ドナルド・サザーランド 関連記事

  • 映画『アド・アストラ』ティザーポスタービジュアル

    ブラッド・ピットの視線の先にあるものとは…『アド・アストラ』ティザーポスター解禁

    映画

     俳優のブラッド・ピットが主演と製作を務め、トミー・リー・ジョーンズと宇宙飛行士の親子を演じるスペース・アクション映画『アド・アストラ』より、ティザーポスターが解禁。宇宙服に身を包むブラッドがこちらを見つめる姿が写しだされている。@@cutter 本作では、2人のほかリヴ・タイラー、ドナルド・サザーランド、ルース・ネッガらが出演。監督は『リトル・オデッサ』で長編映画デビューし、『エヴァの告白』『ロスト・シティZ 黄金都市』などで知られるジェームズ・グレイ。脚本は、ジェームズとドラマ『FRINGE/フリンジ』のイーサン・グロスが共同執筆している。  主人公のロイ・マグブライド(ブラッド)は、地球外知的生命体の探求に人生をささげた英雄の父(トミー)を見て育ち、自身も宇宙飛行士の仕事を選び。しかし、その父は地球外生命体の探索に出た船に乗ってから16年後、43億キロ離れた太陽系の彼方で行方不明に。後に父が生きていたことを知ったロイはその謎を追い、隠された秘密が明らかになっていく。  解禁となったポスターには、壮大な宇宙をバックに宇宙服に身をまとったブラッド演じるロイの姿が大きく映し出され、彼の見つめる視線の先に何が待ち受けているのかが気になるところだ。さらにその横には“必ず、見つけ出す。”という文字が並び、熱いドラマを予感させるビジュアルとなっている。  ブラットについて、彼の恋人役を演じるリヴは「本作におけるブラッド・ピットの存在は美しく大きなもので、特別なものよ。私自身も彼の素晴らしい演技に惹かれているわ」とコメント。ジェームズ監督は作品について「『ブレード・ランナー』『2001年宇宙の旅』のような、人類の次の大きな一歩を可能にしようと動いている世界だ。壮大なコンセプトと圧倒的なビジュアル、そしてチャレンジが待っているよ」と自信をのぞかせた。  映画『アド・アストラ』は9月20日より全国公開。

  • 『アド・アストラ』ポスタービジュアル

    ブラピ主演×トミー・リー・ジョーンズと親子役で初共演『アド・アストラ』公開

    映画

     俳優のブラッド・ピットが主演と製作を務め、共演にトミー・リー・ジョーンズを迎える映画『AD ASTRA(原題)』が、邦題を『アド・アストラ』として9月20日に日米同日公開されることが決定。併せて第1弾予告映像とポスタービジュアルが解禁となった。@@cutter 本作は、ブラッドとトミーが初共演し、宇宙飛行士の親子を演じるスペース・アドベンチャー。物語の主人公ロイ・マグブライド(ブラッド)は、地球外知的生命体の探求に人生を捧げた英雄の父(トミー)を見て育ち、自身も宇宙飛行士の仕事を選んだ。しかし、その父は地球外生命体の探索に出た船に乗ってから16年後、32億キロ離れた太陽系の彼方で行方不明に。後に父が生きていたことを知ったロイはその謎を追い、隠された秘密が明らかになっていく。  女優のリヴ・タイラーがロイの妻役を演じるほか、映画『ハンガー・ゲーム』シリーズで知られる名優ドナルド・サザーランド、『ラビング 愛という名前のふたり』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたルース・ネッガなどが脇を固める。 監督は『リトル・オデッサ』で長編映画デビューし、『エヴァの告白』『ロスト・シティZ 黄金都市』などで知られるジェームズ・グレイ。脚本はジェームズとドラマ『FRINGE/フリンジ』のイーサン・グロスが共同執筆している。  予告映像の前半は、人々から尊敬を集めていた父の影響で、地球外での危険な仕事にも懸命に挑みながらエリート宇宙飛行士として活躍するロイの姿が映し出される。しかしある日、ロイは陸軍幹部から「信じ難いだろうが、君の父親は生きている」と告げられ、さらに父が太陽系の全てを滅ぼす力を持つ実験“リマ計画”に関わっていた事も知らされる。  そして映像の後半でロイは、父の謎を追うため、心配する妻を残して太陽系の彼方へ旅立つ。続いて「全身全霊でミッションを遂行する。必要なら計画をすべて破壊する」との決意を胸に、宇宙で懸命に活動を繰り広げるロイの姿が迫力の映像で展開。最後は「これは使命だ。もう決めたんだ」と意味深な言葉で映像は締めくくられる。  ポスタービジュアルは、宇宙をさまよっているかのような、1人の宇宙飛行士の姿が描かれたもの。横には「必ず、見つけ出す」というキャッチコピーが添えられており、主人公の壮大な冒険に期待が高まるものとなっている。  映画『アド・アストラ』は9月20日より全国公開。

  • 海外ドラマ『TRUST』場面写真

    大富豪が身代金支払いを拒否 実話をドラマ化『TRUST』日本最速放送

    海外ドラマ

     映画『トレインスポッティング』『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイルが監督と製作総指揮を務める新作ドラマ『TRUST』全10話が、FOXチャンネルにて日本最速で先行一挙放送することが決定した。@@cutter アメリカで2018年3月に放送開始したばかりの本作は、実話に基づく世界一の富豪の孫誘拐事件を描くサスペンスドラマ。日本では5月にリドリー・スコットがこの誘拐事件の裏側を映画化した『ゲティ家の身代金』が公開された。  1973年、石油により巨万の富を築き、世界一の富豪となったポール・ゲティ1世の孫で、当時16歳だったポール3世がお金欲しさに偽装誘拐事件を実行。身代金1700万ドル(約50億円)を要求する。  しかし、仲間の裏切りにより、この一件はイタリアンマフィアを巻き込んだ誘拐事件に発展。ポール1世の50億ドル(約1.4兆円)ともいわれる巨額資産をめぐる親族一同の相続争いを背景に、息子の命を何とか救おうと奔走する母・ゲイルと、無駄なお金は一銭も払いたくないポール1世、たちまち絶望の淵に追い込まれたポール3世を中心に、ドラマティックなストーリーが展開していく。  映画『M★A★S★H マッシュ』、『ハンガー・ゲーム』シリーズの名優ドナルド・サザーランドがポール1世を演じ、若手俳優のハリス・ディキンソンが孫のポール3世を、『ボーイズ・ドント・クライ』『ミリオンダラー・ベイビー』のヒラリー・スワンクがその母親のゲイルに扮する。ほかに、ポール1世が信頼を寄せ、真相究明に尽力する元CIA工作員チェイスを映画『ハムナプトラ』シリーズのブレンダン・フレイザーが担当する。  海外ドラマ『TRUST』は、FOXチャンネルにて8月19日日曜12時より全話先行一挙放送。9月21日より毎週金曜22時にレギュラー放送。

  • ダニー・ボイルが手がける新ドラマに出演するという、ドナルド・サザーランド

    ドナルド・サザーランド、ダニー・ボイル製作の新ドラマで石油王J・ポール・ゲティ役

    海外ドラマ

     米FX局が制作するアンソロジーシリーズ『Trust(原題)』の第1弾で、映画『ハンガー・ゲーム』シリーズの俳優ドナルド・サザーランドが石油で財を成したアメリカの石油王ジャン・ポール・ゲティを演じることに決まったという。@@cutter Comingsoon.netによると、『Trust(原題)』は富のあるないに関係なく象徴的な家族の謎に迫るというアンソロジーシリーズで、第1弾は石油で財を成したアメリカの名門ゲティ家に焦点を当てるという。10話構成となり、ジャン・ポール・ゲティの孫ジョン・ポール・ゲティ三世の誘拐事件を中心に描くとのことだ。  ゲティ三世はジャン・ポール・ゲティと4人目の妻アン・ロークの息子ジョン・ポール・ゲティ・ジュニアの子供となる。ゲティ三世は1973年6月、16歳の時にイタリアのローマで誘拐された。誘拐犯の一味にはマフィアも絡んでいたが、狂言誘拐だと思った当局が捜査を拒んだり、ジャン・ポール・ゲティが身代金の支払いを出し渋ったりするなどして、誘拐犯からゲティ三世を取り戻すのに5ヵ月を要している。  ドナルドが演じるジャン・ポール・ゲティは数々の逸話があり、ゲティ三世が誘拐された時はイギリスの田舎町にあるチューダー様式の大邸宅で愛人5人に囲まれていたという。巨万の富を得ていたにもかかわらず、靴下を自分で洗濯するなど変わった一面もあり、ケチとしても有名だったとのことだ。  『Trust(原題)』は映画『トレインスポッティング』シリーズの監督ダニー・ボイルが、映画『スラムドッグ$ミリオネア』の脚本家サイモン・ボーフォイと製作クリスチャン・コルソンと共に製作総指揮を務める。ボーフォイが脚本を執筆し、ボイル監督がメガホンを取る予定。

  • ダニー・ボイル監督が手がけるミニシリーズに出演するヒラリー・スワンク

    ヒラリー・スワンク、ダニー・ボイル監督のミニシリーズに出演

    海外ドラマ

     映画『トレインスポッティング』シリーズの監督ダニー・ボイルが、映画『スラムドッグ$ミリオネア』の脚本家サイモン・ボーフォイらと手がける米FX局のミニシリーズ『Trust(原題)』。映画『ミリオン・ダラー・ベイビー』のオスカー女優ヒラリー・スワンクが出演することが決まったという。TV LineやDeadlineなどの海外メディアが伝えた。@@cutter 10話構成となる『Trust(原題)』はアメリカの石油王ジャン・ポール・ゲティの孫ジョン・ポール・ゲティ三世の誘拐事件を描くという。1973年に16歳のジョン・ポール・ゲティ三世がローマで誘拐されるが、警察の怠慢や家庭として崩壊していた一家が母親を除いて非協力だったためにゲティ三世が無事戻ってくるまでに5ヵ月を要する事件に発展した。  ヒラリーはゲティ三世の母親アビゲイル・ゲティを演じるという。意志が強く才覚のある女性で、孤立無援状態で誘拐犯と交渉することになるが、事件発生当時すでに三世の父親ジョン・ポール・ゲティ・ジュニアと離婚しており、身代金を支払う以前に“破産”していたというキャラクターになるとのことだ。  ゲティ帝国の長で、変わり者でケチだったと評判のジャン・ポール・ゲティ役は、映画『ハンガー・ゲーム』シリーズの俳優ドナルド・サザーランドに決まっている。放送時期は未定。ボーフォイが脚本を執筆し、ボイル監督がメガホンを取るとのことだ。

  • 『世界にひとつの金メダル』予告編解禁!

    弁護士から五輪選手へ 実話を描く『世界にひとつの金メダル』予告編解禁

    映画

     ギョーム・カネが脚本と主演を兼任した映画『世界にひとつの金メダル』が6月に日本公開することが決定。併せて予告編が到着し、弁護士から障害飛越競技の選手に転身した男と、彼のパートナーとなった一頭の若馬が織りなすドラマが、一部明らかになった。@@cutter フランスでは知らぬ者がいないという実話に基づく本作は、エリート弁護士を辞めて、障害飛越競技の選手<ライダー>としてオリンピックを目指したピエール・デュラン(ギョーム)と、人間を信じない競技馬ジャップルーの絆、そして彼らを見守る家族の姿を描く感動のドラマだ。  解禁された予告編には、ロサンゼルスとソウル、2つのオリンピックに挑んだピエールとジャップルーの姿、そして彼らを支えた周囲の人々の様子が、美しい映像や壮大な響きの音楽とともに描かれている。  メガホンを取ったのは、『ココ・シャネル』で知られ、自身も馬術競技の元カナダ代表という異色の経歴を持つクリスチャン・デュゲイ監督。キャストには、ギョーム、のほかにも、ダニエル・オートゥイユ、ドナルド・サザーランドといった名優も名を連ねた。  映画『世界にひとつの金メダル』は、6月、YEBISU GARDEN CINEMA、シネマート新宿ほか全国順次公開。

  • 『ミニミニ大作戦』、TVドラマシリーズ化を計画か(写真は2003年公開の『ミニミニ大作戦』より)

    『ミニミニ大作戦』、TVドラマシリーズ化を計画か

    海外ドラマ

     米パラマウント・テレビジョンが、映画『ミニミニ大作戦』のTVドラマシリーズ版を、米NBC局で企画していることが分かった。海外メディアEntertainment Weekly’s EW.comが報じている。@@cutter 同サイトによれば、まずはパイロット版が製作されるとのこと。その後、正式にNBC局でシリーズ化されることになれば、ロブ・ワイスとベンジャミン・ブランドが脚本を執筆し、2人はドナルド・デ・ラインの下で製作総指揮も兼任するという。ドナルドは2003年のリメイク版でも同じ役割を果たしていた。  2本目のリメイクとなる本作の劇中では、プロの犯罪者たち、そして真っ当な人生を歩むことができない様子の元詐欺師チャーリー・クロッカーが、引退を撤回して、牢獄に囚われてしまった愛するボスを救うために奮闘する姿が描かれるとのこと。  1969年に公開したオリジナル版では、名優マイケル・ケインが主人公のチャーリー役を務め、2003年に公開したリメイク版ではマーク・ウォールバーグが同役を務めた。2003年版は、シャーリーズ・セロン、エドワード・ノートン、ジェイソン・ステイサム、ドナルド・サザーランドら豪華キャストが集結していたことでも話題を呼んでいた。

  • ラリー・マレン・ジュニア、名優ドナルド・サザーランドと共演

    “U2”ラリー・マレン・ジュニア、映画俳優デビュー!いぶし銀のアウトロー役で熱演

    映画

     世界的ロックバンド“U2”のドラマーのラリー・マレン・ジュニアが念願の映画俳優デビューを果たした『マン・オン・ザ・トレイン』が、いよいよ10月11日より劇場公開される。名優ドナルド・サザーランドと互角に渡り合う余裕の風格…映画初主演とは思えぬラリーのいぶし銀のアウトロー役がかっこよすぎる!と早くも話題となっている。@@cutter 本作は、主演とともに製作にも携わっているラリーが、フランスの名匠パトリス・ルコントの傑作フィルムノワール『列車に乗った男』に惚れ込み、舞台をアメリカに移して完全リメイクした意欲作。『プライドと偏見』『鑑定士と顔のない依頼人』などで知られるドナルドを相手役に指名し、男の熱き友情と人生最後の旅路を見事なコンビネーションで演じ切る。    ある小さな田舎町。第一線を退いた老教師(ドナルド)と、銀行強盗を計画する元IRAの囚人(ラリー)が偶然出会い、いつしか二人の間に奇妙な友情が芽生え始める。これまで人生というレールを脱線することなく実直に生きてきた老教師は、信念を持って自由に生きるアウトローの姿に憧れを抱き、自分が果たせなかったもう一つの人生を重ね合わせる。  かたや、黙ってそこにいるだけで危険な色気が香り立つ筋金入りのアウトロー。かたや、人生に疲れ果てながらも、少年のように無邪気で純粋な心を持つ老教師。俳優デビュー作にして圧倒的な存在感を見せつけたラリーと、キャリア50年の名優ドナルドが奏でる魂の二重奏…そのオリジナル版をも超える味わい深い感動は、映画業界でも大きな反響を呼び、ラリーの俳優としての注目度も一気に上昇している。  12月には、早くもジュリエット・ビノシュとの共演となるラリー映画出演作『おやすみなさいを言いたくて』の日本公開が決定。 また、ラリーがドラムを務める“U2”5年ぶり、13枚目の新作アルバム『ソングス・オブ・イノセンス』が10月22日にリリースされる。フィジカル盤のジャケット写真では、18歳の息子を守るように抱きしめる姿がまたしてもかっこよすぎると評判のラリー。その勢いは、加速を増すばかりだ。  10月11日より劇場公開となる映画『マン・オン・ザ・トレイン』は10月15日iTunes Store限定でデジタル配信、10月22日にDVD発売も決定。

  • 『マン・オン・ザ・トレイン』

    『マン・オン・ザ・トレイン』特集:U2のラリー・マレン・ジュニア、映画俳優デビュー! 傑作フィルムノワールをリメイク

    映画

    <link href="http://hc-cr.com/special/2014/manon/css/style.css" rel="stylesheet" /> <div id="manon_contents"> <div id="manon_contents_in"> <img alt="U2のラリー・マレン・ジュニア、映画俳優デビュー! 傑作フィルムノワールをリメイク、オリジナルを超える感動作に迫る 2014年10月11日(土)、シネ・リーブル池袋で緊急公開" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/main_img.jpg" width="630" /> <p> 世界的ロックバンド“U2”のラリー・マレン・ジュニアが念願の映画俳優デビューを飾った『マン・オン・ザ・トレイン』が、いよいよ10月11日より劇場公開される。プロデュースにも携わったラリーが本作で伝えたかった男の最後の旅路とは?(文:坂田正樹)</p> <div class="trailer_area"> <iframe allowfullscreen="" frameborder="0" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/2coReXPexMQ?list=UUxuN2t24MXVNGZr1c0rGVZw" width="560"></iframe></div> <!-- / .trailer_area --> <div id="m1"> <img class="m_title" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m1_title.jpg" width="630" /> <img class="m_title" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m1_img01.jpg" width="630" /> <img src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/intro.jpg" width="630" /> <p> 数々の栄光に輝く世界最高峰のロックバンド “U2”のドラマーのラリーが、初の映画進出に選んだテーマ。それは、男の熱き友情と、人生最後の旅路。フランスの名匠パトリス・ルコントの傑作フィルムノワール『列車に乗った男』(2002年)に惚れ込んだラリーは、『普通の人々』『スペース・カウボーイ』などで知られる名優ドナルド・サザーランドを相手役に指名し、初主演とは思えない見事なコンビネーションで同作を完全リメイクした。その味わい深い感動は、オリジナル版を超えた!</p> <img src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/story.jpg" width="630" /> <p> ある小さな田舎町。第一線を退いた老教師(ドナルド)と、銀行強盗を計画する元IRAの囚人(ラリー)が偶然出会い、いつしか二人の間に奇妙な友情が芽生え始める。これまで人生というレールを脱線することなく実直に生きてきた老教師は、追われる身でありながら自由に生きるアウトローの姿に憧れを抱き、自分が果たせなかったもう一つの人生を重ね合わせる。出会うはずのなかった対照的な二人の男・・・。やがて、それぞれが掲げた人生最後の“決戦”に身を投じていく。</p> </div> <!-- / #m1 --> <div id="m2"> <img class="m_title" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m2_title.jpg" width="630" /> <img src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m2_img01.jpg" width="630" /> <p> かたや、黙ってそこにいるだけで危険な色気が香り立つ、筋金入りのアウトロー。かたや、人生に疲れ果てながらも、少年のように無邪気で純粋な心を持つ老教師・・・俳優デビュー作にして圧倒的な存在感を見せつけたカリスマロッカー、ラリーと、キャリア50年の名優ドナルドが奏でる魂の二重奏。ルコント監督のオリジナル版キャスト、ジョニー・アリディとジャン・ロシュフォールも絶賛した迫真の演技が観る者の胸を打つ。さらに、映画の世界観にマッチしたラリー作曲のしびれるテーマ音楽は、“U2”ファンならずとも感涙もの!</p> </div> <!-- / #m2 --> <div id="m3"> <img class="m_title" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m3_title.jpg" width="630" /> <div class="m3_in"> <div class="special_left"> <img src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m3_img01.jpg" /></div> <!--/.special_left --> <div class="special_right"> <img alt="ラリー・マレン・ジュニア" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m3_name01.jpg" /> <p> グラミー賞、ゴールデン・グローブ賞ほか数多くの受賞歴を誇る“U2”のドラマー。俳優として、早くも第2作目『おやすみなさいを言いたくて』(ジュリエット・ビノシュ主演)の12月日本公開が決定している。本作では、信念を持って自由を貫く元IRAのアウトロー役をナチュラルに好演。自分の殻をなかなか破れない小心者の老教師と接するうちに、心の奥底で眠っていた人間的な優しさが目覚め始める。</p> </div> <!--/.special_right --></div> <!-- /.m3_in --> <div class="m3_in"> <div class="special_left"> <img alt="ドナルド・サザーランド" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m3_name02.jpg" /> <p> 身の毛もよだつ恐ろしい悪役から、普通の父親、社会的地位のある老人まで、さまざまな役を完璧にこなすカメレオン俳優。近年も『プライドと偏見』『鑑定士と顔のない依頼人』『ハンガー・ゲーム』シリーズなど話題作が目白押し。本作では、田舎町で生まれ育ち、自分の殻を破れずに老いてゆく、生真面目で心優しい元教授をリアルに好演。自分と正反対のアウトローと出会い、一歩踏み出す勇気をもらう。</p> </div> <!--/.special_left --> <div class="special_right"> <img src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m3_img02.jpg" /></div> <!--/.special_right --></div> <!-- /.m3_in --></div> <!-- / #m3 --> <div id="m4"> <img class="m_title" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m4_title.jpg" width="630" /> <div class="comment01"> <img alt="ロバート・ハリス(DJ・作家)" class="m_comment" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m4_name01.jpg" /> <p>  2011年にリリースされた、メリー・マックガン監督、カナダ・アイルランド合作となる『マン・オン・ザ・トレイン』は、パトリス・ルコント監督の『列車に乗った男』(2002年)の忠実なリメイクである。</p> <p>  ルコント監督のオリジナル版でフランスのロック・シンガーのジョニー・アリディが演じた流れ者には、なんと、ロック・バンド“U2”のドラマー、ラリー・マレン・ジュニアがキャスティングされ、一方、ルコント作品の常連、ジャン・ロシュフォール演じる町の名士には、名優、ドナルド・サザーランドが起用されている。</p> <p>  サザーランドは年齢を重ねるごとに味わいを増す俳優で、このリメイクでも、人生に疲れきってはいるが、どこかしら少年のようなあどけなさ、純粋さを持った男を見事なまでに演じている。</p> <p>  しかし、本作品のいちばんの魅力は、なんと言っても、俳優としては新人のラリー・マレン・ジュニアの思いも寄らない名演技である。ジョニー・アリディの流れ者がクールでハードボイルド過ぎるほどハードボイルドであるのに対し、ラリー・マレン・ジュニアのそれには、どことなく哀愁と、人間的な優しさがある。</p> <p>  リメイクとして申し分ない仕上がりである。出来ることなら両方の作品を見比べて、それぞれの良さや魅力を発見しながら楽しんで欲しいと思う。</p> </div> <!-- / .comment01 --><img alt="サエキけんぞう(作詞家・アーティスト)" class="m_comment" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m4_name02.jpg" /> <p> "U2"のラリー・マレン・ジュニア…渋すぎる演技なのだ。男の人生の、最後の旅路の機微が、名優ドナルド・サザーランドとの共演で描かれる。一瞬一瞬の画面の向こう側に、大人の彼岸が見える。さて女性からは、そんな彼らが、われわれ男の人生がどう映るのだろう…?テーマ音楽もラリー作曲でイカすです。</p> </div> <!-- / #m4 --> <div id="dvd_area"> <img border="0" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/haishin.jpg" usemap="#Map" /><map id="Map" name="Map"><area coords="221,145,332,187" href="https://itunes.apple.com/jp/movie/man-on-za-torein-zi-mu-ban/id928492692?uo=4" shape="rect" target="_blank" /></map><img border="0" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/movie.jpg" usemap="#Map2" /><map id="Map2" name="Map2"><area coords="216,149,376,188" href="http://www.universal-music.co.jp/u2" shape="rect" target="_blank" /></map><img border="0" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/u2.jpg" usemap="#Map3" /><map id="Map3" name="Map3"><area coords="218,217,378,257" href="http://www.universal-music.co.jp/u2" shape="rect" target="_blank" /></map><img border="0" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/footer.jpg" usemap="#Map4" /><map id="Map4" name="Map4"><area coords="22,176,303,247" href="https://www.facebook.com/themanonthetrain.jp" shape="rect" target="_blank" /> <area coords="327,176,609,245" href="http://www.ttcg.jp/cinelibre_ikebukuro/" shape="rect" target="_blank" /></map></div> <!-- / #dvd_area --><!-- / #manon_contents_in --></div> <p class="copyright"> (C)MOTT Productions Limited and Trainman Productions Limited All Rights Reserved 2010</p> <!-- / #manon_contents --></div> <br />

  • 第67回カンヌ国際映画祭

    長澤まさみ、ニコール・キッドマンらが登場!「第67回カンヌ国際映画祭」フォト集

    映画

     5月14日から開催されている「第67回カンヌ国際映画祭」。今年は、『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』がオープニング作品となり、主演のニコール・キッドマンらが登場。また、日本からは、ジョン・ウー監督最新作『太平輪(The Crossing)』に出演の長澤まさみも登場。レッドカーペット&会見の様子をお届けします!

  • シリアスな表情が印象的なカットニスの新メイン画像

    『ハンガー・ゲーム2』予告映像ついに解禁!前作を超える壮絶なサバイバル・バトル

    映画

     全世界が熱狂するサバイバル・アクションシリーズ第2弾『ハンガー・ゲーム2』の衝撃的な予告映像と、シリアスな表情が印象的な主人公カットニスの新メイン画像が解禁された。@@cutter 予告動画では、前回の<ハンガー・ゲーム>の勝者であるカットニス(ジェニファー・ローレンス)が凱旋を果たし、彼女の勇気ある行動によって独裁国家に対する革命の動きが国中に拡大。彼女の存在が邪魔になった独裁者スノー大統領(ドナルド・サザーランド)が彼女を抹殺すべく、節目の記念大会となる第75回<ハンガー・ゲーム>で歴代勝者たちを戦わせる絶体絶命のゲームを仕掛ける様子が描かれている。また予告動画で映し出される歴代勝者たちの身体能力は極めて高く、前作を上回る壮絶なサバイバル・バトルになるであろうことをうかがわせている。  さらに本作から新キャラクターも多数登場。フィリップ・シーモア・ホフマンは新しいゲーム・オーガナイザーのプルータークを演じ、イケメン俳優のサム・クラフリンは歴代勝者の1人として出演し、映画を盛り上げている。  迫力あるサバイバル・バトルシーンに期待が高まる『ハンガー・ゲーム2』は、12月27日より全国公開。

  • ジュゼッペ・トルナトーレ監督の来日が決定!

    『ニュー・シネマ・パラダイス』の名匠トルナトーレ監督、TIFF参加&来日決定!

    映画

     『ニュー・シネマ・パラダイス』はじめ数々の名作を世に送り出してきたジュゼッペ・トルナトーレ監督と音楽のエンニオ・モリコーネが再タッグを組んだ、極上のミステリー『鑑定士と顔のない依頼人』の全国公開が決定。さらに10月22日、第26回東京国際映画祭(TIFF)で特別招待作品として上映、トルナトーレ監督が来日&舞台挨拶をすることがわかった。@@cutter 本年度のイタリアアカデミー賞(ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞)で、作品賞・監督賞・音楽賞を始め、最多の6部門受賞に輝き、大きな話題を呼んだ本作。天才鑑定士にして変わり者の一流オークショニアの主人公ヴァージルを演じるのは、『シャイン』でアカデミー賞に輝き、『英国王のスピーチ』でも同賞にノミネートされたジェフリー・ラッシュ。脇を固めるのは『クラウド アトラス』のジム・スタージェスや名優ドナルド・サザーランドなど。さらに、これまでトルナトーレ監督と素晴らしい作品を作り上げてきたスタッフが集結し、豊潤な音楽とため息の出るような骨董品や名画の数々を存分に見せてくれる作品となっている。  『ニュー・シネマ・パラダイス』の頃から数々の感動的なエピソードと共にフィルムへの愛を語ってきたトルナトーレ監督が、デジタルでの撮影という新たなる一歩を踏み出し、20年来温めてきた構想に挑んだ。モリコーネをして「この作品でのトルナトーレの音楽に対する発想には目を見張り、自分の将来の作曲にも影響が出ると思う」とも言わしめた本作。トルナトーレ監督にとっては、次なるステージへの扉を開いた一作となっている。上映日の舞台挨拶でも興味深い話が期待できる。  天才鑑定士にして一流オークショニアのヴァージル・オールドマンが引き受けた依頼。それは、資産家の両親が遺した絵画や家具を査定してほしいという、ごくありふれたものだった。ところが、依頼人の女性は決して姿を現さない。やがて、彼女が屋敷の隠し部屋にいることを突き止めたヴァージルは、我慢できずに彼女の姿を覗き見、その美しい姿に心奪われてしまう。さらに、美術品の中に歴史的発見となるような価値のあるものを見つける。果たして、奇妙な鑑定依頼の真の目的とは? ヴァージルの鑑定眼は本物か、節穴か? 謎はまだ入口に過ぎなかった…。  『鑑定士と顔のない依頼人』は12月より全国順次公開。

  • 『ハンガーゲーム2』キャラクター画像一挙公開!

    『ハンガー・ゲーム2』公開まであと100日!個性あふれる新キャラクター一挙公開!

    映画

     12月27日より公開される『ハンガー・ゲーム2』。日本公開100日前の本日、ムビチケ発売が決定した、そして公式サイトでは本日9月18日0時より映画公開日までカウントダウンがスタート。さらに前作出演キャラクターをはじめ、本作の新キャラクターあわせて20名の画像が一挙公開された。@@cutter ムビチケとは、インターネットで座席指定を行い、当日は各劇場の発券機でスムーズに発券できるサービスのこと。本作のチケットは10月5日からの発売で、キャラクターポストカード(6枚)付特製メモパッドが特典としてついてくる。  そして、今回解禁された画像は全20キャラクター。第74回ハンガー・ゲームの勝者で主人公のカットニス(ジェニファー・ローレンス)、もう1人の勝者ピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)や、カットニスの親友ゲイル(リアム・ヘムズワース)はもちろんのこと、記念大会となる第75回ハンガー・ゲームで戦う歴代勝者の画像が含まれている。  『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』『スノーホワイト』などで、そのイケメンぶりを発揮したサム・クラフリン演じる、第65回ハンガー・ゲームで若干14歳にして勝者となったフィニック。『007』でお馴染みのジェフリー・ライト演じる、かつてのハンガー・ゲーム勝者で今回キーパーソンの一人となるビーティー。そのほか、ウディ・ハレルソン演じるカットニスとピータの教育係ヘイミッチ、エリザベス・バンクス演じるカットニスの付添人兼PRを担当するエフィー、レニー・クラヴィッツ演じるカットニスのスタイリスト、スタンリー・トゥッチ演じるハンガーゲームの公式テレビインタビュアーのシーザー、ドナルド・サザーランド演じる独裁者スノー大統領などの画像が解禁された。  全世界が熱狂するサバイバル・アクション『ハンガー・ゲーム2』は12月27日より全国公開。

  • ダスティン・ホフマン主演『アウトブレイク』がドラマに

    伝染病の恐怖を描いたパニックサスペンス『アウトブレイク』がTVドラマ化へ

    海外ドラマ

     ダスティン・ホフマン主演で1995年に公開された映画『アウトブレイク』が米NBC局でテレビドラマ化されることになった。@@cutter アフリカからアメリカに持ち込まれた致死性の高い伝染病に立ち向かう姿を描いたパニック・サスペンスとして名高いオリジナル版のメガホンを取ったのは、『エアフォース・ワン』で知られるウォルフガング・ペーターゼン。主演のダスティンのほか、モーガン・フリーマン、ケヴィン・スペイシー、ドナルド・サザーランド、レネ・ルッソなど名優が脇を固めて、5000万ドルの予算で1億9000万ドルの興行収入を叩き出すなど大ヒットを記録した。  今回のTVリメイク用のパイロット版では、『ER 緊急救命室』など大ヒットドラマの仕掛け人であるジョン・ウェルズとジャック・オーマンに脚本の執筆が依頼されているようだ。また、1995年のオリジナル版でもプロデューサーを務めたゲイル・カッツが今回のTVリメイク製作にも関わる可能性もあるようだ。  そんなNBCは『アウトブレイク』の他にも、1968年公開のホラー映画の金字塔『ローズマリーの赤ちゃん』のドラマ化や人気テレビドラマ『ARROW/アロー』を手掛けたグレッグ・バーランティが企画している未来の刑務所を舞台にした作品、さらにはマーメイドが登場するシットコムなどバラエティーに富んだ番組の新編成を進めている。

  • 少女に生きる道は残されているのか…『ハンガー・ゲーム2』公開決定!

    『ハンガー・ゲーム2』公開決定&特報解禁! 死闘再び…歴代勝者が少女を襲う

    映画

     2012年に公開され、全米4週連続第1位、世界71ヵ国でオープニング成績第1位を獲得した究極のサバイバル・アクションムービーの続編『ハンガー・ゲーム2』が、12月27日、日本公開されることが決定。さらに特報映像とティザービジュアルも解禁になった。@@cutter 前作で、12の隷属地区から若い男女1人ずつをプレイヤーとして選出し、テレビ中継をしながら最後の1人になるまで戦わせる<ハンガー・ゲーム>の勝者となった少女カットニスを演じるのはジェニファー・ローレンス。『世界にひとつのプレイブック』でアカデミー賞主演女優賞を受賞後、初の主演作となる。  もう1人の勝者ピータ役のジョシュ・ハッチャーソンや、カットニスの親友ゲイル役のリアム・ヘムズワースも続投。さらには物語の重要なカギを握るキャラクターとしてオスカー俳優フィリップ・シーモア・ホフマンが加入し、壮絶なバトルロワイヤルを盛り上げる。監督は、『コンスタンティン』(05)、『アイ・アム・レジェンド』(07)などを手掛け、SFアクションに定評のあるフランシス・ローレンス。  解禁された特報は、ゲームの勝者として生き残ったカットニスを抹殺しようと、スノー大統領(ドナルド・サザーランド)と新しいゲーム・オーガナイザーのプルーターク(フィリップ・シーモア・ホフマン)の策略によって、歴代勝者を招集した新たなる<ハンガー・ゲーム>の開催を予感させる緊張感漂う映像となっている。

  • 「ハンガー・ゲーム」で強烈な印象を残した、ドナルド・サザーランド

    米版「バトル・ロワイアル」の魅力紐解く特典5時間超!あの名優による売込みラブメールも暴露

    映画

     荒廃した未来世界を舞台に、少年少女たちが殺し合いのサバイバルゲームを繰り広げる映画「ハンガー・ゲーム」。社会現象となった高見広春原作・名匠深作欣二監督による「バトル・ロワイアル」との類似点も指摘され、ここ日本では公開前から“アメリカ版バトル・ロワイアル”との話題を集めた。 @@cutter 本国アメリカでも、原作がヤングアダルト(YA)小説のベストセラーだけに注目を浴び、それなりのヒットは見込まれていた。しかしいざ封切りとなると、オープニングの週末3日間で約1億5230万ドルの興収を達成。快進撃を続けた本作は、映画興行世界一の記録を持つ映画「アバター」以来となる4週連続の全米第1位に輝き、ついには累計興収4億ドルを突破した。この異常ともいえる熱狂の源は何なのだろうか?その答えを導き出してくれるのが、1月16日発売の「ハンガー・ゲーム ブルーレイ」に収録されている、合計5時間以上にも及ぶ豪華特典映像だ。  映画の舞台裏を明かす「ブームの周辺」というチャプターでは、原作小説の構想、反響、そして映画化までのヒストリーが関係者の証言によって明かされる。YA小説は、ティーンを対象に執筆されるため、作品世界に深みはなく、キャラクター描写も表面的になる場合が多いという。だが原作者スーザン・コリンズは、ニュースで流れる悲惨な戦地の映像とリアリティ番組に共通点を見出し、執筆をスタート。小説にはブッシュ政権下で執筆された当時の雰囲気が必然的に反映され、不条理な戦争や貧富の差など、今日的な問題が取り入れられた。原作は現実世界の写し鏡となり、なおかつ共鳴することになる。それは少年少女だけでなく、閉塞した社会に不満を持つ大人たちをも熱狂させる要因となった。  映画化にあたっては、YAものならではのフレッシュなキャストが顔をそろえる中、物語のキーともいえる独裁的な大統領スノーをドナルド・サザーランドが熱演。ドナルドといえば、大ヒット海外ドラマ「24」で知られるジャックこと、キーファー・サザーランドの父親であり、超ベテラン俳優だ。ドナルドは「脚本を読んで圧倒された。スタンリー・キューブリック監督の映画『突撃』以来の衝撃で、その日は眠れなかった。原作を読んだら、さらに映画化のことが頭から離れなくなったよ」と当時を振り返る。彼も「閉塞した社会に不満を持つ大人たち」の一人だったのだ。  特典映像では、脚本を読んで「アメリカで作られた作品の中で、最も話題となる作品」と確信したドナルドが自らを売り込むべく、ゲイリー・ロス監督に3ページにも渡る「権力」と題したラブメールを送っていたことも暴露される。哲学的かつ観念的な内容だが、のちに演じることになるスノーについての考察も含まれ、これによってロス監督がとある重要なシーンを生み出したという秘話は興味深い。特典映像には、そんなラブメールをドナルド自ら朗読し、かつ作品愛を語り倒す姿も収録されているので要チェックだ。  そのほか水樹奈々、神谷浩史ら吹き替え声優のSPインタビュー完全版、ブルーレイおよびDVD封入特典初の試みとして、「ハンガー・ゲーム2 燃え広がる炎」まるっと一章全部ためし読みBOOKが同封される。映画は3部作を予定しており、シリーズ第2弾の映画「Catching Fire(原題)」の全米公開も今年の11月に決定している。更なる熱狂到来を前に、まずは「ハンガー・ゲーム ブルーレイ」で予習・復習をおススメしたい。  「ハンガー・ゲーム」ブルーレイ&DVDは、角川書店より1月16日発売。ブルーレイ3,990円(税込)、DVD 2,940円(税込)

  • NYの大富豪一家を舞台にしたゴージャスでミステリアスなドラマ「Dirty Sexy Money/ダーティ・セクシー・マネー」

    超セレブの生活はスキャンダラスで腹黒い!? 「X-メン」のブライアン・シンガー製作総指揮「Dirty Sexy Money/ダーティ・セクシー・マネー」

    映画

      1993年に「パブリック・アクセス」で監督デビューを果たし、2本目の監督作「ユージュアル・サスペクツ」で、“サスペンスの名手”として世界中から注目を集めたブライアン・シンガー。その後も、「X-メン」や「スーパーマン リターンズ」「ワルキューレ」等、アメコミ映画から戦争映画まで、多岐に渡るジャンルでヒットを飛ばし、ヒットメーカーとしてハリウッドの第一線で活躍している。そんな彼が製作総指揮を務めたドラマ「Dirty Sexy Money/ダーティ・セクシー・マネー」が、DVDとなって好評レンタル中だ。 @@cutter   物語の舞台となるのが、ニューヨーク マンハッタンの最高級住宅街アッパー・イースト・サイド。そこに暮らすダーリング家をめぐって、金や権力、家族間の確執、嫉妬や愛欲など、人間の業とも呼べる部分を赤裸々につづっていく。それゆえ、成り上がりではない、本物のセレブの華やかな生活が覗けると同時に、富を持つ人間の素顔を垣間見ることとなる。例えば、ダーリング家の当主トリップ。彼には死ぬまで使い切れないほどのお金があるのだから、安穏としていればいいと思うのだが、ビジネスのライバルには尋常ならざる競争意識を抱き、お金があるからこそ、疑心暗鬼にも絶対的君主にもなってしまう。また、そういった人間に配偶者や子どもが逆らえるはずもなく、ニューヨーク市民の誰もが憧れるセレブ一家であるはずなのに、“家族”としてのきずなは極端にもろい。こういった光と闇が交錯するゴージャスなセレブドラマ要素に、家族が関わる殺人事件のミステリー的側面も加わり、見応え抜群のドラマとなっている。   そして、本作を“本物”にしているのが、実力派のキャスト陣だ。キーファー・サザーランドの父親で、出演した映画は100本を越えるドナルド・サザーランドを筆頭に、実際にアッパー・イースト・サイトで生まれ育ったジル・クレイバーグ、兄弟4人全員が俳優という“ボールドウィン兄弟”の三男ウィリアム・ボールドウィン、エミー賞やゴールデン・グローブ賞ノミネート経験を持つピーター・クラウスなど、映画界でも活躍する俳優がズラリ。   ほかにも、「チャーリーズ・エンジェル」シリーズのルーシー・リュー(作品中盤から登場)、「キック・アス」で大ブレイクし、「ヒューゴの不思議な発明」「ダーク・シャドウ」といった話題作への出演が相次ぐクロエ・モレッツなど、とにかく豪華。そういった実力派の面々が織り成す人間ドラマだからこそ、脚本の持ち味が生かされ、魅せられてしまう。ヤングセレブ系のドラマとは一線を画す、大人のための刺激的な人間ドラマ、一見の価値アリだ。   「Dirty Sexy Money/ダーティ・セクシー・マネー」はDVD COMPELE BOXも発売中。今なら「海ドラ プレビュールーム」WEBサイトで第1話が無料視聴できる。(8月26日まで)

  • 「第九軍団のワシ」

    イギリス歴史上の謎に迫る歴史ミステリーの傑作「第九軍団のワシ」公開決定

    映画

     ローズマリ・サトクリフによる歴史小説の世界的ベストセラー「第九軍団のワシ」がアカデミー賞受賞スタッフ、チャニング・テイタム主演で同名映画化され、日本でも3月24日より渋谷ユーロスペース他全国順次公開が決定した。 @@cutter   本作は西暦120年、ローマ軍5000人の兵士がスコットランドの地で消息を絶ったという歴史的事実を題材に書かれた「第九軍団のワシ」を原作に、父の名誉、自らの誇りを懸けて、失われた黄金の“ワシ”を探し求める歴史ミステリー大作となっている。  原作「第九軍団のワシ」はカーネギー賞受賞「ともしびをかかげて」やアーサー王シリーズで知られるイギリスを代表する女流児童文学者ローズマリ・サトクリフのベストセラー小説。1954年の出版以来、世界中で読み継がれる歴史小説の名作として現在も人気の作品である。  ハリウッドの次世代を担う若手俳優「G.I.ジョー」のテイタムと「リトル・ダンサー」のジェイミー・ベルが初共演し、ローマ人とブリタニア人、征服者と服従者という対立する立場でありながら運命共同体として行動を共にする主人公2人の依存と拒絶、信頼と猜疑心という相反する感情を見事に表現した。  そのほか、ドナルド・サザーランド、マーク・ストロングなどの名優陣が脇を固める。監督はオスカー受賞監督、「ラストキング・オブ・スコットランド」「消されたヘッドライン」のケヴィン・マクドナルド。撮影監督は「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー賞撮影賞を受賞した名カメラマン、アンソニー・ドッド・マントルが務めたほか、イギリス映画界を代表する最高の実力派スタッフが集結。 いまなお解決されぬイギリス歴史上の謎を題材に、美しくもミステリアスなスコットランドの地を舞台とした歴史ミステリーの傑作が誕生した。消えた父と5000名の兵士の真相が明らかになるとき、父と息子の揺るぎない絆、命を懸けたそれぞれの決断に強く心打たれるだろう。  「第九軍団のワシ」は3/24(土)より 渋谷ユーロスペースにてロードショー 他全国順次公開

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access