櫻井翔 関連記事

  • 『news zero』拡大版に出演する櫻井翔

    櫻井翔、有働由美子と共に「令和」改元の瞬間を生カウントダウン

    エンタメ

     フリーアナウンサーの有働由美子と嵐の櫻井翔が、4月30日から新元号・令和に改元される5月1日にかけて放送される『news zero拡大版 有働由美子&櫻井翔 「改元の瞬間」生中継SP~zeroから考える新時代~』(日本テレビ系/4月30日23時)でキャスターを務めることが分かった。@@cutter 4月30日に日本は平成最後の日を迎え、その後午前0時には、江戸後期1817年の光格天皇以来約200年ぶりとなる「天皇の退位による改元」が行われる。その歴史的瞬間を、メインキャスターの有働とキャスターの櫻井の2人と共に同番組で迎えることが決定。新しい日本の時代を視聴者と考えるほか、ゲストとして落合陽一を迎え、日本全国に生中継をつないで各地の祝福ムードを伝える。  有働は「櫻井さんと一緒に令和を迎えられるなんて…一人じゃなくてよかったと思いました(笑)」と笑顔を見せ「令和の時代を作っていく、支えていく一人でも多くの若い人たちに伝えなければならないニュースを伝えるnews zeroでありたいとますます強く思っています」と意気込みを語る。  2006年の『news zero』初回放送以来、月曜日以外にキャスターとしてスタジオ生出演するのは初めてとなる櫻井は「月曜日以外のzeroにキャスターとしてスタジオ生出演するのは、約12年間で初めてです。改元の日が4月30日と決まったときに、火曜日なのでzeroの出演はないのか…と残念に思っていたので、特別な瞬間をzeroで迎えられて嬉しいです」と喜びのコメント。  続いて「小渕さんが平成と掲げた瞬間、祖父母の家の炬燵で見ていた景色を今でも覚えています。子供たちが大人になったとき、元号が変わる瞬間にnews zeroを見ていたなと思い出せる番組になればいいなと思います」と抱負を語った。  『news zero拡大版 有働由美子&櫻井翔 「改元の瞬間」生中継 SP~zeroから考える新時代~』は、日本テレビ系にて4月30日23時放送。

  • (左から)『総決算!平成紅白歌合戦』囲み取材に登場した櫻井翔、北島三郎、松田聖子

    櫻井翔、『平成紅白歌合戦』で北島三郎&松田聖子と共演「本当に嬉しく光栄」

    エンタメ

     嵐の櫻井翔、歌手の北島三郎、松田聖子が17日、都内で開催された『総決算!平成紅白歌合戦』(NHK総合/4月29日放送)に出席。櫻井は、北島や松田との共演について「嵐としてもご一緒できること、本当に嬉しく光栄に思っていますので、これから収録ですけど、本当に楽しみにしています」と白い歯を見せた。@@cutter 第1部、第2部で構成されている『総決算!平成紅白歌合戦』は、平成という時代を紅白歌合戦で振り返るもの。第1部の司会を小野文恵アナウンサーとともに務める櫻井は、司会を務めるにあたり、過去の映像を見返しているという。  紅白への初出場が、嵐の10周年(2009年)だったことに触れ「初登場でガッチガチに緊張していた嵐が、大先輩である北島さんに『紅白とは』というのを聞いているシーンがあって、ここからご一緒させていただいているんだなという意味で、グッとくるものがありました」と述懐。松田との共演に関しては「2011年ですね。『上を向いて歩こう』を歌われたシーンがとても印象的でした」と明かした。  紅白へ数多く出場してきた北島は「ずっと続いてほしいし、私たち出させてもらった者も、それなりの思い出はちゃんと残っていますね。そんな素敵なステージです」としみじみ。一方の松田は、番組の内容には変化があるとしたうえで「出演させていただいている私たちは、全然変わらないんですね。大きな舞台だから、時代は流れて、色々なことが変わっても、ここに出させていただけるっていう嬉しさとか感謝とか、歌う時の頑張らなくっちゃ!という思いは、全然、昭和の時と変わらなくて。きっとこれからも変わらないんだろうなと思っています」と話していた。  その後、櫻井は自身が司会を務め、北島が5年ぶりの復帰を果たした昨年の紅白における、北島の代表曲『まつり』のステージに言及。登場した山車の近くにいたそうで「司会の立場なので、一番、いわば良い場所にいたんですよね。そうすると、山車の出てくるCO2を全て身に浴びるという(笑)。有難くいただきました」と笑顔で明かしていた。  『総決算!平成紅白歌合戦』NHK総合にて4月29日放送。第1部は19時30分~20時55分、第2部は22時~23時30分にて放送される。

  • 『総決算! 平成紅白歌合戦』第1部に出演する嵐

    平成『紅白』特番、司会は櫻井翔 嵐&北島三郎&松田聖子も出演

    エンタメ

     平成30年間の『NHK紅白歌合戦』を振り返るスペシャル番組『総決算! 平成紅白歌合戦』(NHK総合/4月29日19時30分)の放送が発表された。第1部ではこれまでの名歌唱・名場面を集めて放送するほか、平成の「紅白」を代表するアーティストとして嵐、北島三郎、松田聖子の3組が出演し、思い出やエピソードを語る。司会は嵐の櫻井翔と小野文恵アナウンサー。@@cutter 番組は2部構成で、令和の改元を目前に、終わりゆく平成を、時代を彩った音楽でかみしめる。放送にあたり、もう一度見たい平成紅白の名シーンについての視聴者からのリクエストを、番組ホームページで4月8日から受け付けている。第2部の詳細は後日発表される。  昨年末に平成最後の「紅白」の司会も務めた嵐の櫻井は、これまでの30年間を振り返り、「最初の10年は小中学生。一視聴者としてテレビを見ていました。 続いての10年はジャニーズJr.として、そして嵐として、憧れの舞台として眺めていました。そして最後の10年が始まることとなる2009年。嵐10周年のタイミングで紅白の舞台へ迎えて頂きました。以来、毎年あの舞台へとお招き頂いております」とした上、「ご覧頂く幅広い世代の方々が、“平成の紅白”を架け橋に沢山の会話が生まれるような番組にしていきたいと思います」と意気込んでいる。   『総決算! 平成紅白歌合戦』はNHK総合にて、第1部が4月29日19時30分、第2部が同22時放送。

  • 内田有紀

    内田有紀「妄想するのがストレス発散」 建築フェチぶりで櫻井翔と意気投合

    エンタメ

     女優の内田有紀が4日、『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系/毎週木曜22時)に出演し、「妄想するのがストレス発散」と語るほど、好きな建造物の魅力について熱く語った。@@cutter 番組では「内田有紀はなぜ変わらない? 徹底分析!」と題し、内田の謎のプライベートに迫った。その中でストレス解消法として「明治から昭和初期の建物鑑賞」を挙げた内田は「建物の細部の作りだとか、職人さんがその時代どんな思いで彫刻を掘ったのかとかを妄想するのがストレス発散なんです」と意外な一面を披露した。大阪での朝ドラ撮影中も、時間を見つけては建築を眺めに行っていたといい「触りたいけど触っちゃいけないじゃないですか? だからじーっと見て…」と明かした。  その後も、明治の建築家・辰野金吾が建てた建造物が大好きと話すなど、熱弁が止まらない内田。共演者らがあ然とする中、建築の連載をしているというMCの嵐・櫻井翔がトークに加わり、内田と共に建物の魅力について語りあった。  櫻井が「今日の朝、迎賓館に行って参りました」と話すと内田は「素敵!」と笑顔に。さらに内田は東京・目黒にある国重要文化財「旧前田家本邸」の魅力について「洋館の中にある畳の部屋とかも見るのが好き。洋と和が合わさるところがエキゾチック」とテンション高めに振り、櫻井も負けじと「そういうことなら、迎賓館の隣にある別館が和館になっていて非常にきれいなコントラストになっていますのでぜひ!」と語ると「ぜひ行かせていただきます」と目を輝かせ、意気投合していた。

  • (左から)新『クリアアサヒ』CM発表会に登場した高畑充希、櫻井翔

    櫻井翔、高畑充希の鋭い指摘に驚く「そんなにしっかり見ていてくれてうれしい」

    エンタメ

     嵐の櫻井翔と女優の高畑充希が26日、都内で開催された「発見。クリアという“味” 新『クリアアサヒ』CM発表会」に登壇。高畑がCMでの櫻井のある動きを見て、「櫻井さんのプライベートを垣間見てた気がした」と明かし、その観察眼に櫻井が驚く一幕があった。@@cutter 2人が出演しているTVCM第二弾が27日より順次全国で放送。部屋の中で2人が新クリアアサヒと前のものを飲み比べている様子が描かれるが、櫻井は「家のような雰囲気でリラックスしてできたんですけど、カメラの数がすごく多かった」と驚いたことを明かし、「後ろから下からと、いろんな角度から自然な表情を切り取っていただいたと思います」としみじみ。  また、CMは監督からのリクエストで自身の言葉を発したそうで、「ほぼ自由演技なんですけど、『は~』とか『ほえ~』とかしか出なくて自分のボキャブラリーの貧困さに驚きました」と振り返りつつ、「これが素の表情なんだと思います」と振り返った。  そんな櫻井のCMを見た高畑は、「最後の2番目くらいのカットが普段見られない目で、プライベートを垣間見ちゃった気がして。おうちでこんな感じなのかなと思いました」と鋭い感想を。櫻井は「そんなにしっかり見ていてくれてうれしい」と笑顔を見せ、CMでの高畑の姿を「もぐもぐしながらビール飲む姿は見たことないので、お互いに自然な表情が詰まってるのかな」とアピールした。  イベントでは、「発見。」というテーマにかけてトークを展開し、2人が日常の中で「いつも〇〇だけなんてもったいない」と思ったことは?という質問も。櫻井は「旅行」と挙げ、「つい先日、10年ぶりに家族全員で温泉旅行に行って。いつもは一人や友達とは行くんですけど、家族は久しぶりでいいな~と思いました」とエピソードを披露。  一方、高畑は「お米」と回答。最近、お米の食べ比べにはまっているそうで、「いろんな産地や銘柄のお米が少しずつ詰め合わせになっているのをいただいて。全然味が違うので、面白い。粒がしっかり目に分かるのが好きです」とニッコリ。櫻井も昨年秋に玄米にハマっていたそうで、「嵐のミュージックビデオを撮影したレストランで買った玄米をおうちで食べたりしてましたね」と明かしていた。  『クリアアサヒ』第二弾TVCMは27日より順次全国放送。

  • 櫻井翔、『news zero』で嵐活動休止を発表した今の心境を語る

    嵐・櫻井翔「何かあったらフォローする」 大野智との会見前の会話明かす

    エンタメ

     2020年いっぱいでの活動休止を発表した5人組アイドルグループ嵐の櫻井翔が28日、月曜キャスターを務める『news zero』(日本テレビ系/毎週月曜から木曜23時、金曜23時30分)にて、会見後初の生出演を果たし、現在の心境を語った。ファンからは櫻井の言葉、対応力、振る舞いを絶賛するコメントがSNS上に集まっている。@@cutter 現在の心境について「数えきれない方々から暖かいコメントをしていただいて胸がいっぱい」と吐露する同時に、同番組では「どこまでも聞いてください。すべて話します」と宣言した櫻井。有働由美子アナに会見当日の状況を問われると、「当日昼に大野に連絡し、「何かあったら僕が必ずフォローするので安心して会見をしてほしい」と伝え、メンバーには会見30分ほど前に「2020年12月31日までしっかりと肩組んで今まで以上に一致団結して頑張っていきましょう」と伝えたという。  会見中は「ファンの方、一人ひとりの気持ちと、周りにいるスタッフの思いを考えるとどうかこの日が来なければいいのにと思っていたと同時に、やっとお伝え出来るという複雑な心境」を感じていたと明かした。  続いて「5人で歌ってきたので、大野抜きで嵐を名乗り、嵐の歌を届けるのは考えられない。1人でも欠けたら嵐ではない。5人とも全く同じ思いである。」と強調した後、「(休止の話し合いを行った)2017年6月時点では解散も脳裏にちらついた。なんとかそれを回避して皆が納得する形に着地しなければいけない。それが自分の役割」と力強い眼差しで言葉を口にした。同時に、休止の話をした翌朝、目覚めるとホテルのベッドの下に転がっていたことを明かし、「後で思うと自分自身もショックだったのかもしれない」と振り返っている。  物議を醸した会見時の記者からの「無責任ではないか」という質問に関しては、「あの質問をいただいたおかげで、我々の思いのたけがきちんと伝わった。いろんな質問をしていただけて、お伝えできることがある」と肯定的に捉えている様子。2020年の休止以降、復活はあるのか投げかけられると「復活はあります。いつかまた5人で揃ってパフォーマンスするということを頭の片隅に起きながらそれぞれが活動していくと思います」と迷いなく語った。  最後に今後の展開を問われ、「MCもそうですし、ドラマもそうですし、映画もそうですし…全て大絶賛受け付けております。これは強くこの場をお借りしてお伝えしたい!」とアピールし、持ち前の明るさでスタジオを笑いに包んだ櫻井。有働アナは「前向きな活動休止宣言ですね」と称賛の言葉を送っていた。  ファンからはSNS上に、「櫻井くん、やっぱり素晴らしい人間性」「櫻井翔完璧すぎて惚れる」「無責任という質問に対しての対応が素晴らしすぎる。これぞポジティブシンキング」といった絶賛の声が巻き起こっている。

  • 嵐ファンを公言する(左から)綾野剛とゴールデンボンバー歌広場淳

    嵐が2020年活動休止 綾野剛、金爆・歌広場らファンの芸能人が続々コメント

    エンタメ

     5人組アイドルグループ嵐が27日、2020年いっぱいで活動休止することを発表した。トップグループの突然の発表に、同じジャニーズ事務所所属のアイドルや、嵐ファンを公言する芸能人らもコメントしている。@@cutter 同日公開の動画上で、リーダーの大野智が自らの言葉で活動休止を説明。2017年6月中旬ごろ、ほかのメンバー4人を集め、自身の嵐での活動を2020年をもって終えたいという旨を相談。大野は「一度何事にも縛られず、自由な生活をしたい」という思いを伝え、それから1対1、その後は5人で話し合いを重ねた結果、2020年をもって嵐自体を休止する決断にいたったと経緯を説明した。  大野は、残りの嵐の活動期間について「今できる自分の使命をきっちりと果たしていきたいと思っています」と誓い、二宮和也、松本潤、相葉雅紀、櫻井翔も今の率直な思いを語った。 ■ KAT‐TUN亀梨和也「嵐の背負っているものは計り知れない」  人気アイドルグループの発表には、同じジャニーズ所属の後輩でKAT‐TUN亀梨和也も、同日の『Going!Sport&News』(日本テレビ系/毎週土曜・日曜23時55分)でコメント。嵐メンバーから事前に直接報告あったと語り、「驚きと、鳥肌が立って、どういう感情なのかも分からなかった」と動揺を明かし、「嵐は本当に大きく、その大きさゆえに、その背負っているものは計り知れない」とコメント。また同日5人で行った会見についても「誠実さを感じた」と感想を語った。活動再開したときに関しては、「後輩として、また5人の嵐に出会えることを楽しみにしたい」と期待を込めた。 ■ 風間俊介「お互いを尊重し合う、とても温かいグループ」  俳優の風間俊介は、翌28日朝放送の『ZIP!』(日本テレビ系/毎週月曜から金曜5時50分)の生放送でこの件に触れ、「たくさんの時間をかけて出した答えっていうのはその瞬間に分かりました」と話し、会見については「僕から見ての嵐っていうのは、聡明で思いやりがあり、お互いを尊重し合う、とても温かいグループ。その魅力が本当に詰まった会見」と評し、「改めてこの5人が好きだな、この5人を好きでいて良かったなと、そんな気持ちにさせてくれる温かい会見だったなと僕は思います」と率直な感想を述べた。 ■ TOKIO国分「嵐の背負っているものは計り知れない」  28日の『ビビット』(TBS系/毎週月曜から金曜8時)に出演したTOKIO国分太一も、番組冒頭で後輩グループが下した決断に触れ、「複雑というか、驚くというか、活動休止を決めた嵐なんだ、というような部分と、立ち止まりたいという大野の気持ち、4人のなんとかならないかと思った気持ち、全て分かるような気がして、複雑な気持ちになった」とコメントする一方、驚きは「正直なかったですね」とも。最後には「個人的には、また、ごはん食べましょう。ぜひ、おごってください!」と呼びかけてスタジオの笑いを誘い、しんみりとしたムードを変えていた。 ■ 綾野剛、金爆・歌広場淳ほか 嵐ファンの芸能人もコメント  また、嵐とゆかりのある芸能人からも続々とコメントが届いている。  嵐のファンを公言していた俳優の綾野剛は、開設したばかりの自身のインスタグラムで、嵐の名前こそ出していないものの「五つの愛。 全ては 無限ではない。 有限である。 きちんと受け止め、ゆっくりゆっくり向き合っていきます」と綴り、「同じ時代に生きてる事を私は誇りに思います。 感謝と愛を込めて。 #5×20」と感謝を込め、続く投稿で「今日こそ前進だ。 よし!」と前を向いた。  同じく嵐の名前は出していないが、歌広場淳とムロツヨシも反応。  熱狂的な松本ファンで知られるゴールデンボンバー歌広場淳は自身のツイッター上で、第一報があった直後に「それだけは『いつまでもいる』と思い込んでた…」と衝撃を受けてることをうかがわせ、「8/30は大阪に行きたい」と、今年の8月30日(松本の誕生日)に大阪で開催される嵐のコンサート参戦への希望とみられる言葉を投稿した。  『嵐にしやがれ』(日本テレビ系/毎週土曜21時)出演経験のある俳優のムロツヨシは自身のツイッターで「そかぁ、 できる限り、 しやがれ、しないとなぁ、 でていかなきゃなぁ」とコメントしている。  また、嵐のレギュラー番組『VS嵐』(フジテレビ系/毎週木曜19時)への出演経験があるお笑いトリオ・ジャングルポケット斉藤慎二は、自身のツイッターで、嵐をテーマにしたコントを作った思い出を振り返り、「活動休止まで沢山共演できるように頑張ろう!」と誓った。 引用:https://www.instagram.com/go_ayano_official/    https://twitter.com/junjunmjgirly    https://twitter.com/chsaito    https://twitter.com/murotsuyoshi

  • 妻夫木聡

    妻夫木聡「一番どうしていいか分からない」 嵐・櫻井翔との共演に本音

    エンタメ

     俳優の妻夫木聡が6日、『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系/毎週木曜22時)で、嵐の櫻井翔とのサシ飲みロケを敢行。2人の本音のトークに、視聴者からSNS上にさまざまな反響が寄せられている。@@cutter 2001年のドラマ『天国に一番近い男』で共演して以来という2人は、実は「一番最初の芸能界の友達」「親友」というほどの仲で、その関係は15年以上に及ぶとのこと。そのため、妻夫木は「櫻井と同じ番組に出ると一番どうしていいか分からない。俳優ぶってる状態の妻夫木を櫻井に見られたくないし、『なに俺、櫻井の前で仕事してんの?』って。ちょっと恥ずかしいっていうか…」と語り、「櫻井だけだね、あの感覚になるのは」とも。  サシ飲みの中では、お互いが20年間聞けなかった質問をし合う場面も。妻夫木は櫻井に「メンバーに嫉妬したことは?」と質問。櫻井は今は全くなかったとしながら、「昔はあったと思う」。櫻井は「デビューしてすぐのころ、10代、20代前半はライバルがほかの4人だと思いながらやってた」と明かした。ただ、「グループでやってて時間が経つと、ライバルってこの4人じゃなくて実は外にいっぱいいるってことに何かのタイミングで気付く」とし「むしろこの4人って味方で、その外と戦わなきゃいけないことに気づいて」と明かしていた。  櫻井からは妻夫木に「同世代の俳優に嫉妬は?」と質問が。妻夫木は「窪塚(洋介)くんと比べられることが多かったから。俺は無個性な人間だったから…(窪塚は)個性が強いじゃん。」と、かつてドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)で共演した窪塚洋介の名前を挙げていた。  その後、2人のサシ飲みには途中から共通の親友だという佐藤隆太が合流。佐藤はロケとは知らずに櫻井から呼び出され、「最悪この瞬間から使えない可能性ある」と困惑。妻夫木が「いま事務所に電話すれば? 金か! 金か! ギャラ!」とイジれば、そのさまに櫻井は大爆笑。  櫻井、妻夫木、佐藤の親友同士であるからこそ見せた素顔は視聴者に大好評。「翔くんの地の笑顔にほっこり」「とてもいい関係」「一緒にいて楽しいのが伝わってきた」「翔ちゃんとブッキーの親友サシ飲み楽しみにしてたら隆ちゃんまで!!仲良いよねーーー!!」「仲良い感が凄いあって普段の飲みを覗き見してる感あってファン良いなぁ~!」といった歓喜の声が上がっていた。

  • (左から)広瀬すず、内村光良、櫻井翔 『第69回NHK紅白歌合戦』司会者取材会にて  クランクイン!

    櫻井翔、嵐の紅白初出場時は「司会の中居くんが見守ってくれた」<第69回紅白歌合戦>

    エンタメ

     ウッチャンナンチャンの内村光良、女優の広瀬すず、嵐の櫻井翔が26日、都内で開催された『第69回NHK紅白歌合戦』司会者取材会に出席。櫻井は、今年初出場となる同じジャニーズ事務所の後輩・King & Princeに対して、「緊張し過ぎても足りないくらいの大舞台だと思うので、十分に緊張してその緊張感を楽しめたらいいと思う」とエールを送った。@@cutter 2年連続で総合司会を務める内村は、「2回はないと思っていたので驚いています。去年はフレッシュだけで乗り切りましたが、今回はそうはいかないので鮮度を保ちつつ盛り上げられたら」と新たな決意を。また、新たな野心も出てきたそうで「ポケットビスケッツで紅組に出て、今回は司会。次は白組で、審査員と紅白のグランドスラムを目指したい」と宣言した。  一方、初出演となる広瀬は「逆にフレッシュさ全開で頑張りたい。司会は未知の世界ですが、まずは楽しめたら」とにっこり。また櫻井と映画『ラプラスの魔女』で共演経験があることもあり、「心強いし、安心してます」と櫻井を信頼。最近その映画を見たという内村は「イケるなと思った」とニンマリし、去年の経験から広瀬に「リハと本番では緊張感が全然違う。あの番組は化け物だ!」とアドバイスを送っていた。  櫻井は嵐として司会経験があるが、単独司会は初。一昨年と昨年、メンバーの相葉雅紀と二宮和也が司会を務めていることもあり、「何より心強い先輩がいるので、教えを乞いながら頑張っていきたい」と語った。  また、2009年にアーティストとして初出場した際に「(当時の司会だった)中居(正広)くんが袖でずっと見守ってくれていて。司会の方が横で支えてくれる心強さを痛感したので、多くのアーティストを支えられるよう頑張りたい」と意気込んだ。  「ほかの2人に期待したいことは?」という質問に、内村は「櫻井くんは他局でも歌番組の司会をやってるので、放っておこうと思います(笑)。その分、すずちゃんのサポートをやりたい」と断言。櫻井はそんな内村に「大先輩ですが、垣根を作らず接してくれる人なので、なるべく僕にかまってもらえるよう、なつきたい」と広瀬をライバル視。広瀬は「私が足を引っ張らなければ大丈夫だろうっていうくらい大先輩なお2人。全力でついていきたい」と笑顔で明話していた。  『第69回NHK紅白歌合戦』はNHK総合、BS4K、BS8K、ラジオ第1にて12月31日19時15分放送。

  • 第69回紅白歌合戦で司会を務める内村光良&広瀬すず

    櫻井翔&広瀬すず、紅白司会に 総合司会は2年連続内村光良

    エンタメ

     大みそか恒例の『第69回NHK紅白歌合戦』の司会者が発表され、紅組司会を広瀬すず、白組司会を嵐の櫻井翔が務め、総合司会を内村光良と桑子真帆アナウンサーが担当することが明らかになった。来年4月スタートのNHK連続テレビ小説の100作目『なつぞら』でヒロインを演じる広瀬は「『朝ドラ、100作目だからね、頑張ってね』と言われたときと同じようなプレッシャーと責任を感じております。まだまだ実感が湧かない日々ですが、一生懸命頑張りたいと思っております」と心境を明かしている。@@cutter 2010年からは嵐として連続5回白組司会を務め、今回初めて個人として白組司会を務める櫻井は「小学一年生の年明けまもなく。祖父母の家のこたつに入りながらテレビで見た、“平成”の年号の発表はいまも鮮明に記憶に残っております。あの日からおよそ30年。“平成最後の紅白歌合戦”の司会をさせて頂くことになると、当時の私に伝えても信じてもらえないと思います。身に余る大役。幅広い多くの方の心に残る紅白になるよう、精一杯務めて参りたいと思います」と抱負を明かしている。  『なつぞら』のヒロイン・奥原なつを演じる広瀬は「紅白という大きな舞台のこんな大役を私に与えてくださった皆様に、まずは、一番驚いています。本当にどうして良いのか分からないというのが、今の正直な気持ちです。私に務まるのか、期待にお応えできるかまだ自信はありませんが、ご出演されるアーティストの方々と、そして内村さんと櫻井さんという、心強い先輩方とテレビで見ていたあの場所で、ご一緒させて頂けることを楽しみにしております」とコメント。  一方、2年連続で総合司会を担当する内村は「二度とないことだと思っていたので本当に驚いています。『平成最後の紅白は ああだったな』と、ずっと記憶に残るような、そんな“歌合戦”を皆さんと一緒に目指したいと思います。今年は何回早着替えをするのか楽しみです」と語り、続けて「私を再び推薦して下さったNHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクターの三津谷寛治氏に感謝します」と、自身が同局の『LIFE!~人生に捧げるコント~』で演じるキャラクターにメッセージを送った。  『第69回NHK紅白歌合戦』は、NHK総合・BS4K・BS8K・ラジオ第1にて、12月31日19時15分放送。

  • 『ラプラスの魔女』櫻井翔、広瀬すず、三池崇史監督によるビジュアルコメンタリー収録!

    櫻井翔×広瀬すず『ラプラスの魔女』ビジュアルコメンタリー収録レポート到着!

    映画

     東野圭吾原作のミステリー小説を櫻井翔主演で映画化した『ラプラスの魔女』のBlu‐ray&DVDが11月14日に発売となる。発売を前に、豪華版の特典となるビジュアルコメンタリーの収録が行われ、櫻井、広瀬すず、三池崇史監督が本編を見ながら、撮影の裏側を明かしたり、お互いの疑問などを質問し合ったりと、ここでしか聞けない貴重な秘話が明かされた。@@cutter 本作は、東野圭吾が2015年にデビュー30周年記念作として発表し、累計発行部数120万部を突破した大ベストセラー「ラプラスの魔女」を、三池監督が映画化した作品。謎多き事件の調査に当たる生真面目な大学教授・青江修介役を4年ぶりの映画単独主演となる櫻井が務め、自然現象を予言するヒロイン・羽原円華役を広瀬、円華が探している失踪中の青年・甘粕謙人役を福士蒼汰が演じた。  本作の豪華版の映像特典には初出しインタビューやメイキング、豪華キャストが登壇したイベント映像集など貴重な映像特典が多数収録されている。さらに、櫻井、広瀬、三池監督による撮り下ろしビジュアルコメンタリーも収録されており、この度、その収録時のレポートが到着した。  本編がはじまる前に、まずは挨拶として自己紹介を促されると、櫻井は「来年で20周年を迎える“嵐”をやっています、櫻井翔です。群馬県に生まれ落ち、東京で育ち、早36年となりました。血液型はA型、星座は水瓶座。趣味は、冬場限定でスキーをやっています」と、ビジュアルコメンタリーとは思えない意表を突いた挨拶を披露。和やかなムードで撮影がスタートした。  物語は硫化水素中毒による死亡事件が発生し、櫻井演じる地球化学の専門家・青江教授が、事故現場の調査を行うところからはじまる。集まった警察や取材陣に調査結果を説明するシーンで、「ここ、セリフが全然言えなかった。4、5テイク撮り直しましたよね」と櫻井。「人がいっぱいいるから、なんか緊張しちゃって」と言うと、大人数の前でコンサートを行っている櫻井に対し、三池監督と広瀬から「それはないでしょ」とツッコまれていた。  また、化学的な専門用語のセリフが多かった広瀬に対し、櫻井が「スラスラ言えていてすごいと思った」と伝えると「いままでの作品で一番覚えられなかった」と苦労を明かした。広瀬にとって“初”だったこともいくつかあったようで、「はじめて1回も制服を着ていない」と意外な事実を語ったほか、“練習モノ”ではないこともはじめての経験だったといい、三池監督から「踊らないしね(笑)」と言われると、「“かるた”取ったりもしなかったので(笑)」と笑顔で返していた。  “天候”など自然現象が物語のキーとなっていて、雪の積もったシーン、風のシーンなど様々なシチュエーションのシーンが存在する本作。CGやスタジオで撮影しているカットもあるが、ロケで撮影しているカットも多く、実際、天候の都合で撮影が遅れることもあったが、三池監督はそんな状況が「けっこう好き」という。雨で撮影が出来なかったり、吹雪になってしまったり、逆に、絵に描いたように晴れたり、思いもよらぬ良い風が吹いたり、「あ、地球と一緒に仕事している」と感じるのだそう。それには櫻井、広瀬も感銘を受け、天候が関わるシーンになると「地球と一緒に仕事していますね!」と言うのが、合言葉になり盛り上がっていた。  コメンタリーではこのほかにも、福士、リリー・フランキー、豊川悦司など他の出演者に関するエピソードや、撮影後のプライベートの話、映画のプロモーション活動でのエピソードなども明かされている。  映画『ラプラスの魔女』のBlu‐ray&DVDは、11月14日(水)発売。同日レンタル開始。 @@insert1

  • (左から)櫻井翔、舘ひろし

    櫻井翔、ラグビーの思い出は「130cmしかなかったから試合が怖かった」

    エンタメ

     俳優の舘ひろしと嵐の櫻井翔が、20日に都内で開催された「ラグビーワールドカップ2019日本大会 1YEAR TO GO KICK‐OFF EVENT」に登場。2人がお互いの印象を明かし、舘は櫻井との関係を「目指すはマブダチですから」と笑顔を見せた。@@cutter 今回、舘は大会PRキャプテンに就任。「日本で開催されるなんてうれしい」と喜び、「高校時代、3年間ラグビーをやっていましたが、その時に培った友情や経験は今でも自分の人生に影響を与えていますね」としみじみ。また、PRのためにツイッターを始めるそうで、「今、勉強中。SNSも自撮りも初めて。どうなるか分からないけど、少しでもラグビーの魅力を伝えられれば」と照れながら明かした。  ラグビー経験者でもあり、ラグビーファンだという櫻井は、スペシャルゲストとして登場。「小学生の時2年間だけしかやってないけど、この場に立ててうれしい」とニッコリ。さらに、「舘さんのように新しく始めることはないけど」と謙遜しつつ、「先日もラグビーの試合を見に行った。実際、自分が足を運んで今まで以上に知り、自分の中を通して皆さんに伝えていけたら」と意気込む。  櫻井は、出身校である慶應義塾大学のタイガージャージを着たくて、ラグビーを始めたそうだが、「小学5年生の時、130cmくらいしかなくて。すごく小さかったので、試合が怖くて怖くて。試合ではタックルのフリをしていました」と、甘酸っぱい思い出も明かした。  また、舘と櫻井はお互いの印象についても言及。舘が「ここのところよくお会いして、いいですよね…」とそれだけで終えようとすると、櫻井が「もっとくださいよ!」とすかさずツッコミ。舘は「良すぎて、嫉妬しますよね。かっこよくて、頭も良さそうだし」と笑いながら弁明していた。  一方、櫻井は舘のことを「本当にステキです。楽屋にご挨拶に行った時も、舘さんはいつでも“舘ひろし”って感じで、常にナチュラルなことが多いし、フレンドリーに接してくれる。お会いする前は、素敵なおじさまだと思っていたけど、お兄ちゃんくらいみたい」とべた褒め。それを受けて舘が、「目指すはマブダチですから」と宣言していた。

  • (左から)櫻井翔、上田晋也、舘ひろし

    櫻井翔が「ラグビーW杯」スペシャルサポーター 注目する選手を告白

    エンタメ

     嵐の櫻井翔が、日本テレビ系で放送される「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のスペシャルサポーターに就任した。小学生時代、2年間のラグビー経験がある櫻井は、「ラグビーの魅力を皆さんにお伝えできるよう、一ラグビーファンとして頑張りたいと思います」と意欲を語っている。@@cutter 1987年から4年に1度行われている「ラグビーワールドカップ」は、サッカーワールドカップ、夏季オリンピックと並ぶ「世界3大スポーツイベント」とも称されるビックイベント。2015年のイングランド大会では、247万枚以上チケットが売れ、世界中で推定40億人以上がテレビで観戦したとされる。2019年は開催国を日本に移し、全国12都市で日本を含む全20チームが、優勝を目指して戦う。  櫻井は小学5~6年生の2年間、「スクラムハーフ」のポジションをやっていたという。「今でもラグビーは好きで、トップリーグや学生の試合は観に行ったりしています」とラグビー好きを公言。注目している日本の選手としては、「スクラムハーフながらハードにタックルもする田中史朗選手です。体格の全く違う海外の大きい選手にも動じず、タックルしていく姿は、見ていて惚れ惚れします」と語っている。  そのほか、スペシャルMCに就任したくりぃむしちゅー・上田晋也は「ワールドカップならではの世界一流のハイレベルな試合を日本で体感出来ると思うと、嬉しく思います」とコメント。応援団長の俳優・舘ひろしは「日本で開催されるラグビーワールドカップは一生のうちに二度と見られないかもしれない貴重な大会です。最近では日本チームの調子がとても上がっているので、大会でも相当上にいけるのではないかと信じています」と期待し、「とにかくラグビーが大好きなので、精一杯、応援団長として頑張ります」と誓っている。  「ラグビーワールドカップ2019日本大会」は、2019年9月20日~11月2日まで開催。日本テレビ系で中継される。

  • 『ラプラスの魔女』Blu‐ray&DVD、11月14日(水)発売&同日レンタル開始! Blu‐ray 豪華版(7500円+税)、DVD 豪華版(6500円+税)、DVD 通常版(3800円+税) ※画像はBlu‐ray 豪華版の展開図

    櫻井翔×広瀬すず×福士蒼汰、初共演!『ラプラスの魔女』11月BD&DVD発売

    映画

     東野圭吾が2015年にデビュー30周年作として発表した大ベストセラーを、鬼才・三池崇史監督が映画化したミステリー作品『ラプラスの魔女』。櫻井翔と広瀬すず、福士蒼汰が初共演を果たしたことも大きな話題となった本作のBlu‐ray&DVDが、11月14日から発売&レンタル開始されることがわかった。豪華版の映像特典にはビジュアルコメンタリーや初出しインタビューなど、ここでしか観ることができない映像が多数収められている。@@cutter 「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」という東野自身の発言も話題となった異色かつ衝撃のミステリー「ラプラスの魔女」を映画化した本作。連続して起きた2つの不審死は、単なる偶然の事故なのか?それとも事件なのか?謎多き事件の調査に当たる地球化学の専門家・青江修介教授を演じるのは、4年ぶりの映画単独主演となる櫻井翔。そして、青江の前に現れる謎の女・羽原円華を広瀬すずが演じ、事件の秘密を知る重要人物・甘粕謙人を福士蒼汰が演じる。  さらに、豊川悦司、リリー・フランキー、玉木宏ら全員主役級とも言えるキャストたちが名を連ね、ほかにも志田未来、佐藤江梨子、TAO、高嶋政伸、檀れいといった豪華な顔ぶれが緊張感あふれるサスペンスを作り上げた。  今回発売が決まったBlu‐ray&DVDの豪華版には、櫻井、広瀬、三池監督による撮り下ろしビジュアルコメンタリーが映像特典として収録される。ここでしか聴くことができない撮影裏話が明かされるほか、現場でも仲の良かったキャストたちの様子も垣間見ることができる貴重映像となっている。  そのほかにも、初出しインタビュー、メイキング、豪華キャストが登壇したイベント映像集などの映像特典がディスク2枚分たっぷり収録されており、本作を何倍も楽しむことができる内容となっている。  映画『ラプラスの魔女』Blu‐ray&DVDは、11月14日(水)発売、同日レンタル開始。

  • (左から)大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤

    嵐『夏の甲子園』SP映像解禁 ダル&大谷ら高校野球スターの姿も

    エンタメ

     嵐が歌う“2018 ABC夏の高校野球応援ソング/「熱闘甲子園」テーマソング”『夏疾風(なつはやて)』が流れる、『嵐×甲子園 スペシャル映像』が6月1日に公開されることが分かった。8月5日に開幕する「第100回全国高校野球選手権記念大会」期間中には、阪神甲子園球場のオーロラビジョンでも放映されるという本映像に相葉雅紀は、「球場で流れるなんて光栄! ワクワクします」と胸を躍らせている。@@cutter 『嵐×甲子園 スペシャル映像』には、嵐が高校球児に思いを馳せながら『夏疾風』を歌う姿をはじめ、ドローンを駆使して球場と一体となる5人をとらえたダイナミックなシーンも登場。さらに、ダルビッシュ有、田中将大、大谷翔平といった甲子園を沸かせたスター選手の懐かしい名場面も盛り込まれる。  撮影は、甲子園球場を舞台に行われ、嵐がグラウンドに足を踏み入れるのは、1998年の第80回記念大会のプレイベントに出演して以来、実に20年ぶりのことだ。  二宮和也は「やっぱり甲子園はいいですね。デカいです!」と感慨深げな様子。松本潤はキャップを脱いでグラウンドに一礼し、「(高校野球に)出たかったな~」としみじみ。グラウンドに立つ喜びを爆発させたのは、今大会の“熱闘!高校野球100回スペシャルナビゲーター”としても活躍中の相葉だ。撮影の合間にベンチ横のカメラマン席をのぞき込んだり、肩を回して「いつでも投げられますよ(笑)」と強肩をアピールしたりと大興奮の様子だった。  撮影を終えた櫻井翔は「誰もいないグラウンドに5人が足を踏み入れたとき、ちょっとゾクゾクしました」と振り返り、「楽曲の雰囲気をより伝えられる映像になっていると思います」と手応えを口にする。一方、足跡ひとつないほど整備されたグラウンドに感激したという大野智は「僕らが足跡をつけるなんておこがましくて」と恐縮しつつも「記念大会を応援したい」と意気込んだ。  『嵐×甲子園 スペシャル映像』は、高校野球のPR映像としてABCテレビでは随時放送予定で、6月1日5時よりABC高校野球公式サイトで配信開始。

  • (左から)松本潤、大野智、相葉雅紀、二宮和也、櫻井翔

    嵐が甲子園に登場 大興奮の相葉雅紀「砂持って帰ります!」宣言

    エンタメ

     2018年夏の高校野球応援ソングの発表会見が兵庫県西宮市の甲子園球場で行われ、応援ソングを担当する嵐のメンバーが会見に出席。高校野球ファンとしても知られるメンバーの相葉雅紀が甲子園球場への愛を語る一幕があった。@@cutter 2018年が第100回大会となる「夏の全国高校野球選手権大会」。記念すべき大会の応援歌は嵐が歌う新曲「夏疾風(なつはやて)」。作詞作曲は、嵐のメンバーと長年の親交がある、ゆずの北川悠仁が手がけている。  ウグイス嬢のアナウンスを合図に一人ずつグラウンドに登場した嵐の面々。全員が集合したところでプレイボールを告げるおなじみのサイレン音が甲子園にこだまするとメンバーのテンションもアップ。先日、“熱闘! 高校野球100回スペシャルナビゲーター”への就任が発表された相葉は「信じられないですねぇ…」と喜びを噛みしめるように一言。その様子を見た櫻井翔が「相葉、大興奮だね」と語りかけると相葉は「マジで大興奮ですね、帰りに砂を持って帰ります」と宣言し、メンバーを爆笑させていた。さらに櫻井が「それはやめてください」とツッコむと、二宮和也も続いて「また今度来るでしょ!」と相葉をたしなめて、会見に集まった記者の笑いを誘った。  メンバーの中で野球経験のない大野智は、甲子園球場の迫力に圧倒されたようで「ここに立てること自体が特別なことではあるので、正直戸惑っていますね。申し訳ないなぁ…と思いながら…」と語ると、他のメンバーから「喜んで!喜んで!」と注意される一幕も。  この日、嵐のメンバーは朝から、今回の楽曲のPR映像を甲子園球場で撮影。撮影の様子について聞かれた櫻井は「誰もいないグラウンドにメンバー全員が足を踏み入れる瞬間はゾクゾクしましたね」と語ると相葉は「ここに来た時、足跡が一つもなかったんだよね! 阪神園芸さんの力ですよね…」とコメントし、またしても甲子園への愛をにじませていた。また小学生の頃は野球少年だったという松本潤は、甲子園を目指す高校球児たちへ「とにかく楽しんで悔いのない夏を過ごしてください」と力強いエールを送った。

  • (左から)櫻井翔、広瀬すず

    櫻井翔「一生の付き合いができる友達を作って」学生500人にエール

    映画

     嵐の櫻井翔が19日、日本大学で開催された主演映画『ラプラスの魔女』公開直前イベントに登場。広瀬すず、約500人の学生と共に「地球科学」の特別講義に参加し、未来が楽しみな学生たちにメッセージを送った。@@cutter 本作は、東野圭吾が発表した同名小説を原作とするサスペンスミステリー。立証不可能な事件が立て続けに起こり、頭を悩ませる地球化学教授・青江修介(櫻井)の前に、未来を予見する謎の女・羽原円華(広瀬)が現れ、事態が動き始める。  映画の内容にちなみ、文理学部地球科学科の加藤央之教授と竹内真司教授が行った特別講義のテーマは“未来予測”は可能かどうか。彼らと同じ大学教授を演じた櫻井は「セリフとはいえ聞き馴染みのない言葉を頭に入れるのは難しかったです」と言いながら、「気象現象を利用した殺人というのは実際に可能なものなのか」と、撮影中から抱えていた質問を投げかけた。  同じく「理系は嫌いではないけど得意だった記憶もない」とセリフ覚えに苦戦したことを明かした広瀬も「竜巻の予測ってできるんですか」と質問。それをきっかけに会場で小型の竜巻を起こす実験が行われ、ケース内で巻き起こった竜巻を見た二人は驚きと感激の表情を浮かべていた。  最後に櫻井は同席した学生に向け、「この映画の取材で『未来が見れたらどうですか』とよく聞かれますが、皆さん大学生で、未来への可能性がいっぱいある。今はそれを意識しないと思うし、僕も大学生の時は友達と酒を飲んでただけでしたけど、その時の友達とは今も繋がってたりする」と語り、「勉強ももちろん大切だけど、一生の付き合いができる友達との時間を育むことを大切にしながら大学生活を満喫したら、後で振り返ったときにいい時間だと思えるのかな」とメッセージを送った。  映画『ラプラスの魔女』は5月4日より全国公開。

  • 『ラプラスの魔女』完成披露記念イベントに登場した櫻井翔

    嵐・櫻井翔、広瀬すずとトレーニングに励み“汗だく”

    映画

     嵐の櫻井翔が4日、都内で開催された映画『ラプラスの魔女』の完成披露イベントに、共演した広瀬すず、福士蒼汰らと共に出席。レッドカーペットイベントを楽しみ、「ちょっと外タレ気分。すごい高揚感でいっぱい」と笑顔を見せ、撮影中、広瀬と共に体力トレーニングに励んだことを明かした。@@cutter 本作は、東野圭吾が発表した同名小説を原作とするサスペンスミステリー。立証不可能な事件が立て続けに起こり、頭を悩ませる地球化学教授・青江修介(櫻井)の前に、未来を予見する謎の女・羽原円華(広瀬)が現れ、事態が動き始める。  謎多き難事件の調査にあたる主人公・青江を演じる櫻井は、タキシードで登場。詰めかけた1000人のファンに向けて、レッドカーペット上では「テレビ局の各局のレポーターの方がインタビューしてくださるんですよ」と説明し、状況を客観視して「ちょっと外タレ気分。すごい高揚感でいっぱい」と笑顔を見せた。  今回は4年ぶりの映画単独主演にして、三池監督とタッグを組むのは映画『ヤッターマン』(09)以来、約9年ぶり。撮影を振り返って「故郷に帰ってきたと言いますか、昔のクラスメイトとの再会と言いますか。『ヤッターマン』の時のスタッフが何人もいたので、気心知れたスタッフの皆さんとの撮影だった。つい半年、1年前にご一緒していたような、柔らかい空気の中で撮影して楽しかった」と話した。  また、ヒロイン・羽原円華役の広瀬の体力トレーニングに現場で付き合ううちに「“広瀬'sブートキャンプ”」状態になったと述懐。クライマックスの撮影時は「ずっとトレーニングをやっていた。10分、15分、20分。スタッフに『櫻井さん、お願いしまーす』って呼ばれたときには汗だく。最低でした。それは強く反省しました」と明かして会場を笑わせた。  一方、櫻井をしごいた広瀬は、MCから魔女な一面があるのではないかと問われて「あるでしょうね?」とイタズラっぽい笑みをこぼした。  福士は、円華が探す失踪中の青年にして、“ラプラスの悪魔”とも称される甘粕謙人に扮した。挨拶で「絶賛失踪中」とジョークを飛ばし、「悪魔は、なかなかなれないので楽しい。でもそんなことは意識してなかったです。役柄を演じる上では普通の一人間として、何を思って生きているのか、なぜそういう行動をするのか。行動のエネルギーを考えて演じていた」と述べた。  本イベントには他に、志田未来、佐藤江梨子、高嶋政伸、三池崇史監督が出席した。  映画『ラプラスの魔女』は5月4日より全国公開。

  • 映画『ラプラスの魔女』メインカット

    嵐・櫻井翔主演『ラプラスの魔女』、主題歌収録の特報映像解禁

    映画

     嵐の櫻井翔が主演を務め、広瀬すず、福士蒼汰が共演する映画『ラプラスの魔女』より、アラン・ウォーカーが手掛けた主題歌『FADED/フェイデッド』を収録した特報映像が解禁となった。@@cutter 本作は、東野圭吾のデビュー30周年記念作品である同名小説を原作に、三池崇史監督がおくる大作ミステリー。櫻井は事件の謎を解く生真面目な大学教授・青江修介を、広瀬は自然現象を予言するヒロイン・羽原円華を、福士は円華が探している失踪中の青年・甘粕謙人を演じる。  主題歌『FADED/フェイデッド』は、弱冠20歳の次世代プロデューサー、アラン・ウォーカーが2015年に発表し、MV再生回数が15億回を超えた代表曲。アランが映画へ楽曲を提供するのは世界初となる。  今回解禁された30秒の特報映像は『FADED/フェイデッド』をBGMに美しくスタイリッシュな世界観を展開。「Where are you now?(あなたはどこにいるの?)」などの歌詞が、修介と共に失踪した謙人を探す円華ら登場人物たちの心情と見事にリンクして観る者の感情を揺さぶる。  広瀬は「音楽が入った事で、登場人物達の人間味を感じられました。あと、切なさがありました。すごく繊細でなんか落ち着いてしまうような雰囲気でもあり、、すごく素敵です!! 」とコメント。三池監督は「真に革新的なものは、優しさをもってすべてと解け合う。東野圭吾とアラン・ウォーカーの織りなす奇跡の魔術をお楽しみ下さい」と話している。  映画『ラプラスの魔女』は5月4日より全国公開。

  • 『ラプラスの魔女』より

    櫻井翔×広瀬すず×福士蒼汰『ラプラスの魔女』予告映像解禁

    映画

     櫻井翔が単独初主演が務め、広瀬すず、福士蒼汰が共演する映画『ラプラスの魔女』の最新映像となる予告編が解禁となった。@@cutter 『ラプラスの魔女』は、東野圭吾原作の同名小説を実写化したミステリードラマ。謎多き事件の調査に当たる生真面目な大学教授・青江修介に櫻井、自然現象を予言するヒロイン・羽原円華に広瀬、円華が探している失踪中の青年・甘粕謙人に福士が扮するほか、豊川悦司、玉木宏、リリー・フランキー、高嶋政伸、檀れい、志田未来、佐藤江梨子、TAOが名を連ねる。監督は三池崇史。  この度解禁された予告映像では、事件を捜査する櫻井の姿、ヒロイン扮する広瀬の鋭い表情、謎の器具を装着された福士が映し出されるほか、豊川、玉木、リリー、高嶋らの姿を確認できる。なお本映像は1月27日より全国の劇場で上映される。  映画『ラプラスの魔女』は5月4日より全国公開。

  • 山崎賢人、綾野剛、小栗旬 2018年も活躍が期待できる年男の俳優たち

    山崎賢人、中島健人、綾野剛、小栗旬 2018年も活躍が期待できる年男の俳優たち

    エンタメ

     生まれ年が、その年の干支にあたる男性を指す「年男」。年男とは、お正月に各家に幸せをもたらす年神様のご加護を多く受け取ることができ、縁起がよいとされている。そこで、2018年にさらなる躍進が期待できる、戌年の彼らをピックアップしてご紹介しよう。@@cutter 2018年に24歳を迎える芸能人をざっと挙げれば、吉沢亮、須賀健太、中山優馬などの若手実力派俳優や、フィギュアスケートの王子・羽生結弦や野球の大谷翔平など、見た目も中身もしっかりとしたタイプが揃う印象。意外なところでは、海外からお騒がせ歌手のジャスティン・ビーバーなども実は戌年の年男だったりする。  ここ数年、映画界で若手トップランナーとして名前が挙がるのが、2017年『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の主人公「ジョジョ」こと東方仗助を演じた山崎賢人だろう。本作以外にも『一週間フレンズ。』や『斉木楠雄のΨ難』、『氷菓』と2017年公開された映画にはすべて主演として登場し、脚光を浴びた。山崎の活動は映画だけにとどまらず、大団円を迎えたドラマ『陸王』への出演で、父親役の役所広司や大御所俳優・寺尾聡と渡り合ったり、2014年の舞台『里見八犬伝』の再演を全33公演をやり切るなど、休む間もなく走り続けている。今年も1月期のドラマ『トドメの接吻』でイケメンナンバーワンホスト役として主演するというから、また新たな一面が花開きそうだ。  ちなみに、山崎とは『氷菓』で共演し、プライベートでも親交の深い岡山天音も年男。岡山と言えば、斉藤由貴と親子役で出演したauの「森家シリーズ」で注目を集め、朝の連続テレビ小説『ひよっこ』では売れない漫画家・新田啓輔役をコミカルに演じたことも記憶に新しい。実は、2017年は『氷菓』含め4本もの映画に出演するなど、変幻自在の俳優として暗躍した。実に伸びしろがある俳優だ。  同じ24歳組で忘れてはならない男といえば、中島健人だろう。「ジャニーズのネクスト王子様」で必ず名前が挙がる中島は、ファンのことも大切に扱い「姫」と呼ぶことは、もはや周知の事実。そんな彼に「演技なんてできるのか?」と皮肉も飛んだが、その疑惑を吹き飛ばしたのが、『黒崎くんの言いなりになんてならない』で見せたどS王子の姿。共演の小松菜奈、千葉雄大をしのぐ存在感で作品をけん引した。何よりも特筆すべきは、2017年の主演映画『心が叫びたがってるんだ。』だろう。他人に本音で向き合うことが苦手な坂上拓実を好演し、最後、見せ場となる学園劇のシーンではその場の空気ごと持って行った。2018年も、より一層の活躍が望まれる。@@separator 戌年の年男は、36歳組も層が厚く、濃い。ここ数年、映画にドラマに引っ張りだこの俳優・綾野剛という猛者がいる。2017年は、『フランケンシュタインの恋』で人ではない「怪物」役に挑戦、先日まで放送していた『コウノドリ』では鴻鳥サクラ役を続投し、温かみのある演技でお茶の間の人気をさらった。一方、映画では荒ぶる男の役が続いた印象。村上虹郎と剣を交えた『武曲 MUKOKU』、佐藤健とのバトルアクションが話題を呼んだ『亜人』の2作では、鍛え上げた肉体を露わにする場面もあり、役におけるストイックな向き合い方にも注目が集まった。常に進化する綾野から、2018年ももちろん目を離すまい。  綾野と同じ36歳組には、この夏のブロックバスター映画『銀魂』で主人公を演じた小栗旬の存在が突出している。監督を務めた福田雄一が演出を手掛けるミュージカル『ヤングフランケンシュタイン』でも主演のフレデリック役となり、もはや福田組常連俳優となった。そのほか、本年『ラプラスの魔女』の主演で7年ぶりにスクリーンに返ってくる櫻井翔や、『22年目の告白-私が殺人犯です-』で伊藤英明と激しくぶつかり合った藤原竜也など、明日の映像界を担う面々が揃っている。来年の邦画も、にぎやかになりそうだ。(文:赤山恭子)

  • 『ラプラスの魔女』豪華追加キャスト発表

    櫻井翔主演『ラプラスの魔女』特報解禁 豊川悦司、玉木宏ら追加キャスト発表

    映画

     櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰が初共演し映画化される東野圭吾原作『ラプラスの魔女』の特報映像が解禁され、さらに豪華追加キャストとポスター、チラシビジュアルも発表された。@@cutter 本作は、東野圭吾デビュー30周年の記念作品にして「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」と発言し話題となった『ラプラスの魔女』が原作。連続して起きた2つの不審死の謎を追う大学教授・青江修介に嵐の櫻井翔が扮し、『ヤッターマン』以来、約9年ぶりのタッグとなる三池崇史監督がメガホンをとる。脚本を務めるのは、社会現象となったドラマ『半沢直樹』を手掛けた八津弘幸。  この度、青江を翻弄する“運命を操る魔女”を演じる広瀬すず、“消息不明の悪魔”に扮する福士蒼汰の2人が、黒い衣装に身を包んだミステリアスなビジュアルが公開された。さらに、追加キャストとして豊川悦司、玉木宏、志田未来、佐藤江梨子、TAO、高嶋政伸、檀れい、リリー・フランキーが発表され、豪華チームによるミステリー大作の映像化に期待が高まる。  解禁された特報には、事件の調査を依頼された青江が、自然現象を予見する謎の女・羽原円華(広瀬)に戸惑いながら、共に行動し真相を追う様子が映されており、円華が探す甘粕(福士)の謎めく姿も見られるスタイリッシュな映像となっている。  映画『ラプラスの魔女』は、2018年GWより全国公開。

  • 広瀬すず、『櫻井・有吉THE夜会』でくりぃむしちゅー・有田にラブコール!?

    広瀬すず、くりぃむしちゅー・有田に「大好きです、安心する」とラブコール!?

    エンタメ

     映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』が28日に公開となる女優の広瀬すずが26日、『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系/毎週木曜22時)に出演し、人気芸人との知られざるエピソードを明かし「大好きです」と語る一幕があった。@@cutter 前回、同番組に出演した際はまだ高校生だった広瀬。今年3月に高校を卒業した彼女が“すっかり芸能界に染まってしまったのでは?”とMCの有吉弘行が様々な疑惑を彼女にぶつけていく展開に。有吉から芸能界に染まった証拠として、キックボクシングを始めたことについてツッコまれた広瀬が「多いときは週5で通っています」と答えると、スタジオからは驚きの声が。体型維持やエクササイズのためにキックボクシングを始める芸能人も多く、番組の中では女優の菜々緒やモデルの道端アンジェリカ、ダレノガレ明美もキックボクシングの経験者として名前が上がった。  そして広瀬の好きな芸能人がくりぃむしちゅーの有田哲平であることが暴露され、なぜ有田を好きなのか有吉が質問。すると広瀬は、「『全力!脱力タイムズ』で共演した時に、収録の後に有田さんが楽屋にいらして『面白かったです』と言ってくださったんです。私もその時の収録がすごく楽しかったので、別の番組でも有田さんとご一緒するとすごく嬉しくて安心するんです」とエピソードを明かし、重ねて「すごく大好きです、安心します」と全幅の信頼を寄せていることを語った。  ところがこれに納得しないのが番組の共演者たち。島崎和歌子が「楽屋に来る?」と訝しがると、バイきんぐの小峠英二と有吉は「『面白かったよ』なんて言われたことない!」と不満を吐露。有吉は「この番組で1回も櫻井くんに楽屋に来てもらったことないよ!」と話すと、櫻井翔が「お互い様でしょ! ていうか収録が終わったらすぐに帰るじゃないですか!!」とツッコむ場面もあった。

  • 「櫻井・有吉THE夜会」に登場した菅野美穂

    菅野美穂、実はキッチンドランカー?気づくとマイカーを失くすなど衝撃の私生活を告白

    エンタメ

     女優の菅野美穂が19日、バラエティ番組『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系/10月19日21時57分放送)に出演。気づいたらマイカーが失くなっていたことや、大のお酒好きといった破天荒すぎる私生活を告白した。@@cutter この日、菅野は10月から同局で放送がスタートしたドラマ『監獄のお姫さま』で共演している坂井真紀らとともに登場。番組は、こうした子育てと女優業を両立させながら、映画、ドラマの話題作に立て続けに出演する“ママさん女優”の私生活に迫っていくという内容だった。  番組MCの有吉弘行から「気がついたらマイカーがなくなっていた?」と促された菅野は、子どもが生まれてから自分で自動車を運転する機会が少なくなっていたことを吐露。持て余した車をどうしようか自身の弟に相談している時、車のキーが失くなっていることに気づいた。弟に車の所在を訪ねると、「売ったよ」と素っ気ない返事が返ってきたという。さすがに菅野も、思わず「仕事早いな!」とツッコんだそうで、マイカーのない現在は、売れっ子女優にもかかわらず、ほとんど電車で移動をしているらしい。  さらに、実は大のお酒好きでもあることがわかった菅野。出産後の授乳時期は飲酒を控えていたとしながらも、授乳の期間が終わってからは「お酒がリバウンド気味で…」と声をひそめながら告白。続けて「ご飯を作りながら飲んじゃってます」と笑顔で語ると、ゲストの長嶋一茂から「キッチンドランカーだ」とツッコまれ爆笑する一幕も。お酒を解禁してからはビール、白ワイン、日本酒、ラム、紹興酒などがお気に入りのようで、有吉から「酔っ払ったらどうなるんですか?」と問われると彼女は「狂気的に明るくなります!」と答え、共演者一同から「見てみたい!」との声が上がっていた。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access