クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

サム・ライミ 関連記事

  • 8.2は<ワニの日>『クロール ―凶暴領域―』ワニワニパニック映像公開

    映画

     サム・ライミが製作を手掛けるワニ・パニック映画『クロール ―凶暴領域―』より、8月2日の<ワニの日>を記念して、主人公とワニが扉1枚隔てて対峙する本編映像が公開された。

  • 『死霊のはらわた』、サム・ライミ監督が新作を構想中

    映画

     B級ホラーの金字塔『死霊のはらわた』シリーズのサム・ライミ監督が、アッシュ役の俳優ブルース・キャンベルと新作について協議していることをBloody Disgustingとのインタビューで明かしたという。

  • 巨大ハリケーン×ワニ! サム・ライミ製作のサバイバル・スリラー『クロール』公開

    映画

     サム・ライミが製作を手掛けたワニ・パニック映画『CRAWL(原題)』が、邦題を『クロール ―凶暴領域―』として10月11日に公開されることが決定。併せて予告編とポスタービジュアルが解禁された。

  • サム・ライミ監督、新ホラーTVシリーズをプロデュース

    海外ドラマ

     ホラー映画の金字塔『死霊のはらわた』シリーズの監督サム・ライミが、元ドリームワークスのプロデューサー、ジェフリー・カッツェンバーグとタッグを組み、新テレビシリーズ『50 States Of Fear(原題)』を製作するという。DeadlineやEmpireなどの海外メディアが報じた。

  • TVドラマ版『死霊のはらわた』、シーズン2の初ビジュアル解禁

    海外ドラマ

     米Starz局でテレビシリーズ化された、サム・ライミ監督の出世作『死霊のはらわた』テレビ版。アメリカではシーズン1の放送が大好評に終わり、9月放送のシーズン2に先駆け、さっそく最初のビジュアルが公開された。そこには若者達に囲まれ、ビールをぶちまけてはしゃいでいるアッシュの姿があった。

  • 自動車シボレーのCMが怖すぎる! サム・ライミが監督

    気になる

     主人公の女性が訪れた、とある洋館。そこは次々と怪奇現象が起こる呪いの館だった…。ホラー映画の予告編かと思う始まりだが、実は『死霊のはらわた』『スパイダーマン』のサム・ライミ監督が手がけた、自動車ブランド「シボレー」の新CMである。

  • 最恐ホラー映画『ポルターガイスト』復活、さらにパワーアップして日本上陸

    映画

     巨匠スティーヴン・スピルバーグ製作・脚本×『悪魔のいけにえ』のトビー・フーパー監督の最強タッグが生み出した衝撃ホラー『ポルターガイスト』(1982)が、30年以上の時を経て、完全復活する。製作は『死霊のはらわた』のサム・ライミ、アニメ『モンスター・ハウス』の新鋭ギル・キーナン監督がメガホンを取る。

  • 『死霊のはらわた』テレビシリーズ、ハロウィンに全米放送決定 予告編も解禁

    海外ドラマ

     映画『死霊のはらわた』シリーズのサム・ライミ監督と主人公のアッシュを演じたブルース・キャンベルが再タッグを組む『死霊のはらわた』テレビシリーズ化『Ash Vs. Evil Dead(原題)』。今年のハロウィン10月31日より米Starzで全米放送されることが決まったと、ライミ自身がサンディエゴ・コミコンで発表した。

  • 『死霊のはらわた』TVドラマ版、サム・ライミ&ブルース・キャンベルらが進捗報告

    海外ドラマ

     映画『死霊のはらわた』シリーズの立役者サム・ライミと主演のブルース・キャンベルが手がけるテレビドラマシリーズ『Ash vs. Evil Dead(原題)』。現在、ニュージーランドで撮影中のライミ、ブルース、そしてプロデューサーのロバート・タパートが、Colliderとの電話インタビューでテレビドラマ版に関する新情報を教えてくれたという。

  • 『死霊のはらわた』テレビドラマ版、初予告公開

    海外ドラマ

     サム・ライミが進めているスプラッター・ホラーの金字塔『死霊のはらわた』テレビドラマ化。映画シリーズ3作で主役のアッシュを演じたブルース・キャンベルが返り咲くミニシリーズ『Ash vs. Evil Dead(原題)』の最初のティーザー・トレーラーが公開された。

  • 『ラスト・オブ・アス』実写映画化、ゲームに忠実だけど「大幅な変更あり」

    映画

     昨年3月に明らかになったPS3用サバイバルアクション・ゲーム『The Last of Us』の実写映画化。同ゲームのクリエイティブ・ディレクターで実写映画版では脚本を務めるニール・ドラックマンが、ゲーム全体のトーンには忠実でありつつ、ストーリーには “大幅な変更”があることを明かした。

  • サム・ライミ監督『スパイダーマン3』は「酷い出来」と激白、原因はヴェノム!?

    映画

     映画『死霊のはらわた』シリーズなどでホラーの巨匠というイメージが強かったサム・ライミ監督。2002年に映画『スパイダーマン』でメガホンを取り当時としては空前の大ヒットを飛ばし脚光を浴びたが、評価の割れた『スパイダーマン3』についてはライミ監督自身も作品の出来映えに満足していなかったようだ。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access