田中美里 関連記事

  • 映画『もみの家』場面写真

    南沙良、不登校の少女に 3作目の主演映画『もみの家』製作決定

    映画

     モデルで女優の南沙良が主演を務める映画『もみの家』が2020年春に全国順次公開されることが発表された。@@cutter 本作は、心の悩みから不登校になってしまった少女が、問題を抱えた若者を受け入れ自立を支援する施設「もみの家」での出会いや経験を通じて成長していく姿を描く。主演はこれで3作目となる南が、実年齢と同じ16歳の少女役を熱演。また、問題を抱えた若者を受け入れ自立を支援する施設「もみの家」の経営者・佐藤泰利を緒形直人、泰利の妻・恵を田中美里がそれぞれ演じる。メガホンをとるのは、監督デビュー作『真白の恋』で第32回高崎映画祭 新進監督グランプリなどを受賞した坂本欣弘。前作からタッグを組む脚本の北川亜矢子と共に、再びオリジナル脚本の映像化に挑む。  心に問題を抱えた若者を受け入れ共同生活を送る「もみの家」に、16歳の本田彩花(南)がやってきた。不登校になって半年、心配する母親に促され、うつむきながらやってきた彩花に、「もみの家」の主・佐藤泰利(緒形)は笑顔で声をかけた。「よろしくな、彩花」。周囲に暮らす人々との出会いや豊かな自然、日々を過ごす中で感じ取った大切な何かに突き動かされ、彩花は少しずつ自らの気持ちと向き合あっていく…。  坂本監督の前作同様、今作も監督の生まれ育った富山でのロケを敢行し、春夏秋冬それぞれの季節と人間模様を実際に1年間かけて撮影中。既に大半を撮影し終え、今春にクランクアップの予定だ。  「私が演じる彩花はきっと何かを強制する空気を窮屈に感じていて、自分で自分にロープを巻いているんだな、と思いました」という南。「撮影の初めの頃は、ずっと出口のないトンネルを歩いている気分でした。お芝居ができる嬉しさと同時に、彩花に対して少し近親憎悪に似た感情が生まれて、足並みを合わせていくのが大変でした。ですが一年を通し、自然に恵まれた環境の中、出会いと別れの眩しさや無数の刹那を強く感じ自分の中に取り込んでいくことで、自分も変化することがあると思えるようになりました」と撮影を通じた自身の変わりようを振り返る。  坂本監督は「主人公彩花と『もみの家』のメンバーのみんなの一年という時間がこの映画の中にしっかりとした息遣いとして映し出されています。そして彩花の繊細な感情を南さんが見事に演じてくれ、とても優しい温かい映画になると思います」としている。  映画『もみの家』は2020年春、全国順次公開。富山県では先行公開予定。

  • 田中美里、芳根京子と新旧朝の連ドラヒロインツーショット

    田中美里&芳根京子、新旧朝ドラヒロインがツーショット

    エンタメ

     女優の田中美里が26日、自身のブログにて、女優の芳根京子とのツーショットを公開。芳根と同じくNHKの連続テレビ小説でヒロインを務めた田中は、写真とともに芳根に対する印象などを綴っている。@@cutter 1997年の連続テレビ小説『あぐり』でヒロインを務めた田中と、10月からの『べっぴんさん』でヒロインを務める芳根。1997年生まれという芳根に対し田中は「抱きしめたくなるくらい華奢で娘のように可愛い」とその印象を語る。この日田中は、NHKのバラエティ番組『ぐるっと関西おひるまえ』に出演、ツーショットは楽屋裏で芳根と対面した際に撮影されたもの。  二人とも昨年公開された映画『向日葵の丘 1983年・夏』に出演しており「ほんとうにすてきな女優さん。朝ドラのヒロインにぴったりだなぁと映画の時に思っていたらあれよあれよとほんとうに朝ドラヒロインに」と以前より芳根の女優としての素養を認めていたことを語りながら「長丁場がんばってね」とエールを送っている。

  • 『貞子vs伽椰子』 新ビジュアル解禁!

    『貞子vs伽椰子』“2つの呪い”が絡み合う禁断の映像解禁 安藤政信ら追加キャスト発表

    映画

     日本を代表する2大ホラーキャラクターが共演・対決する“最恐”プロジェクトとして話題となっている『貞子vs伽椰子』。その特報映像とティザーポスタービジュアルが完成。貞子、伽椰子、俊雄…ヴェールにつつまれていた“最恐キャラクター”の姿がついに明らかになった。また佐津川愛美、田中美里、甲本雅裕、安藤政信が追加キャストとして発表された。@@cutter ジャパニーズ・ホラーにおける2大巨頭としてそのジャンルを確立・牽引してきた『リング』シリーズと『呪怨』シリーズ。1998年の『リング』公開以降、数々のシリーズ作品が公開され、国内の両シリーズ累計興収は120億円超え、いずれもハリウッドでリメイク版も製作され、全世界で記録的大ヒットを記録している。  『貞子vs伽椰子』のキャストでは、主演・山本美月、玉城ティナがすでに発表済みだったが、今回追加キャストが発表。山本演じる有里の親友で、偶然“呪いのビデオ”を観てしまう夏美役には佐津川愛美。玉城演じる鈴花の母親・高木史子役に田中美里。“呪いのビデオ”を研究する大学教授・森繁新一役に甲本雅裕。二つの呪いを解くべく現れる霊媒師の経蔵役に安藤政信といった個性的な実力派俳優たちが顔を揃えた。  解禁となった特報映像には、貞子の呪いのビデオを偶然手にしてしまった有里(山本)と夏美(佐津川)、偶然家族とともに呪いの家の隣に引っ越してきた鈴花(玉城)、そして霊媒師の経蔵(安藤)が登場。絡みつく長い髪、蔦の絡む不気味な家、真夜中の井戸、伽椰子の奇声、迫り来る貞子、そして伽椰子が呪いのビデオテープを握り壊すという衝撃のシーン…“呪いのビデオ”と“呪いの家”、二つの呪いが激突する先には何が待ち受けるのか…。  映画『貞子vs伽椰子』は6月18日全国ロードショー(4DX/MX4D上映決定)。

  • ドラえもんの声優を務めた大山のぶ代

    大山のぶ代、ドラえもんと歩んだ26年間がドラマに 主演は鈴木砂羽

    エンタメ

     1979年から2005年にわたって人気アニメキャラクター・ドラえもんの声を務めあげた女優・大山のぶ代。今年、認知症であることが公表されたが、声優人生26年間の日々を描いたドラマ『ずっと一緒だよ ~声優・大山のぶ代物語~』が、NHK BSプレミアムにて12月13日に放送されることが決定した。@@cutter 今や世界中で愛されているドラえもんだが、初期のドラえもんは一人称が “おれ” であったり、のび太に乱暴をしたりと今とはかけ離れたものだった。そこで大山は、一人称は “ぼく” に、目上の人には敬語を使う、友達は大切に…と、ドラえもんを通して子供達に大切なメッセージを送り続けようとしてきた。  ドラマでは、ドラえもんを通し、母なる存在として子供たちに夢と勇気を与えようとした大山が、声優仲間たちと歩んだ26年間を描いていく。大山役を務めるのは女優の鈴木砂羽。このほか、しずかちゃんを務めた声優の野村道子役に田中美里、のび太の声優・小原乃梨子役に猫背椿、スネ夫の声優・肝付兼太役に鈴木拓(ドランクドラゴン)、大山の夫・砂川啓介役に豊原功補がキャスティングされた。  ドラマ『ずっと一緒だよ ~声優・大山のぶ代物語~』は12月13日22時放送。

  • 『向日葵の丘 1983年・夏』に出演の常盤貴子と芳根京子

    常盤貴子、若手女優・芳根京子に「ソックリ」共演者が絶賛

    映画

     映画『向日葵の丘 1983年・夏』(8月22日公開)の完成披露試写会が7日、都内にて行われ、主演の常盤貴子をはじめキャストらが登壇。全員が涼やかな浴衣姿を披露し観客を魅了した。現在、ドラマ『表参道高校合唱部!』で主演、本作で多香子(常盤)の少女時代を演じる芳根京子は、同級生3人組の仲良しエピソードなどを披露した。@@cutter 本作は1983年、映画に夢中になっていた女子高生3人組と、その30年後に再会した3人の姿を描く。高校生時代役を芳根、藤井武美、百川晴香が、その30年後を常盤、田中美里、藤田朋子の3人が演じている。  大人3人組について田中が「今回が初共演だったんですけど、撮影では一瞬にして同級生みたいに仲良くなりました」と紹介すれば、ヤングチーム3人組について芳根は「静岡の撮影でずっと同じ宿に泊まっていて、1ヵ月間ずっと一緒。本当に仲良くなりました!」と笑顔。交友関係は今でも続いていて、「3人で食事に行ったり、ディズニーランドに行ったりしています」とのことだ。  撮影中は“イカ・パーティー”なるもので盛り上がっていたという太田隆文監督からのタレコミに、ヤング3人は「それは言わないで!」と照れ笑い。「映画を観て、顔がむくんで見えるシーンがあれば、それはイカのせいです」と笑う芳根だった。  舞台挨拶中、終始キラキラした笑顔が弾けていたヤング3人だったが、常盤はこの映画の見どころとして、「この3人のキラキラした青春を観てほしい!」とアピール。「この3人がいたから、私たちがバトンをつなげられたと思います」と語った。  また田中は「不思議なもので、撮影中は私たちとヤングチームの3人、それぞれの役ごとに顔が似てくるんですよ。常盤さんと芳根さんはソックリだと評判になっていました」と明かした。  1983年、田舎町で青春時代を過ごしていた女子高生3人組は映画館に入り浸る映画少女。3人は町を巻き込んで8ミリ映画を作る。しかし卒業前に悲しい出来事が起こり離れ離れに。時は流れて30年後、3人はふるさとで再会を遂げる…。

  • 『向日葵の丘-1983年夏』8月22日公開

    『まれ』母役・常盤貴子主演『向日葵の丘』公開決定! 芳根京子、百川晴香らも出演

    映画

     NHK連続テレビ小説『まれ』にて、主人公の母親役を務める女優の常盤貴子が主演する映画『向日葵の丘-1983年夏』が、8月22日より品川プリンスシネマほか全国で公開されることがわかった。@@cutter 同作は、バブル景気前夜とも言える懐かしい時代に、田舎町で青春時代を共に過ごした女性3人の物語をノスタルジーと共に描く感動作。『青い青い空』(10)『朝日のあたる家』(13)などを手掛ける太田隆文監督がメガホンをとる。   キャストには、人気コミックの映画化『先輩と彼女』に出演する芳根京子、『猟奇的な彼女』クァク・ジェヨン監督の新作『風の色(仮題)』のヒロインに選ばれた藤井武美、Ru:Run(ルーラン)のメンバー・百川晴香が、少女時代の仲良し3人組を瑞々しく演じる。  少女たちの成長した姿を演じるのは、主人公の常盤に加え、田中美里、藤田朋子。この他、津川雅彦、別所哲也、並樹史朗、烏丸せつこ、仲代奈緒ら実力派俳優たちが脇を固める。  1983年、松田聖子や中森明菜が大人気で、マイケル・ジャクソンの「スリラー」が流行する中、田舎町で青春時代を過ごしていた女子高生3人組は、一緒に映画館に入り浸り、町を巻き込んで8ミリ映画を作る。しかし、卒業前に悲しい出来事が起こり、離れ離れになった3人は、30年後ふるさとで感動の再会を果たす…。

  • 「ビバリーヒルズ映画祭ジャパン」オープニング司会役には柏原収史と田中美里

    ビバリーヒルズ映画祭ジャパン開設!第1回オープニング司会は柏原収史と田中美里

    映画

     今年13回目を迎えるビバリーヒルズ映画祭(BEVERLY HILLS FILM FESTIVAL=BHFF)に日本部門が開設されることになった。第1回ビバリーヒルズ映画祭ジャパンは3月8日(金)~10日(日)に開催され、司会役には柏原収史と田中美里が決定した。@@cutter ビバリーヒルズ映画祭は、その歴史は若いながらも、新しい映画のショーケースの場、またグローバルに活躍する映画製作・配給会社のVIPたちとクリエイターとを結ぶ場として毎年定評を受けている国際映画祭。今年13回目を迎える本映画祭に、新たに日本部門の開設が決定した。  昨年から今年1月末まで作品エントリーを受け付け、長編部門5作品、長編ドキュメンタリー部門3作品、長編アニメーション部門1作品、短編部門5作品のノミネートが決定。各部門のグランプリ1作品は4月24日~28日に開催される第13回ビバリーヒルズ映画祭(US)に合わせ現地Arclight Hollywoodで上映される。  さらにグランプリ4作品の中の最優秀作品=ファイナル・グランプリ作品は、2万人以上の映画関係者や映画ヒットメーカーたちが集まるビバリーヒルズ映画祭(US本選)にて上映される。  世界への第一歩、第1回ビバリーヒルズ映画祭ジャパンの初日に開催するオープニング・セレモニーのメイン司会者に柏原、田中が決定。最終日の授賞式では柏原と朱永菁が司会を務める。 「第1回ビバリーヒルズ映画祭ジャパン」ノミネート作品は以下の通り ・「ヘルズ」山川吉樹監督(アニメーション) ・「孤独なツバメたち:デカセギの子どもに生まれて」津村公博、中村真夕監督(ドキュメンタリー) ・「5 WINDOWS」瀬田なつき監督(短編) ・「ウサギ」山本草介監督(長編) ・「はだしのゲンが見たヒロシマ」石田優子監督(ドキュメンタリー) ・「カマラ族のソース」村上聡監督(短編) ・「ショコラ記憶珠」海上ミサコ監督(短編) ・「大拳銃」大畑創監督(短編) ・「ソクラティック・ラブ」早坂亮輔(長編) ・「へんげ」大畑創監督(長編) ・「YELLOW KID」真利子哲也監督(長編) ・「A LITTLE WORLD」藤井道人監督(短編) ・「ちずる」赤崎正和監督(ドキュメンタリー) ・「新世界の夜明け」リム・カーワイ監督(長編)  第1回ビバリーヒルズ映画祭ジャパンは3月8日(金)~10日(日)アキバシアター(東京都千代田区)にて開催される(※オープニング・セレモニー、授賞式の会場とは異なる)。詳しくは「ビバリーヒルズ映画祭ジャパン」オフィシャルサイトにて

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access