大塚寧々 関連記事

  • 彼氏の服コーディネート買い物からのラーメン…完璧デート中の林遣都、田中圭 ※『おっさんずラブ』第5話場面写真

    『おっさんずラブ』田中圭&林遣都の恋に進展 女性陣の心境にも変化が

    エンタメ

     俳優の田中圭が主演を務めるドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の5月19日に放送される第5話で、田中演じる主人公の会社員・春田と、彼の後輩で同居中の牧との仲が進展することが明らかになった。さらに第5話では、これまで男たちの恋に翻弄されてきた本作の女性キャラクターたちの変化も描かれる。@@cutter ドラマ『おっさんずラブ』は女好きだけど女性にモテない33歳の不動産会社社員・春田創一(田中)を主人公に、彼に想いを寄せる上司・黒澤(吉田鋼太郎)と、ひょんなことからシェアハウスをすることになった後輩・牧(林遣都)といった男たちの純愛を描く胸キュン・ラブコメディ。  同居を解消するために家を飛び出そうとした牧を、とっさのバックハグで引き止めた春田。彼が己のとった行動に混乱していると、牧から「俺と付き合ってください」という直球の告白が。春田がうっかり“はい”と返事をしたことから二人はなんと付き合うことに。  春田が牧をバックハグする現場を目撃したちず(内田理央)は、幼なじみの春田を急に男性として意識し始める。彼女の揺れる心は、最近いい感じになっていた春田の後輩・栗林(金子大地)にも伝わってしまう。  一方、春田にフラれた黒澤は、春田に人気俳優のマンション探しをアテンドするように指示。春田は黒澤と“上司と部下の関係”に戻れたことにホッとするが、その裏で、失恋した黒澤は来る日も来る日も自宅で涙に暮れていた。そんな黒澤を目の当たりにした妻・蝶子(大塚寧々)は“一世一代の決意”をする。  ドラマ『おっさんずラブ』第5話は、テレビ朝日系にて5月19日23時15分より放送。

  • 志田未来、『ウツボカズラの夢』制作発表に登壇

    志田未来、7年ぶりの主演ドラマに苦笑「まともな人間が一人も出てこない」

    エンタメ

     女優の志田未来が、大塚寧々、国生さゆりと共に、28日に都内で実施された、8月5日スタートのオトナの土ドラ『ウツボカズラの夢』(東海テレビ・フジテレビ系)制作発表会見に出席。7年ぶりに連続ドラマで主演を務める志田は、強かな女性が中心となる物語について、「まともな人間が一人も出てこない」と苦笑交じりに語った。@@cutter 本作は、直木賞作家・乃南アサの原作を基に、長野で育った純朴な少女・斉藤未芙由(志田)が、未芙由の亡き母の従妹・鹿島田尚子(大塚)の家に居候として住みながら、決して攻撃的では無いものの、訪れたチャンスは逃さず飲み込む「ウツボカズラ女」として、幸せを求めて成長する姿を描く。7年ぶりに連ドラで主演を務める志田は、ストーリーについて「まともな人間が一人も出てこない」と苦笑い。  今まで挑んだことがない、強かさを持つ役柄については、「18歳の役なんですけど、最初は田舎から出てきた女の子で、どんどん鹿島田家の方々と触れ合うことによって、強かさが出てきて、どんどん悪女に変わっていくんです」と劇中で辿る変化を紹介。また、「きっと24歳の今の私だからこそ、演じられる役なのかなという風に思っているので、しっかり頑張りたいなと思っています」と意気込みを語った。  箱入り娘の尚子を演じる大塚は「お化けよりも、人間が怖いです。夏に涼みたい方は、ぜひ見ていただけたら、少し涼めるのではないかと思います」と毒のある物語の魅力をアピール。尚子の友人で夫に逃げられたセレブ妻・福本仁美にふんする国生は、ウツボカズラ女と遭遇した時の対処法を問われると、「昔は面白がってちょっかいを出していたと思うんですが、今は逃げます(笑)」と回答。一方、志田は「実際に遭遇しても、私はきっと気づかないんじゃないかと思います(笑)。まんまとエサになるタイプかな」と語って会場を沸かせた。当日は、巨大なウツボカズラが志田にプレゼントされる一幕もあった。  オトナの土ドラ『ウツボカズラの夢』は、東海テレビ・フジテレビ系にて8月5日より毎週土曜23時40分放送。

  • 『ウツボカズラの夢』主演の志田未来

    志田未来、7年ぶり連ドラ主演! 『ウツボカズラの夢』で居場所を求め“悪女”へと変貌

    エンタメ

     女優の志田未来が、8月スタートの新ドラマ『ウツボカズラの夢』(東海テレビ・フジテレビ系)で主演を務めることがわかった。志田は、2010年放送の『秘密』以来、7年ぶりの主演となる。共演は、大塚寧々、国生さゆり、EXILE松本利夫、羽場裕一、松原智恵子ら実力派キャストが集結する。@@cutter 本作は、直木賞作家 ・乃南アサの同名小説が原作で、タイトルにあるウツボカズラは食虫植物の一種である。主人公は、長野で育った純朴な少女・斉藤未芙由(志田)。母の死後、父が愛人を家に引き入れたことから居場所を失ってしまう。そんな時、未芙由は叔母・鹿島田尚子(大塚)から声をかけられ東京にやってくるも、その裕福な生活を見て「世の中、理不尽だ」と感じ“ウツボカズラ女”として目覚める。  “持てる者” を養分に成長していくウツボカズラ女たち…物語には未芙由の他に、夫に逃げられた セレブ妻、男を財布に見立てる計算不倫女、妊娠で妻の座を得た地味女など、様々女たちが「夢=幸せ」を求め、それぞれの欲望を食い合っていく。  連ドラ主演7年ぶりとなる志田は、未芙由役について「ただただ自分の居場所を見つけること、幸せになるということを考えて必死に生きています。 その姿が、悪女であり、したたかでもありながら、そうしなければ一人で生きていくことができない孤独な女性だと思います」と説明すると、「今まで演じたことのない役柄ではありますが、新しい自分をお見せする気持ちで頑張ります」と意気込みを語っている。  新ドラマ『ウツボカズラの夢』は、東海テレビ・フジテレビ系にて8月5日より毎週土曜23時40分放送。

  • 映画『心が叫びたがってるんだ。』に出演する大塚寧々と荒川良々

    『心が叫びたがっているんだ。』追加キャスト解禁!WEB限定超特報も解禁

    映画

     主演・中島健人、ヒロイン・芳根京子にて描かれる劇場版オリジナルアニメ『心が叫びたがってるんだ。』の実写映画『心が叫びたがってるんだ。』にて、ヒロイン・芳根の母親役に大塚寧々、主人公やヒロインたちの担任教師役に荒川良々が決定した。また、合わせてWEB限定超特報が解禁となった。@@cutter 本作は秩父の高校を舞台に、本音を言わない少年・拓実が、しゃべると腹痛を起こしてしまう少女・順とともに「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命され、クラスメイトたちと一緒にミュージカルの公演を目指す中で揺れ動く心情を描いた青春群像劇。  既に発表されている石井杏奈、寛一郎の出演に加え、今回新たに発表されたキャストの大塚が演じるのは、順(芳根)の母親・成瀬泉役。子供時代の“ある事”を機に家族がバラバラになり、以来しゃべれなくなってしまった順を心の底では心配しながら、つい辛く当たってしまう複雑な想いを持つキャラクターだ。一方、荒川が演じる拓実(中島)や順の担任教師・城嶋一基役は、彼らを見守り、変化をもたらす役どころ。「地域ふれあい交流会」の実行委員に拓実、順、仁藤菜月(石井)、田崎大樹(寛一郎)を強引に指名する。  同作への作品に対し、大塚は「この作品のテーマの“伝えることの大切さ”は、現代を生きる私たちすべてに通じるものだと思います。今、青春真っ只中にいる方はもちろんのこと、社会人や、親世代の方なども、共感できる作品だと思いますので、ぜひ観ていただけたら嬉しいです」とアピール。対して荒川は「ま、まさか!自分がまっとうな教師をやるとは!…思えば遠くへきたもんだ…」とユーモアたっぷりに出演の感想を語っている。  今回の特報映像は、芳根が演じる順の心境を語った「言葉にすれば、何かが変わるはず。だって、私の『心が叫びたがってるんだ。』」というナレーションとともに学校の風景を映し出している。  映画『心が叫びたがってるんだ。』は7月22日より全国公開。

  • 亀梨和也主演ドラマ『怪盗 山猫』に成宮寛貴と広瀬すずの出演決定!

    広瀬すず、亀梨主演『怪盗 山猫』で女子高生ハッカーに! 成宮寛貴は事件を追う

    エンタメ

     俳優の成宮寛貴と女優の広瀬すずが、神永学の「怪盗探偵山猫」シリーズを原作にドラマ化した、亀梨和也主演『怪盗 山猫』(日本テレビ系/2016年1月放送)に出演することが分かった。@@cutter 本作は、亀梨演じる、痕跡を残さず窃盗を繰り返し、悪事を暴く謎の人物・山猫を主人公に、魅力的な登場人物たちが巻き起こす事件の数々を描くミステリードラマ。  山猫を追いかける雑誌記者・勝村英男を演じる成宮は、「(勝村は)山猫のことを知ろうとして、精神的にも実際にも、逆に取り込まれていってしまう男」と分析。また、亀梨、広瀬と初共演については「亀梨さんは僕の中ではすごくミステリアスで、とても真面目な方という印象。2人でのセリフの掛け合いも多いので、どんな化学反応が起きるか楽しみにしています」と期待を寄せ「広瀬さんは、芝居にも体当たりで臨むんじゃないかと思うし、きっとすごく負けず嫌いな方なんじゃないかな、とか、勝手に予想しています(笑)」と印象を語る。    一方、天才的なハッキングの才能を持つ女子高生・高杉真央を演じる広瀬は、「これまではずっと、明るくてまっすぐで、自分から何かを発信する子(の役)が多かったのですが、今回は感じる側、受ける側。初めて客観的に自分を見られるのではないかと感じていますし、いい意味で、今までの役やイメージを裏切れればと思います」と意気込んだ。  また、山猫を追う刑事・関本修吾役を佐々木蔵之介、山猫捜査班の刑事・霧島さくら役を菜々緒、山猫を手助けする謎の美女・宝生里佳子役を大塚寧々、ニュースキャスター・藤堂健一郎役を北村有紀哉が務めることも発表された。  土曜ドラマ『怪盗 山猫』は、日本テレビ系にて2016年1月16日より毎週土曜21時放送。

  • ちょっぴり大人になった?本田望結、初主演映画『ポプラの秋』予告編解禁

    本田望結、初主演映画『ポプラの秋』予告編解禁! 少し大人になったピュアな魅力

    映画

     『夏の庭―The Friends』『岸辺の旅』の湯本香樹実によるロングセラー小説を、テレビドラマ『家政婦のミタ』などで知られる本田望結の初主演で映画化した『ポプラの秋』の予告編が解禁となった。本田が演じるのは大好きだった父を失い、傷づいた心を抱えてポプラ荘に引っ越してきた少女・千秋。天国に手紙を届けることができるという大家のおばあさんに出会い、次第に心癒されていく姿を描いた感動作だ。@@cutter 原作は、1997年に発表されて以来、アジアのみならず、アメリカ、ヨーロッパなど世界10ヵ国で翻訳・出版され、言葉や文化の壁を越えて愛されている心温まる小説。映画化への期待が高まる中、今回公開された予告編では、手紙を通して描かれる“人と人とのつながり”を、本田が透明感あふれる演技と彼女にしか出せないピュアな魅力を存分に発揮。人気子役から女優へと成長を感じられる映像となっている。  共演は、ポプラ荘の大家のおばあさんに映画出演100作以上の大ベテラン中村玉緒、夫を失い深く傷ついた母親役に大塚寧々。監督は、2014年に公開された『瀬戸内海賊物語』で少女たちの冒険を生き生きと描いた新鋭・大森研一が務めている。  また、音楽は『さよならドビュッシー』で俳優デビューを果たし、本作にも大人になった千秋の元彼役で出演している清塚信也。さらに主題歌「少しだけ」を歌うのは、先日、スポーツトレーナーとの結婚を発表した持田香織で、その歌声が本作に深く感動的な余韻を残してくれる。  映画『ポプラの秋』は9月よりシネスイッチ銀座ほか全国公開。

  • 『恋するヴァンパイア』で夫・田辺誠一と共演した大塚寧々

    大塚寧々、田辺誠一とは「なんでも言い合える仲」だけど“画伯”ぶりは心配?

    映画

     ふわりとした透明感。独特の色気と可憐さをまとい、見る者を魅了し続ける女優・大塚寧々。映画『恋するヴァンパイア』(公開中)では、実の夫である俳優・田辺誠一とヴァンパイアの夫婦役として出演。なんとも微笑ましく、仲睦まじい夫婦役を演じ、映画に優しさを添えている。二人が映画で夫婦役を演じるのは本作が初めてとなったが、夫との共演はいかがなものだったのか?大塚を直撃した。@@cutter 本作は、ヴァンパイアとして生まれた女の子・キイラ(桐谷美玲)と、初恋の相手・哲(戸塚祥太)の恋の行方を描く、ファンタジックなラブストーリー。大塚が演じるのは、キイラの育ての親であるヴァンパイア・まりあ役。元人間の夫・力彦と明るく結婚生活を営んでいる、キュートな女性だ。  夫婦で夫婦役を演じるとなったときの感想を聞いてみると、「夫婦役を演じることは全然、気にならなかったんですよ」とニッコリ。「お互いプロの役者なので、作品と向き合うときは役者として触れ合っていますから。でもやっぱり、『ここはどうする?』など気軽に話し合えるので、やりやすかったというのはありますね」。  キイラを優しく見守るまりあという女性は、「明るくて、思ったことをポンポン言う女性。演じていてとても楽しかったです。私もさっぱりしている方なので、まりあと似ているかもしれないですね」と共通点も多かったとか。「まりあの言ったことに対する、夫の返しもすごく面白いんです。とても温かい家族だと思いました」と演じた夫婦像にも惚れ込んだ様子だが、大塚にとっての理想の夫婦像とはどんなものだろうか?  すると「風通しのいい関係が理想です。嘘のない、なんでも言い合える関係というのは楽なものだし、楽なのが一番ですよね。実際の夫婦生活ですか? 一緒にいて本当に楽です。なんでも言い合える仲ですね」と嬉しそうに微笑む。@@separator 夫の田辺といえば、個性的すぎる絵を描き、“画伯”としても大活躍。大塚の目に映る夫・田辺誠一を一言で表すと、どんな夫なのだろう。大塚は「面白い夫です」と思わず笑顔をこぼすし、「日々、面白いですね。うちの家族はみんな明るくて、いつも楽しいんですよ。絵を描いているときの夫は、楽しくて明るくて、幸せな感じがすごくするんです。楽しそうでいいなと思いながら見ています」と告白。  一方、こんな心配事も。「でも、すごく集中しているので、“セリフを覚えなくていいのかな?”と思うときもあります。“覚えなきゃ、覚えなきゃ”と言っているわりには、絵を描いているので(笑)。ものすごく楽しいんだと思います」とのこと。家での田辺は、どうやらキラキラとした瞳で創作活動に励んでいるようで、それが大塚にとっても喜びになっていることがひしひしと伝わる。  女優として走り続け、現在46歳。邁進してきた道のりでは、「あまり器用なタイプではないので、反省ばかりしている」という彼女。「でもだからこそ、もっとやりたいと思うし、好きだなと思うんです。楽しいことも辛いこともあるけれど、役者というお仕事を通して自分自身も成長をさせてもらっている。私はものづくりの過程がとても好きで。セクションごとにみんなそれぞれがクオリティの高い仕事をして、ひとつの作品が出来上がっていく。その楽しさを、作品ごとに実感しています」。  今回の現場は「ひたむきさを感じた現場だった」という。「美玲ちゃんはいつもかわいくて、演じた役と同じくひたむきで真っ直ぐで。鈴木(舞)監督もいつもひたむきに、伝えたいことを伝えようとしていました。観終わった後に、気持ちいい風が吹くような映画になったと思います。あったかい、いい気持ちになれる映画です」。(取材・文・写真:成田おり枝)

  • 『恋するヴァンパイア』完成披露試写会に出席した田辺誠一、大塚寧々

    田辺誠一、大塚寧々を好き過ぎて生命保険に加入、ラブラブぶりを披露

    映画

     俳優の田辺誠一と女優の大塚寧々が25日、東京都内で行われた映画『恋するヴァンパイア』(4月17日全国公開)の完成披露試写会に出席。劇中でラブラブなヴァンパイア夫婦を演じ、実生活でも夫婦という間柄の2人は、イベントでも熱々ぶりを見せつけた。@@cutter 「好き過ぎてついついやってしまった事」を聞かれた田辺は「生命保険に加入しました」と明かし「自分に何かがあったら、好きな人が残される。妻を残すのは申し訳ない」との理由を説明すると、客席からは大きな歓声。妻である大塚は、横にいる田辺の肩を優しく叩きつつ、照れ笑いを浮かべていた。  また、夫婦役の雰囲気作りについて田辺が「作ってないですね」と答えると、すかさず大塚も「全然作ってないです」と応答し、会場からはそのラブラブぶりに「フー!」との羨む声が。現場での動きは2人で話し合いながら決めていたそうで、主演の桐谷美玲は「憧れ過ぎてにやけちゃうくらい。どうしよう?と思っていました、実は」とその仲睦まじい姿を報告。  一方、本作で映画初出演を飾ったA.B.C‐Zの戸塚祥太は、劇中のバク転シーンの話題になると、客席からの「やって!」の声に、バク転を生披露。客席から黄色い声を浴びたものの、その直後に「小学1年生の時に女の子と関わり合いを持ちたくて、クラスで飼っていたザリガニを女の子の机に置いた」との歪んだコミュニケーションを回想。ファンの悲鳴をバックに桐谷から「最悪ですね」とバッサリ斬られていた。  同作は、美少女ヴァンパイアが人間との許されぬ恋に奮闘していく様を描くラブコメディ。世界一のパン職人になる事を夢見るヴァンパイアのキイラ(桐谷)が、初恋相手の哲(戸塚)と8年ぶりに再会したことから、ヴァンパイアと人間の恋の大騒動が勃発する。同イベントにはその他、三戸なつめ、柄本明、鈴木舞監督が出席した。

  • 黒木啓司(EXILE)、岸谷五朗、玉木宏、倉科カナ、大塚寧々、ドラマ『残念な夫。』制作発表イベントに登場

    黒木啓司『EXILEの中では一番残念なやつ』 自虐的に出演ドラマをPR

    エンタメ

     ドラマ『残念な夫。』の制作発表が11日、都内で行われ、出演者の玉木宏、倉科カナ、黒木啓司(EXILE)、大塚寧々、岸谷五朗が参加した。本作は、子どもの誕生をきっかけに妻からの家庭内評価が下がり、夫婦の危機を迎えてしまった父親が「最高のパパ」に成長することができるかを描いていく、社会派ライトコメディ。@@cutter ドラマの内容にかけて“理想の夫婦像”を聞かれた玉木は「ドラマを通して感じたことは、妻のかゆいところに手が届くような行動をすること。お互いに何を求めているかということを把握できていたら、いい形の夫婦になれるんじゃないかと、漠然とですが思います」とコメントし、倉科は「私も作品を通して、つらいときも楽しいときも、お互いがお互いを支え合う夫婦がいいなと思いました」と語った。  また、玉木と岸谷という先輩俳優との共演の感想を聞かれた黒木は、「サウナシーンがあるんですけど、お二人ともすごい体だったので、そのシーンは自分もEXILEとして負けられないなと思います(笑)」と闘争心を覗かせた。  さらに、自分の残念な部分を来れた黒木は、「ないですね!」と言いつつも、「『EXILEの中では一番残念なやつ』とファンの人から思われているくらい、おっちょこちょいなことはよくやります」と明かし、「奥さんに対して『家事手伝おうか?』って言ったら、奥さんはカチンとくるじゃないですか。なんでカチンとくるのかさっぱりわからないです」と言うと、既婚の中村アナから「完璧な『残念な夫。』予備軍ですね」と突っ込まれた。  イベントでは、初回放送日に35歳の誕生日を迎える玉木にサプライズでお祝いが行われ、玉木は「現代劇で人生初の父親役のドラマが誕生日に放送されるのはすごく嬉しいです。残念な夫の日本代表として3か月間、しっかりと臨んでいきたいと思います」と意気込みを語った。  ドラマ『残念な夫。』は、フジテレビ系列にて1月14日より毎週水曜日22時に放送。

  • 乃木坂46・生田絵梨花、水10ドラマ『残念な夫。』で連ドラ初レギュラー

    乃木坂46・生田絵梨花、連ドラ初レギュラー「心情をメロディーに」ピアノ演奏も披露

    エンタメ

     乃木坂46のメンバーであり、10thシングル「何度目の青空か?」ではセンターも務めた生田絵梨花が、フジテレビ1月期水10ドラマ『残念な夫。』(1月14日22時スタート)で連続ドラマ初レギュラーが決定。ピアニストに憧れる女子高生という役柄を演じ、バラエティー番組でその技量の高さが話題となったピアノ演奏も披露する。@@cutter 『残念な夫。』は、“産後の離婚危機”をテーマにした社会派ライトコメディー。出産を経て“残念な夫”になりさがった主人公・榛野陽一役に玉木宏。育児への責任感から“モンスター妻”になってしまった榛野知里役を倉科カナ演じ、そのほか岸谷五朗、大塚寧々、黒木啓司(EXILE)、林遣都、高橋メアリージュン、浅田美代子らが出演する。  今回、出演が発表となった生田は、映画『超能力研究部の3人』で主演を務めるも、連続ドラマでは『ビブリア古書堂の事件手帖』『海の上の診療所』でゲスト出演経験があるのみ。本作で、陽一(玉木)の上司である、細井茂(岸谷)と美和子(大塚)の一人娘・美香役で初めての連ドラレギュラーとなる。  初レギュラーを「本当にうれしかったです」と話す生田。ドラマ内で演技だけでなくピアノの演奏も披露するが、「ただ指先が動いているんじゃなくて、そのときの役の心情をメロディーに乗せて弾ければいいなと思います」と意気込みを語る。また、今後の女優活動に対し「お芝居に興味が深まってきたので、幅のある役がこなせるようになりたいです」と展望を明かした。  生田の演じる美香は、高校卒業後の進路としてピアニストを希望したことにより、母・美和子との間に亀裂が入ってしまう。そんなとき“残念すぎる夫”茂はどう家族と向き合うのか…。  『残念な夫。』は2015年1月14日22時より放送スタート。

  • 『残念な夫。』 玉木宏、現代劇での初めての父親役は“残念な夫”に

    玉木宏「僕にとって人生のバイブル」 “残念な夫”で現代劇の父親役に初挑戦

    エンタメ

     玉木宏が、妻に失望されてしまった“残念な夫”に扮する、“産後危機”問題をテーマにした社会派ライトコメディ『残念な夫。』が、連続ドラマとして2015年1月放送されることが決定した。“残念な夫”玉木に失望してしまう妻には倉科カナが扮する。玉木は、現代劇で父親を演じるのは本作が初めて。@@cutter 円満だった夫婦関係が、出産を機にギスギスした雰囲気に変化してしまう“産後危機”は今や社会現象であり、最悪の場合は離婚にまで発展する場合も。その原因の一つは、産後のデリケートな時期に配慮のない発言をするなど、妻のストレスを限界まで増殖させてしまう“残念な夫”の存在。  “残念な夫”榛野陽一を演じる玉木は「主人公の陽一は、悪気もなく無意識に“残念な夫”になってしまう男です。僕自身は結婚に良いイメージしかないので、今のタイミングでのこういう役は、僕にとって“人生のバイブル”にできるかなという気がしています」と前向きな発言。そして今回、現代劇での父親役に初挑戦となるが、「精一杯“残念な夫”を演じさせていただきます」と気合十分だ。  妻を演じる倉科は「産後をきっかけに“モンスター妻”に変貌する役柄で、自分としては、未婚でもあり母になる経験はしていないのですが、いろんな意味で初体験、初挑戦の部分が多そうなので、楽しみです」とコメント。また「親になる意識のタイムラグ的な要素が、夫婦間のさまざまな考え方の違いなどで生まれる日々の出来事を、自分なりに表現していけたらと思います」と意気込みを語った。  なお、共演陣には黒木啓司(EXILE)、林遣都、高橋メアリージュン、大塚寧々、岸谷五朗、浅田美代子らが名を連ねる。『残念な夫。』はフジテレビ系列にて2015年1月14日22時からスタート。

  • 吉高由里子が長谷川博己に人生相談!「いくぞ、ミライ。」新規口座篇

    吉高由里子が先輩に人生相談! 長谷川博己、大塚寧々らに“吉高節”で質問

    エンタメ

     吉高由里子が長谷川博己や大森南朋、大塚寧々、西田敏行ら豪華俳優陣と共演した三井住友銀行の新TV‐CMシリーズ「いくぞ、ミライ。」の全5作品が25日からオンエア開始。本CMは、“吉高節”の人生相談と先輩俳優とのかけあいが、温かい笑いを誘う内容となっている。@@cutter 吉高といえば、NHK連続テレビ小説『花子とアン』が過去10年で最高視聴率を記録するなど、まさに2014年の朝の顔とも呼べる存在。若い世代がこの先出会う人生の多くの出来事に前向きに挑んでいく姿を描くCMだけに、吉高のイメージが「自ら未来を切り開いていこうとする本CMの世界観にぴったり」と、今回の起用に繋がった。  “新規口座篇”“積立篇”“保険篇”“投資信託篇”と題された今回のCMで、吉高は俳優、そして人生の先輩であるゲスト陣に人生相談。長谷川とのCMでは、「初任給ってどうしました?」と質問するところから始まる。吉高の質問に対し長谷川は、預金通帳を見たら嬉しくなって全部使ってしまったと回答。そして、その時に買って今でも大切に身につけている腕時計を見せてもらうという内容だ。  実は、吉高と長谷川は本作が初共演。撮影現場では、談笑するうちに何かがツボに入り笑いが止まらなくなってしまうなど、あっという間に打ち解けたそうだ。長谷川の時計をうっかり「おお、古い」と言ってしまっても、「ビンテージって言ってよ」とすかさずツッコミが入り、まるで本当の先輩後輩のような温かなCMになっている。  また、大塚寧々と共演した“保険篇”では、結婚生活について質問する吉高。しかし大塚からそろそろ結婚するのか突っ込まれて、慌てて否定するコミカルなシーンも見られた。  吉高由里子出演の三井住友銀行 新TV‐CMシリーズ「いくぞ、ミライ。」は10月25日よりオンエア開始。

  • 『HERO』第4話(8月4日分)に美鈴検事が登場!

    『HERO』に美鈴検事・大塚寧々が登場!馬場検事との意外な接点も明らかに!?

    エンタメ

     13年ぶりに連続ドラマとして復活し話題となっている木村拓哉主演『HERO』(フジテレビ系)に、城西支部懐かしのメンバー中村美鈴検事役の大塚寧々が8月4日放送の第4話に登場することが分かった。@@cutter 本作は、型破りな検事・久利生公平(木村拓哉)を中心に描かれる個性的な城西支部のメンバーによる群像劇。2001年に連続ドラマとして大ヒットし、2006年のスペシャル版の放送を経て、2007年には劇場版が公開。同年の邦画実写1位を記録した。  13年ぶりに連続ドラマとして7月からスタートした本作では、北川景子、杉本哲太、濱田岳、吉田羊、温水洋一、松重豊ら新メンバーが登場。一方で、城西支部の部長検事だった牛丸豊(角野卓造)が東京地検の次席検事に出世し、事務官の末次(小日向文世)、遠藤(八嶋智人)、警備員の井戸(正名僕蔵)、バーのマスター(田中要次)は前作からの続投となった。  すでに初回放送で2001年放送の連続ドラマからの出演者、勝村政信演じる江上検事が登場。江上に続いて、第4話では、城西支部で久利生(木村拓哉)らと一緒に働いていた中村美鈴検事(大塚寧々)が登場する。  現在は京都地検で働く美鈴(大塚)。健康器具詐欺の被疑者が東京でも関西方面でも同じ犯罪を行ったため取り調べを共同で行うこととなったため、再会することになる。特に、美鈴に思いを寄せていた末次事務官(小日向)の喜びは人一倍大きい。美鈴の現在の担当事務官の小金沢克雄(温水洋一)も実は美鈴検事を慕っており、新旧事務官バトルが勃発する…。  また、美鈴と馬場検事(吉田)との意外な接点が明かされ、麻木千佳(北川景子)の意外な過去も暴かれることとなる。  連続ドラマ『HERO』は、フジテレビ系にて毎週月曜21時放送中。

  • 『すべては君に逢えたから』ジャパンプレミアに出席した玉木宏

    玉木宏の色気に高梨臨もうっとり!「玉木さんは絵に描いたような王子様」

    映画

     映画『すべては君に逢えたから』のジャパンプレミアが13日、東京ドームシティホールで行われ、玉木宏、高梨臨、木村文乃、東出昌大、時任三郎、大塚寧々、山崎竜太郎、小林稔侍、倍賞千恵子、本木克英監督、そしてスペシャルゲストとして劇中歌を歌うJUJUが登壇した。@@cutter 1日に100万人以上が利用するメガステーション、東京駅を舞台に、6つの“愛”の物語が交錯して描かれる本作。出演は玉木宏のほか、木村文乃、東出昌大、高梨臨、本田翼などのフレッシュな顔ぶれから、市川実和子、時任三郎、大塚寧々、小林稔侍、倍賞千恵子などのベテランまでが勢揃いし、どの世代のカップルが観ても楽しめるクリスマスラブストーリーとなっている。  ウェブデザイン会社の社長である黒山和樹役の玉木は、運命的な出会いから始まるラブストーリーを演じたが「僕も運命を信じたいですね。運命というのは必然的な出会い。いつかそういう出会いがあることを僕は信じたいと思います」と“運命の恋”について語り、「僕もこの黒山和樹のように思いを伝えるために行動に出る方ですね。チャンスは逃したくないので、攻めます! (笑)」と自身の恋愛観を披露。その玉木演じる黒山と運命の出会いを果たす佐々木玲子役の高梨は「普段の玉木さんは完璧。白ワインを持つシーンも『なんじゃこりゃ! 』ってくらい画になるんです。玉木さんは絵に描いたような王子様です! 」と玉木の色気にうっとりした様子で撮影を振り返った。    東出演じる津村拓実と遠距離恋愛中の山口雪奈を演じた木村は「出来上がった映画を観て、私が実際に遠距離恋愛をしたらこんな風になるのかなって恥ずかしくなりました」と照れ笑いを浮かべると、東出は「僕自身は遠距離恋愛はしたくないですね。本当に大好きなら会いたいので多分無理です(笑)。でも、遠距離恋愛をしている人には『ああ、こんなことあるな』って思ってもらえると思います」と話し、最後には「この映画を観て、家に帰ったら、大事な人に自分の思いを伝えてほしい」と来場者に呼びかけ、玉木も「観終わったあとに、きっと大切な人に会いたくなる映画。ゆっくりと観てほしい」とメッセージを送った。  映画『すべては君に逢えたから』は11月22日より全国公開。

  • 『すべては君に逢えたから』豪華キャスト発表!

    東京駅が舞台の恋愛映画、公開決定!玉木宏・高梨臨・木村文乃・東出昌大ら出演

    映画

     東京駅開業100周年を記念して、東京駅を舞台に描くラブストーリー『すべては君に逢えたから』の制作が決定。10人の男女による6つのエピソードで構成され、“日本流”『ラブ・アクチュアリー』のような作品となる本作に、玉木宏、高梨臨、木村文乃、東出昌大、市川実和子、時任三郎、大塚寧々、本田翼、倍賞千恵子、小林稔侍ら、豪華キャストが発表された。@@cutter 1914年に竣工された東京駅は、来年12月で100周年を迎え、様々な記念イベントも予想される中、この冬に公開される本作はその口火を切る形となる。JR東日本の全面バックアップのもと、東京駅とその周辺のロケ地での撮影を行ない、東京駅を中心とした街の魅力を引き出した映像が期待できる。  本作の舞台はクリスマス間近の東京駅。人間不信に陥ったウェブデザイン会社社長、仙台と東京の遠距離恋愛、余命半年を告げられた新幹線の運転士、49年前の果たされなかった約束―。それぞれが抱える思いが、クリスマスをきっかけに、動きだす。毎日何百人もの人とすれ違う中で、たったひとりに出会う“奇跡”によって生み出される一人一人のストーリーが巧みに重なりながら語られるラブストーリー。  エピソードの1つ「イヴの恋人」で、人間不信に陥ったウェブデザイン会社社長・黒田和樹役を演じる玉木は「6つのエピソードが交錯するという、ぼく自身が経験したことのない新しいタイプの作品で、監督とも意見を交えながら、素晴らしい作品が出来ていると感じています。東京駅開業100周年の映画ということで、今から完成を心待ちにしています。 今年の冬、劇場で観ていただくお客様に、キラキラしたものをお届けできる事を願っています」とコメント。  玉木の相手役を演じる高梨は「このような素敵な企画に参加できて嬉しいです。みなさんのクリスマスの思い出のひとつになればと思います。大切な人や好きな人と一緒にみてもらいたい作品です」と作品への思いを語った。  監督は、『犬と私の10の約束』から『ゲゲゲの鬼太郎』まで、ハートウォーミングな作品からエンタテイメント大作まで幅広く手掛ける本木克英。脚本は『僕シリーズ3部作』、『フリーター、家を買う』など、日常を細やかに切り取り、物語を紡ぐことに定評がある橋部敦子。制作プロダクションは『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズで知られる白組。3者がタッグを組み、この冬、最高にロマンティックな、日本を代表するクリスマス映画が誕生する。  『すべては君に逢えたから』は11月22日より全国公開。

  • ドラマ『ラスト・シンデレラ』にホスト役でゲスト出演する山本裕典

    山本裕典がホストに挑戦!篠原涼子主演『ラスト・シンデレラ』にゲスト出演

    エンタメ

     篠原涼子主演のフジテレビ系ドラマ『ラスト・シンデレラ』(木曜・22時放送)に、前田美波里、山本裕典と豪華ゲストが出演することがわかった。@@cutter 本作は、主演の篠原が、女性であることを忘れてしまうほどなりふり構わず仕事に没頭し、不器用だけどパワフルにエネルギッシュに頑張る「おやじ女子」に扮するラブコメディ。後半戦に向けた新たな展開に豪華ゲストの出演が決まった。  篠原演じる主人公・遠山桜が勤める美容室の店長で毒舌男の立花凛太郎(藤木直人)の母親役として登場するのは前田美波里。桜が凛太郎に頼まれ恋人として母親に扮する前田美波里に会うという設定。  前田は共演する2人について「篠原さんは、女性としてどこからみても好感のもてる女性のよさが滲み出ていました。息子役の藤木さんは、私の息子と同い年。かなり気になる存在でした。うちの息子もあんなにしっかりした子だといいなあと心から思いました」とコメント。視聴者には「婚期の遅れているみなさん。あせることありませんよ。ゆっくり自分の人生を見極めてから結婚はしてください。でも、チャンスがそこにあるのにそれがわからないでいるような人間にはならないでくださいね。どうぞドラマをご参考に!」とアピールした。  また、篠原の友人で大塚寧々演じる専業主婦・美樹近づいていくホスト役を山本祐典が演じる。山本は「寧々さんは以前ドラマでお母さんをやって頂いていたので少し変な感じです。毎シーンお互いにその事を気にしています(笑) 」と話すが、「色んな意味で視聴者の方々をかき回す事が出来ればと思っています」と意気込んでいる。  『ラスト・シンデレラ』はフジテレビ系列で木曜22時から放送。

  • 『キャサリン三世』でアラフォー女性の本音がチラリ…(4月30日放送分)

    観月も草食系好みに転身?篠原涼子、飯島直子らアラフォー女性の本音がチラリ

    エンタメ

     女優の篠原涼子、飯島直子、大塚寧々が、観月ありさ、ピース・又吉直樹、きゃりーぱみゅぱみゅの3人がMCを務める人気バラエティー番組『キャサリン三世』の30日放送分に出演する。 @@cutter 『キャサリン三世』は、毎週MCがゲストとゲストの友達芸能人と共にロケを敢行。友達同士だからこそ生まれる深い会話、友達同士だからこそ浮き彫りにできるリアルな素顔を、MCと共にあぶり出す。  30日の放送内容は、歩いてくる男性を好き勝手に批評しファッションチェックする人気企画「見た目OK男子グランプリ」。男子15人の中には、MCのピース・又吉直樹ときゃりーぱみゅぱみゅがコーディネートした男性が混在する。「コーディネートするのは今回が初めて。まず、自分が着るなら?で考えたが、すぐ“又吉や”とばれるなと思ったので、やんちゃ感と清潔感をうまい具合にしました」と話すのは又吉。一方のきゃりーは、「私も男性をコーディネートするのは初めて。自分の理想の男子を、今日作らせていただきました!」と自信たっぷり。  また、MCの観月ありさと、現在放送中のドラマ『ラスト・シンデレラ』(フジテレビ系木曜22時)に出演中の篠原涼子、大塚寧々、飯島直子の3人は旧知の仲で「久しぶりー!」と笑顔で対面するも、その後は、ガラス越しに歩いてくる15人の男子の中を真剣にチェック。途中、好きな男性のタイプや恋愛観を赤裸々に語り始めると、「若いときは攻め系が好きだったけど、今は癒し系!」と観月がコメントするなど、今風の草食系男子たちに一石を投じる、アラフォー女性たちの本音が明らかになっていく。    篠原、大塚、飯島がゲスト出演する『キャサリン三世』は、関西テレビ・フジテレビ系にて30日23時より放送。

  • 『ラスト・シンデレラ』記者会見に登場した、遠藤章造(ココリコ)

    ココリコ遠藤、飯島直子と人生初ラブシーンに挑戦!「千秋に見てほしい」

    エンタメ

     お笑いコンビ・ココリコの遠藤章造が4日、都内で行われたフジテレビ系連続ドラマ「ラスト・シンデレラ」制作発表会見に主演の篠原涼子、共演の藤木直人、三浦春馬、飯島直子、菜々緒、大塚寧々らと共に出席した。同系連続ドラマ初出演の遠藤は「落とし穴があるのかと思ったけれど、これだけ大掛かりなドッキリを僕にはしないはず」と胸をなでおろしながら「真面目にやっているところを千秋に見てほしい」と元妻にアピールしていた。@@cutter 同作は、“おやじ女子”をテーマに現代の女と男の本音を赤裸々に描く大人のラブコメディ。女性であることを忘れてしまうほど仕事に没頭し、ホルモンバランスが崩れてしまう女性が増加しているという現代を舞台に、彼氏いない歴10年の“おやじ女子”遠山桜(篠原)が、アゴにひげが生えてしまったことをきっかけに恋に奮闘する様を描く。  セックス依存症でバツイチ独身の志麻役の飯島とラブシーン挑んだ遠藤は「生まれて初めてなので、フリスクを8箱食べてしまった」と緊張の初体験を振り返るものの「この世界に入って良かったと思った。役得です」と得意顔。相手役の飯島からも「クッションを抱きかかえてフリスクを食べながら真面目に自主トレをされていました。最高のラブシーンになったはず」と好評を得ていた。  第2子出産後初の連ドラ主演に篠原は「現場スタッフの皆さんが雰囲気作りをしてくれているので、スタジオに入った瞬間にドラマのムードに染まれる。和気あいあいで楽しい」と充実した表情。ただ遠藤とは今日初めて顔を合わせたそうで「本当に出ているんだと思った。落とし穴があるのではないかと、さりげなく思っています」とドッキリを期待していた。  またこの日の会見では、同系バラエティー「ホンマでっか!?TV」などで知られるコメンテーターの牛窪恵が登場し、キャスト陣が肉食系か草食系かを判断。牛窪から事前アンケートで「タンスの中に勝負下着が眠っている」という項目にチェックを付けたことを暴露された菜々緒は、遠藤から執拗に「勝負下着はタンスの何段目なの?」と追及され「それはもういいですから! ふざけないで遠藤さん!」と赤面していた。  フジテレビ系連続ドラマ「ラスト・シンデレラ」は4月11日22時放送スタート

  • 7年ぶりにフジ連続ドラマに主演する篠原涼子

    篠原涼子、ヒゲが生えてきた39歳“おやじ女子”に!? 7年ぶりフジ連ドラ主演

    エンタメ

     篠原涼子が“最近胸がドキドキしたのは階段を昇った時くらい”“ある日、ヒゲが生えてきた!?”などという“オス化”した「おやじ女子」に扮し、約7年ぶりにフジテレビの連続ドラマに帰ってくる。@@cutter 女性であることを忘れてしまうほど、なりふり構わず仕事に没頭する現代の女性たち。29歳の時には、「結婚」か「仕事」かで悩めば良かったけど、39歳オス化女子になるとそれに加えて、「出産」「離婚」「介護」「転職」などさまざまな選択と悩みとタイムリミットが押し寄せてくる。    4月スタートのフジテレビ木曜10時ドラマでは、そんな不器用だけど、パワフルにエネルギッシュに頑張る「おやじ女子」たちの姿に迫り、現代女性の姿を赤裸々に描いている。    主人公である39歳のおやじ女子・遠山桜には、2006年の「アンフェア」以来、フジテレビの連続ドラマは約7年ぶりの主演となる篠原涼子。共演には、篠原演じる桜に惹かれる年下肉食男子役に三浦春馬、桜にとっては何でも言い合える性別を超えた関係の立花凛太郎役に藤木直人、桜の親友で専業主婦、姑との関係と夫とのセックスレスに悩む武内美樹役に大塚寧々、桜の親友でフェロモンをまき散らす肉食女子・長谷川志麻役に飯島直子、お嬢様役で凛太郎(藤木)に恋をしている・大神千代子役には菜々緒と、豪華な顔ぶれが揃う。  篠原は、今回の主演ドラマについて以下のようなコメントを寄せている。「主人公の桜は仕事にいちずで10年間も彼氏がいない、恋に臆病でちょっとおやじな女性です。男の本音、女の本音が盛りだくさんで、見るのがちょっと怖い気もしますが、最後は“恋がしたい!”って思っていただけるような、そんな前向きなドラマになると思います。おやじ女子、桜の恋の奮闘ぶりを笑って泣いてときめいていただけると幸いです」。  篠原涼子主演、木曜劇場「(タイトル未定)」は2013年4月、フジテレビ系列にて毎週木曜午後10時~10時54分スタート

  • 今回の悪女は誰?仲間由紀恵主演「悪女たちのメス episode2」12月21日放送決定

    仲間由紀恵、ふたたびクールな女医に!医療サスペンス「悪女たちのメス」続編放送決定

    エンタメ

     仲間由紀恵が、冷徹かつ命を救うことにひたむきな脳外科医・桧山冬実を演じ好評を博した本格医療サスペンス「悪女たちのメス」の続編「悪女たちのメス episode2」が12月21日に放送されることがわかった。@@cutter 本作は、「アンフェア」や「ダーティ・ママ!!」で人気の秦建日子の小説をドラマ化した待望の続編。前作の内容も踏襲しつつ、新たに作られたオリジナルストーリーが展開する。第2弾では、桧山冬実に降りかかる医療ミスの疑いやその陰に潜む悲しい過去、さらにはさまざまな思惑によって起こる事件の数々を描いている。  医療ミスの疑いをかけられた脳外科医・白石由紀役には大塚寧々、虎視眈々と執刀医の座を狙う脳外科医・理沙子役は山口紗弥加、医療コーディネーターの美原役には木村文乃が決まっており、実力派女優たちによる“悪女”も見物だ。  また、前作に続き、冬実の姉・夏帆役に西田尚美、今回初の医療ドラマ出演となる中村蒼など、魅力的なキャスト陣が集まり、前作以上のサスペンスが繰り広げられる。主題歌は、曽根由希江の「愛しい人」が決定。  仲間は、第2弾の話を聞いて「うれしかったです。脚本は今回も面白くてスピード感があり、サスペンス要素のある作品でしたので、楽しみに撮影に入りました」とコメントを寄せており、「人が持つ野望や嫉妬など、登場する人たちのいろいろな思惑が交差し、そこに冬実の過去の事件も絡んできて、前回とは違った悪女たちが集まってきてワクワクさせられる」と語っている。  さらに、自身の悪女な部分については「悪ふざけをしますね。監督をいじめたりとか」と意外な一面をのぞかせた。「監督が歩こうとする廊下をふさいでみたり…。悪いなと思って反省はするんですけど、なかなか治らないです」と、ドラマの内容とは違い、和気あいあいとした現場であることをうかがわせた。  金曜プレステージ特別企画「悪女たちのメス episode2」は、12月21日(金)21時~22時52分、フジテレビにて放送。

  • 1970年代の団地が舞台「みなさん、さようなら」  (C)2012「みなさん、さようなら」製作委員会

    濱田岳×中村義洋監督コンビの団地ムービー「みなさん、さようなら」公開決定

    映画

     1970年代の“団地”を舞台にした映画「みなさん、さようなら」の公開が決定した。新興集合住宅が立ち並び、ベビーブーム世代を支えてきた団地。その団地を舞台に、濱田岳×中村義洋監督のゴールデンコンビが「ポテチ」に続いて放つ、仰天の団地ムービー。 @@cutter   「みなさん、さようなら」は、団地から一歩も出ずに生きると決めて大人になった少年が、孤独や葛藤に苛まれながら成長する姿を描いた、可笑しくも愛おしい感動の物語。少年が「団地で生きていく」と決意した本当の理由とは? そして少年には、団地から出る日が訪れるのか―。  監督は「アヒルと鴨のコインロッカー」「ゴールデンスランバー」「ちょんまげぷりん」の中村義洋。淡々とした描写の中で心の機微を見事に表現するその高い演出力は、国内外で評価が高く本作でも期待される。主演には中村組の常連でもある「ポテチ」の濱田岳。変幻自在な演技力と、いつまでも少年のような親しみやすい風貌で本作では13~30歳までを演じている。  原作は第一回パピルス新人賞を受賞した、久保寺健彦の同名小説。共演には倉科カナ、永山絢斗、波瑠、田中圭、ベンガル、大塚寧々ら。  濱田は「中村監督からのお話しなら、悩む理由も無いですし、何より現場が楽しいので、喜んでお返事しました。やっぱり、楽しくて楽しくて、タイトなスケジュールも全く気になりませんでした」とコメント。また「大山倍達のような体型に見える様に、身体を自分なりに鍛えたりしました。身体をお見せするシーンはないのですが、服が似合わない体型を目指すというか。印象的なのは、やっぱり、毎日毎日の団地で撮影でした(笑)」と独自の役作りを語る。  原作を一気読みしたという中村。濱田を起用した理由についても「僕らの仲間には濱田岳がいるのに、他の俳優を考える理由がどこにあるんだ! そんな感じでした」と、濱田への絶大な信頼感をアピールした。  「みなさん、さようなら」は2012年公開予定

  • 4月スタートの連続ドラマ「家族のうた」

    オダギリジョーがフジ連ドラで初主演!3人娘の父親を演じる「家族のうた」4月スタート

    エンタメ

      現在放送中の「早海さんと呼ばれる日」をはじめ、昨年大ヒットした「マルモのおきて」などハートウォーミングなドラマを数多く送り出してきたフジテレビの日曜9時枠に、4月よりオダギリジョー主演のファミリードラマ「家族のうた」が登場する。 @@cutter   本作は、かつては爆発的な人気を誇ったものの、バンド解散以降は世間から忘れられた存在のロックミュージシャンの前に、ある日突然中学生の3人娘が現れるというストーリー。様々な困難に立ち向かいながらも大切なものを見つけていくという、苦悩と笑いと愛に満ちた熱血ファミリードラマになっている。   主人公である落ち目のロックミュージシャン・早川正義役には、フジテレビの連続ドラマ初主演になるオダギリジョーが決定。その他、正義の最大の理解者であるマネージャー田村康祐役にユースケ・サンタマリア、正義にひそかに思いを寄せるカメラマン青田洋子役に貫地谷しほり、正義の人気絶頂期を知る元カメラマンで洋子の姉的存在の水島朝子役に大塚寧々が決定した。   最も“家族”というものから縁遠いダメダメなロックミュージシャン、そして、突如現れた3人の娘に翻弄され、カッコ悪くもチャーミングなパパをオダギリがどう演じるか必見。   フジテレビ編成部は「“オダギリさんが3人娘のパパ”という想像できないインパクトとともに、世の中のお父さんの素敵な姿がもう一度見直されたら良いなと思い企画しました。子供じみててチャーミングなオダギリパパが娘たちと共に笑い、苦悩し成長していく姿が最大の見所です!今まで見たことのないオダギリさんがこのドラマでは見られると思います。笑った分だけ最後には心に響く“家族エンターテインメント”をお届けします!」とコメントしている。   「家族のうた」は4月スタート。毎週日曜 午後9時~9時54分にて放送

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access