春日俊彰 関連記事

  • (左から)小峠英二、松本人志、大竹一樹

    松本人志ら豪華「リンカーン」メンバー 春日俊彰のプロポーズ成功を祝福

    エンタメ

     お笑いコンビ・TKOの木下隆行が23日、自身のインスタグラムを更新し、先日プロポーズに成功したオードリー春日俊彰を祝おうと駆けつけたダウンタウン松本人志らとの集合写真を公開した。@@cutter 「リンカーンの収録終わりで春日の結婚祝い おもろない訳がない夜」というコメントとともに投稿されたのは、木下、春日、松本、さまぁ~ずの大竹一樹、三村マサカズ、バイきんぐ小峠英二、品川庄司の品川祐、FUJIWARAの藤本敏史らの集合写真。春日は先日、『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系/毎週木曜20時)にて見事プロポーズを成功させたことが大きな話題となっており、木下は投稿で「#春日おめでとう」とあらためて祝福している。  豪華なメンバーの集合写真に、木下自身も「#お笑いアベンジャーズ」と称している。なお、木下の記した「リンカーン」とは、TBS系で5月1日放送の『~令和初日お笑い祭~大復活リンカーン×ドリーム東西ネタSP』(仮)のこととみられる。  コメント欄には、「最強の戦士たちや、かっけえ」「素晴らしいメンバーすね」などの称賛の声や、「春日さん、結婚おめでとう」「末永くお幸せに」「春日さんほんとにおめでとう」と、春日を祝福するファンの投稿が殺到。そのほかにも、この豪華すぎるショットに歓喜のコメントが多数集まっている。 引用:https://www.instagram.com/tko.kinoshita/

  • トラ柄衣装で秋田犬とたわむれるアリーナ・ザギトワ

    トラ柄のザギトワ、今夜『炎の体育会TV』カーリング対決で負けず嫌い発動

    エンタメ

     平昌五輪フィギュアスケート女子シングルで金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワが、本日19時放送の『炎の体育会TVSP』(TBS系)でカーリングやパシュートに挑戦。負けず嫌いの一面や、トラ柄の勝負服、そして秋田犬とたわむれて大はしゃぎする等身大の姿を見せる。@@cutter 番組には親日家として知られる平昌五輪フィギュアスケート男子シングル銅メダリスト、スペインのハビエル・フェルナンデスや、カナダのケイトリン・オズモンド、そして日本から樋口新葉、小塚崇彦が登場。横浜アリーナの特設リンクでザギトワと“最強フィギュア軍”を結成し、“体育会TV軍”と「高速スピン対決」「人間カーリング対決」「100秒間でぴったりゴールパシュート対決」の3番勝負を行う。  ザギトワは、平昌五輪のエキシビジョンで着用して話題を呼んだトラ柄の勝負服を着用。たとえバラエティ番組での対決でも「私は絶対に負けたくないの」と宣言する負けず嫌いな一面を見せるという。また、番組特設の「ワンワン動物園」で、ザキトワが大好きな秋田犬を抱っこして大はしゃぎする貴重な姿も放送する。  なお、「高速スピン対決」ではフェルナンデスとオードリーの春日俊彰、ザギトワとサンシャイン池崎が対決。「100秒間でぴったりゴールパシュート対決」にはザギトワ、オズモンド、樋口が出場するという。  『炎の体育会TVSP』は、TBS系にて本日19時放送。

  • NHK「マサカメTV」スタジオ取材会に出席した、(上段左から)荒俣宏、嗣永桃子、吉木りさ、虻川美穂子、(下段左から)鹿島綾乃アナウンサー、オードリー(若林正恭・春日俊彰)

    ももち、異国の地・タイでの「許してニャン」驚異的支持率に驚き! 「タイに向いている」

    エンタメ

     アイドルグループ・Berryz工房のメンバー・嗣永桃子が12日、都内スタジオで行われたNHK総合の新番組「マサカメTV」の初回収録を前に、MCのオードリー(若林正恭・春日俊彰)、アイドルの吉木りさらと会見した。@@cutter まさか! と思う視点から物事を探る番組内容にちなみ、まさか! な出来事を聞かれた嗣永は「日本ではすべり気味だけれど、タイでは大人気。日本で『許してニャン』とやるとブーイングだけれど、タイでは大盛り上がり。まさかと思った。タイに向いているのかな?」と異国の地での驚異的支持率に驚き。番組では初回ゲストとしての出演だが「レギュラーを目指して頑張りたい。オードリーさん、よろしくニャン。NHKさん、見捨てないでください」とハングリーに攻めていた。  同番組は、話題のニュースや流行、注目スポットなどを様々な視点や角度から解説する情報バラエティー。何らかの道に秀でた達人をゲストに、常人には想像も及ばない観点から物事に切り込んでいく。  若林は実家にオレオレ詐欺の電話がかかってきたと明かし「母親から『電話してきた?』との確認メールが来たけれど、絵文字が何故かポケベルのマーク。どこからそんな絵文字を拾ってきたのかと思った」とまさか! な目の付け所でエピソードを披露。初のNHK冠番組でMCを務めるが「NHKは打ち合わせがしっかりしていると聞いたけれど、台本も1ページ半しかなく、大丈夫かなと思っている」と不安そう。それでも「若手時代は『爆笑オンエアバトル』で活躍できなかったので、頑張っていきたい」とリベンジを誓った。ただ両サイドを春日と嗣永に固められているため「今一度スタッフと席順について話し合いたい」と提言していた。  春日は「たくさんの情報と少しの笑いで、世の中のことをしっかりと伝えつつ、ゆくゆくは『NHKニュース7』の司会をやりたい」と放言。若林同様、収録内容をまったく聞かされていないといい「台本が空欄だらけで困る。春日のセリフをちゃんと一語一句書いてくれないと、無言で終わってしまうよ」と制作サイドにクレームを入れていた。だが吉木から「まさかオードリーさんの隣に座れるとは」と甘えられると「可愛がってあげるからね。安心しなさい」と大きく胸を開いていた。  NHK総合「マサカメTV」は4月6日(土)18時10分スタート

  • オードリーがメイン・パーソナリティを務めた第36回「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」が映画化!  (C)2011 「ミュージックソン THE MOVIE」製作委員会

  • オードリー若林の歌声に、子供たちドン引き!?

    若林、ディズニーアニメのテンポを狂わす歌声を披露!? オードリーがディズニー作品に参加

    アニメ・コミック

      ディズニー・チャンネルTVアニメーションシリーズ「フィニアスとファーブ」の初の長編作品「フィニアスとファーブ/ザ・ムービー」の完成披露試写会が、子供たちを招待して都内にて行われた。上映前の舞台挨拶には人気お笑いコンビのオードリーの若林正恭と春日俊彰が登壇して、作品の見どころやアフレコ時のエピソードなどを披露し、子供たちを喜ばせた。 @@cutter   フィニアスとファーブは、ディズニー・チャンネルで放送中の同名番組に登場するオリジナルキャラクター。好奇心タップリで驚くアイディアの持ち主のフィニアスと、メカに強い無口なファーブ、2人の兄弟が毎回繰広げるハチャメチャ振りが見どころの作品。「フィニアスとファーブ/ザ・ムービー」では、誤って異次元の暗黒の世界へ迷い込んだ2人の大冒険が描かれる。   作品に登場するキャラクターにちなんだ衣装で登場した2人だが、春日は舞台下からカモノハシの格好で現れ、壇上に上がる際にはズッコけるというネタを披露して会場に笑いを誘った。   今作でオファーが来たときの感想を、若林は「世界のディズニーからオファーが来て、ほんとに僕らが出ていいのかな?」とビックリしたことを明かした。一方の春日は「ついに春日がアメリカに見つかっちゃったかな…」と強気な態度はいつもと変わらなかったが、2人とも世界のディズニー作品への参加に気合が入り、そして素直に喜んでいる様子。さらに春日は「家賃39,000円、風呂なしに住んでいてもディズニー作品に出られる、ジャパニーズドリームを実現した!」とどこまでも自分中心の意見に終始していた。(劇中、若林はレポーター役、春日はカモノハシのペリーの声を担当する)   作品の見所について若林が「展開が面白くて、僕たち大人が見ても楽しめるストーリー」と称賛すると、春日も「春日の出ている場面を見て!とにかく春日と同じくらい、ギャグが面白い!」と胸を張った。   今回、挿入歌の吹き替えにも挑戦した2人だが、メインボーカル担当の若林は「なんで、僕に歌の仕事がくるの? 狙いは何?」と自他共に認める歌ヘタ芸人の自分に依頼が来たことが、信じられない様子。まさに作品のテンポを狂わす歌声が披露され、会場の子供たちもドン引き状態だった。しかし春日の方は「春日のレインボーボイスを楽しんで!」と自信満々。子供たちとのイベントで、「いろいろ勉強になった」(若林)「手ごたえを感じたので2(続編)にも出たいと思っている」(春日)と話した2人。そして最後に子供たちとのフォトセッションも行われた。   本作は、世界169カ国・34の言語で27億人が視聴、子供たち中心に愛されている。「フィニアスとファーブ/ザ・ムービー」は10月15日、ディズニー・チャンネルにて放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access