クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ケヴィン・コスナー 関連記事

  • ジェシカ・チャステイン主演最新作、『ソーシャル・ネットワーク』脚本家が監督

    映画

     現在ロングランヒット中の社会派作品『女神の見えざる手』などに出演するジェシカ・チャステインが、“闘う女性”として主演する映画『MOLLY’S GAME(原題)』の公開が決定した。メガホンを取るのは2011年公開の『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞 脚色賞を受賞した脚本家・アーロン・ソーキン。本作が、監督デビュー作となる。

  • ロバート・デ・ニーロ、最もギャラの高い「TV俳優&女優」1位!1話あたり8500万円

    海外ドラマ

     映画スターが続々と進出しているアメリカのテレビ界。ドラマやバラエティ番組の市場は国内外だけでなく、Netflix、hulu、Amazonといった配信サービスにもあるとのことで、世界で観られているドラマに出演する俳優陣のギャラも上昇傾向にあるという。そんな中、米業界誌「Variety」が報じたテレビ出演者のサラリーランキングでは、俳優ロバート・デ・ニーロのギャラが1話あたり推定77万5000ドルで一番高いという。

  • “他人の記憶”を脳に移植 心揺さぶるサスペンス『クリミナル』本編映像解禁

    映画

     タイムリミット・スパイアクション映画『クリミナル 2人の記憶を持つ男』の本編映像が解禁された。映像では、“記憶移植”によって死刑囚ジェリコ(ケヴィン・コスナー)の脳内に宿る死んだ夫ビリー(ライアン・レイノルズ)の存在を知り、思いもよらない形で再会を果たし涙する妻・ジル(ガル・ガドット)と、犯罪者の自分と移植された他人“2人の記憶”の狭間で苦悩するジェリコの姿を映しだす。複雑な心理描写が感動を誘うシーンだ。

  • 慰謝料はお幾ら? 離婚したセレブたちのマネー事情<フォト集>

    セレブ&ゴシップ

    アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの離婚がニュースを賑わせていますが、セレブの離婚で気になるのはやはり慰謝料。なんせ半端ない額ですからね!?

  • 渋メン俳優たちの豪華共演『クリミナル 2人の記憶を持つ男』公開決定&映像解禁

    映画

     ケヴィン・コスナーやゲイリー・オールドマンなど、豪華キャスト共演のアクション・サスペンス『クリミナル 2人の記憶を持つ男』の公開が決定。予告映像とビジュアルが解禁された。

  • ケヴィン・コスナー、新作映画で“NASAプロジェクト”のトップ役に

    映画

     ケヴィン・コスナーが、宇宙を舞台にした新作映画『Hidden Figures(原題)』に出演することが決まった。オスカー女優のオクタヴィア・スペンサーや、タラジ・P・ヘンソンの出演が決まっている同作で、ケヴィンはNASAの宇宙プロジェクトのトップ役を演じることになるとVariety誌が伝えている。

  • 4代目ジャック・ライアンはクリス・パイン、 『エージェント:ライアン』公開決定

    映画

     現地時間10月1日死去した、世界的ベストセラー作家トム・クランシー氏による「ジャック・ライアン」シリーズの最新作であり、現代を舞台にライアン捜査官の誕生から活躍を描くリブート作品『エージェント:ライアン』が2月15日より全国公開されることが決定。場面写真も解禁された。

  • ワイルドすぎる!胸元が気になる野獣系セレブフォト特集

    セレブ&ゴシップ

    夏本番!海やプール、襟元からかすかに見えるワイルドなものに視線がいってしまうことはありませんか?今回はハリウッドセレブの若手俳優から渋いオジサマ俳優まで、ワイルドすぎる野獣系俳優たちをご紹介します!

  • ケヴィン・コスナー、ギレルモ・デル・トロ製作のスリラーに出演交渉中

    映画

     エミー賞5部門受賞した米TV映画『ハットフィールド&マッコイ 実在した一族vs 一族の物語』で復活を遂げたケヴィン・コスナーが、『パシフィック・リム』(13)監督のギレルモ・デル・トロが製作を手掛けるスリラー『Midnight Delivery(原題)』に出演交渉中であることが明らかになった。

  • 「因縁の対決と言えば…」ランキング発表 断トツ1位は人気漫画の“あの2人”

    映画

     エミー賞5部門受賞した話題作『ハットフィールド&マッコイ 実在した一族vs 一族の物語』のブルーレイ&DVDが4月24日(水)に発売・レンタルされる。アメリカ史上最も因縁深い実話、ハットフィールド家とマッコイ家の闘いを壮大なスケールで映像化したエンタテイメント大作の発売を記念し、作品にちなんで、「あなたが一番だと思う“因縁の対決”」投票アンケートを実施した。

  • 2大声優・大塚明夫&立木文彦、夢のインタビューが実現!「戦友のような関係」

    映画

     アメリカ史上最も“因縁深い実話”ハットフィールド家 VS. マッコイ家の壮絶な闘いを描く『ハットフィールド&マッコイ 実在した一族 vs 一族の物語』は、日本人も共感必至の大河ドラマだった! そのパッケージ化を記念して、“デビル”・アンス・ハットフィールド役のケヴィン・コスナー、ランドール・マッコイ役のビル・パクストンを担当した声優の大塚明夫、立木文彦にインタビュー! 全米中がハマッた骨太ドラマや主演俳優たちの魅力をはじめ、自身にとっての“因縁”のキャラクター、長年声優業界で活躍するお互いの関係まで、ハットフィールド&マッコイに負けぬ男の熱いトークを展開していただいた!

  • 低迷していたケヴィン・コスナーが復活! 米版大河ドラマで黄金タッグ再び

    映画

     ケヴィン・コスナーといえば、かつては“アメリカの良心”を象徴するハリウッドのトップ俳優だった。『フィールド・オブ・ドリームス』(90)や『JFK』(92)や『ボディーガード』(92)、そして自ら監督も兼ねてアカデミー賞に輝いた『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(91)。20年前の彼はまさに敵なしだったと言っていい。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access