を踏み出せないでいた。「自分を信じろ 王となるのだ」と語る父ムファサの言葉を胸に、未来の王としてこの広大な大地を舞台に壮大な冒険へと旅立ち、新たな世界での仲間との出会いを通じて、自分が生まれてきた意味、使命とは何かを学んでいく。  日本版予告では、地平線に浮かびあがるオレンジの太陽、プライドロックに集まってくる動物たち、そして誰もが知る「サークル・オブ・ライフ」が流れる壮大なオープニングで、新たなる未来の王、シンバの誕生シーンが描かれる。「いつの日かお前が新たな王となるのだ」と告げる父ムファサの言葉を胸に、自分も父のような“王”になる日を夢見るものの、好奇心旺盛でまだ未熟なシンバに、「勇気と無謀は違う」と厳しく説くムファサ。彼はこの広大なサバンナの“未来の王”を担うことへの責任と使命を、愛する息子に教えようとしていた。  しかしそんなシンバに突如“悲劇”が降りかかる。さらに王位を狙う闇に生きるライオン・スカーの企みにより王国を追放されてしまい、一人飛び出したシンバは、まだ見ぬ世界での新たな出会いや冒険を通じ、王としての使命は何なのかを学んでいく。シンバの壮大な冒険を通して伝えられる“自分が生まれてきた意味は何か”というメッセージが、世代や国境を超え、観る者の心を揺さぶる映像となっている。  映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

  • 映画『ライオン・キング』日本版ポスター

    『ライオン・キング』プライドロック頂上に親子の姿…日本版ポスター解禁

    映画

     往年の名作アニメを“超実写版”としてよみがえらせるディズニー最新作『ライオン・キング』より、日本版ポスターが解禁。未来の王となる子ライオンとその父親の威厳あふれる姿が雄大な自然の中で描かれ、主人公の壮大な冒険を予感させるポスターとなっている。@@cutter 雄大なアフリカの大地を舞台に、王家の一族に生まれた子ライオンのシンバが自らの運命を受け入れ、“真の王”となる姿を描く本作。声優には主人公シンバ役で、俳優、歌手、作曲家など多彩な才能を持つドナルド・グローヴァー、その幼なじみで雌ライオンのナラ役には世界の歌姫ビヨンセが決定している。監督は『アイアンマン』シリーズ、『ジャングル・ブック』のジョン・ファヴロー。  偉大な王ムファサの息子として、プライド・ランドの地に誕生したシンバ。いつか自分も父のような王になる日を夢みるものの、好奇心旺盛で、まだ未熟な彼は、なかなかその一歩を踏み出せないでいた。「自分を信じろ 王となるのだ」と語る父ムファサの言葉を胸に、未来の王としてこの広大な大地を舞台に壮大な冒険へと旅立ち、新たな世界での仲間との出会いを通じて、自分が生まれてきた意味、使命とは何かを学んでいく。  ポスターは、広大なサバンナの朝焼けに照らされた「プライドロック」の頂上で、“未来の王“シンバと父ムファサがたたずむ姿が描かれ、「忘れるな、シンバ――自分が何者なのか」というキャッチコピーが添えられたもの。オレンジ色に光り輝く大地で、幼きシンバが前を見すえるビジュアルは、これから始まる壮大な冒険とその成長ぶりを期待させるものとなっている。  『ライオン・キング』の重要なテーマとされ、”生と死を繰り返して世代が受け継がれること“を表す、「サークル・オブ・ライフ(生命の環)」。ファブロー監督は今作の「サークル・オブ・ライフ」には新たなメッセージが込められていると明かし「世代を受け継ぐという意味だけでなく、私たちが生きるこの社会においても、お互いの繋がりの中で、それぞれが果たすべき役割、この世界において自分が生きる意味など、人生を生きる上で”大切な事“に気づかせてくれる」と語っている。  映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

  • 映画『ライオン・キング』場面写真

    シンバの壮大な冒険の旅がはじまる『ライオン・キング』最新予告解禁

    映画

     往年の名作アニメを“超実写版”としてよみがえらせるディズニー最新作『ライオン・キング』より、最新予告映像が解禁された。まるでサバンナの大地に降り立ったかのような臨場感あふれる映像に、主人公シンバをはじめ表情豊かな動物たちが生き生きと描かれている。@@cutter 本作は、雄大なアフリカの大地を舞台に、王家の一族に生まれた子ライオンのシンバが自らの運命を受け入れ、“真の王”となる姿を描く。  偉大な王ムファサの息子として、プライド・ランドの地に誕生したシンバ。いつか自分も父のような王になる日を夢みるものの、好奇心旺盛で、まだ未熟な彼は、なかなかその一歩を踏み出せないでいた。「自分を信じろ 王となるのだ」と語る父ムファサの言葉を胸に、未来の王としてこの広大な大地を舞台に壮大な冒険へと旅立ち、新たな世界での仲間との出会いを通じて、自分が生まれてきた意味、使命とは何かを学んでいく。  予告映像では、よちよち歩きのシンバが、父ムファサから「何かを奪うのではなく 真の王は何かを与えるのだ」と教えを受けながら、さまざまな動物たちと出会い、世界を学んでいく姿が映し出される。やがて父から「出ていけシンバ 二度と戻ってくるな」と告げられ、シンバは冒険の旅に出る。  幼なじみのナラ、王の座を狙う叔父のスカーをはじめ、シンバが冒険の途中で出会う、陽気なイボイノシシのプンヴァとミーアキャットのティモンのコンビなど、主人公シンバを取り囲む個性豊かなキャラクターたちも登場。彼らとの出会いを経て、未来の王シンバが運命を切り開いていく物語が、壮大なスケールの映像で描かれる。トーケンズのヒット曲「ライオンは寝ている」のメロディーをプンヴァとティモンが陽気に口ずさみながらジャングルの中を駆けていくユーモラスなラストも見ものだ。  メガホンを取るジョン・ファヴロー監督は「本作の大切なテーマの一つに”サークル・オブ・ライフ(生命の環)の思想があります。これは、世界は皆で分かち合うものであり、一人一人が独立した人間でありながらも、お互いに繋がっていることを思い出させてくれます」と語っている。  映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

  • 映画『ライオン・キング』場面写真

    ディズニー最新作 “超実写版”『ライオン・キング』8.9日本公開

    映画

     ディズニー・アニメーション史上最高の全世界観客動員数を誇る名作アニメ『ライオン・キング』が、実写もアニメーションも超えた“超実写版”として映画化され、8月9日から日本公開されることが決定。サバンナの“王”となる運命を背負った主人公シンバの誕生の瞬間をとらえた場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、雄大なアフリカの大地を舞台に、ライオンの子・シンバが、仲間の愛を支えに運命を切り開いていく壮大な物語を描く。監督は『アイアンマン』シリーズ、『ジャングル・ブック』のジョン・ファヴロー。声優には主人公シンバ役で、俳優、歌手、作曲家など多彩な才能を持つドナルド・グローヴァー、その幼なじみで雌ライオンのナラ役には世界の歌姫ビヨンセが決定しており、彼らの声がキャラクターにどのような命を吹き込み、ミュージカルナンバーをどう歌い上げるのかが期待される。  解禁となった場面写真は、未来の王“シンバ”の誕生の瞬間を捉えた1枚。つぶらな瞳に“もふもふ”とした毛に覆われたシンバは、思わず手に取って抱きかかえたくなるようなかわいさ。シンバがどのように成長して、偉大な王になっていくのか期待が高まるカットとなっている。  1994年のアニメ版『ライオン・キング』は、全世界観客動員数がディズニーアニメ史上No.1、サウンドトラックの全世界売り上げがアニメーション史上No.1を記録。さらに、ミュージカル版は、演劇や映画、コンサートなどを含めた興行作品として史上最高の累計62億ドル(約6700億円)を稼ぎ出し、劇団四季の『ライオンキング』は日本の演劇史上No.1の観客動員数を誇っている。  映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

  • ジョン・ファヴローが『スター・ウォーズ』実写ドラマの製作総指揮

    『スター・ウォーズ』実写ドラマ、『アイアンマン』監督が製作総指揮

    海外ドラマ

     米ディズニーが2019年から展開するストリーミングサービスで配信予定の『スター・ウォーズ』実写ドラマ版。マーベルヒーロー映画『アイアンマン』やディズニー映画『ジャングル・ブック』の監督ジョン・ファヴローが、製作総指揮と脚本を務めるという。@@cutter ルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディは、「ジョンはスター・ウォーズの世界に精通していると共に、製作と脚本で絶妙なバランスの才能を発揮してくれるでしょう」と声明でファヴローを絶賛。ファヴローは11歳の自分に『スター・ウォーズ』に携われると言っても信じないだろうと述べ、「このエキサイティングな冒険に乗り出すのが待ちきれません」と意気込んでいる。  『スター・ウォーズ』ファンを自負するファヴローは、アニメシリーズ『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』でプレ・ヴィズラのボイスキャストを務めたほか、ハン・ソロの若かりし頃を描くスピンオフ映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に俳優として出演する。  『スター・ウォーズ』ドラマ版は構想やキャスト、配信時期など、多くがヴェールに包まれており、さらなる続報が待たれる。

  • 映画『スパイダーマン:ホームカミング』場面写真

    新『スパイダーマン』、アイアンマンに諭される!? 新場面写真解禁

    映画

     マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に本格参戦し、スパイダーマンとアイアンマンとの競演で話題となっているスパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』にて、スパイダーマンの新たな劇中写真が解禁となった。@@cutter 憧れのトニー・スターク=アイアンマンにもらった特製スーツ姿で、NYの街の悪を裁く姿を夢見るスパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・パーカーは、ヒーロー気分で街に繰り出しては、ビルの間や住宅街を飛び回る新米ヒーロー。ユーチューブで話題になり親友に正体がバレたほか、挙句、キャプテン・アメリカのシールドを盗んだと自慢話をする始末。  そんな彼の目標は“ヒーロー”として認められること。ある日、大富豪トニー・スタークに恨みを持つ不穏な影がNYを危機に陥れる。アベンジャーズに任せておけと言うスタークの忠告も聞かずに、スパイダーマンはひとり敵を倒しに行こうとするが、襲われたフェリーは今にも沈没寸前、ジェット機は墜落寸前。果たして、わずか15歳の新人ヒーローに世界を救うことはできるのか?そしてトニー・スターク/アイアンマンに認められる本物のヒーローになれるのか?  今回解禁となった写真は、スパイダーマンでありながらもまだまだ15歳の高校生であることが垣間見える場面のもの。黄色いリュックを背負い暗い倉庫に忍び込むスパイダーマン、さらにはトニー・スタークに何かさとされるように語り掛けられ、浮かない表情で歩いていたり、ピーターがスパイダーマンであることを知る友人ネッド・リードと校内の廊下を歩く様子、授業中の実験の一コマなど、スパイダーマンの素顔が15歳のどこにでもいる高校生であることを感じさせる内容となっている。  また、さらには本作でスパイダーマン最大の敵となるバルチャーことアドリアン・トーメスが暗い部屋の中、台に持たれながら何かを企んでいるかのように不気味な表情を浮かべている姿も披露されている。  『スパイダーマン:ホームカミング』は8月11日より全国公開。

  • 新『スパイダーマン』にアイアンマンお抱え運転手ハッピー・ホーガン(右)が登場(写真は『アイアンマン』より)

    『アイアンマン』“お抱え運転手”ハッピー・ホーガン、新『スパイダーマン』に登場

    映画

     2017年7月7日(現地時間)の全米公開を目指し、既に撮影が始まっている新『スパイダーマン』シリーズ第1弾『スパイダーマン:ホームカミング』に、マーベル映画『アイアンマン』シリーズのお馴染みのキャラクター、ハッピー・ホーガンが登場するという。Varietyが伝えた。演じるのは当然ながら、『アイアンマン』シリーズのジョン・ファブローだという。@@cutter ハッピー・ホーガンはアイアンマンことトニー・ストークのお抱え運転手でボディーガードの役目も担う。ソニー・ピクチャーズとマーベルの提携により、既にアイアンマン役のロバート・ダウニー・Jr.が、新『スパイダーマン』シリーズに出演することが決まっている。  ジョン・ワッツ監督のもと、撮影は現在、米ジョージア州アトランタで進んでいるそうだ。スパイダーマンことピーター・パーカーを演じるのは、映画『インポッシブル』(13)の若手俳優トム・ホランド。ピーターの恋のお相手と言われるメリー・ジェーン役は、歌手・女優のゼンデイヤ。メイおばさん役は、映画『レスラー』(09)のマリサ・トメイが演じる。  悪役については7月に公開されたコンセプトアートに、バットマンと戦うヴァルチャーの姿があったが、詳細は不明だ。1度は出演の話が流れたと伝えられた映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(15)の俳優マイケル・キートンの名前が再浮上している。

  •  『ジャングル・ブック』、本物と見紛う驚愕のCG映像誕生秘話

    『ジャングル・ブック』、本物と見紛う驚愕のCG映像誕生秘話

    映画

     ジャングルの動物たちに育てられた人間の少年を主人公に、自然の掟、生きる者たちの愛や憎しみ、喜び悲しみを描く現在公開中の映画『ジャングル・ブック』。このたび、本作の驚異のCG制作の裏側を。ジョン・ファヴロー監督が惜しみなく語る映像が公開された。@@cutter 映像の中で、一瞬本物のオオカミが映る。27秒近辺に映り込むのが本物だが(後ろに人間の靴が写っている)、意識を集中していなければ、おそらくCGのオオカミと区別がつかないだろう。この映像をジョン・ファヴロー監督は「動物の行動や感情をリアルに表現しつつ、人間の物語を語らせ、さらに個々の動物の独特な行動をも表現したかった」と語る。これを実現する為に気の遠くなるようなリサーチをスタートさせる。  同作で登場する動物は、種類だけでも70以上に及ぶ。まずは、個々の動物を観察、さらに資料収集や専門家の助言など徹底したリサーチを慣行したという。先述したオオカミの映像はそのリサーチ時の映像。動物たちの再現は、既存の技術では彼らが目指すクオリティに達することが出来なかった為、筋肉、皮膚、毛の動きを表現する為の新たなシステムを開発。  「『アイアンマン』で表現した鋼鉄の表現よりも、筋肉や皮膚などの、天然の要素の方が表現が難しいんだ」と、ファヴロー監督はその苦労を口にする。最大の挑戦は、実写のモーグリとCGの動物たちを組み合わせる際に生じる、モーグリの体にかかる“影”だったという。  また、完璧なジャングルの自然を表現する為に、ムービング・ピクチャー・カンパニー(MPC)のスタッフらは10万枚ものロケ写真をとり物語でのモーグリの軌跡約15マイル(24km強)に対して、700マイル(1126km)ものエリアをリサーチ。さらに約800名ものスタッフたちが、落ち葉の一枚一枚からコケに至るまで丁寧に1年がかりで仕上げた。  プロデューサーのブリガム・テイラーは「ビジュアル的な側面から、いまだかつて見たことのない形で、あらゆる危険や脅威のあるみずみずしい自然に没入することになります」とその自信をのぞかせている。

  • 『ジャングル・ブック』ジョン・ファブロー監督&ニール・セディにインタビュー

    『ジャングル・ブック』監督が明かす、“映画”を取り巻く環境、作り手の未来とは

    映画

     『アイアンマン』『アベンジャーズ』シリーズを手掛けたジョン・ファヴロー監督の最新作『ジャングル・ブック』。そのファヴロー監督と、彼に「とてもカリスマ性がある」と言わしめたモーグリ役のニール・セディが来日。ニール以外、本作に登場する動物がすべてCGという驚きの技術についてや、予想外の出来事がそのまま本編に使用されたという撮影エピソードなどについて語ってもらった。@@cutter 『ジャングル・ブック』は、 ジャングルの動物たちに育てられた人間の少年モーグリを主人公に、自然の掟とともに雄々しく生きる者たちの愛や憎しみ、喜びや悲しみを謳いあげたディズニーの感動作。ニール演じるモーグリ以外は動物も大自然もすべてをCGで表現。現実世界には決して存在しえない“人間味”あふれる動物たちや、息をのむほど美しいジャングルを描く。  「僕が子供の頃に見たアニメ版『ジャングル・ブック』のモーグリを彷彿とさせるような雰囲気を持っていたんだ」と、世界中の2000人の子供たちの中から“演技経験ゼロ”の新人、ニールを選んだ理由を語ったファヴロー監督。一方、モーグリ役に決まったニールは「超ハッピーハッピーだったよ」と満面の笑み。だが、ある時「うーわ、これ超大作じゃん」と改めて気付き、少しだけナーバスになったと言うが「みんなが僕を支えてくれて、応援してくれたから、怖がってちゃだめだなと思ったんだ」。  本作は、モーグリ以外がすべてCG映像ということもあり、撮影方法にも注目が集まっている。その撮影の中心人物であるニールに印象に残っている撮影について尋ねると、クマのバルーのお腹に乗り、川を下るシーンとの答えが。「発泡スチロールのようなものをバルーに見立てて、頭の部分だけ監督が演じていたんだ」と明かす。また「僕の知らないところでホースが用意されていて、いきなり水しぶきを掛けられたんだ。すごく驚いたんだけど、それがそのまま映画に使われているから、結果的に良かったのかもね」と、茶目っ気たっぷりに告白した。@@separator 今回、ファヴロー監督は、本作の撮影のためにハリウッド最高峰の映像制作チームを結集。実写もアニメーションも超えた最先端の映像テクノロジーを駆使して、名作アニメを実写として現代に蘇らせた。新たなことに挑み、本作を成功せたファヴロー監督。そんな監督に今後の映画業界の未来について聞いてみた。  「今、映画というものに対しては競合がたくさんあると思うんだ。インターネットやテレビ、Netflixなどの配信サービスとか、ありとあらゆるものが選択肢にある」と、映画をとりまく様々なコンテンツがライバルだと話す。その中で「僕ら映画の作り手としては、その時代にあったものを適切に作っていかなければならないと思う」と力強く答える。また、映画は世界中の人に観てもらうことができるからこそ「最新技術などを駆使して、その存在を確立していったんだ」とも。「古典と呼ばれる古い技法を残しつつ、今の時代に合った技法を用いて、古典作品を蘇らせる事が可能なんだよ」と、目を輝かせ“映画”というコンテンツについて熱く語った。  『ジャングル・ブック』は8月11日より全国公開。

  • 『パンズ・ラビリンス』から10年…天才子役が美しすぎる女優に成長

    『パンズ・ラビリンス』から10年…天才子役イバナ・バケロが美しすぎる女優に成長

    海外ドラマ

     『アイアンマン』シリーズを手掛けたジョン・ファヴローが製作総指揮を務めた、壮大なスケールのサバイバル・アクション海外ドラマ『シャナラ・クロニクルズ』。本作には、ギレルモ・デル・トロ監督のダークファンタジー『パンズ・ラビリンス』の熱演で公開当時、天才子役として話題を集めたイバナ・バケロもメインキャストとして出演している。美しく成長を遂げたイバナが、子役時代を振り返り、『シャナラ~』のみどころを語った。@@cutter 『シャナラ・クロニクルズ』は、MTVのドラマシリーズ史上最高の視聴者数を記録した全米大ヒット海外ドラマ。物語は、核戦争により荒廃した未来の地球で、エルフ、トロール、ドワーフ、ノームの4種族が中心となって4つの国(ランド)を治めていたが、魔物の出現によりランドの運命は、各種族の末裔や若きプリンセスなど3人の若者に託される。イバナが演じるのは、3人の若者の1人。貧しい地域出身の人間で、生きるためなら自身の美貌を筆頭に何でも利用する盗賊の娘エレトリアを好演している。  イバナはエレトリアの第一印象については「生き抜くために一族の尊敬を勝ち取ることを強いられ、広い世界を知らないまま狭い自分の知っている世界のなかで生きていく女性だと感じたわ」と分析し、「生きていくためには自分勝手にならなければならない。私は彼女のことをかっこいいと思ったし、彼女の複雑で好奇心をそそるところに魅了されたの」と目を輝かせた。  また、初となるテレビシリーズ出演は大変なことも多かったようで「6ヵ月間、ニュージーランドでの撮影は本当に冒険のようだったわ」と吐露するも、「撮影中は、乗馬レッスン、スタント、武器の使いかたを教わったの。体力的には挑戦的だったけど、すべてが楽しかった。そんな特別なロケーションでそのすべてを教わり、同時に楽しみながら自分の役どころを満喫することができるのは珍しい経験だと思うわ」と振り返った。@@separator 現在22歳のイバナ。代表作としては、ギレルモ・デル・トロ監督のファンタジー映画『パンズ・ラビリンス』で主人公オフェリアを演じ、天才子役として一躍注目を集めた。そして、イバナは出演最新作『シャナラ~』が、今後の女優人生において大きなターニングポイントになったと明かす。  「今までの私は年齢に則した若くて純粋な役柄を演じてきたけれど、私自身が成人期に突入していることもあって、より勇敢で挑戦的な役に挑戦したいと思うようになったの。だから『シャナラ~』はそれを実現する最適なチャンスだった。それに、子どもだった『パンズ~』のときから数えると、私のキャリアがこの10年間で発展したように、私自身も身体、精神ともに成長したと思うの」。  さらに、多くの俳優・映画、そして“経験”に影響を受けたことも明かし、「ひとりの人間の趣向と個性を作り上げるという面でも、重要な10年だったと思う。『シャナラ~』は確実に私を女優として成長させ、多くの魅力的な人に会い、今までに行ったことのない場所に行くことができたの。中でもサンディエゴのコミコンは素晴らしかったわ!」と興奮気味に語った。  最後に、幼いころから日本文化の大ファンで、数年前に東京を訪れ“日本は一番好きな国”と話すイバナが見どころを教えてくれた。「トロールや悪魔、エルフなどが登場する点で、『シャナラ~』のようなテレビシリーズはないはず。それに、ニュージーランドでの撮影が、独特の空気感を作品に生みだしていると思うわ。ぜひ楽しんで!」。  『シャナラ・クロニクルズ』は、6月22日よりDVDレンタル&デジタル配信開始。ブルーレイ&DVDコンプリート・ボックスは7月13日発売。

  • 『ジャングル・ブック』より

    『ジャングル・ブック』主演は“演技未経験” 2000人から選ばれたカリスマ性に注目

    映画

     ジャングルの動物たちに育てられた人間の少年モーグリを主人公に、自然の掟とともに雄々しく生きる者たちの愛や憎しみ、喜びや悲しみを謳いあげたディズニーの感動作『ジャングル・ブック』(8月11日公開)。本作でモーグリ役を演じるのは、世界中の2000人の子供たちの中から選ばれたのは、なんと“演技経験ゼロ”の新人であることが明かされた。@@cutter 本作では、実写もアニメーションも超えた最先端の映像テクノロジーによって、モーグリ以外は動物も大自然もすべてがCGを駆使し表現。現実以上にリアルでありながら、現実世界には決して存在しえない“人間味”あふれる動物たちや、息をのむほど美しいジャングルを描いている。  つまりモーグリは、物語に登場する唯一の“人間”。各シーンで描かれる“自分以外の要素”を頭の中でイメージしながら演じなければならないかった。そんな難役に選ばれたのは、何と一度もプロとして演じたことがない12歳のニール・セディ。メガホンをとるジョン・ファヴロー監督は、「彼を見た瞬間に、1967年のアニメーション版のモーグリと、心理的にも身体的にも同じクオリティを感じたのです」と、ニールを探し出した当時を振り返った。  キャスティングディレクターのセーラ・フィンも「ニールは、モーグリのハートとユーモアと大胆さを体現しています。私たち全員が、彼の生来的なカリスマ性と本能に飛びついたのです」とコメント。幼い心で真摯に自分の本当の居場所を模索し、信念のために毅然と戦う小さな主人公モーグリ=ニールに注目だ。

  • 『ジャングル・ブック』日本版ポスター

    ディズニー『ジャングル・ブック』日本版予告&ポスター解禁 映像美に全世界絶賛

    映画

     ディズニーが贈る最新作『ジャングル・ブック』(8月11日公開)の日本版予告編とポスターが遂に解禁となった。本作は、ジャングルの動物たちに育てられた人間の少年モーグリを主人公に、自然の掟と共に雄々しく生きる者たちの愛や憎しみ、喜びや悲しみを謳いあげる感動の物語。全米で2週連続No.1を獲得、全世界興行収入は5億ドルを突破しており、全米批評家サイト「Rotten Tomatoes」でも94%という高評価を維持している。@@cutter ジャングルに取り残された赤ん坊のモーグリは、黒ヒョウのバギーラとオオカミのラクシャに育てられ、幸せに暮らしていた。しかし、人間への復讐心に燃えるトラのシア・カーンがジャングルに戻ってきたことをきっかけに、唯一の故郷であるジャングルを捨てるように駆り立てられてしまう。果たして人間であるモーグリは、シア・カーンの言うようにジャングルの“脅威”なのか。それとも、ジャングルに光をもたらす“希望”なのか…。  海外メディアのThe WrapやザThe Hollywood Reporterが「『アバター』以来の心奪われる世界を描いた映画の一つ」「並外れた映像とクオリティとまるで生きているかのような動物たちの演技が忘れられない」と称賛を贈る本作。到着した予告編では、実写もアニメーションも超えた最先端の映像テクノロジーによって、現実以上にリアルでありながら、現実世界には決して存在しえない“人間味”あふれる動物たちや、息をのむほど美しいジャングルが描かれている。  『アイアンマン』シリーズの大ヒットメーカーとしても知られるジョン・ファヴロー監督が、本作について「モーグリが、トラの出現によって家族と引き離されてしまう場面をとってみても、リアルなキャラクター描写のおかげで、大切な我が子を奪われた母親の悲しみといった深い感情が切実に伝わってくるはずです」と語るように、涙を誘う映像に仕上がっている。

  • 『シェフ ~三ツ星フードトラック始めました~』2015年2月公開

    『アイアンマン』監督主演映画『シェフ』予告完成! R・ダウニー・Jr&スカヨハも登場

    映画

     『アイアンマン』シリーズの監督ジョン・ファヴローが製作・監督・脚本、そして主演の4役を務めた『シェフ ~三ツ星フードトラック始めました~』の予告編が解禁となった。ファヴロー監督が莫大な予算をかけるのではなく、自身の原点となるインディーズ作品として送り出した本作は、5月より全米6館の限定上映でスタートするも、今も賞レースに向けてロングランとなっている。@@cutter 今週より開催となる第27回東京国際映画祭では特別招待作品として出品される本作。予告編には、『アイアンマン』チームのロバート・ダウニー・Jr.とスカーレット・ヨハンソンも登場。主人公の背中を押す役どころとしてゲスト出演している。  美味しそうな料理の数々にゴキゲンなラテン音楽、旅行気分を味わえる風景とそこかしこに散りばめられたジョークが交差する、爽快な出来となっている。  ロサンゼルスにある一流レストランの総料理長、カール・キャスパー(ジョン・ファヴロー)は、メニューにあれこれと口出しするオーナー(ダスティン・ホフマン)と対立し、突然店を辞めてしまう。次の仕事を探さなければならない時にマイアミに行った彼は、絶品のキューバサンドイッチと出会ったことをきっかけに、フードトラックでマイアミからロサンゼルスまで究極のサンドイッチを売る旅に出る…。  『シェフ ~三ツ星フードトラック始めました~』は2015年2月28日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー。

  • サバイバル度MAX!J.J.エイブラムス『レボリューション』好評レンタル&発売中

    J.J.エイブラムスが電力消失の世界を描く!中毒性抜群の『レボリューション』上陸

    海外ドラマ

     ヒット作を数多く輩出し、映画、テレビに引っ張りだこのJ.J.エイブラムスと、日本でも人気のロングシリーズ『スーパーナチュラル』を成功に導いたエリック・クリプキらがタッグを組んだ海外ドラマ『レボリューション』が11月6日よりリリースされた。@@cutter 本作は、2012年9月17日に全米で放送された第1話が1170万人の視聴者数を獲得し、全米ネットワーク局の新作ドラマ初回放送視聴者数の記録を3年ぶりに更新するという快挙を成し遂げた大ヒットドラマ。  ある日突然、全世界同時にすべてのエネルギーが消失してしまった。なぜそのようなことが起こったのか、まったく理由がわからないまま15年が経過。機能しなくなった政府を前に、世界は金よりも力がものをいうようになり、人々はサバイバル生活を余儀なくされていた。そのような状況下、小さな村で平和に暮らしていた強く美しき女性チャーリーは、武力によって支配する軍閥“ミリシア”に父親を殺され、弟までも誘拐されたのを機に、ミリシアに反乱すべく立ち上がるが……。  謎の解明が小出しになりがちなアメリカドラマにおいて、次から次へと謎を解明していく一方、たたみかけるかのように更なる謎を提示する、まさに謎だらけのドラマ『レボリューション』。手がけたのは、『LOST』のJ.J.エイブラムスと『スーパーナチュラル』のエリック・クリプキ、『アイアンマン』シリーズのジョン・ファヴローの3人。ハリウッドを代表するヒットメーカーが揃っただけあり、大作であるのはもちろんこと、エネルギー消失をめぐるミステリーや肉体と頭脳を駆使したアクション、物資が乏しいなかでのサバイバル、家族や仲間を題材にしたヒューマンドラマなど、それぞれが得意とするジャンルが混ざり、見どころはとてつもなく豊富。  そんななかから、見どころをひとつ紹介したい。それは、前時代の良さがたっぷりつまったサバイバルアクションだ。物語は近未来の設定であるため、朽ちた高層ビルや近代的な建物をバックに、電力を使用しない剣や弓などを駆使しながら肉体がぶつかり合う。それはまさに現代と中世の融合。銃や爆薬で一気に始末する“今”のアクションではなく、海軍等で学んできた現代の戦闘知識を生かしながら、中世のそれらしく、見事な動線と剣さばきで数多の敵を撃破していく。現代と中世、それぞれのアクションは見たことがあっても、ミックスされると斬新なアクションに早変わりし、興奮間違いなしの迫力を実現している。  そして、そのような激しいアクションを体当たりで熱演しているのが、映画『トワイライト』シリーズで主人公ベラの父親チャーリー・スワン役で知られるビリー・バーグ、期待の新星トレイシー・スピリダコス、『あの日、欲望の大地で』のJ・D・パルドなど、個性豊かなスターたち。日本では、まだなじみの薄いキャスト陣ではあるが、それがかえってリアルさを増し、物語を一層面白くしてくれている。もちろん、エイブラムスの名前があるだけに、中毒性は抜群。毎回楽しみになること請け合いだ。  海外ドラマ『レボリューション』は、好評レンタル中。ブルーレイ コンプリート・ボックス(税込1万7000円)、DVD コンプリート・ボックス(税込1万5000円)は絶賛発売中。

  • T.M.Revolutionが『レボリューション <ファースト・ シーズン>』イメージソングを担当

    T.M.Revolution、J.J.エイブラムス最新作『レボリューション』と“革命的”コラボ!

    海外ドラマ

     歌手のT.M.Revolutionが、ヒットメーカーJ.J.エイブラムスが手掛ける革新的サバイバル・アクション・ミステリー海外ドラマ『レボリューション』のイメージソングを担当することが決定した。@@cutter 本作は、『LOST』『FRINGE/フリンジ』など、海外ドラマ界を象徴するヒットメーカーJ.J.エイブラムスと、『スーパーナチュラル』で熱狂的な支持を受けるエリック・クリプキによる初タッグ作品。第1話の監督・共同製作総指揮を『アイアンマン』シリーズのジョン・ファヴローが務めるなど、ハリウッドをリードするクリエーターが集結した、2012年全米新作視聴率No.1の大ヒットドラマ。全世界で謎の“ブラックアウト”(大停電)が起こり、全ての電力が消滅した世界で、エネルギー消失の謎を追うサバイバル・アクションは、まさに革新的と言える今までにないストーリー展開だ。  このサバイバル、アクション、ミステリーの全てが詰まった革命的ドラマ『レボリューション』とコラボするのは、日本でも音楽界に革命を起こし、米ドラマのイメージソングを歌うのは初というT.M.Revolution。  作曲は、T.M.Revolutionの数々のヒット曲を手掛けた浅倉大介、作詞は井上秋緒が担当。歌詞には、色のない地上(=ブラックアウトした世界)で光を取り戻そうとする、希望と再生の強い意志を表現している。J.J.エイブラムスが描く世界観とT.M.Revolutionのパワフルなサウンドが絶妙にマッチし、本作のスピーディーな展開を象徴するかのような、疾走感あふれる本楽曲は、11月2日よりオンエア予定のブルーレイ&DVD発売のTVCMなどにも使用される。  『レボリューション』<ファースト・シーズン>コンプリート・ボックスブルーレイ4枚組(税込1万7000円)/DVD10枚組(税込1万5000円)は、11月6日リリース。同日レンタル&オンデマンド配信開始。

  • ライアン・レイノルズ

    「アイアンマン」監督の新作でライアン・レイノルズがカーレーサーに

    映画

     「デンジャラス・ラン」のライアン・レイノルズが新作で「アイアンマン」のジョン・ファヴロー監督と組むかもしれない。@@cutter その作品は、実在のカーレーサーを描く「Battle for Bonneville(原題)」。ボネヴィルとは、ソルトレイクシティ近郊のボネヴィル塩平原にある、ストレートのカーレースコーナーのこと。  このコーナーで、半分兄弟のアート&ウォルト・アーフォンスが、ライバルのレーサーとして戦い、3度も世界記録を更新したという実話を描くもの。製作はニュー・リージェンシー。(SCREEN1月号より)  SCREEN1月号は「2013年に見られる映画、見るべき映画全ラインナップ!!」、「007 スカイフォール大特集」、「いま脂の乗った活躍を見せる40代アクターズに注目!」「『ハリー・ポッター』卒業生たちのいま」ほか、2013年版 スター&監督大名鑑 レターの宛先付トップ・スター・カレンダー2013年つき。SCREEN1月号は絶賛発売中。

  • 中国のモニカ・ベルッチことファン・ビンビン

    「アイアンマン3」に中国の美人女優ファン・ビンビン出演か

    映画

     中国の美人女優で、日本のCMにも出演しているファン・ビンビンが「アイアンマン3」に出演するという噂が浮上している。 @@cutter   starpulse.comは、“中国のモニカ・ベルッチ”ことビンビンが、シリーズ最新作にして中国との共同製作を表明した「アイアンマン3」に出演の可能性があると報じた。また以前、出演交渉中だと伝えられたアンディ・ラウだったが、こちらはまだ連絡を取っていない状況だという。  共同製作を行う中国のDMG Entertainmentでは、ビンビンのほか「ソフィーの復讐」(10)のヤオ・チェン、「始皇帝-勇壮なる闘い-」(09TV)ヤン・ミーらとコンタクトを取ったことを明かしている。近々、同社のウェブサイトで発表するとのこと。  また同作では、第1~2作目の監督でもあるジョン・ファヴローがハッピー・ホーガン役を続投することも発表されている。  ロバート・ダウニー・Jrのアイアンマンやスカーレット・ヨハンソンのブラック・ウィドウほか、豪華メンバーが一堂に会する「アベンジャーズ」は日本でも8月17日公開。

  • 新ドラマは「ザ・ホワイトハウス」と「Xファイル」が合体!?

    J・J・エイブラムスの右腕、「Xファイル」「ザ・ホワイトハウス」を合体させた新ドラマ製作

    映画

     「FRINGE/フリンジ」でJ・J・エイブラムスと共に製作総指揮を務めるロベルト・オーチーが、ABC局のSFドラマ「Ex-Comm(原題)」のパイロット版を製作予定だという。 @@cutter  2009年にエイブラムスがメガホンを執った映画「スター・トレック」では脚本家として参加したオーチー。「Ex-Comm」でもハリウッドの重鎮と組むそうで、映画「スーパーマン リターンズ」の脚本家マイケル・ドハティ、映画「アイアンマン」の監督ジョン・ファヴロー、TVドラマ「吸血キラー/聖少女バフィー」でオズ役を演じたセス・グリーンと共に製作を担当する。  ストーリーは、就任したばかりの大統領の部下となる「Ex-Comm」(エクゼクティブ・コミッティー)と呼ばれる秘密政府組織が、マスコミや民間人にバレないよう超常現象事件を処理する様を描くそうで、TV「Xファイル」とTV「ザ・ホワイトハウス」の中間のような雰囲気になるとか。脚本は上述の4人が担当するそうで、ユーモアも盛り込んでいくという。出演者も放送日も未定だが、今から期待大の作品だ。(HollywoodNewsWire.net)

  • 左からダニエル・クレイグ、オリヴィア・ワイルド、ジョン・ファヴロー監督、ハリソン・フォード

    SFアクション大作「カウボーイ&エイリアン」は黒澤明「七人の侍」を参考にした!!

    映画

      スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め、「アイアンマン」のジョン・ファヴロー監督がメガホンを取ったSFアクション大作「カウボーイ&エイリアン」。主演にダニエル・クレイグとハリソン・フォード、オリヴィア・ワイルドを迎え、カウボーイと砂漠の町に襲来したエイリアンの戦いを描いた本作だが、ファヴロー監督は製作にあたって黒澤明監督の「七人の侍」(54)に影響を受けたと明かしている。 @@cutter   スピルバーグが「なぜ映画化されなかったのか不思議なほど、すごい原作」とコメントする原作についてファヴロー監督は、「西部劇とクラシックなSFのどちらにも敬意を表するものだった。伝統的な西部劇と現代ハリウッド技術の結集であるSFという、ハリウッドが未だ足を踏み入れていない領域。とてもよくできていると思ったし、西部劇を現代に合わせて作ることができるいい機会だと思った」と絶賛。製作に至った経緯を語った。   また、映画版を監督するにあたってはかねてからファンだった黒澤明監督の「七人の侍」に影響を受けたと明かした。黒澤監督を「とても巧妙な映画製作者」「アクション映画をまた作り直し、特にアメリカ人としての僕に新たな西部劇の一面を引き出してくれた」と語った監督は、具体的には雨を使ったシーンにおいて「七人の侍」の雨のシーンを参考にしたそう。「彼のビジュアルスタイルに影響を受ける者は多いし、偉大な映画製作者について学ぼうとする者は必ず黒澤監督を見ていくものだ」と、“世界のクロサワ”を賞賛している。   「カウボーイ&エイリアン」は10月22(土)より丸の内ピカデリーほか全国超拡大公開

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access