内田けんじ 関連記事

  • 『名探偵コナン』20周年スペシャルで、映画『鍵泥棒のメソッド』&内田けんじと奇跡のコラボ!

    内田けんじ監督、『名探偵コナン』スペシャルで初のアニメ脚本

    アニメ・コミック

     『名探偵コナン』連載20周年を記念したコナンスペシャル初のオリジナルストーリーアニメ『江戸川コナン失踪事件 史上最悪の二日間』が12月に放送決定。本作は第36回日本アカデミー賞・最優秀脚本賞を受賞した映画『鍵泥棒のメソッド』とのコラボ作品で、内田けんじ監督が初のアニメ脚本を手掛けている。@@cutter 『江戸川コナン失踪事件 史上最悪の二日間』のストーリーは、1926年に起きた人気作家のアガサ・クリスティが11日間の失踪を遂げた謎の事件がモチーフになっている。当時、彼女はホテルで発見されたが、記憶喪失であったと自ら語っており、歴史に残るミステリーとしていまだに人々を引きつける失踪事件だ。  アニバーサリーな作品に相応しい脚本は、様々なミスリード、複線が散りばめられ、いくつもの謎がパズルのピースのように組み合わさり、全く先の読めないストーリーで高い評価を得る内田けんじ監督が執筆。アニメの脚本は今回が初挑戦となるが、コナンと『鍵泥棒のメソッド』がどのような化学反応を引き起こすのか注目だ。気になるゲストや放送日などは順次発表予定。  『コナン』とコラボする『鍵泥棒のメソッド』は、2012年に公開されたコメディ映画。売れない貧乏役者・桜井武史(堺雅人)と記憶を失った殺し屋コンドウ(香川照之)、二人の人生が入れ替わったことで想像できない展開へと転がり出す。記憶を失ったコンドウに恋をする編集者・水嶋香苗を広末涼子が演じた。  『江戸川コナン失踪事件 史上最悪の二日間』は日本テレビ「金曜ロードSHOW!」にて12月放送。

  • 大友啓史監督作「プラチナデータ」

    厚みを増すハリウッドに対し、今後の映画界を背負えそうな期待の日本人監督は?

    映画

     「モンスターズ/地球外生命体」のギャレス・エドワース、「ドライヴ」のニコラス・ウィンディング・レフン、「ミッション:8ミニッツ」のダンカン・ジョーンズ、「ブルーバレンタイン」のデレク・シアンフランス、「Chronicle(原題)」のジョシュ・トランク、など、ハリウッドでは新たなヒットメーカーが続々と誕生し、エドワースはハリウッド版「ゴジラ」リブート作(14年米公開予定)、トランクは「ファンタスティック・フォー」リブート作(15年米公開予定)と、超大作の監督にも抜てきされ、ハリウッドのヒットメーカー層は着実に厚みを増している。@@cutter では、日本の映画業界はどうだろうか。今後の映画界を背負えそうな期待の監督をリサーチしてみた。  まず、高い注目度を誇るのが、失敗で終わることが多い人気コミックの実写化を、見事興収30億円のヒットに導いた大友啓史だ。彼は長回しや外連味あふれる演出を得意とし、ロケを重視することでも知られている。例えば、ここでの撮影は不可能だと自治体から言われても、そこでひるむことなく、腹を割って気長に話し合い、折り合える着地点を見つけるという、まさに折衝の達人。だからこそ、劇中のいち風景が新鮮に感じられ、それらの手腕は最新作「プラチナデータ」(3月16日公開)でも存分に生かされている。  次が、ドラマやベストセラー小説の映画化が大半のなか、オリジナル脚本で勝負する内田けんじ。サンフランシスコ州立大学で脚本と演出を学んできただけあって、商業映画デビュー作「運命じゃない人」はカンヌ国際映画祭のフランス作家協会賞(脚本賞)を受賞し、次作「アフタースクール」は興収6億円を記録。昨年は、堺雅人、香川照之、広末涼子を主演に迎えたコメディ作品「鍵泥棒のメソッド」を完成させたばかり。量産タイプの人物ではないため、新作が待たれている監督である。@@separator もう1人が、「桐島、部活やめるってよ」がツイッターを中心とした口コミにより、異例のロングランを記録した吉田大八。2007年に「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」で長編映画監督デビューを果たした吉田は、上記のほか「クヒオ大佐」「パーマネント野ばら」と、4本しか作品を発表していないが、「桐島~」のヒットにより、彼の次回作に注目が集まっている。  ほかにも、「舟を編む」(4月13日公開)が控える、「あぜ道のダンディ」の石井裕也、独特のゆるさが作品にあふれる、「横道世之介」の沖田修一、低予算で制作した「歓待」が世界40ヵ所以上の映画祭に招待され、ブレイクした深田晃司、クリント・イーストウッド監督の西部劇「許されざる者」のリメイクを手がける李相日など、日本にも個性豊かな監督がズラリ。とはいえ、監督のネームバリューで人が呼べるのは、ほんの一握りだ。後々、そこに彼らが加わるようになれば、邦画業界はより屈強なものとなるだろう。

  • この微妙な表情に鍵が?

    3人の微妙な表情が“鍵”!? 「鍵泥棒のメソッド」本ポスターが解禁

    映画

      本年度の第15回上海国際映画祭で、日本映画史上初となる最優秀脚本賞を受賞した内田けんじ監督最新作「鍵泥棒のメソッド」の本ポスターがいよいよ解禁となった。 @@cutter  現在開催中のマスコミ試写でも連日満席の大盛況ぶりを見せている本作。このたび解禁となった本ビジュアルには、作品のキーワードである“笑い”“ハラハラ・ドキドキ”“トキメキ”の要素が散りばめられており、9月15日の公開が待ちきれなくなること間違いなしだ。   また、中央に写るメインキャストの三人・堺雅人、香川照之、広末涼子の三種三様な表情、そして彼らの背景に配置された手書きメモにも注目。この微妙な表情と不可解な手書きメモに物語の“鍵”が隠されているかもしれない。   銭湯で転倒し頭を強打し記憶を失った羽振りのいい男。たまたま居合わせた売れない貧乏役者・桜井(堺)は、出来心からロッカーの鍵をすり替え、彼になりすます。が、その男はなんと誰も顔を見たことのない伝説の殺し屋コンドウ(香川)だった!桜井は男にきた大金の絡んだ危ない依頼を受けてしまい、大ピンチに。一方、自分を桜井だと思い込んでいるコンドウは、役者として成功する事を目指し始めてしまう。そんなコンドウの姿に婚活中の女性編集長・香苗(広末)は好意を抱き…   「鍵泥棒のメソッド」は2012年9月15日(土)より、シネクイントほか全国ロードショー

  • 「鍵泥棒のメソッド」が脚本賞受賞  (C)2012「鍵泥棒のメソッド」製作委員会

    史上初の快挙! 内田けんじ監督作「鍵泥棒のメソッド」が上海映画祭で脚本賞受賞

    映画

      「運命じゃない人」「アフタースクール」の内田けんじが監督・脚本を務めた堺雅人主演作「鍵泥棒のメソッド」が上海映画祭で脚本賞を受賞した。日本映画が脚本賞を受賞するのは、上海映画祭史上初となる。@@cutter  106の国と地域1643の応募作から選出された17作品で争われた上海映画祭コンペティション部門(審査員長:ジャン=ジャック・アノー監督)に日本から唯一選出された本作。主演の堺雅人、共演の広末涼子、内田監督がオープニングレッドカーペットや舞台挨拶、記者会見に参加。16日の入国時には上海の空港に多くのファンが殺到し、アジア各国のトップスター(ジャッキー・チェン、トニー・レオン、チョウ・ユンファ、チャン・ドンゴン等)が登場したレッドカーペットでは彼らに引けをとらない歓声が巻き起こり、舞台挨拶会場への入口には、堺、広末を見ようと200人以上のファンが詰めかけ、急遽、映画祭側が警備員を増加するほどの熱烈な歓迎を受けた。   今回、快挙を果たした内田監督は「映画の脚本は、映画が完成した時に完成するものだと思っています。 この映画に参加してくれたスタッフ、キャスト全ての人に感謝しています。ありがとうございました」とコメントを寄せている。映画「鍵泥棒のメソッド」は売れない貧乏役者と記憶を失った殺し屋。二人の人生が入れ替わったことで、想像できない展開へと転がり出すエンターテインメント作。   また、内田監督の前作「アフタースクール」のリメイク権に、中国の映画会社2社からオファーがあり、そのうちの1社が権利を獲得し、製作中であることも分かった。またデビュー作「運命じゃない人」は韓国でリメイクされるなど、すでにその脚本力はアジアで高く評価されており、本受賞により、更なる注目が集まることが予想される。   「鍵泥棒のメソッド」は9月15日(土)よりシネクイント他 全国ロードショー。

  • 映画「鍵(カギ)泥棒のメソッド」に出演する堺雅人、香川照之、広末涼子

    堺雅人、香川照之、広末涼子が豪華共演!内田けんじ監督新作「鍵(カギ)泥棒のメソッド」撮影開始

    映画

      2008年5月に公開され、78館という公開規模ながら興行収入約6億円の大ヒットとなった映画「アフタースクール」(大泉洋主演)。あれから3年、内田けんじ監督待望の新作「鍵(カギ)泥棒のメソッド」が堺雅人、香川照之、広末涼子という豪華なキャスティングで撮影開始された。 @@cutter  オリジナルのエンターテイメント作品を作り出す監督としてファンも多い内田監督。今作でも内田監督ならではの、先の読めないサスペンスフルな展開に、笑いを織り交ぜ、映画本来の面白さが詰まったコメディを作り出す。   物語は、35才にして無職、俳優を目指すも挫折し自殺しようと思っている男・桜井(堺雅人)が主人公。自殺の前にと行った銭湯で、目の前で転倒し記憶喪失になった男・コンドウ(香川照之)になり代わったものの、実は彼が非合法な裏稼業を営む男だったためヤクザ絡みのトラブルに巻き込まれてしまう。一方、記憶を失ったコンドウは、自分の境遇に茫然とするが、病院で出会った女性・香苗(広末涼子)の助けもあり、前向きに生活を立て直していく。コンドウの記憶が戻った時、それぞれの人生の再生をかけて、桜井が招いたトラブルを解決しなくてはならなくなる―。   クランクインを迎えた堺は、「香川さんの演技を間近で見られるのも、楽しみのひとつ。ふたつの人格を演じ分けるこの役は、日本で香川さんしかできないかもしれません」とコメント。香川は、「すこぶる素晴らしい」と脚本を絶賛し、「内田監督が現場でどんな演出をされるのか本当に楽しみ。縦横無尽な奇才ぶりを堪能したい」と語った。さらに広末は、「私と同世代の女性にもきっと共感してもらえる、シュールでキュートな作品になると思います」とコメントを寄せた。   前作「アフタースクール」に続いての出演となる堺が、今作では情けないけどなんだか憎めない男を、どのように魅力的な人物に仕上げるのか?また香川が、記憶を失っている時と記憶が戻った時とまるで一人二役となるような人物を、いかに体現するのか?実力ある二人の俳優同士の掛け合いが本作の肝になりそうな予感。そして、清涼感溢れる魅力を持つ広末が、努力すればできないことはないが信条で、結婚に向けて方向違いの努力をしてしまう、ちょっと変わった早苗を演じることで、どのようなコメディエンヌに化けるのかも楽しみである。    「鍵(カギ)泥棒のメソッド」は、2012年秋の公開を目指し、順調に撮影中。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access