大友康平 関連記事

  • プレミアムドラマ『盤上の向日葵』に主演する千葉雄大

    千葉雄大、NHK連ドラ初主演 柚月裕子『盤上の向日葵』ドラマ化

    エンタメ

     俳優の千葉雄大が異端の棋士役で主演を務めるドラマ『盤上の向日葵』が、NHK BSプレミアムにて9月8日から毎週日曜22時に放送されることが決まった。全4回。千葉はNHKの連続ドラマ初主演となる。@@cutter 本作は、2018年本屋大賞2位となった柚月裕子の同名小説をドラマ化したヒューマンミステリー。真剣士が勝負の世界に魂を注いでいた時代に、過酷な運命を背負って棋士の頂点を目指した青年の半生をあぶり出す。  千葉は、将棋界に彗星のごとく現れ、タイトル戦に挑む異端の棋士・上条桂介役を務める。このほか、白骨遺体とともに埋められていた名駒の所有者をたどり、真相に迫ろうとするベテラン刑事・石破を大友康平、将棋の道を諦めた若手刑事・佐野を蓮佛美沙子が演じる。  平成6年、埼玉の山中から白骨遺体が発見された。県警の石破刑事(大友)と奨励会を退会して警察官になった佐野(蓮佛)は、遺体とともに埋められていた初代・菊水月作の名駒の所有者を捜査することに。同じ頃、奨励会を経ず実業界から転身してプロになった異端の棋士・上条桂介(千葉)は、タイトル6冠保持者の壬生芳樹との竜昇戦に挑んでいた。  序盤戦で勝利した上条は、将棋雑誌の取材を受ける最中、故郷の諏訪でごみに出された将棋雑誌を拾っていた少年時代を思い出す。昭和47年、貧困の日々を過ごしていた小学生の上条は、教師を定年退職した唐沢(柄本明)の温かい支援のもと、将棋に魅了されていく。やがて、「鬼殺し」の異名を取る伝説の真剣士・東明重慶(竹中直人)と出会い、二人の運命の歯車が大きく回り始める…。  主演の千葉は作品について、「表面的には静かながら、中には何かうごめくものをすごく感じます。見て下さった方に、少しでも残るものをお土産にしていただけるよう、自分に出来ることを精一杯取り組みたいと思います」とコメントしている。  プレミアムドラマ『盤上の向日葵』はNHK BSプレミアムにて9月8日より毎週日曜22時放送。

  • 日曜ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』出演キャスト (上段左から)土村芳、矢島健一、細田善彦、(下段左から)大友康平、椎名桔平

    菅田将暉×永野芽郁『3年A組』椎名桔平&細田善彦&大友康平ら出演

    エンタメ

     俳優の菅田将暉と女優の永野芽郁が共演する2019年1月スタートの日曜ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に、土村芳、矢島健一、細田善彦、大友康平、椎名桔平が出演することがわかった。@@cutter 本作の舞台は、卒業式まで残り10日となった魁皇高校の3年A組。担任美術教師の柊一颯(菅田)は突然、女子生徒の茅野さくら(永野)を含む29人の生徒たちに「今から皆さんには、人質になってもらいます」と宣告。爆発音が鳴り響き、生徒たちが騒然とする中、数ヵ月前にある生徒が自殺した理由を夜8時までに導き出せなければ、クラスの誰か一人に死んでもらうと告げる。そして、回答役にクラスの代表として学級委員のさくらを指名する…。  今回発表されたのは、舞台となる「3年A組」と攻防を繰り広げる刑事と、物語の鍵を握る謎の人物を演じるキャスト。粗暴な性格で組織には群れず、単独で捜査を進めて菅田演じる柊の核心に迫っていく瀬々山署生活安全課少年係の刑事・郡司真人を演じる椎名は「全く新しいタイプのヒーローが生まれる予感がしています。主人公演じる菅田くんと対峙しながら、真摯に作品のテーマを考えていきたいと思っています」と意気込みを語る。  さらに、上司の郡司にふりまわされる少年係の刑事・宮城遼一を細田善彦、大ベテランで冷静沈着な捜査一課の理事官・五十嵐徹を大友康平が演じる。そのほか、心を閉ざした謎の女性・相楽文香を土村芳が、魁皇高校に突如現われる謎の男・相楽孝彦を矢島健一がそれぞれ演じる。この2人の役柄の詳細は現在ベールに包まれている。  新日曜ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』は、日本テレビ系にて2019年1月6日より毎週日曜22時30分放送(初回は30分拡大で22時放送開始)。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access